FC2ブログ

「禁断の遺伝子」第十章・・・(紅殻格子)

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※   
  
                 
                  『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

     
十・

鴻巣はつかつかと蔵に入ってくると、周一が持っていた写真を取り上げた。

「あなた方にこの写真は必要ない」

「こ、鴻巣さん、あなたは一体古谷野家とどういう関係があるんですか?」

「世の中には知らない方がいいこともある。
 幸いお嬢様も私に気づいていないようだし・・」

先ほどまでの低姿勢だった鴻巣とは打って変わり、
ぞんざいな態度で蔵を出て行こうとした。

「ちょっと待って下さい。あなたなら知っているんじゃないですか。
妻の月絵は亡くなった今も実父を憎んでいる。
実母もです。頑ななまでに月絵が両親を拒む理由を知りたいんです」

鴻巣は立ち止まった。

「・・お嬢様はまだ孝蔵様と静子奥様を許していないのか?」

「ええ。孫の顔もほとんど見せないほど」

「そこまで恨んでいたのか・・」

鴻巣は近くにあったダンボール箱に腰を下ろすと、
ぽつりぽつりと記憶を辿るように昔話を始めた。

二十三年も前の話だった。

「私はK町で小学校の教員をしていた・・」

当時檜原集落には近隣K町の分校があった。
三十代後半だった鴻巣は、三年間檜原分校へ異動の辞令を受けた。

檜原集落では、遠路分校に通う先生に感謝して、
月に二三度、有力者の孝蔵が教員を夕食に招くのが常になっていた。

ある春の夜、鴻巣はいつものように古谷野家で晩餐をふるまわれていた。
ちょうど夏休み前で、鴻巣も心の緩みからいつもより深酒した。

「鴻巣君、今夜は泊まって行きたまえ」

「しかしご迷惑でしょうから・・」

「でもそんなに酔っていたら、車は運転できませんよ」

着物姿の静子が食膳を片づけながら、細面の整った顔立ちで微笑した。
その静子の言葉に後押しされて、泥酔した鴻巣はK町の妻に外泊の電話をした。

深夜、鴻巣はなかなか寝つかれなかった。
安普請の自宅とは違い、どっしりした旧家の重みが神経を昂ぶらせていた。

「・・だめ・・聞こえちゃう・・」

鋭敏になった耳を澄ますと、襖の向こうから静子の声が微かに聞こえてきた。

「あん・・いや、あなた、感じる・・」

襖一枚隔てた先は孝蔵夫婦の寝室だった。
艶かしい静子の声が徐々に羞恥を失っていく。

その淫らな喘ぎ声は、聖職者とは言いながらも、
生身の男である鴻巣の下半身を直撃した。

鴻巣は気づかれないように襖をそっと開いた。

(えっ!)

煌々と明かりが灯る広い和室の布団の上で、
静子は胡坐座りの孝蔵に背後から抱きかかえられていた。

「ああっ、もう・・もうだめ・・」

乳房を揉まれ、両脚をM字に開かされている。
その丸見えになった花芯が、まるで鴻巣の好色心を見透かすかのように、
細く開いた襖の方へ向けられているのだった。

露になった花芽をグリグリと指で捏ねくりながら、
孝蔵が襖の合わせから覗いている鴻巣に声をかけた。

「鴻巣君、見ているだけじゃ体に悪いぞ。
 こっちへ来て静子を一緒に犯してくれないか」

鴻巣はまるで夢遊病者のように、言われるままに襖を開けて隣室に導かれた。

続く・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

ご心配おかけしました。

ゆうさん、申し訳ありませんでした。
元気に復活しました。
また応援下さいね。

応援させて頂きます。
心配していました。
うまく言えませんが、頑張って下さいね。
小説、楽しみにしていますね。

原点は小説ブログだったんですね、
知りませんでした(^_^;)
ちょこちょこ覗きにきま~す<(_ _)>

HANAさん、ご無沙汰しています。

ブログを原点に戻しました。応援よろしくね。

先生、また小説だけアップしているんですね。
続きがまた読める~♪
GWだから1日おきにアップできたのでしょうか。
続き楽しみに待ってます!
プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5