FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅殻島(べんがらじま)・・・第十九章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十九

伊勢の愛撫に堪え切れなくなったのか、雛子の手が伊勢の股間に伸びてきた。
すでに硬くなった伊勢自身の形をなぞるように、ジーンズの上から執拗に擦り上げてくる。

「大きくなっている・・早く欲しい・・」

じれったそうに雛子は伊勢の服を脱がせ始めた。
ブリーフから伊勢の肉茎が砲弾のように飛び出した。

雛子は伊勢をソファに座らせると、呼吸を荒げたまま股間に跪いた。
そして湧き上がる情炎を燈した瞳で、雛子は直立した伊勢の肉茎を握るや、その先端を押し包むように口で含んだ。

今度は伊勢が体を震わせる番だった。
毎晩の自慰で見慣れた醜悪な肉茎が、赤いルージュの縁取りへとゆっくり消えていく。

うっとりとした表情で無心に頬張る雛子。舌先が絡みつくように伊勢の肉茎をしごき上げていく。

「・・ううう」

射精への焦燥感に駆られて伊勢は小さく喘いだ。
英生をも虜にした舌戯が、伊勢の心と体を業火でちろちろと炙り焼く。

「ずっと雛ちゃんが好きだった・・僕はいつまでも兄貴の代役なんかじゃない」

「伊勢さん・・私も伊勢さんが好き・・」

ソファに座った伊勢の太腿に雛子が跨ってきた。
そして抱き合ったまま二人は、飽きることなく長い時間口唇を貪った。

「はうっ、おかしくなっちゃう」

雛子は口唇から唾液を垂らし、惚けた表情で伊勢を見た。
おしっこをするような格好の雛子は、陰部から淫蜜を滴らせて、伊勢の太腿をぐしょぐしょに濡らしていた。

雛子は腰を浮かせると、伊勢の直立した肉茎を自分の花芯に宛がった。

「ああ、伊勢さんのが入ってくる・・」

ゆっくりと雛子がヒップを落としていく。
ぬるっと伊勢の先端が雛子の体に滑り込む。

ねっとりと締めつける肉襞から、雛子の体温がじんわりと肉茎に伝わってくる。
雛子は伊勢の首に腕を回して、肉茎をくわえ込んだまま、淫らに腰をくねくねと動かし始めた。

「いいっ、奥に当たるぅ・・」

恍惚の表情で再び口唇を重ねてきた雛子は、伊勢の上に乗って夢中で腰を淫らに振った。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十八章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十八

ヒクッ、ヒクッと間歇的に雛子は肢体を痙攣させる。
短いスカートが捲り上がり、真っ白い内腿が剥き出しになっている。

そしてちらちら覗く薄いピンク色のショーツが、脱がせて欲しいと小さな三角形を妖しく蠢かせている。
伊勢はショーツの上から秘部のあたりに中指を這わせた。

「ああっ!」

ぐにゅっとした感触とともに、雛子は全身をのけ反らせた。
確かめるまでもなく、指先はショーツの下に溢れる淫蜜を感じていた。
雛子をソファに横たえたまま、伊勢は足元へ回りこんでショーツを脱がせた。

「いやっ、恥ずかしい」

首を振って嫌々する雛子だが、脱がせたショーツには、おびただしい淫蜜がこびりついている。
伊勢は息を呑んだ。

整えられた恥毛の下、桃紅色にほころんだ妖花が夜露に濡れていた。
そのてらてらと艶めく光沢が、獣となった伊勢の劣情をさらに燃え上がらせる。
呼吸を荒げながら、伊勢は妖花に口唇を押し当てた。

「ああっ、伊勢さん!」

ギュッと雛子の柔らかい内腿の肉が、伊勢の顔を左右から挟み込んだ。
膝を持って両脚を高く掲げた伊勢は、剥き出しになった妖花を丁寧に舐め上げた。

「い、いいの・・あそこがズキズキ疼いてくる・・」

微かな酸味を舌先に感じながら、伊勢は熱く火照った秘肉の襞をこねくり回した。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 淫乱人妻
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十七章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十七

伊勢はソファへ雛子を押し倒した。
Tシャツを力任せに捲り上げると、シャツの白さと変わらぬ雛子の肌が、黒いソファの上に生々しく浮き出した。

「ああ・・」

切ない吐息とともに、形のいい乳房が目前に弾み出た。
仰向けに寝ても崩れないお椀型の膨らみは、鳶色の小さな乳暈と乳首を可憐に戴いている。

長年夢想してきた乳房だった。
震える手で、伊勢はそっと雛子の乳房を撫でてみた。
指の起伏に乳首が引っかかり、雛子の全身がさっと鳥肌立った。

「ああん、気持ちいい」

見る見るうちに乳暈がポツポツと粟立ち、乳首が痛そうなほど硬く尖っていく。

「・・吸って、乳首を吸って」

命じられるままに、伊勢は乳房の谷間に顔を埋めた。

鼻腔を満たす女の甘い匂い。
心を蕩けさせるほど温かい肌。
天使の頬を思わせる柔らかな触感。

伊勢はゼリーのように震える乳房を両手で掬うと、ぎゅっと凝縮した乳首をそっと口に含んだ。

「いい・・いいの、伊勢さん」

おしゃぶりを与えられた赤ん坊のように、伊勢は夢中で雛子の乳首を吸い続けた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

紅殻格子のつぶやき⑧

紅殻格子のつぶやき⑧

『紅殻島』を応援戴き有難うございます。
アクセス数は減ったようですが、コアな読者、600人以上も残って戴きました。

官能小説ではありますが、エロが少ないのでなかなか一般受けはしないようです。
でもそれでいいと思っています。

この作品は間違いなくいい話だと思うからです。
読んで戴いている皆様の感性は、私にとって大切な財産に他なりません。

年明け2月頃には、『小説NON』に新しい作品を発表する予定です。

また告知させて戴きますが、『紅殻島』をご愛読戴く皆様から、
是非ともご批評をうかがえたらと思います。

さて2009年も残り僅かです。
今年一年おつきあい有難うございました。
皆様にとって来年も素晴らしい年でありますように・・・
紅殻格子

 『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~ 

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十六章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十六

伊勢は雛子を抱きしめた。
雛子は悪戯っぽい瞳を伏せただけで、伊勢の腕の中で抗おうともしなかった。

「ひ、雛ちゃん・・」

そのしなやかな肢体を掌中にした伊勢は、やっとのことでその名を上ずった声で呟いた。
テレビ台の脇に飾られた結婚式での写真が、雛子の肩越しに見える。

(・・兄貴)

子供の頃から、伊勢は英生の後ろをついて歩いていた。

「伊勢、俺はもう野球に飽きたから、お前が代わりにピッチャーやれ」

「伊勢、俺はもう切手集めなんか飽きたから、コレクションを全部お前にやるよ」

天才肌だった英生は、何事にも好奇心旺盛だったが、同時に醒めやすく、すぐに投げ出してしまう性格だった。
スポーツでも趣味でも、いつもその後事を託されるのは伊勢だった。

(雛ちゃんも・・なのか)

英生を幼い頃から知る伊勢は、愛情が醒めた雛子を託されたのかと直感した。
洞察力が深い英生のことだ。

雛子に未練が残る伊勢の心中まで見透かしているのかもしれない。
いくら英生でもそれは許されない。

だが腕の中にいる雛子を想うと、英生の策略だとわかっていても、見捨ててこのまま帰るにはいかなかった。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 淫乱人妻
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十五章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十五

雛子はノーブラだった。
白いTシャツの生地に、小さな突起が二つ浮き出している。

「あ、あの雛ちゃん・・僕は、そろそろ・・」

「ダメよ。か弱い女を独りぼっちにするつもりなの?」

雛子は立ち上がった伊勢の腕をつかむと、胸元で抱きかかえるようにして再びソファへ座らせた。

「し、しかし・・」

躊躇う伊勢の腕に乳房を押し当て、雛子は哀願するようにじっと顔を覗き込んだ。
昔の雛子が得意にしていた科だった。

伊勢はごくっと生唾を呑み込んだ。
一度は雛子のことを諦めた。

雛子を愛すればこそ、英生を敬愛すればこそ、伊勢は己の我がままを石棺に封じ込めたのだ。
エリートと場末のホステス。

だがシンデレラ・ストーリーは、所詮英生の気まぐれだったのかもしれない。
ドブ川の河原に捨てられた子犬を、可哀想だと拾うような感覚だったのかもしれない。

スナック時代を思わせる雛子の媚態は、英生の愛情がすっかり遠退いてしまったことを物語っていた。
揺れる伊勢の心を知ってか知らずか、雛子は男の理性を決壊させる楔を打ち込んだ。

「・・寂しいのよ」

憂いに潤んだ瞳と腕に伝わる柔らかな肉感が、封じ込めてきた伊勢のたぎる血を逆流させた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 淫乱人妻
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十四章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十四

突然雛子から電話がかかってきた。

「伊勢さん、近所で強盗事件があったの。うん、まだ犯人は捕まっていないわ・・恐くて仕方ないのよ」

「・・はあ」

「あの人は出張中だし、晩ご飯をご馳走するから用心棒で来てくれないかしら?」

伊勢は躊躇した。

「でも、兄貴がいないと・・」

「大丈夫、あの人から電話があって、心配なら伊勢さんに来てもらえって」

そこまで言われると、伊勢も断りづらかった。
終電の時間を確かめてから、休日の午後T市へ向かった。

マンションに着いて、伊勢は出迎えた雛子の姿に吃驚した。
いくら夏とは言え、雛子は白いTシャツと膝上二十センチのスカートを穿いていた。

「恐かったわ、伊勢さん」

「・・あ、いや」

後退りする伊勢の手を取って、雛子は強引にリビングへ招き入れた。
雛子は酒が強い。
まだ日が高い午後から、伊勢は雛子の悪い酒につき合わされることになった。

「でも伊勢さん、あの人はきっと今頃、エジプトでクレオパトラ似の女を抱いているのよ」

「いや、兄貴は雛ちゃん一筋だと思うけどなあ・・」

「ううん、だって帰国しても、接待、接待って、毎日午前様なのよ。私なんか放ったらかしだもの、悔しい!」

勢いに圧倒された伊勢は、雛子の顔から視線を落としてさらに驚いた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十三章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十三・

だが英生と雛子の蜜月は二年も続かなかった。
結婚してしばらくすると、英生は経営企画部から国際事業部へ異動になった。

海外の工場を管理するセクションだった。
海外出張が増え、英生は新妻を残して不在がちになった。

英生が帰国すると、海外でのストレスを発散したいのか、必ず伊勢をマンションへ呼び出した。
雛子が愚痴を言う。

「この人ったら、月の半分は海外出張で、最近全然かまってくれないのよ」

「雛ちゃんの気持ちはわかるけど、世界を相手に仕事をしている兄貴は凄いよ」

我が意を得たりと英生は伊勢の背中を叩いた。

「その通りだ、伊勢。世界の美女と遊んでいるわけじゃないんだよ。異国の地で一人仕事に打ち込んでいるんだ」

「へえ、本当に仕事かしら?」

ぷうっとふくれた雛子はワインを一気に飲み干した。
ところが日が経つにつれて、犬も食わない夫婦喧嘩は不安な様相を帯びてきた。

中東への出張で、英生が三ヶ月も家を空けることになったのだ。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・第十二章

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十二

招待されたマンションは、T市の駅前にそびえていた。
英生と雛子の新居だった。

伊勢はありきたりな赤福を手土産に、玄関のベルを押した。

「伊勢さん、待っていたわ」

「おう伊勢、早く上がれよ。いいワインが手に入ったんだ」

英生はエプロンを着け、キッチンで甲斐甲斐しく立ち働いていた。

誰もが羨む新婚家庭だった。
テーブルに着くと、独身男には眩しい手料理が並んだ。

「美味しそうだ・・雛ちゃんは料理上手だなあ・・」

雛子が運ぶ料理に、伊勢は故郷にいる母親の匂いを感じた。

「馬鹿、料理はほとんど俺がつくったんだ。雛子にはこれから筑豊の味つけを教えていくんだ」

キッチンから英生が大声を出すと、雛子はペロっと舌を出して笑った。

「あの人、食べるものにはうるさいのよ。あ~あ、私、伊勢さんと結婚した方が良かったかなあ・・」

スナックにいた頃の妖艶さは失せたが、薄化粧の柔らかな物腰が、新妻らしい初々しさを伊勢へ照射していた。

(これで良かったんだ)

焼酎党の伊勢に白ワインは甘過ぎたが、幸せそうな雛子を見ていると、涙にも似た苦くしょっぱい味がした。

伊勢はずっと雛子に惹かれていた。
英生をスナックへ連れて行ったのは、今にして思えば自殺行為だったかもしれない。

だが雛子の幸せを願えば、伊勢自身ではなく、英生と結婚した方がよかったに違いない。
雛子に未練はあるが、男らしく身を引こうと伊勢は心に決めた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 小説
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・(第十一章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十一

八年前、渡瀬英生と高野雛子は結婚した。
だがその結婚生活は五年で潰えた。

四十三歳の若さで、英生が肺癌により早世したからだった。
水商売の自出が理由で、英生の親族から絶縁状態にあった雛子は、行き先も告げず姿を消した。

伊勢は雛子を三年間探し続けた。
そして仲の良かったスナックの友人から、やっと雛子の消息を聞き当てたのだった。

紅殻島の売春婦。

伊勢は耳を疑った。
四十歳近くまで独身貴族だった英生は、マンションとかなりの金を残しているはずだった。

売春婦に身を落とさずとも、昼間の仕事だけで衣食住には困らないだろう。
また三十代半ばの美貌からすれば、いくらでも再婚相手がいたに違いない。

だが雛子は苦界に身を沈めた。
何故?

初めて私事都合で会社を休んだ伊勢は、荷造りもそこそこに列車へ乗り込んだ。
長い時間列車とバスを乗り継ぎ、人家も疎らな対岸から紅殻島を眺めた時、伊勢ははっとあることに気づいた。

紅殻島は海に閉ざされた牢獄だった。
昔、島へ送られた女達は、自由に外へ出ることが許されなかった。
島抜けして溺れ死んだ女もいると聞く。

今はそんな非道などないだろうが、島を出たところで、森林と田畑ばかりで遊ぶところもなかった。
伊勢は紅殻島へ来て初めて、雛子が身を落とした心情を察することができた。

(償いか・・)

財産を投げ捨て、自ら牢獄に身をつなぐことで、雛子は英生への罪を贖おうとしているのだ。
そしてその罪は、伊勢にとっても他人事ではなかった。

共犯者。
二人が犯してしまった過ち。

伊勢は船着場で暗い海を眺めながら、煙草にぽつんと赤い火を点した。
あの日・・・

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。