FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「男の居場所」 第十三章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております
 
           「男の居場所」

十三・

水上が内勤の日、珍しく経理課長の板橋が昼飯へ行こうと誘いに来た。
会社から少し離れた定食屋の座敷は、時間が早いせいか、水上と板橋の他には誰もいなかった。
板橋は煙草を取り出して火をつけた。

「一ヶ月前は支店長とぶつかって落ち込んでいたけど、最近はふっきれたように顔が明るいじゃないか」

「いや、仕事の上では相変わらずだ。あの時以来、支店長は俺を目の敵にしている」

「会社の他に楽しみでもできたのか」

「・・・うむ、そんなところかな」

美奈の愛くるしい笑顔を思い浮かべ、水上は独り口元を弛めた。
あの夜から、水上と美奈は週一ぐらいのペースで逢瀬を続けている。

密会の場所と時間は、その日の朝、美奈がメールで知らせてくる。
そして会社が終った後、一緒に食事をしてからラブホテルへ向かう。

今夜も美奈と会う約束になっていた。
今や美奈だけが水上の生きがいだった。
娘ほどの若い肉体は、老いた水上に鮮烈な悦楽を蘇られてくれた。

否、セックスだけではない。
美奈がいてくれるだけで、水上は虚ろな心の隙間を埋めることができた。

仕事中も、独りでアパートにいる時も、考えることは美奈のことばかりだった。
それは若い頃にも経験したことがない、一途で純粋な恋心だった。
板橋は灰皿に煙草を押し消した。

「水上、お前、この一ヶ月、金遣いが荒過ぎないか?」

「どういうことだ?」

「支店長はまだ気がついていないようだが、長年経理で飯を食ってきた俺の目はごまかせないぞ」

「・・・・・・・・」

今度は水上が煙草に火をつける番だった。

「水上、今月だけで二十万円近い商品券を使っているだろう」

「そ、それは、代理店幹部の昇進や、祝い事が重なったからだ」

「そう言うと思ったよ。商品券は経理にとっても一番やっかいな代物だ。商品券を買った領収書は残っ
ても、それを得意先に渡した証拠が残らないからな。社員が嘘をついてこっそり懐に入れたり、金券ショップで換金したりしてもわからないんだ」

「お、俺を疑っているのか?」

「いや、商品券の社内不正の温床になりやすいと言っているだけだ」

二人の間に気まずい沈黙が訪れた。
板橋の鋭い視線が水上の顔に注がれている。

堪らず水上は板橋から目を逸らせ、吸っていた煙草を灰皿に揉み消した。
水上は板橋の勘の良さに舌を巻いた。

美奈と会うたび、水上は小遣いを渡していた。
勿論、美奈は面と向かって金をくれとは言わない。

ただベッドの上で、流行の服が欲しいとか海外旅行に行きたいと甘える。
水上も嫌な気はしなかった。

金のこととは言え、美奈に甘えられるのは嬉しかったし、中年男につきあってくれる感謝を形にしたかった。

しかし水上とて東京には家族がある。
しかも家のローンと子供たちの養育費で、まだまだ金に余裕があるわけではない。

「商品券って金券ショップでお金に替えてくれるらしいよ」

会話の中で、美奈が何気なく言ったことがヒントとなった。
会社への忠誠心を失った水上は、すぐにそれを実行に移した。

注文した定食が運ばれてきた。
湯気の立つ味噌汁を前にして、水上も板橋も箸を手に取ろうともしなかった。

「同僚として、もうひとつ忠告しておく。会社を辞めたお前の前任者のことだ」

板橋は冷たい目で水上を睨んだまま、ぽつりぽつりと話し始めた。

つづく・・・

・・・・・・ お知らせ ・・・・・

『色褪せぬ薔薇』携帯小説サイトにて配信中です。

『色褪せぬ薔薇』 作品紹介・・・・
(電子書籍「遊スタ」より引用)
※ 来年60歳になる秀明は住宅用建材メーカーの重役で、25年前は仙台支社にて営業をしていた。単身赴任で仙台にやってきた秀明は、やがて同僚の葉子と社内不倫の関係を持つようになり、夜毎、互いに体を貪り合い、熱い情事を繰り返した。 だが、秀明が東京の本社へと戻ったことをきっかけに、ふたりは別れ離れになってしまう。 久しぶりに、仙台を訪れた秀明は、彼女に会うことにするが、そこで部下から知らされた葉子の衝撃的な事実とは? 
愛に包まれた感動のエピローグに乞うご期待!※

閲覧方法・・・

「どこでも読書」
「どこでも読書」TOP上段にあります総合検索にて「小説」→ジャンル「ハードロマン」↓「色褪せぬ薔薇」と検索いただくか?もしくは著者名にて「降矢木士朗」(ふりやぎしろう)と検索いただければご覧頂けます。

電子書籍「遊スタ」←携帯電話でご覧頂いている方は、そのままクリックでお入りいだだけます。

パソコンでご覧頂いている方には、大変、申し訳ありませんが
電子書籍「遊スタ」は携帯電話からでないと入れません。
お手数ですが携帯電話にて「遊スタ」→カテゴリ「官能小説」→「色褪せぬ薔薇」と検索してください。

[妄想の囲炉裏端]~掲示板~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2 人妻・熟女官能~
~愛と官能の美学~
~女たちの性書~
~人気ブログランキング 愛と性~
BlogPeople「芸術・文学/読書中毒」
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
エッチな告白体験談ブログ
読み物交差点

theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。