FC2ブログ

『捨 て 犬』 最終章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(十五 )

午前中の診察を終えた富岡クリニックは、まだ十人以上の患者たちが、待合室で薬と会計を待っていた。
見覚えのある髪の薄い丸顔の男が、つかつかと事務室に入ってきた。

「失礼します。新大阪製薬の早坂です。先生はお手隙でしょうか?」

「おう、早さん」

机で帳簿をつけていた梅原は、立ち上がって早坂を手招きした。

「梅さん、ずいぶん事務長姿が板についてきたな」

梅原は白衣を指差して大笑いすると、早坂は販促品のボックス・ティッシュを机の上に五つも積み上げた。

梅原は新東京製薬を退職した後、富岡クリニックで事務長として働いている。

ホテルでの夜、英子を抱いた後、
「仕事でも私を支えて下さい」
と、泣いてせがまれたからだった。

英子は、富岡クリニックをベッド数五十ほどの病院にする計画を持っていた。
病院を設立するとなれば、建設業者や銀行との交渉、看護婦や栄養士の労務管理等、とても医療の片手間ではできない仕事が増える。
その夢の実現のために、信頼できるパートナーが欲しかったのだ。

英子は正直に謝った。
あの雪の日に退職させるよう支店長に連絡したのも、シンポジウムの後、ホテルの部屋に招いたのも、全ては梅原をパートナーとして引き抜くための計画だったのだ。

(この人が欲しい)

頬を叩かれた時、英子はそう直感したと言う。
ホテルでは緊張のあまり高飛車な態度をとったが、バスローブで迎えたのは、梅原に抱かれるのを心待ちにしていたからだった。

考えようによっては、体を餌にしたと勘ぐられても仕方ないが、梅原は悪い気がしなかった。
プライドの高い英子が、体を差し出してまで梅原を頼ってきたのだ。

たとえ一人の女でも、そこまでされれば男冥利に尽きるというものだ。
診察を終えた英子が事務室に入ってきた。

「あら、早坂さん」

「先生、お世話になっています。今、少しお時間戴けますか?」

目ざとい早坂は英子の隣に瞬間移動した。

「ごめんなさいね。今日はこれから建設会社との打ち合わせで、梅原さんと外出しなければならないの」

英子は明るくなった。
気持ちにゆとりができたのか、MRに対しても穏やかに接するようになっていた。

「じゃあ、梅原さん。先に車で待っていますから」

英子はそう言うと、早坂に頭を下げて事務所を出て行った。
梅原も白衣を脱いで、外出する準備を始めた。
背後で、薬剤師と事務員のクスクス笑う声が聞こえた。

「先生はいつも、梅原さん、梅原さん、ばかりよね。まるで恋人同士みたい」

梅原は聞こえないふりをした。

建設業者と昼食を取りながら打ち合わせするのは本当だった。
だがその後、午後の診察が始まる三時まで、梅原と英子は近くのラブホテルで二人だけの時間を過ごす。
それが日課になっていた。

(仕方ない…公私共に頼られたら)

そうニヒルに呟きながらも梅原は、捨て犬を拾ってくれた飼い主の体を、今日はどうやって喜ばせてやろうかと思い巡らせていた。

―閉幕―

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『捨 て 犬』 第十四章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(十四 )

顔を真っ赤に上気させ、息も絶え絶えの英子は、縋るように梅原の腕を何度も引いた。

「も、もうダメ…お願い…入れて…あなたの女にして!」

梅原は濡れた蜜壺に肉茎を宛がった。
我慢できない英子は、腰を動かし自分からそれをくわえこんだ。

「ああっ」

英子は大きく喘ぐと、梅原にしがみついてきた。
その蜜壺は蕩けるほど熱く、軟らかい淫肉がじわじわと梅原を包み込んでいく。

「気持ちいい…こんなの初めて…」

梅原は走り出す汽車のように、徐々に肉茎を突くリズムを速めた。
熟女の淫肉の濃厚な粘着感が心地よい。
英子もその動きに合わせて腰を振り、絶頂に登りつめていく。

「好きにして、私を好きにして…」

英子はうわ言を繰り返し、豊かな乳房を上下にゆさゆさと揺らした。
熟女らしい獰猛なまでの激しさに、梅原も一層征服欲を掻き立てられていく。

「どうだ、気持ちいいか」

「ああ、も、もうたまらないの、だめ、いっちゃう、いっちゃう…」

英子は全身を硬直させて絶頂を迎えた。
梅原もべっとりと蜜液が滴る肉茎を抜くと、真っ白い下腹部の上に射精した。

部屋には荒い息遣いだけが残った。

気を失っている英子の頬を撫でてみた。
憑き物が落ちたように、安らかな表情をしている。

梅原は性欲を満たしたことよりも、その英子の寝顔に満足感を覚えた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『捨 て 犬』 第十三章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(十三 )

梅原は英子の反応に満足すると、着ている服を脱ぎ捨てた。
そして英子と逆方向に寝そべり、すでに猛々しく勃起した肉茎を顔の前に差し出した。

「さあ、先生」

英子は恐る恐るその脈打つものに触れた。

「ああ、すごい」

その英子の驚嘆が、肉体の衰えを気にする梅原を励ました。
うっとりと瞳を伏せた英子は、ゆっくりとその先端から口に含んでいった。
たどたどしい舌使いだが、逆に梅原はその初々しさに興奮した。

梅原は英子に口で奉仕させながら、草叢に隠れた秘芯が露になるように、再び両脚を持ち上げるようにして開いた。
目の前に光沢のある鮮やかな紅色の花が咲いた。

「うう…」

英子は口を塞がれ、くぐもった声でうめいた。
蜜液はすでに花芯から溢れ、花弁や周囲の草叢までおびただしく濡らしている。

「もっと可愛がってやるぞ」

梅原は指先を熱い蜜壺に滑り込ませ、舌先で固くなった小さな突起を弄んだ。
英子の体が梅原を跳ね上げるほど仰け反った。

「あうっ、ダメ」

肉茎をくわえていられなくなった英子は、狂ったように頭を左右に振った。
髪が乱れ、乳房が波打つほど呼吸を荒げている。

梅原は英子の乱れる様を楽しみながら、体を移してその両脚の間に座り、肉茎の先で花芯の周囲を撫でるように弄んだ。

「先生、もう我慢できないだろう?」

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : エッチな同人誌、同人ソフト
genre : アダルト

『捨 て 犬』 第十二章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(十二 )

英子はじっとなすがままにされている。
時折、英子の肌が掌に触れた。

張りつめた若い娘の肌が滑るような絹の手触りならば、熟女の肌にはビロードの優しく包み込むような柔らかさがあった。 

やがてショーツとお揃いの、ブルーのブラジャーが現れた。
その内側には、今にも零れそうな乳房がふるふると震えている。

梅原は英子に覆い被さると、ブラジャーのホックを外した。
子供を産んでいない三十八歳の乳房は、はちきれんばかりの張りこそないが、息を吹きかけただけでたわむほど柔らかそうだった。

梅原は荒々しく両掌で二つの肉隆を寄せ集め、頂点でふるふると揺れる小さな突起を交互に口に含んだ。

「あ…あん…」

梅原が口唇で乳首を軽く吸うたび、英子は微かな歓喜な声を漏らして顔を左右に打ち振った。
瞳を閉じて口唇を僅かに開いたその横顔は、体の芯から湧き上がる悦楽に歪んではいたが、どこか安心しきった幸せな表情にも見えた。

梅原は片手で乳首を弄びながら、もう一方の手をゆっくりと下腹部へ這わせていった。
若い女ほどくびれはないが、ほどよく脂肪の乗った柔らかな肌が、ねっとりと掌にまとわりついてくる。

「いい肌触りだ」

「い、いや…恥ずかしい」

思わず口に出てしまった梅原からの感嘆に、英子は両手で顔を隠した。

「白衣の怖い先生からは想像できない女らしい体だよ」

「ああん…いじわる言わないで」

恥じらいに身をよじる英子から、小さなショーツを剥ぎ取った。
その布切れの大切な部分には、すでに不思議な形の染みができていた。

「ほら、もうこんなに濡れている」

「もう、バカ、バカ」

英子は両手で顔を隠したまま、首を小さく振った。

梅原はむちむちした白い太腿を撫ぜ、少しずつ固く閉じた両脚を開いていった。
深い草叢に覆われた英子の秘所が、徐々に梅原の目に鮮明な形を現してくる。

「あん、見ないで」

三十八歳の熟女が、処女のような恥じらいを見せて身悶えた。
梅原は草叢の奥に息づくクレパスを、すっと中指の先で撫で上げた。

「はうう…」

英子は全身を震わせて大きく喘いだ。
熱く火照った肉芯をなぞった指先は、糸を引くぐらい濃厚な淫液で濡れていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『捨 て 犬』 第十一章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(十一 )

医師として、経営者として、男勝りな気丈さで世を渡る英子は、日々相当なプレッシャーを背負って暮らしているに違いない。
患者は勿論、いつも周囲から頼られるばかりで、心が休まるゆとりもないだろう。

しかも英子には頼って甘えられる相手がおらず、ストレスのはけ口はヒステリー以外にないのかもしれない。
おんぶに抱っこの年若いヒモ亭主では、疲れ果てた心を癒すどころか、英子のストレスを増やすだけなのだろう。

(無理をしていたのか)

梅原は英子を哀れに思った。
MRたちにかじずかれる女傑も、一皮剥けばどこにでもいる弱い女なのだ。
世の中のしがらみを忘れて、強い男の胸で甘えたい夜もあるだろう。

英子は泣きはらした目で、人見知りする童女のように梅原を見上げた。

「あなたが欲しかったの…」

そう小さく呟いた英子は、飼い主の膝の上で戯れる子猫のように、梅原の胸に体をすり寄せてきた。

「いや、俺は強い男では…」

梅原は英子の勘違いを正そうとした。 
あの雪の日に平手打ちしたのは、感情が抑えきれなかっただけだ。
女に暴力を振るうのは、それこそ弱い男の証だ。

「ううん、こんな私を叱ってくれる人は、あなたしかいないわ…」

英子はしおらしく顔を胸に埋めた。 
梅原はその少女のような仕草を見て、いとおしさで胸が熱くなるのを覚えた。

誰も頼れない英子。
そして誰からも頼られない梅原。

考えてみれば二人とも、孤独の影に怯える似た者同士ではないか。
今宵一夜だけ、お互いの傷口を舐め合って、痛みを忘れてしまうのも悪くない。
梅原は英子を仰向けに横たえると、ゆっくりとバスローブの紐を解き始めた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『捨 て 犬』  第十章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(十)

梅原は拳を握り締めた。
まさか女医と支店長が、梅原を退職させるために口裏を合わせていたとは思ってもいなかった。
しかしそれならば、部屋へ呼んだ理由は自ずと明らかになってくる。

仕返しだ。
辞職して途方に暮れている梅原を呼びつけ、嘲り笑って嬲ろうという趣向に違いない。

梅原は腹を据えた。

(少しお灸を据えてやるか)

今や天涯孤独ともいえる状況の梅原に、恐れるものは何もない。
仲間のMRたちへの置き土産にも、英子の陰湿な弱い者いじめをやめさせたい。

梅原は近づいてきた英子の後ろ襟をつかむと、そのままベッドに放り投げた。

「キャッ!」

英子は三十八歳とは思えない可愛らしい悲鳴をあげ、うつ伏せのままベッドの上に倒れこんだ。
梅原はそのまま英子の首筋を押さえつけ、バスローブの裾を捲り上げた。

ブルーのショーツを穿いた尻が丸出しになった。
その小さな三角形の縁からは、白い柔肉がむっちりとはみ出している。
英子が足をばたつかせるたび、その肉厚な尻はブルンブルンと弾んで揺れた。

「先生、こんなに魅力的なお尻をしているのに、どうして女らしい優しさを持てないんですか?」

梅原はむらむらする欲情を抑えながら、初めて英子に意見した。

「わがままばかり言わないで、少しは人の心を思い遣る気持ちを持ちなさい」

うつ伏せの耳元でそう囁くと、戒めと辱めを与えるため、ピチャッと剥きだした尻を軽く叩いた。
英子の体がピクッと震えた。

(さあ、後は逃げるが勝ちだ)

恨みつらみもすっかり晴れた梅原は、ベッドから下りてあたふたとドアに向かった。

「ダメ、帰っちゃダメ」

突然背後から聞こえた切羽詰まった声に、梅原は驚いて振り返った。

見ると、目に涙を湛えた英子が、髪を振り乱してばたばたと駆け寄ってくる。
慌てた梅原は急いでドアを開けようとしたが、追いついた英子に腕を力任せに引っ張られ、そのまま室内に連れ戻された。
バランスを崩した梅原はふらふらとよろけ、英子と抱き合うようにベッドへ倒れ込んだ。

英子は、まだ何が起こったかわからずに呆然とする梅原の首に抱きつき、何度も何度も熱い口唇を重ねてきた。

(な、何だ?)

そして動揺する梅原の腕の中に、英子はするっと体を滑り込ませてしがみついた。

「強い男に抱かれたい…」

英子は弾む息の合間、伏し目がちにそう呟いた。
女傑らしからぬ告白だった。 
梅原は英子から初めて女の匂いを嗅ぎ取った。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : エッチな同人誌、同人ソフト
genre : アダルト

『捨 て 犬』  第九章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(九)

九〇九号室。
落ち着いた色合いの絨毯が敷き詰められた廊下の奥に、そのプレートが掛けられた部屋があった。

薄暗い照明の下、梅原はドアの前に佇んでしばらく中の様子を窺ってみた。
だがさすがに一流ホテルだけあって、中からは物音ひとつ漏れてこない。

(俺はもう会社を辞めるんだ。何があったとしても、誰にも迷惑をかけることはない)

ややもすれば、鬼婆女医の英子に怯みそうな心を、梅原は懸命に奮い立たせた。

しかしその励ましは諸刃の剣で、同時に梅原の心の傷をより深々と抉った。

(別に俺がどうなったとしても、誰も困りはしないだろうしな…)

会社には梅原に代わる人材など掃いて捨てるほどいる。
二十五年間連れ添った妻にしても、保険金さえは入れば、むしろ梅原がいない方が楽だと喜ぶに違いない。

梅原は路地裏で行き倒れた捨て犬のような心境で、投げ遣りに部屋のベルを押した。

重厚なドアが開き、英子がその隙間から顔を出した。
シンポジウム会場で見た時と変わらない、美しい化粧を施した英子だった。

「うっ……!」

ワイングラスを片手に立つ英子の姿に目が釘づけになった。

「入りなさい」

梅原の動揺を小馬鹿にするような物言いは、いつも診察室で聞いている命令口調そのものだった。

英子はバスローブをまとっただけの姿だった。
厚手の記事の上からでもわかるほどの、ふくよかに迫り出した胸元と尻は、完熟した人妻らしいボディラインを描いていた。

その上、バスから出たばかりらしく、短めな裾から覗くむっちりとした太腿が、桜色に火照って艶めかしい。

戸惑いを隠せない梅原に、英子はワイングラスを高々と揚げて見せた。

「よく来たわね、暴力MRさん」

その皮肉たっぷりな言葉で、ロマンチックな熟女への妄想は一気に霧散した。

「何かご用ですか?先生」

梅原は冷静さを取り戻すと、執事のような丁重さで女王様に尋ねた。
英子は赤ワインで口唇を濡らし、優雅に含み笑いをした。

「会社を辞めるらしいわね」

「…ええ、理由はどうあれ、先生に手をあげたことを反省しています。男としてけじめをつけることにしました」

英子は背を向けて、窓に反射して映る梅原に問いかけた。

「でも再就職先はあるのかしら?」

「…それはこの先考えます」

「あなた、確かもう五十歳でしょう。その年でこの厳しい時代に、再就職先なんて簡単に見つかるの?」

「……」

英子はワイングラスをテーブルに置き、ゆっくりと梅原に歩み寄ってきた。

「ふふ、図星だったみたいね。実はあの雪の日、あなたが帰ったすぐ後、おたくの支店長に電話したの。あなたを辞めさせなければ、今後新東京薬品の薬は一切使用しないし、今日のシンポジウムも欠席するってね。そうしたらおたくの支店長、すぐ梅原を辞めさせますって約束してくれたわ」

「な、何故そんなことを…」

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : エッチな同人誌、同人ソフト
genre : アダルト

『捨 て 犬』 第八章

『捨 て 犬』

FC2 Blog Ranking

(八)

一瞬、会場を見回していた英子と目が合った。
慌てて視線を逸らしたが、英子は梅原を見つけるとつかつかと歩み寄ってきた。

(仕返し…か?)

梅原は無意識に身構えた。 
英子なら公衆の面前で殴りかかってきても不思議ではない。
しかし英子は梅原の正面に立つと、バックから紙切れを取り出して手渡した。

「きちんと話をつけましょう」

英子はそれだけ言うと、きっと梅原を睨みつけ、踵を返して再び人の輪の中に戻って行った。
英子の去った後、残された甘い香水の匂いに、梅原はしばし呆然とした。

手に握らされた紙に目を遣ると、そこには『九○九号室』とだけ書かれていた。

今夜シンポジウムが終わった後、簡単なパーティーが催される。
英子は家に戻らず、そのままこのホテルに泊まる予定なのだろう。

しかし話をつけるとなればただ事ではない。
英子のことだ。何か梅原への復讐を考えているに違いない。

支店長を同室させて土下座でもさせるのか、或いは弁護士を連れてきて慰謝料を取るつもりか、いずれにしても碌なことではないだろう。

だが梅原とて、ただの加害者ではない。
元を正せば、英子の人を人とも思わぬ侮辱が原因だ。
確かに手を出したことは悪いが、その償いは会社を辞めることで終わっている。

梅原はそう自らを勇気づけると、講演が始まったメイン会場を後にした。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5