FC2ブログ

『再びの夏』 第一章

    再びの夏 

由紀子は指先についた白濁液に舌で触れた。
苦かった。だがそれが邦彦の分身だと思えば、苦味も甘味へと変わっていく…


『再びの夏』
FC2 R18官能小説

(一)

晩春の京都。
梅、椿、桜_早春を彩る花々との共演を終えた京都は、一見の物見客も去り、落ち着きのあるたたずまいを取り戻していた。

花の季節もいいが、新緑の京都もまた趣がある。
芽吹く若葉の明るい緑が、年月を重ねた街並みと鮮やかな対比を描き出している。

菊川由紀子は、目映い新緑の光を浴びながら、知恩院へと続く小道を歩いていた。
路傍には、和菓子屋や漬物屋、陶芸品を売る店が並び、道行く者の目を楽しませてくれる。

そんな京都らしい風情に由紀子が目移りしていると、前を歩いていた夫の郁夫が振り向きざまに大声を出した。

「おい、のんびりしていると日が暮れるぞ」

「はいはい」

急かされた由紀子は、少しだけ足を速めて郁夫の後を追った。
傍目には、仲睦まじい夫婦の旅姿に映るだろう。

郁夫、由紀子、共に五十五歳。
すでに子供たちは巣立ち、経済的にもゆとりができ、誰に気兼ねもなく旅行を楽しめる年齢になっていた。
だが由紀子が郁夫と二人で旅行するのは、三十年前の新婚旅行以来初めてだった。

証券会社で営業部長を務める郁夫は、昔気質の典型的な会社人間だ。
決まって夜は接待か残業、休みはゴルフかゴロ寝で、三十年間家庭サービスとは無縁の夫だった。

その郁夫が、突然二人で旅行へ行こうと言い出したのだ。
夫不在の生活に慣れていた由紀子は、自分の耳を疑った。
体の具合が悪いのかと真剣に尋ねたほどだった。

由紀子は旅行先に京都を希望した。
海外旅行を考えていたのか、邦夫は少し気が抜けたような顔をしたが、すぐにガイドブックを買って熱心に旅行の計画を立て始めた。

由紀子は、仕事一途だった邦夫の心境の変化を疑いつつも、大好きな京都へ行けるならと、それ以上理由を詮索しなかった。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 


「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『再びの夏』 第二章

『再びの夏』(二)


FC2 R18官能小説

(二)

知恩院の拝観を終えてしばらく歩くと、道脇の小さなガラス工芸店が目についた。
立ち止まってショーウインドーを見ると、淡いピンクのグラデーションをまとったタンブラーが由紀子の気を惹いた。

(まあ、可愛らしいこと)

由紀子を思わず口許を綻ばせた。
若い娘が喜びそうな色使いで、普段なら敬遠する派手なデザインだった。
旅先で新緑の息吹を吸い込み、気が若やいでいるのかしらと由紀子は一人微笑んだ。

ショーウインドーに映る自分の顔を見た。
生来の童顔で、若い頃は子供っぽいと悩みもしたが、逆に今は、まだ40代半ばといっても十分通用する若々しさに溢れている。

しばらくタンブラーと自分の顔を交互に見比べていると、またも先を歩いていた郁夫が引き返してきた。

「どうした?」

「見て、あの淡いピンク色のタンブラー。素敵じゃない?」

太鼓腹が突き出た郁夫は、窮屈そうに腰を屈めてショーウインドーを覗き込んだ。
どうやらタンブラーではなく、その横に小さく書かれた値札を見ているようだった。

「お前はいくつになっても、物の価値がわからないな。東京のデパートへ行けば、同じ値段で、ベネチアングラスでも薩摩切子でも、価値のある品物が買えるんだぞ」

「そ、そんな…」

「だから女は買い物が下手だと言うんだ。名の通ったブランドでないと、将来の資産価値はゼロなんだよ」

早口でまくし立てる郁夫を、由紀子は唖然として見つめた。

「わかった。京都支社に目を掛けてやった部下がいるから、明日の朝、一番有名な専門店へアテンドさせよう。そこでコップでも皿でも好きなものを買えばいいだろう」

黙り込んだ由紀子の様子を見て、郁夫は慌てて機嫌を取るように言った。

由紀子は幻滅した。
別に店先のタンブラーをねだっているわけではない。

ましてや高価なベネチアングラスが欲しいわけでもない。
ただ旅先で偶然見つけた小物の可愛らしさを、夫に知らせたかっただけだ。

ところがそんな由紀子の思いが邦夫には伝わらない。
妻の心情を理解することができないのだ。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第三章

『再びの夏』(三)
FC2 R18官能小説

(三)

三十年、夫婦として暮らしてきた。
由紀子は、郁夫との間に横たわる深い感情の溝を、今はっきりと見たような気がした。

たが郁夫を責めることはできない。
今でこそ、会社より家庭を大切にする風潮が主流となっているが、団魂の世代に生まれた男たちは、嫌でも会社優先の生活を強いられてきた。

会社から疲れ切って帰りつき、『風呂・飯・寝る』と言うのが精一杯な夫に、家で心の通じ合う会話を求めるのが土台、無理な注文なのだ。

だからこうして二人きりにされると、三十年に渡る感情の隔たりが、夫婦とは思えないぎこちなさを露呈させてしまう。

清水坂に入ると、修学旅行らしき黒い制服の一群が、道一杯に広がって歩いていた。
歩みが遅い由紀子に、業を煮やした郁夫がまた近づいてきた。

「何だ、疲れたのか?しょうがないやつだな。日が落ちるまでに、清水寺から三十三間堂まで回らないと、せっかく立てたスケジュールが狂ってしまうんだ」

苛立ちを募らせた郁夫は、脂性の顔をてかてかと赤らめていきり立った。

「…わかっています」

「だから俺が言う通り、最初からタクシーを使えばよかったんだ。そうすれば、もっとたくさんの寺や神社を効率的に見て回れたのに。それなのにお前が、できるだけ歩いて回りたいなんて言い出すから」

憎々しげに歪んだ口から、強い口臭と汚らしい唾の飛沫が飛ぶ。

由紀子は心痛に耐えた。
郁夫の一言一言が、醜い老いた容貌が、由紀子の神経を刺々とささくれ立たせた。

「…すみません」

苦痛から逃れたい一心で、不本意だったが由紀子は謝った。
どうせ何を言っても、郁夫が聞くはずはないと諦めていた。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『再びの夏』 第四章

『再びの夏』(四)
FC2 R18官能小説

(四)

郁夫は冷たく宣告した。

「黙って俺の言う通りにすればいいんだ」

由紀子は泣きたくなった。

(やはり私は夫が嫌いだったんだ)

三十年間、パンドラの箱に封じ込めていた感情が、堰を切ったように溢れ出した。

二十五歳-結婚適齢期が早かった当時、由紀子は焦りから見合いをした。
その相手が郁夫だった。

仕事ができる人だからという親の勧めもあって、由紀子は結婚に踏み切った。
それから三十年、夫が家庭を顧みないのをいいことに、由紀子も真剣に郁夫との愛情を紡ごうとしなかった。

子育てを生きがいとしてきた由紀子には、生活費を入れてさえくれれば、郁夫のことは好きでも嫌いでも一向に差し障りなかったのだ。

ところが旅先で何十年かぶりに子供抜きで二人きりになってみると、隠し切れない郁夫への嫌悪をどうすることもできなかった。

(この先どうすればいいの…)

とてつもない不安が由紀子を襲った。

せっかくの京都旅行だ。
由紀子は頭の中を空にするように首を振った。
そして郁夫から目を逸らし、ところどころ雲が浮かんだ空を見上げた。

(ああ、邦彦)

由紀子は、暗くのしかかる憂鬱から逃れようと、白い雲を無理矢理に愛人の顔へとなぞらえた。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第五章

『再びの夏』(五)
FC2 R18官能小説

(五)

昭和五十二年、夏。
油蝉が騒がしく鳴く昼下がりの公園。

由紀子は木陰のベンチに座り、砂場で遊ぶ三歳の英夫を見守っていた。
お盆休みが始まり、東京の街は、帰省や旅行で人々が去り、人影も疎らだった。
いつもは賑やかな公園も、がらんとして、由紀子たち以外に誰もいなかった。

由紀子は疎外感でいっぱいだった。
隣近所が家族連れで楽しそうに出かけるのを見て、こうして公園にいる自分が情けなく思えた。

(仕事だから仕方ない…それはわかっている…でも…)

家族をほっぽり出して、得意先とゴルフへ出かけた郁夫への恨みは消えなかった。

仕事一途で真面目な夫。
ギャンブルに金をつぎ込むわけでもなく、女遊びに血道をあげるわけでもない。
傍から見れば、勤勉実直な夫だと羨ましがられるのかもしれない。

だが、夫不在の暮らしは、子育てと家事だけの毎日を送る、根が甘えたがりの寂しがり屋である由紀子のストレスを鬱積させていく。

二十五歳で結婚するまでに由紀子は三度の恋をした。
いずれの終局も原因は、由紀子が新しい男に心移りしたためだった。

世の男たちは釣った魚に餌をやらない。
恋人である由紀子の扱いがどうしても粗略になる。
そんな時に他の男から言い寄られると、つい心が揺れてしまうのだ。

結婚して四年、由紀子はそんな自分の弱さを懸命に戒めてきた。
しかし一人ぼっちで昼間のアパートにいると、どうしようもない寂しさに心掻きむしられることがあった。

昨年、英夫の夜泣きが酷くて軽いノイローゼになった由紀子に、
「泣き言を言うな。それはお前が甘えているからだ。俺はお前たちのために休まず働いているんだ」
と、郁夫は言い放った。

由紀子は言い返せなかった。
夫が安心して働けるように、しっかりと家庭を支えるのが妻の役目だ。
郁夫を頼らず、強い女にならないといけないことは、由紀子自身が一番よく知っていた。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『再びの夏』 第六章

『再びの夏』(六)
FC2 R18官能小説

(六)

真夏に珍しく熱風が舞った。
ざわっと木々が騒ぎ、地面を点々とてらす木漏れ日が揺れた。

(でも・・・)

由紀子は自分を戒めながらも、堪えようのない不安と心のざわめきを感じた。
突然、砂場で遊んでいた英夫が、甲高い声を出した。

「ママ、お兄ちゃんだ」

英夫は砂遊びの玩具を投げ捨て、突然現れた人影にじゃれついた。

近所に住む大島邦彦だった。
その年東京の私立大学に入学した邦彦は、実家を離れて一人暮らしをしていると聞いた。

子供が好きで、大学でも人形劇や影絵をするサークルに入っているらしい。
遊戯で子供をあやすのが上手く、公園で何度か顔を合わせるうちに、英夫に手遊びを教えてくれるようになった。

由紀子はベンチから立ち上がり、
「こら英夫、しつこくしたら、お兄ちゃんに迷惑よ」と、邦彦のズボンをつかんで離さない英夫を叱った。

邦彦は由紀子に軽く会釈した。

「いえ、暇ですから構いませんよ」

邦彦は英夫をベンチに座らせると、簡単な手遊びゲームを始めた。
間に英夫を挟んで座った由紀子は、まだ顔見知り程度の邦彦を相手に、一人ぼっちの寂しさを晴らした。

「お盆休みなのに、実家には帰らないの?」

「サークルの合宿が昨日まであったので、来週帰ろうと思っています」

「そうか、八月はずっとお休みなんだ。学生さんは楽でいいわねえ」

「ん?でも奥さんも、ずっと昔は学生さんだったわけですから、順送りで・・・」

「まあ、ずっと昔ですって?失礼ね。私はまだ二十九歳よ」

冗談めかして由紀子が怒ると、邦彦は大袈裟な素振りでペコペコ謝って見せた。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第七章

『再びの夏』(七)
FC2 R18官能小説

(七)

由紀子はふうっとため息をついた。

「でも短大を卒業してからもう十年近く経つのか・・・」

「十年ですか・・・すると奥さんが二十歳の時に、僕は小学生だったわけですね。この差は大きいなあ」

「こら、まだ言うか!」

由紀子は軽く邦彦の肩を叩いた。
あまりに自然でフィーリングの合った会話に、由紀子は思わず軽口をきいた。

叩いてからはっとした。

「ご、ごめんなさい。つい…」

たまたま近所に住んでいるだけの関係でしかない邦彦に、由紀子は馴れ馴れし過ぎると反省した。
だが邦彦は楽しそうに微笑んでいた。

十八歳―屈託のない青年の笑顔だ。
その悪戯っぽい瞳が愛らしく、口唇から僅かに覗く白い歯が爽やかに見えた。

由紀子もつられて笑った。
笑いながら由紀子は、乙女のように胸が高鳴っている自分に気がついた。

(馬鹿な私…)

由紀子は自嘲しつつ、邦彦と一歩距離を置こうとした。

「全く、オバサンをからかうのもいい加減にしなさい」

だが邦彦は、由紀子の気持ちを掻きむしるような台詞を口にした。

「本当にオバサンだと思っていたら、冗談でも歳のことなんて言えませんよ。奥さんはお若くて綺麗ですよ」
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『再びの夏』 第八章

『再びの夏』(八)
FC2 R18官能小説

(八)

邦彦が恥ずかしそうに顔を赤く染めるのを見て、由紀子もかっと胸が熱く燃えた。

「まあ、悪い子ね。子供のくせに女を喜ばせるようなことを言って。いやらしい。人妻を口説こうとするなんて」

「そ、そんなつもりは…」

「ダメ、許せないわ。夫に言いつけます」

「えっ、か、勘弁してください」

邦彦は泣きそうな顔で、すがるように由紀子を見つめた。
その表情が、また母性本能をくすぐる。

「もう、仕方ない子ね。罰として私の言うことを何でも聞く?」

「聞きます。何でも聞きます」

「では罰ゲームを宣告します。今日一日、英夫と遊んでちょうだい。でも公園は暑いから我が家に来ることを許します」

そう言ってから、由紀子はどきどきしながら邦彦の反応を窺った。

「謹んで罰を受けさせて戴きます」

言葉遊びの続きだと思っている邦彦は、無邪気な表情で深々と頭を下げた。

再び頭上の木がざわっと揺れた。
邦彦の笑顔を見た瞬間、心の中に独身時代のような情熱が沸き立つのを、由紀子は止められなかった。

夫のいない家に青年を招くのは、人妻としてあるまじき行いだ。
そして自分は、彼をそのまま何もなく帰すことはできないだろう。そう確信した。

(でも私を救ってくれるのは彼しかいない)

由紀子は罪悪感に苛まれつつも、そう懸命に言い訳をして決心を固めた。

空虚な心が壊れてしまう前に―。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『再びの夏』 第九章

『再びの夏』(九)
FC2 R18官能小説

(九)

先ほどまで賑やかだった子供部屋が、もう十分ほどしんと静まり返っている。

すっと襖が開いた。

「英夫君、寝ちゃいました」

邦彦が子供部屋から出てきた。

「ご苦労様。麦茶を入れるから、椅子に座ってて」

由紀子はキッチンから声をかけた。

麦茶をテーブルの上に置き、由紀子は邦彦の前に座って向き合った。

「疲れたでしょう?」

「いえ、子供と遊ぶのは好きですから」

ぐっとコップの麦茶を飲み干すと、邦彦は目の前にいる由紀子を見て、あっと驚いた表情で慌てて目を逸らした。

由紀子は、ボディラインがくっきりと浮き出す白いTシャツに着替えていた。
しかもノーブラで。

上から見下ろすと、迫り出した半球の膨らみがくっきりと浮き彫りになっている。
白い布地に先端の乳暈の小豆色が透け、はっきりと乳首が立っているのがわかる。

邦彦は真っ赤に頬を染め、もじもじ俯いている。
由紀子も心臓が張り裂けんばかりだった。
一歩間違えば、淫乱女だと軽蔑されるかもしれない。

女としての賭けだった。
それほど由紀子は追い詰められていた。
心の隙間を埋めてくれる邦彦をものにできるなら、如何なる天罰を受けてもかまわないと思った。

「今どこを見ていたの?」

由紀子はそう言うと、立ち上がって邦彦の隣に腰かけた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十章

『再びの夏』(十)
FC2 R18官能小説

(十)

「エッチな坊やね」

そう耳元で囁くと、由紀子は邦彦の腕を取って胸の谷間で挟みつけた。

「だ、だめです」

邦彦は息を荒げながら、ちらちらと乳房に触れる自分の腕を見た。
そんな仕草の一つ一つが、由紀子の母性本能を淫らに燃え立たせる。

「だめって言っても、良からぬことを考えているんでしょう?」

由紀子は、すでに不自然に膨らんだズボンの中心を掌で触れてみた。

石のように硬い。
由紀子は賭けに勝ったと思った。

「お、奥さん…」

邦彦はビクッと全身を震わせて姿勢を正した。

「ほら、ごらんなさい。こんなに大きくなっているじゃない」

俯いている邦彦の顔を覗き込んだ。
羞恥に顔を赤らめ、瞳が落ち着きなく揺れている。

(可愛い…めちゃくちゃにしてやりたい)

夫を裏切る罪悪感は頭から消えていた。
今、由紀子を支配しているのは、獲物を捕らえようとする雌の本能だけだった。

由紀子は邦彦に全裸になるよう命じた。
邦彦は、戸惑いを隠せない緩慢な動作で立ち上がると、恥じらいながらブリーフ一枚を残して裸になった。

贅肉がほとんどない長身な体は、褐色の肌に、しなやかな筋肉がうっすらと浮き出して見える。
久しぶりに見る若い男の肉体に、由紀子は下腹部の疼きを覚えた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5