FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『禁断の遺伝子』第二章・・・・紅殻格子

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※
    
                 『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子

二・

玲子にも正式な恋人が東京にいる。いわゆる遠距離恋愛である。
彼とは将来結婚を誓い合う仲で、言わば周一は、
平日の一人寝を紛らわせる遊び相手だった。

「課長が好き・・愛しているの・・」

だが密事を重ねるうちに、淫らな玲子の体は周一に馴染んでいく。
貞淑な心も好色な体には勝てない。

いつしか玲子は、恋人と会いに東京へ行くのも忘れ、
火遊びだった周一との逢瀬に溺れて行った。

昂ぶった周一は、玲子を仰向けに押し倒した。
ダークブラウンの髪が白いシーツに広がった。

肋骨が浮き出すほどスリムな肢体に、
水母のような巨乳がふるふると震えている。

その乳房を両掌で揉み上げると、三十路前の熟れた肢体が、
ベッドの上で再び妖しくうねり始めた。

「あ、あん・・」

乳暈が粟立ち、痛々しいほど乳首がピンと立っている。
玲子は男の淫欲を誘うように、
綺麗に整えられた翳りを揺らして両脚を開いていった。
周一は玲子の秘花に顔を埋めた。

シャワーで清めたはずの花芯は、甘く淫靡な芳香を放散し、
花襞の縁に再び淫蜜を滲ませている。

あれほど感じていたのに、まだ物足りないみたいだなあ。

「ああん・・女は貪欲なのよ・・」

「毎日が発情期か・・昼間仕事をしながらも、パンツを濡らしているんだろう?」

「んもう、ばかぁ・・」

艶っぽく口唇を尖らせて、玲子は秘花を周一の顔に押しつけてきた。
一度その火照った肌に触れれば、玲子は狂ったように淫らな本性を露にした。

淫乱と蔑まれるかもしれないが、周一はそんな玲子を愛おしく思っていた。
性の悦びを覆い隠してしまうより、
大らかに表現する方がよほど人間的だと思うからだ。

宗教は有史以来、女の淫欲を罪悪とみなして禁じてきた。
だが裏を返せば、それは神が人間を淫らに造ったからに他ならない。
折角神が与えてくれた悦びを楽しまないのは、
天に向かって唾するのと等しい行為である。

むろん周一も女好きだ。
いろいろな性を試してみたい欲望がある。
SM、露出、スワッピング――性の辺縁は広い。

その欲望を叶えてくれる最高のパートナーが玲子だった。
周一はねっとりと光沢を帯びた秘花へ舌先を這わせた。

「あっ、いい・・気持ちいいよぉ・・」

もどかしそうに腰をくねらせるたび、
赤茶けた花襞から桃色の花芯が見え隠れする。

(妻もこのぐらい淫らだったら・・)

周一は小振りな尻を持ち上げ、
妖しく息づく玲子の花芯を犬のように舐め上げた。

続く・・・
 

 

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『禁断の遺伝子』第一章・・・・(紅殻格子)

        ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※
    
                 『禁断の遺伝子』・・・・紅殻格子

一.

神戸市内のラブホテル。
窓が塞がれた狭い密室には、不釣合いなダブルベッドが、
我が物顔にフロアの大半を占領していた。

枕元に堂々と置かれたティッシュと避妊具が、
早く慣れない紳士淑女面をやめて、淫欲を剥き出しにしろと嘲笑っている。
庭瀬周一は、煙草を燻らせながら心の中で呟いた。

(人間は好色な生き物だ)

ラブホテルの歴史を辿ると、江戸時代の出合茶屋に遡ると言われる。

秩序礼節を重んじる儒教の時代にも拘らず、道ならぬ欲望を満たすため、
人々はせっせと出合茶屋に足を運んだ。

そこには結婚を待てない若者の暴発や、ご法度の不義密通もあっただろう。

だがそれこそが人間の本性だと周一は思う。

シャワーを浴びた清宮玲子が、素っ裸のままベッドへ滑り込んできた。

「ねえ、もう一回して」

「おいおい、何時間延長すれば気が済むんだよ」

「うふん・・気持ちいいんだからしょうがないでしょう」

玲子は甘えた鼻声を出し、萎えた肉茎をいきなり根元までくわえ込んだ。

「んん・・んぐぅ・・」

花奥を満たして欲しい一心で、玲子は貪るように肉茎を頬張り続ける。

うっとりと瞳を閉じた美しい横顔に、グロテスクな肉茎が半ばねじ込まれている。

その好色極まりない構図に、周一は再び体に淫欲がみなぎるのを覚えた。

二人の人目を忍ぶ逢瀬は二年目を迎える。

周一は四十四歳、外資系食品会社の総務部で課長職を務めている。

そして玲子は二十九歳、同じ会社の貿易部に専門職として勤務していた。

玲子は、スタイルが良い現代的な美人で、
アメリカ留学の経験を持つ独身の才媛である。

一方中間管理職の周一は、背の高い痩身で、
中学生の息子がいる立派な妻子持ちだった。
つまり周一と玲子は社内不倫の関係にあった。

二人の関係は、よくあるケースだが、会社の飲み会で意気投合し、
酔いに任せてホテルへ行ったことに始まる。

妻子持ちの周一より、むしろ玲子の方が積極的だった。
以来二人は、こうして週に一夜、アフターファイブの密事を紡いでいる。

続く・・・
              

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。