FC2ブログ

『独りぼっちの部屋』・・・最終章

『独りぼっちの部屋』
  最終章
FC2 Blog Ranking

隠れていたふしだらな悪魔が、小枝子の口を借りてその本性を露にした。
そして隆正を挑発するように、小枝子は自分から激しく腰をくねらせる。
隆正は魅入られたように、小枝子の陰部にいきり立った肉茎を突き立てた。

「あっ、あっ、気持ちいいっ!」

隆正にしがみついて、小枝子は狂ったように顔を左右に振った。
瞳は吊り上って三白眼となり、口許からはだらしなく唾液を垂らしている。

(これが小枝子か・・)

悪魔に憑依された小枝子を怯えながらも、下腹部の漲りは決して萎えようとはしなかった。
千切れるほどに揺れている乳房。
汗で密着する肌と肌。
濡れた花唇を蹂躙し続ける肉茎。
隆正の背中に回した小枝子の指が、爪先を立てて肉を抉り取っていく。

「うぐぐぅぅ・・め、捲れ返っちゃう・・あああぁぁ・・いくぅ、いっちゃう・・あ、あなた、私を離さないで!」

小枝子は首をぐんと背後に反らせると、下腹部をぴくっぴくっと何度か痙攣させ、死後硬直のように肢体を強張らせた。
逝った小枝子を見送った隆正は、避妊具もつけず、離すまいと締めつける秘奥へと射精した。

「女・・か」

そう最後に呻くと、隆正は小枝子の体にぐったりと覆い被さった。
荒い呼吸だけが部屋に木霊している。
もう隣の嬌声も聞こえない。

二人きりの部屋。
隆正は小枝子の乳房に顔を埋めて小さく何度も独り頷いた。

「自分の居場所・・」

やっと見つけることができたのかもしれない。
小枝子の淫らな悪魔こそが、隆正が心憩える終の棲み家だった。
帰ろう。
もうこの部屋はいらない。
髪を振り乱して気を失いかけている小枝子へ、隆正は軽く口唇を合わせた。
――閉幕――
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第二十四章

『独りぼっちの部屋』
  第二十四章
FC2 Blog Ranking

突き出した腰が前後に揺れ、真っ白い内腿が時折ヒクヒクと痙攣している。
眼前で自慰に耽る小枝子を隆正は瞬きもせず見守った。

「・・さ、小枝子」

淫らな悪魔は小枝子にも宿っていた。
母や隣室の人妻と同様に、セレブで気高いはずの小枝子も、獣のように男を求めるただの女だったのだ。
堪らず隆正は、衣服を脱ぎ捨てて小枝子を畳に押し倒した。

「う、嬉しい・・本当の私を抱いて・・」

「ああ、僕は何て勘違いを・・」

隆正は小高い乳房へ顔を埋め、ぎゅっと粟立った乳首を強く噛んだ。

「ああっ、気持ちいい・・も、もっと・・」

モデルにも劣らない小枝子の乳房が醜く歪む。
だが噛まれて形の崩れた乳房が、小枝子への遠慮を消し去り、新たな隆正の劣情をそそった。
隆正は小枝子の両脚を開いて体を割り込ませた。

「き、来て・・」

髪を振り乱した小枝子は、覆い被さる隆正に手脚を絡めてきた。
顔を赤く上気させ、口を半開きにして呼吸を荒げている。

端正で知的な小枝子の顔が、エサを前にしたひもじい雌豚のように見えた。
堪らず隆正が腰を沈めると、ぬるっと小枝子の陰部が肉茎を受け入れた。

「あああっ!」

小枝子は、全身を弓なりに反らして断末魔の絶叫を放った。

「しっ、声が大きい」

隆正は慌てて口を塞ごうとした。
隣の部屋どころか、商店街にまで届きそうな咆哮だった。
だがその掌に小枝子は軽く噛みついた。

「ああっ、聞こえてもいいの。ううん、聞かせてやるの」

「き、聞かせるって・・?」

「これが私なの・・本当の私だってことを・・」

「さ、小枝子・・」

「お、お願い・・もっと激しくオマンコを突いて・・あなたのオチンチンで私を犯して!」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』・・・第二十三章

『独りぼっちの部屋』
  第二十三章
FC2 Blog Ranking

隆正は目を見張った。
薄茶けた部屋に、真っ白い肌をした女神が立った。

「さ、小枝子・・」

呆けたように妻の名を呼ぶ隆正へ、小枝子は翡翠色の下着さえも脱ぎ捨てた。
弾み出た乳房がゼリーのように震えた。

すでに薄桃色の乳暈は粟立ち、その頂で乳首が尖っている。
すらりと伸びた両脚のつけ根には、整えられた漆黒の翳りが逆立っている。
その美しい肢体を隠そうともせず、小枝子は膝立ちする隆正の前に立ちはだかった。

「触って」

「・・えっ?」

唖然とする隆正の手を取って、大胆にも小枝子は翳りの奥へと導いた。
すでにそこは熱い淫蜜が滴らんばかりに濡れていた。

「こ、こんなに・・?」

「ずっと、ずっと我慢してきたの・・あなたに嫌われたくなかったから・・」

「き、嫌われるって?」

「覚えている? 結婚する前、あなたは淫らな女が嫌いだって怒ったように言ったの・・」

忘れるはずがなかった。
女性不信に陥っていた隆正は、小枝子に母の過ちを繰り返させたくなかったのだ。
小枝子は隆正の手を振り解くと、畳の上に座って上半身を後ろへ反らせた。

「だから抱かれても感じないように・・淫らに濡れたりしないように・・でも、見て・・これが本当の私・・」

放心状態の隆正を前で、まるでストリップ嬢が客へ開帳するように、小枝子はゆっくりと両脚をM字に開いた。
淡い翳りの下で、光沢を帯びた妖しい秘唇が綻び、薄桃色の花芯が生々しく覗いている。

「私は淫らな女・・抱いてくれない夜は、こうして独りで慰めていたの・・」

細く長い指が、翳りを潜って秘唇の合わせ目を舐った。
荒々しい指の動きに、ピンクパールのような肉芽が見え隠れする。

「・・あっ、ああっ・・」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第二十二章

『独りぼっちの部屋』
  第二十二章 
FC2 Blog Ranking

ふわっと小枝子の髪が揺れた。
隆正は立ち上がった。

「とりあえず外へ出て続きを話そうか」

そう誘ってみたが、小枝子はじっと畳に座ったまま動こうとしない。

「どうした?」

「・・こ、この部屋が本当のあなたなら、私も今日からここで一緒に暮らします」

「えっ・・しかし君には古河家が・・」

「家を出ます・・あなたがそんなに苦しんでいるなんて知らなかったから・・」

そう涙声で呟くと、小枝子は口唇をぎゅっと噛んだ。

「それはダメだ。君にこの部屋は相応しくない・・僕達は最初から住む世界が違っていたんだ」

「ううん、あなたを古河家に居づらくさせたのは、私が妻として失格だったからよ・・好みの女になれなかったから・・隣の女の声にあなたを寝盗られるなんて・・」

俯いた小枝子の瞳から、ぽたりと膝の上に涙が落ちた。

「抱いてくれないのが・・どれほど悔しくて、情けなくて、つらかったか・・」

「そ、それは僕が・・」

「嘘よ。私の体に魅力がないからでしょう?」

「ち、違う。それは僕のトラウマが・・子供の頃に聞いてしまった・・は、母の・・」

隆正は脱力して膝から崩れ落ちると、声を搾り出すように、隠し続けてきた母の不貞について訥々と語り始めた。
がらんとした部屋を沈黙が支配した。

隣の部屋から聞こえる人妻の喘ぎ声だけが、打ちひしがれた隆正を土足で踏み躙っていく。
不意に小枝子が立ち上がった。

「・・あなた、私だって、お母様と一緒よ」

泣いて鼻を赤くした小枝子は、着ている薄紫色のワンピースを足元へ落とした。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5