FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蟻地獄』 第十三章

『蟻地獄』
十三

缶ビールを和彦はあおった。
半月ほど前、二人は沖縄出身ミュージシャンのコンサートへ行った。

ところが、佳美が帰ってきたのは深夜の十二時を回っていた。
コンサートが終わって、川崎と食事をして話し込んでしまったと言う。

(おそらく・・)

コンサートで意気高揚した男と女が、食事だけで収まるわけがない。
すでに佳美と川崎は、男と女の関係になっているに違いなかった。

だが責めるつもりはない。
和彦は改めて佳美を愛おしく想った。

川崎に抱かれる佳美を毎晩のように夢想した。
その黒い愉悦は和彦の体を蝕んで行った。
そしていよいよ今晩、待ち望んだ二人の情事を目の当たりにできる手筈になっていた。

和彦には計画があった。
川崎を誘ったのも、昼からビールを飲んでいるのも、佳美と川崎の情事を見守るためだった。

(もう引き返すことはできない)

むしろ和彦は、夢想ではなく、現実に蟻地獄を滑り落ちる悦びに身を震わせた。

その夜、三人での宴が始まった。
関東飲料は、海岸沿いに建つリゾート・マンションの四部屋を保養所として所有していた。

和彦は十三階の隣り合わせになった二部屋を予約した。
一部屋は和彦夫妻用、そしてもう一部屋は川崎用だった。

宴会には川崎の部屋を使うことにした。
泡盛と簡単な手料理を並べた佳美は、相模湾に向いたリビングのサッシを開けた。

「ねえパパ、海が真っ暗で怖いわ」

昼間ビールを飲み過ぎた和彦は、ソファに寝転がってテレビを見ていたが、佳美に呼ばれてバルコニーへ出た。
昼間は風光明媚な海辺の景色も、夜ともなれば、空との境もなく一面の闇に変わっていた。
つづく…
「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『蟻地獄』 第十二章

『蟻地獄』
十二

伊豆半島。

真夏の海岸は、家族連れや若いカップルの海水浴客で賑わっていた。
ぎらぎらと照りつける陽射しの中、色取り取りの水着をつけた男女が、思い思いに開放的な休日を楽しんでいる。

ビーチパラソルがつくる僅かな日陰で、和彦は寝転がって缶ビールを飲んでいた。

「パパ、もう飲んでいるの?」

「早いなあ・・課長、まだ午後一時ですよ」

ゴムボートを借りてきた佳美と川崎が、呆れた表情で和彦に文句を言った。

真っ赤なビキニをつけた佳美は、日焼けした肢体を惜しげもなく晒している。
深い谷間をつくる迫り上がった胸元、くっきりとくびれた贅肉のないウエスト、そしてきゅっと締まったヒップは、まだ十代でも通用する初々しさを湛えていた。

また川崎も、トレーニングジムおたくと豪語するだけあって、筋肉質な長身と割れた腹筋が逞しく見えた。

ぶよぶよした白い腹の和彦は、拗ねた子供のように口を尖らせた。

「ふん、年寄りが海へ来ても酒を飲むしかないだろう」

「もうパパったら・・お酒を飲んだら海に入れないじゃない」

「いいよ、ここで荷物番をしているから泳いできなさい」

その言葉を待っていたのか、二人は子供のようにはしゃぎながら、ボートを持って波打ち際へ走って行った。
和彦と佳美は、伊豆にある会社の保養施設を利用して、お盆休みを海辺で過ごすことにしていた。

「おい、川崎も誘ってやろうか?」

「そうね、彼がいたら楽しくなるわね」

和彦の一言に佳美も同意した。実家の北海道へ帰りそびれた川崎は、遠慮しながらも一緒に伊豆までついて来たのだった。

佳美が乗るボートを川崎が泳いで沖へと押して行く。
何を話しているのかわからないが、二人の楽しそうな笑顔が、きらきらと光の粒子をまとった波間で揺れている。
つづく…
「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『蟻地獄』 第十一章

『蟻地獄』
十一

佳美の川崎を見つめる瞳が潤んでいる。
川崎もまた、熱い視線を年上の佳美へ注いでいる。

(奥さんが理想の女性です)

会社での純真で澄んだ好青年の目は、佳美への欲情をたぎらせた狩人の目に変わっていた。
ラジコン・ヘリに託けて、上司の妻を狙っているのは明白だった。

まるで恋人同士が語らうように、佳美と川崎は仲睦まじく語らい合っている。
もはや二人が恋に落ちるのは時間の問題だろう。
そして若い肉体を絡ませ合うのも、さほど遠い日ではあるまい。

和彦はふっと自嘲気味に笑みを浮かべた。

(これでいいんだ・・)

失意の中、恋人だった由香の淫らな姿態が脳裏をよぎった。
刹那、全身の血液が嫉妬で熱くたぎった。

(いや違う・・俺はずっとこの日を待ち侘びてきたんだ)

人間不信など言い訳に過ぎない。
別れても和彦は由香を想い続けた。

松浦に寝取られた由香を夢想して、和彦は嫉妬に身悶えながら自慰を繰り返してきた。
由香が残してくれた黒い愉悦に、身も心も奴隷のように服従してきたのだ。

佳美と結婚した日から、ずっと和彦は裏切られる日を夢見てきたのかもしれない。
川崎が部下として現れた日から、無意識に佳美へ近づけようとしてきたのかもしれない。

それが和彦の愛なのだ。
和彦を裏切ってくれる佳美に、和彦はずっと恋焦がれてきたのだ。

(いいんだよ佳美、川崎に抱かれるお前を愛しているんだ)

和彦の肉茎は痛いほど怒張していた。
由香を寝取られて以来、嫉妬と言う悦楽の蟻地獄へ、和彦はゆっくりと滑り落ちて行くのを感じた。
つづく…
「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『蟻地獄』 第十章

『蟻地獄』


ダイニングに戻った佳美は、川崎の隣に座ってまた仲良く話し始めた。

「川崎君、今度彼らのコンサートへ一緒に行きましょうよ」

「いいですね・・あ、でも課長は知らないですよね」

「うん、パパはフォーク世代だからね・・ねえパパ、川崎君と二人でコンサートへ行ってもいいでしょう?」

甘ったれた鼻声で、佳美はリビングにいる和彦に聞いた。
ラジコン・ヘリを磨く手が震えた。

(ついに来るべき時が来たか・・)

結婚を機に、芸能界を引退する女優はたくさんいる。
だがそのほとんどは、目映いスポットライトが忘れられず、再び銀幕の世界へと戻って行く。

色恋乱れる夜の社交界に疲れた佳美は、ごく平凡な女の暮らしに憧れていた。
そこへたまたま和彦が通りかかった。
ごくありきたりなサラリーマンの和彦は、まさに佳美のイメージ通りの共演者だったのだ。

だが蝶は蟻にはなれない。
まだ若い佳美には、華やかな恋への未練が残っているに違いない。

和彦は口唇を戦慄かせた。

「ああ、いいよ・・楽しんでおいで」

にこっと笑いをつくった和彦は、再びラジコン・ヘリを磨き始めた。

許さなければならない。
分不相応な女を娶った凡夫の宿命だと、和彦は自分に言い聞かせた。

飛び疲れた夜の蝶が、和彦と言う枝で羽根を休めただけなのだ。
癒された蝶が、再び飛び立つのを誰も止められない。

佳美の新たな旅立ちを見守ってやろう。
一時でも若い肉体を独り占めできた喜びを、奇跡と墓石に刻むことで満足すべきだろう。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『蟻地獄』 第九章

『蟻地獄』


和彦はまじまじと佳美の顔を見つめた。長い睫毛を伏せた佳美は、顔を真っ赤にしてもじもじと膝をくねらせた。

「好きになっちゃったの・・」

「ちょ、ちょっと待って・・俺はもう四十過ぎだよ。こんなオジサンをからかってどうするの?」

ところが佳美は、慌てる和彦を畳へ押し倒すと、腹の上に馬乗りになった。

「本気だもん」

勢いよく服を脱ぎ捨てた佳美は、組み伏せた和彦に熱い口唇を押し当ててきた。
和彦は佳美の魅惑的な肉体に翻弄された。
女から遠ざかってきたが、二十代後半を迎えた旬真っ盛りの女肉は、木石をも蕩かす魔力を秘めていた。

「ど、どうして・・?」

夢かと紛う悦楽の中、和彦は喘ぐ替わりに疑問を訴えた。

「好きだから・・好きになるのに理由なんかないでしょう?」

きっぱりと言い切った佳美は、和彦の腰に跨って激しくヒップを振った。
こうして佳美のペースで恋愛は進み、和彦は狐につままれたまま、結婚へと寄り切られたのだった。

(何故俺を選んだのか・・?)

新婚生活が始まっても、和彦の疑惑は頭から離れることがなかった。
それに拍車をかけたのが佳美の良妻ぶりだった。

「私、専業主婦になるのが夢だったの。早くパパの子供が欲しいなあ」

派手で遊び好きな悪妻だったら、自分を都合よく利用したかったのかと、逆に和彦も納得できたのかもしれない。
ところが佳美は、贅沢は週一回のエステ通いぐらいで、庭の花づくりが趣味の慎ましい生活を好んだ。
ますます佳美への不信は、心の奥深くへ根を張って行くのだった。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『蟻地獄』 第八章

『蟻地獄』


記憶が蘇る。
初めて佳美と逢ったのは、業者に接待されて行った銀座の高級クラブだった。

「あまりお話されないんですね?」

ドレス姿の佳美が、居心地が悪そうな和彦に尋ねた。

「申し訳ありません。こういうところにあまり慣れていないもので・・」

「うふふ、捕って食べたりしませんから、ゆっくりと飲んでいただければいいんですよ」

その美しい容貌から、和彦は佳美がこの店のトップだとすぐにわかった。

「あの、私は大した客じゃないから、気にせず他のお客さんのところへ行って下さい」

佳美は一瞬ポカンとしたが、じっと和彦の顔を見つめると大笑いした。

「高山さんって面白い方なんですね!」

すっかり佳美に気に入られた和彦は、それから時々クラブの同伴に誘わるようになった。
ずっと独身で小金を貯えていた和彦は、人助けだと割り切って佳美につきあった。

そして半年経った頃、店がはねた佳美が突然和彦のアパートを訪ねて来た。

「こ、こんな夜更けにどうしたの?」

「高山さん、ちょっと相談があるんだけど・・」

お茶を淹れながら、和彦は住まいを教えてしまったことを後悔した。
若いホステスの相談と言えば、ホストに貢ぐ金の無心に違いない。

ところが佳美は意外なことを言った。

「私ね、もう夜の仕事を辞めようと思っているの」

「・・そうか、好きな男ができたんだな」

和彦は内心ほっとした。
佳美に頼まれて通っていた分不相応なクラブとも、これで縁が切れる。

「うん、私をお嫁さんにしてくれないかしら?」

「・・えっ?」
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『蟻地獄』 第七章

『蟻地獄』


料理を終えた佳美がキッチンから出てきた。

「さあて、私も飲んじゃおうかな」

「おっ、いよいよ大酒豪のお出ましですか?」

泡盛のボトルを手にした佳美を川崎が茶化した。

「ええ、飲むわよ。パパも飲むでしょう?」

「あ、ああ」

やっと存在に気づいてくれたのか、佳美は和彦のところへロックの泡盛を持ってきてくれた。

ピンクのTシャツとショートパンツに、子猫柄のエプロンをつけた佳美は、昼間の住宅地とは思えぬ艶めかしいフェロモンを放っていた。
Tシャツを押し上げる豊かな乳房が歩くたびに弾み、すらっと長く伸びた生足が惜しみなく晒されている。

和彦はため息をついた。
四十代半ばの和彦には、目の遣り場に困る格好だった。しかも川崎という若い青年の前である。

「佳美、ちょっと派手過ぎるんじゃないか?」

「あら、別に平気よ。私はパパが興奮してくれればいいの」

若い佳美は一向にお構いなしで、川崎から見えないように和彦の股間をそっと触った。
肉茎は硬直していた。

「ほらね・・川崎君が帰ったら、たっぷり可愛がってあげる」

きゅっと締まった小さなヒップを振りながら、佳美は勝ち誇ったようにダイニングへ戻って行った。
その後ろ姿に和彦はまたため息をついた。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『蟻地獄』 第六章

『蟻地獄』


千葉県津田沼市。
駅から徒歩で十五分離れた住宅地に、和彦が昨年購入した一戸建ての新居があった。
猫の額ばかりの庭には、もうつぼみをつけた朝顔が、勢いよく伸びる蔓をフェンスに絡ませている。

梅雨明けも近い土曜日の昼、高山家は賑やかな笑い声で溢れていた。
川崎が遊びに来ていた。

和彦が新しく買ったラジコン・ヘリが見たいと言う。
ところが自慢のヘリなどどこ吹く風、ビール缶片手に妻の手料理を貪っている。

「奥さんの手料理は最高です!」

「いやねえ、母に教わっただけだから田舎料理ばかりよ」

「それがいいんです。侘しい一人暮らしには、おふくろの味が一番うれしいんですよ」

「でも川崎君は北海道出身でしょう。私の沖縄料理が口に合うかしら?」

「ヘルシーな沖縄料理はブームですよ。でもこのゴーヤチャンプルー、店で食べるのよりよっぽど美味しいです」

川崎は料理を頬張りながら、ダイニングテーブルでキッチンの妻と話している。
そんな光景を横目に、和彦は独りリビングのソファで、忘れられたラジコン・ヘリを手慰みに磨くしかなかった。

会話は和彦を無視して続く。

「僕は沖縄出身のミュージシャンが大好きなんですよ」

「あら、私もよ。故郷の匂いがして帰りたくなっちゃう」

そのミュージシャンの話題で、二人の会話はますます盛り上がっていく。

疎外感が和彦を襲う。

(若い者同士で話が合うんだろうな)

和彦はまったくついていけないが、三十路を越えたばかりの佳美には、川崎と世代観が重なる部分があるのだろう。

佳美の笑顔が眩しい。
瓜実形をした小さな顔の輪郭が、肩まで伸びたダークブラウンの髪で飾られている。

きりっと吊り上がった柳眉、長い睫毛にくっきりと縁取られた悪戯っぽい瞳、そして端正な鼻梁と艶を含んだ口許には、まだ二十代半ばで通用する瑞々しさを保っていた。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。