FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『合 わ せ 鏡』  第十一章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十一 )

胡坐をかいた男の膝の上で、女が背後から抱きかかえられている。
画質が荒く、アングルが固定されているところを見ると、ホームビデオで撮影されたものと察しがつく。

カメラに向かって女は男に乳房を揉まれ、小さな喘ぎ声を漏らしている。
男の顔は女に隠れて見えない。

身悶える女は―。

「か、葛西先生?」

メガネをかけず、いつもより化粧が派手だからわからなかったが、薬局の葛西京子に間違いなかった。

早紀は野崎を見た。
野崎はそれに答えず、にんまりと笑っただけだった。

反射的に早紀は、京子の小振りな乳房を鷲づかみにしている男の手に目が行った。
予感通り、手の甲は毛むくじゃらだった。

「京子とは、もう十五年続いている」

野崎はぽつりとDVDを見ながら呟いた。
女として仕事を続け、妻として母として家庭へも深い愛情を注ぐ京子。
早紀の理想像だった京子が、野崎との不実な獣の関係を、結婚当初から結んでいたのだ。

早紀はこれ以上、穢れた京子を見たくなかった。
だが凍りついたように、DVDから視線を逸らすことができずにいた。

背後から乳房を弄んでいた野崎の手が、四十歳とは思えない京子のくびれたウエストをゆっくりと這い下り、両脚をM字型にこじ開けていく。

早紀は息を呑んだ。
二十八歳の人妻ともなれば、裏ビデオで同性の秘所を見たことくらいある。
だがそれが知人ともなると話は別だ。

(ああ、丸見えになっちゃう)

淫らな京子の姿態を見て、早紀は自分の体が弄ばれているような錯覚を覚えた。

野崎の膝の上で、京子はカメラに向かって両脚を開かされた。
粗い画像だが、黒々した恥毛の下で、深紅のスリットがほころんでいるのが見てとれる。

聡明な白衣姿の京子からは想像もできないほど、その秘所は淫らな光沢を帯びていた。
野崎の無骨な指が、合わせ目に潜む薄桃色のクリトリスを抉り出す。
京子は上半身を仰け反らせ、てきぱきとした昼間の口調とは別人の甘ったるい喘ぎ声をあげた。

思いもよらぬDVDの映像に、知らず知らず引き込まれていた早紀は、はっと我に返った。
呼吸が荒く、口の中がからからと乾いている。

しかも困ったことに、下腹部がじんと痺れたように熱を帯びている。
早紀はしっかりと揃えていた両腿を、もじもじするように少しずらした。

(あ…)

その途端、体の奥から、熱い蜜が溢れ出すのが自分でもわかった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

『合 わ せ 鏡』  第十二章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十二 )

野崎はその早紀の変化を見逃さなかった。
パソコンをサイドテーブルに置くや、座っていた早紀をベッドに押し倒した。

「あ、いや」

抗う早紀に体を覆いかぶらせて動けなくし、手を太腿からタイトスカートの中へ滑らせた。
早紀は必死に太腿を閉じて野崎を拒んだ。
だが巧みに動く百戦錬磨の指先は、ストッキングとショーツの上からでも、ピンポイントで早紀の敏感な部分を探り当てた。

「やめて下さい」

早紀は蠢く指を避けようと腰をよじった。

「やめて下さいだって?君は俺に犯されたくて金沢まで来たんだろう?」

「…で、でも、それは仕事で…アダミットを売るために、仕方なく…」

「仕事だって?嘘をつくんじゃない。仕事のためだけで、これほどバルトリン腺液をおびただしく分泌できるはずがない」

野崎は意地悪く鼻先で笑った。
早紀はかっと顔が火照るのを感じた。
プライドが音をたてて崩れ、全身の力が抜けていく。

馬乗りになった野崎は、手早く早紀の上着を脱がせた。

「思った通り、極上のもち肌だ。しかも女としてちょうどいい体脂肪率だな」

早紀の体を診察するように、野崎は腹部の脂肪をつまんだ。

「いや…」

「褒めているんだよ」

早紀は野崎に口唇を奪われた。
智彦と違って、髭がもぞもぞしてくすぐったい。

「うっ」

野崎は口唇の隙間から舌先を捻じ込むと同時に、背中に手を回して巧みにブラジャーを外した。

「ほう、これまた見事な乳房だ。仰向けに寝ても、しっかりと半球形を保っている。
乳房も若い娘と遜色ないほど愛らしい。おや、興奮したのか、ピンと尖ってきたぞ」

野崎の診たて一つ一つが、早紀に今まで味わったこともない羞じらいを与えた。
そしてその羞恥が、早紀の体に眠っていた、男に荒々しく愛されたいという女の本能を目覚めさせていった。

凝縮した乳暈と強請る乳首を、野崎は舌先とブラシのような髭で嬲り始めた。

「あ、だめ…」

不器用で一人よがりな智彦の愛撫とは違い、野崎は早紀の反応をチェックしながらツボをついてくる。

「あ、あん…いやぁ…」

早紀は堪えなければと自分に必死に言い聞かせるが、女の本能に目覚めた体は、より貪欲に愛撫を求めようとする。

「気持ちよくなってきたようだな」

野崎は早紀の耳に降伏を勧告すると、ゆっくりと下半身の武装解除にとりかかった。

生まれたままの姿にされた早紀は、DVDで見た京子のように、両脚を大きく開かされた。

「…は、恥ずかしい」

嫌々するように首を横に振る早紀を見据えながら、野崎は敏感な秘所を触診し始めた。

「うむ、京子のより少し淫毛が濃いかな。陰唇が肉厚で、全体的にふっくらしているね」

野崎の指が淫裂の縁に沿って、つるっと滑るのを感じた。

「ああっ」

最も敏感なクリトリスに指先が触れると、すでに言うことを聞かない体が、勝手に歓喜の声をあげた。

「感度も良好だ。こんこんと愛液を湧き上げて、まさに男を悦ばせるために生まれてきたような性器だ」

野崎の指が、体の中にぬるっと入ってくるのがわかった。
感電するようなクリトリスの鋭敏な刺激とは違う、全身の神経を麻痺させる深い悦楽の波動が早紀を襲った。

「せ、先生…もう許して下さい」

「口と体は裏腹だろ」

野崎の言葉と指が早紀の体を蹂躙する。
だが不思議なことに屈辱的な仕打ちを受けるたびに早紀の体は悦びの旋律を奏でていった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『合 わ せ 鏡』 第十三章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十三 )

ベッドの縁に腰かけた野崎の前に、早紀は跪かされた。
開いた両足の間には黒々としたおぞましいものが脈動に合わせて小刻みに揺れながら、鎌首をもたげて早紀を睨みつけている。

智彦の肉茎と比べると、一回り大きくグロテスクに感じる。
しかも長年京子の体を犯してきた邪悪なものだと思うと、その禍々しさに、早紀は身を震わせた。

早紀は瞳を閉じて肉塊を口に含んだ。
生臭さが口いっぱいに拡がり、焼きごてを押し当てられたような熱を舌に感じた。

「どうだ、亭主を裏切って、間男のものをしゃぶらされる気持ちは?」

早紀は瞳を伏せたまま、首を小さく横に振った。

「ふん、まだ自分の淫らさを隠し通すつもりか」

野崎に髪をつかまれ、喉に届くまで肉塊を押し込まれた。

「ううっ」

早紀がむせた一瞬をついて、野崎は正座している太腿の隙間へ足を滑り込ませてきた。

「ほら、またこんなに濡れている。こうして嬲られると感じるんだろう?性的にはマゾヒズムが強いんだよ」

醜悪な肉塊に口を塞がれ、足指で秘所を弄ばれる屈辱が、早紀をいっそう高みに押し上げる。

「犯して…」

抑え切れない快楽の大津波が、早紀を一気に飲み込んだ。
早紀は肉塊を手でしごきながら、哀願の目を野崎に向けた。

野崎はベッドの上で四つん這いになるよう命じた。
獣のように尻と付き出して性器を露にさせ、野崎は背後からゆっくりと挿入してくる。

「ああ、先生に犯される…」

自分でも思ってもいなかった被虐的な言葉が、自然と口について出る。

「そうだ、お前はもう俺の牝奴隷だ」

野崎は付き出した早紀の尻を両手で叩き、荒々しく腰を動かした。

「ああ、気持ちいい…気持ちいいです」

早紀は牝奴隷という言葉に酔った。
権力への運命的な服従がその語感に漂っていた。

早紀は秘唇がはみ出すほど尻肉を鷲づかみにされ、乳房がひしゃげるほど激しく野崎に肉塊を打ち据えられた。

「多分、亭主はお前の尻に敷かれっぱなしなんだろう。昼の生活なら、その方が上手くいくかもしれない。だが夜は人間の本性が剥き出しになる。そんな弱い亭主では、お前のマゾヒズムを満たせなかったはずだ」

「…あん、夫のことは言わないで…あうう、もっと犯して下さい…体をメチャメチャにして…」

早紀は果てしなく湧き上がる劣情を、抑える理性をもはや失っていた。

「そこへ俺が現れた。お前に与えられた役割は、薬を売るために夫を裏切り、悪魔に身を捧げなければならない哀れな人妻。マゾヒストにとっては、垂涎のシチュエーションだろう? 現にお前は迷うことなく金沢について来た」

野崎は早紀の体だけでなく、心の内にまで君臨しようとしていた。
智彦への罪悪感も消え、ただ野崎に犯される悦びだけを早紀は貪った。

「天性の淫乱マゾだな…」

野崎は最後の力を振り絞るように、バックから早紀を責めたてた。

「いく、先生、いっちゃう…」

早紀は髪を振り乱し、狂ったように泣き叫んだ。

「お前に牝奴隷の刻印を与えてやる」

野崎は腰を動かしたまま早紀の背中に覆い被さるや、首の後ろを小さく噛んだ。
早紀は噛まれた痛みとともに、一気に絶頂を迎えて意識を失った。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : 官能小説
genre : アダルト

『合 わ せ 鏡』 第十四章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十四 )

山の稜線が雄々しい丹沢山系は、低く垂れ込めた梅雨空の雲に、その姿をすっかり覆われていた。

土曜日の午後、早紀は雨で視界の悪い国道を、一人高座市に向けて車を走らせていた。
今日は智彦とゴルフの練習場へ行く約束をしていた。

だが急に今朝、高座市のシティホテルへ来いと、携帯に野崎からメールが入ったのだ。
先週の金沢での情事以来、初めての呼び出しだった。

(智くん、がっかりしていたな)

新品のクラブ片手にしょげる智彦に、早紀は心が痛んだ。
だがそれよりも、急な仕事と夫を偽ってまで、再び野崎の命令に従ってしまう自分が恐かった。

この一週間、早紀は野崎に抱かれた夜を、悪夢だと思い込もうとした。
そうでもしなければ、智彦の顔を見ることさえ憚られた。

だが高座中央病院のアダミットの処方は急激に増え始めた。
田中医師も掌を返したように、積極的に使いたいと言い出した。

そして今朝のメール。
悪夢は、早紀の願いとは別に、現実として目の前に再び姿を現した。

ホテルの指定された部屋に入ると、野崎は大きなダブルベッドに寝転がってテレビを見ていた。

「今夜このホテルで、高座市医師会主催の市民医学セミナーが開かれる。講師として招かれているんだが、夜まで時間を持て余してしまってね」

早紀を見て野崎は笑った。 
暇つぶしに呼び出しておきながら、悪ぶれた様子もない。

「アダミッドの処方は増えたかな?」

「は、はい。ありがとうございました」

礼などする必要もないのに、早紀は野崎に深々と頭を下げた。
首筋に刻印された牝奴隷の証がズキンと痛んだ。

早速、野崎は裸になるよう命じた。
早紀はしばらく躊躇っていたが、のろのろと若草色のスーツを脱いだ。

無言で野崎は早紀を見つめている。いっそ乱暴に着衣を剥ぎ取られる方がましだと思った。
早紀は羞恥のあまり、何度か脚をふらつかせた。

「うん、何度見てもいい形の乳房だ。改めて立ち姿になると、ぐっとせり上がった尻の形も、また男心をそそるな」

全裸で立たされたまま、野崎に五分も視姦された早紀は、熱い花蜜が太腿の内側まで濡らしているのを感じた。

野崎は部屋の隅にある椅子を指差した。
肘掛がついた一人用の椅子だった。
野崎は早紀を座らせると、鞄から黒い縄を取り出した。

「今日は本物の牝奴隷にしてやる」

にやりと笑いながら野崎は凄んだ。

「い、いや」

早紀は身をよじって抗ったが、男の力には及ばない。
両の乳房を搾り出すように縄が架けられ、腕ごと上半身を背もたれに縛りつけられた。

そして下半身は、両膝を肘掛に結びつけられた。
椅子の上で開脚し、秘所が丸出しにされた格好だ。

縛られた乳房はパンパンに腫れ、乳首を摘ままれただけで失神してしまいそうなほど、敏感になっていた。 
しかも出産する妊婦のような姿で固定された下半身は、秘所どころか、尻の穴まで白日に晒してしまっている。

野崎は芸術作品を鑑賞する厳しさで、あらゆる角度から早紀の痴態をチェックした。

「はしたない女だ。もうバルトリン線液を肛門まで垂れ流して」

「うう…」

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る



theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『合 わ せ 鏡』 第十五章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十五 )

早紀は屈辱的な姿勢でうめきつつ、何故か幼い頃を思い出していた。
家族でテレビの時代劇を見ている時、悪者にさらわれた気丈な姫君が、荒縄の戒めを受ける場面があった。
子供心に早紀は、姫が卑しい男たちに弄ばれる様を想像し、密かに胸をときめかせた。

(やはり私は…)

恐れていたことは現実になった。
パンドラの箱が開かれたのだ。

中から現れたのは、早紀の心に巣食っていた黒い魔性だった。
そしてそれは、二度と封じ込めることができない奔放な悪魔なのだ。

その時、部屋のチャイムが鳴った。

「せ、先生!」

早紀は慌てて野崎を呼んだ。
こんな姿を他人に見られでもしたら、早紀の野崎も身の破滅だ。
だが野崎は早紀の心配をよそにドアを開けた。

一人の女が入ってきた。

「あっ!葛西先生」

早紀は羞恥も忘れ、大声で女の名前を呼んだ。
葛西京子と会うのは、野崎を紹介してもらった時以来だった。 
二人の関係を知り、自身も性奴隷となった早紀は、京子と顔を合わせるのを避けていた。

「すごいわね、まるで潮吹きだわ」

「いや、見ないで!」

早紀は狂ったように首を横に振った。
こんな辱められた体を京子に見られるぐらいならば、いっそ死んでしまった方がましだった。

「見ないでって、谷口さん。あなた金沢で私のDVDを見たでしょ? 野崎に抱かれる私を見て軽蔑した?」

「…私、先生を尊敬していました。立派に仕事を持ち、家庭では良妻賢母だと…」

「それが十五年も不倫を続ける女だとわかってがっかりしたのね」

「……」

「私、見た目と違って性欲が強いの。それが夫では満たされないとわかった時、私は迷うことなく院長との不貞の道を選んだわ。あなたなら修道僧のように禁欲しろと怒るでしょうね。でも家庭はあくまでも私の一部であって、私の全てが家庭ではないわ」

「だからって」

「でも谷口さん、一度火がついた体の欲求が抑えられないことは、あなたが一番よくご存じでしょう? 休日に亭主をほったらかしにして、このホテルに来たのは何故? 夫が満たしてくれないマゾヒズムを、院長に抱かれて癒したかったからでしょう?」

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『合 わ せ 鏡』 第十六章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十六 )

早紀は黙り込んだ。
京子は全てを知っていた。

確かに望んでいることが、全て夫から得られるとは限らない。
得られないものを諦めるのが貞女なら、それはあまりにも寂しい人生だと改めて早紀は思った。

京子は冷たい銀縁のメガネを光らせ、剥き出しになった早紀の秘部に顔を近づけた。

「い、いやよぉ・・・」

不意に現実が襲ってきた。
身動きを許されない早紀は、京子の視線から秘所を守りようもなかった。
同じ性器を持つ同性の目に晒されるのは、死にたいほどの屈辱だった。

「院長の言う通りだわ。ふっくらと肉づきがよくて、まだ子供のアソコみたいね。ふふ、私ね、男も好きだけど、一度同性の女と愛し合ってみたかったの。あなたなら適役だと思って、院長に頼んでおいたのよ。可愛がってあげる」

京子の顔が早紀の両脚の間に消えた。

「ひ、ひぃ」

その途端、仰け反るほどの電撃が、早紀の体を貫いた。
同性の舌先は、迷うことなく早紀の一番感じる部分を直撃した。
小刻みに震えながら撫で上げ、どっぷりと花蜜の壺を掻き回す。

だがその舌技より、同性に秘所を弄ばれるおぞましさが、早紀の倒錯したマゾヒズムを異常に刺激した。

「だめ、葛西先生、だめです…ああ…」

「谷口さん、ううん、早紀。こうしてあなたと愛し合える日を待っていたのよ」

京子の舌が早紀の中でうねった。
京子は巧みに強弱をつけて、早紀の悦楽のリズムをコントロールする。

「だめ、おかしくなるぅ…」

ピチャピチャと猫がミルクを舐めるような音が、早紀の理性とプライドをずたずたに切り裂いていく。

「ああ、許して、先生、い、いくぅ…」

男の愛撫は前戯に過ぎないが、女の愛撫はそれだけで絶頂へと導こうとする。
早紀は全身を小刻みに痙攣させて短く気をやった。

戒めから解放された早紀は、野崎が見守る中、ベッドで京子と体を合わせた。
滑らかな京子の肌、そして柔らかな乳房が触れ合う感触は、早紀の体に新たな悦びの種を植えつけた。
そして何よりも、同性に体を弄ばれるという劣情が、早紀の情念を激しく燃え上がらせた。

野崎と京子、そして早紀は、密閉されたホテルの中、肉欲の海に溺れた。
絡み合う三人の肉体は様々にその形を変え、滴る汗が混じり合った。
早紀は野崎に犯されながら、京子の秘唇から流れる愛液をすすった。

(これが本当の私?)

めくるめく悦楽の宴に早紀は酔い痴れた。
野崎と京子の牝奴隷になりきった早紀は、霞んでいく意識の中、再び自分に問いかけてみた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『合 わ せ 鏡』 最終章

『合 わ せ 鏡』
FC2 Blog Ranking

(十七 )

梅雨が明け、夏めく陽射しが眩しい季節を迎えた土曜日の朝。
リビングのソファで寝転んで、テレビを見ている智彦が大きな欠伸をした。

「折角二人で旅行でも行こうと思っていたのに、今週も仕事か…」

「ごめんね智くん。うちの新薬講演会が京都で開かれるの。私の担当ドクターがパネル・ディスカッションに参加するから、どうしても一緒に同行しなければならないのよ」

「まあ、仕事じゃ仕方ないよな。パチンコでもして暇潰すわ」

智彦はがっかりした顔で、再びテレビに目を遣った。
早紀は智彦に心の中で詫びながら、メイクをしに自分の部屋へ向かった。

早紀のアダミットの売上は飛躍的に倍増した。
課長は負けを認め、課長職を辞任すると申し出たが、早紀は逆に思い留まるよう説得した。
課長の進退など、もう早紀にはどうでもいいことだった。


ドレッサーの鏡に向かって、早紀は手鏡を取り出した。
合わせ鏡にして、首筋の後ろを見た。
野崎の糸切り歯が刺さった跡が、赤黒く小さな痣となっている。

「牝奴隷の刻印」

そう呟くと、背筋がぞくぞくと震え、下腹部がじんと痺れた。
早紀は野崎と京子の牝奴隷になった。

週一回は呼び出され、京子の舌技に喘ぎ、野崎の精液を注がれている。
たいていはホテルで抱かれるが、時には病院の院長室で犯されることもあった。

今朝も早紀は智彦には嘘をついていた。
これから早紀は野崎と京都に行く。もちろん京子も一緒だ。

野崎と京子は、早紀を金沢で会った医学界の大御所三人に貸し出す腹積もりでいる。
今夜、京都の静かな高級旅館の離れで、男四人、女二人の淫らな宴が催されるのだ。

メイクを済ませた早紀は、改めて鏡を合わせて首の刻印を見た。
赤黒い痣がわずかにずきんと疼いた。



皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : アダルト総合
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。