FC2ブログ

小説「懺悔」最終章・・・

        『懺 悔』    紅殻格子

 
 八.

新しい主人となった智彦。
夫の貴彦が仙台へ行ってしまうと、私は智彦の妻となるのです。
ソファにふんぞり返る息子の前に跪き、私はその男性をくわえさせられています。
不倫の代償――愚かな母親です。でももう聖母に戻るのは諦めました。
私は息子の性奴隷として生きていく道を選んだのです。
熱く硬直した男性が口いっぱいに逞しく脈動しています。

「親父がいる間はお預けだったから嬉しいだろう?」

「・・うれひいです」
 
夫貴彦のものより太い息子の男性に口を塞がれたまま、私はやっとのことでそう答えました。
初めて抱かれた日から、智彦は暴君として私に君臨しました。
まだ思春期の智彦です。欲求は止まることを知りません。
平日は、まず寝起きの挨拶代わりに、私の口の中へ一度射精してから学校へ行きます。

そして帰って来ると、キッチンで夕食の支度をする私に悪戯を始めます。
裸で料理させられるのは序の口で、背後から犯されながら包丁を握ることもありました。
もちろんお風呂は智彦と一緒に入ります。
智彦の全身を洗うのは私の係りです。そして寝るのも一緒です。
毎晩のように、深夜まで智彦は私の体を飽きることなく責め続けます。
 
夫が帰らない休日ともなれば、朝から晩まで智彦は私の体を求めてきます。
朝から晩まで雨戸も開けずに犯され続けたこともあります。
最近では、派手なミニや胸元が大きく開いている服を私に着せ、
繁華街を連れ回したりすることもあります。
そうすることで、智彦は異常に興奮するのだと言います。

禁じられた関係を、世間に見せつけたい思いがあるのかもしれません。
世間から見れば、私達は間違いなく狂人です。
でも仕方ないのです。こうすることでしか、私は犯してしまった罪を償うことができないのです。
智彦はフローリングで四つん這いになるよう命じました。

「尻を出せ」

「・・はい」

私はスカートを捲り上げてショーツを脱ぎ捨てました。
獣の陰部が智彦の前で剥き出しになりました。

「その格好でオナニーしろ」

「は、恥ずかしい」

「逆らうのか?」

智彦は私のヒップを掌でピシッと叩きました。

「あっ、するから許して・・」
息子にヒップを向けて高々と掲げると、下腹部から陰部へと指を伸ばしました。
恥ずかしいことに、もうぐっしょりと濡れています。
ぬるぬるした陰唇を掻き分け、敏感に尖ったクリトリスを捏ねるように自慰を始めました。

「う、ううん・・はあぁ・・」

もう理性は失せてしまっています。指の動きに合わせて、自然とヒップを振ってしまう私です。

「世の中広しと雖も、母親のオナニーを見られるのは僕ぐらいだろうな」

「あん・・言わないで・・ううん・・」

智彦の言葉嬲りに、私の体は敏感に反応していきます。

「ああ、気持ちいい・・気持ちいいの・・」

「ふん、淫乱女め。そろそろ犯して欲しくなってきたんだろう?」

「欲しい・・智彦が欲しい・・」

智彦は淫らに発情した私の陰部を見据えると、
そのまま猛った男性を握って背後から抱きついてきました。
ヒップを両手で鷲づかみにされ、子宮が見えそうなほど陰部を広げられます。
そこへ息子の男性がみっしりと埋められました。

「はあぁぁぁ・・」

智彦の性器を受け入れた私は、獣が唸るようなうめき声を上げました。
息子に犯されて身悶える母親。
私が智彦にできることは、性の捌け口に体を与えてやることだけなのです。
いかなる時でも赤ちゃんがお腹を空かせれば授乳する母親のように、
私は無条件で智彦の性欲に体を開くことしかできないのです。

「いいっ、気持ちいいの・・もっと、奥まで突いて、智彦・・」

人の道に外れていることもわかっています。地獄に落とされる罪であることもわかっています。

「あっ、ああっ! もっと強く・・もっと激しく犯して!」

覚悟はできています。これが私の智彦への懺悔なのです。
冷たい秋風が吹く深夜、
私達母子がのめり込む禁断の交合は、いつ果てるともなく続いていくのでした。
         

  ――閉幕―― 

 

theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5