FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『色褪せぬ薔薇』・・・第十二章

『色褪せぬ薔薇』
   第十二章

堪らず秀明は乳首を吸った。

「あっ・・」

葉子はぐっと上半身を反らせると、秀明の頭に手を回して乳房に押しつけてきた。
窒息しそうなほど顔が埋もれる。
秀明は乳首を軽く噛みながら、舌先でその先端を嬲ってみた。

「あうぅ・・いや、いやん・・」

感じやすいのか、葉子は髪を乱して頭を激しく振った。
熟れた三十路前の肉体は、まさに女としてのピークを迎えているようだった。

秀明は乳房を愛撫しながら、右手を葉子の下半身へと這わせた。
程よく脂肪が乗った下腹部から、ボリュームのあるヒップを掌で愛でる。

「綺麗だ」

秀明は葉子の耳もとで囁いた。
葉子はぞくっと鳥肌を立てて頬を赤らめた。
秀明がショーツに指をかけると、葉子は消え入りそうな声で喘いだ。

「恥ずかしい・・」

雪のように白い太腿が、わずかに上気して薄桃色に見える。
秀明はもじもじさせる葉子の足下に回ると、ショーツを下ろして両脚をゆっくりM字に開いた。

「いやっ、見ないで・・」

両手で顔を覆った葉子は腰を捩った。
淡い翳りの下には、林檎の芯に似た形の花肉が蠢いていた。

濃桃色の内肉を覗かせ、すでにてらてらした光沢を帯びている。
秀明はそのたたずまいを楽しむように、葉子の花肉をしばらく覗き込んだ。

「もう濡れているよ」

「ああん・・意地悪うぅ・・」

ねっとりと濡れた花唇を指で掻き分け、秀明は硬く尖った肉芽に舌を絡ませた。

「あっ・・ああっ・・」
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第十一章

『色褪せぬ薔薇』
   第十一章

葉子は口をパクパクさせ、やっとのことで最後の言葉を口にすると、羞恥を隠すように秀明へ抱きついてきた。
ふわっと葉子の甘い肌の香が秀明の鼻腔を掠めた。

「お、大崎さん・・」

「は、はしたない女だと思わないで・・いけないとはわかっているけど・・自分ではどうにもならないぐらい・・・あ、愛してしまったの・・お願い、迷惑はかけないから・・」

葉子は座っていた秀明を畳の上に押し倒した。
胸に顔を埋める葉子を抱くと、その背中はぐいぐいと秀明に捨て身の想いを伝えてくる。
秀明は逡巡した。

(いいのか)

葉子は人妻。
しかも社内不倫だ。
出世競争の足枷になる可能性もある。
だが単身赴任の不自由な生活、そして性のフラストレーションを考えると、葉子を仙台妻にした方が便利には違いない。

きっと葉子にしても、口では愛しているとか言うが、一時の満たされない夫婦生活の憂さを晴らしたいのだろう。
秀明はそう勝手に考えた。
そして抱いたまま葉子を仰向けに組み敷くと、わななく薄桃色の口唇を奪った。

「・・嬉しい」

瞳に涙を湛えたまま、葉子は長い睫毛を閉じた。
すっと一筋の涙が耳朶へと伝った。
秀明はゆっくりとブラウスを脱がせた。

「ああっ」

純白のブラジャーから、豊かな胸の谷間が覗いた。
秀明は背中に手を回してホックをそっと外した。
昼間の制服姿からは想像できない豊かな乳房が弾けた。

ふるふる震える柔らかな膨らみは、若い風俗嬢にはない、豊潤な女の魅惑を醸し出している。
粟立った薄褐色の乳暈に痛々しいほど尖った乳首が、秀明の愛撫を今か今かと待ち侘びている。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 人間の性(Human sexuality)
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第十章

『色褪せぬ薔薇』
   第十章

北国の女らしく、葉子は色白で端正な顔立ちをした美人だった。
ウエーブのかかった髪が肩の上で小さく震えている。
長い睫毛を伏せた葉子は、愛らしい薄桃色の口唇をキュッと噛み締めた。

そして鳶色の虹彩を見開いてすくっと立ち上がった。
その瞳にはうっすらと涙が滲んでいた。

「私、主人と別れようと思っているんです」

「ど、どうして・・辛いことでもあるのか?」

「いいえ、主人は優しい人です・・いけないのは私・・」

三十路を前にして、葉子は婚期を逃すことを恐れた。
体調が思わしくない両親の喜ぶ顔も見たかった。
そんな後ろ向きの理由で、葉子は地方公務員の夫と見合いをしたのだ。

結婚生活は針の筵だった。
当然ながら夫は、葉子が専業主婦になり、早く子供を産んでくれることを望んだ。

だが葉子は夫を愛する自信がなかった。
このまま夫に扶養される安定した生活に、葉子は生きることの張り合いを見出せずにいた。

「いい加減な気持ちで結婚したことを、夫には申し訳ないと思っています」

「しかし・・夫婦なんてそんなものじゃないのか?」

秀明は自分を顧みて、夫婦など所詮他人だと達観していた。
恋愛結婚をしても、愛と言う錯覚で一緒になっただけで、それがいつまでも続くわけもない。
葉子は首を振った。

「吉川課長がひたむきに仕事をしている姿を見て、私も悔いのない人生を送りたいって思ったんです・・」

そして葉子は一輪挿しの薔薇へ目を遣った。

「私、自分の夢を叶えたい。フラワーアレンジメント。お金を貯めてお店を持ちたい・・嘘偽りのない人生を全うしたい・・仕事も・・こ・・こ、恋も・・」
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第九章

『色褪せぬ薔薇』
   第九章

その言葉通り、秀明の風邪が治っても、葉子はアパートを訪れるようになった。
退社時間が早い葉子は、残業の秀明が戻ってくる前に、掃除と洗濯、そして夕食の用意を済ませて帰るのだった。

だが卓袱台の上には、まるで葉子が一緒にいるかのように、真紅の薔薇が一輪挿しに活けてあった。
葉子の気持ちは嬉しかった。
だがそれが一週間も続くと、さすがに秀明も放ってはおけなくなった。

ある日、外回りの仕事を早目に切り上げると、秀明は会社へ戻らずアパートへ直帰した。
鍵は開いていた。
秀明は恐る恐る玄関のドアを開けた。

「あら、お帰りなさい。今日は早かったんですね」

まるで新妻のように、葉子はエプロン姿で秀明を迎えた。
六畳間の卓袱台には、いつものように葉子の手料理が用意されている。

「寒かったでしょう。今、お風呂を沸かしますから・・」

葉子ははにかみながらコートを脱がせた。
狭い部屋を甲斐甲斐しく立ち振る舞う葉子は、秀明の世話をするのが心から楽しそうに見えた。
秀明は卓袱台に胡坐をかくと、葉子を前に座らせて心を鬼にして言った。

「今日早く帰ってきたのは、はっきりさせておかなければならないことがあるからだ」

「・・・・」

「君は結婚したばかりでご主人がいる。僕を気遣ってくれるのは嬉しいが、これ以上は君のためにならない」

厳しい口調で切り出した秀明は、やや俯き加減に正座する葉子へ目を遣った。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 日記
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第八章

『色褪せぬ薔薇』
   第八章

葉子は二十九歳、太平洋建材東北支社の業務課に勤務している。
秀明とは職種こそ違うが、同じ支社に勤める同僚だった。
気さくで明るい葉子は、得意先の評判も良く、営業からは裏方として頼りにされていた。

秀明も葉子を妹のように可愛がった。
部下を連れて飲みに行く時は、よく葉子にも声をかけた。

葉子は安い焼鳥屋でも喜んでついて来た。
そしてニコニコ笑いながら、男達の憂さ晴らしにつきあってくれた。
布団に潜りながら、秀明は忙しそうに部屋を片づける葉子を横目で見ていた。

(親切は有難いのだが・・)

葉子は新婚の人妻だった。
地方公務員の夫と一年前に見合い結婚していた。
いくら会社の同僚が病気だとは言え、男と女がひとつの部屋にいるのは世間体が悪い。

「あ、有難う。もう大丈夫だから・・」

「大丈夫じゃありません。お風呂も全然掃除していないじゃないですか。こんな部屋で暮らしていたら、病気になるのも当たり前です。あら、洗濯物もこんなに・・」

「いや、しかし・・ご主人が待っているんじゃないか?」

「気にしないで下さい。私、結構お節介で、困っている人を放っておけないんです」

葉子は秀明の気まずさなど意に介さず、甲斐甲斐しく風呂掃除と洗濯を始めた。
その日、葉子は夕方まで気忙しく家事を続けた。
お蔭で部屋は見違えるようにピカピカになった。

「吉川課長、これからも時々チェックに来ますから」

そう叱ってスペアキーを取り上げた葉子は、つくったお粥を卓袱台に残して帰って行った。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 人間の性(Human sexuality)
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第七章

『色褪せぬ薔薇』
   第七章
そんな不摂生が祟ってか、異動して三ヶ月が経った冬、秀明は風邪をこじらせて寝込んでしまった。

(せっかく業績が上がって、部下達もやる気になっているのに・・)

秀明は臍を噛んだ。
一週間後に、東北大手の住宅建設会社への入札が控えていた。
この入札に成約すれば、チームの業績は全国トップクラスに躍り出る。

だが三十九度を超える熱は、一向に退く気配すら見せなかった。
ろくな食事もとれず、秀明はトイレへ行くのもままならなくなっていた。

(妻には助けを求めたくない)

単身生活を始めてから、夫婦の溝はいっそう深まっていた。
仙台へは時々息子が電話をしてくるだけで、妻からの連絡など皆無に等しかった。

家庭を顧みなかった秀明は、妻にとって居ようが居まいがどうでもいい存在だったのだ。
そんな冷えた夫婦関係が、妻を仙台へ呼ぶことを秀明に躊躇わせた。

秀明は絶望に苛まれながら、異臭漂うアパートで、ただ布団を被って悶々とするばかりだった。
ところが、寝込んで三日目の日曜日、不意に大崎葉子が見舞いに来てくれた。

「し、死んじゃいますよ、吉川課長」

病状に驚いた葉子は、慌てて車で秀明を休日診療所へ連れて行った。
肺炎になりかけていた。
医者は葉子を叱った。

「奥さん、こんなになるまでご主人を放っておいたらダメじゃないか」

葉子は目を丸くしたが、言い訳もせず医師に頭を下げた。
帰りの車の中で、秀明は朦朧としながら謝った。

「・・迷惑をかけて済まない」

「いいんですよ。でもあの先生ったら、私のことを奥さんと間違えていましたね」

車を運転しながら、葉子はニコニコして頻りにそればかり繰り返した。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第六章

『色褪せぬ薔薇』
   第六章

二十五年前。
三十四歳になった秀明は、課長職に昇格するとともに、関東支社から東北支社へと転勤を命じられた。

東北支社のある仙台は、縁も所縁もない土地だったが、秀明は意欲満々で辞令を受けた。
管理職として営業チームを率いるのは初めてだったし、秀明自身、仕事が面白くて仕方ない年齢を迎えていた。

ところが妻は仙台への引っ越しを拒んだ。
結婚が早かった秀明には、すでに小学校低学年になる息子がいた。

それを理由に妻は単身赴任を勧めた。
だが妻の真意は、自分の実家がある横浜を離れたくなかったのだった。
渋々秀明は一人で仙台へ乗り込んだ。

仙台での仕事は順調だった。
秀明は部下の先頭に立って仕事に専心した。

すると秀明の熱意が浸透したのか、低迷していたチームの業績は急上昇した。
そしてチームリーダーである秀明の名前も、一躍全国区で知れ渡った。

だが反面、一人暮らしの経験がない秀明にとって、見知らぬ土地での単身赴任生活は悲惨を極めた。
家事を全て妻に任せ切りだった秀明は、料理の作り方はおろか、洗濯機の使い方もわからない有様だった。
また仕事から戻れば、疲れ果てて掃除をする気にもなれなかった。

一ヶ月も経つと、アパートの六畳間は夢の島と化した。
万年床の周りには、ビールの空き缶や乾き物の空き袋が散乱し、部屋の隅には、洗っていない洗濯物が小山を築いた。
捨て忘れた生ゴミと黒カビが蔓延る浴槽からは、鼻を摘みたくなる異臭が立ちこめた。

一人暮らしで酒量も増えた。
得意先の接待や、部下を飲みに連れて行くことも多かったが、自炊ができないため、夜は近くの小料理屋に通って飯を食った。

行けばついつい酒を飲む。
気がつくと、毎日深酒する生活が習慣になっていた。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : エログ
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第五章

『色褪せぬ薔薇』
   第五章

山下が驚くのも無理からぬことだった。
今をときめく専務取締役が、一介の、しかも五十代半ばの女性事務員に会いたいと現れたのだ。

「私が仙台にいた頃、いろいろと世話になったんだ。それでちょっと顔を見に来たんだよ」

すると山下は表情を曇らせ、申し訳なさそうに答えた。

「駒木さんは・・数ヶ月前から休職しています。実は、その、長いこと入退院を繰り返していまして・・」

「何っ、彼女は病気なのか?」

「はい・・あの・・末期癌だと・・」

意外な山下の言葉に秀明は絶句した。

「・・う、嘘だろう?」

「いえ・・医者からは一週間ぐらいが山じゃないかと・・」

「ば、馬鹿な・・そんなことは許さん。すぐに病院へ案内してくれ!」

秀明は山下の胸倉を両手でつかむと、ぐいぐいと前後に揺すった。
その時、秀明を探していた玲子が慌てて駆け寄ってきた。

「何をなさっているんですか? そろそろ仙台駅へ移動する時間です」

「いや、私はこれから彼と一緒に病院へ見舞いに行く」

「いけません。これから東京へとんぼ返りして頂きます」

「夜の会食は延期してもらってくれ」

「いえ、会食を優先して頂きます。この先社長をなさる方が、そんな勝手をされては困ります」

秀明は握り締めた拳を震わせた。

「うるさいっ! そんなに社長業が不自由なら、こちらから願い下げだ!」

秀明は玲子を怒鳴りつけると、山下を連れて支社を出てタクシーに飛び乗った。
もう日は西に傾きつつあった。
薄く垂れ込めた雲の縁が茜色に染まり始めていた。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第四章

『色褪せぬ薔薇』
   第四章

杜の都、仙台。
駅で待ち受けていた社用車に乗り込むと、秀明は慌しく仙台の街へ滑り出した。

市街地に雪はなかった。
仙台へは時々出張で訪れるが、どこか今日は、その街並みが懐かしく思えてならなかった。

昼の会食と表敬訪問を終えた秀明は、東北支社に入るや営業会議に臨んだ。
すでに大会議室には、東北で営業する百名近くの社員が集っていた。
東北支社長が秀明の参着を告げると、会議室はしんと静まり返った。

「私も若い頃、皆さんと同じように、この東北支社で営業をしていました・・」

静聴する社員に、秀明は自分が歩んできた会社人生を熱く語った。
だが最後を締め括った言葉が、今秀明の直面している苦悩を吐露していた。

「・・しかしだ、仕事と言う美称に溺れてはいけない。周囲の仲間や家族への愛情を忘れず、会社と共に人生を豊かなものにして頂きたい」

社員から一斉に大きな拍手が起きた。
ひな壇から下りた秀明は、お役御免とばかりに、会議室の一番後ろの席に腰かけた。

集まった社員達の業績発表が始まると、秀明はトイレへ行くふりをしてそっと会議室を抜け出した。
階段を下りると、そこには受付と応接室、そして事務方のオフィスがある。

「こ、これは、吉川専務」

業務課長の山下良之が、秀明の姿を見つけて慌てて席を立った。
同時に十名ほどの業務課員達が秀明に頭を下げた。

「何かご用がございますか?」

「ん、いや・・」

業務課員を見渡した秀明は、山下一人を廊下へ連れ出した。
秀明は小さく咳払いした。

「大崎葉子君に会いたいのだが」

「えっ、大崎・・大崎など・・あっ、もしかすると駒木葉子さんのことですか? 確か昔は、大崎姓だったと聞いたことがありますが・・しかし何故・・」
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『色褪せぬ薔薇』・・・第三章

『色褪せぬ薔薇』
   第三章

競争社会である。
勝者がいれば必ず敗者が生まれる。
敗れた彼等は、秀明の前では従順に跪いているが、裏では嫉ましい目つきで恨み呪っている。

そして秀明の失脚を虎視眈々と狙っているのだ。
身内である家族にしても、その絆は疾うの昔に断ち切れていた。
深夜残業、休日出勤、接待、ゴルフ――長年家族を顧みなかった報いでだった。

妻とは一度も喧嘩をしたことがない。
それは喧嘩ができるほど妻を知らないからだった。
冷え切った妻子との関係は、秀明が残すであろう財産で繋がっているに過ぎなかった。

秀明は小さくため息をついた。
出世と言う栄誉の陰で、秀明は家族も含めて多くの人達を無意識に傷つけてきた。
そして気がつけば、友もなく、家族もない、一人ぼっちの老人になっていた。

トップは孤独だと言う。
だが秀明は、それに堪え得る強い男か自信が持てずにいた。実は人一倍寂しがり屋だった。
もし時間を巻き戻せるなら、出世などせずとも、家族や友人と心通じる人生をやり直したいと思っていた。

新幹線が長いトンネルを抜けた。
もう仙台は近い。冬の東北には珍しく、暗い雲の隙間に青空が覗いている。

(葉子・・)

秀明には、今回の仙台出張で是非とも詫びたい女性がいた。
家族よりも、社内のライバル達よりも、かつて秀明が酷い仕打ちをしてしまった女性だった。
峰に白銀を頂く山々へ目を細めながら、秀明は葉子の顔を密かに想い浮かべた。
つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 
関連記事

theme : エログ
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。