FC2ブログ

小説「懺悔」 第七章・・・

         『懺 悔』    紅殻格子

 七.

智彦はしばらく立ったまま、ぼんやりと私の下腹部に目を落としていました。

「いやっ、見ないで・・」
私は智彦の視線を避けようと、必死に腰をひねって陰部を隠そうとしました。

「・・これのせいで・・」

何を考えているのかわかりませんが、智彦はそれだけをぼそっ口にすると、
私の開かれた両脚の間に寝そべって覗き込みました。

「全てを壊してしまったんだ」

智彦の言う通りかもしれません。
母は聖なる存在、そして女は俗なる存在。
智彦を産んで私を母にしてくれた陰部が、
またその魔性で、聖なる座から私を突き落としたのです。

母になることは女を捨てることなのでしょう。
でも私はそれができませんでした。
母であることを忘れ、社長が蘇らせてくれた女の悦びに溺れることを選んでしまったのです。
 
智彦の指が敏感な部分に触れました。

「こんなにびらびらして・・醜い・・グロ過ぎる・・」
「い、いやよ、触らないで」
 
女を知らないのでしょう。
智彦はそこがどれほど敏感なのかわからず、荒々しく弄り回し始めました。
懸命にいけないと自分に言い聞かせるのですが、
陰唇を捲り返されて無防備な膣に指を押し入れられてしまうと、
どうにも体は勝手に反応してしまいます。

「・・ああ、ダメよ・・やめて、智彦」

智彦は私の気持ちも知らず、新しい玩具でも見つけたように、
自分が生まれてきた陰部を嬲ります。

「濡れてきた」

「いやっ、ああ・・ダメ・・お願い、許して・・」

指で陰部をかき回されるたびに、はしたなくもクチュクチュと卑猥な音がします。

「狂っているよ。息子に触られて感じるなんて」

「感じているんじゃないわ。女は触られるとそうなっちゃうのよ」

「・・ふ~ん、じゃあ、ここは?」

智彦の指が大きくなったクリトリスを摘みました。

「あっ、いやっ!」

反射的にぴくっと体が痙攣してしまいます。
私は女に生まれたことを恨むばかりでした。
男だって女に男性を弄られたら、生理的に大きくなるはずです。

それは女だって同じです。でもそれが女は道徳的に許されないのです。
自己弁護しているわけではありません。
でも父親が浮気しても大目に見られるのに、
母親だとこれほど恐ろしい責め苦を受けねばならないのです。

智彦のいたぶりは続きます。

「これでも感じていないと言い張るのか?」

「ああ・・だめ、そんなことしたら・・あうぅぅ・・変になる・・」

我慢しているつもりです。でも体が言うことを聞かないのです。
腰が勝手に浮き上がり、陰部は智彦の指を欲して動いてしまいます。

「い、淫乱女め!」

淫らな母親の痴態に、智彦の怒りは頂点に達したのでしょう。
顔を真っ赤に上気させると、着ていた服を脱ぎ始めました。

涙が滲んできました。
智彦の華奢な白い体かぼんやりと虚ろな瞳に映っています。
腰のあたりには、母の体に興奮した赤黒い屹立が見えます。
智彦は仰向けで大の字に磔された私の上に覆い被さってきました。

「お前なんか母親じゃない。ただの女だ」

智彦の男性が陰部に触れました。

「ダ、ダメ! それ以上したら、もうママに戻れなくなっちゃう!」

朦朧とする意識の中、私は最後の理性を振り絞って抗いました。
智彦は迷っているようでした。男性を陰部に押し当てたまま動きが止まりました。

ところが。
ヌルッ――それは一瞬のことでした。
智彦が男性を押し出したのか、それとも私の淫らな陰部が息子をくわえ込みに行ったのか、
母子の性器はついに禁断の交わりを果たしてしまったのです。

「いやあああ!」

私は叫び声をあげました。
智彦も呆然と全身を凍りつかせています。
人間であることから逸脱してしまった母子は、どのぐらいの時間でしょうか、
繋がり合ったままお互いにしばらく動けずにいました。

人であることを辞めれば、後に残るのは獣であることだけです。
智彦がわずかに腰を引きました。

「あっ」

ビリッと悦楽の電流が全身に流れ、つま先が感電して反り返ります。
智彦も私も獣となり果てた今、することは一つしかないことを知ったのです。
激しく智彦が男性を突き始めました。

「と、智彦・・ああ・・」

激しい劣情を受け入れながら、私も次第に体が高まっていきます。
智彦の汗がポタリポタリと波打つ乳房に滴り落ちます。

「はあぁぁ・・き、気持ちいい・・智彦、ママ、気持ち言いの・・」

腕立て伏せの格好をしていた智彦は、私の首をぐっと腕で巻くと、体を密着させてきました。
智彦の荒い息遣いが耳元でします。
何年振りでしょうか、息子をこれほど身近に感じるのは。
私は無意識のうちに、その躍動する腰に両手を回していました。

息子に犯されて身悶える愚かな母親。
過ちであることはわかっていますが、
失った息子が戻ってきてくれた喜びを感じていたのも事実です。
きっと智彦も私を犯すことで、どこかで私を繋ぎ止めておきたい心理があるに違いありません。
智彦の動きがぎこちなくなってきました。

「も、もう・・」

「あっ、あっ・・いい・・智彦・・いく、いっちゃう・・いくうぅぅ」

陰部から男性を引き抜く感触。
そして下腹部に生温かい飛沫を感じました。
息子が母親の下腹部に射精したのです。

智彦の女。
その言葉が脳裏を過ぎりました。
沸き上がる悦楽の波が、私の意識を朦朧とさせていくのでした。

つづく・・・ 

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5