FC2ブログ

『女帝陥落の淫夜』(十四)

『女帝陥落の淫夜』(十四)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

カーテンを開け放した窓の外は、もうすっかり夜の帳に包まれていた。
昼間ならば太平洋の荒海が一望できるこの部屋も、今は不気味な虚無の闇にすっぽりと覆われている。

南房総の先端に位置する白浜の海岸沿いに建つ高層リゾートマンション。
ここ4LDKの間取りを持つ十五階の一室は、夢創社が従業員の保養施設として保有していた。

月曜日の夜七時、康平は広いリビングのソファで一人煙草を吸っていた。
鍵の掛かっていないドアの開く音がして、忙しい足音とともに恵美が一人で現れた。

「秋葉君、どういうつもりなの? 私を保養所へ呼び出したりして」

「済みません。今日は白浜店の視察に来られていると聞いたものですから」

冷徹な口調でそう答えた康平は、恵美をソファへ誘った。

「それと、一週間も研修で東京へ行くなら、前もって私に連絡して欲しいのよ。代わりの立川室長では要領を得なくて・・」

「申し訳ありませんでした。急に決まったものですから」

康平は深々と頭を下げた。
役員会の後、康平は研修と称して一週間会社へ出勤しなかった。
だがそれは表向きの理由で、裏では立川の密命を受けて動いていたのだった。

濃いグレーのスーツを着た恵美が脚を組んだ。
タイトスカートからむっちりと白い太腿が覗く。

「で、用件は何なのかしら?」

「はい、店舗買収に関して重要な情報を入手しましたので、それをお耳に入れたくてご足労願った次第です」

「それならわざわざ保養所まで来なくてもいいじゃない」

「ちょっと会社ではお聞かせできない話で」

康平は鞄から小さなラジカセを取り出してテーブルの上に置いた。
そして再生ボタンを押すと、さりげなく恵美の隣に腰かけた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十三)

『女帝陥落の淫夜』(十三)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

恵美の貞操にほっと安堵した康平は、取り残された岡平の様子を窺った。

「下手に出ればつけあがりやがって。金蔓でなければぶん殴っているところだ」

岡平は恵美の後姿を見送りながら、チッと舌打ちして本音を吐いた。
そしてふてくされた足取りで、忌々しげに自分の事務所へと戻って行った。

康平は急ぎ会社にいる立川へ電話した。

「・・と言うわけで、室長が推測された通り、恵美社長は岡平に想いを寄せているようでした。でもホテルへの強引な誘いは断られました。恵美社長は立派に操を守られたのです。決して室長が邪推するような淫ら女ではありませんでした」

「何だ、秋葉君。僕の推測が外れて嬉しそうじゃないか?」

「い、いえ、そんなわけじゃ・・」

「まあいい。体の関係はないにしても、恵美社長は岡平に操られている。しかも完全に金目当てでだ。よし、早く木更津へ戻って来い。次の作戦を練ろう」

立川の電話が切れた。

まったく人使いの荒い上司だとぼやきながらも、スキップしたいような心の軽さで、康平は幕張駅に向かって歩き始めた。
立川がいかなる作戦で投資を止めさせるか知らないが、今夜のところは恵美の貞操が守られたことに、ただただ安堵する康平だった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十二)

『女帝陥落の淫夜』(十二)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

恵美の命令に表向き従いながらも、康平は運転手を先に帰すと、幕張のイタリア料理店へ向かう二人を尾行した。これが昼間立川から与えられた指示だった。
幸い岡平と恵美は、街路樹が茂る公園から見通せるレストランの窓際で食事を始めた。

赤ワインを傾けながら楽しそうに食事する岡平と恵美。
もはや女社長の威厳は失せ、恋する乙女のように恵美は岡平の顔を見つめている。
康平はぎりぎりと歯噛みをしながら、二人の会食を街路樹の陰から監視し続けた。

岡平と恵美の関係を疑う立川の推測は正鵠を得ていた。
言葉巧みに近づいてきた岡平に、未亡人の恵美は身も心も服従させられているのだ。
そうでなければ、あんな無謀な投資話を受ける道理がない。

「もしそれが事実だと証明できれば、恵美社長を岡平の洗脳から解放して会社を守ることができる」

策略家タイプの立川は、最悪のシナリオまで予想しているようだった。
会食後、もし二人がホテルへ行くようならば、その決定的な瞬間をフォーカスしろとも康平は厳命されていた。

やがて食事を済ませた岡平と恵美は、レストランを出て何やら言い争いを始めた。
康平は夜陰にまぎれてそっと近づいた。

「今夜君を抱きたい」

「こ、困ります・・私はそんな・・」

「正直になりなさい。君は僕が欲しくて仕方ないはずだ」

「・・そうかもしれません。でも今はまだ夫をことが・・」

強引にホテルへ誘おうとする岡平、そして亡夫の呪縛から逃れられない恵美。

「好きなんだ」

「ごめんなさい・・もう少し時間を下さい」

恵美は岡平の手を振り解くと、駅へ向かって走り去った。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十一)

『女帝陥落の淫夜』(十一)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

立川の話では、由紀夫の没後、岡平は経営コンサルタントとして夢創社に乗り込んできた。
事実かどうかわからないが、生前から由紀夫が懇意にしていた言う触れ込みだった。

スーパー業界に暗い主婦上がりの恵美は、以後何ごとも岡平に相談するようになった。
もちろん今回の買収話も、岡平が恵美に持ち込んだものだった。

康平は恵美の隣で買収案件の説明を聞きながら、岡平の胡散臭さを拭うどころか、いっそうその思いを深めていった。

「・・そういうわけで正式な契約は、売り手の整理もありますから、七月一日ということにしましょう」

「わかりました」

恵美が承諾すると、再び岡平は手を取って愛撫を施すかのように摩った。

康平はかっと頭に血が上るのを覚えた。

(くそっ、こいつ殴ってやろうか)

そう思いかけて康平ははっとした。
恵美の手を握る岡平を嫉妬する自分に気づいたからだった。

康平は慌てて感情を掻き消した。
いくら秘書として毎日仕えているとは言え、恵美は八歳も年上で、昨年夫を亡くしたばかりの未亡人だ。
いくら熟女マニアの康平でも、それだけは許されない想いだった。

打ち合わせが終わると、岡平は恵美を食事へ誘った。
恵美は切なげな瞳で何故か康平を見た。
だがすぐに瞳を閉じると、少女のように顔を赤らめて岡平の申し出に小さく頷いた。

恵美は康平の顔を見ずに命じた。

「秋葉君、車を使っていいから先に帰りなさい」

「し、しかし・・」

「いいから、言う通りにしなさい」

「・・はい」

康平は、岡平に恵美を委ねることに焦燥感を覚えた。
だが社長命令には逆らえない。
岡平の顔を睨みつけると、恵美を残して渋々と事務所を後にした。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(十)

『女帝陥落の淫夜』(十)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

何故か恵美は悲しげな翳りを顔に浮かべ、車窓の外を流れる夕景に目を遣った。
遠く幕張の高層ビル群が見えてきた。
康平は恵美の真意が読めず、ただ沈黙することしかできなかった。

恵美と康平が向かった先は、幕張の近代的なビルに間借りした小さな事務所だった。

『千葉流通研究所』

パーテーションで仕切られた応接室へ案内されると、ティーパックとすぐに見分けがつく安物のお茶が運ばれてきた。
しばらくして事務所の主が現れた。

岡平弘樹、五十二歳。
日焼けした顔に黒々とした太い眉、そしてがっちりした体格の岡平は、年に似合わぬエネルギッシュな精悍さを発散させていた。

「奥様、わざわざ幕張までようこそ」

岡平は、歯が浮くような台詞を気障ったらしく身振りをつけて喋った。

「いつもお世話になっています」

恵美はしおらしく頭を下げた。

「おや、こちらの方は?」

岡平はじろじろと康平の顔を眺めた。

「私の秘書をしている秋葉です」

「初めまして。秋葉と申します。宜しくお願いします」

名刺を受けながら、岡平は康平の顔を覗き込んだ。

「はて、似ているなあ・・お、それはそれとして奥様、いえ、社長、役員会は上手く運びましたか?」

「はい、ご指導戴いた通り、主人のことを話しましたら、すっかり反対派の役員達は沈黙してしまいました」

「それは良かった。これで夢創社の未来は開けます。亡きご主人もさぞ喜んでいることでしょう」

岡平は馴れ馴れしく恵美の手を握った。
やはり立川が心配した通り、恵美を操っている黒幕は岡平のようだった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(九)

『女帝陥落の淫夜』(九)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

降り続いた雨も夕方には上がり、車窓から臨む工業地帯の空には、梅雨時に珍しく暗紅色の夕焼けが広がっていた。
康平は、幕張へ向けて走る社長車の助手席に乗っていた。
もちろん後部座席では、社長の恵美が経済誌に目を通している。

「秋葉君、今日の役員会議事録はいつできあがるの?」

「はい、本日中に文章の校正を済ませ、明朝各役員から押印頂く予定になっています」

「そう、買収契約に議事録は必要だから覚えておいてね」

「はい」

康平は後ろを振り返り、ちらっと恵美の顔を見た。
そこには役員会と見違えるような恵美がいた。

銀縁の眼鏡を外した円らな瞳には、朝の怜悧な鋭さは失せ、女らしい温かみのある優しさが溢れていた。
そして鮮やかなルージュを引いた口許には、艶かしい熟女の魅惑さえ漂わせている。
とても小学生の子供がいる未亡人とは見えない恵美に、康平は鼓動が高鳴るのを覚えた。

恵美は優しい口調で尋ねた。

「私の秘書になってもう半年ぐらい経つのかしら?」

「いえ、まだ三ヶ月目です」

「あらそうだったかしら。ねえ秋葉君、今日議論になった五億円の投資、あなたはどう思っているの?」

核心をつかれて康平はどきっとした。

「わ、私は・・」

「正直に言ってごらんなさい。あなたは反対派の立川さんの部下だけど、自分の意見を言うことは大切なことよ」

「はあ・・私も今回の投資には反対です」

「どうしてかしら?」

叱られることを覚悟していた康平だが、意外にも恵美は穏やかに問い返してきた。

「社長が提案された通り、将来を考えると東京進出は必要だと思います。しかし今回の案件はちょっと胡散臭いような・・」

「胡散臭いですって?」

恵美の口許がヒクッと引き攣った。

「す、済みません。口が過ぎました」

康平は慌てて助手席から頭を下げた。

「・・別に構わないわ・・それが大半の社員の意見でしょうから・・」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(八)

『女帝陥落の淫夜』(八)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

六人の役員は、由紀夫が手塩にかけて育ててきた会社創成期からの生え抜きだった。
その恩義ある由紀夫から、東京進出の夢は耳にたこができるほど聞かされていた。
時期と方法に異論はあっても、由紀夫の夢を否定することはできないのだ。

そこを恵美は巧みに突いた。
東京進出に反対すれば、前社長に弓を引くことになるよう仕向けたのだ。

康平はお茶をすする立川に聞いた。

「この先、夢創社はどうなるんですか?」

「役員会で決議されたとは言え、投資案件の契約にはまだ時間がある。その間に何とか恵美社長を思い留まらせれば、会社の危機は免れることができる」

「なるほど」

「ところが恵美社長を思い留まらせる手段がない。どうしてあそこまであの投資案件にこだわっているのかなあ?」

「それは東京進出が由紀夫社長の夢だったからでは?」

「秋葉君、よく考えてみたまえ。東京へ出るだけなら、他にももっと安い物件があるじゃないか。それなのに社長は、コンサルタントの岡平が持ってきた五億円の物件ばかりに・・」

ふと立川は首を傾げた。

「岡平・・岡平・・まさか恵美社長が・・いや、でもあり得ないことではないな・・」

普段はただの五十過ぎのオヤジだが、考え込んだ時の立川には迫力がある。

「秋葉君、確か今日の夕方、恵美社長は岡平と会う約束をしているよな」

「ええ、投資物件の打ち合わせが入っています。私も社長と同行しますが・・」

「好都合だ。ちょっと耳を貸したまえ」

立川は周囲を確認してから康平に耳打ちした。

「え・・まさか・・そんな・・」

突拍子もない立川の話に、康平は思わず空の湯飲みを畳に落とした。

「可能性のひとつとして考えられることだ。座して死を待つよりはましだろう」

立川はそう言い切ると、途惑う康平の肩をポンポンと軽く叩いて笑って見せた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『女帝陥落の淫夜』(七)

『女帝陥落の淫夜』(七)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

一方恵美は、苦虫を噛み潰したような顔で反論を聞いていたが、堪忍袋の緒が切れたのか、突然バンと机を叩いて立ち上がった。

「揃いも揃って何を躊躇しているの? 競争が厳しいこの時代に、何も手を打たないで生き残れると思っているの?」

ヒステリックに恵美は叫んだ。

「社長、聞いて下さい。今の夢創社には・・」

いよいよ立川が応戦すべく立ち上がった。
だが恵美は、あえて立川との議論を避けて着席し、静かに目を瞑って役員達に語りかけた。

「東京進出は主人の夢でした。主人はその夢を皆に託して世を去りました。ここまで会社を育ててくれたのは主人です。残された私達にできる恩返しは、主人の夢を叶えることだけです」

役員は全員口を噤み、壁に掲げられた由紀夫の遺影を見上げた。
フォーク歌手のように髭を蓄えた由紀夫が、温厚な瞳で静まり返った役員室を見守っている。

恵美は再び口を開いた。

「皆この投資に賛成してくれるわね?」

「・・はい」

顔面を蒼白にした役員達は、突然態度を翻して恵美の前に屈した。
旗振り役の立川も黙って俯くばかりだった。

役員たちの豹変に康平は唖然とした。
だがこうして役員会は終了し、地域スーパー夢創社の東京進出は可決されたのだった。

役員会終了後、康平は立川に誘われて近くの定食屋へ昼食に出かけた。

「室長、どうして役員達はあそこで腰砕けになってしまったんですか?」

焼き魚定食を食べながら康平は憤りをぶちまけてみた。

「恵美社長が思ったよりも強かで、我々よりも一枚上手だったからだよ」

白髪頭を掻きながら、立川は反対派の敗因を分析した。

「まさかあそこで先代社長の夢を持ち出してくるとはなあ」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5