FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『独りぼっちの部屋』 ・・・第二十一章

『独りぼっちの部屋』
  第二十一章
FC2 Blog Ranking

怯む心を隆正は鬼にした。
このまま時間を先延ばしにしても、いたずらにお互いの悲劇を大きくするだけだ。

「だから・・」

隆正は離婚と言う言葉を切り出そうとしたが、その重みに堪えかねて一度深く息を吸い込んだ。
その会話が途切れた刹那、場違いな人妻の喘ぎ声が隣室から聞こえてきた。

「・・ああっ、ユウ君ったら・・ダメ、ダメよお・・お隣は奥さんが田舎から出て来ているの・・」

「・・それならご主人がもっと興奮するように、いつもより激しい声を盗み聞きさせてあげないと・・」

「・・ああん、指で掻き回さないで・・でも奥さん、私をご主人の浮気相手だと勘違いして、すごい夫婦喧嘩になっちゃったのよ・・」

「それならなおさらだよ・・いつもより激しく喘いで、ご主人の身の潔白を証明してあげないと・・」

隣室の深刻な事態を知らない大学生は、面白半分に人妻の劣情を煽り立てた。
隆正は困惑して頭を掻いた。

「ま、まったく非常識な連中だな・・こっちはうるさくて迷惑しているのに・・」

性に積極的ではない小枝子の手前、隆正は苦虫を潰したような表情をつくった。
予告通り、隣室の情事はいつもより激しかった。

「い、いやっ、ご主人一人でも恥ずかしいのに・・同性の奥さんにまで聞かれるなんて・・ああっ・・」

「ふ~ん、でもいつもより、オマンコがグチョグチョに濡れているけどなあ・・」

「ああっ、変な気持ちになっちゃうの・・感じちゃうの・・あぐぅ、お願い、早くその大きなオチンチンを頂戴・・」

先ほどまで涙ぐんでいた小枝子も、いたたまれずに顔を赤らめて俯いている。
隣室の勝手な盛り上がりで、すっかり別れ話を切り出す雰囲気は霧消していた。
隆正は団扇を手にすると、わざと大きな素振りで扇いだ。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第二十章

『独りぼっちの部屋』
  第二十章
FC2 Blog Ranking
足元がもつれた二人は、そのままがらんとした部屋の畳に転がった。

「く、悔しい!」

小枝子の平手が隆正の頬に飛んだ。

「あ、あれは隣に住む大学生の愛人だよ・・痛っ、小枝子、落ち着きなさい!」

隆正は暴れる小枝子を畳の上に組み敷き、そのまま悋気が収まるのを待った。
勘違いとは言え、小枝子が嫉妬するのは意外だった。
信じられない力で小枝子はもがき続けたが、はっと我に返ると、憑き物が落ちたようにポカンと部屋を見回した。

「・・こ、ここは、どこなの?」

隆正はひりひりする頬を押さえながら、窓を少し開けて黴臭い空気を換気した。

「・・僕が借りている部屋だよ」

「借りているって・・ど、どうして?」

「・・この部屋に来ると心が安らぐんだ」

「嘘よ、こんな汚いアパートで・・やっぱり女がいるんでしょう。女と暮らすためにこの部屋を借りているんだわ!」

小枝子は再び嫉妬に駆られて暴れようとした。
仕方なく隆正は、小枝子の頬を軽く平手で叩いた。

「話を聞きなさい」
小枝子は頬を押さえて、円らな瞳を大きく見開いた。
もう逃げられないと隆正は覚悟した。
畳の上に胡坐をかいて座ると、呆然と畳の上に崩れた小枝子に、ぽつりぽつりと経緯を話し始めた。

「僕が生まれ育ったのはこんな部屋だった。狭い六畳間に家族四人で暮らしていた・・」

初めて隆正は少年時代を小枝子に語った。
セレブの小枝子には、かつて口にするのも憚られる貧しい生活だった。
だがそんなコンプレックスも、母が女として幸せだとわかった今、どこか懐かしい思い出に昇華しつつあった。

「そ、そんな・・」

「小枝子を責めているわけじゃない。だがこれはどうにもならない現実なんだ」

「・・・・」

「この部屋が本当の僕の姿なんだよ」

言葉を振り絞った隆正は、放心して動かない小枝子を見つめた。
目尻に湛えた小枝子の涙が、零れんばかりに大きく膨らんでいく。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十九章

『独りぼっちの部屋』
  第十九章
FC2 Blog Ranking

隆正は心の中で苦笑した。

(母もこんな笑顔を見せたのだろうか?)

貧しい暮らしに追われ、ろくに化粧をすることもなく、母は呑んだくれの夫に仕えてきた。
あのバンドマンが住んでいた隣の部屋こそ、母が女でいることができる唯一の居場所だったのかもしれない。

すでに当時の母より年を経た隆正は、逆にそうであって欲しいと祈る気持ちになっていた。
ふと小枝子の顔が脳裏を過ぎった。

翻って隆正は、女の笑みを与えらない父と変わらなかった。
隣の大学生以下かもしれない。

自分の至らなさで、女を失った小枝子が不憫でならなかった。
人妻は古いアパートの外階段を上がると、201号室の前で隆正に頭を下げた。

「有難うございました」

「いえ、本当のことを言っただけです。今日も激しい情事を期待していますよ」

「い、いやだわ・・」

嬉しそうに人妻が科をつくった時、けたたましく階段を上がってくる音がした。
小枝子だった。

「あ、あなた!」

その激しい剣幕に隆正は後退りした。
驚いた人妻は、慌てて隣室に逃げ込んでしまった。

「ど、どうして・・?」

「浮気していたのね? こんなところで私に隠れて浮気していたのね!」

血相を変えた小枝子は、悲鳴にも似た大声を張り上げて隆正に詰め寄ってきた。

「ち、違う・・落ち着いて・・」

普段の令嬢然とした小枝子ではなかった。
まるで闘牛のように、目を血走らせて小枝子は突進してきた。
間一髪、隆正は小枝子を抱き受けると、急いで鍵を開け、201号室にもろとも雪崩れ込んだ。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十八章

『独りぼっちの部屋』
  第十八章

アパートへ向かって、人妻は隆正と並んで歩き始めた。

「教えて欲しいことがあるんです」

「え、私にですか?」

「はい、あの・・わ、私達のこと・・いつも壁越しに聞いていらっしゃるんでしょう?」

人妻はぽっと顔を赤らめて上目遣いに隆正を見つめた。

「あ、いや・・その・・」

「それは構わないんです。壁が薄いから筒抜けだって・・ユウ君もそれを承知で私を抱いているんですから・・」

「・・は、はあ」

「だから逆によくご存知だと思うんです。私以外にも、ユウ君は女性を部屋へ連れ込んだりしているんですか?」

人妻は真摯な瞳を隆正へ向けた。
まるで女子中学生かと見紛うほど、地味な中年の人妻は恋する女の顔になっていた。

隆正は胸を高鳴らせた。
隣室の大学生にとっては、ただの遊び相手に過ぎない家庭教師先の母親だ。

むろんこの人妻にしても、最初はちょっとした火遊びのつもりだったに違いない。
だが肌を合わせていくたびに、嫉妬すら覚えるほど人妻は恋心を抱いている。

(これが女か・・)

とうの昔に女を卒業したはずの人妻が、再び恋という命を与えられて眩しく輝いている。
きっとあの日の母も、バンドマンの素行にやきもきしていたのかもしれない。
不安そうな顔をした人妻のために、隆正はきっぱりと嘘を言い切った。

「そんなことはありませんよ」

「本当ですか?」

「ええ、奥さんが来る日以外は、女性の声など一切聞いたことがありません」

「そ、そうですか」

差している赤い傘のように、人妻の表情がぱっと明るく綻んだ。
目尻の小皺は多いが、それがかえって女の幸福感を滲ませている。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : エログ
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』・・・第十七章

『独りぼっちの部屋』
  第十七章
FC2 Blog Ranking

暗い灰色の雲が垂れ込めた梅雨空。
玄関脇の紫陽花が絹糸のような雨に濡れている。

ポツ・・ポツ・・
手鞠に似た赤紫色の花から落ちた水玉が、光沢のある濃緑色の葉をコクンと揺らす。
そんな小さなざわめきが集まり、紫陽花が雨音にコーラスしている。
古河家の玄関で小枝子が尋ねた。

「あなた、駅まで車で送りましょうか?」

「いや・・歩いて行くよ」

傘を差した隆正は、広い庭を抜けて門へと向かった。
不安そうな顔をした小枝子が見送りについてきた。

「このところ休日出勤が多いですね」

「ああ、そろそろ株主総会も近いからね」

隆正は気もそぞろに答えると、小枝子を振り返ることなく門を出た。
もちろん嘘だった。
今日も会社へ行くふりをして、F町のアパートで一日を過ごすつもりでいた。

(このまま二重生活を続けていても・・)

まだ隆正は離婚を切り出せずにいた。
家柄にしても性の不一致にしても、すべて隆正に鬱積した心の捩れで、無垢な小枝子には何の罪もなかった。

通勤に使う駅への道から反れて、隆正はF町へ通じる長い坂道を下った。
ドブ川にかかる橋を渡り、色とりどりの傘が行き交う商店街を歩いていく。

「こんにちは」

不意に背後から隆正は声をかけられた。
振り返ると、先日隣室の大学生を訪ねて来た人妻がいた。

「あ、ああ・・どうも」

隆正は気まずそうに返事をした。
堂々と挨拶すればいいのだが、生々しい情事を盗み聞きした負い目があった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

50万アクセスを頂いて・・・紅殻格子

毎日たくさんの読者に拙い小説を読んで頂いています。
本当に有難く思っています。
三十代半ばから官能小説を書き始めました。
今や一兆円の連結売上を誇る大企業の本社に勤務しながらも、このままでは名もない社畜になってしまうという恐怖から、自分の人生を見つめ直したことに端を発しています。

一体自分は何をしたいのか?
答えは、人を感動させたいということでした。
別に官能小説を書く素養があったわけではありません。
ただあまりにも世にくだらない作品が蔓延っていたので、ならば自分で書いてみようと始めた次第です。

最初に構想したのは、とても世間受けしない作品群でした。
・15/16 (不死、人間再生、遺伝子操作)
・人間牧場(神隠し、限界集落、性の本質)
・人外境の花嫁(漂泊民、共同体、アンチポルノ)

しかしこんな作品を載せてくれる雑誌などありません。
もやもやしている時に、『特選小説』(辰巳出版)に世間受けする『夜香木』という作品を読者投稿したのです。
すると編集者(野田実希子さん)から、『特選小説』で書いてみませんかとお誘い戴きました。
現在ブログに掲載しているのは、主に『特選小説』で公表した作品集です。

その後、『小説NON』からお誘いを戴き、『風媒花』や『あやかしの肌』、『絵姿女房』などを書きました。
贅沢な話ですが、私が書きたいのは従来の官能小説を超えるアンチポルノなのです。
そう『家畜人ヤプー』のような、官能世界を昇華させるような作品を書きたかったのです。

しかし兼業作家ですので時間的余裕はありません。
そこで二社の仕事を断って、『人外境の花嫁』をブログ用に書き始めました。
おそらくこの物語は今まで掲載している作品とは全く異質で、どう評価されるかわかりません。
だがこの作品を書かなければ、私自身、次のステップには進んで行けないと考えています。

『妄想の座敷牢』は、『人外境の花嫁』を掲載するためにつくったブログと言っても過言ではありません。
難解ではありますが、是非とも最後までお読み戴くことを願っています。
宜しくお願いします。

  皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~
関連記事

theme : 日記
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 ・・・第十六章

『独りぼっちの部屋』
  第十六章
FC2 Blog Ranking

身を浸す悦びに打ち震える人妻が叫んだ。
悪魔は女だった。
女は灰になっても女だという。妻でもなく母でもなく、女は女として死ぬために、性を司る悪魔を下腹部に秘めているのかもしれない。

「お、奥さん・・」

「あっ、あっ・・奥さんなんて厭・・私は夫の付属品じゃないわ・・乳母でもないの・・私は私・・ただの女なのよ!」

壁を震わせる絶叫を残して、人妻は畳の上に崩れ落ちたようだった。
隆正は人妻の言葉を反芻しつつ、己が性の欲望を吐き出した。
隆正は小枝子を想った。

(別れるべきだろうか・・)

隆正はここ数年、小枝子との離婚を真剣に考えていた。
どう逆立ちしても、隆正は古河家の生活には馴染めそうもなかった。

こんなストレスを強いられるなら、全てを捨てて放浪の旅に出た方が気楽に思えた。
事実、このアパートを借りていること自体が、古河家と小枝子から逃避していることに他ならなかった。

そんな家名に押し潰された不甲斐ない婿養子に、女として飼い殺しにされている小枝子が気の毒だった。
小枝子は隆正に愛想を尽かしているに違いない。

否、母や隣の人妻同様、夫に頼らずとも、女として生きられる世界をすでに見つけているかもしれない。
隆正は再び畳の上で大の字に寝転んだ。

(潮時か・・)

天井の板目が涙で滲んで見えた。
このまま古河家に戻りたくなかった。

戻って来るなと、小枝子に宿る悪魔が拒んでいた。
隆正が安住できる居場所は、もはやこのアパートをおいて他になかった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

どうぞ気兼ねなく・・・紅殻格子

今朝も自転車で一時間半かけて通勤しました。
開店していないガソリンスタンドに車が20台ほど並ぶのも、すっかり見なれた光景になりましたね。

未曾有の大惨事です。
そして関東に住む人々の生活も苦難を強いられています。
苦しいです。
でも我々は未だ苦しむ東北の人々のために喜んで苦難を受け入れましょうよ。
原発の恐怖はありますが、この苦しみも明るく楽しみましょうよ。
それが救ってあげたい東北人へのエールではありませんか?

夕刻、真っ白なお月さまが浮かんでいました。
皆さん、気がつきましたか?
私は自転車をこぎながら、お陰様でいい月を見せてもらったと感謝しました。
今まで見過ごしてきたものが、自転車に乗ったらたくさん見えてきましたよ。

関東の皆さん、そして東北を支援する全国の皆さん。
窮屈な生活ではありますが、甚大な被害を受けていない方は、今を楽しむことで被災された方々にもっと甘えてもらおうではありませんか。

110318_1735_01.jpg
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

美しい夕暮れでした。

今夕は関東で美しい夕焼けが見られました。
本当に美しい国土です。
悲観・楽観、今はいろいろな考え方があります。
どちらにしても、私はこの国で生き抜きたいと思います。
生き抜くとは、海外に逃げ出して生を長らえるということではありません。
あるがままの生を受け入れるということです。
愛する人と一緒にいたい。
家族と一緒にいたい。
愛犬と一緒にいたい。
大切な友達と一緒にいたい。
生を長らえても幸せにはなれません。
それは人生の目的ではないからです。
結果に過ぎません。
自分の満足を追い求めること、それを叶えてこそ、生き抜けると思います。
皆さん、私は決して諦めろと言っているのではありません。
自分が大切に思うことをしましょう。
その長さ、生は結果として自然についてくるものなのです。
紅殻格子
関連記事

theme : 日記
genre : アダルト

断固たる決意を無にするな・・・紅殻格子

断固たる決意を無にするな。  紅殻格子

今日、仙台へ単身赴任している同僚と連絡がとれました。
大変だと言いながらも、彼は現地に留まって懸命な対応に追われています。
関東に住む私とすれば、何もできない無力感を覚えるばかりです。
被災地外に住む我々にできることは、電力の節電と物資の節約しかありません。

むろんその覚悟はできています。
通勤で電車を待つ人も、皆我慢して粛々と対応しているではありませんか。
我々は、断固たる決意で東北を支援したいと願っているのです。

ところが・・・
東京電力の対応は何たるいい加減さでしょうか。
計画停電は大いに結構、やると決めたら電力が余ってもいいからやるべきなのです。
それを需要と供給を見極めてなどおかしい。
我々も覚悟できているのです。
決めたことは無駄になってもいいから実行するべきです。

そして計画停電の目的をはっきりとして欲しい。
まず物資生産を行うエリアは免除するべきです。
そして鉄道の電源所がある地域も同様です。
全然シミュレーションができていない。
もう二日目なのですから、惰眠を貪っていないで全力をあげなさい。

こんな場当たり的な対応は最悪です。
何故なら、いくら電力が余って停電をしなくて済んだとしても、生産も交通も、停電を予測して最初から動かす気など持てないのですから。
だからまずやると言ったらやる。やらないと言ったらやらない。
はっきりさせることで、生産や交通、また人々も自然と最善の道を選択することになるのです。

もうひとつは石油不足です。
灯油・ガソリン等、今後の見通しをはっきりと表明しなさい。
供給が難しいなら、車をなるべく使用するなとはっきり言いなさい。
特に心配なのは、物流を担うトラックが動かなくなってしまうことです。
それならばはっきりと公表して、マイカー・営業者を使わないことを国民に呼びかけ、物流に燃料の余力を与えて欲しいと思います。

とにかく非常事態です。
日本国民は、東北で困っている人々を助けたいと願っているのです。
そのためなら、日常生活が困難に陥ろうとも、堪える心構えをしっかりと持っていると思います。
だからパニックを引き起こす行動は慎みましょう。
買い漁りはやめて下さい。
次の人が困らないように食べ物を残してあげましょうよ。
自分さえ良ければ・・など日本人が情けない国民になるのは恥ずかしいことです。
絶対に自儘な行動は慎みましょうよ。
義援金詐欺をやる人間なんか死刑にしてやればいいと思います。
関連記事

theme : 日記
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。