FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 「妄想の仮面」 第六章・・・

 ※ 小説を読まれる方へ・・・
      更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
      お読みになりたい方は、左のカテゴリーから各小説を選択していただければ
      第一章からお読みいただけるようになっております ※ 

              
       『妄想の仮面』  紅殻格子

 六.妻の独白(三)

飲めないワインに、私はすっかり酔ってしまいました。

「お宅までお送りしますよ」

店を出ると、清川君はタクシーを止めて、抱きかかえるように私を乗せました。

「大丈夫ですか?」
「え、ええ・・ちょっと飲みすぎちゃったみたい・・」

私はタクシーの窓を開けて、涼しい初夏の風を入れました。

「もう十一時だわ・・あの人、もうお風呂に入ったかしら」
「おや、田口課長のことが心配ですか?」
「そ、そんなことないわ。私だってたまには夜のお酒ぐらい・・」

むっとむくれた私は、ニヤニヤ笑っている清川君を睨みつけました。
その時、タクシーが急にカーブを曲がったのです。私はバランスを崩して、清川君にもたれかかってしまいました。

「あっ」

清川君が私の腰に手を回してきました。
私はどうしていいかわからず、ただ俯いているばかりです。

「・・・・」

車の揺れに合わせて、清川君の手がお尻へ下がってきます。
(清川君は私が上司の妻であることを忘れたのかしら? それともワインを飲みすぎておかしくなっちゃったのかしら?)

モゾモゾと動く掌をどうすることもできないまま、私は清川君の真意を測りかねていました。すると唐突に、清川君は吃驚することを耳元で囁いたのです。

「奥さんが好きです」

一瞬、私は耳を疑いました。慌てて清川君の顔を見ると、いつもと違って真面目な表情をしています。

「オ、オバサンをからかって・・」
「いえ、ずっと奥さんに憧れていました」

その瞬間、私は下腹部に甘い痺れを感じたのです。
その痺れは、静かな水面に生じた波紋のように、ゆっくりと全身へ広がっていきます。

「だ、だめよ・・いけないわ」

我に返った私は、前の座席にいる運転手を気にして、お尻にまとわりつく清川君の手を払い除けました。

「どうしてですか?」

「ど、どうしてって・・だって私は田口の妻であり、愛美の母親なのよ」

運転手に気づかれないように、私は声にならない声で叱りました。

「わかっていますよ。でも私にとって奥さんは妻でも母でもありません。一人の女であるだけです」

私は心臓が止まりそうになりました。ただ清川君にお尻を触られるまま、口をパクパクさせているしかありませんでした。やがてタクシーが家の前で止まりました。

「奥さん、今夜は楽しかったです。おやすみなさい」

そう言うと、清川君は降りようとする私のあごを手で押さえ、いきなり口唇を重ねてきたのです。

「う、ううっ」

驚くほどの早業でしたが、私はしっかりと清川君の口唇を感じていました。 清川君を乗せたタクシーが遠ざかって行きます。
そのテールランプを眺めたまま、私は心の整理がつかず、しばらくマンションの近くでぼんやりとたたずんでいました。

私は、主人と娘、そして今の生活を愛しています。少女の頃から思い描いてきた幸せです。この幸せを守るため、私は良妻賢母であることを心がけてきました。
そんな平和な日常に、清川君は土足で踏み込んできたのです。 でも私は清川君を拒めませんでした。

心のどこかで、こうなることを期待していたのかもしれません。現実にはあり得ないトレンディドラマに憧れるように、私は非日常の恋愛を密かに夢見ていたのです。

もう一人の私。

それは主人と娘を裏切ってでも、清川君に淡い恋心を抱く女の私だったのです。 どちらが本当の私なのでしょうか? その答えも出せないまま、私はエントランスを抜け、エレベーターのボタンに手をかけました。

ただ一つ確かなことは、下着をはしたないほど濡らしていることだけでした。

つづく・・・


にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へにほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へHな読み物の館 FC2エログランキング


theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。