FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『追憶の白昼夢』 第八章

『追憶の白昼夢』

FC2 Blog Ranking


(八)

「何にやにやしてるの?」

城ケ島から横浜へ戻る車の中で、彩香は不審そうに尋ねた。

「いや、別に」

私はラジオのボリュームを落とした。

「嘘、今の哲ちゃんの顔は、何かエッチなことを考えてる時の顔だわ」

「ほう、鋭いな。実はさっき君が海で話していた、初めての夜のことを思い出していたんだよ」

私が少し意地悪気にそう言うと、彩香は

「嫌だ、恥ずかしいわ」

と、とたんに頬を赤く染め、窓の外へと目を逸らした。

しかしその声には、どこか鼻にかかる甘えた響きがあった。
翡翠色のタイトスカートから覗く組んだ両脚が、艶めかしく眩しい。

顔立ちこそ昔と変わらない彼女だが、その内側は芳醇に成熟しているのだろうか。
むっちりと豊かに迫り上がった胸の膨らみが、目に見えない変貌を予感させた。

「こうしているとあの頃のままだな」

「本当、哲ちゃんの横にいると、私も二十歳の頃に戻っていくみたい」

「楽しかったな」

「うん、嫌いになって別れたわけじゃないもの。だからあの頃の気持ちのままこうして話せるんだわ」

彩香は会津の旧家の一人娘、そして私も一人っ子だった。
大学を卒業すると、彩香は東京での就職も許されず、実家につれ戻され、ピアノの教師となった。

私は人生を呪った。
しかし私とて親と就職の内定を投げ捨てて、南雲家の婿養子に入る決断はできなかった。

こうして遠距離で、しかも結婚という目標達成が難しくなった二人は、次第に離れていき、やがて連絡をとることもなくなっていった。

彩香が地元の公務員を婿養子に迎えたと大学時代の共通の友人から聞いたのは、私が結婚した翌年のことだった。

車からランドマークタワーが遠くに見え始めた頃、西の空は茜色の雲の緑を彩り始めていた。
私たちは高速道路を降りると、山手の丘にある洒落たイタリア料理の店に車を停めた。

窓際のテーブルからは、オレンジ色の照明に浮かんだ港が一望できる。
ベイ・ブリッジを飾る青白いライトの明滅が、夜の港町に幻想的は雰囲気を与えている。

「このお店も昔のままね。でもこの窓から見える景色は、昔の方がずっとムードがあったわ」

「そうかな?」

「うん、だってあの頃、哲ちゃんと一緒なら何でもロマンチックに見えたもの」

彩香はそう言うと、焼き立ての香ばしいピッツァ・マルゲリータに手を伸ばした。

彼女の薬指の結婚指輪が目についた。
半ば恋人時代に戻った錯覚に陥っていた私は、改めて彩香が他人の妻であることを思い知らされた。

心地よい白昼夢から無理矢理覚醒させられた不快感が、欝々と全身に拡がっていく。
初めから十分過ぎるほどわかっていたことだったが、行き場のない嫉妬心がふつふつと湧き上がってくる。

私はワインを呷った。

「相変わらずピアノを教えているのか?」

「ええ、今、生徒は三十人。上は高校生から下は幼稚園まで、悩み相談と保育所が一緒になったみたいよ。ゆっくりできるのは、午前中に自分がレッスンする時だけ」

「どこで教えているの?」

「実家の近くにマンションを借りて住んでいるんだけれど、そのひと部屋を教室にしているの。窓から鶴ヶ城の天守閣がよく見えるわ」

私は煙草に火をつけると、軽さを心がけて切り出してみた。

「ご主人はどんな人」

その刹那、彩香の表情が曇ったのを私は見逃さなかった。

「そうね、優しい男性よ。私より五つも年上だから、落ち着いてて何でも言うことを聞いてくれるわ」

「子供は?」

「まだ。もう私も『マル高』だから最後のチャンスなんだけど、彼はあまりこだわっていないみたい」

彩香は他人事のようにそっけなく答えて、再び窓の外に広がる夜景を眺めた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 熟女の魅力
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。