FC2ブログ

『闇に抱かれて』  第十八章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十八)

智彦は美也子の耳元で囁いた。

「別に遠慮することはない。思う存分彼の体を温めてやりなさい」

「ああ…あなたは気が狂ったの?私のことをもう愛していないの?」

「愛しているさ。愛しているからこそ、こうしてマンネリ化してしまった夫婦生活に、新しい刺激を求めているんじゃないか。お前が彼に愛されたら、私たちの愛はもっと深くなるはずだ」

「あうっ…変態…知らないから…」

美也子の魔性は智彦の免罪符を得て、完全に理性を屈伏させたようだった。

美也子は、上半身を智彦の膝の上、下半身を晶の膝の上に横たえた。
トレーナーを智彦に脱がされ、パンツとショーツを晶に脱がされた美也子は、真っ白な裸身を灰暗い緑の闇にうねらせた。

「はあぁ…いやっ…二人でなんて…」

智彦に乳房を弄ばれ、晶に秘唇を指でねぶられた美也子は、もう抗うこともなく、初めて体験する異常な悦楽に身を蕩けさせた。

晶は美也子の両脚をV字に開き、そっと闇に紛れている秘唇に顔を埋めた。

「ああっ、だめ、だめよぉ…あなた、彼にオマンコ舐められているの…いや、おかしくなっちゃう…」

乳房が波立つほど息を荒げて、美也子は朦朧とした意識の中であらぬことを口走った。

悦楽園を彷徨っている美也子を残して、智彦は再び後部座席から運転席へ戻った。
そして運転席から絡み合う二人を覗き見ながら、痛いほど硬直した肉茎をしごいた。

大胆にも美也子は晶を後部座席で仰向けに寝かせて逆向きに跨った。
そして尻を晶の顔に押し当て、そそり立った肉茎を握った。

「あなた、彼の、凄く大きい」

美也子はもう淫魔に犯されていた。

「俺のよりか?」

「ええ…それに凄く硬い…ああ…」

智彦は声が震えるのを必死に抑えた。

「山岸のよりもか?」

「………」

「答えるんだ」

「ううん……山岸さんと同じぐらい……」

美也子は晶の肉茎をゆっくりとくわえた。

雄大にそそり立った肉茎が、美也子の愛らしい口唇に包まれていった。

智彦は嫉妬のあまり体が震えた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『闇に抱かれて』 第十七章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十七)

灰暗い闇の中、微かな緑色の光を受けて、晶の上半身が白く浮き上がった。
弛み切った智彦の体とは異なり、ギリシャ神の彫像のように瑞々しく引き締まっている。
磁石で引き寄せられるように、晶の体から美也子は視線をしばらく外せずにいた。

「美也子、ズボンも濡れているのか?」

「ええ」

「おい、シートが濡れるから早く脱げ」

智彦は晶により強い命令口調で言った。

「で、でも、奥さんの前では…」

「恥ずかしがることはないだろう。散々妻のパンツを覗いてきたくせに、自分のパンツ姿は見せられないのか?」

「あなた、そんな言い方しなくても…」

「いえ、ご主人の言う通りです。申し訳ありませんでした」

晶は座ったまま、濡れて肌に密着したジーンズを脱いだ。白いブリーフが現れた。
その中央は、巨大は肉茎がとぐろを巻いて膨らんでいた。

「ブリーフも脱ぐんだ」

「…はい」

晶は智彦の命令に従順に頷いた。
ブリーフを脱ぐと、とぐろを巻いていた大蛇が鎌首をもたげた。

「ほう、なかなか立派な持ち物だ。美也子、今まで覗かれていたお返しに、じっくりと観察してやれよ」

「んもう、あなたったら…」

美也子は落ち着かなく目線を泳がせていたが、ちらちらと何度か晶の肉茎を盗み見ているようだった。
智彦はごくんと生唾を呑み込んだ。

「次は冷え切った体を温めてやろう」

そう言うと、智彦は運転席を離れて後部座席へ移動した。
そして美也子を晶と挟む形で座った。

「あ、あなた」

美也子の瞳は警戒心を顕わにしていた。

「そうだよ。彼の冷たい体をお前の肌で温めてやるんだ」

「いやっ、そんなの嫌よ」

智彦は抗う美也子を背後から抱えかかえ、トレーナーを頭の上まで捲し上げた。
豊かな乳房が晶の目の前で弾んだ。
智彦は背中から両手を回して乳房を揉みながら、冷えた体のことなど忘れてじっと見入る晶に話しかけた。

「ガラス越しではなく、直に見る感想はどうだい?」

「はい、すごい迫力です」

「乳首を吸ってみなさい」

「いいんですか?」

晶は波打つ美也子の乳房を両手で覆うと、指の間から顔を出した乳首を口に含んだ。

「嫌、あなた止めさせて…ああ…」

言葉では抗いながらも美也子は、晶が乳房を強く吸うたびに全身を震わせ、智彦の腕の中で上半身を仰け反らせた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『闇に抱かれて』 第十六章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十六)

智彦は美也子の耳元で囁いた。

「おい、少年を見てみろ。傘もささずに頭からびしょ濡れだぞ。震えているよ」

「え、やっぱり…?大丈夫かしら」

美也子は、晶が来ることを半分期待しつつも、真冬の寒さで風邪をひくのを心配していたらしい。
智彦と抱き合いながらも、終始外の晶が気になって仕方ない様子だった。

コホンと智彦は咳払いをして言った。

「あれじゃ肺炎は間違いなしだ。可哀想だから少年を車に入れてやろうか」

一瞬美也子の体が強ばって瞳が揺れた。

「で、でも…」

「平気だろう。悪い奴じゃないみたいだし、このまま放って置くわけにもいかないよ」

「…し、仕方ないわね。あなたがそうしたいのなら…」

智彦はオートロックを解除して、後部座席に乗るように指で指示した。
ドアがスライドして、ルームライトが緑色の闇を破った。

頭からずぶ濡れの晶は寒さに震えていた。

「も、申し訳ありません…」

再び閉ざされた灰暗い闇の中、後部座席に座った晶は、かちかちと歯を鳴らしながらやっとそれだけを言った。

「まったく…君が僕ら夫婦を覗いているのは知っていたけど、何もこんな夜にまで来なくてもいいんじゃないか。そんなに妻の裸が見たかったのか?」

「あ、あなた、何を言うの?」

美也子は慌てて智彦の言葉を遮った。

「少年、妻のオマンコが見たいだろう?」

「…はい、おっしゃる通りです」

晶は消え入りそうな声で謝り、恥ずかしそうに俯いた。
すると美也子も、今までふしだらな痴態を晒してきた晶の告白に、羞恥の表情を隠すように俯いてしまった。

「おい、何か拭くものを貸してやれよ」

「拭くものって…あ、美彦がサッカーの練習に持っていくバックが積んであるわ」

美也子は助手席から後部座席に移ると、運転席の後ろにあるバックを開け、中からスポーツタオルを取り出した。

「まあ、震えが止まらないじゃないの。本当に凍え死んじゃうわよ」

気が動転しているのか、タオルを渡せばいいだけなのに、美也子は自分の子供を扱うように、晶の隣に座って頭を拭き始めた。

「す、済みません、奥さん」

「もう、本当におバカさんね。体が冷え切っているじゃない」

美也子は悪戯っ子に手を焼く母親に変わっていた。

「あなた、着ている服がずぶ濡れだわ」

「仕方ないな…濡れている服を脱がせろ。後部座席のエアコンをつけるから、濡れている服を乾かしてやってくれ」

「え?ええ…」

躊躇う素振りを見せながらも、隣でがたがた震える晶が放って置けず、美也子は皮ジャンを後部座席の背もたれに広げて干した。

「あら、中のシャツまでびしょ濡れだわ」

「いえ、このぐらい大丈夫です」

「だめだ。濡れた服を着ているのが、風邪をひく一番の原因になるんだ」

智彦は有無も言わさない口調で命じた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『闇に抱かれて』 第十五章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十五)

雨の降りしきる深夜、智彦はいつも通りに倉庫裏の公園近くに車を停めた。
灰暗い蛍光緑色の闇の中、遠く港を照らすオレンジ色の照明が、フロントガラスに滲んで幻想的な雰囲気を醸し出している。

助手席の美也子が、窓の曇りを指でなぞりながら言った。

「この雨、明け方には雪になるみたいよ」

グレイのトレーナーと、両脚にフィットしたベージュ系のパンツを穿いた美也子は、どこか落ち着かない表情をしていた。

「今夜はこの冬一番の冷え込みらしいよ。でも年の暮れはこんなもんだよ」

クリスマスにちなんだ歌のフレーズを口ずさみながら、智彦は早速トレーナーの裾から手を滑り込ませた。

美也子の肌は温かくて心地よかった。
重みのある乳房を掌に載せると、小さくたわんでゼリーのように震えた。

「ねえ、あなた」

いつもならここで吐息を漏らすはずの美也子だが、今夜はまだ悦楽の波に身を委ね損なっているようだった。

「どうした具合でも悪いのか?」

「ううん、あの、別に変な意味じゃないんだけど、今夜も彼は来るのかしら?」

美也子は頻りに窓の外を気にした。

晶の存在に美也子が気づいてから、今回でもう三回目の野外夫婦生活になる。
そのいずれにも晶はかぶりつきで参加した。

晶が危害を加えないとわかると、美也子も彼を挑発するかの如く大胆に振る舞うようになった。
助手席でお尻を付き出して自慰をしたり、晶が覗いている窓ガラスに秘唇を押し当てたりもした。

智彦は煙草に火を点けた。

「来ないだろう。こんな天気じゃ、覗く前に凍死してしまうよ」

「それならいいんだけど…」

美也子はほっとしたような、それでいて少し寂しそうな顔をした。

その時、雨音に混じってバイクのエンジン音が聞こえた。
車の後ろにバイクを停め、駆け寄ってくる人影がルームミラーに写った。

「あの子、来たんじゃないの?」

「ああ、お前の体を拝めるなら凍死も辞せずか…まるで覗きの決死隊だな」

「もう、あなたったら…」

女子中学生のように恥じらいつつ、美也子は智彦に抱きついて口唇を重ねて来た。

晶は助手席の窓から智彦に会釈した。
智彦は美也子に気づかれないように、右手を少し持ち上げて親指を立てた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『闇に抱かれて』 第十四章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十四)

送信者 tuzuki tomohiko
日時 2003年11月××日
宛先 akaboshi akira
件名 Re:凄かったです。

『こちらこそ有難うございました。
晶君が覗いでいるのを知ってからの妻の反応には、私も正直驚きました。
狂った妻は、初めて自分からフェラを求め、あろうことか禁断の四文字を口走りました。

私が知る限りの妻からは、全く考えられない淫らな行為です。
ショックでした。
でもあれが隠しつづけていた妻の本性なのかもしれません。

妻の行動と晶君のメールで、何故私が妻に強く嫉妬を覚えるのか、思い当たることがあるので書いてみます。

私と妻は社内恋愛の末に結ばれました。
入社以来、私は同じ職場にいた妻に魅せられていました。
しかし妻は当時、私の同僚である山岸とつき合っていたのです。

一度は諦めましたが、優秀な山岸はすぐに本社へ転勤となり、妻はあっさりと捨てられました。
私は迷いましたが、妻への恋心が再燃して交際を申し込みました。

過去にこだわるのが無意味であることは承知しています。

しかし晶君が指摘する通り、私は独占欲が強い男なのかもしれません。
今も時々、会社の全体会議などで山岸と顔を合わせることがあります。

そんな夜は、妻が山岸と愛し合う幻影に苛まれ、嫉妬の渦が巻き起こります。
昨夜の淫らな四文字も、山岸が妻の体に刻み込んだ一生消えない刺青に思えてなりません。

しかし晶君。

確かに嫉妬は被虐的な悦楽を生みます。
でもそれは、独占欲が裏切られた結果の副産物に過ぎません。
決して悦楽を求めるために、愛する妻を他人に委ねるのではありません。

できれば忌まわしい過去を消し去って、もっと妻を独り占めしたいのです。
その気持ちが強くなればなるほど、何故か私は、逆に妻を君に分け与えたい衝動に駆られます。
常に相反する感情が、私の心の中に同居しているわけです。

もう止しましょう。
やはりこれは私の心の問題で、晶君を巻き込むべきではありませんでした。

さて今後の予定をお話します。
最終的に私は、晶君と妻を共有する夢を抱いています。

そこで妻に晶君への抵抗感が失せるまで、しばらくこの状態を続けようと思います。
私たち夫婦の閨に晶君がいることが当たり前になるまで、もう少し覗きで我慢して下さい。
ではまたご連絡します。』

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『闇に抱かれて』  第十三章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十三)

日時 2003年11月××日
宛先 tsuzuki tomohiko
件名 凄かったです

『昨夜は有難うございました。
前回とは打って変わり、淫らに変身した奥様には吃驚しました。

私が覗いていると知りながら、豊かなヒップを惜しげもなく振り、最後には禁断の四文字まで連呼されました。

まさに淫乱天女です。
お陰様であの後、擦り剥けるほど自慰をさせて戴きました。

さて、ご主人が愛する奥様を他人に委ねようとする心理ですが、若輩者からは一般論しかお答えできません。
やはり奥様への嫉妬が暗い愉悦の源です。

特にご主人の場合、奥様への独占欲が強いのだと思われます。
ですから奥様が他人に体を晒した時、そして今後委ねるであろう時、身を焦がすような嫉妬に被虐的な愉悦を感じるでしょう。

でもそれは誰にでもある感情で、何故ご主人が強くその思いを抱かれているかはわかりません。

子供の頃のトラウマか、過去に奥様との信頼関係に傷ついたか―それはご主人だけがご存知のことです。
講釈はこのぐらいにして、またのお誘いを心待ちしています』

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『闇に抱かれて』  第十二章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(十二)

晶が覗いていた。
バックミラーを見ると、中腰になって後部座席の窓下から顔を半分だけ出している。

「ううっ!」

美也子は肉茎をくわえたまま、くぐもった悲鳴をあげた。

「しっ、騒ぐな。刺激しない方がいい。気づかないふりをしてそのまま続けるんだ」

「ん、ぐ、…襲われちゃうよ」

「大丈夫だ。ロックはしてあるし、すぐに車を発進させることもできる。それより見ろ。可愛い顔をしているぞ。まだ女を知らないんじゃないかな」

すっかり怯えていた美也子は、智彦の言葉に少しずつ平静を取り戻し、再び硬直した肉茎をゆっくり口に含んだ。
智彦は美也子の淫芯を指の腹で捏ねた。

「あ、ああ…だめ、見られていると思うとドキドキして…変な気持ち…」

「じゃあ、もっとよく見せてやろう」

智彦は肉茎をくわえさせたまま、助手席の窓に尻を付き出すように、美也子を四つん這いにさせた。

晶が助手席の窓へと移動してくる。
そのギラギラした目の前で、智彦はスカートを捲り上げた。
すでにショーツを剥ぎ取った下腹部に、秘唇を覆うものはなかった。

「ほら、丸見えだぞ」

かぶりつきの晶を意識しつつ、智彦は両手で尻肉を鷲づかみにして左右に押し開いた。

「んぐぐ…いやん…」

窓ガラスを挟んで僅か数十センチ―緑色の仄暗い暗闇の中、美也子の秘唇がぱっくりと晶の鼻先で開花した。

晶は大きく目を開いて小刻みに体を動かしている。
ドアに隠れて見えないが、己の肉茎をしごいているようだった。

「おい、お前を覗きながら少年がオナニーしているぞ」

「ううっ、いや、いやよぉ」

美也子は羞恥に身悶え、智彦の肉茎を狂ったようにしゃぶった。
智彦は美也子の痴態に満足しつつ、四つん這いの下腹部から秘唇へと指を這わせた。

「あっ、ああん」

「貞淑な妻だと思っていたのに、こんなに淫らな女だったとはな」

智彦は左手で乳房を揉みしだきながら、右手で荒々しく秘唇を嬲り回した。

「だって…いい、気持ちいいの…」

淫ら火を子宮に灯した美也子は、血走った晶の目の前ではしたなく腰を左右に振った。

「はあぁ、も、もういっちゃう…ねえ、美也子のオマンコいっちゃう…いくぅぅぅ」

体を激しく震わせた美也子は、うずくまるように崩れ落ちた。
荒い呼吸に丸まった背中が大きく波打っている。

ふと我に返った智彦は、窓の外にいる晶へ目配せした。
晶は名残惜しそうな表情で、ぺこりと頭を下げると車から離れて行った。

智彦はしばらく放心状態だった。
美也子が智彦の前で初めて叫んだ女性器の隠語が、ぐるぐる頭の中を駆け巡っていた。

無意識に口走ったのだろうか、使い慣れない言葉が咄嗟に出るはずもない。
だとすれば絶頂を迎えた時、そう絶叫するように美也子を仕込んだ男がいたのだろうか。

遠くでバイクの音がした。
智彦は恐る恐る美也子を見た。
智彦の知らない妻がそこにいた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5