FC2ブログ

『不如帰』・・・第十一章

   『不 如 帰』 (永遠の嘘)
長年に亘り妻を苦しめてきた夫の裏切り行為に対し、
執念の復讐が実行に移される時がきた。
だが妻の復讐心を覆す衝撃の真実が今、明かされる。

第十一章

巨大な病院を夜の帳が包んでいく。
青白い蛍光灯の下、病棟の長い廊下は、不気味なまでの静寂に圧迫されていた。

だが耳を澄ませば、低い地鳴りのように、患者達の呻き声やすすり泣きが聞えてくる。
前を歩く勇輝が佳珠子を振り返った。

「母さん、見送りはここでいいよ」

「これからまた仕事に戻るの? あまり無理をしないようにね」

「うん、また時間を見つけて来るけど、母さんも体を壊さないように気をつけて」

そう佳珠子を労うと、勇輝はコツコツと足音を残響させて帰って行った。
勇輝の姿が見えなくなるまで、佳珠子は無言のまま廊下に佇んでいた。

(会うたびに義兄さんに似ていく)

子供の頃は気づかなかったが、長ずるにつれて大柄で腕も毛深くなり、勇輝は武彦譲りの遺伝子を紛うことなく伝えていた。

あの一夜限りの情交で、佳珠子は思惑通り武彦の子を身ごもったのだ。
だが妊娠した当初は、佳珠子も武彦の子供かどうか確信を持てずにいた。

何故なら、翌日東京へ戻ると、克哉は憑かれたように佳珠子の体を求めたからだった。
前夜会津若松で浮気したにも拘らず、克哉は何度も執拗に佳珠子の中へ精液を注ぎ込んだ。

僅か二十四時間を隔てただけで、あろうことか、佳珠子は兄弟二人の精液を受け入れたのだ。
戸籍上は、克哉の子として生まれた勇輝だったが、佳珠子自身どちらの子供か判りかねていた。

その五年後、武彦は肝臓癌で早世した。
亡くなる直前、佳珠子と勇輝は、克哉に連れられて僻村の病院へ見舞いに行った。

「兄さん・・」

克哉は病床で大人気なく泣いた。
あの夜以来の再会となる佳珠子は、武彦の凄まじい顔の変わりように言葉もなかった。
克哉は幼い勇輝を抱くと、武彦の枕元で初めて甥の顔を披露した。

「・・・・」

「兄さん、平野家の跡継ぎです」

「・・あ、ああ」

かつて佳珠子を抱いた逞しい腕が、ミイラのように骨と皮ばかりになっていた。
武彦はその手で勇輝の手を握って笑顔を浮かべた。

だが佳珠子は見逃さなかった。
勇輝の顔を見た瞬間、武彦の顔が驚愕に強張ったのを。

葬儀の後、遺品の整理に家を訪れた佳珠子は、茶色に変色した白黒写真を見つけた。
幼い頃の武彦が写っていた。

(やはり・・)

佳珠子は勇輝が武彦の子だと確信した。
その顔は勇輝と見紛うばかりに似ていた。

武彦は、年を経てからは想像できない愛らしい顔をしていた。
幼い頃に撮った克哉の写真も見たが、勇輝とは似ても似つかなかった。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『不如帰』・・・第十二章

   『不 如 帰』 (永遠の嘘)
長年に亘り妻を苦しめてきた夫の裏切り行為に対し、
執念の復讐が実行に移される時がきた。
だが妻の復讐心を覆す衝撃の真実が今、明かされる。

第十二章

佳珠子は、写真を克哉の目につかぬようダンボールにつめた。
そして何食わぬ顔で、焼却するゴミと一緒に捨てた。
ナースが傍らを小走りに通り過ぎた。

佳珠子ははっと我に返った。
克哉の個室を前にして、佳珠子は深く息を吸い込んだ。

(勇輝は武彦さんの子よ)

佳珠子は、心の中で何度も呪文のように繰り返した。
勇輝が見舞いに来た今夜こそが、この一言の価値を最大限に引き出すはずだった。

いよいよ佳珠子の復讐が完結する。
虐げられた半生に亘る怨念が、今夜夜空へと昇華していくのだ。

佳珠子は病室の扉をそっと開けた。
克哉は枕元に置かれたテレビに目を遣っていた。

「勇輝は帰ったのか?」

「え、ええ、またこれから霞ヶ関に戻って仕事ですって」

「そうか・・鳶が鷹を産む・・俺の子供にしては出来すぎだよ」

そう自虐的な笑いを浮かべ、克哉はテレビの電源を消した。
佳珠子はついにその一言を切り出した。

「あなた、勇輝は・・」

「・・兄貴の子供じゃないのか?」

佳珠子の脳髄が一瞬にして凍りついた。
じっと克哉は佳珠子の表情を見つめている。
咄嗟に佳珠子は平然を装って嘘を着いた。

「何を言い出すかと思ったら・・」

勇輝が見舞いに持ってきてくれた林檎を、佳珠子は素知らぬ振りをして剥き始めた。
克哉は痩せこけた顔で佳珠子に迫った。

「俺はもうすぐ死ぬ・・死ぬ前に真実が知りたい・・」

「し、真実って?」

「もし勇輝が兄貴の子供だったとしても・・お前を責めようとは思わない・・」

「・・・・」

「あの夜・・お前を兄貴と二人きりにしたのも・・すべて俺が企んだことなんだ・・」

克哉はそう告げると、どこで買ってきたのか煙草を取り出して火をつけた。

「あ、あなた、肺癌なのにダメよ!」

「いいんだ・・死に逝く者に養生など必要ない・・ただ・・自分の人生を・・全うするために・・俺も話す・・だからお前も最後に種明かしして欲しい・・」

煙草の煙に克哉は激しく咳き込んだ。
だがその落ち窪んだ目には、爛々と真実への執着が灯っていた。
克哉は枕元に佳珠子を座らせて、途切れ途切れに、三十年隠し続けてきたことを話し始めた。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 日記
genre : アダルト

『不如帰』・・・第十三章

   『不 如 帰』 (永遠の嘘)
長年に亘り妻を苦しめてきた夫の裏切り行為に対し、
執念の復讐が実行に移される時がきた。
だが妻の復讐心を覆す衝撃の真実が今、明かされる。

第十三章

武彦と克哉は仲のいい兄弟だった。
山奥の集落で二人きり、しかも年が十二歳も離れていたので、喧嘩した記憶などほとんどなかった。

父親が亡くなった時、武彦は社会人、克哉はまだ中学生だった。
当時武彦は、高校を首席で卒業して、東京の大企業で会社員をしていた。

努力家で頭脳優秀だった武彦は、高卒でありながら将来を嘱望されていた。
結婚を考えていた恋人もいたらしい。
だが武彦は病弱な母親と克哉を案じ、全てを捨てて故郷へ帰ってきた。

武彦は黙々と山仕事に精を出した。
いくら集落では名家と言っても、過疎の山奥に嫁ぐ嫁などいなかった。

そんな境遇にも愚痴ひとつ零さず、武彦は父親代わりとなり、克哉を大学まで進学させてくれたのだった。
静寂な病室には、克哉の苦しげな呼吸だけがひゅうひゅうと響いている。

「兄貴は優しかった・・俺など足元にも及ばないほど素晴らしい人だった・・俺を一廉の人間にしようと・・自分の人生を山奥に埋もれてしまったんだ・・」

武彦が亡くなった時、克哉が子供のように泣いていた理由を佳珠子は初めて知った。
だが佳珠子は情に流されそうな自分を戒めた。
聖人君主のように克哉は崇めるが、佳珠子はあの夜、獣となった武彦に犯されているのも事実だった。

克哉は独白を続けた。
ところが武彦への感謝は、時代を経て克哉の心の中で負い目へと変質していった。

優秀ではない弟が、将来ある兄の人生を奪った後悔だったのかもしれない。
中でも、平野家の当主である優秀な武彦の遺伝子を残せない悔いは、克哉が東京で就職してから、心中で取り返しのつかない罪悪へと変わっていった。

しかもその負い目に拍車をかけたのは、克哉自身が、子をつくる能力に乏しいとわかったことだった。
結婚してから、佳珠子が妊娠しないのを不思議に思った克哉は、密かに一人で医師へ相談に行った。
結果は、無精子症ではないものの、精子の運動率が低く、妊娠させづらい体質だと宣告された。

克哉は懊悩した。
このままでは武彦の人生どころか、平野家までも山奥の荒地に歴史を埋もれさせることになる。

平家の落人伝説が本当かは別として、千年近く続いた先祖の供養を途絶えさせる責任は、克哉一人が負うにはあまりにも過酷過ぎた。
克哉は煙草を空き缶で揉み消すと、落ち窪んだ目で佳珠子に意外な事実を告げた。

「苦しんで・・苦しんで・・考え抜いて出した結論は・・兄貴の子供をお前に産ませることだった・・」
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

『不如帰』・・・第十四章

   『不 如 帰』 (永遠の嘘)
長年に亘り妻を苦しめてきた夫の裏切り行為に対し、
執念の復讐が実行に移される時がきた。
だが妻の復讐心を覆す衝撃の真実が今、明かされる。

第十四章

信じられない告白に、佳珠子の全身を衝撃が走った。

「・・・・」

握った拳がじんわりと汗ばむ。
だが佳珠子は顔色を変えずに辛うじて沈黙を保った。

克哉は続けた。
あの夜、克哉は外泊した。
むろん武彦と佳珠子を二人きりにするためだった。

だがそれだけでは何も起こらない。
化学反応が生ずるには触媒が必要なのだ。
そこで克哉は、女に会いに行くと佳珠子に嘘をついた。

堂々と浮気を宣言することで、佳珠子はますます疑心暗鬼になり、克哉との結婚生活から救いを求めるだろう。
そして気の強い佳珠子は、女としてのプライドを保つために、何かしら克哉への復讐を目論むに違いない。

また克哉は、武彦が佳珠子に叶えられない欲望を抱いていることに気づいていた。
そこで出掛け間際、禁断の性欲を解放するため、佳珠子はふしだらで浮気していると嘘をついた。

東京へ帰ったら離婚するつもりだとも言い切ったのだ。
佳珠子は絶句した。

「あ、あなたは・・やはり私を・・愛していなかったの・・子孫を残す機械としか・・」

もう復讐のことなどどうでも良かった。
ただ悔しさに堪え切れず、佳珠子は予定外の涙を滴らせた。

「そ、それは違う・・もしそこまで割り切れたら・・どれだけ楽だったか・・お、お前には・・いくら詫びても・・永遠に詫び切れない・・」

克哉は目に涙を浮かべ、ベッドの上で深く頭を下げた。
僻村から出てきた克哉にとって、佳珠子は都会が創り出した究極の美だった。

スナックで立ち振る舞う佳珠子は、まさに宝石の如き輝きがあった。
克哉は努力の末、その美玉を左手の薬指に嵌めることができた。

ところがそれを手に入れた時、克哉の心の内で何かが激しく燃え上がった。
それは嫉妬だった。
愛すれば愛するほど、佳珠子の過去が悩ましく克哉を苦しめた。

スナックで顔見知りの男が、佳珠子を抱いたと想像するだけで、克哉は身悶えするような苛立ちを覚えた。
そんな苦しみを吹っ切るには、克哉自身が女遊びするしかなかったのだ。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 淫らな熟女★女の性欲と発情
genre : アダルト

『不如帰』・・・最終章

   『不 如 帰』 (永遠の嘘)
長年に亘り妻を苦しめてきた夫の裏切り行為に対し、
執念の復讐が実行に移される時がきた。
だが妻の復讐心を覆す衝撃の真実が今、明かされる。

最終章

克哉は佳珠子の手を握った。

「俺は・・間違えていた・・」

あの夜、妻を兄に委ねた夜、一人会津若松のホテルで、克哉は悶々として一睡もできなかった。
佳珠子への嫉妬だった。

だが嫉妬は愛だった。
例え平野家を滅ぼしたとしても、邪悪な人工授精などするべきではなかったと克哉は悔やんだ。

愛を取り戻すべく、東京へ戻ってから、克哉は激しく佳珠子の体へ頼りない精液を注ぎ込んだのだった。
ところが予期せぬことに、その微妙なタイミングの最中、期せずして勇輝が生まれてしまったのだ。

「無条件に・・勇輝は可愛かった・・だがやるせない疑惑が残った・・」

自らが仕掛けた結末だが、もしや兄の子ではと言う苦悩が更に克哉を苛んだ。
その逃げ道に、克哉はますます女遊びにのめり込んでいった。

「教えてくれ・・真実を・・勇輝はどちらの子供なんだ・・」

克哉の頬から伝った涙が佳珠子の手の甲に落ちた。
そこには、冷たい手からは想像できない温もりがあった。

克哉の種明かしに佳珠子は迷った。
克哉が哀れだった。
佳珠子へのコンプレックス、そして家を守る義務感――そんな重圧に耐え切れず、克哉は懊悩し続けてきたのだ。

だがそれで佳珠子の半生が救われるのだろうか。
重い天秤が心の中で揺れた。
長い沈黙とともに、佳珠子はふうっと長く息を吐き出した。

「本当に馬鹿な人ね。私がお義兄さんと何かあるわけないでしょう? 勇輝は間違いなくあなたの子供よ」

息を荒げた克哉をベッドヘ寝かせると、佳珠子はハンカチを出して顔に伝う涙を拭ってやった。

「そ、そうか・・俺の子か・・」

克哉は無邪気に笑みを浮かべた。
藁にも縋る思いで、克哉も三十年その一言を待っていたのだろう。

佳珠子は心の中で呟いた。

(永遠の嘘・・)

不如帰は、冥途へ道案内してくれる鳥だと方丈記に書かれている。
西方浄土はどこにあるのだろうか?
西方浄土は遠い空の上にあるのではなく、人の慈悲にあるのだと佳珠子は噛み締めた。
――閉幕――

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5