FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「懺悔」 第六章・・・

         『懺 悔』    紅殻格子

 六.

・・・・・智彦の部屋です。
気がつくと、私はベッドに寝かされていました。
いえ、寝かされていたのではありません。
両手両脚を大の字に開かされ、ベッドに縛りつけられていたのです。

「と、智彦・・」

私は手足を動かそうとしました。
でもカチャカチャと金属的な音がするだけで、固定された体は身じろぎ一つできません。
見ると、両手足には手錠がかけられており、
その鎖はそれぞれ金属製ベッドの四隅についたパイプに繋がれています。

「やっと気がついた?」

智彦が私の顔を上から覗き込むように尋ねました。

「ねえ、智彦。何でこんなことをするの? お願い、すぐに手錠を外して」
「そうはいかないんだな」

哀願する私に、智彦は冷ややかな笑みを浮かべて答えました。

「母親にこんなことをするなんて・・いつから智彦は・・」

「母親?」

智彦の顔色が変わりました。

「何が母親だ。子供に隠れて浮気をするのが母親のすることか?」

「そ、それは、パパが仙台で・・」

「そんなこと関係ないだろう! もしそれが事実だとしても、
浮気をしていい理由にはならないじゃないか。子供の心を傷つけて、その言い草は何だ!」

智彦は平手で私の頬を叩きました。

「もう嫌だ。こんな淫乱女が母親だなんて信じたくない。
 だから、だから僕は、あなたに母親を辞めてもらわなければならないんだ」

「は、母親を辞めるって・・」

「そう、優しかったママは死んだんだ。
今僕の目の前にいるのは、どんな男でもくわえ込む淫乱な雌豚だ!」

智彦は目に涙をいっぱい溜めながら叫ぶと、
机の引出しから何か鈍く光るものを取り出したのです。鋏です。

「ば、馬鹿なことは止めて・・智彦・・」

鋏を手に迫ってくる智彦を私は何とか思い止まらせようとしました。
でもその顔は狂気に歪んでいます。私は必死に身をよじって逃げようとしましたが、
両手足をベッドに括りつける手錠の音だけが虚しく響くだけでした。
冷たい刃が肌に当たります。

「やめて! やめて、智彦!」

刺されると観念して目を瞑りました。でも痛みはありませんでした。
そっと目を開けると、身動きできない私の服を智彦が切り刻んでいたのです。

「な、何をするつもりなの?」

ほっとした反面、私は智彦の行動がすぐには理解できませんでした。
やがてブラウスが切り刻まれ、鋏がスカートの裾を餌食にし始めた時、
遅まきながら私は智彦の意図を知ったのです。
裸にしようとしている。

「い、いやっ! だめ、絶対だめ!」

わかった瞬間、私は狂ったように叫びました。
でも智彦は、抗う私を冷たく無視してスカートを切り取ってしまいました。
そして剥き出しになった下半身を守るストッキングを荒々しく破ると、
ふうっと大きく深呼吸したのです。

「この体が家族を目茶目茶にしたんだ」

辛うじてブラジャーとショーツだけで覆われた裸身を前に、
ぶつぶつと智彦は何度も呟きました。
そして鋭い煌きを放つ鋏をブラジャーの真中に差し入れたのです。

「いけないわ、智彦。よく考え直して」

私は智彦を正気に返そうと懸命に呼びかけました。
しかし鋏は無残にも鈍い音を立て、ブラジャーを真っ二つに切り裂いたのです。
乳房が智彦の目に晒されました。
ギラギラした智彦の目が、ふるふると震える膨らみに立つ乳首を執拗に追います。

「この乳首を他人に吸わせたんだな」

ポツリとそれだけ言うと、智彦は鋏の片刃をそっと乳首に当てました。

「嫌、やめて!」

智彦に殺されてもいいと割り切った私ですが、あまりの恐ろしさにぞっと鳥肌が立ちました。

「やめてと言いながら、乳首が立ってきたじゃないか」

「そ、それは怖いから・・」

「うるさい。これが淫乱女の隠さぬ証拠だ。くそっ!」

仰向けに拘束された腰の上に、智彦が馬乗りになりました。
そして荒々しく乳房を揉みしだくや、乳首を口に含んだのです。

「あ、ダメ、ダメよ」

私は狂った息子の愛撫から逃れようと、必死にブリッジをして上半身をよじりました。
でも体は覚えているのかもしれません。十五年前、智彦に母乳を与えていた頃のことを。
乳房を吸う智彦。 それは母としての甘い甘い思い出です。
私は理性を失いかけ、うっとりとした陶酔に襲われそうになりました。

「!」

赤子の智彦が乳を飲む時とは明らかに違いました。
乳首を口に含んで吸いながら、智彦は舌の先を妖しくチロチロと動かしています。

「・・あ・・」

私は迂闊にも小さな吐息を漏らしてしまいました。
乳を吸う我が子ではなく、それが男の愛撫だとわかった瞬間、
悦びの微電流が体を駆け抜けたからです。

「淫乱女め、息子に乳首を吸われて感じるのか?」

「ち、違う・・私は・・」

「畜生、言い訳するな!」

乳房を弄んでいた智彦は、私の体から離れると再び鋏を手にしました。

「やめて! もう許して」

鬼となった智彦に私の言葉など無力でした。最後に残されたショーツに鋏が入れられました。
とうとう私は智彦の前で全裸にされたのです。

つづく・・・
 

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。