FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童話『プリン』・・・第十一章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十一章

哲夫は飼い葉やりも洋士に任せた。
飼い葉や水を入れる桶は重いが、洋士がつくった飼い葉をプリンが食べてくれるはうれしかった。

プリンはお腹がすくと、前足で地面をかくくせがあった。
それは父の哲夫にはせず、飼い葉をくれる洋士だけに見せるおねだりだった。
賢いプリンは、洋士をちゃんとわかってくれているのだった。

プリンはニンジンの細切りが好物だった。
洋士は他の子馬につくる飼い葉より、プリンにはニンジンの細切りを多く入れてやった。

そして秋になると、子馬たちはつらい仔分けを迎える。
仔分けとは、母馬と子馬を分けて育てることである。
子馬は寂しい思いをするが、競走馬としての訓練をするために仕方ないことだった。

プリンもローラと馬房を別々にされた。
そして放牧される牧場も、母馬は母馬同士、子馬は子馬同士に分けられた。

しばらくプリンはローラを探して鳴いてばかりいた。
それはローラも同じだった。
離れ離れにされた母子を見て、洋士も悲しく切なかった。

「我慢しろ、プリン」

洋士は特別にニンジンの細切りをやった。
プリンはローラとの別れを我慢するように、馬房の柵から顔を出して洋士に何度もこすりつけてきた。
仔分けしてから、プリンはいっそう洋士を頼りにしているようだった。

「困るわね、プリンには」

夕方の飼い葉をやっていた母の明子が、笑いながら洋士に話しかけた。

「先週、洋士が秋の遠足でいなかった時、母さんが飼い葉をやったんだけど、ほとんど食べないで心配しちゃったわ」

「プリンは洋士の弟だからな」

一緒に仕事をしていた哲夫も笑った。
洋士はプリンの頭をなでた。
くりくりした大きな目で、プリンは洋士をじっと見つめた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十二章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十二章

今年産まれた七頭の子馬たちは、母馬と別れた寂しさを忘れて、じゃれあったり、群れになってかけっこをしたりする。
哲夫は洋士を呼んだ。

「ほら、子馬たちを見てみろ。あの鹿毛の子馬がリーダーだ」

体が少し大きい茶色い毛の子馬が、群れの先頭を走っている。

「あれはきっと将来強い馬になるぞ」

哲夫は、将来この牧場を継ぐ洋士に、いい子馬の見分け方を教えようとした。
だが洋士は、教育よりもプリンのことが気になった。

子馬の群れで、プリンはいつもポツンと離れていた。
一緒に走ることがあっても、群れの最後をやる気なくついて行くだけだった。
心配になった洋士は哲夫に聞いてみた。

「お父さん、プリンは強くなるかな?」

「馬主の金子さんはいい子馬だと言うが、プリンはあまり走る気がないみたいだな」

子馬たちと一緒にいたプリンは、洋士がいるのを見つけて、群れから離れて駆け寄ってきた。

「プリン・・」

洋士はプリンの頭をなでながら不安になった。
こんな甘えん坊なプリンが、この先競馬の世界でやっていけるのだろうか。
哲夫は笑った。

「そんなに心配するな。いい馬かどうかなんて、本当に走ってみないとわからないさ」

古谷牧場は、祖父の代まで牛を飼っていたが、哲夫が馬の生産に切り替えたのだった。
馬を飼い始めて十年経つが、まだ大きなレースを勝つ強い馬は育っていなかった。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十三章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十三章

洋士の前で言葉を濁した哲夫だが、プリンは期待できない馬だと思っていた。
良くて一勝できるかどうか、悪ければレースに出走することもできないだろう。

競馬は厳しい世界だ。
サラブレッドに産まれても、レースに一度も出走できない馬も多い。

ましてやレースで勝てるのは、ほんの一握りの馬だけしかいないのだ。
確かにプリンはそこそこの馬体をしているが、他の馬よりも前を走りたい気持ちがなければ、レースに勝つことはできない。

(洋士にはかわいそうだが・・)

哲夫がプリンの世話を洋士に任せたのは、牧場の仕事を知って欲しかったからだ。
だが期待できる子馬ならば、まだ馬の扱いもわからない洋士に世話をさせなかっただろう。

逆に言えば、哲夫はプリンに期待していなかったから、洋士が世話をすることを許したのだった。
そんな哲夫の思惑も知らず、洋士は根気強くプリンの世話を続けた。

北海道の冬は長く厳しい。
寒い朝も早起きして、学校へ行く前にプリンの飼い葉をつける。
学校から帰ると、すぐに厩舎へ向かって、夕方の飼い葉と寝藁を整えてやる。

休みの日は哲夫を手伝って、プリンの体を洗ってやったり、ブラシをかけてやったりした。
友達と遊ぶ時間は少なくなったが、洋士は決してつらいとは思わなかった。
一人っ子の洋士は、本当に弟ができたように、プリンといると楽しかった。

また春が来て、夏がやってきた。
プリンは一歳になっていた。
細くて頼りなかった馬体は、大人の馬と見分けがつかないほど大きくなった。
洋士も小学校五年生になったが、プリンの背中は大人の身長ぐらいの高さになっていた。

馬は一歳の秋を迎えると、生まれ育った生産牧場から育成牧場へ移される。
育成牧場とは、馬に人を乗せて走る訓練をさせるところで、馬房と放牧地、そして調教用の競争コースを備えている。

重い人間を乗せるのは、馬だって決して好きではない。
それを徐々に慣らして、競馬で走れるようにするのだ。
そしてまっすぐ走る訓練や、他の馬と並んで走る訓練を行う。

これができて初めて、競馬のレースに出走することが許される。
そして育成牧場で訓練を積んだ馬は、調教師と呼ばれる人に預けられ、二歳の夏頃から競馬に出走するのだ。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十四章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十四章

その秋、プリンも育成牧場へ巣立ちする日がやってきた。
プリンが預けられる牧場は、北海道から遥か離れた茨城県にあった。
馬を輸送する馬運車で、プリンはまる二日近くかけて運ばれていくのだ。

前夜、洋士は一睡もできなかった。
いつかプリンがこの牧場から去って行くことは、世話を始めた頃からわかっているつもりだった。

馬主の金子にも言われていた。
だがプリンが明日からそばにいなくなると思うと、涙があふれて止まらなくなった。

円らで澄んだ目で見つめるプリン。
鼻をこすりつけて甘えるプリン。
ニンジンの細切りが好きなプリン。
洋士を見つけると駆け寄ってくるプリン。

わずか一年半だったが、かわいいプリンの顔が一晩まぶたから消えなかった。
声を押し殺して泣いているうちに、別れの日の朝が明けてしまった。

朝、プリンを乗せる馬運車が到着した。

「いい子で頑張るのよ」

お別れに来た清美は、わんわん泣きながら何度もプリンの体をなでた。
清美は毎日学校の帰りに牧場へ立ち寄り、母親のようにプリンを見守ってくれた。
洋士もつられて涙があふれるのをぐっとこらえた。

(馬はペットではない)

馬主の金子が話してくれた言葉が、洋士の心から離れなかった。
プリンはずっとこの牧場にはいられない。
甘えん坊のプリンのままでは、競馬の世界で生きていけない。
強い馬にならなければ、過去の名馬のように、たくさんの人々から愛してもらえないのだ。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十五章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十五章

初めての馬運車に、プリンはなかなか乗ろうとしなかった。
不安なのか、耳をクルクル回して警戒している。
無理矢理綱で引くと、後ろ足を跳ね上げて暴れた。

「大人しくするんだよ」

洋士は持ってきたニンジンの細切りを差し出した。
プリンはおいしそうにニンジンを食べると、洋士の気持ちがわかったのか、暴れるのを止めて馬運車に乗り込んだ。
プリンを乗せると、馬運車の扉がゆっくりと閉まり始めた。

「プリン」

思わず洋士は大きな声で名を呼んだ。
するとプリンは、哀しそうな目で洋士を振り返った。

「い、いやだ。お父さん、やっぱりプリンはこのまま牧場に・・」

哲夫はぐっと手で洋士の肩をつかんだ。
見上げると、父の目にも涙が潤んでいた。
きっと哲夫は、こうして毎年馬を送り出す時、洋士よりもつらい思いをしてきたのかもしれない。
手塩にかけて育ててきた馬が、競馬の世界で勝ち残っていけるのか、不安でしかたなかったはずだ。

馬運車が牧場を出て行った。
ぽつんと取り残された洋士は、いつまでもその車が走っていくのを見送った。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十六章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十六章

また夏がやって来た。
緑のクレヨンで塗りつぶしたように、大地一面に牧草が生い茂っている。
その旺盛な成長力は、北海道の短い夏を精一杯に生きているように見えた。

遠くで声がした。

「そろそろ昼飯にしよう」

眺めがいい丘の上で、哲夫がビニールシートを旗のように振った。
夏の牧草刈り。
並べられたおにぎりを目当てに、三々五々人が集まってシートに腰を下ろした。

「牧場で食べるおにぎりって最高!」

「牧場へアルバイトに来て良かったわ!」

明子がつくったおにぎりを頬張りながら、東京から来た女子大学生の二人が大袈裟に叫んだ。
彼女たちは学校の夏休みを使って、住み込みで古谷牧場へ働きに来ているのだ。
お茶を配りながら、明子がおにぎりを差し出した。

「清美ちゃんもお腹が空いたでしょう。たくさん食べてね」

「はい、いただきます」

どこで聞いたのか、清美は牧草刈りを頼みもしないのに手伝いに来ていた。
女子大学生たちが清美をからかった。

「清美ちゃん、頑張って働いていたものね」

「かえって足手まといになってすみません」

小学校六年生になった清美は、昔のようにお転婆ではなくなり、なぜか最近妙に大人しいことが多かった。

「でも小学生なのにすごいわ。私たちより牧場の仕事を知っているものね」

「・・それはよく遊びに来ているから」

今も時々清美は、学校の帰りにここへ寄り道していく。
そして哲夫や明子と一緒に、馬の世話を手伝って帰るのだった。

「まあ、それならいつ牧場へお嫁に来ても大丈夫じゃない」

「ち、違います・・私、お嫁になんか・・」

清美は顔を真っ赤にしてうつむいた。
なぜそんなに慌てるのかわからないが、おにぎりを頬張ると、清美は逃げるようにまた厩舎へ戻って行った。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十七章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十七章

洋士には、大人たちの笑い声など耳に入らなかった。
ただぼんやりと、草を食む母馬と子馬たちを眺めていた。

プリンはもういない。
育成牧場へプリンが行った秋から、洋士は馬たちの世話をしていなかった。

洋士は馬が好きだったのではなく、プリンが好きなだけだった。
だからこの春に産まれた子馬も、面倒をみたいと哲夫に頼まなかったのだ。

今日の牧草刈りも半ばいやいや手伝っていた。
哲夫が腕時計を見てラジオをつけた。

「洋士、そろそろ始まるぞ」

「・・うん」

静かな牧場の丘で、ラジオから競馬中継が流れた。
今日はプリンのレースがある日だった。

『・・本日の福島第五競争は二歳未勝利戦、芝の一六〇〇メートルです・・』

洋士はラジカセに耳を近づけた。
プリンは、プリンスバードという馬名で、七月の新馬戦にデビューしていた。

だがそのレースでは、プリンはまったく走る気を見せず、トップから大きく水をあけられたビリだった。
雪辱を期待した第二戦も、スタートで出遅れて、一頭の馬も追い抜けず、最後尾でゴールを駆け抜けたのだった。

そして今日が第三戦、洋士は気が気ではなかった。
『スタートしました・・おっと一頭出遅れました・・プリンスバードです・・』

洋士はがっくりとうなだれた。
競馬には、一〇〇〇メートルから三〇〇〇メートルを越すレースがある。
一六〇〇メートルは短めなレース距離で、スタートでの出遅れは致命傷だった。

『ゴールまで残り四〇〇メートル、ポツンと取り残されたプリンスバード以外は、十二頭一丸となって最後の直線に入っていく・・』

隣にいた明子が洋士の肩に手を置いた。
一緒に実況を聞いていた哲夫は、プリンは大器晩成だと洋士をなぐさめた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十八章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十八章

三連敗。
馬主の金子は、期待できるとプリンを買った。

何年も馬主を続けてきた金子が買うのだから、プリンには走る素質はあるのだろう。
哲夫が買う競馬専門新聞を読むと、プリンには走る気持ちがないと書かれていた。

(ぼくが甘やかしたからだ)

プリンが勝てないのは、自分の責任だと洋士は感じた。
もっと厳しくプリンに接していれば、競走馬としての自覚が生まれていたに違いない。
レースの中継が終わると、牧草刈りを手伝うのも止めて、洋士は一人牧場の丘を下りて家へ向かった。

また北海道に長い冬がやってきた。
プリンは十二月になっても一勝もできず、六連敗で二歳馬すべてのレースを終えた。

(プリンに会いたい)

年が明けてプリンは三歳になるが、遠く北海道にいる洋士は心配でしかたなかった。
曇りガラスの外で雪が降りしきる夜、夕飯を終えた哲夫が年始の予定を洋士に話した。

「新年は母さんの実家へ行くぞ」

「え、東京の?」

「ああ、ずっと会っていないからね」

洋士はしばらく考えて聞いてみた。

「父さん、東京へ行ったらプリンに会えるかな?」

「ああ、プリンがいる茨城なら、東京から電車で二時間ぐらいかな」

洋士は喜んだ。
その日から毎日のように、トレーニング・センターへ行くことを哲夫に念押しした。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十九章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十九章

正月二日、東京にある明子の実家から、哲夫と洋士は二人で茨城へ向かった。
洋士は、ニンジンの細切りが詰め込んだリュックを背負い、プリンと再会できる楽しみに心を躍らせた。
だが半面不安もあった。

(プリンは僕を覚えているだろうか?)

古谷牧場を離れ一年以上が経っている。
いくら洋士が弟のように可愛がっても、しょせんプリンは動物に過ぎないのだ。
新しい厩務員に懐いて、洋士のことなどすっかり忘れているかもしれない。

トレーニング・センターは、通称トレセンと呼ばれる競馬会の施設である。
茨城と京都の二ヶ所にあり、レースに出る馬たちが、ここに入って訓練などの準備をする。
トレセンには、競馬場と変わらない練習コースや、たくさんの厩舎、馬の医療施設などが備えられている。

生き物を扱う仕事に正月休みはない。
一千頭以上も馬がいるトレセンの中で、哲夫は一軒の厩舎に立ち寄った。

「おう、古谷さん。正月に来るなんて珍しいねえ」

哲夫と同い年ぐらいだろうか、紺色のジャンパーを着た小柄な男は、皺だらけの顔でこちらを振り向いた。
調教師の森本武夫だった。

調教師の仕事は、馬主から預かった馬をレースに出走させることである。
そのためトレセンに厩舎を構え、預かった馬の世話をしながら練習コースで訓練する。

馬主に頼まれていい子馬を探すこともあり、牧場主とは顔見知りであることが多い。
哲夫と洋士を事務所へ案内すると、森本は自分でお茶を出してくれた。

「古谷さんの息子さん?」

「ええ、この子がプリンスバードに会いたいと言うので伺いました」

「プリンスバード? ああ、金子さんが古谷さんのところで買った馬だったね」

「この子が初めて世話をした馬なんです」

森本はニコニコ笑ってうなずくと、プリンがいる馬房へ案内してくれた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第二十章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第二十章

森本厩舎は十頭の馬を預かっている。
並んだ馬房を歩きながら、洋士は心臓がドキドキするのを感じた。

「プリン!」
洋士は思わず声を出してしまった。
そこには別れた時より一回り体が大きくなったプリンがいた。
ピンと耳を前に向けて、プリンはじっと洋士を見つめた。

「ヒヒン」

一声高くいななくと、プリンは頭を低くして馬栓棒から顔を出した。
プリンは洋士を覚えていたのだ。
円らな目を細めて、子馬のように鼻先をこすりつけてきた。

「プリン・・」

うれしいのに涙があふれてきた。
泣きながら洋士は、プリンの顔を抱くように何度もなでてやった。
プリンが前足でコンクリートの床をガリガリかいた。

「お腹が空いたのか?」

ニンジンの細切りをやると、プリンは美味しそうに食べ始めた。
森本が驚いた顔で近づいてきた。

「ほう、プリンの好物はニンジンか」

「はい、でも細切りにしてやらないとあまり食べないんです」

「なるほど、そうだったのか。これからはもっとニンジンの細切りをあげよう」

森本はプリンの食欲がないのを気にしていた。
競走馬は激しい運動をするので、飼い葉を食べる量は健康上大切なことだった。
洋士は気になっていたことを森本に聞いて見た。

「プリンは・・強い馬になれますか?」

「ああ、大丈夫だ。三歳になったから、きっと勝てるようになると思うよ」

力強い森本の言葉に、洋士は安心して気持ちがゆるむのを感じた。
洋士はニンジンを食べさせながら、プリンに何度も頑張れと話しかけていた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。