FC2ブログ

『あやかしの肌』・・・第十一章

     『あやかしの肌』
第十一章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

国電が走るガード下のパチンコ屋で、煙草を二カートン勝った辰二は、昼下がりの神田をぶらぶらと歩いていた。
池田内閣の経済成長とやらで、雨後の筍のように神田にも会社が増えた。

ポマードで髪を固めた黒縁眼鏡のサラリーマン達が、ランニング姿の辰二を好奇な目で見ながら、さも忙しそうにせかせかと街を行き来している。
食堂で鯖の塩焼きを食べながら、辰二は神田の街が変わって行くのを実感した。

職人の街だった神田が、よそ者のサラリーマンに占拠されつつあった。
気風のいい男衆はもちろん、買い物カゴを手に割烹着を着た女房連、ベーゴマやチャンバラごっこで遊ぶ子供達の姿はすっかり見かけなくなった。

辰二は不安を感じた。
企業進出で神田から地元の住民が消えて行く。
わずかに残った住民も、所得が増えて風呂つきの団地に住むようになれば、当然ながら銭湯の商売は立ち行かなくなる。

後五六年もすれば、東京の銭湯は次々とつぶれていくに違いない。
暗欝とした心情で竹の湯へ戻る途中、路地を入ったところに、辰二は開店したばかりの小料理屋を見つけた。

『酒肴美千代』

昼は営業しておらず、店はのれんを下ろしていた。
まだ新しい硝子戸から中を覗くと、一階がカウンター席だけの小さな造りで、二階が住居になっているようだった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十二章

     『あやかしの肌』
第十二章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

着物姿の女将がいた。
たすき掛けして、夜の仕込みを始めたところらしい。
硝子戸に映る辰二の影を見たのか、布巾で手を拭きながら女将が出て来た。

「ごめんなさい、昼はやっていないのよ」

三十代半ばぐらいだろうか、髪を後ろに束ねた丸顔が艶っぽい。
化粧はしていないが、ほんのり年増の色気を漂わせた流し目が、男の背筋をぞくっと震わせる。

「あ、いや・・近くに住んでいるんだけど、ここに店ができたって知らなくて・・」

「今月から始めたんですよ。お近くなら是非夜に来て下さいな」

女将が頭を下げると、真っ白い襟首がちらっと覗いた。

「あ、ああ・・わかった」

真夏の陽射しに相応しからぬ、真夜中の月光にも似た肌の青さに、思わず辰二は言葉を詰まらせた。
そしてその眩しさから逃げるように、辰二は路地を抜けて竹の湯へ駆け込んだ。

瞼に残る女将の美肌に、釜場へ戻っても辰二は年甲斐もなく胸が高鳴らせていた。
盛吉が入って来た。

「タツ、そろそろ釜に火を入れてくれ」

「は、はい」

我に返った辰二は、首を振って妄想を掻き消すと、小走りに薪が積んである裏庭へと向かった。
休業日の翌日で客は普段より多かった。
辰二は湯の温度をやや高めにして、釜場で早めの夕食を掻き込んだ。

流しのブザーが鳴った。
辰二は食事もそこそこに、風呂桶を手に女湯へ向かった。

夕方に銭湯へ来るのは、楽隠居か泥だらけの子供、彫り物を背負った遊び人、夜が忙しい水商売人が多い。
浴槽で泳ぐ女の子を叱りながら、辰二は流しを頼む木札を探した。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十三章

     『あやかしの肌』
第十三章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

(おや?)

竹の湯で働いて一五年、流しを頼む客の背中はたいがい覚えている。
ところが木札の前には見慣れない背中があった。

「お待たせしました」

「あら、済まないわね」

その女客と顔を見合わせて、思わず辰二は一歩後退りした。
昼間会った小料理屋の女将だった。

「まあ、昼間の・・お湯屋の三助さんだったのね」

「ど、どうも」

「厭ねえ、恥ずかしいわあ・・神田へ越してきて初めて頼んだ三助さんが、昼間顔を合わせた兄さんだなんて」

辰二の視線を警戒するように、女将はそっと手拭いで乳房を隠した。
だが鏡に映る顔には、男を挑発する妖婦の媚笑を含んでいた。

垢すりに石鹸をつけた辰二は、女将の背中をゆっくりと流し始めた。
一点の染みもない白い背中。

昼間陽射しの中で見た時よりも、乳白色の肌は深みのある青を湛えている。
それが垢すりで擦るたびに、ふわっと薄い紅を注したように色づく。

(こ、これは・・)

艶めかしさに辰二はごくっと生唾を呑み込んだ。
薄く肌理細かい肌から、熱い女の血潮が脈動とともに伝わってくる。

辰二は動揺を隠しながら、背中へざっと熱めの湯を流した。
そしてほんのり薄桃色に上気した肩に手拭いをかけ、上から指の腹でぐいぐいと揉み始めた。

(・・こんな肌があるのか)

軽く押せばとろけるような軟らかさ、そして強く押せばきゅっと引き締まった弾力がある。
その融通無碍な深みが、この世のものとは思えない法悦を肌に潜ませている。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 官能小説
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十四章

     『あやかしの肌』
第十四章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

女将の上腕がわずかに鳥肌立っている。

「ああ、気持ちいいわ」

「そうかい」

肌を覆う手拭いが恨めしかったが、辰二自身も類稀な触感に酔い痴れた。
三十路半ばでありながら、背中から尻にかけては、見事な砂時計型の体形を維持している。

だがうっすらと脂肪が乗った肌は、表面に湯玉ができるほどもっちりと張り、熟した女盛りの媚肉をこれ見よがしに誇っていた。
女将はうっとりとした顔で言った。

「ねえ、本当に次のお休みに飲みに来なさいよ。肩を揉んでくれたらタダにしてあげるから」

「気が向いたら寄らせてもらうよ」

またこの肌に触れられるかと思うと、背中を押す親指に自然と力が入った。

「ああっ」

不意の力強い指圧に、女将は思わず小さな声を洩らした。
そのどこか艶めかしい余韻を含んだ声は、辰二の股間に熱いたぎりを残したのだった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十五章

     『あやかしの肌』
第十五章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

闇に暮れた神田の路地裏には、街燈換わりの赤提灯が点々と連なっている。
その明かりに照らされて、千鳥足で歩く男達の影が路面に揺れていた。

「ゴマすり部長なんかに、俺の実力がわかってたまるかよ!」

「いひひ、庶務課の和子ちゃん、でかいチチがたまらんなあ」

泥酔したサラリーマンの喧騒が、焼き鳥の煙とともに路地の隅々にまで充満していく。
辰二は『酒肴美千代』にいた。
カウンターでコップ酒片手の辰二に、女将が焼きたての鰯の丸干しを出した。

「本当に来てくれるとは思わなかったわ」

「ああ、今日は定休日だから」

先ほどまでいたサラリーマン達は帰り、客は辰二独りになっていた。
女将は加賀美千代と名乗った。
三十五歳、この店の二階で暮らしをしていると言う。

「あたしね、辰巳芸者だったの。昔は大店のご隠居に囲われていたのよ」

しんみりと呟くと、美千代は辰二が返杯した日本酒をくっと小気味よくあおった。
芸者だった美千代は、呉服屋の隠居に見染められて妾になった。

ところがその隠居が昨年亡くなり、親族から厄介扱いされる形で手切れ金を貰い、ここ神田に小料理屋を開いたのだと言う。
辰二は酒でぽっと赤らんだ美千代の頬を見つめた。

「粋筋の女だと思っていたよ」

「厭ねえ、お風呂で裸を見られたと思うと恥ずかしいわ」

カウンターの中で美千代は、着物の胸元に手を当ててもじもじと身をよじった。

「旦那が亡くなって今は独りかい?」

「決まっているでしょう。あたしって結構一途な女なのよ」

ややぽっちゃりとした顔立ちの美千代が、薄いピンク色の頬を窄めて口を尖らせた。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十六章

     『あやかしの肌』
第十六章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

辰二は美千代の過去を夢想した。
おそらく年老いた大旦那のことだ。
前戯で美千代の体を狂わせても、三十路を過ぎた熟肉を、最後まで満たすことはできなかっただろう。

(肌が男を求めている)

長年女の肌を見てきた辰二は、三助の勘で体の火照り具合がわかった。
その夜夫婦の営みを期待する妻の肌は、どこかいつもより熱くしっとりと湿っている。

間違いなく美千代の肌は、貪欲に男を求める女盛りの艶めきを滲ませていた。
辰二は鰯の丸干しを頭からかじった。

「もう十一時か・・女将、そろそろお愛想してくれ」

「あら、もう少しいいじゃない」

美千代は赤く潤んだ瞳で誘うような流し目を送ってきた。

「しかし明日があるから」

「ああん、肩が凝っちゃったの・・揉んでくれるって約束したじゃない。店を早仕舞するからちょっと待ってて」

辰二を席に座らせたまま、いそいそと美千代は店の外へ出てのれんを下ろした。
夜が更けていく。

神田の街もやっと静けさを取り戻しつつあった。
網戸を嵌めた窓の外には、吊りしのぶの風鈴が、チリンチリンと夏の弱い夜風に揺れている。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十七章

     『あやかしの肌』
第十七章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

辰二は煙草に火をつけた。
案内された店の二階は、六畳と四畳半が二間続く美千代の住まいになっていた。

「引き留めちゃってごめんなさいね」

襖を開けて、藍染めの粋な浴衣に着替えた美千代が現れた。

「いや、約束だから」

辰二が団扇を扇ぐと、蚊取り線香と煙草の煙がゆらゆらと混じって揺れた。
美千代は敷き布団を引き終えると、男を知り尽くした年増女とは思えぬ羞恥を口許に浮かべた。

「裸になった方がいいの?」

「・・ああ」

「お風呂なら平気だけど、二人きりだと恥ずかしいわ」

布団に座って背中を見せた美千代は、もじもじしながら帯を解き、はらりと藍の浴衣を肩から落とした。
乳白液を流したような肌が現れた。

左手を布団について右手で乳房を隠した美千代の背中は、やや左へしなるように傾き、半分露になった尻とともに、浮世絵にも似た女の艶っぽい風情を描いている。
辰二は背後へ寄ると、震える指先でそっと美千代の肩に触れてみた。

しっとりと潤いを保った肌に、指の腹が貼りついてしまう錯覚に襲われる。
肌が濡れている時とは違って、一本一歩の産毛が絶妙な触感を増幅する。

(ああ・・)

陶然として言葉を失った辰二は、夢中で肩から背中へと指を這わせた。

「うふ、くすぐったいわ」

背中をくねくねとねじる美千代を、辰二は布団へうつ伏せに寝かせた。
肩からなだらかに下る背中に掌を這わせると、こんもりと盛り上がった白い双丘へ駆け上がる。
瑞々しい白桃を思わせる美千代の尻には、ビロードを思わせる産毛の濃密な触り心地があった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 官能小説
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十八章

     『あやかしの肌』
第十八章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

辰二は太腿に跨ると、その形のいい尻をぐっと親指で押した。

「あっ、ああん・・」

美千代は小さく尻の筋肉を強張らせた。
だがむっちりと敷き詰められた皮下脂肪は、辰二の指を絶妙な軟らかさで受け止める。

(思った通りの手触りだ)

辰二は掌の動きを抑えることができなかった。
小高い尻から脚へと下りると、辰二をも垂涎させる内腿が待ち受けていた。

(す、すごい・・)

雪のような白い肌に、清流の深みに似た群青色が透けて見える。
しかも御影石のように怜悧で滑らかな肌質が、辰二の秘めた淫情を否応なく掻き立てた。

刺青を施すように、辰二の指先が美千代の背中へ服従の悦びを刻印していく。
長年体を揉み続けてきた辰二は、女の淫心を掻き立てるツボを心得ていた。
指先に力を入れて尻の筋肉をぐりぐりと揉みしだく。

「ああ、マッサージなのに・・体がどうにかなっちゃう・・」

うつ伏せの美千代は枕に額を押し当てたまま、指の動きに反応して蛇のように全身をくねらせた。
ぴったりと閉じていた内腿は、もう力が入らないのか、尻の谷間からちらちらと陰部を覗かせている。
三分ほど弾力のある尻を揉むうちに、狭い部屋にくちゅくちゅと淫靡な音が聞こえてきた。

「いや、恥ずかしい」

とろりとした粘液が、陰部どころか内腿へまで溢れ出していた。
そして発情した牝の匂いが、憚ることなく辰二の牡を誘った。
突然美千代は起き上がると、座っていた辰二を押し倒して覆いかぶさってきた。

「お、おい、女将」

「もう我慢できないの・・ああっ、わざとあたしの体をいたぶったくせに・・」

仰向けに倒れた辰二の腹に美千代は馬乗りで跨った。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十九章

     『あやかしの肌』
第十九章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

目の前で豊かな乳房が揺れる。
三十路半ばの乳房は、やや弾力を失っているが、搗きたての餅のようにゆさゆさとたわんで見せた。

青い血管が透けて見える。
だが子供を産んでいない乳首は、蚊に食われた赤みほどに淡かった。
美千代が乳房を顔に押し当ててきた。

「ねえ、吸って、吸ってよう」

むっちりと柔らかい肉塊に息が詰まりそうになりながら、辰二は薄桃色の乳暈を指で摘んで歯を立てた。

「あっ、ああっ」

腹に跨った美千代は身をよじりながら、ぬるぬると火照った陰部を擦りつけてくる。

「欲しい、欲しくてたまらないのよぉ!」

窓が開いているのも忘れて、美千代は乳房を千切れんばかりに揺らして絶叫した。
辰二は美千代の体を仰向けに横たえた。
興奮して白い肌を赤く染めた美千代は、すがるような目で辰二の顔を見つめている。

「欲しいのか?」

「お願い・・焦らされたら狂っちゃう・・」

辰二は美千代の太腿をわざとゆっくり押し広げた。
黒ずんだ淫唇が綻び、鮮やかなピンク色の秘肉が剥き出しになった。

てらてらと妖しい光沢を放つ秘肉から、粘液が一筋つっと尻の窄みを伝って糸を引いた。
辰二はズボンを脱ぐと、すでに天を衝かんばかりに硬直した肉茎を濡れた秘肉に宛がった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第二十章

     『あやかしの肌』
第二十章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

「ああっ、来る・・来てっ!」

肉茎の先端をぐっと押しだすと、ぬるっとした感触とともに秘肉の中へ消えた。

「んぐぅ・・」

全身を震わせた美千代は、自分から腰を浮かせて肉茎を呑み込もうとする。

「これが欲しくて俺をここへ呼んだんだな」

「ああっ、そうよ・・男が欲しかったの、おじいちゃんじゃ満足できなかったのよお」

 くわえこんだ肉茎を離すまいと、美千代は辰二の体にしがみついてきた。
 辰二は美千代の体を組み敷いて、肉茎を激しく下腹部の奥へ打ちつけていく。

「いいっ、いいの・・たまらないわ・・」

辰二の激しい動きに、美千代は歓喜で粟立った乳房をふるふると震わせた。乳房だけではない。
久しぶりに女を取り戻した美千代の肌は、プチプチと弾けんばかりに瑞々しい艶を増していた。

辰二が秘肉の奥を小刻みに突き上げると、美千代は上半身を弓のように反らし、受け入れた肉茎をきつく締め上げていく。

「いや、ダメ、もういっちゃう・・いっちゃいそうなの・・ああっ、気持ちいいっ・・いいっ、んぐぐ、いぐうぅぅぅ・・」

断末魔の咆哮を放った美千代は、ひくひくと全身を痙攣させながらぐったりとして気を失った。
肉茎を押し入れたまま、辰二は仰向けの美千代に覆いかぶさった。

上半身が密着する。
美千代の柔肌が辰二をやさしく包み、荒い呼吸で揺りかごのようにゆらゆらと揺れる。
重なった肌を通じて、心も体も辰二は美千代に融け込んでいくのを感じた。

(母さん・・)

辰二は熱く火照った美千代の背中へ掌を回した。
あの夜に触れた母の背中だった。
生きる苦痛も悲しみも、全て吸い出してくれる肌がそこにあった。
懐かしい温もりに身を委ねたまま、辰二は美千代の陰部へ射精した。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : エログ
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5