FC2ブログ

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十一章

『独りぼっちの部屋』
  第十一章

小枝子の裸身に魅力がないからではない。
子供を産んでいない肢体は、若い頃と変わらぬ曲線美を保っていた。

小ぶりだが正円錐形に近い乳房には、薄桃色の上品な乳首がつんと上を向いている。
ウエストの鋭角な括れから、きゅっと引き締まったヒップへと続くフォルムは、豊穣でありながら流れるように滑らかだった。
そして贅肉のついていない純白の下腹部には、淡く繊細な逆毛が、気品のあるコントラストを鮮やかに描いていた。

隆正はバルコニーから庭を見下ろした。
白い裸形の女神像が、その均整のとれた肢体を惜しげもなく日の光に晒している。

隆正はその裸身を小枝子に重ねた。
完璧な肢体を誇るヴィーナス像に、淫らな性欲を抱く男がいるだろうか。

小枝子の美しい肢体が放つ気品は、隆正に劣情を催す隙さえ与えようとしなかった。
淫欲を抱くこと自体が罪悪感に思えてならなかった。

だがいくら上品な美身でも、小枝子が淫らに身悶えてくれれば、隆正の劣情は燃え盛るに違いない。
ところが小枝子は美しいマネキンだった。
いくら激しく愛撫を施しても、決してシーツを乱して歓喜することはなかった。

しかしそれは矛盾でしかない。
隆正は淫らではない小枝子を望んで結婚したのだ。
隆正は心の中で懊悩した。

(あの日の母のように・・)

聖母に潜んでいた淫らな性が、今も隆正の肉体に強烈な爪痕を残していた。
少年の日に知った悪魔こそが、今も隆正を魅惑して止まずにいるのだ。

壁から聞こえる卑猥な悪魔の喘ぎ。
その淫らさを恐れて小枝子を選んだが、隆正が本当に求めているのは、実は淫らな悪魔との交接だったのかもしれない。

初夏の緑が隆正の鼻腔を満たした。
豪邸と美しい妻。
だがその裏には、劣等感と満たされぬ淫欲があった。
隆正は日々追い詰められていく恐怖を感じていた。

(俺の居場所は・・)

隆正はねっとりと首筋に汗をかいているのに気づいた。
庭をわたる爽やかな薫風が、不自然な造り物めいて感じられた。

あの猫の小便臭い路地裏が懐かしかった。
隆正が振り返ると、そこには潤んだ瞳を悲しげに投げかける小枝子がいた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : エログ
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十二章

『独りぼっちの部屋』
  第十二章
FC2 Blog Ranking

古河家が建つ高台のお屋敷町から、三十分ほどゆるやかな坂道を下ると、半ば暗渠になった汚いどぶ川が流れている。
東京都T区F町。
その細長い谷地に沿って、小さな店が立て込んだ昔ながらの商店街がある。

土曜日の昼下がり、隆正は肉屋から漂うコロッケの匂いを嗅ぎながら、酒屋で買ったビール缶を片手に、懐かしい佇まいを残した店先を冷やかしていた。
金物屋、瀬戸物屋、豆腐屋、お茶屋、帽子屋など、今ではあまり見かけない商店が軒を連ねている。

そして裏通りには、庭のない狭小住宅と木造トタン外装のアパートが群をなし、人が一人通れるぐらいの路地が入り組んでいた。
その雑然とした風景は、かつて住んでいた横浜の下町にどこかよく似ていた。

隆正は一軒のアパートに足を踏み入れた。
骨董品級の木造二階建てで、安っぽい外づけの鉄階段が二階へ通じている。

カンカンと音を立てて隆正は階段を上がった。
二階の外通路には扉が二つ並んでいる。隆正が手前の201号室を開けようとした時、誰かが階段を上がってくる音がした。
ラフなジーンズ姿の若い男と中年の女だった。

「こんにちは」

男はニヤッと笑って隆正に挨拶した。
202号室に住む大学生だった。
女も男の背中に隠れて軽く会釈した。

「やあ、今日はいい天気だね」

隆正はありきたりな挨拶を返しながら、連れている女の様子を窺った。
三十代後半ぐらいだろうか、地味な容貌と出で立ちで、左手の薬指に結婚指輪を嵌めている。
だが隆正はそれ以上のことは詮索せず、鍵を開けて201号室に入った。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 男と女のお話。
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十三章

『独りぼっちの部屋』
  第十三章

そこはがらんとした六畳間だった。
ぽつんとテレビが置かれている以外、家財道具は何一つなかった。

日焼けして毛羽立った畳、煙草のヤニで茶色くなった壁紙、そして埃を被った蛍光灯の笠が、古びた部屋をいっそううらぶれさせている。
木枠でできた窓の外には、錆びついた鉄の手すりがあり、前の住人が残した丸い物干しハンガーが風に揺れていた。
部屋に入ると、ここ数日締め切っていたせいか、澱んだ黴臭い空気が鼻をついた。

(ああ、落ち着くなあ・・)

窓を開け放って初夏の風を入れると、隆正は六畳間の真ん中で大の字に寝転んだ。
そしてべこべこに歪んだ天井板を見上げて、ほっと安堵のため息を吐いた。

この部屋は、小枝子に内緒で借りている隠れ家だった。
一ヶ月前、帰宅拒否症気味だった隆正は、吐き気がして一つ手前の駅で電車を下りた。

帰らなければと焦れば焦るほど、足は古河家から遠ざかって行く。
ふらふらと商店街まで辿り着いた隆正は、このアパートに居住者募集の張り紙が貼ってあるのを見つけた。

密かに隆正は部屋を借りる契約を不動産屋と結んだ。
家賃は小遣いで賄えた。
近くの電器屋でテレビを買い、単身赴任者を装ってアパートに紛れ込んだ。

古河家から近いため、隆正は小枝子にばれないよう細心の注意を払った。
接待と偽って会社の帰りに立ち寄ったり、今日のように休日出勤と偽って訪れたりした。

ところがこの部屋へ来ても、隆正は特に何かをするわけではなかった。
テレビを見たり、雑誌を読んだり、昼寝をしたり、そんな無為な時間を過ごすことで、隆正は古河家で暮らすストレスを癒していた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : エログ
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十四章

『独りぼっちの部屋』
  第十四章
FC2 Blog Ranking

隆正は缶ビールを開けた。

(子供の頃に戻ったようだ)

さすがに台所とトイレは共用ではなかったが、この部屋は横浜のアパートを彷彿とさせた。
肩肘を張らなくていい気楽さと安堵感があった。

すっかり部屋に馴染んだ隆正は、これが身の丈に合った暮らしなのかと思い知らされた。
隆正は耳を澄ませた。

「ああん、厭よ・・隣に聞えちゃうわ・・」

「・・もっと挑発してあげれば・・お隣は侘しい単身赴任のサラリーマンだから、色っぽい喘ぎ声がおかずになるんだよ」

偶然、この懐かしいアパートには、もう一つの密かな楽しみがあった。
少年時代に暮らしたアパートと同様、安普請の壁から隣室の声が洩れ聞こえるのだ。
先ほど外廊下で会った女の声は、すでに体を弄られているのか、呼吸を荒げて艶かしさを帯びていた。

隣の大学生は、代わる代わる女を部屋へ連れ込んでいた。
まだあどけなさが残る子供っぽい顔立ちだが、相当なやり手らしく、高校生からOLまで、片手にあまる女の艶声を隆正は聞かされていた。

だが今日初めて会った人妻には隆正も驚いた。
スーパーへ行けばいくらでも見かける平凡な主婦だった。

二の腕がぷよぷよした小太りで、久しぶりの念入りな化粧だったのか、素顔がわからないほど厚く塗りたくっていた。
密やかな会話が続く。

「今日はどうやって家を出てきたの?」

「主婦仲間とランチするって・・ああ、もっと強く・・」

「由紀ちゃんは?」

「ああん・・今日は中学の部活でいないわ・・」

「じゃ、ご主人は独りぼっち?」

「やめて、主人のことなんか・・せっかくユウ君に会いに来たんだから・・」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 有名人官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十五章

『独りぼっちの部屋』
  第十五章
FC2 Blog Ranking

ユウ君とは大学生の名前で、年下の男を呼ぶ人妻の声は妙に艶っぽかった。
どうやら人妻は、大学生が家庭教師をしている中学生の母親らしい。
娘の家庭教師に入れあげた母親が、禁じられた恋心を胸に押しかけて来たのだ。

「でも奥さん、ご主人は抱いてくれないの?」

「あん、主人なんて刺激がないし・・汚いから厭・・私、もうユウ君じゃないと感じないの・・欲しい・・」

ギシッとベッドが軋む音がした。
会話が途絶え、唾液が絡み合う音が次第に大きくなる。
ビールの缶を置いて、隆正は隣室との壁へ耳を押し当てた。

(あの夕暮れも・・)

まるでデジャヴのように、母の情事を壁越しに聞いた胸の高鳴りが蘇ってくる。
狂わんばかりに男を求める女が、啜り泣きとともに隆正の下腹部へ噛みつく。
人妻の喘ぎ声は、地味な容貌からは想像できない獣の咆哮へと変わっていった。

「好き、ユウ君が好きなの・・ああ、もっと強く抱いて・・激しく犯して!」

人妻が大学生に蹂躙されている。
生きる智慧も人生経験も豊かな女でありながら、年端も行かぬ若者に、法悦の彼岸を突き歩かされているのだ。

隣室から伝わる情事に、隆正は昂ぶる肉茎を鎮め始めた。
人妻はうわ言のように口走った。

「あうっ、ユウ君だけ、ユウ君だけよ・・私を女として愛してくれるのは・・」

「女として?」

「そうよ、ユウ君がいなかったら、私は妻として母として、夫と子供の世話をして死んでいくだけ・・でも私は女・・淫らな女よ・・私が女に戻れるのはユウ君といる時だけなの!」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十六章

『独りぼっちの部屋』
  第十六章
FC2 Blog Ranking

身を浸す悦びに打ち震える人妻が叫んだ。
悪魔は女だった。
女は灰になっても女だという。妻でもなく母でもなく、女は女として死ぬために、性を司る悪魔を下腹部に秘めているのかもしれない。

「お、奥さん・・」

「あっ、あっ・・奥さんなんて厭・・私は夫の付属品じゃないわ・・乳母でもないの・・私は私・・ただの女なのよ!」

壁を震わせる絶叫を残して、人妻は畳の上に崩れ落ちたようだった。
隆正は人妻の言葉を反芻しつつ、己が性の欲望を吐き出した。
隆正は小枝子を想った。

(別れるべきだろうか・・)

隆正はここ数年、小枝子との離婚を真剣に考えていた。
どう逆立ちしても、隆正は古河家の生活には馴染めそうもなかった。

こんなストレスを強いられるなら、全てを捨てて放浪の旅に出た方が気楽に思えた。
事実、このアパートを借りていること自体が、古河家と小枝子から逃避していることに他ならなかった。

そんな家名に押し潰された不甲斐ない婿養子に、女として飼い殺しにされている小枝子が気の毒だった。
小枝子は隆正に愛想を尽かしているに違いない。

否、母や隣の人妻同様、夫に頼らずとも、女として生きられる世界をすでに見つけているかもしれない。
隆正は再び畳の上で大の字に寝転んだ。

(潮時か・・)

天井の板目が涙で滲んで見えた。
このまま古河家に戻りたくなかった。

戻って来るなと、小枝子に宿る悪魔が拒んでいた。
隆正が安住できる居場所は、もはやこのアパートをおいて他になかった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』・・・第十七章

『独りぼっちの部屋』
  第十七章
FC2 Blog Ranking

暗い灰色の雲が垂れ込めた梅雨空。
玄関脇の紫陽花が絹糸のような雨に濡れている。

ポツ・・ポツ・・
手鞠に似た赤紫色の花から落ちた水玉が、光沢のある濃緑色の葉をコクンと揺らす。
そんな小さなざわめきが集まり、紫陽花が雨音にコーラスしている。
古河家の玄関で小枝子が尋ねた。

「あなた、駅まで車で送りましょうか?」

「いや・・歩いて行くよ」

傘を差した隆正は、広い庭を抜けて門へと向かった。
不安そうな顔をした小枝子が見送りについてきた。

「このところ休日出勤が多いですね」

「ああ、そろそろ株主総会も近いからね」

隆正は気もそぞろに答えると、小枝子を振り返ることなく門を出た。
もちろん嘘だった。
今日も会社へ行くふりをして、F町のアパートで一日を過ごすつもりでいた。

(このまま二重生活を続けていても・・)

まだ隆正は離婚を切り出せずにいた。
家柄にしても性の不一致にしても、すべて隆正に鬱積した心の捩れで、無垢な小枝子には何の罪もなかった。

通勤に使う駅への道から反れて、隆正はF町へ通じる長い坂道を下った。
ドブ川にかかる橋を渡り、色とりどりの傘が行き交う商店街を歩いていく。

「こんにちは」

不意に背後から隆正は声をかけられた。
振り返ると、先日隣室の大学生を訪ねて来た人妻がいた。

「あ、ああ・・どうも」

隆正は気まずそうに返事をした。
堂々と挨拶すればいいのだが、生々しい情事を盗み聞きした負い目があった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十八章

『独りぼっちの部屋』
  第十八章

アパートへ向かって、人妻は隆正と並んで歩き始めた。

「教えて欲しいことがあるんです」

「え、私にですか?」

「はい、あの・・わ、私達のこと・・いつも壁越しに聞いていらっしゃるんでしょう?」

人妻はぽっと顔を赤らめて上目遣いに隆正を見つめた。

「あ、いや・・その・・」

「それは構わないんです。壁が薄いから筒抜けだって・・ユウ君もそれを承知で私を抱いているんですから・・」

「・・は、はあ」

「だから逆によくご存知だと思うんです。私以外にも、ユウ君は女性を部屋へ連れ込んだりしているんですか?」

人妻は真摯な瞳を隆正へ向けた。
まるで女子中学生かと見紛うほど、地味な中年の人妻は恋する女の顔になっていた。

隆正は胸を高鳴らせた。
隣室の大学生にとっては、ただの遊び相手に過ぎない家庭教師先の母親だ。

むろんこの人妻にしても、最初はちょっとした火遊びのつもりだったに違いない。
だが肌を合わせていくたびに、嫉妬すら覚えるほど人妻は恋心を抱いている。

(これが女か・・)

とうの昔に女を卒業したはずの人妻が、再び恋という命を与えられて眩しく輝いている。
きっとあの日の母も、バンドマンの素行にやきもきしていたのかもしれない。
不安そうな顔をした人妻のために、隆正はきっぱりと嘘を言い切った。

「そんなことはありませんよ」

「本当ですか?」

「ええ、奥さんが来る日以外は、女性の声など一切聞いたことがありません」

「そ、そうですか」

差している赤い傘のように、人妻の表情がぱっと明るく綻んだ。
目尻の小皺は多いが、それがかえって女の幸福感を滲ませている。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : エログ
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十九章

『独りぼっちの部屋』
  第十九章
FC2 Blog Ranking

隆正は心の中で苦笑した。

(母もこんな笑顔を見せたのだろうか?)

貧しい暮らしに追われ、ろくに化粧をすることもなく、母は呑んだくれの夫に仕えてきた。
あのバンドマンが住んでいた隣の部屋こそ、母が女でいることができる唯一の居場所だったのかもしれない。

すでに当時の母より年を経た隆正は、逆にそうであって欲しいと祈る気持ちになっていた。
ふと小枝子の顔が脳裏を過ぎった。

翻って隆正は、女の笑みを与えらない父と変わらなかった。
隣の大学生以下かもしれない。

自分の至らなさで、女を失った小枝子が不憫でならなかった。
人妻は古いアパートの外階段を上がると、201号室の前で隆正に頭を下げた。

「有難うございました」

「いえ、本当のことを言っただけです。今日も激しい情事を期待していますよ」

「い、いやだわ・・」

嬉しそうに人妻が科をつくった時、けたたましく階段を上がってくる音がした。
小枝子だった。

「あ、あなた!」

その激しい剣幕に隆正は後退りした。
驚いた人妻は、慌てて隣室に逃げ込んでしまった。

「ど、どうして・・?」

「浮気していたのね? こんなところで私に隠れて浮気していたのね!」

血相を変えた小枝子は、悲鳴にも似た大声を張り上げて隆正に詰め寄ってきた。

「ち、違う・・落ち着いて・・」

普段の令嬢然とした小枝子ではなかった。
まるで闘牛のように、目を血走らせて小枝子は突進してきた。
間一髪、隆正は小枝子を抱き受けると、急いで鍵を開け、201号室にもろとも雪崩れ込んだ。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第二十章

『独りぼっちの部屋』
  第二十章
FC2 Blog Ranking
足元がもつれた二人は、そのままがらんとした部屋の畳に転がった。

「く、悔しい!」

小枝子の平手が隆正の頬に飛んだ。

「あ、あれは隣に住む大学生の愛人だよ・・痛っ、小枝子、落ち着きなさい!」

隆正は暴れる小枝子を畳の上に組み敷き、そのまま悋気が収まるのを待った。
勘違いとは言え、小枝子が嫉妬するのは意外だった。
信じられない力で小枝子はもがき続けたが、はっと我に返ると、憑き物が落ちたようにポカンと部屋を見回した。

「・・こ、ここは、どこなの?」

隆正はひりひりする頬を押さえながら、窓を少し開けて黴臭い空気を換気した。

「・・僕が借りている部屋だよ」

「借りているって・・ど、どうして?」

「・・この部屋に来ると心が安らぐんだ」

「嘘よ、こんな汚いアパートで・・やっぱり女がいるんでしょう。女と暮らすためにこの部屋を借りているんだわ!」

小枝子は再び嫉妬に駆られて暴れようとした。
仕方なく隆正は、小枝子の頬を軽く平手で叩いた。

「話を聞きなさい」
小枝子は頬を押さえて、円らな瞳を大きく見開いた。
もう逃げられないと隆正は覚悟した。
畳の上に胡坐をかいて座ると、呆然と畳の上に崩れた小枝子に、ぽつりぽつりと経緯を話し始めた。

「僕が生まれ育ったのはこんな部屋だった。狭い六畳間に家族四人で暮らしていた・・」

初めて隆正は少年時代を小枝子に語った。
セレブの小枝子には、かつて口にするのも憚られる貧しい生活だった。
だがそんなコンプレックスも、母が女として幸せだとわかった今、どこか懐かしい思い出に昇華しつつあった。

「そ、そんな・・」

「小枝子を責めているわけじゃない。だがこれはどうにもならない現実なんだ」

「・・・・」

「この部屋が本当の僕の姿なんだよ」

言葉を振り絞った隆正は、放心して動かない小枝子を見つめた。
目尻に湛えた小枝子の涙が、零れんばかりに大きく膨らんでいく。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5