FC2ブログ

『喝采』・・・第十一章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十一章

美咲は低く呻いた。

「お、お願い・・もうベッドへ連れて行って・・」

「駄目だ。お前が俺の性奴隷であることを世間に教えてやる」

そう冷たく言い放った逸見は、背後から美咲のヒップを引き寄せて抱えた。
そして両手を窓ガラスに突いてヒップを掲げる美咲へ、すでにいきり立った男性をいきなり押し入れてきた。
美咲は上半身を仰け反らせた。

「ああっ、そんな・・」

逸見がぐいぐいと激しく腰を突き上げてくる。淫蜜は溢れているが、いきなり男性を迎えた秘宮はギシギシと軋んだ。

「あ、いいっ・・いいの・・お、奥まで当たるうぅ!」

大きく開かされた両脚の頂点で、逸見の逞しい男性が淫蜜の光沢をまとって躍動する。
立ったまま背後から逸見に犯され、豊かな乳房が千切れんばかりに上下に揺れている。

窓ガラスに反射した美咲の顔は、眉間に皺を寄せて懸命に湧き上る悦楽に堪えていた。
美咲は激しく吼えた。

「あ、愛している・・うぐぅ、あなたを愛しているのよっ!」

堪えきれず、美咲は深く逸見に杭打たれたヒップを左右に揺すった。

「あっ、あっ、あっ・・だ、だめぇ・・」

鋼のように屹立した男性で秘宮を掻き回され、額を窓に押し当てたまま、美咲は狂ったように身悶えた。

「ま、守って・・お願い・・私をずっと守っていて・・」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第十二章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十二章

立ったままの不安定な姿勢の美咲は、無意識に逸見の体を捜して、鳥が羽ばたくように両腕を背中へ伸ばした。
いくらマスコミに持ち上げられようが、女にとって社長業は精神的に激務だった。

船の舳先に立って暗闇の海を航海するが如く、美咲は日夜不安とストレスに襲われていた。
そんな美咲の羅針盤が逸見にほかならなかった。

厳しいビジネスの世界で、逸見だけが美咲を理解してくれた。
ただの女でいられるのは逸見の前でだけだった。

美咲は逸見に犯されながら、従える男がいる喜びと安堵を感じていた。
逸見は美咲の両腕をつかんだ。

「見ろ、まるで二人で東京の夜を飛んでいるみたいだ」

美咲の両腕を後ろに引っ張ったまま、逸見は激しく腰を突き上げた。

「だ、だめっ・・も、もういっちゃう・・ああっ!」

背後から逸見に抱きかかえられ、ふっと意識が遠退いていくのを覚えた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

『喝采』・・・第十三章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十三章

さいたま市にある鉄道博物館。
言わずと知れた鉄道マニアの聖地だが、今や入場規制が行われるほど、幅広い見学者を集める観光スポットになっている。

蒸気機関車から新幹線まで、各時代の名車が三十六輌展示保存されているほか、運転シミュレーターや日本最大の模型鉄道ジオラマもある。

初めて不思議な空間に足を踏み入れた美咲は、くらくらと目眩に近い途惑いを感じた。

「凄いだろう、大志。これは特急『あいづ』のクモハ481。こっちは中央線仕様でオレンジ色のクモハ101だ!」

隣を歩く夫の三浦弘明が、興奮した表情で幼稚園年中組の大志に指差して説明する。大志はやや怯えた顔をして、いつもは大人しい父親の変貌ぶりをポカンと見上げた。

十二月の休日、美咲はたまの休みが取れ、家族で鉄道博物館へ遊びに来ていた。
むろん弘明の提案である。

弘明は筋金入りの鉄道好きで、本人が語るところでは、『撮り鉄』と分類される写真撮影を重視するマニアらしい。

本人は何度も一人で訪れているらしいが、美咲と大志を連れてくるのは初めてだった。
弘明は大志の手を引いて博物館を所狭しと歩き回った。

「大志、あれが蒸気機関車のC57だ。かっこいいだろう」

何が楽しいのか、鉄道音痴の美咲にはまったくわからなかった。
ただ家庭サービスと割り切って、呆れながら夫と子供の後をついて見学した。

弘明は三十九歳、以前美咲もいた大手食品会社で、今も業務管理部の係長を勤めている。
特に仕事ができるわけでもなく、取り立てて何の取り柄もない平凡なサラリーマンだった。

社交的で活発な美咲とは正反対に、普段は家に閉じこもって、撮り溜めた鉄道写真を整理するのを楽しみにしていた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

『喝采』・・・第十四章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十四章

この不釣合いな夫婦は社内恋愛だった。
当時弘明と同じ職場にいた美咲は、年若く業務管理部長に昇格した男と社内不倫していた。

出世頭と目される男に興味を持ったからだ。
だがつきあってみると、美咲の眼鏡に適う男ではなかった。

美咲が別れを切り出すと、男は上司の立場を利用して陰湿ないじめを仕掛けてきた。
困った美咲が相談したのが、四つ年上の同僚弘明だった。

親しくも信頼していたわけでもなかったが、職場に友人も少ない寡黙な男に、美咲は怒りの捌け口をぶつけてみたのだった。

「僕と結婚して会社を辞めたらいい」

普段は存在感のない昼行灯の弘明が、その時ばかりはきっぱりと言い切った。
ふしだらな不倫女と知りながら、美咲を嫁にしたいとプロポーズしたのだった。

美咲は感動した。
その一言にほだされ、美咲は半ば衝動的に弘明と結婚した。
結婚式では皆が訝しがった。

ひょろっと貧弱な体躯に分厚い眼鏡をかけた醜男の弘明と、美貌を誇る美咲との結婚は傍目にも不釣合いだったからだ。
だが感動が薄れると、ミスマッチは重く圧し掛かってきた。

プロポーズの一言は奇跡だったのか、結婚してみると、やはり弘明は平凡でつまらない男だった。
ぐいぐいと引っ張ってくれるどころか、自分の我を一切出すことなく、いつもニコニコ笑って執事の如く美咲につき従った。
 
つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第十五章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十五章

美咲は結婚を後悔した。
だがそれは、逸見が現れるまでは過ぎた望みだった。

この世に美咲を服従させる男など、そう易々といるはずもない。
ならば平凡でぼんやりした男の方が、美咲にとっては何かと扱いやすいと考え直したのだった。

関東製薬に再就職して、逸見の東京妻になってからも、弘明は疑いもせず美咲を応援してくれた。
接待で帰りが遅くても、逸見とホテルで外泊しても、大変だねとニコニコ笑って家へ迎えてくれた。

家事や育児を積極的に助けてくれる弘明は、恋と仕事で寝る間もない美咲にとって、結果的にこの上ない好都合な夫だった。

屋外の気動車キハ11の前で弘明が呼んだ。

「ここで写真を撮ろう」

弘明は大志を立たせると、巨大なレンズを装着したカメラを構えた。

「ママ、早く」

美咲ははしゃぐ大志を背後から抱き締めた。
家庭には収まらない美咲だが、大志は目の中に入れても痛くないほど可愛かった。

片時も離れていたくなかった。
大志をこうして抱いていると、社長業や逸見の東京妻をも擲ってもいいさえ思えた。

「大志、笑って」

サラサラとした大志の髪を撫でながら、美咲は眩しい弘明のフラッシュを浴びた。
昼過ぎ、まだ弘明は鉄道博物館を飛び回っていたが、興味のない美咲はいい加減にうんざりしてきた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

『喝采』・・・第十六章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十六章

時間が惜しかった。
大志と一緒にいるのは楽しいが、ビジネスのことが頭から離れなかった。
あの夜、美咲は逸見に十億円の増資を持ちかけた。

「私、エターナルをもっと大きくしたいの」

「・・・・」

「今のままでは、大手化粧品会社に太刀打ちできないし、黒字にするためには高級化粧品が必要なの」

「しかし時期尚早じゃないか?」

「逆にチャンスだと思うの。あなたが言う通り、私はエターナルの広告塔よ。もっと主婦層に知名度を高めて、一気に高級化粧品分野へも進出するべきだわ」

「・・しばらく考えさせてくれ。最近会社のルールも厳しくなってね。俺の一存では決められないことも増えてきたんだ」

苦りきった顔をつくった逸見は、そう答えて美咲を家に帰したのだった。
美咲は焦った。

十億円程度の投資など、独裁者である逸見の力を以ってすれば、大した金額ではないはずだった。
にもかかわらず、美咲の申し出に即決しないのは、何か理由でもあるのか気がかりになっていた。

屋外のベンチに腰かけたまま、美咲は逸見の態度を思い悩んだ。
大志が心配そうに美咲の顔を覗き込んだ。

「ママ、疲れちゃったの?」

「うん、大丈夫よ。ごめんね」

気丈さを大志に見せると、美咲は弘明がうろついている館内へ戻ろうとした。
突然携帯が鳴った。

「はい、三浦ですが」

「休日でお休みのところ申し訳ありません。私、エターナルの馬場です」

電話の主は専務の馬場守だった。

「あら、どうしたんですか?」

「いえ、電話で恐縮ですが、私ごとでお願いがありまして・・実は、会社を辞めさせて戴きたいのです」
 
つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第十七章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十七章

美咲は吃驚して大声を出した。

「ど、どうして・・高級化粧品が気に入らないから?」

「そんなことはありません。あくまで私的な都合でして・・」

「考え直してよ。今、馬場さんに辞められたら、会社がどうなると思っているの?」

「本当に勝手で済みませんが・・」

「ねえ、今から会社へ来て! ちゃんと話しましょう」

美咲はそう念押しして携帯を切った。
大志が不安そうな顔で美咲を見上げた。

「ママ、どうしたの? 恐い顔して・・」

美咲は強張った顔で必死に笑顔をつくった。

「ごめんね。ママこれから会社へ行かないといけなくなっちゃったの・・ほら、あそこにパパがいるから、言うことを聞いていい子にしているのよ」

大志を弘明の許へ連れて行くと、美咲は事情を話して急ぎ鉄道博物館を後にした。
美咲はぎゅっと口唇を噛んだ。

馬場がいなければ、高級化粧品への進出どころか、エターナル社の売上が激減するのは明らかだった。
社員も動揺するに違いない。

美咲は東京へ向かう列車の中で、じっと瞼を閉じて馬場を引き止める手立てを考えた。
だが瞼に浮かんだのは、別れ際に見せた大志の哀しそうな顔だけだった。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 美熟女
genre : アダルト

『喝采』・・・第十八章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十八章

険しい箱根の山道を車は登って行く。
後部座席の窓からは、立ち枯れた木々に彩られた山々が、闇を孕んだ空に同化して黒ずんでいくのが見える。
美咲は運転手に尋ねた。

「会食に間に合うかしら?」

「はい。逸見社長とお客様は五時頃に到着しております。会食は六時半からです」

「そう・・」

時計に目を遣ると、針は五時半を指していた。強羅へはあと十五分もあれば着くだろう。
今日の午後、美咲は逸見から箱根へ来るように命じられた。

全国展開する大手ドラッグの会長である鮫洲久永を、関東製薬が保有する箱根の保養所で接待すると言う。
薬局向けの大衆薬を持つ関東製薬にとって、ドラッグストアは医療機関と並んで重要な得意先である。

それはエターナル社にとっても同じだった。
もし鮫洲のドラッグストアに化粧品を置いてもらえれば、売上は現在の何倍に増えるか想像もつかない。

そのコネづくりのために、逸見は美咲を会食に同席させるつもりなのだろう。
美咲は流れていく車窓の闇をぼんやりと眺めた。

エターナル社は危機的状況にあった。
説得も虚しく、結局馬場は会社を辞めた。

すると今まで取り扱ってくれていたドラッグストアは、掌を返したように、店頭からエターナル社の化粧品を外し始めたのだ。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『喝采』・・・第十九章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十九章

売上が激減して社内は動揺した。
今日も午前中、美咲はトイレの中で女性社員のヒソヒソ話を聞いた。

「馬場専務を辞めさせたのは三浦社長らしいわよ」

「何様のつもりかしら。有名人気取りのお神輿社長じゃ、この会社もいよいよ危ないかもね」

「三浦社長って関東製薬社長の愛人でしょう?」

「そうよ、偉そうに女性起業家とかテレビで言っているけど、パトロンに店を持たせてもらったホステスと同じよ」

ボックスの中に美咲がいるとも知らず、女性社員達は経営能力ゼロの淫売社長と嘲笑った。
美咲は社内で針の筵に座らされていた。

会社を維持する重責に胃はキリキリと痛み、社員の不信に捌け口のないストレスは溜まる一方だった。
今となって頼れるのは逸見しかいない。

鮫洲を接待するのも重要だが、今夜は宙に浮いた十億円の増資を再度頼み込むつもりでいた。
やがて車は保養所の門を潜った。

厚生施設の看板を掲げているが、実際は関東製薬が総力をつぎ込んで建設した迎賓館だった。
風情のある日本庭園に、数寄屋造りの大きな母屋がどっしりと構えている。

そして超VIP用には、瀟洒な温泉つきの離れが用意されていた。
ライトアップされた庭園に面した離れで、三人だけの会食が始まった。

お雇いの和食料理人の手で、京都でもなかなか味わえない繊細な懐石が饗される。
漆塗りの座卓を挟んで鮫洲と逸見が向かい合い、美咲は来賓の隣に酌婦として座らされた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十章

浴衣に褞袍姿の鮫洲は、満足そうに舌鼓を打った。

「こら、ええ隠れ家や、逸見君」

「有難うございます。先輩に喜んで戴けて嬉しい限りです」

普段は頭など下げることのない逸見が、でっぷりと太った禿頭の老人に媚びへつらった。
鮫洲は六十二歳、一代で巨大ドラッグチェーンを立ち上げた立志伝中の人物である。

鮫洲は大阪の出身で、逸見が出た高校柔道部のOBに当たる。
関東製薬が大きく発展できたのも、鮫洲との人脈が大きく影響していると言われていた。
美咲は浴衣の袖を手繰って鮫洲へ徳利を傾けた。

「しかも美しいご婦人のお酌つきとは極楽浄土や」

「あら、もう姥桜ですわ」

「いやいや、テレビで見るよりずっと美しい。こんな女性に惚れられる逸見君が羨ましい限りや」

鮫洲は、美咲が東京妻であることを知っているらしい。
だが真っ赤に茹で上がった顔で美咲を見つめると、大胆にも鮫洲は座卓の下から太腿へ手を伸ばしてきた。

年を取っても、その目にはまだ男の欲望が燃え盛っていた。
蠢く手を知ってか知らずか、逸見は愛想よく鮫洲のご機嫌を窺った。

「先輩のお望みと伺いまして、すぐに三浦君を東京から呼び寄せました。彼女も先輩にお会いできて光栄でしょう」

「うん、そうかね・・確かあんたは化粧品会社の社長をしているじゃったな」

「はい、小さな会社ですが、エターナル・コスメティックスと申します」

「わしの店でも化粧品は扱っておる。相談があれば何でも聞いてやるぞ」

「宜しくお願い致します」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5