FC2ブログ

『蟻地獄』  第一章

蟻地獄

疑心から逃れようと もがけばもばくほど
足元崩れて 深みに嵌り堕ちていく。

主人公が最後に見た世界は、夢幻だったのだろうか?

『蟻地獄』
一.

うとうとと眠ってしまったらしい。
目が覚めると、そこは静寂な闇だった。

わずかに蛍光灯のナツメ球が、四畳半の部屋を橙色に仄暗く照らしている。
時計の針は午前二時を指していた。

昨夜の記憶が蘇る。
大学のサークルでコンパがあった。
三次会までとことん飲んで、千鳥足でアパートまで歩いて帰って来たのだった。

(確か終電がなくなって、由香と松浦も泊まったはずだが?)

由香は、同じ大学のテニスサークルに所属する同期生で、つきあい始めて一年になる恋人である。
たくさんの男友達がいる中、半年がかりで口説き落とし、今ではこのアパートへ泊まりに来る関係になっていた。

一方松浦も、同じサークルの仲間で、毎晩のように飲み歩く親友だった。
もちろん由香とも顔見知りで、彼女がいない松浦とは、時々三人で食事をする親しいつきあいをしていた。

ところが部屋を見渡しても二人の姿はなかった。
眠り込む前は、左に由香、右に高橋、三人で雑魚寝したはずだった。

ふと囁き声が聞こえた。
襖を隔てた隣のダイニングから、微かに細い蛍光灯の明かりが漏れている。

「・・松浦君・・」

耳を澄ますと、由香の押し殺した声が聞こえてきた。

(一体こんな夜更けに・・)

喉が渇いて水を飲んでいるのか、トイレへ行くのが一緒になったのか、二人のぼそぼそとした会話が続いている。

「・・でも、いけないことだわ・・」

「どうして・・僕の気持ちはわかっているはずだろう?」

途切れ途切れに聞こえている声は、恋人と親友の間柄に不釣り合いな深刻さを含んでいた。

不安が暗雲のように広がる。
そっと襖を細く開けると、明かりが漏れるダイニングを覗き込んだ。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『蟻地獄』 第二章

『蟻地獄』
二.

予感は的中した。
流し台の前で、二人が真剣な表情で向かい合っている。

「・・こ、困るわ」

「好きなんだ・・親友の彼女だとわかっていても・・」

松浦の手が、由香の腕をつかんで強く抱き寄せた。

驚きと怒りで、眠っていた脳がかっと沸騰する。
親友だと信じていた松浦が、由香に密かな横恋慕を抱いていたのだ。

(血迷ったか、松浦・・)

ぐっと拳を握り締めると、松浦の邪念から由香を救うべく襖に指をかけた。

その刹那。

「・・私も好きだった」

驚くべき台詞が由香の口をついて出た。
そしてあろうことか、由香は自分から松浦の背中に手を回して抱きついた。

「嬉しいよ、由香・・」

松浦は由香の顎を掌で押さえると、そのルージュも引いていない口唇を奪った。
金槌で頭を叩かれたような衝撃が全身を貫く。

(まだ夢を見ているのか・・?)

握り締めた拳を振り下ろすこともできず、襖の隙間で演じられる恋人と親友の裏切りを、ただ口を半開きにして見入るしかなかった。

松浦の手が由香の背中から豊かなヒップへ伝う。

「ずっと由香を見ていた・・あいつから奪いたかった」

由香は艶かしく体をよじって、松浦の手をさらに深部へ導こうとする。

「ああ、いつかこうなると思っていた・・私を奪って・・私をあなたの女にして・・」

由香に貸したジャージは、もう太腿までずり下ろされ、淡いピンクのショーツも、形のいいヒップの半分も覆っていない。
高橋の指がヒップの谷間へ滑り、由香の陰部を断りもなく蹂躙していく。

すでに潤っているのか、陰部はクチュクチュと恥知らずな淫音を奏で始めた。
まるで覗きからくりのように、わずかな隙間から漏れる不貞の映像が網膜を焦がす。

(・・由香)

つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『蟻地獄』  第三章

『蟻地獄』


初めて口唇を重ねた純真は何処へ行ってしまったのか。
清い肢体を晒した羞恥は、一体何時消え失せてしまったのか。

激しい嫉妬に襲われる。

内臓を絞り千切られるような戦慄きが、波紋のように全身へ伝わっていく。
だが、裏切りに心を引き裂かれながらも、隙間で繰り広げられる密事から目を離すことができない。

松浦は由香の背後に立つと、Tシャツを捲り上げた。そして下腹部のきめ細かい肌の手触りを楽しんだ後、翡翠色のブラジャーのホックを解いた。

小振りだが瑞々しい乳房が、ぽろりと安っぽい蛍光灯の下で露になった。
柔道をやっていた高橋のごつごつした指が、羽二重のように柔らかい乳房を背中から揉みしだく。

「ああ・・」

 口唇を尖らせて由香が小さく喘いだ。感じているのか、乳暈が凝縮して乳首がはしたなく尖っている。
 由香は流し台に手をついて、真っ白いヒップを松浦に突き出した。

「夢見ていた通りだよ」

スボンを下ろした松浦は、すでに怒張した肉茎をしごきながら、由香のヒップを片手で鷲づかみにした。

「松浦君、早く私をあなたの女にして・・」

我慢できずヒップを揺らす由香に、松浦の肉茎がゆっくりと近づいていく。

(何故だ・・悪い夢なら覚めてくれ)

その願いも虚しく、由香の剥き出しにされた陰部へ、松浦は後ろから肉茎を捻り込んだ。

「ああっ!」

由香はぴくっと全身を痙攣させ、拒むことなく裏切りの熱情を受け入れた。
ヒップを鷲づかみにされながら、由香は奥まで突いて欲しそうに腰を振った。

青白い満月にも似た由香のヒップに、新しい主の証として、松浦は赤黒い肉茎を何度も深く刻印していく。
恋人と親友の交合を目の当たりにして、肉茎はかつてないほど雄々しく脈打っていた。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『蟻地獄』 第四章

『蟻地獄』


黒い愉悦が湧き上がる。
深い絶望に心を苛まれながら、嫉妬と言う悦楽の蟻地獄へ体が引きずり込まれる。
ひと度足を取られれば、いくらもがいても、さらさらと崩れる砂の壁を這い上がることはできない。

(もう誰も、誰も信じられない・・自分すらも・・)

秘めやかな由香の喘ぎ声を洩れ聞きながら、傷心に逆らう肉茎を罰するように激しくしごいた。

(・・・・)

ふと高山和彦は我に返った。
けたたましく電話が目の前で鳴り響いている。

「はい、関東飲料、総務部です」

電話に応対しながら、昼食後、和彦は居眠りしていたことに気づいた。
電話は自販機の飲料が売切れていると言うクレームだった。
和彦は所轄の営業所へ連絡すると、顔を洗いにトイレへ向かった。

このところ残業が続いている。

(疲れているのかな・・厭な夢だった)

清涼飲料水の自販機ビジネスを展開する関東飲料にとって、夏場は戦場にも似た書入れ時である。
暑さで自販機の売切れランプが続出し、本社総務部では昼夜なくクレームの対応に追われていた。

トイレへ行く途中、和彦は給湯室の前を横切ろうとした。

「ねえ、聞いた?」

「何よ、また川崎君の話?」

女性事務員が二人、川崎翔太の噂話に花を咲かせている。

川崎は二十六歳。
今春から和彦の部下として、同じ総務部でお客様対応の仕事をしている。
母性をくすぐるあどけない顔立ちだが、仕事については優秀で、和彦も将来を嘱望する若者だった。

またプライベートでも、川崎と親しいつきあいをしていた。
和彦の趣味であるラジコン・ヘリに興味があるらしく、独身の川崎はそれを口実に、妻の手料理をたかりによく高山家へ遊びに来た。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『蟻地獄』 第五章

『蟻地獄』


和彦は柱の陰に身を隠して聞き耳を立てた。

「昨日、同期の飲み会で、玲子が告白して振られたらしいわ」

「彼女、アイドル系で可愛いじゃない」

「でも彼、高山課長の奥さんみたいな女性が理想だって断ったらしいの」

不意に三年前結婚した妻が会話に現れ、和彦はどきっと胸を高鳴らせた。

「えっ、高山課長って確か今年四十五歳でしょう。すると奥さんは・・」

「ところが奥さんはまだ三十二歳なんですって・・それも結婚する前は、銀座のクラブで鳴らした美人らしいわよ」

「ひえぇ、あの真面目一筋の高山課長が、どうして年が一回りも若い美人ホステスと?」

いつしか川崎の噂話は、和彦の結婚話に様変わりしていた。
居たたまれなくなった和彦は、トイレへ行くのを諦めて自分のデスクに戻った。

和彦はぼんやりとパソコンの画面を見つめた。

(・・妻が理想の女性か)

おそらく世の亭主であれば、お世辞でも嬉しい褒め言葉なのだろう。
だが和彦にとっては、どこか不安に心を曇らせる呪文でしかなかった。

白昼夢が蘇ってくる。

初めての恋人を親友に寝取られた和彦は、心の奥底に巣食う人間不信に苛まれてきた。
妻と出会うまで長年独り身だったのも、心の古傷を再び化膿させるのが恐かったからだ。

突然、背後で大きな声がした。

「高山課長、何やっているんですか。一時から会議ですよ!」

後ろを向くと、噂の主である川崎が会議室の前で手を振っていた。
屈託のない川崎の笑顔は、溌剌とした無垢な若々しさに溢れている。

和彦は小さく首を横に振った。

(・・考えすぎだ)

川崎の明るさを前にすると、和彦の病んだ心の黒い影も消え失せてしまう。

「すまん、今行くよ」

笑いながら返事した和彦は、古傷をそっと庇いながら、書類を持って会議室へ足早に歩いて行った。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『蟻地獄』 第六章

『蟻地獄』


千葉県津田沼市。
駅から徒歩で十五分離れた住宅地に、和彦が昨年購入した一戸建ての新居があった。
猫の額ばかりの庭には、もうつぼみをつけた朝顔が、勢いよく伸びる蔓をフェンスに絡ませている。

梅雨明けも近い土曜日の昼、高山家は賑やかな笑い声で溢れていた。
川崎が遊びに来ていた。

和彦が新しく買ったラジコン・ヘリが見たいと言う。
ところが自慢のヘリなどどこ吹く風、ビール缶片手に妻の手料理を貪っている。

「奥さんの手料理は最高です!」

「いやねえ、母に教わっただけだから田舎料理ばかりよ」

「それがいいんです。侘しい一人暮らしには、おふくろの味が一番うれしいんですよ」

「でも川崎君は北海道出身でしょう。私の沖縄料理が口に合うかしら?」

「ヘルシーな沖縄料理はブームですよ。でもこのゴーヤチャンプルー、店で食べるのよりよっぽど美味しいです」

川崎は料理を頬張りながら、ダイニングテーブルでキッチンの妻と話している。
そんな光景を横目に、和彦は独りリビングのソファで、忘れられたラジコン・ヘリを手慰みに磨くしかなかった。

会話は和彦を無視して続く。

「僕は沖縄出身のミュージシャンが大好きなんですよ」

「あら、私もよ。故郷の匂いがして帰りたくなっちゃう」

そのミュージシャンの話題で、二人の会話はますます盛り上がっていく。

疎外感が和彦を襲う。

(若い者同士で話が合うんだろうな)

和彦はまったくついていけないが、三十路を越えたばかりの佳美には、川崎と世代観が重なる部分があるのだろう。

佳美の笑顔が眩しい。
瓜実形をした小さな顔の輪郭が、肩まで伸びたダークブラウンの髪で飾られている。

きりっと吊り上がった柳眉、長い睫毛にくっきりと縁取られた悪戯っぽい瞳、そして端正な鼻梁と艶を含んだ口許には、まだ二十代半ばで通用する瑞々しさを保っていた。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『蟻地獄』 第七章

『蟻地獄』


料理を終えた佳美がキッチンから出てきた。

「さあて、私も飲んじゃおうかな」

「おっ、いよいよ大酒豪のお出ましですか?」

泡盛のボトルを手にした佳美を川崎が茶化した。

「ええ、飲むわよ。パパも飲むでしょう?」

「あ、ああ」

やっと存在に気づいてくれたのか、佳美は和彦のところへロックの泡盛を持ってきてくれた。

ピンクのTシャツとショートパンツに、子猫柄のエプロンをつけた佳美は、昼間の住宅地とは思えぬ艶めかしいフェロモンを放っていた。
Tシャツを押し上げる豊かな乳房が歩くたびに弾み、すらっと長く伸びた生足が惜しみなく晒されている。

和彦はため息をついた。
四十代半ばの和彦には、目の遣り場に困る格好だった。しかも川崎という若い青年の前である。

「佳美、ちょっと派手過ぎるんじゃないか?」

「あら、別に平気よ。私はパパが興奮してくれればいいの」

若い佳美は一向にお構いなしで、川崎から見えないように和彦の股間をそっと触った。
肉茎は硬直していた。

「ほらね・・川崎君が帰ったら、たっぷり可愛がってあげる」

きゅっと締まった小さなヒップを振りながら、佳美は勝ち誇ったようにダイニングへ戻って行った。
その後ろ姿に和彦はまたため息をついた。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『蟻地獄』 第八章

『蟻地獄』


記憶が蘇る。
初めて佳美と逢ったのは、業者に接待されて行った銀座の高級クラブだった。

「あまりお話されないんですね?」

ドレス姿の佳美が、居心地が悪そうな和彦に尋ねた。

「申し訳ありません。こういうところにあまり慣れていないもので・・」

「うふふ、捕って食べたりしませんから、ゆっくりと飲んでいただければいいんですよ」

その美しい容貌から、和彦は佳美がこの店のトップだとすぐにわかった。

「あの、私は大した客じゃないから、気にせず他のお客さんのところへ行って下さい」

佳美は一瞬ポカンとしたが、じっと和彦の顔を見つめると大笑いした。

「高山さんって面白い方なんですね!」

すっかり佳美に気に入られた和彦は、それから時々クラブの同伴に誘わるようになった。
ずっと独身で小金を貯えていた和彦は、人助けだと割り切って佳美につきあった。

そして半年経った頃、店がはねた佳美が突然和彦のアパートを訪ねて来た。

「こ、こんな夜更けにどうしたの?」

「高山さん、ちょっと相談があるんだけど・・」

お茶を淹れながら、和彦は住まいを教えてしまったことを後悔した。
若いホステスの相談と言えば、ホストに貢ぐ金の無心に違いない。

ところが佳美は意外なことを言った。

「私ね、もう夜の仕事を辞めようと思っているの」

「・・そうか、好きな男ができたんだな」

和彦は内心ほっとした。
佳美に頼まれて通っていた分不相応なクラブとも、これで縁が切れる。

「うん、私をお嫁さんにしてくれないかしら?」

「・・えっ?」
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『蟻地獄』 第九章

『蟻地獄』


和彦はまじまじと佳美の顔を見つめた。長い睫毛を伏せた佳美は、顔を真っ赤にしてもじもじと膝をくねらせた。

「好きになっちゃったの・・」

「ちょ、ちょっと待って・・俺はもう四十過ぎだよ。こんなオジサンをからかってどうするの?」

ところが佳美は、慌てる和彦を畳へ押し倒すと、腹の上に馬乗りになった。

「本気だもん」

勢いよく服を脱ぎ捨てた佳美は、組み伏せた和彦に熱い口唇を押し当ててきた。
和彦は佳美の魅惑的な肉体に翻弄された。
女から遠ざかってきたが、二十代後半を迎えた旬真っ盛りの女肉は、木石をも蕩かす魔力を秘めていた。

「ど、どうして・・?」

夢かと紛う悦楽の中、和彦は喘ぐ替わりに疑問を訴えた。

「好きだから・・好きになるのに理由なんかないでしょう?」

きっぱりと言い切った佳美は、和彦の腰に跨って激しくヒップを振った。
こうして佳美のペースで恋愛は進み、和彦は狐につままれたまま、結婚へと寄り切られたのだった。

(何故俺を選んだのか・・?)

新婚生活が始まっても、和彦の疑惑は頭から離れることがなかった。
それに拍車をかけたのが佳美の良妻ぶりだった。

「私、専業主婦になるのが夢だったの。早くパパの子供が欲しいなあ」

派手で遊び好きな悪妻だったら、自分を都合よく利用したかったのかと、逆に和彦も納得できたのかもしれない。
ところが佳美は、贅沢は週一回のエステ通いぐらいで、庭の花づくりが趣味の慎ましい生活を好んだ。
ますます佳美への不信は、心の奥深くへ根を張って行くのだった。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『蟻地獄』 第十章

『蟻地獄』


ダイニングに戻った佳美は、川崎の隣に座ってまた仲良く話し始めた。

「川崎君、今度彼らのコンサートへ一緒に行きましょうよ」

「いいですね・・あ、でも課長は知らないですよね」

「うん、パパはフォーク世代だからね・・ねえパパ、川崎君と二人でコンサートへ行ってもいいでしょう?」

甘ったれた鼻声で、佳美はリビングにいる和彦に聞いた。
ラジコン・ヘリを磨く手が震えた。

(ついに来るべき時が来たか・・)

結婚を機に、芸能界を引退する女優はたくさんいる。
だがそのほとんどは、目映いスポットライトが忘れられず、再び銀幕の世界へと戻って行く。

色恋乱れる夜の社交界に疲れた佳美は、ごく平凡な女の暮らしに憧れていた。
そこへたまたま和彦が通りかかった。
ごくありきたりなサラリーマンの和彦は、まさに佳美のイメージ通りの共演者だったのだ。

だが蝶は蟻にはなれない。
まだ若い佳美には、華やかな恋への未練が残っているに違いない。

和彦は口唇を戦慄かせた。

「ああ、いいよ・・楽しんでおいで」

にこっと笑いをつくった和彦は、再びラジコン・ヘリを磨き始めた。

許さなければならない。
分不相応な女を娶った凡夫の宿命だと、和彦は自分に言い聞かせた。

飛び疲れた夜の蝶が、和彦と言う枝で羽根を休めただけなのだ。
癒された蝶が、再び飛び立つのを誰も止められない。

佳美の新たな旅立ちを見守ってやろう。
一時でも若い肉体を独り占めできた喜びを、奇跡と墓石に刻むことで満足すべきだろう。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5