FC2ブログ

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十八章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十八

脳裏を過ぎった不意な想いを圭祐は慌てて打ち消した。
込み上げる自分の感情を誤魔化すように、圭祐は添付されている画像をクリックした。

一枚目の画像は、肉茎をくわえる宏美を斜め上から写していた。
若く逞しい巨茎の半分が、大きく開いた宏美の口唇に包み込まれている。

夫の圭祐には一度も見せたことのない痴態だった。
宏美は陶然と目を瞑り、さも愛おしそうに巨茎を押し戴いている。

圭祐はしばらくその画像から目が離せなかった。
そして知らないうちに、勃起した己の肉茎をしごいていた。

二枚目の画像は、その巨茎で犯されている宏美が上から写されていた。
両脚を拡げられた宏美の陰部に、大学生の巨茎が突き刺さっているのが見える。

感じているのだろうか、仰向けに寝た宏美の乳首が、見たこともないぐらい尖り立っている。
そして色白の顔を真っ赤に上気させた宏美は、あまりの悦楽に口を大きく開いて絶叫していた。
圭祐の肉茎をしごくスピードが否応なく速まる。

(ああ、これが宏美・・)

その画像から溢れる宏美の淫らな背徳の前には、留美の肉惑的な肢体もすっかり色あせる。
胸を焦がす嫉妬の黒い炎に、圭祐の淫欲は暴発寸前なまでに高まっていた。

(俺は、宏美を愛しているのか!)

圭祐はそう心の中で叫ぶと、捌け口のない想いを自らの手で吐き出した。

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十七章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十七

でもご主人、どうか宏美を叱らないで下さい。
良妻賢母と言う役割を負わされ、女を抑圧してきた宏美の苦しみをわかってあげて下さい。

確かに留美と比べれば、宏美は魅力的ではないかもしれません。
だからと言って、宏美の女を否定するのは間違いだと思います。

生意気言って済みません。
でも画像を見れば一目瞭然、絶頂を迎えた宏美の顔は間違いなく女です。

もしこれでも認めないのなら、このまま宏美の女を私にお預け下さい。
家事と育児には支障がないようにしますので、このまま宏美の女とつきあうことを許して下さい。

そうでなければ宏美が可哀想です。
少なくとも私は宏美を女として愛せる自信があります。

これで報告は終わりです。
非道な人妻ハンターは今回で卒業するつもりです。

これ以上女を物として扱うことには堪えられないからです。
そういう心境になれたのはご主人のおかけかもしれません。
有難うございました。
**********

圭祐は、自分でも顔から血の気が引いているのがわかった。
まるで心臓を握り絞られるような痛みに、自慢の怜悧な思考回路も停止していた。

(この切なさは・・)

それは中学生の頃、想いを寄せていた初恋の相手が、別の男とデートしているのを目撃した時と同じだった。
若かった圭祐は、嫉妬に苛まれて夜も眠れないほど煩悶した。
それほど彼女を愛していたのだ。

(・・まさか)

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十六章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十六

湯気が立ちそうなほど熱い愛液が、シーツに大きな染みをつくっています。

「これが本当の宏美だよ」

「嘘よ・・ああっ・・」

「嘘だと言うなら抜いちゃうよ」

私は腰を引いて男根を膣から抜く仕草をしてみせました。

「い、いやっ。抜かないで、お願い」

慌てて宏美が私にしがみついてきました。

「ああ、留美夫君が言う通りよ・・本当の私は・・淫乱な女なのよぉ・・」

懸命に私をくわえ込もうとする宏美に、私は切ないほどのいじらしさを感じました。
そして完全な女へと昇華させるため、再び私は猛る男根を熱い子宮へ打ちつけました。

「う、嬉しい・・もっと犯して・・私を、私をもっと淫らな女にしてぇ!」

雄叫びを上げた宏美は、やがて全身を痙攣させながらぐったりとベッドに沈んでいきました。

私は愛液に塗れた男根を抜くと、宏美の真っ白な下腹部を精液で汚してやりました。
これが人妻捕獲作戦の全貌です。

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十五章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十五

宏美は顎を突き出して激しく髪を振り乱しました。
そして腰を小刻みに動かし、硬く尖ったクリトリスを自分から舌に押し当ててきました。
私は舌を伸ばし、菊門から膣をえぐるように宏美の恥部を舐め上げました。

「ひいぃ、き、気持ちいい、気持ちいいの・・」

宏美はブリッジするように半ば腰を浮かせ、ヒクヒクと内腿を痙攣させて淫らに身悶えます。

「もう欲しいか?」

「ほ、欲しい・・留美夫君の・・が欲しい」

「聞こえないなあ、何が欲しいって?」

「あふぅ、オ、チン・・ああっ、留美夫君のオチンチンを入れて欲しいのよ!」

妻であることも母であることも忘れ、宏美は狂ったように淫肉を突き出しました。
私は宏美の両脚の間で正座すると、いきり立った男根をクレパスに宛がい、ぐっと腰を恥部へ押し寄せました。

「あうぅぅ・・お願い、奥まで入れて、もっとえぐって!」

貞淑な人妻とは思えない唸り声を発し、宏美は私の男根を受け入れていきます。
子供を産んだとは言え、使い込んでいない膣肉がきつく締めつけてきます。

私は腰をゆっくりと前後に動かし、男根を宏美の膣に馴染ませていきました。

「いやぁ、こんなの始めて・・気持ちいい、気持ちいいの!」

眉間に皺を寄せ、宏美はこみ上げる悦楽を懸命に堪えます。 
私は再び携帯を取り出し、そのレンズを宏美に向けました。

「淫らな宏美を撮るよ」

「ああ、だめ・・こんなの私じゃない・・」

結合した部分を私は接写しました。

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十四章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十四

私は携帯のカメラにその奉仕姿を収めると、宏美を再びベッドで仰向けに寝かせました。
そして添い寝をした格好で、丹念に乳房への愛撫を施していきます。

若い女のように弾力はありませんが、触感のいいぷよぷよとした軟らかさです。
もう乳首は早く吸って欲しいと言わんばかりに、ピンと天を仰いでそそり立っています。

私はやや垂れ気味の乳房を両手で掬うように真ん中に集めると、その深い谷間に顔を埋めて左右の乳首を強く吸ってやりました。

「あ、ああん・・感じる・・」

宏美は堪らず私の男根をぎゅっと握ってきました。

「おや、真面目な人妻のくせに催促かな?」

「いや、意地悪・・」

先ほどまでのおどおどした表情は消え、宏美の瞳には妖艶な炎が宿っていました。

「これはまだ序の口。もっと気持ち良くしてあげるからね」

私はそう予告して宏美の脚元に移動しました。
そして両方の足首を持つと、両脚をM字型に押し開きました。

お見せできないのが残念ですが、使い込まれていない宏美のアソコは、色も形も少女のように綺麗でした。
薄い翳りの下、うっすらと濡れて光沢を帯びた一直線のクレパスが通り、薄桃色の淫肉が僅かに覗いています。

「ああ、見ないでぇ・・恥ずかしい・・」

羞恥に身をよじる宏美の陰部に顔を埋め、舌先でクリトリスを上下左右に弾きます。

「あっ、あっ、だめ・・感じちゃう・・」

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十三章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十三

私は全裸になって沿い寝すると、宏美の手を取って男根を握らせました。

「・・すごい」

そう宏美は嘆息しながらも、女の本能なのか、命じもしないのに男根をしごき始めました。

「宏美を見てこんなに興奮しているんだよ」

「ああ・・恐いぐらい硬くて大きい・・」

「ご主人のとどっちが大きい?」

「・・わからない・・あまりよく見たことないから・・」

「ふ~ん、じゃあ僕のをよく見てごらん」

私はベッドの上で宏美を正座させると、その前で仁王立ちになりました。

「どう?」

小さく上下に脈動する男根を目の前にして、宏美は魅入られたように瞬きもできません。

「くわえたことはあるの?」

「そ、そんなこと・・」

宏美の顔に動揺が走りました。
私はご主人の無教育に呆れながらも、ゆっくりと丸く膨張した先端を口唇へ近づけました。

「ん、んぐぅ・・」

私の男根が処女の口唇を破って呑み込まれていきます。
これも女の本能でしょうか、教えもしないのに宏美は、男根を吸いながら舌先を絡めてきます。

「気持ちいいよ」

頭に手を載せて髪を指で梳かしてやると、宏美はうっとりと目を瞑り、男根がふやけるほど一心に仕えてくれます。

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十二章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十二

私は宏美をベッドに押し倒しました。

「あ、明かりを消して」

宏美は震えながら哀願しました。
美しくない容姿への羞恥でしょうか、それとも夫を裏切る罪悪感でしょうか、宏美は自分を闇の中へ消してしまいたいようでした。

「だめだよ。宏美が見たいんだ」

私は宏美の退路を断ち、着衣を剥いでいきました。
ブラウスとスカートを脱がすと、この日を予感していたのでしょうか、主婦にしては派手な黒のブラジャーとショーツが現れました。

「・・恥ずかしいから・・ああ、そんなに見ないで・・」

身悶えしながら、宏美は両手で顔を覆いました。
三十九歳の小太りな肢体は、確かに美しいとは言えません。

子供を抱いて太くなった二の腕、ウエストの括れが消えてぽっこりと膨らんだ下腹部、決してほっそりしているとは言えない両脚――だが私にとってそれは神聖な母性の象徴でした。

その聖なる熟肉を蹂躙することこそ、マニアに極上の悦楽をもたらしてくれるのです。
私は今にも乳房がこぼれ出そうなブラジャーと、下腹部のむっちりした肉に食い込んだショーツを剥ぎ取りました。

「綺麗だよ、宏美」

「ああ、嘘よ・・そんなの・・」

ご主人にもあまり見せたことがないのでしょうか、全裸を晒した宏美は、真っ赤に上気した顔を左右に振りました。

「嘘じゃないよ。その証拠に、ほら」
 
つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十一章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十一
**********
★投稿NO.2303
《投稿者》留美夫 2005/8/15
 《題名》人妻宏美捕獲作戦③

昨夜に引き続いて宏美捕獲の最終章を投稿します。
この計画を陰で操る留美は、今回の投稿をアップしたら、宏美のご主人にサイトを見るようメールするそうです。

全く恐ろしい復讐です。
いくら家政婦と蔑んでも宏美は妻、一体ご主人はどんな思いでこの投稿を見るのでしょうか。
私がその立場だったら、考えただけで背筋が凍る思いがします。

さて話はホテルに着いたところからです。
宏美はラブホテルが初めてらしく、可哀想なくらいおどおどしていました。
聞くと、二十五歳でご主人と結婚するまで処女だったと言います。

「でもご主人と来たりしなかったの?」

「主人は・・あまりそういうことをしない人だから・・」

「ふ~ん、セックスレスなんだ」

「私、魅力ないし、子供が生まれてからは用済みみたいな感じで・・」

「もったいないなあ、こんなに素敵なのに」

宏美をベッドに腰かけさせると、私は肩を抱いて優しくキスしました。
宏美もそうでしょうが、私の鼓動も激しく高鳴っていました。

思っていた通り、宏美はご主人しか男を知らない貞淑な人妻だったのです。
留美に怒られるかもしれませんが、人妻ハンターの私にとっては、獲物が貞淑であればあるほど欲情を掻き立てられるものなのです。
 
つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第二十章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
二十

口がカラカラに渇いている。
圭祐はスコッチをロックであおった。

焼けつく喉と胃が、焦がれる心を代弁しているようだった。
湧きあがる怒りと嫉妬をなだめ、圭祐は貼りつけられた画像をクリックした。

運転席から撮られたアングルで、助手席に座った女が写っていた。
むろん顔にモザイクはかかっているが、ブラウスとスカートには見覚えがあった。

慌てたのだろうか、ボタンを掛違えたブラウスの合わせから、圭祐が見たこともない黒のブラジャーが覗いている。
そしてスカートの裾も乱れ、むっちりと淫らな白い太腿が剥き出しになっている。

(信じられない)

写真は途中で切れているが、宏美の右肘から先は、間違いなく留美夫の股間へ伸びているようだった。
圭祐は髪を掻き毟った。

まさかあの真面目な妻が、二十歳そこそこの若造に口説かれて陥落するとは。
しかも不感症どころか、野外での愛撫にショーツを濡らしているのだ。
圭祐には想定外の出来事だった。

(何故だ、何故なんだ!)

かろうじて圭祐は心の煩悶を堪えながら、一番新しい投稿をクリックした。

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『人妻捕獲倶楽部』・・・(第十九章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
                『人妻捕獲倶楽部』
十九

母親に近い年の宏美が顔を真っ赤にして言い訳します。

「でもほら、もうこんなにぐっしょりと濡れて、僕の愛に応えてくれているじゃないですか」

私は宏美の手を取り、自分のものをズボンの上から触れさせました。

「ああ、留美夫君ったら・・」

うめくように喘いだ宏美は、恥ずかしそうに目を逸らしましたが、手は私の男根から離そうとはしません。

困惑した表情で男根を摩り続ける宏美を写真に撮ると、私は再び口唇を奪って有無を言わせず誘いました。

「ホテルへ行こう」

「・・・・」

頬を赤らめた宏美は、返事をする代わりに、俯き加減のまま男根をギュッと握りました。
作戦は成功しました。

次回はクライマックスです。
淫らに身悶える宏美の画像を貼ります。どうぞお楽しみに。
**********

つづく・・・
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5