FC2ブログ

『喝采』・・・最終章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十九章

家に戻った美咲に弘明は何も言わなかった。
美咲がそうしたいならそれでいいと呟いただけだった。

美咲はこのまま専業主婦に収まれるのか不安を感じた。
華やかな世界に未練はあったし、平凡な夫とあと三十年暮らしていけるか自信がなかったからだ。
早春の花々に埋もれて家族で弁当を食べていると、不意に立派なカメラを担いだ男達が近づいてきた。

「三浦さん、やはりここでしたか」

「やあ、大森さんと戸部さん」

二人は弘明の鉄道仲間だった。
やはり弘明と同様、花畑を走るSLを狙いに来たらしい。
大森がじっと美咲の顔を見つめた。

「奥さん、写真で見るよりやはり実物の方がお美しいですね」

「え、写真?」

「あれ、ご存知ないんですか? 三浦さんも照れ屋だな」

大森はごそごそと鞄の中を掻き回すと、鉄道専門の月刊誌を取り出して捲った。

「あっ」

写真コンテストのページに、弘明の写真が特賞として大きく載っていた。
鉄道博物館で大志と撮った写真だった。
キハ11を背景に、美咲と大志がアップで映っていた。

「・・これが私?」

思わず美咲は我が目を疑った。
テレビや雑誌に映る経営者の顔とは、まったく別人の優しい表情をしていた。

大志を後ろから抱き締めてうっとり微笑んだ顔は、永遠に変ることのない慈母の愛しみを湛えていた。
蕩けてしまうほど幸福に満ち足りた美しさがそこにあった。
美咲は弘明を見た。

「あなた・・」

「・・うん、僕はその笑顔が一番いいと思う」

照れながらそれだけ言い残すと、弘明はカメラを持って大森と戸部の後を追って行った。
弘明は知っていた。
誰よりも本当の美咲を知っていたのだ。

遠くで汽笛が聞こえた。
柔らかい春の陽射しにほころんだ花々が、美咲に小さな喝采を送っているようだった。
 
 ――閉幕――

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十八章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十八章

目に沁みる青空から、まだ弱々しいが、春を予感させる陽射しが降りそそいでいる。
一月下旬の南房総。
温暖な気候を利用して、真冬の都心へ出荷する花の栽培が盛んな土地である。

海岸に面した丘には、菜の花やキンセンカ、ポピー、ストックなどが、鮮やかな彩りの絨毯を広げていた。
美咲はその絨毯の真ん中に立っていた。

「さあ、お昼にしましょう」

花畑の脇にシートを敷いた美咲は、早朝に起きてつくったお弁当を広げた。
花畑の山側には外房線の線路があり、その脇でカメラの三脚を組み立てていた弘明と大志が戻って来た。

「パパ、本当に蒸気機関車が走るの?」

「ああ、D51が煙を吐きながら目の前を通るんだよ。でもその前にママの作ったお弁当を食べよう」

「うん」

二人は興奮気味におにぎりを頬張った。
今日は房総の観光キャンペーンで、勝浦と館山間を蒸気機関車が運行される日だった。

花畑を走る機関車を撮影したい弘明に誘われて、美咲と大志も弁当持参で早春の南房総へ足を運んでいた。
美咲はエターナル社を退職した。

華やかな世界を去って平凡な専業主婦に戻ったのだった。
愛する逸見に裏切られ、政略結婚さながら、美咲は鮫洲の毒牙に穢された。

美咲はビジネス界の醜悪さを知った。
煌く世界の裏側に、冷酷な金の論理と非情な男達の欲望を垣間見た。

結局、エターナル社は鮫洲の傘下に収まったが、馬場に続いて美咲を失い、今は更なる転売先を探しているらしい。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十七章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十七章

美咲は愕然とした。
エターナルへの増資話など、逸見は最初から聞く耳を持っていなかったのだ。

「・・で、出まかせよ、あの人が私を裏切るはずがないわ」

「今、逸見の秘書をやっている女を知っておるか?」

「えっ、まさか・・」

美咲はホテルで見た秘書を思い浮かべた。
美咲を睨みつけた目には、あの夜逸見を寝取られた嫉妬がこもっていたのだ。

「そうや。今夜大阪へ帰るのは嘘で、今頃二人は熱海あたりで泊まっているはずや」

「・・・・」

貧血を起こしたように美咲の頭は真っ白になった。
鮫洲は、抜け殻になった美咲をそっと仰向けに押し倒した。

「わしも商売人や。無駄な銭は使わん。お前がいたから数億の金を出したんや。ええか、わしと組めばすぐに会社を大きくしてやるで」

鮫洲は美咲の両脚を開いて組み敷くと、いきり立った男性を秘宮に押し入れてきた。

「うむ、この締まりが堪らん・・ほんまに上玉や・・」

鮫洲は無心に男性を突き上げてくる。
だが美咲の心はすでに体から幽体離脱していた。

「どうだ、感じるか?」

「・・・・」

美咲は魂を失った死体のように、ただガクガクと鮫洲の動きに体を揺らすばかりだった。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十六章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十六章

その時、身の危険を感じた美咲の女が切れた。

「ふざけないでよ!」

無意識のうちに、美咲は鮫洲の頬を平手で張っていた。

「私は逸見の女よ。あんたなんかに自由にさせないわ」

布団の上で啖呵を切った美咲は、脱がされた浴衣で体を覆い隠した。
鮫洲は叩かれた頬を押さえて不敵にも大笑いした。

「わはは・・その気の強さがまたええ。だが逸見も悪い男だ。女にはきっちりと引導を渡してやらなあかん」

「どういうこと?」

「お前は逸見に売られたんや。会社ごとわしにな」

美咲は耳を疑った。

「そ、そんな馬鹿な・・」

「嘘やない。来月契約が済めばわしが名実共にお前の主や」

鮫洲はエターナル社買収の経緯を話し始めた。
現在、企業の評価は『連結』と呼ばれる企業グループ単位で行われる。

関東製薬と言う個々の会社ではなく、関東製薬グループで世間から業績評価されるのだ。
そのため逸見は関東製薬グループの改革に乗り出した。

グループ企業の収益力を強化するのが目的で、まず赤字企業の整理に手をつけ始めた。
その槍玉に挙がったのがエターナル社だった。

だが赤字の会社を買う物好きなどいない。
そこで柔道部の先輩にあたる鮫洲に頼み込んだのだ。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十五章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十五章

美咲は耳を覆いたかった。
心ならずも、恥ずかしいほど淫蜜が音を立てている。

「やめて下さい・・ああ、やめて・・」

「ほれ、お汁がたっぷり出てきたで」

鮫洲は美咲の耳元で囁くと、秘芯を撫でていた中指をぐっと折り曲げた。

「あうっ!」

迷いながらも抗っていたのに、美咲の秘宮はいとも容易く鮫洲の指を受け入れた。
美咲は悶絶するしかなかった。

「あ、ああっ・・だめ、許して・・」

「オメコの締まりも極上や。テレビと違ってこんなスケベ女だったとはなあ」

太い鮫洲の中指が美咲の秘宮を好き勝手に掻き回す。
まるで指人形のように、美咲は息も絶え絶えで鮫洲に操られるばかりだった。

不意に体が宙に浮いた。
鮫洲が背後から美咲を抱き上げたのだ。

そして老人とは思えぬ力で、美咲を持ち上げたまま隣室との襖を足で開けた。
常夜灯だけが灯る薄暗い和室には、お決まりの布団が二組並んで敷かれていた。

美咲はその布団に投げ転がされた。
鮫洲は浴衣を脱ぎ捨て、美咲の前に立ちはだかった。

「いい女を前にして久しぶりに欲情してきたわ」

巨大な影となった男性を怒らせた鮫洲は、美咲に覆い被さるや巧みに浴衣とショーツを剥ぎ取った。

「わしの側女になれ」

酒臭い醜い赤ら顔が、ぬっと美咲の眼前で服従を強いた。
 
つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十四章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十四章

巨体の鮫洲が背後から美咲を抱き寄せた。
老人とは言え、柔道で鍛えた腕力で、美咲は軽々と胡坐の上に乗せられた。

「や、止めて下さい」

「またこの乳が実に男を惑わせおる」

後ろから美咲を抱き込んだ鮫洲は、浴衣の合わせから手を忍ばせてきた。
そして簡単にブラを外すと、ゴツゴツした指で両の乳首を摘んだ。
反射的に美咲は体を震わせた。

「あっ」

「おう、立派な乳だが、感度もなかなかいいみたいやな」

「い、厭・・厭よ・・」

美咲は抗おうとしたが、ただ体をもじもじさせるだけで、強い鮫洲の腕から逃れることはできなかった。
中途半端な抵抗だった。

もちろん狒々爺などに体を触られたくないが、逆らえば美咲とエターナルの命運も尽きてしまうのだ。
だが逸見の東京妻としてのプライドもある。

手玉にとれとは命じられたが、女を捨てる失態を演じれば、逸見の愛を失ってしまうに違いない。
途惑う美咲をいいことに、幼女にオシッコをさせる格好で、鮫洲は背後から両脚を力任せに開いた。

「ああっ」

後ろから抱っこされた美咲は、浴衣の裾が肌蹴てショーツを露にした。
つかさず鮫洲の指が、ショーツの縁から秘部へと潜り込んできた。

「だ、だめぇ・・」

「いくら嫌がっても、ここはもう濡れておるで」

そう嘲笑った鮫洲は、開脚で剥き出しにされた敏感な秘芯を指の腹でねぶった。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : ***官能*告白*体験談***
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十三章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十三章

ふと逸見の言葉が蘇った。

「経営者として生き残れるかどうかは、今夜お前の鮫洲への接待にかかっている」

いくら好色爺でも、まさか親交ある逸見の愛人を犯したりはしないだろう。
せいぜいお触りバー程度の酒席に違いない。

それさえ我慢すれば、鮫洲の力を借りて馬場の穴埋めができる。
否、鮫洲に貸しをつくれば、飛躍的にエターナルを発展させることもできるのだ。

美咲は、温泉で火照った体に浴衣をまとって、再び鮫洲の待つ離れへ向かった。
鮫洲は一人で熱燗を傾けていた。

「おお、よう来たな」

「はい・・よろしくお願いします」

座卓の対面ではなく、鮫洲は美咲を隣に座らせた。

「この方がお酌してもらいやすいでな」

顔だけでなく、禿頭まで真っ赤に照からせて、鮫洲は嬉しそうにお猪口を突き出した。
仕事の話をしながら用意された徳利が空いていく。

「社長なんかにしておくのが惜しいほど美人やなあ」

「まあ、お上手ですね・・」

「うむ・・このむっちりとした肉づきが素晴らしい」

鮫洲は美咲のヒップを浴衣の上から撫で回してきた。
会社のためと美咲は口唇を噛み締めた。
だが鮫洲の掌は、ますます図々しくヒップから太腿へと這い回ってくる。

「・・さ、鮫洲さん」

「悪いようにはせんから、な、な・・」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 美熟女
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十二章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十二章

やがて懐石料理も、締め括りのフルーツが運ばれてきた。

「いやはや、関東でこんな上手い懐石が食べられるとは思わんかった。逸見君の心遣いに感謝するばかりや」

「有難うございます。是非今後とも、関東製薬を懇意にして戴ければと存じます。また三浦君のエターナル社も、何卒良しなにお願いします」

「おうおう、わしに任しておけや」

逸見は頭を下げながら、上目遣いに鮫洲の顔を見上げた。

「それでは、私はそろそろ退席させて戴きます」

「えっ?」

美咲は吃驚して逸見の顔を見た。

「ああ、三浦君には言っていなかったか。実は明日からアメリカへ出張でね・・今夜大阪へ戻らなければならないんだ。私の代わりとして、鮫洲先輩には失礼がないようにしてくれよ」

「・・・・」

「逸見君、年寄りのことなど気にするな。わしも君ぐらいの頃は、寝る間も惜しんで全国を飛び回っておったわい」

「申し訳ございません。ではごゆっくりおくつろぎ下さい」

呆然とする美咲を置き去りにして、逸見はそそくさと離れを出て行った。
鮫洲と美咲だけが広い座敷にぽつんと残された。
鮫洲はポンと膝を叩いた。

「さてと、美味いもんも腹一杯食ったし、もうひと風呂浴びてから、ゆっくりあんたの相談でも聞いたろか。後でまたこの部屋に来るとええ」

「・・は、はい」

断わる隙を与えさせない老練な誘いだった。
美咲は一旦母屋にある部屋に戻ると、温泉に浸かってこの先の展開を読んだ。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十一章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十一章

裾を掻き分けて内腿に伸びる手を気遣いつつも、美咲は大笑する鮫洲に深々と頭を下げるしかなかった。
会食の前、美咲は逸見にこっそり耳打ちされていた。

「他の役員に反対されて増資はできないことになった。化粧品事業に将来性はないと批判された」

「こ、困るわ・・馬場の辞任で社内が動揺しているのに」

「申し訳ないと思って、今夜お前を箱根へ呼んだんだ。鮫洲のドラッグストアを取り込めば、エターナルの経営も万全なものになるはずだ」

「・・それはそうだけど」

「いいか、経営者として生き残れるかどうかは、今夜お前の鮫洲への接待にかかっている」

美咲は頼る術を失って茫然とした。
関東製薬はエターナル社を見放した。
逸見も美咲を突き放したのだった。

「鮫洲を・・手玉に取ればいいってこと?」

「あのスケベ爺は、テレビに映る三浦美咲に恋焦がれている。実は遠回りに宴席へ来させるよう命じてきたんだ」

 美咲は逸見の目を見つめた。

「でも・・あなたはそれでいいの?」

「あの男を怒らせれば、関東製薬の土台も揺らぎかねない。お前のためにも多少のことは目を瞑るしかない。」

珍しく逸見は愁いを含んだ表情で俯いた。
美咲はそれ以上何も聞かず、エターナルを発展させるため、愛する逸見を守るため、スケベ爺の待つ宴席に乗り込んだのだった。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・第二十章

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二十章

浴衣に褞袍姿の鮫洲は、満足そうに舌鼓を打った。

「こら、ええ隠れ家や、逸見君」

「有難うございます。先輩に喜んで戴けて嬉しい限りです」

普段は頭など下げることのない逸見が、でっぷりと太った禿頭の老人に媚びへつらった。
鮫洲は六十二歳、一代で巨大ドラッグチェーンを立ち上げた立志伝中の人物である。

鮫洲は大阪の出身で、逸見が出た高校柔道部のOBに当たる。
関東製薬が大きく発展できたのも、鮫洲との人脈が大きく影響していると言われていた。
美咲は浴衣の袖を手繰って鮫洲へ徳利を傾けた。

「しかも美しいご婦人のお酌つきとは極楽浄土や」

「あら、もう姥桜ですわ」

「いやいや、テレビで見るよりずっと美しい。こんな女性に惚れられる逸見君が羨ましい限りや」

鮫洲は、美咲が東京妻であることを知っているらしい。
だが真っ赤に茹で上がった顔で美咲を見つめると、大胆にも鮫洲は座卓の下から太腿へ手を伸ばしてきた。

年を取っても、その目にはまだ男の欲望が燃え盛っていた。
蠢く手を知ってか知らずか、逸見は愛想よく鮫洲のご機嫌を窺った。

「先輩のお望みと伺いまして、すぐに三浦君を東京から呼び寄せました。彼女も先輩にお会いできて光栄でしょう」

「うん、そうかね・・確かあんたは化粧品会社の社長をしているじゃったな」

「はい、小さな会社ですが、エターナル・コスメティックスと申します」

「わしの店でも化粧品は扱っておる。相談があれば何でも聞いてやるぞ」

「宜しくお願い致します」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5