FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パート妻の純情』(十一)

『パート妻の純情』(十一)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

夜九時。
浩平のミスで消去された注文データは、彩子達の残業によってほぼ復元された。

「お疲れ様でした」

蛍光灯が煌々と眩しい夜のオフィスに、コンビニの大きな袋を手にした浩平が戻ってきた。
ビールとおつまみを机の上に並べた浩平は、十数名のパート社員達に声をかけた。

「ささやかなお礼しかできませんが」

薄情な上司二人はいつも通り定時で退社していた。
自腹でビールを買ってきた浩平に、パート社員達は大きな拍手を贈った。

若い女性達は仕事をやり遂げた達成感に酔い、浩平を取り囲んでキャンキャンとはしゃいだ。
彩子はそんな若者達の歓喜を横目に、ビールを飲みながら書類の片づけを始めた。

(若い女の子が羨ましい)

彩子だって茶髪娘達に負けないぐらい浩平にじゃれつきたかった。
だが十四歳も年上の人妻には、そんな想いを叶えることすらままならない。
悲しいことに、それは夫の国夫への貞操からではなく、中年おばさんと言う劣等感から近づけないのだった。

若い娘達は浩平とカラオケへ行く約束を取りつけたらしい。

(おばさんは去るのみ)

彩子は浩平と若い娘達の誘いを断り、オフィスを後にして、寒さが厳しくなった札幌の町へ歩き出した。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十二)

『パート妻の純情』(十二)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

こんな時間に街へ出るのは久しぶりだ。
遠くすすきののネオンが、低く垂れ込めた雲を赤々と染めている。

ふと背後から彩子を呼ぶ声がした。
振り向くと浩平が追いかけてくる。

「柴崎さん」

「ど、どうしたの? 浅沼君」

浩平は肩で呼吸をしながら頭を下げた。

「本当に今日は有難うございました。柴崎さんがいなければ、僕は会社を辞めるしかないところでした」

「違うわ。皆が残業してくれたのは浅沼君の魅力よ」

「いえ、柴崎さんが若いパートさんをまとめて戴けたおかげです」

浩平の吐く白い息が、彩子の口許へ甘く漂ってくる。

「もういいから・・早く女の子達とカラオケに行きなさい」

「はあ、実は厚かましいんですが、柴崎さんにもう一つお願いがありまして・・」

「お願い?」

冷たい夜風に街路樹がざわざわ揺れた。
浩平は言い辛そうにしばらくもじもじしていたが、意を決したかきりっとした眼差しを彩子に向けた。

「はい。東京飲料の本社がある東京へ、僕と一緒に出張して戴きたいんです」

「え?」

彩子は吃驚した。
パート社員、しかも事務のオバサンが出張とはただ事ではない。

「以前柴崎さんが話されていたヘッドセットを、本社に掛け合って実現したいんです」

それは何かの折、彩子が新入社員の浩平にぽろっと洩らしたことだった。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十三)

『パート妻の純情』(十三)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

ヘッドセットとは、ヘッドホーン型の受話器にマイクがついた電話機器である。
現在使っている普通の受話器では、どうしても片手が塞がるため、注文を聞きながら受注票を書いたり入力したりする作業が難しい。

だがヘッドセットを使えば、両手が空くので作業効率が遥かに改善されるはずだった。
彩子は浩平に問いかけた。

「それを二人の上司が許してくれたの?」

「許すと言うか、あの二人は無気力で事なかれ主義ですから、提案があるなら自分で本社にかけあってこいと言われました」

「でも私が一緒に行っても・・」

「受注センターを良くするためには、絶対に必要な投資だと僕は思っています。本社から金を引き出させるには、現場の意見が非常に重みを持ちます。だから柴崎さんの生の声を本社の幹部に伝えて欲しいんです」

甘えん坊で頼りないとばかり思っていた浩平が、彩子には別人のように逞しく見えた。
彩子は上目遣いに浩平の顔を見上げた。

「浅沼君・・わ、私でいいの?」

「勿論です。こんなお願いできるのは、パート社員さんのリーダーである柴崎さんしかいません」

さっき握られた手が熱く疼いた。

「・・わかったわ」

彩子は伏し目がちに小さく頷いた。

「良かった。実はこの提案に批判的だった二人の上司に、絶対に本社は了解してくれると大見得を切っちゃったんですよ。柴崎さんが応援してくれれば鬼に金棒です」
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十四)

『パート妻の純情』(十四)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

浩平は小躍りして喜んだ。
そんな浩平の姿を見て、彩子も心浮き立たずにはいられなかった。

(浩平君と東京へ行ける)

勿論、仕事であることはわかっている。
それでも周りに屯する娘達ではなく、こんなおばさんを頼りにしてくれるのが嬉しかった。
そして僅かな時間だが、アイドルの浩平を独り占めできる優越感が胸に湧いた。

彩子は懸命に喜びを押し殺して尋ねた。

「それで東京へはいつ?」

「来週の金曜日です。面談する青木業務部長にアポイントを取っています」

「金曜日ね、青木業務部長さんと会うの」

彩子は青木部長と聞いて気が楽になった。

受注センターは業務部の管轄化にある。
そのトップに立つ青木部長は、年に一二度、本社から受注センターへ視察に来る。

今年の夏に来た時には、パート社員達の慰労会を開いてくれた。
しかし青木部長は五十代半ばで、若い女の子達と話が噛み合わず、彩子がずっとお相手役を務めさせられたのだった。

「ええ、でもそれが、夜食事でもしながら話を聞こうと言われて・・ですから柴崎さんには東京に一泊して戴かないとだめなんです」

「え? 日帰りじゃないの?」

「はい」

初めて彩子の脳裏に夫の国夫と息子の明夫の顔が過ぎった。

「泊まりは難しいでしょうか?」

浩平は心配げな顔で彩子を見つめた。

(仕事だから仕方ないわ・・べ、別に浩平君と不倫するわけでもないし・・え?)
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十五)

『パート妻の純情』(十五)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

心の奥底で、浩平に抱かれることを夢想する自分に彩子は愕然とした。
ズキンと下腹部が疼いた。

そして家族への後ろめたさが苦々しく彩子を襲った。
彩子は浩平を見つめた。

(でもこんなオバサンと有り得ないわよね)

彩子は下腹部の疼きにそう言い聞かせた。
宝くじより確率が低い夢に、彩子は悲しく自らを嘲笑した。

「大丈夫、任せておきなさい」

彩子は胸を叩いた。

「有難うございます。では航空券とホテルの手配は僕が済ませておきますから」

「わかったわ。それより早くあの娘達をカラオケに連れて行ってあげなさい」

彩子がそう急かすと、浩平は事務所へ戻って行った。

ぽつんと彩子は街角に残された。
照明が落ちたショーウインドウに、ぽつんと彩子の姿が写っている。

(夢だからいいのよ)

彩子は吐く息が白い北国の街を、どこか朦朧としながら地下鉄の駅へ向かった。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十六)

『パート妻の純情』(十六)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

東京は新宿歌舞伎町。
週末金曜日の夜とあって、大都会の不夜城は行き交う人と車で溢れていた。

欲望を掻き立てる原色のネオンが、まるで誘蛾灯のように、目の眩んだ男達を次々と惹き寄せていく。
それは剥き出しの淫欲と金欲が、街の至るところで渦巻いているようなにも見えた。

彩子は、そんな下界の鳥瞰を、浩平とホテル最上階のラウンジから眺めていた。

「乾杯」

仄暗い照明の下で、浩平が差し出したスコッチのロックグラスに、彩子は色鮮やかなカクテルグラスを合わせた。

青木業務部長との会食を終え、宿泊するホテルに入った彩子は、仕事が成功した祝杯をと浩平に誘われたのだった。

「でも良かったわ。ヘッドセットを買うことに青木部長が快諾してくれて」

「柴崎さんが応援してくれたおかげです」

「ううん、浅沼君が立派に青木部長を説得したからよ。私も一緒に聞いていて惚れ惚れしちゃったわ」

酔っているせいもあるだろうが、真向かいに座った浩平を意識した彩子は、普段より饒舌にならざるを得なかった。

浩平の提案は受け入れられた。
だがその結果より彩子が驚いたのは、いつもは甘えん坊で頼りない浩平が、タフでしたたかな一面を見せたことだった。

浩平は自分の意見を情熱込めてアピールし、部長からの質問にも的確且つ冷静に答えた。
しかも言葉巧みに、上司達の無能さを印象づけるのも忘れなかった。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十七)

『パート妻の純情』(十七)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

元々浩平に期待をかけていたらしい青木部長は、その成長ぶりに目を細めてご機嫌だった。
そして内々の話だがと前置きして、もう一二年受注センターで勉強したら、本社業務部へ異動させると約束した。

彩子は浩平に男の逞しさを感じた。
巣立っていく若鳥を見つめる母鳥のような心境だった。
逞しく浩平が成長するのは嬉しい反面、彩子の母性は、いつまでも巣から飛び立たないで欲しいと願っていた。

(もっと甘えて欲しいの)

彩子は浩平とグラスを傾けながらも、下腹部の奥で疼いて止まぬ切なさに、ただ悶々とするばかりだった。

夜十一時。
ラウンジを後にした彩子と浩平は、エレベーターに乗って部屋のある階へと戻った。

彩子はかなり酔っていた。
浩平への想いが錯綜し、カクテルグラスを無理に重ねた報いだった。
エレベーターを先に降りようとして、彩子は深い絨毯に足をとられてよろけた。

「大丈夫ですか? 柴崎さん」

浩平が背後から彩子の腰に手を回して体を支えた。

「あ・・」

彩子は小さく声を漏らした。
腰に巻きついた浩平の手の感触が、酔った彩子をいっそううろたえさせる。

「部屋まで送りますよ」

「え、でも・・どうしよう・・すごく酔っちゃって・・」

浩平に抱きかかえられながら、ホテルの長い廊下を彩子は夢うつつで部屋へ向かった。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十八)

『パート妻の純情』(十八)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説


狭いシングルルーム。
ガチャ――自動ロックがかかる音。

浩平に体を支えられながら、彩子はベッドの縁に腰かけた。

密閉された部屋
気まずい静寂。

オバサンとは言え男と女。
彩子はわざと気丈に喋り始めた。

「ごめんね、浅沼君。ちょっと目眩がしてふらふらしちゃった。私、重いから大変だったでしょう?」

「・・いえ、そんな」

座った彩子の正面に立つ浩平は、どこか気もそぞろに返事をした。

再び静寂。
彩子の目の前で浩平のネクタイが揺れた。
ゆっくりと視線を上げる彩子。

「柴崎さん」

浩平はそう小さく呼ぶと、彩子をベッドに押し倒して覆い被さってきた。

「あ、いやっ」

本能で抗う彩子の首を腕で巻き込み、浩平は顔を近づけてきた。

「だめ、だめよ・・」

「柴崎さんが好きなんです」

「うそ、うそよ」

「うそじゃありません。受注センターに配属された日から、こうなることをずっと夢見ていたんです」

浩平は彩子の顎を押さえると、強引に舌先を口唇に押し込んできた。

「んん・・んぐぅ・・」

浩平の舌先がぬめぬめと絡みつき、彩子は何度も強く舌を吸われた。
頭がじんと痺れて全身の力が抜けていく。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(十九)

『パート妻の純情』(十九)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

何年ぶりのキスだろうか。子供が生まれてからは夫にも求められたことがない。

(浩平君が私みたいなおばさんを・・)

俄かに彩子は信じられなかった。
夢かもしれないと疑った。
年齢も容姿も、自分の現実の姿は良く知っているつもりだ。

だがそんな疑心を抱きつつも、彩子の体は浩平の口づけに翻弄されていった。
抗う気持ちまで吸いとられた彩子は、瞳を閉じて浩平の舌技を受け入れるしかなかった。

浩平はそっと口唇を離すと、仰向けの彩子と並んで添い寝した。

「・・信じられない」

「信じて欲しい。僕もずっと苦しんできたんです」

浩平は白いブラウスのボタンを、ゆっくりと襟元から一つ一つ外していく。

「ずっと苦しんで?」

「だって柴崎さんは人の妻。いくら想っても叶わない恋じゃないですか」

浩平はそう彩子の耳元で囁いた。そして軽く耳朶を噛んだ。

「あっ・・でも、でも・・」

「だから今夜、叱られるのを覚悟で、僕は、僕は柴崎さんに・・」

ブラウスの前がはだけ、淡いブルーのブラジャーが露になる。

「で、でも十四歳も年上なのよ。私より若くて綺麗な娘がたくさんいるのに」

「関係ありません。僕は柴崎さんを好きになったんだから」

浩平はそう言い切ると、引き千切るようにブラジャーを剥ぎ取った。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『パート妻の純情』(二十)

『パート妻の純情』(二十)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

ブルンと乳房がこぼれ出た。

小さくはない。
だが若い頃の弾力は失せている。

寝ている状態だと、古い卵を目玉焼きにした時と同じように、べったりと平板に広がってしまう。
おまけに子供から吸われた乳首は、小指の先ほどに大きく勃っている。

「いや、明かりを消して」

「だめだ」

浩平の強い口調に彩子ははっとした。

「でも、もうおばさんだから・・浩平君に見られる自信がないの」

「そんなことはないよ。ほら、こんなに柔らかいオッパイ」

浩平は彩子の腰に跨ると、両の乳房を寄せ集めて深い谷間に顔を埋めた。

「ああ」

そして左の乳房を、浩平は渦を描くように外側から中央の乳首へと舌を這わせる。
同時に右の乳首を、人差し指と親指で強弱をつけて摘む。

「はあぁぁぁ」

乳暈は粟立ち、乳首が痛いほど尖る。
お座なりな国夫しか知らない彩子の乳房は、浩平の巧みな愛撫に甘い悲鳴をあげた。

(女の体を知り尽くしているみたい)

夫と同じ男でありながら、しかも人生経験は半分ほどしかないのに、浩平は恐ろしいほど女を喜ばせる術を知っていた。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。