FC2ブログ

「男の居場所」 第十一章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております
 
            「男の居場所」

十一・

洒落たアンティークな内装の部屋だった。
中央には豪華なダブルベットが置かれ、その横にパステルカラーのソファが並べられている。

一見普通のホテルにも見えるが、この部屋には窓がなく、世間から切り離された密室となっていた。
水上はソファでタバコを吹かしながら、シャワーの音が漏れる浴室の方を見ていた。

(まさかラブホテルとは・・・)

全く予想外の事態に、水上は慌てふためいた。
ただホテルの前で男が尻込みするわけにもいかず、美奈のなすがままにこの部屋までついて来たのだった。

美奈の真意はわからなかった。
勿論フク料理のお礼などではあるまい。
淫乱癖とも思えない。

ならば何故、恋愛の対象にもならない水上を誘ったのだろうか。
水上の頭は空回りするばかりだった。
シャワーの音が止み、ピンクのバスローブをまとった美奈が現れた。

「次長、寒いからバスタブにお湯を入れておいたわ。早く入らないと冷めちゃいますよ」

美奈は水上の戸惑いなど気にせず、ベッドに腰をかけて長い脚を組んだ。
丈の短い裾から桃色に上気した太股が覗く。

「あ、ああ」

その目が潰れんばかりの眩しい若さに、水上は慌てて浴室へ逃げ込んだ。
バスタブに浸かっても、水上の心は千々に乱れていた。

立ち込める湯気に微かな美奈の肌の匂いを、タイル表面に残った水滴に美奈の肌の弾力を、想った。
ぶるっと首を振った。

(やはりこれは悪夢かもしれない)

水上は崩れかけた理性を必死に取り戻そうとした。
据え膳食わぬは男の恥だが、石橋を叩いても渡らない勇気も必要だ。

(美奈の真意を聞いてからでも遅くはない)

水上は妄想を断ち切り、バスタブから出ようと立ち上がった。
その時、不意に浴室のドアが開いた。

美奈が全裸で立っていた。
水上の不埒な想像を裏切らない、若くしなやかな肢体だった。

小振りだが美しい半球を保つ乳房と、その頂点を飾る薄桃色の可憐な乳首。
全身に洗練された美しさを添えるウエストのくびれ。
脂肪の薄い下腹部を僅かに覆う柔らかそうな翳り。

それら一つ一つでも見事なパーツが、長くスリムな両脚の上で、完成された調和美を生み出している。
水上は慌てて目を逸らし、バスタブの中にしゃがみ込んだ。

「次長、背中を流してあげる」

美奈は水上の狼狽を知ってか知らずか、何事もないようにボディソープを手にした。

「さ、澤田君。こ、これは・・・」

水上の声が惨めにも裏返った。

「いいから早く出て」

美奈はバスタブに隠れる水上の手を取り、強引に引っ張り出そうとする。
目の前で美奈の淡い翳りが揺れる。

「し、しかし・・・」

「女に恥をかかせないで」

その一言が、水上のとまどいを覆い隠した。
操り人形のように立ち上がると、美奈が用意した椅子に崩れるように座り込んだ。
美奈は水上の背中を丹念に洗い始めた。

「次長はきっと私のことをふしだらな女だと軽蔑しているでしょう?」

美奈は水上の背中を擦りながら、普段の活発さがない暗い声で話した。

「両親は私が生まれるとすぐに離婚したの。だから私、父の顔も知らないし、父の愛情を受けたことがないの」

「・・・・・・・・・」

「だから甘えられる年上の男性に憧れてしまうの・・・変かな?」

美奈は背中から覆い被さり、肩越しから水上の頬にキスをした。

「い、いや・・・変ではないが・・・」

背中に密着した美奈の弾力ある乳房が、ソープのぬめりでゴムマリのように動く。

「抱いてくれないの?」

「・・・そ、それは・・・でも君の将来を考えると、そういう行為をしなくても、食事をしたりするだけでも・・・」

美奈は背後から手を伸ばし、既に硬直している水上の肉茎を握った。

「ほら、もう大きくなっている。次長がいくら格好つけても、ここは正直に私を抱きたいと言っているもん」

「・・・・・・・」

美奈は赤面する水上をバスタブの縁に座らせると、短い両脚の間に正座して肉茎を指で上下にしごき始めた。

「血のつながりがあっても、父は平気で私を捨てたわ。恐いの・・・こうして裸で愛し合っていないと、次長がどこかへ行ってしまうような気がして・・・」

美奈の桜貝のような口唇が、水上の肉茎を包み込んだ。
ゆっくりとその先端から根元までくわえこんでいく。
ねっとりと絡みつく舌が、理性を眠らせ劣情を煽り立てる。

「ねえ、ベッドに行こう」

丸く突き出した腹の下から、美奈が潤んだ瞳で誘った。
水上は夢遊病者のように、形のいい白い尻の後について浴室を出た。

つづく・・・

・・・・・・ お知らせ ・・・・・

『色褪せぬ薔薇』携帯小説サイトにて配信中です。

『色褪せぬ薔薇』 作品紹介・・・・
(電子書籍「遊スタ」より引用)
※ 来年60歳になる秀明は住宅用建材メーカーの重役で、25年前は仙台支社にて営業をしていた。単身赴任で仙台にやってきた秀明は、やがて同僚の葉子と社内不倫の関係を持つようになり、夜毎、互いに体を貪り合い、熱い情事を繰り返した。 だが、秀明が東京の本社へと戻ったことをきっかけに、ふたりは別れ離れになってしまう。 久しぶりに、仙台を訪れた秀明は、彼女に会うことにするが、そこで部下から知らされた葉子の衝撃的な事実とは? 
愛に包まれた感動のエピローグに乞うご期待!※

閲覧方法・・・

「どこでも読書」
「どこでも読書」TOP上段にあります総合検索にて「小説」→ジャンル「ハードロマン」↓「色褪せぬ薔薇」と検索いただくか?もしくは著者名にて「降矢木士朗」(ふりやぎしろう)と検索いただければご覧頂けます。

電子書籍「遊スタ」←携帯電話でご覧頂いている方は、そのままクリックでお入りいだだけます。

パソコンでご覧頂いている方には、大変、申し訳ありませんが
電子書籍「遊スタ」は携帯電話からでないと入れません。
お手数ですが携帯電話にて「遊スタ」→カテゴリ「官能小説」→「色褪せぬ薔薇」と検索してください。

[妄想の囲炉裏端]~掲示板~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2 人妻・熟女官能~
~愛と官能の美学~
~女たちの性書~
~人気ブログランキング 愛と性~
BlogPeople「芸術・文学/読書中毒」
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
エッチな告白体験談ブログ
読み物交差点

theme : 官能小説
genre : アダルト

「男の居場所」 第十二章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております
 
            「男の居場所」

十二・

美奈は全裸のまま、ベッドの上で仰向けに寝転んだ。

「水上次長の家庭を壊すつもりはないわ。ただ時々こうして甘えさせて欲しいだけ」

まだ若さを残す乳房が、横になっても形を崩さず、ゼリーのように震えている。
水上は発情した犬のごとく、美奈の白い肢体に覆い被さった。

弛みのない張り詰めた肌は、常に滑らかな触感と溢れる若さを伝えてくる。
水上はそっと首筋に顔を近づけた。

ミルクのような甘い微香が肺から血液に取り込まれ、全身をかっかと熱く駆け巡る。
水上は夢中で美奈の乳房を口に含んだ。

「あん、次長、優しくして」

美奈はピクッと体を震わせ、水上の上でウエストをよじった。
小振りだが感度のいい乳房だ。
舌先で小さな突起と粟だった乳暈を弄ぶと、美奈の呼吸が荒くなっていく。

「ああ、気持ちいい・・・」

水上はその喘ぎを聞いて、少し気持ちに余裕ができた。
若い男ほど精力はないが、中年男にはそれなりの女の喜ばせ方がある。

身悶える美奈のウエストから尻を軽く撫でながら、ゆっくりと舌先を下半身へ這わせていく。
そして淡い恥毛の柔らかさを確かめつつ、長い両脚を大きく開いた。

「次長、恥ずかしい」

閉じようとする両脚の間に体を挟んで、水上は美奈の秘所をじっくりと観察した。
そこには初々しい花弁がひっそりと息づいていた。

あまり使い込まれていないのか、黒ずむこともなく肌の色に近い。
その花弁の合わせ目にはうっすらと愛液が滲み、まるで朝露を湛えこんだ蕾のような風情だ。

「すごく綺麗だよ」

「ああん、そんなに見つめられたら、おかしくなっちゃうよ」

美奈はもじもじと腰を捩った。
その動きで閉じていた花弁がほころび、つうっと透明な淫露が溢れて尻へと伝った。

砂漠の民が水一滴を大切にするように、水上は慌てて貴重な若返りの秘薬を舌先で受け止めた。
そして蜜を吸う蝶のように、淡い桃紅色の花芯に口唇を押し当てた。

「あ、ああ・・・」

溢れる淫露に溺れそうになりながら、水上は美奈に喜んでもらいたい一心で、懸命に花芯を舌先で舐め上げた。
小さな波が何度か美奈を襲っているようだった。

「次長、もうダメ・・・早く入れて欲しいの」

水上は息も絶え絶えな美奈の表情に満足して、自分のいきり立った肉茎を花芯へとあてがった。
そしてゆっくりとその先端を淫露で潤わせてから、じらすように挿入した。

「あう、きたぁ・・・」

美奈は水上の下で、ぐっと背中を仰け反らせた。
まだ硬さの残る蜜壷が、ぎゅっと肉茎を締めつける。
長い両脚が水上の胴を挟み、もっと激しく腰を動かせと強要する。

「いい。次長、すごく気持ちいいの・・・」

水上は日頃の運動不足を悔やみつつ、腕の中でピチピチと跳ねる若魚を犯し続けた。
若い美奈の悦楽にのたうつ姿態は、聖女のように尊かった。

自分の肉茎に美奈が身悶えてくれるのが嬉しかった。
美奈に求められていること自体が有難かった。
水上は美奈にもっと悦びの声をあげて欲しい一心で、汗をかいて懸命に肉茎を酷使した。

「ダメ・・・もうダメ・・・いく・・・ああ、いっちゃうぅ・・・」

美奈は眉間に皺を寄せ、激しく頭を左右に振った。
美奈がアクメに達する神々しさに見惚れながら、水上はその白い下腹部に白濁液を吐き出した。

つづく・・・

・・・・・・ お知らせ ・・・・・

『色褪せぬ薔薇』携帯小説サイトにて配信中です。

『色褪せぬ薔薇』 作品紹介・・・・
(電子書籍「遊スタ」より引用)
※ 来年60歳になる秀明は住宅用建材メーカーの重役で、25年前は仙台支社にて営業をしていた。単身赴任で仙台にやってきた秀明は、やがて同僚の葉子と社内不倫の関係を持つようになり、夜毎、互いに体を貪り合い、熱い情事を繰り返した。 だが、秀明が東京の本社へと戻ったことをきっかけに、ふたりは別れ離れになってしまう。 久しぶりに、仙台を訪れた秀明は、彼女に会うことにするが、そこで部下から知らされた葉子の衝撃的な事実とは? 
愛に包まれた感動のエピローグに乞うご期待!※

閲覧方法・・・

「どこでも読書」
「どこでも読書」TOP上段にあります総合検索にて「小説」→ジャンル「ハードロマン」↓「色褪せぬ薔薇」と検索いただくか?もしくは著者名にて「降矢木士朗」(ふりやぎしろう)と検索いただければご覧頂けます。

電子書籍「遊スタ」←携帯電話でご覧頂いている方は、そのままクリックでお入りいだだけます。

パソコンでご覧頂いている方には、大変、申し訳ありませんが
電子書籍「遊スタ」は携帯電話からでないと入れません。
お手数ですが携帯電話にて「遊スタ」→カテゴリ「官能小説」→「色褪せぬ薔薇」と検索してください。

[妄想の囲炉裏端]~掲示板~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2 人妻・熟女官能~
~愛と官能の美学~
~女たちの性書~
~人気ブログランキング 愛と性~
BlogPeople「芸術・文学/読書中毒」
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
エッチな告白体験談ブログ
読み物交差点

theme : 官能小説
genre : アダルト

 「男の居場所」 第十三章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております
 
           「男の居場所」

十三・

水上が内勤の日、珍しく経理課長の板橋が昼飯へ行こうと誘いに来た。
会社から少し離れた定食屋の座敷は、時間が早いせいか、水上と板橋の他には誰もいなかった。
板橋は煙草を取り出して火をつけた。

「一ヶ月前は支店長とぶつかって落ち込んでいたけど、最近はふっきれたように顔が明るいじゃないか」

「いや、仕事の上では相変わらずだ。あの時以来、支店長は俺を目の敵にしている」

「会社の他に楽しみでもできたのか」

「・・・うむ、そんなところかな」

美奈の愛くるしい笑顔を思い浮かべ、水上は独り口元を弛めた。
あの夜から、水上と美奈は週一ぐらいのペースで逢瀬を続けている。

密会の場所と時間は、その日の朝、美奈がメールで知らせてくる。
そして会社が終った後、一緒に食事をしてからラブホテルへ向かう。

今夜も美奈と会う約束になっていた。
今や美奈だけが水上の生きがいだった。
娘ほどの若い肉体は、老いた水上に鮮烈な悦楽を蘇られてくれた。

否、セックスだけではない。
美奈がいてくれるだけで、水上は虚ろな心の隙間を埋めることができた。

仕事中も、独りでアパートにいる時も、考えることは美奈のことばかりだった。
それは若い頃にも経験したことがない、一途で純粋な恋心だった。
板橋は灰皿に煙草を押し消した。

「水上、お前、この一ヶ月、金遣いが荒過ぎないか?」

「どういうことだ?」

「支店長はまだ気がついていないようだが、長年経理で飯を食ってきた俺の目はごまかせないぞ」

「・・・・・・・・」

今度は水上が煙草に火をつける番だった。

「水上、今月だけで二十万円近い商品券を使っているだろう」

「そ、それは、代理店幹部の昇進や、祝い事が重なったからだ」

「そう言うと思ったよ。商品券は経理にとっても一番やっかいな代物だ。商品券を買った領収書は残っ
ても、それを得意先に渡した証拠が残らないからな。社員が嘘をついてこっそり懐に入れたり、金券ショップで換金したりしてもわからないんだ」

「お、俺を疑っているのか?」

「いや、商品券の社内不正の温床になりやすいと言っているだけだ」

二人の間に気まずい沈黙が訪れた。
板橋の鋭い視線が水上の顔に注がれている。

堪らず水上は板橋から目を逸らせ、吸っていた煙草を灰皿に揉み消した。
水上は板橋の勘の良さに舌を巻いた。

美奈と会うたび、水上は小遣いを渡していた。
勿論、美奈は面と向かって金をくれとは言わない。

ただベッドの上で、流行の服が欲しいとか海外旅行に行きたいと甘える。
水上も嫌な気はしなかった。

金のこととは言え、美奈に甘えられるのは嬉しかったし、中年男につきあってくれる感謝を形にしたかった。

しかし水上とて東京には家族がある。
しかも家のローンと子供たちの養育費で、まだまだ金に余裕があるわけではない。

「商品券って金券ショップでお金に替えてくれるらしいよ」

会話の中で、美奈が何気なく言ったことがヒントとなった。
会社への忠誠心を失った水上は、すぐにそれを実行に移した。

注文した定食が運ばれてきた。
湯気の立つ味噌汁を前にして、水上も板橋も箸を手に取ろうともしなかった。

「同僚として、もうひとつ忠告しておく。会社を辞めたお前の前任者のことだ」

板橋は冷たい目で水上を睨んだまま、ぽつりぽつりと話し始めた。

つづく・・・

・・・・・・ お知らせ ・・・・・

『色褪せぬ薔薇』携帯小説サイトにて配信中です。

『色褪せぬ薔薇』 作品紹介・・・・
(電子書籍「遊スタ」より引用)
※ 来年60歳になる秀明は住宅用建材メーカーの重役で、25年前は仙台支社にて営業をしていた。単身赴任で仙台にやってきた秀明は、やがて同僚の葉子と社内不倫の関係を持つようになり、夜毎、互いに体を貪り合い、熱い情事を繰り返した。 だが、秀明が東京の本社へと戻ったことをきっかけに、ふたりは別れ離れになってしまう。 久しぶりに、仙台を訪れた秀明は、彼女に会うことにするが、そこで部下から知らされた葉子の衝撃的な事実とは? 
愛に包まれた感動のエピローグに乞うご期待!※

閲覧方法・・・

「どこでも読書」
「どこでも読書」TOP上段にあります総合検索にて「小説」→ジャンル「ハードロマン」↓「色褪せぬ薔薇」と検索いただくか?もしくは著者名にて「降矢木士朗」(ふりやぎしろう)と検索いただければご覧頂けます。

電子書籍「遊スタ」←携帯電話でご覧頂いている方は、そのままクリックでお入りいだだけます。

パソコンでご覧頂いている方には、大変、申し訳ありませんが
電子書籍「遊スタ」は携帯電話からでないと入れません。
お手数ですが携帯電話にて「遊スタ」→カテゴリ「官能小説」→「色褪せぬ薔薇」と検索してください。

[妄想の囲炉裏端]~掲示板~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2 人妻・熟女官能~
~愛と官能の美学~
~女たちの性書~
~人気ブログランキング 愛と性~
BlogPeople「芸術・文学/読書中毒」
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
エッチな告白体験談ブログ
読み物交差点

theme : 官能小説
genre : アダルト

「男の居場所」 第十四章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております

 
           「男の居場所」

十四・

水上の前任者、西山はやはり単身赴任で福岡支店に勤務していた。
年齢も水上とほとんど変らなかった。

西山の動行がおかしいと、板橋が気づいたのは、急に商品券を大量に使うようになったからだったという。
板橋がそのことを注意すると、今度は西山あてにサラ金からの電話が頻繁にかかってくるようになった。

噂は瞬く間に広がり、結局西山は会社を辞めなければならない状況に追い込まれた。
水上はキッと板橋を睨み返した。

「俺がそうなると言うのか?」

「そうだ。俺が聞き出した話では、金遣いが荒くなった原因は女だ」

「・・・女・・・」

「名前までは西山も明かさなかったが、たぶんうちにいる澤田美奈が相手だろう」

「えっ?」

水上は絶句した。
美奈のあどけない笑顔が脳裏を過ぎった。
危うく「嘘だろう」と言いかけたのを水上は必死に飲み込んだ。

「確証はない。ただ噂では、彼女は売れないバンドのギタリストに熱を上げ、生活の面倒を見ているらしい。つまりヒモがいるんだ。だから金が要る」

水上は頭の中で美奈の言葉を繰り返した。
『甘えられる年上の男性に憧れてしまうの』
嘘だと思いつつ、水上はいつしかその言葉を信じていた。
頭の中が白くなっていく。

「もう、いい」

水上は定食に箸もつけず、板橋を残したまま逃げるように店を後にした。

つづく・・・

・・・・・・ お知らせ ・・・・・

『色褪せぬ薔薇』携帯小説サイトにて配信中です。

『色褪せぬ薔薇』 作品紹介・・・・
(電子書籍「遊スタ」より引用)
※ 来年60歳になる秀明は住宅用建材メーカーの重役で、25年前は仙台支社にて営業をしていた。単身赴任で仙台にやってきた秀明は、やがて同僚の葉子と社内不倫の関係を持つようになり、夜毎、互いに体を貪り合い、熱い情事を繰り返した。 だが、秀明が東京の本社へと戻ったことをきっかけに、ふたりは別れ離れになってしまう。 久しぶりに、仙台を訪れた秀明は、彼女に会うことにするが、そこで部下から知らされた葉子の衝撃的な事実とは? 
愛に包まれた感動のエピローグに乞うご期待!※

閲覧方法・・・

「どこでも読書」
「どこでも読書」TOP上段にあります総合検索にて「小説」→ジャンル「ハードロマン」↓「色褪せぬ薔薇」と検索いただくか?もしくは著者名にて「降矢木士朗」(ふりやぎしろう)と検索いただければご覧頂けます。

電子書籍「遊スタ」←携帯電話でご覧頂いている方は、そのままクリックでお入りいだだけます。

パソコンでご覧頂いている方には、大変、申し訳ありませんが
電子書籍「遊スタ」は携帯電話からでないと入れません。
お手数ですが携帯電話にて「遊スタ」→カテゴリ「官能小説」→「色褪せぬ薔薇」と検索してください。

[妄想の囲炉裏端]~掲示板~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2 人妻・熟女官能~
~愛と官能の美学~
~女たちの性書~
~人気ブログランキング 愛と性~
BlogPeople「芸術・文学/読書中毒」
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
エッチな告白体験談ブログ
読み物交差点

theme : 官能小説
genre : アダルト

 「男の居場所」 最終章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております
 
            「男の居場所」

十五・

いつものラブホテル。
シャワーを浴びた美奈が、ベッドに寝転んで水上を待っている。

「次長、何か今夜は元気ないみたい」

「・・・いや、少し疲れただけだ」

水上は美奈の肢体に覆い被さった。
昼間の板橋の話が頭の中から離れなかった。

福岡は単身赴任者が多い。単身赴任のほとんどは、子供が中学や高校に通う中年男たちだ。
喜んでそんな生活を選ぶのは、ごく一握りの人間だ。

大半は家族の犠牲になって、うら寂しい生活に甘んじているのだ。
そんな心の隙間に忍び込むのは難しいことではない。

しかも少しは金が自由になる中年男だ。
会社と家庭にばれるのを恐れ、騙されても決して騒ぐことはない。

風俗のアルバイトをして金を稼ぐより安心だし効率がいい。
ここはそんな女がいてもおかしくない土地なのだ。

水上は美奈の胸を押し頂くように揉んだ。
食事をしている間も、水上は面と向かって問い質すことができなかった。
理由はわかっていた。

大切に守ってきた会社、そして家庭は、水上を必要としなくなっていた。
今の水上に残された居場所は美奈だけだった。
正確に言えば、この美奈の肢体だけなのだ。

美奈は小さく喘いで身をよじった。
その様子を見ながら、たとえ真実がどうであっても構わないと水上は思った。

全てを失っても、この心地よい最後の居場所だけは守りたい---。
水上は美奈への愛撫にのめりこんでいった。

- 閉幕 -

・・・・・・ お知らせ ・・・・・

『色褪せぬ薔薇』携帯小説サイトにて配信中です。

『色褪せぬ薔薇』 作品紹介・・・・
(電子書籍「遊スタ」より引用)
※ 来年60歳になる秀明は住宅用建材メーカーの重役で、25年前は仙台支社にて営業をしていた。単身赴任で仙台にやってきた秀明は、やがて同僚の葉子と社内不倫の関係を持つようになり、夜毎、互いに体を貪り合い、熱い情事を繰り返した。 だが、秀明が東京の本社へと戻ったことをきっかけに、ふたりは別れ離れになってしまう。 久しぶりに、仙台を訪れた秀明は、彼女に会うことにするが、そこで部下から知らされた葉子の衝撃的な事実とは? 
愛に包まれた感動のエピローグに乞うご期待!※

閲覧方法・・・

「どこでも読書」
「どこでも読書」TOP上段にあります総合検索にて「小説」→ジャンル「ハードロマン」↓「色褪せぬ薔薇」と検索いただくか?もしくは著者名にて「降矢木士朗」(ふりやぎしろう)と検索いただければご覧頂けます。

電子書籍「遊スタ」←携帯電話でご覧頂いている方は、そのままクリックでお入りいだだけます。

パソコンでご覧頂いている方には、大変、申し訳ありませんが
電子書籍「遊スタ」は携帯電話からでないと入れません。
お手数ですが携帯電話にて「遊スタ」→カテゴリ「官能小説」→「色褪せぬ薔薇」と検索してください。

[妄想の囲炉裏端]~掲示板~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2 人妻・熟女官能~
~愛と官能の美学~
~女たちの性書~
~人気ブログランキング 愛と性~
BlogPeople「芸術・文学/読書中毒」
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
エッチな告白体験談ブログ
読み物交差点

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5