FC2ブログ

『不如帰』・・・第十一章

   『不 如 帰』 (永遠の嘘)
長年に亘り妻を苦しめてきた夫の裏切り行為に対し、
執念の復讐が実行に移される時がきた。
だが妻の復讐心を覆す衝撃の真実が今、明かされる。

第十一章

巨大な病院を夜の帳が包んでいく。
青白い蛍光灯の下、病棟の長い廊下は、不気味なまでの静寂に圧迫されていた。

だが耳を澄ませば、低い地鳴りのように、患者達の呻き声やすすり泣きが聞えてくる。
前を歩く勇輝が佳珠子を振り返った。

「母さん、見送りはここでいいよ」

「これからまた仕事に戻るの? あまり無理をしないようにね」

「うん、また時間を見つけて来るけど、母さんも体を壊さないように気をつけて」

そう佳珠子を労うと、勇輝はコツコツと足音を残響させて帰って行った。
勇輝の姿が見えなくなるまで、佳珠子は無言のまま廊下に佇んでいた。

(会うたびに義兄さんに似ていく)

子供の頃は気づかなかったが、長ずるにつれて大柄で腕も毛深くなり、勇輝は武彦譲りの遺伝子を紛うことなく伝えていた。

あの一夜限りの情交で、佳珠子は思惑通り武彦の子を身ごもったのだ。
だが妊娠した当初は、佳珠子も武彦の子供かどうか確信を持てずにいた。

何故なら、翌日東京へ戻ると、克哉は憑かれたように佳珠子の体を求めたからだった。
前夜会津若松で浮気したにも拘らず、克哉は何度も執拗に佳珠子の中へ精液を注ぎ込んだ。

僅か二十四時間を隔てただけで、あろうことか、佳珠子は兄弟二人の精液を受け入れたのだ。
戸籍上は、克哉の子として生まれた勇輝だったが、佳珠子自身どちらの子供か判りかねていた。

その五年後、武彦は肝臓癌で早世した。
亡くなる直前、佳珠子と勇輝は、克哉に連れられて僻村の病院へ見舞いに行った。

「兄さん・・」

克哉は病床で大人気なく泣いた。
あの夜以来の再会となる佳珠子は、武彦の凄まじい顔の変わりように言葉もなかった。
克哉は幼い勇輝を抱くと、武彦の枕元で初めて甥の顔を披露した。

「・・・・」

「兄さん、平野家の跡継ぎです」

「・・あ、ああ」

かつて佳珠子を抱いた逞しい腕が、ミイラのように骨と皮ばかりになっていた。
武彦はその手で勇輝の手を握って笑顔を浮かべた。

だが佳珠子は見逃さなかった。
勇輝の顔を見た瞬間、武彦の顔が驚愕に強張ったのを。

葬儀の後、遺品の整理に家を訪れた佳珠子は、茶色に変色した白黒写真を見つけた。
幼い頃の武彦が写っていた。

(やはり・・)

佳珠子は勇輝が武彦の子だと確信した。
その顔は勇輝と見紛うばかりに似ていた。

武彦は、年を経てからは想像できない愛らしい顔をしていた。
幼い頃に撮った克哉の写真も見たが、勇輝とは似ても似つかなかった。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

No title

はじめまして。柏木と申します。

H小説のリンクをたどりたどって、このお話のこの章にたどり着きました。
お話の前後が気になって仕方がなくなり、さいしょから読み返してしまいました。
朝からちょっとカゼぎみで、医者にでもかかろうか?と思っていたのですが、
気がついたらこの刻限で(土曜日はどこも午前中までですね 笑)、
おまけにカゼの具合もいささかよくなりました。
昂りというものは、人に生命力をもたらすものでしょうか?

登場人物の年齢構成からしっかりとした舞台背景まで、じつに濃い内容、
そしてさくさくと読み進むことのできる口あたりのよい文章に、たちまち引き込まれました。
プロの文章家の方でいっしゃるようですね。 どうりで。(^^ゞ

田舎の逞しい男性と、都会の洗練された女性との交歓というのは、とても刺激的なミスマッチですね。
圧倒的な体格の男性が、華奢な義妹に伝法な啖呵を切られているのも、逆の意味でミスマッチなのかもしれません。

さいしょはそこに注目だったのですが、読み進むうちに感じたのが、兄弟の関係です。
この兄弟、齢が離れていても、似たもの同士のようですね。
外見こそ熊のようなごつい身体つき、あるいは痩せて目だたない風貌と、好対照をなしてはいるのですが、心の面で。
老母や幼い弟の未来を考えて、みずからの将来を起ち切った武彦。
嘱望する息子の将来のため、じぶんの出世をあきらめた克哉。
この兄弟の関係は、佳殊子とふたりの関係とおなじくらいに惹かれます。

つまらない感想を長々と、お騒がせいたしました。
お話の続きを、愉しみにしております。
プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5