FC2ブログ

小説 「夜香木」 最終章・・・

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子


十四

美佐江は妻と女のアンビバレンスに錯乱していた。
しかし一度禁断の肉茎を挿入されてしまうと、体は勝手に快楽を求めて動き始める。

美佐江は少年の腰に腕を絡めると、肉茎が深く入るように本能的に腰を浮かせた。
少年はがむしゃらに己の凶器を、美佐江の体に突きたてる。
乳房が大きく揺れ、肢体が弓なりに反っていく。

「いいわ!もっと突いて!強く、もっと強くよ!ああ、おかしくなっちゃうぐらい気持ちいいの・・・あ、あの花がいけないのよ・・・こんなに私を狂わせて・・・そう、もっと奥まで抉るようにして・・・あ、あなた、許して・・・あの花が・・・」

美佐江は少年の巨茎に犯されながら、支離滅裂に叫んだ。
和夫は美佐江の犯される姿を覗き見ながら、激しく射精した。

(ああ、美佐江・・・君は美しいよ・・・二十数年間僕は何を見ていたんだろう。 女としての君の美しさに、気がつかなかったなんて・・・遅過ぎたかもしれないが、ただの男と女として、一からやり直したいんだ、美佐江)

少年の腰使いが激しくなっていく。
美佐江のよがり声も大きくなっていく。
夜香木の甘い香りが、強く鼻腔をついた。

了・・・

            

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第十三章・・・

              ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子


十三

少年は美佐江を抱きかかえると、傍らに置かれたベンチに横たえた。

樹木に隠れながら、和夫は無意識のうちに勃起したものを擦っていた。
過程では良妻賢母に徹する美佐江、そして目の前で少年との背徳行為に溺れる美佐江・・・和夫はその落差に異常に興奮を覚えた。

「あん」

少年は美佐江の乳首を吸いながら、熟女らしく脂の乗り切った下腹部に手を這わせた。 美佐江は少年の荒々しい愛撫に、小さく喘ぎ身を捩った。
少年の赤い下が屹立した乳首を離れ、白い肌の上を蠢く。

和夫は妻のふしだらな姿にとまどいながらも、愛する女を寝取られる劣情と、抑えきれない被虐的な快楽に支配されていく。

和夫は理知の光も届かない性の深淵へ、ズブズブと沈んでいく自分を感じていた。

少年は美佐江の両脚を拡げると、その中心を覗き込んだ。
黒い叢の下、半開きにされた赤い花弁は、一面淫液が溢れ、てらてらと怪しい光沢に覆われている。

「まるで食虫植物みたいですね」

少年はそう呟くと、指先でそっと花弁の中心をなぞった。

「ああ、いやっ。そんなこと言わないで。 もう我慢できないの・・・
お願い・・・」

美佐江は回復した少年の巨茎を握ると、獣の雌のように発情して充血した花弁に、もどかしそうに導いた。

少年は美佐江の両脚の間に体を割り込ませると、ぐっと腰を沈めた。

「いやっ、入っちゃう。 あ、あなた・・・許して・・・」

つづく・・・

             

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第十二章・・・

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子

十二

勿論和夫は口姦を風俗で体験したことはあったが、貞淑で性に淡白な妻に、それを求めるのは結婚当初から諦めていた。

むしろ理想の妻であり母であって欲しかった美佐江には、そんな下品ではしたない行為を強要したくなかったのかもしれない。
その美佐江が夫を裏切り、他人の性器を口にしているのである。

美佐江は陶酔した表情で、少年の巨茎を頬張っている。
少年の肉茎の鼓動に美佐江の体も反応したのか、もじもじと太股を摺り合わせ始めた。

「き、気持ちいい・・・もう・・・出ちゃう」

少年は上体を反らして、眉間に皺を寄せている。
美佐江は鼻息を荒げて、しきりに指先で暴発寸前の肉茎をしごいた。

「お、奥さん」

少年は短く叫ぶと背を丸めて、両脚をガクガクと震わせながら射精した。
口を離そうとしたが間に合わず、濃い少年の精液が美佐江の顔に飛び散った。

「ああ・・・ごめんなさい」

「いいのよ・・・でも若いからかしら、とっても熱いわ・・・それに」

と言って顔についた糊のような白濁液を、指先で掬うと口へ運んだ。

「うふ、私、男の人のを舐めるのって初めてだけど、変わった味がするのね」

「奥さん」

つづく・・・

            

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第十一章・・・

              ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子

十一 

和夫は少年の別荘の前まで来ると、周囲に人がいないのを確かめて、そっと邸内に忍び込んだ。
そして夜陰に紛れて、明かりの灯る温室の扉を開いた。

「奥さん」
「・・・ああ、私・・・どうかしてる・・・」

温室の奥からくぐもった声が聞こえた。
和夫は忍び足で声のする方へと近づくと、そっと熱帯樹の葉陰から覗き見た

(あっ!)

和夫はその光景に息を呑んだ。
濃緑の背景に原色の妖花の彩り。
その中央には白い裸形の美佐江と少年が、立ったまま抱き合っていた。
美佐江は少年に口唇を吸われると、ヘナヘナと腰から砕け落ちた。

少年の前に跪いた美佐江は、眼の前に屹立する若さ漲ぎる肉茎から顔を外けた。

「だめ・・・これ以上は・・・許して・・・」

「で、でも奥さん、ぼくはもう・・・」

躊躇する美佐江の頬に、少年は欲求を抑えきれず、自らの肉茎を押し当てた。

「あ、熱いわ。ドクンドクンしてる」

少年の仰角にそそり立ったものは、まだ女の淫液に穢れていないのか、初々しい薄桃色をしている。
しかしその大きさは和夫のものを遥かに凌いでいた。

「奥さん」

少年は美佐江を促すように、巨大な肉茎を口元に近づけた。
美佐江はその逞しい天を突く凶器を前に、徐々にうっとりとした表情に変わっていく。

「・・・・夫にもしたことがないのに・・・」

少年を見上げる美佐江の瞳に、どこか艶やかさが浮かんだ。

「いけない子ね・・・」

そう呟くと、少年の鋼のような肉茎を手に添えて、先端に軽くキスをしてから目を瞑り口に含んだ。

(ま、まさか!)

和夫は体の血が逆流するのを感じた。
それは美佐江の言う通り、夫である和夫にもしたことのない行為であった。

つづく・・・              

関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5