FC2ブログ

『女帝陥落の淫夜』(十一)

『女帝陥落の淫夜』(十一)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

立川の話では、由紀夫の没後、岡平は経営コンサルタントとして夢創社に乗り込んできた。
事実かどうかわからないが、生前から由紀夫が懇意にしていた言う触れ込みだった。

スーパー業界に暗い主婦上がりの恵美は、以後何ごとも岡平に相談するようになった。
もちろん今回の買収話も、岡平が恵美に持ち込んだものだった。

康平は恵美の隣で買収案件の説明を聞きながら、岡平の胡散臭さを拭うどころか、いっそうその思いを深めていった。

「・・そういうわけで正式な契約は、売り手の整理もありますから、七月一日ということにしましょう」

「わかりました」

恵美が承諾すると、再び岡平は手を取って愛撫を施すかのように摩った。

康平はかっと頭に血が上るのを覚えた。

(くそっ、こいつ殴ってやろうか)

そう思いかけて康平ははっとした。
恵美の手を握る岡平を嫉妬する自分に気づいたからだった。

康平は慌てて感情を掻き消した。
いくら秘書として毎日仕えているとは言え、恵美は八歳も年上で、昨年夫を亡くしたばかりの未亡人だ。
いくら熟女マニアの康平でも、それだけは許されない想いだった。

打ち合わせが終わると、岡平は恵美を食事へ誘った。
恵美は切なげな瞳で何故か康平を見た。
だがすぐに瞳を閉じると、少女のように顔を赤らめて岡平の申し出に小さく頷いた。

恵美は康平の顔を見ずに命じた。

「秋葉君、車を使っていいから先に帰りなさい」

「し、しかし・・」

「いいから、言う通りにしなさい」

「・・はい」

康平は、岡平に恵美を委ねることに焦燥感を覚えた。
だが社長命令には逆らえない。
岡平の顔を睨みつけると、恵美を残して渋々と事務所を後にした。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十二)

『女帝陥落の淫夜』(十二)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

恵美の命令に表向き従いながらも、康平は運転手を先に帰すと、幕張のイタリア料理店へ向かう二人を尾行した。これが昼間立川から与えられた指示だった。
幸い岡平と恵美は、街路樹が茂る公園から見通せるレストランの窓際で食事を始めた。

赤ワインを傾けながら楽しそうに食事する岡平と恵美。
もはや女社長の威厳は失せ、恋する乙女のように恵美は岡平の顔を見つめている。
康平はぎりぎりと歯噛みをしながら、二人の会食を街路樹の陰から監視し続けた。

岡平と恵美の関係を疑う立川の推測は正鵠を得ていた。
言葉巧みに近づいてきた岡平に、未亡人の恵美は身も心も服従させられているのだ。
そうでなければ、あんな無謀な投資話を受ける道理がない。

「もしそれが事実だと証明できれば、恵美社長を岡平の洗脳から解放して会社を守ることができる」

策略家タイプの立川は、最悪のシナリオまで予想しているようだった。
会食後、もし二人がホテルへ行くようならば、その決定的な瞬間をフォーカスしろとも康平は厳命されていた。

やがて食事を済ませた岡平と恵美は、レストランを出て何やら言い争いを始めた。
康平は夜陰にまぎれてそっと近づいた。

「今夜君を抱きたい」

「こ、困ります・・私はそんな・・」

「正直になりなさい。君は僕が欲しくて仕方ないはずだ」

「・・そうかもしれません。でも今はまだ夫をことが・・」

強引にホテルへ誘おうとする岡平、そして亡夫の呪縛から逃れられない恵美。

「好きなんだ」

「ごめんなさい・・もう少し時間を下さい」

恵美は岡平の手を振り解くと、駅へ向かって走り去った。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十三)

『女帝陥落の淫夜』(十三)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

恵美の貞操にほっと安堵した康平は、取り残された岡平の様子を窺った。

「下手に出ればつけあがりやがって。金蔓でなければぶん殴っているところだ」

岡平は恵美の後姿を見送りながら、チッと舌打ちして本音を吐いた。
そしてふてくされた足取りで、忌々しげに自分の事務所へと戻って行った。

康平は急ぎ会社にいる立川へ電話した。

「・・と言うわけで、室長が推測された通り、恵美社長は岡平に想いを寄せているようでした。でもホテルへの強引な誘いは断られました。恵美社長は立派に操を守られたのです。決して室長が邪推するような淫ら女ではありませんでした」

「何だ、秋葉君。僕の推測が外れて嬉しそうじゃないか?」

「い、いえ、そんなわけじゃ・・」

「まあいい。体の関係はないにしても、恵美社長は岡平に操られている。しかも完全に金目当てでだ。よし、早く木更津へ戻って来い。次の作戦を練ろう」

立川の電話が切れた。

まったく人使いの荒い上司だとぼやきながらも、スキップしたいような心の軽さで、康平は幕張駅に向かって歩き始めた。
立川がいかなる作戦で投資を止めさせるか知らないが、今夜のところは恵美の貞操が守られたことに、ただただ安堵する康平だった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十四)

『女帝陥落の淫夜』(十四)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

カーテンを開け放した窓の外は、もうすっかり夜の帳に包まれていた。
昼間ならば太平洋の荒海が一望できるこの部屋も、今は不気味な虚無の闇にすっぽりと覆われている。

南房総の先端に位置する白浜の海岸沿いに建つ高層リゾートマンション。
ここ4LDKの間取りを持つ十五階の一室は、夢創社が従業員の保養施設として保有していた。

月曜日の夜七時、康平は広いリビングのソファで一人煙草を吸っていた。
鍵の掛かっていないドアの開く音がして、忙しい足音とともに恵美が一人で現れた。

「秋葉君、どういうつもりなの? 私を保養所へ呼び出したりして」

「済みません。今日は白浜店の視察に来られていると聞いたものですから」

冷徹な口調でそう答えた康平は、恵美をソファへ誘った。

「それと、一週間も研修で東京へ行くなら、前もって私に連絡して欲しいのよ。代わりの立川室長では要領を得なくて・・」

「申し訳ありませんでした。急に決まったものですから」

康平は深々と頭を下げた。
役員会の後、康平は研修と称して一週間会社へ出勤しなかった。
だがそれは表向きの理由で、裏では立川の密命を受けて動いていたのだった。

濃いグレーのスーツを着た恵美が脚を組んだ。
タイトスカートからむっちりと白い太腿が覗く。

「で、用件は何なのかしら?」

「はい、店舗買収に関して重要な情報を入手しましたので、それをお耳に入れたくてご足労願った次第です」

「それならわざわざ保養所まで来なくてもいいじゃない」

「ちょっと会社ではお聞かせできない話で」

康平は鞄から小さなラジカセを取り出してテーブルの上に置いた。
そして再生ボタンを押すと、さりげなく恵美の隣に腰かけた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十五)

『女帝陥落の淫夜』(十五)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

ガサガサした雑音の後、BGMらしい音楽に、酔った男の濁声と女の嬌声が混じる。

「これってクラブかスナックかしら?」

「ええ、とある千葉のスナックで隠し録りしたテープです」

しばらくすると、はっきりと男女の会話が聞こえてきた。

『・・そうだよ、五億円の取引さ。手数料だけでも売り手と買い手から5%ずつ、合わせて五千万円の儲けだぜ』

『すっごい、さすが社長。でもこの不景気な時代に、よくそんな美味しい儲け話があったものね』

『儲け話は自分で作るものさ。埼玉のスーパーから三億円で売却を頼まれた店舗を、五億円の値をつけて買わせようとしているんだ。もちろん手数料の他に、売り手とは二億円の差額を折半することで合意済みさ』

『まるで詐欺師じゃない。でも騙される買い手の方もバカよね』

『ここが物を言うんだ』

『ここって、顔?』

『そう、買い手は若い未亡人さ。昔セミナーに時々来ていた亭主が死んで、専業主婦だった奥さんが会社を継いだんだ。すっかり俺に首ったけで、何でも言うことを聞くんだよ』

『ふ~ん、その奥さんって男好きなの?』

『まだ抱いていないけど、三十七歳の若さで一年近く男日照りだ。ちょっとお尻を撫でてやればすぐに落ちるさ』

『凄い自信家ね、岡平さんは。それよりもそのお金でハワイにコンドミニアムを買わない? 二人で一緒に暮らそうよ』

『いいね。でもその前に今晩店がひけたら家に来いよ。前祝にたっぷりと可愛がってやるからさ・・』

ガチャと音がして再生は終わった。
リビングに凍るような静寂が訪れた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十六)

『女帝陥落の淫夜』(十六)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

康平は変装して岡平を一週間尾行した。
そして馴染みの女がいるスナックをつきとめ、通い詰めてこの録音をものにしたのだった。

身辺調査を命じた立川は飛び上がって喜んだ。
だがすぐに騙された恵美を慮って沈鬱な表情を浮かべた。

「恵美社長の傷心を癒せるのは秋葉君しかいない」

「・・はあ、私が、ですか?」

「そう、きっと夢創社の将来も君の手に委ねられるはずだ」

そんな謎めいた言葉を残し、立川はすぐにこの保養所を予約した。
そして恵美を呼び出すよう康平に命じたのだった。

じっと俯いたまま無言だった恵美が突然叫んだ。

「嘘よ!」

「社長、落ち着いて下さい」

恵美は狂ったように首を左右に振ると、そのままソファに崩れ落ちた。

「・・嘘・・信じていたのに・・」

肘掛にもたれた恵美は、泣いているのか小刻みに肩を震わせている。

「大丈夫ですよ。まだ契約は終わっていません。すぐに話を白紙に戻しましょう」

よほどショックだったのだろうか、涙を瞳いっぱいに溜めた恵美が、康平を切なげな表情で見つめた。

「あなた!」

いきなり恵美は康平に抱きついてきた。

「・・しゃ、社長?」

康平はたじろぎながらも恵美を腕で受け止めた。

「やっぱりダメ・・私には荷が重すぎる・・もう限界なの・・助けて、あなた・・」

恵美は胸に顔を埋めて泣きじゃくった。
康平は崩れ落ちる恵美を肩で支え、ピアスが輝く耳元に小さく囁いた。

「僕は由紀夫社長に似ているんですね」

耳朶を真っ赤にした恵美は、涙に濡れた瞳に羞恥を浮かべて頷いた。
康平は髭面しか知らないが、若い頃の由紀夫にそっくりだと立川が教えてくれた。
幕張で岡平が興味深げに顔を覗き込んだのも、由紀夫の若い頃を知っていたからだろう。

「・・秘書室へ異動してもらったのも、傍に居てくれるだけで・・主人に見守られているような安心感があったから・・」

恵美は涙声で話し始めた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十七)

『女帝陥落の淫夜』(十七)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

カリスマだった由紀夫を失った夢創社は動揺した。
ワンマン経営の弊害か、由紀夫の代役が務まる役員はいなかった。

やむなく恵美が社長に就任したものの、昨日まで専業主婦だった恵美に、会社の舵取りなどできるはずがない。
恵美は途方に暮れた。

由紀夫が眠る墓標に額ずいて泣き暮らした。
そこに現れたのが岡平だった。

藁にもすがる思いで、恵美は岡平に経営の手ほどきを受けた。
恵美は、不似合いな豪腕女社長を社内で演じながらも、裏では操り人形のように岡平を頼り切っていた。

年が離れた由紀夫と結婚したのも、恵美が生来男に甘える性格だったからだ。
しかも今は孤独な未亡人。
由紀夫への想いとは別に、岡平を頼り切ることで、恋愛に近い感情が恵美の中に芽生えていたのも事実だった。

恵美は正直に心情を吐露する。

「でも、岡平に心を奪われながらも、やっぱり騙されているんじゃないかって、不安は消し切れなかったの・・だから自分の気持ちに歯止めをかけるためにも、主人に似た秋葉君を本社へ呼んだの・・公私混同と言われても仕方ないわね・・ごめんなさい・・」

康平の胸元にすがりつく恵美は、震えるように小さな声で謝った。
腕の中で身を委ねる恵美の髪を康平はそっと撫でてみた。

(社長・・)

豪腕女社長の仮面を外した恵美は、か弱く寂しがりやの未亡人だった。
真に頼れる男もなく、甘えられる男もいない哀しさを、健気にも心の中で押し殺してきたのだ。

頬にかかる解れ髪を見て、康平は心と体に抑え切れない疼きを感じた。
恵美が顔を上げた隙を狙い、強引に頭を押さえて口唇を重ねた。

「ん、んん・・」

驚きに瞳を大きく見開き、恵美は康平の腕の中でもがいた。
だが康平は、抵抗する恵美を抱きかかえたまま、体を預けるようにソファへ押し倒した。

「いやっ・・んん・・」

康平は恵美を組み敷きながら、執拗に口唇を吸い続ける。

「・・んぐ・・だめ・・」

呼吸を荒げた恵美が僅かに口唇を開いた瞬間、康平は舌先を巧みに挿し入れた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十八)

『女帝陥落の淫夜』(十八)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

時間をかけたキス――恵美の瞳はトロンと眼光を失い、抗う力も次第に弱まっていく。

「・・あぁ」

小さな喘ぎが恵美の口から漏れるのを、康平は聞き逃さなかった。
口唇を離した康平は、ブラウスとブラジャーを一気に捲り上げた。
カメラのフラッシュが焚かれたように、恵美の青白い肌が康平の網膜に焼きつく。

「あっ!」

刹那、恵美が小さく叫ぶよりも速く、康平は乳房の頂に揺れる薄小豆色の乳首へ吸いついた。

豊かな乳房だった。
瀬奈のように弾力はないが、ふにゅふにゅした柔らかな肉の量感が心地良い。
赤子を育てた勲章である大きめな乳首を、康平は舌先で下から舐め上げてやる。

「社長、社長が好きなんです」

「・・あ、秋葉君、冷静になって・・いけないわ、ダメよ・・こんなことしたら会社にいられなくなるのよ・・むむぅ・・」

「それでも構いません。今夜だけでも社長を愛せるのなら」

ピクッ、ピクッと断続的に体を痙攣させる恵美は、抗うどころか、喘ぎ声が漏れないよう口を手で塞ぐのが精一杯だった。

康平はそそり立った乳首の根元を甘噛みしてみた。

「ああっ」

沸き上がる淫情を抑え切れないのか、恵美は上半身を仰け反らせて大きく喘いだ。

頃良しと判断した康平は、乳房に愛撫を加えながら、そっとタイトスカートの裾を捲り上げ、内腿伝いにショーツへと指先を這わせて行った。

「もうこれ以上は止めて・・だめ、社長命令よ・・ああ・・」

恵美は、滑々して吸いつくような肉感の太腿を閉じて康平を拒んだ。
だが硬く尖った乳首を強く吸うや、必死のガードはあっけなく弛んで内腿に隙間ができた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十九)

『女帝陥落の淫夜』(十九)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

康平はショーツの上から恵美の秘裂をなぞってみた。
案の定そこは、一年間に及ぶ孤閨の哀しさか、おびただしい淫蜜がねっとりと染み出していた。

「社長」

康平は含んだ乳首を口から離すと、組み敷いた恵美の顔を上から正視した。

「違う、違うのよ・・」

「何が違うんですか? 社長の体は僕が欲しいと白状しているみたいですよ」

淫らな欲情を見破られた恵美は、両手で顔を覆って何度も首を左右に振った。
まるで少女のようにあどけない恵美を強く抱きしめると、康平はルージュが剥がれかけた口唇を再び奪った。

「とても素敵ですよ、社長」

「許されないことよ・・お願い、秋葉君・・もう止めて・・」

まだ言葉では抗う恵美だが、体はすでに淫悦の悪魔に操られていた。
口唇を重ねると、恵美は舌先を自分から絡めてもじもじと体をすり寄せてくる。
キスと乳房への愛撫で注意を逸らせながら、康平はショーツ一枚残して恵美の着衣を剥いだ。

「綺麗ですよ、社長」

「いやっ、見ないで・・見ちゃダメ」

康平の目から逃れたいばかりに、恵美はソファで仰向けに寝たまま体を右へ左へとよじった。
やや垂れ気味の豊かな乳房がゆさゆさと波打つ。

小指の先ほどある乳首が、吸って欲しいと言わんばかりにピンと反り立っている。
ウエストのくびれは年相応に失われつつあるが、触れればとろけそうな脂肪がうっすらと乗る下腹部が艶かしい。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(二十)

『女帝陥落の淫夜』(二十)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

康平は恵美をソファに座らせると、むっちりとした腰周りに食い込むショーツに手をかけた。
なすがままにされていた恵美も、最後の砦を守ろうと必死に抵抗を再開した。

「いやっ、やっぱりダメよ。私そんな女じゃない・・亡き夫に操を守ることを誓ったのよ」

「まだそんなことを言っているんですか。現に社長は、岡平の魔の手にひっかかりかけたんでしょう?」

「そ、それは・・でも体は許してないし・・」

「いいえ、信用できません。社長は淫らな女です。男欲しさにまたいつ騙されるかわかりません。」

「そんな・・」

「夢創社の社員達のために、それよりも僕自身のために、社長の体に宿る淫らな炎を鎮めてあげます」

「酷い! 私はそんな淫乱で節操のない女じゃないわ」

プライドを傷つけられた恵美は、怒って康平を平手打ちしようと手を挙げた。
だが康平は冷静にその手を封じると、逆にもう一方の手をショーツの中へ滑り込ませた。

「でも社長の体は・・ほら」

「ああっ、だめぇ・・」

ぐっしょりと濡れた秘裂に潜む淫芽を捉えられ、ソファに座った恵美はぐっと上半身を仰け反らせた。

康平は、硬く尖った淫芽を指先でこねくり回しながら、淫蜜で大きな染みを作ったショーツを脱がせた。
そしてソファから下りて恵美の正面で床に胡坐をかくと、無防備になった両脚をM字型に押し開いた。

濃い目のヘアに覆われた秘花は、くすんだ花弁をぱっくりと開き、暗赤色で歪な形をした花芯を曝け出した。
瀬奈の秘花と比べれば明らかに見劣りするが、悦楽を知り尽くした人妻の淫情が滲み出ている。

「すごい。愛液がお尻の方まで溢れだしていますよ、社長」

「ああ、見ないで・・秋葉君なんか首よ、首にしてやるから」

「よほど男が欲しかったんですね。今夜はたっぷり可愛がってあげますよ。首にするのはそれからでも遅くありませんよ」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5