FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妻は官能小説家』・・・第二十四章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第二十四章 

顎が外れそうだった。
だが留美は、昌尚の男を独り占めする悦びに満たされていた。
何も知らない留美に、昌尚は優しく舌使いまで教え込んだ。

「ああ・・気持ちいいよ」

昌尚はうめいた。男性は石のように逞しさを増している。
留美は昌尚に跪いて仕えることに喜びを感じた。

昌尚が喘ぐ姿を見て、留美は女としての自信を取り戻し始めていた。
昌尚は、留美をベッドへ仰向けに押し倒すと、そのまま覆い被さってきた。

「ご主人がいらないのなら、留美の女は俺がもらうよ」

そう言うと、昌尚は男を迎える準備ができている膣口へ、硬くなった男性をゆっくりと押し入れてきた。

「あ、あうぅ・・」

小さなうめき声が自然に口から漏れた。
夫から見捨てられ、生理のためだけに存在していた憂鬱な膣が、昌尚を迎え入れて歓喜の声を上げているかのようだった。
昌尚はゆっくりと腰を動かした。

「ああっ! いやっ!」

留美は狂ったように顔を左右に振った。
みっちりと男性が膣を埋め尽くしている。

男性を押し入れられる時は、子宮が圧迫されて悦楽の悲鳴を上げる。
そして男性を引かれる時は、膣が陰圧となって子宮がひっぱり出されそうになる。
昌尚は留美の両脚を抱え、激しく男性を打ちつけてきた。

「いいっ、いいの・・」

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第二十三章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第二十三章 

留美は目を伏せて小さく頷いた。
留美を女とも思っていない夫が、体に悦びを与えてくれるはずがなかった。

「ほら、触ってごらん」

昌尚は留美に添い寝すると、留美の手を取って自分の股間へと誘った。

「あっ」

熱を帯びた硬い男性が手に触れた。
留美は慌てて引っ込めようとしたが、昌尚は強引に手で男性を握らせた。

「お、大きい・・」

思わず留美ははしたない言葉を口にした。
血管が絡みついた男性は、指先が届かないほど太く逞しかった。

「ご主人とどっちが大きい?」

「わ、わからない・・あまり見たことがないから・・」

「じゃ、くわえてあげたことはないの?」

「夫はそんなことを求めないし、私は・・女として・・扱われていないから・・」

夫はもちろん、昔つきあっていた男も、留美にそんなことを命じたことはなかった。
昌尚はいきなりベッドの上で立ちはだかると、留美をその前に跪かせた。

「馬鹿な亭主だ。こんないい女を」

そう吐き捨てると、留美の顔を自分の股間へ近づけた。
昌尚の男性はいきり立っていた。
巨大な先端がドクドクと脈打って揺れている。

(す、凄い)

男の逞しさに留美の心がキュンと疼いた。
そして命じられる前に、留美はその丸い先端を口に含んでいた。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第二十二章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第二十二章 

やがて昌尚の指が中へ入ってきた。

「あうっ!」

留美は上半身をぐっと反らせた。
昌尚の指先が膣内の敏感な部分を刺激する。

クチュクチュと愛液が淫らな音を立てた。
頭の中が真っ白になる。尿意ではないが、抑え切れない何かが噴き出すのを感じた。

「で、出ちゃう・・」

不思議な感覚だった。
性の興奮と放尿感が入り混じった悦楽が留美を襲った。

「おっ、潮吹きだ!」

留美には潮吹きの意味がわからなかった。
だが未知の悦びに体は半ば痙攣し、シーツが夥しく濡れているのを、留美は薄れる意識の中で感じていた。

どのぐらいの時間が経ったのだろう。
夢心地から醒めた留美は、大股開きしたまま寝ている自分に気づいた。
慌てて両脚を閉じると、バスタオルで体を隠した。

「大事なところをたっぷり観察させてもらったよ」

「い、いやっ」

羞恥のあまり、留美は昌尚から顔を背けた。

「あれだけシーツを濡らして、今更恥ずかしがられても」

そう言われると、確かにお尻の辺りが冷たい。

「だ、だって・・あんなの、初めてだったから・・」

「ご主人はしてくれないの?」

「・・・・」

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第二十一章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第二十一章 

優しい言葉と乳房への巧みな愛撫が、まるで電撃のように留美の体を貫いた。

「あっ・・ああっ・・」

恥ずかしいほど尖った乳首を、昌尚は歯で軽く噛んだまま舌先で転がした。
忘れかけていた女の悦びが、じわじわと下腹部の奥にこみ上げてくる。

「感じやすいんだね」

「こ、こんなの初めて・・いつもはこんなに・・ああっ!」

留美は喘いだ。
自分の体がこれほど敏感だとは思ってもいなかった。

昌尚は舌で乳首を責めながら、右手で留美の下腹部をそっと撫で回した。
やがてその指先は下腹部の翳りを越え、すでに夥しい淫蜜を湛えたクレパスへ滑り込んできた。

「は、恥ずかしい」

留美はその指を避けようとして腰をひねった。
だが女を知り尽くした昌尚の指は、クレパスに隠れたクリトリスを捉え、弄ぶようにゆっくりと捏ねくり始めた。

「ああっ、ダメ・・許されない・・」

言葉だけの抵抗だった。
その証拠に、閉じていた両脚が勝手に開いて行く。

そして操り人形のように、昌尚の指に合わせて留美は腰をくねらせた。
頃合と見た昌尚は、留美の両脚を高々とV字に掲げ、その中心にあるクレパスへ顔を埋めた。

「いやっ・・あぐううう・・」

留美は言葉にならない唸り声をあげた。
昌尚の舌先が、クリトリスを弾いて膣口を蹂躙する。
秘部を舐められる感触など忘れていた留美は、子宮をズキズキと疼かせる悦楽に悶絶した。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第二十章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第二十章 

郊外のラブホテルに入った。
シャワーを浴びながら、留美は鏡に裸身を写した。

(抱かれたい・・でも・・)

見慣れた裸身に、留美は改めて大胆過ぎた行動を後悔した。
子供を産んだ三十路半ばの肉体を、人目に晒すには勇気が必要だった。

若い頃はぐんと迫り出していた乳房も、今は張りもなく垂れ始めている。
ウエストのくびれは跡形もなく、下腹部は皮下脂肪が余るほど覆っていた。

留美はバスタオルを巻いて浴室を出た。
すでにシャワーを浴びた昌尚は、ベッドに腰かけてテレビを見ていた。

「お願い、明かりを消して」

だが昌尚はベッドから立ち上がると、留美の体を抱いて口唇を重ねてきた。
何年ぶりのキスだろうか。
激しく絡みつく舌の感触に、自然と体の芯が熱く火照ってくる。

そのまま二人はベッドへ倒れ込んだ。
体をもつれ合わせながら、昌尚は留美の巻いていたバスタオルを剥ぎ取った。

「い、いやっ、部屋を暗くして!」

「ダメだ。君の体が見たい」

昌尚は抗う留美を組み敷くや、腕をつかんで十字架形にベッドへ磔にした。

「見ないで・・嫌われたくない・・奥さんみたいに綺麗じゃないから・・」

留美は昌尚から顔を背けて涙声で訴えた。

「そんなことはないよ。とても魅力的だ」

昌尚はそう耳元で囁くと、留美の乳房にむしゃぶりついた。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : エロ同人作品
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第十九章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第十九章 

翌日、未来を実家に預けると、留美は念入りに化粧を施し、胸元が大きく開いて裾丈が短いワンピースを着て家を出た。
待ち合わせ場所の駅で佇んでいると、車に乗った昌尚がロータリーに現れた。

「ごめん、ちょっと遅刻したかな?」

「いえ、私も今来たところです」

待ち合わせ時間より十五分も早く来ていた留美は、愛らしい女子高校生のような嘘を口にした。
イタリア料理のランチを食べながら、留美は上目遣いに昌尚を見つめた。

「お忙しいのに、わざわざ来て戴いて・・」

「いえ大丈夫ですよ。今日は楽しいひと時を過ごしましょう」

昌尚は、留美がどうして切羽詰ったメールを送ったかは尋ねなかった。
ただパスタを食べながら、面白い話題で留美を笑わせてくれた。

(優しい人)

留美はその心遣いが嬉しかった。
いきなり会いたいと何度も書けば、普通の男なら必ず理由を聞きたがるものだ。

だが昌尚は何があったかを聞こうともせず、留美をそっと励ましてくれているのだ。
昼食を終えた昌尚は、留美を再び車へ誘った。

車は郊外へ走って行く。
どこへ行くのか昌尚は語らず、留美も聞こうとはしなかった。

「抱きたい」

フロントガラスを見つめたまま、昌尚はぽつりと呟いた。

「・・はい」

躊躇いはなかった。
夫の顔も未来の顔も浮かばなかった。
だが昌尚が本気で留美を愛しているとは思えなかった。

遊びなのだろう。
それでも良かった。
今の留美には昌尚しか見えていなかった。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第十八章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第十八章 

『クリスマスローズ』   三橋美佳
※小説の中に挿入された小説↓を「作中作」と称します。 

 ・・・・・・・・
 ・・・・・・・・
一週間後、夫はまた浮気して夜遅く帰ってきた。
香水の匂いをぷんぷんさせている。

バツが悪いのか、留美に早く寝ろと同じ言葉を繰り返した。

「あ、あなた・・なるべく早く家へ帰ってきて・・体を壊したら大変だし、未来もあなたがいない夜は寂しそうだし・・」

勇気を出して留美は夫の不実を諌めた。
夫は不機嫌そうに留美を怒鳴りつけた。

図星だったのだろう。
間違いなく夫には愛人がいるのだ。

寝息を立てている未来の布団に潜り込んだ留美は、泣きながら携帯を開いてメールを打った。
加納昌尚宛だった。

『会いたい、会いたい・・』

留美は叩きつけるように何度も文字を打った。
壊れかけた留美を救ってくれるのは、女として見てくれる昌尚だけだった。
すぐに返信が来た。

『明日の昼、仕事をサボる共犯者になって下さい』

感情を露にした留美を気遣って、昌尚はわざと冗談めいた文章を書いてきた。
留美はその優しさが嬉しくて、その晩は携帯を抱きながら眠りに落ちた。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第十七章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第十七章 

あれから一週間、小説の続きが書かれているかもしれない。

「美玖を寝かせるので、私も先に休ませてもらいます」

風呂から上がった美佳が、美玖にパジャマを着させながら言った。
どこか冷たい口調に聞えた。

「ああ、早く寝なさい」

雄士は辛うじて感情を抑えて告げると、美玖と階段を上がって行く美佳の後姿を舐めるように見つめた。
由希ほどスリムではないが、大きめなヒップがむっちりと迫り出している。
太めなタイプが好みの男なら、豊満な肢体にむしゃぶりつきたくなるだろう。

(・・くそ、誰が美佳を)

雄士が独占していた美佳の心と体が、するりと掌中からこぼれ落ちようとしていた。
失ってから初めて真の価値はわかるものだ。

このヒップが誰かに鷲づかみにされていると考えただけで、雄士の心臓はぎゅっと懊悩に締めつけられるのだった。

あの夜、小説を読んで雄士は勃起した。
美佳を抱きたい衝動に駆られた。

他の男に抱かれるのを夢想して、初めて雄士は美佳が女であることを知ったのだった。
嫉妬に身を焼かれながら、雄士はパソコンを立ち上げた。

(あ、あった)

美佳の『クリスマスローズ』は更新されていた。
雄士は深呼吸した。
そして震える指でファイルを開いた。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第十六章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第十六章 

雄士が由希と浮気できるのも、美佳がいてくれるからこそだった。

(美佳の心が揺れている)

映画館で男に内腿をまさぐらせて、美佳は胸をときめかせているのだ。
いつ一家を支える気持ちを失い、家事や育児を放棄して男の許へ走るやもわからない。

もちろん小説が事実である必要はない。
美佳の書いた小説は空想の産物かもしれない。

だが事実か否かは別として、そこには美佳の思いが込められている。
今浮気していなくても、その欲望が美佳の心に巣食っていることは間違いない。

その日も雄士は早々に帰宅した。
美佳は普段と変わらず夕飯の支度をしていた。
テーブルを囲み、美玖も含めた家族三人で食事が始まる。

(偽りの団欒か)

表面は和やかな家庭だが、美佳の心はすでにこの場を離れ、遠く男の許へ飛んで行っているに違いない。
雄士は美佳へ目を遣った。

妻の顔をよく見るのは結婚して初めてかもしれない。
いつもは育児疲れした顔が、どこか艶めいて女らしく感じられた。

(もう抱かれたのか・・)

嫉妬と後悔が雄士を襲った。
確かに雄士は美佳を女として扱って来なかった。

まさかそれが、他の男に走るほど負い目だったとは夢想だにしなかった。
雄士は缶ビール片手にテレビを観ながら、悶々として美佳が眠るのを待った。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第十五章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第十五章 

美佳の小説が原因だった。
小説は未完で終わっていたが、留美と言う主人公が、美佳自身であることはすぐにわかった。

(まさか美佳が・・)

雄士にとって雷に打たれたような衝撃だった。
もちろん雄士の浮気に気づいていたこともそうだが、娘の友達の父親へ、美佳が女の感情を抱いていることにショックを受けた。

だが小説を読んだ夜、美佳を問い詰めることはしなかった。
携帯のアドレスをもらっただけで、美佳が浮気したか否かは、続きを読まなければわからなかった。

(この後、美佳は・・)

そればかりが気になった。
美佳が男に奪われると想像しただけで、雄士の心は千々に乱れるのだった。

パソコンの画面にメールの受信が表示された。
由希だった。
由希は同じ事務所のフロアで経理伝票を入力している。

『どうしたんですか? 編集長に叱られるなんて、荒木さんらしくないですよ。今晩デートしましょう。たっぷり慰めてあげますから・・ウフフ・・』

ちらっと由希の顔を見た。
何ごともないようにパソコンへ向かっている。

『ごめん。今夜は用事があるんだ。この穴埋めはまた・・』

雄士はメールを返信した。
メールを開封した由希が、少し寂しそうな顔をした。

用事があるのは嘘だった。
今の雄士に由希との逢瀬を楽しむ余裕などなかった。

ガラガラと生活が音を立てて崩れ始めているのだ。
しっかりした美佳がいてくれるからこそ、荒木家は人並みに生活を営んでいけるのだ。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

関連記事

theme : 小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。