FC2ブログ

小説「内助の功」第七章・・・(紅殻格子)

  ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

    
            「内助の功」   紅殻格子

美紀だった。
 
漆黒の髪を後ろに結った美紀は、近くで見ると頬にうっすらと紅を点して艶かしい。
 
「本間さん」 涼やかな目元は憂いに満ちていた。
 
「は、はい。何かご用ですか?」
 
「いえ、その、本間さんの奥様は、総務部にいらっしゃった星野早紀さんですよね」
 
確かに早紀の旧姓は星野である。
 
「ええ、そうですが・・」
 
雲の上の社長夫人からの質問に、平社員の裕一はやや訝しそうに答えた。
 
「あ、あの・・奥様、何か私のことを話していらっしゃいましたか?」
 
もじもじと決まり悪そうな仕草で、美紀はやっとそれだけを裕一に尋ねた。
 
裕一は、はっと三日前に聞いた早紀の話を思い出した。
 
『岩井社長の奥さんが、浮気している現場を見ちゃったのよ』
 
どうやら早紀の言っていたことは本当らしい。
 
美紀は不倫現場を見られたことを気に病み、
わざわざ一兵卒の裕一に妻の様子を確認に来たのだろう。
 
裕一の頭は猛回転を始めた。
 
不倫が表沙汰になることを美紀は恐れている。
この秘密を握っている限り、社長夫人は裕一の思うがままだ。
 
しかも社長は美紀の言いなりだと言われている。
ならば夫人を裏から操れば、会社での出世は約束されたようなものではないか。
 
(それどころか) 裕一は生唾を飲んだ。
和服の襟から、雪のように白い美紀のうなじが覗いている。
 
もし裕一が望めば、このたおやかな貴婦人の裸身をも、
好きなように嬲ることもできるのだ。
 
裕一の野心がかっと燃え上がった。
 
(一世一代の悪人を演じてやる)
 
どうせ辞めようと思っていた会社だ。
失敗したところで裕一に未練はない。
 
裕一はコホンと咳払いした。
 
「妻から聞きました。横浜のホテルでのことですよね」
 
「・・・・」
 
美紀は顔を硬直させて押し黙った。その仕草が不倫の事実を物語っている。
 
「もし奥様のことで、社長がスキャンダルに巻き込まれることにでもなれば、
それは一個人の問題では済まなくなります。
岩井建設に勤める二千人の従業員が、路頭に迷う可能性を孕む大問題です」
 
「そ、そんな・・」
 
「いえ、大げさではありません。社長が余計な一言をマスコミに喋っただけで、
会社が潰れてしまう時代です。
ですから私は会社のために、時期を見て社長にこのことを忠告するつもりです」
 
「や、やめて」
 
すがるような瞳で裕一を見上げた。
 
「しかし災いの芽は事前に摘みませんと」
 
美紀はおどおどと瞳を揺らしながら、小声で問いかけた。
 
「いくら払えば許してもらえるの?」
 
裕一はふんっと鼻で笑ってから凄んだ。
 
「奥さん、世の中全てが金で解決するわけじゃないんだよ。
 不愉快だな。話はこれで終わりにしよう」
 
「ま、待って・・ごめんなさい・・私、どうすれば・・」
 
美紀は泣きそうな顔でスーツの裾をつかんだ。
 
「そうだな・・一度二人きりで話ができる場所を用意してもらおうか」
 
「・・わ、わかりました」
 
「あまりここで話をしていても怪しまれるから、決まったらメールで連絡をくれ」
 
「はい」
 
宴会場での華やかさは、すっかり美紀から消えていた。
奴隷となることを誓った女の恨めしさだけが、
美紀の体から青白い焔を燃え上がらせていた。
 
美紀は頭を下げて会場へ戻って行った。
裕一は、その和服に包まれた柳腰を見ながら、一人にんまりとほくそ笑んだ。
つづく・・・

 

theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5