FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「禁断の遺伝子」第十九章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております     

                 
                 『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十九

その途端、鴻巣が大声で笑った。

「アハハ・・安っぽい夫婦の三文芝居を観せられたら、できるものもできなくなるよ」

鴻巣は月絵の体から離れると、脱ぎ捨てた浴衣に再び腕を通した。

「後は一人で大丈夫だろう。悪いが私は帰らせてもらうよ」

「し、しかし鴻巣さん」

「私は最初からご主人の計画に乗り気ではなかった。
実の母と娘を犯したら、間違いなく地獄行きだ。
あの世で待っている孝蔵様と静子奥様に合わせる顔がない」

鴻巣は客間へ続く襖を開けてにっこり笑った。

「子守唄代わりに、お嬢さんの喘ぎ声をたっぷり聞かせてもらうよ。
老人にはそれがほどほどだ」

それだけ言うと、鴻巣は襖をピシャと閉めてしまった。

夫婦の寝間に静けさが戻った。
周一は心の中で鴻巣に手を合わせつつ、呆然とする月絵に踊りかかった。

「つ、月絵」

周一は月絵を組み敷くや、いきなりいきり立った肉茎を押し入れた。

「あ、あなた・・」

ぶるっと全身を震わせた月絵が、抗うことなく周一の腰に抱きついてきた。

「月絵、月絵・・」

狂ったように周一は柔らかい花奥を突きまくった。

「あなた・・いい・・気持ちいいの」

月絵は細面で整った顔を歪め、隣に鴻巣がいることも忘れて絶叫した。
千切れんばかりに乳房を振り乱し、律動する周一の体にすがりついてくる。

「うぐぐくぅ・・もっと、あなたもっと激しく突いて・・」

獣のように野太い唸り声を上げ、月絵は上半身を弓なりに仰け反らせた。
溶鉱炉のようにドロドロと熱い花奥が、ギュッと周一の猛る肉茎を締めつける。

「あなた、もういく・・ああっ、もういっちゃう・・」

月絵は全身をガクガクと痙攣させ、絶頂の渦に巻き込まれて果てた。
同時に周一も月絵の花奥へ精を撒き散らした。

そして二人は抱き合ったまま、厚い敷布団の中へゆっくりと沈んで行った。
しんと静まり返った部屋に、いつまでも夫婦の荒い呼吸だけが響き残った。

つづく・・・
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十八章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております     

                 
                 『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十八

周一は鴻巣の股間を覗き込んだ。
痩せた老人には似つかわしくない逸物だった。
黒光りするほど使い込まれた巨茎が、
半ばまで勃起した状態で、月絵の花芯と相対している。

「静子奥様はこうされるのが好きだった」

鴻巣は二三度自分の肉茎をしごくと、その鎌首を月絵の肉裂に宛がった。
そして手で小刻みな振動を肉茎に与えながら、月絵の花芽や花襞を蹂躙していく。

「あっ・・嫌っ・・いやよ・・」

月絵は執拗なまでの鴻巣の責めに、上半身を何度も左右によじった。
ピチャピチャと月絵の陰部が卑猥な音をたてる。

「ほら、お嬢さん。シーツに染みができるぐらい愛液が溢れてきたよ」

「ああっ・・やめてぇ・・」

「止めてってお嬢さん、よく見てごらん。自分から腰を振っているじゃないか」

鴻巣の言う通りだった。
いつの間にか月絵は肉茎の動きに合わせて腰を浮かせていた。

無意識のうちに月絵の体は、実母の静子と同じように、
鴻巣の肉茎を求めて蠢いていたのだ。

周一はごくっと生唾を呑んだ。

(つ、月絵が犯される・・)

夫の周一ですら陥落しなかった月絵が、
鴻巣の老練な愛撫の前に征服されつつあった。

確かに周一から頼んだことだった。
鴻巣の力を借りて、月絵の頑なな性への嫌悪を打ち砕くつもりだった。

だが鴻巣に奪われてしまう月絵を目の当たりにして、
周一の乳首を愛撫する手が恐怖に震えた。

(俺は・・やはり俺は・・)

妄想が現実になりつつある今、周一は月絵への愛しさに、
心臓が飛び出さんばかりに高鳴るのを覚えた。

夫婦という見えない絆が解かれた時、周一は忘れかけていた月絵への愛を、
新たに燃え上がらせている自分に気づいたのだ。

だがもう後戻りはできない。
月絵の体は、まさに鴻巣の凶器を受け入れんばかりに火照っている。

「あ、あなた・・」

月絵が周一の手を強く握ってきた。

「ゆ、許して・・私、あなたでなくても感じてしまうの・・」

月絵の瞳にはうっすらと涙が滲んでいる。

「こんな私を知られたくなかったから・・軽蔑されたくなかったから・・」

「つ、月絵・・」

「私は淫らな血を引く女なの・・だからあなたに相応しい妻になりたくて・・ああっ・・」

「いいんだよ、月絵。気づかなかった僕が悪いんだ。
 お前を思い遣れなかった僕に責任はある」

周一はぎゅっと月絵の手を握り返した。
肉茎で月絵の花芯を嬲っていた鴻巣が、手を止めて周一へ目線を投げた。

「ご主人、いいのかな?」

逡巡しながらも周一は頷いた。

つづく・・・

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十七章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております    
 
                 
                 『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十七・

月絵はぐんと体を仰け反らせた。

「んっ、んんっ・・」

まるで溺れる寸前の形相で、月絵は男二人の愛撫に堪えていた。
白い肌がじんわりと汗ばんでいる。

間違いなく月絵の花奥には、
絶叫したくなるほどの悦びが充満しているはずだった。

だが抗う体力を失いつつも、月絵の理性は崩れそうでなかなか崩れなかった。

「ううう・・私は違う・・母のように淫らな女じゃない・・」

よほどショックだったのだろう。
今、月絵はあの夜の苦悩と戦っている。
母の遺伝子を引き継いだ月絵は、
誰よりも鋭敏な性の感受性を持っているに違いない。

その悦びに麻痺されないほど、あの夜の悪夢は深い心の傷を残しているのだ。
鴻巣は乳房から離れてため息をついた。

「これはご主人の怠慢じゃないな。お嬢様が強情過ぎるんだ」

そう言うと、周一を押し退けて月絵の両脚へ潜り込んだ。
やむなく周一は仰向けに寝る月絵の横に回り、
汗と鴻巣の唾液に汚された乳房を揉みしだいた。

鴻巣は、月絵の肢体を脚元から目で舐め上げて嘆息した。

「ほう、あの夜の静子奥様と瓜二つだ」

「い、嫌よ・・獣・・」

すでに月絵は抗う力もなく、
むっちりとした下腹部を波打たせて呼吸を荒げている。

「静子奥様は女神だった。女としてあり余るほどの魅力を供えていた。
孝蔵様はそんな奥様を愛されていた」

「・・・・」

「年が離れた孝蔵様は、静子奥様を満たすために私を呼んだ。
それは孝蔵様の思い遣りだ。獣ではない。
私と言う道具を使って、孝蔵様は静子奥様を愛し続けようとしたのだ。
そんな美しい夫婦を獣と穢すなら、それが娘であっても私は許せない」

鴻巣はそう言うと、浴衣の帯を解いて、月絵の開いた秘部を前に正座した。

つづく・・・

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十六章・・・(紅殻格子)

     ※ 小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております   
  
                 
               『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十六

鴻巣はそう言って周一に目で合図した。
周一は、一気に月絵の寝巻きをショーツとともに下ろした。

「や、止めて!」

淡い翳りを下腹部に露出した月絵は、慌てて乳房を隠して手を離した。
鴻巣は老人とは思えぬ早業で両腕を押さえると、
月絵の頭を正座した両脚で上から挟むように固定し、剥き出しになった乳房へ顔を近づけた。

老練な舌技が月絵の乳房を襲った。
歯で乳首の根元を軽く噛みながら、舌先を細かく上下左右に振動させて嬲る。
時には強く、時には優しく、月絵の乳房は自在に翻弄されていく。

「くっ・・くくぅ・・」

月絵は眉間に皺を寄せて懸命に堪えるが、
徐々に乳暈は粟立ち、乳首が固く尖っていくのが周一にもわかった。

セックスレスとは言え、自分の妻が他の男に翻弄される姿を見て、
周一の股間も加速度的に膨張していく。

「他人に乳房を愛撫されて鳥肌立っているじゃないか」

「うぐぅ・・あ、あなた、やめて・・やめさせて・・」

下半身を担当する周一は、真っ白い太腿を撫でながら、
騙し騙し両脚を「へ」の字型に押し屈めていく。

そして閉じた両膝へ肩を割り込ませると、
一気に両脚を開いて月絵の秘部を明かりの下に晒した。

手入れは行き届いていないが、
薄めな淫毛がなだらかな恥丘にそよいでいる。

その翳りを頂きながら、開いた両太腿の中央に、
地裂のような花襞がヒップの半球へと続いている。

縁がやや黒ずんだ花襞の重ね目からは、
光沢を帯びた鮮やかな濃桃色の花芯が覗いている。

「み、見ないで」

両脚を浮かせたまま、月絵が嫌々して腰をよじるたび、
花襞が歪んで花芯が菱形や三角形に変化した。

鴻巣の乳房への愛撫に反応しているのか、
月絵は柔らかい内腿を時折ヒクヒクと震わせている。

「あっ・・あふぅ・・」

首を左右に振り乱し、月絵は気を紛らわせようとした。

だが下腹部の奥から沸き上がる淫欲に、
喘ぎ声を我慢することはできても、
じゅくじゅくと滲み出す淫蜜を抑えることはできなかった。

「ほら月絵、もう濡れてきたぞ」

「や、やめて、あなた!」

わざと周一は、クチュクチュと淫猥な音がするように花芯を舐めた。

熱い花襞を掻き分けると、塩辛いような酸味が舌先を痺れさせる。
花襞に隠れていた花芽が、つるつるとした薄桃色の頭を覗かせている。

つづく・・・
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十五章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております     

                 
                『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十五

その時、襖がスッと開いた。

「お嬢さん、親を獣と呼ぶのはいけないよ」

浴衣姿の鴻巣だった。

「な、何で? あ、あなた、早くこの人を追い払ってよ!」

月絵は慌てて両手で乳房を隠し、周一に鴻巣を出て行かせるよう命じた。

「月絵、俺も鴻巣さんの意見に賛成だな」

「何を馬鹿な・・あなたは妻の体を他人に晒して平気なの?」

「別に・・俺も変態だからね」

「獣! あなたも獣だわ!」

夫が頼りにならないとわかるや、再び月絵は抗い始めた。
両掌で乳首を隠しているが、食み出した柔肉が却って淫靡に揺れている。
鴻巣はもがく月絵の顔を覗き込んで眼鏡を外した。

「お嬢さん、私の顔を覚えていないかな?」

訝しそうに月絵は鴻巣の顔を眺めていたが、はっと気づいたように目を見開いた。

「・・写真の・・あっ、あの時の・・」

「あの夜は可哀想なことをしたね。
孝蔵様も静子奥様も、お嬢さんを傷つけてしまったことを後悔していたよ」

「・・・・」

「でもね、お嬢さんもそんなに頑なにならないで、
そろそろご両親を許してあげてもいいんじゃないかな」

月絵はキッと鴻巣を睨み返した。

「偉そうに説教なんかしないでよ。あなたは同じ穴の狢でしょう。
両親と変わらない獣だわ!」

「お嬢さんは性の悦びを知らないのかな?」

「そんなもの知りたくもないわ!」

「人間は好色な生き物だよ。その悦びがわからなければ、
ご両親がどうして獣のようなことをしたかわからないだろう。
性に未熟な処女が、夫婦の深い情を理解できないのと一緒だ。
これはご主人の怠慢かな」

「はあ・・済みません」

「やはり荒療治が必要だね。性の悦びがわかれば、
孝蔵様と静子奥様の夫婦の絆が身をもってわかるだろう」

つづく・・・

 

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十四章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております
     
                 
                  『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十四・

常夜灯が燈る仄暗い部屋で、周一はじっと天井の木目を眺めていた。
コンクリートで固められたマンションとは違い、同じ静けさでも、
地の底に沈んで行くような寂寥感に圧し潰されそうになる。

隣の布団では、月絵が軽い寝息をたて始めた。

(やるしかない)

意を決した周一は、蛍光灯の明かりを燈して月絵の布団を捲り上げた。

「・・え、どうしたの?」

寝ぼけ眼の月絵を組み敷くと、薄いピンク柄をした寝巻きの前を肌蹴させた。

「あ、あなた、やめて」

「たまにはいいだろう。夫婦なんだから」

抗う月絵に構わず、力づくで周一は寝巻きを脱がせていく。
名前の通り、月のように青白く澄んだ肌が見え隠れする。

やがてノーブラの乳房が露になった。
久しぶりに目にする月絵の乳房だった。

愛人の玲子ほど弾力はないが、身をよじるたびに、
その重量感のある膨らみはゆさゆさと波打った。

やや大きめな小豆色の乳暈と乳首が、熟した肢体を象徴するように、
艶やかな光沢を含んで男の淫欲を誘発する。

「嫌っ、やめて・・隣の部屋には人がいるのよ」

月絵は声を殺して、懸命に覆い被さる周一を押し返した。

「他人に聞かれながらするのも興奮するよ」

「あ、あなた、気でも狂ったの?」

「ほら、あの鴻巣という老人が、襖の陰から覗いているかもしれないぞ」

「やめてっ、あなたは変態だわ!」

遮二無二暴れる月絵の乳房が前後左右へと淫らに揺れた。
周一は月絵の腰辺りに馬乗りになると、 胸のポケットから一枚の写真を取り出した。

「ふん、確かにお前は、亭主を変態呼ばわりするほど高潔な人間だよな」

周一は写真を月絵の鼻先に掲げた。
孝蔵と鴻巣が、四つん這いの静子を前後から責めている写真だった。

「い、嫌ぁ!」

写真の人物に気づいた月絵は、周囲に憚らない声を上げて目を逸らした。

「蔵を整理していたら出てきたんだ。3P、三人プレイだぞ。
お前の両親は人生を楽しんでいたんだなあ」

「や、やめて、穢らわしい。あの人達はあなたと同じで変態だったのよ」

「自分の親まで変態扱いか」

「そうよ、獣よ。人間の皮を被った野蛮な獣だわ。
だってそうでしょう。性欲の虜になってこんな変態行為をしていたのよ」

月絵は目を瞑ったまま、ぷいっと横を向いて口を噤んだ。

つづく・・・

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十三章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております     

                 
               『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十三・

月絵は処女だった。周一と出会うまで男を遠ざけてきたのだろう。
結婚したからには、周一と性を営む覚悟はできていたはずだ。
だが性を楽しむほどに心は癒されていなかった。

両親の行為を目の当たりにした月絵は、
体が性の喜びを感じたとしても、
それを押し殺さなければと自分を戒めてきたのだ。

鴻巣は呆然と佇む周一の肩を叩くと、写真の束を手に蔵を出て行こうとした。

「悪いがこの写真はもらって帰るよ。お嬢さんに宜しく伝えてくれ」

「か、帰るって?」

「ここへ来た目的は達した。孝蔵様にお別れもできたし、
写真を手に入れることもできたからね」

バスで来たと言ったのは嘘で、鴻巣は集落の外れに車を用意していた。

周一は鴻巣を呼びとめた。

「待って下さい。お願いがあります」

訝しがる鴻巣に、周一は結婚生活が破局を迎えていることを告げた。

原因である月絵の性への嫌悪が、
鴻巣から聞いた話と無縁でないことも説明した。

「そう言われても・・」

責任を感じているのか鴻巣は蔵の出口で躊躇した。

「助けてもらいたいんです」

周一は咄嗟に浮かんだシナリオを鴻巣に耳打ちした。

「そ、それは、いくらなんでも危険だ・・」

「一か八かのショック療法です。このまま手を下さなくても、
私達の夫婦生活は決して元には戻らないのですから」

鴻巣は腕組みしたまま唸った。
蔵を開けた時に入ったのだろうか、
一匹の羽虫が裸電球の周りを狂ったように飛び回っていた。

つづく・・・

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十二章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※
   
                 
               『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十二・

それは二十年前の夏のこと。
いつものように三人が性宴を楽しんでいると、
突然寝室の襖が開き、当時高校三年生だった月絵が立っていた。

神戸の全寮制高校に通っていた月絵は、
予定よりも一日早く帰省してきたのだった。
月絵にすれば、両親を驚かせたかったのだろう。

当時はバス便も遅くまであり、夜八時に集落へ着いた月絵は、
何も知らずにこの家の敷居を跨いだのだった。

もし静子が喘ぎ声を上げていたら、
月絵も座敷には入って来なかったかもしれない。

だがその時は、孝蔵と鴻巣が静子を四つん這いにして、
口と花奥の前後から責め貫いているところだった。

鴻巣は今も青ざめた月絵の顔を忘れられないと言う。

「い、嫌っ!」

狂ったように月絵は絶叫すると、力いっぱい襖を叩き閉め、
そのまま折り返しのバスに乗って神戸へ戻って行った。

それから月絵は古谷野家と音信不通になった。
仕送りは続けているものの、
短大へ通ってからも月絵は古谷野家へ一度も戻らなかった。

それ以降、鴻巣は古谷野家とは疎遠になったが、
月絵が結婚したことを聞き、親子の和解ができたとばかり思っていたらしい。

鴻巣の話を聞いた周一は、
頑ななまでに性を嫌う月絵の心中を覗き見る思いがした。

(それが心の傷になっていたのか・・)

初心な高校生の月絵には、天地がひっくり返るようなショックだろう。
両親の営みを想像することすら不潔であるのに、
獣のような三人の変態行為を目の当たりしたのだ。

続く・・・

 

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十一章・・・(紅殻格子)

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※  
  
                 
               『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

十一・

再び蔵の中。
鴻巣は懐かしそうに写真を捲った。

「それからはこの写真の通りだ」

周一は唖然とした。
ネオンの誘惑もない健全な山里と、
過激過ぎる密事があまりにもかけ離れていたからだった。

「ご主人、閉鎖された集落だからこそ、
男と女は捌け口を求めて性に貪欲になるんだよ」

鴻巣が孝蔵から聞いた話では、
檜原集落でも戦前は夜這いが盛んだったらしい。

盆踊りの夜ともなれば、若い娘でも人妻でも、
山へ入って誰彼構わず抱くことができたと言う。

周一はなるほどと頷いた。
人間の淫らな本性は、日常の苦界を忘れさせるために、
天から授かった麻薬なのかもしれない。

「しかし、それが月絵とどういう関係があるのですか?」

鴻巣は煙草に火をつけて再び昔話を続けた。

三人の性宴は、鴻巣が本校へ戻るまで三年間続いた。
静子は清楚な容貌とは裏腹に、体の深部に淫欲をたぎらせていた。

性欲に翳りが見え始めた孝蔵は、若く女盛りの後妻のために、
新しい刺激を求めていたのだ。

そこへ現れたのが鴻巣だった。
まず鴻巣が単独で静子を犯す。

孝蔵はそれを間近で見ていたり、襖の陰から覗いたりすることもあった。
そして興奮した孝蔵が加わって、
男二人で静子が気を失うまで責め続けるのだ。

時に静子は、庭の柿木に縛られて犯されることも、
山へ連れて行かれて野姦されることもあった。

続く・・・
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

「禁断の遺伝子」第十章・・・(紅殻格子)

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※   
  
                 
                  『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子 

     
十・

鴻巣はつかつかと蔵に入ってくると、周一が持っていた写真を取り上げた。

「あなた方にこの写真は必要ない」

「こ、鴻巣さん、あなたは一体古谷野家とどういう関係があるんですか?」

「世の中には知らない方がいいこともある。
 幸いお嬢様も私に気づいていないようだし・・」

先ほどまでの低姿勢だった鴻巣とは打って変わり、
ぞんざいな態度で蔵を出て行こうとした。

「ちょっと待って下さい。あなたなら知っているんじゃないですか。
妻の月絵は亡くなった今も実父を憎んでいる。
実母もです。頑ななまでに月絵が両親を拒む理由を知りたいんです」

鴻巣は立ち止まった。

「・・お嬢様はまだ孝蔵様と静子奥様を許していないのか?」

「ええ。孫の顔もほとんど見せないほど」

「そこまで恨んでいたのか・・」

鴻巣は近くにあったダンボール箱に腰を下ろすと、
ぽつりぽつりと記憶を辿るように昔話を始めた。

二十三年も前の話だった。

「私はK町で小学校の教員をしていた・・」

当時檜原集落には近隣K町の分校があった。
三十代後半だった鴻巣は、三年間檜原分校へ異動の辞令を受けた。

檜原集落では、遠路分校に通う先生に感謝して、
月に二三度、有力者の孝蔵が教員を夕食に招くのが常になっていた。

ある春の夜、鴻巣はいつものように古谷野家で晩餐をふるまわれていた。
ちょうど夏休み前で、鴻巣も心の緩みからいつもより深酒した。

「鴻巣君、今夜は泊まって行きたまえ」

「しかしご迷惑でしょうから・・」

「でもそんなに酔っていたら、車は運転できませんよ」

着物姿の静子が食膳を片づけながら、細面の整った顔立ちで微笑した。
その静子の言葉に後押しされて、泥酔した鴻巣はK町の妻に外泊の電話をした。

深夜、鴻巣はなかなか寝つかれなかった。
安普請の自宅とは違い、どっしりした旧家の重みが神経を昂ぶらせていた。

「・・だめ・・聞こえちゃう・・」

鋭敏になった耳を澄ますと、襖の向こうから静子の声が微かに聞こえてきた。

「あん・・いや、あなた、感じる・・」

襖一枚隔てた先は孝蔵夫婦の寝室だった。
艶かしい静子の声が徐々に羞恥を失っていく。

その淫らな喘ぎ声は、聖職者とは言いながらも、
生身の男である鴻巣の下半身を直撃した。

鴻巣は気づかれないように襖をそっと開いた。

(えっ!)

煌々と明かりが灯る広い和室の布団の上で、
静子は胡坐座りの孝蔵に背後から抱きかかえられていた。

「ああっ、もう・・もうだめ・・」

乳房を揉まれ、両脚をM字に開かされている。
その丸見えになった花芯が、まるで鴻巣の好色心を見透かすかのように、
細く開いた襖の方へ向けられているのだった。

露になった花芽をグリグリと指で捏ねくりながら、
孝蔵が襖の合わせから覗いている鴻巣に声をかけた。

「鴻巣君、見ているだけじゃ体に悪いぞ。
 こっちへ来て静子を一緒に犯してくれないか」

鴻巣はまるで夢遊病者のように、言われるままに襖を開けて隣室に導かれた。

続く・・・

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。