FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マネキン妻の懊悩』(一)

        マネキン妻の懊悩
創世記 

『マネキン妻の懊悩』(一)

「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説

それはまだ多感な中学生の頃。
お洒落が気になり始めた少女は、よく友達を連れて、駅前にあるデパートのレディス・フロアに立ち寄った。
ブラウス、スカート、ワンピース――そこには煌びやかな最新のファッションが並んでいた。

少女はフロアを歩きながら、着せ替え人形に変身したつもりで、少し乳房が膨らみ始めた自分の裸身へ、色鮮やかな衣類を重ね合わせるのが好きだった。
友達が呆れて先に帰ってしまうほど、少女は何時間でも新しい衣類の匂いに陶酔できた。

ファッションモデルになるのが少女の密かな憧れだった。
肌も露な斬新モードを颯爽と着こなし、観客の視線を釘づけにすることを独り夢想していた。

そんな早熟な少女だったから、自分を美しく見せる努力は惜しまなかった。
母親の化粧品をこっそり使うことも度々あったし、フロアに並ぶマネキンのポーズを真似てみることもあった。

デパートにはたくさんのマネキンが置かれていた。
だがその大半は、上半身か下半身だけの部分像だった。

たまに全身像があっても、頭がなかったり、顔がのっぺらぼうだったりと、少女の気を惹くものではなかった。
ところが一体だけ、ショーウインドウにフルボディのマネキンが設えられていた。

(イヴ)

初めて衣服をつけた女性への敬意から、少女はマネキンにそう名前をつけた。

イヴは、ダークブラウンの長い髪と、リアルに描き込まれた美しい顔立ちを備えていた。
そして本物の肌質に近い手足は、生きている人間さながら、自然で伸びやかなポーズをつくり出していた。
フロアの女王として客の視線を浴びるイヴに、少女は憧憬にも近い感情を密かに抱いていた。
つづく… 

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(二)

『マネキン妻の懊悩』(二)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



梅雨入りしたばかりの六月上旬、遅い部活を終えた少女は、学校からの帰りに閉店間際のデパートを訪れた。
客が疎らなレディス・フロアでは、明日から始まる夏物セールのため、店員達が慌しく商品の入れ替えをしていた。

少女がTシャツの品定めをしていると、ショーウインドウの中で男性店員がイヴの両腕を外していた。
マネキンの衣装替えをするのだ。

(や、やめて!)

柱の陰に隠れた少女は心の中で叫んだ。
着衣を脱がされるイヴの周囲には、何故か男性客が二人、チラチラと好奇の視線を注いでいたからだ。

ミロのヴィーナスのように両腕を失ったイヴは、無慈悲にも着ているブラウスを剥ぎ取られた。
露になったスリムな肢体には、乳暈と乳首こそ欠けてはいるが、均整のとれた円錐形の乳房が隆起していた。

(ああ、見られちゃう・・)

いつしか少女は、半裸のイヴに自分の身を重ねていた。
すでに両腕を捥がれた少女は、剥き出しの乳房を隠そうと身をよじった。
だが鼻の下を伸ばした男達の目を遮るすべもなく、蒼く未熟な乳房は無防備に晒されるばかりだった。

さらに店員は、冷酷にもイヴのスカートを毟り取った。
翳りのないスベスベした下腹部が、無残にも明るい照明の下で露にされた。

(い、いやっ!)

激しい羞恥に、少女は内腿をもじもじと擦り合わせた。
下卑た笑みを浮かべる男達の目が、淡い翳りを点し始めた下腹部に突き刺さってくる。
少女は軽い眩暈とともに、陰部の奥に痺れるような熱い疼きを感じた。

おぼつかない足取りで、少女はレディス・フロアのトイレへ駆け込んだ。

(う、嘘・・)

少女は体の異変に気がついた。
乳暈が粟立って痛いほど乳首が尖り、股間が失禁したかのように濡れている。

少女はスカートをたぐり上げ、恐る恐るショーツを下ろしてみた。
生温かい粘液がショーツにねっとりと染みついていた。

泣き出したい衝動に駆られながらも、少女は初めて感じる悦びを拒むことができなかった。
小さな吐息をついた少女は、花弁から顔を覗かせている肉芽へ、躊躇いがちにそっと中指の先を伸ばしてみた。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(三)

『マネキン妻の懊悩』(三)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



仄暗い寝室。
浅い眠りから醒めた神倉美咲は、まだ弾んでいる呼吸を抑えてベッドの縁に腰をかけた。
振り向くと、疲れ果てた夫の神倉一樹が、全裸のまま高鼾をかいている。

(また同じ夢・・)

夫婦のセックスを終えた美咲は、ほんの数分眠ってしまったらしい。
その僅かな隙を狙って、イヴが美咲の心に忍び込んで来たのだ。

イヴの夢は空想ではなかった。
初めて美咲が自慰を覚えた日の記憶である。
罪悪感から長年封じ込めてきたのだが、最近夢となって現れては美咲を悩ませている。

美咲はベッドから下りた。
そして健気な一樹へ静かに微笑を送ると、起こさないよう足音を潜めて浴室へ向かった。

一樹は、美咲より五つ年上の四十歳、大手財閥系の商社マンである。
出世競争の真っ只中に身を置く一樹は、残業や接待、休日出勤が日課になっていた。
だが妻想いの一樹は、いくら疲れて帰ってきても、週に一度は必ず、女盛りの美咲を気遣って抱いてくれるのだった。

浴室の明るい照明が、朦朧とした美咲を現実へと引き戻していく。
シャワーの音が浴室に木霊し、熱い飛沫が水滴となって張りつめた白い肌を伝う。

美咲は曇った全身鏡を拭くと、緩くウエーヴがかかった前髪をかき上げて覗き込んだ。
卵形の輪郭に、高く通った鼻筋と形のいい口唇が、顔全体をきりっと引き締めている。
そして長い睫毛に縁取られた大きな瞳が、タカラジェンヌさながら、端正な顔立ちに華やかな印象を添えている。

美咲は少し鏡から離れてモデルのポーズを取った。
中肉中背だが、小顔とすらりとした手足のおかげで、実際よりも身長が高く見られる。
子供を産んでいないせいか、二十代と変わらない体形を三十五歳の今も保ち続けていた。

スリムなボディラインにもかかわらず、胸の隆起はくっきりと丸いフォルムを浮かび上がらせている。
薄桃色の乳暈と乳首を頂く乳房は、型崩れしない弾力と張りを誇示していた。
鋭角なくびれを失わないウエスト、そこから小さめなヒップがキュートにせり上がっている。

容姿をくまなくチェックするのが、浴室での美咲の習慣になっていた。
特に年齢的な衰えが現れる三十路を過ぎてからは、人から見られる職業柄ゆえ、美貌を保つことには人一倍気を使っていた。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(四)

『マネキン妻の懊悩』(四)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



東京に本社を置く大手アパレルメーカーで、美咲は受付嬢をして勤務している。
受付は企業の顔であり華である。

特に美意識と感性が問われるアパレル業界では、受付嬢の質や接客態度に気を配っている。
最近では、受付専門の派遣を使う企業も多いが、美咲の会社は自前の社員で受付嬢を調えていた。

心地良いシャワーの飛沫に酔いながら、美咲は一樹との情事を振り返った。
体は満足している。
一樹に抱かれて何度も悦楽の高みへと駆け上った。

(でも・・)

美咲の心に熾った埋み火は、まだ消えてはいなかった。
満腹中枢が麻痺する過食症のように、いくら体が満たされても、心に蠢く淫欲はもやもやと燻ったままだった。

椅子に腰かけた美咲は、鏡に向かって両脚をゆっくりと開いた。
幼い頃は一筋の溝だった陰部が、今は林檎の芯に似た形で花開いている。
薄い褐色の花弁が歪に食み出し、濃桃色の花芯が再びてらてらと光沢を宿している。

美咲は陰部へシャワーを向けた。

(ああ、イヴ・・)

それが満たされない淫欲の正体だった。
裸にされるイヴを見た瞬間、美咲は淫欲と名乗る悪魔にとり憑かれた。
そしてイヴになり換わりたい妄想は、まるで癌細胞のように、じわじわと美咲の心を蝕んでいた。

美咲はふうっとため息をついた。

(イヴのように裸身を晒されたい)

むろん美咲もそれが邪な性欲だとわかっていた。
だから誰にも言わず、二十年以上も心の奥底に封じ込めてきたのだ。

ところがここ数年、裸身を晒せなくなる年齢を意識してか、イヴが夢に現れるほど、淫欲を叶えたい衝動は強まるばかりだった。

だが美咲は、夫の一樹に助けを求めようとはしなかった。
美咲は一樹を愛している。

愛しているが故に、一樹から軽蔑されたくなかった。
それにオーソドックスなセックスを好む真面目な一樹に、美咲の淫欲を鎮める変態行為など、期待するだけ酷にも思えた。

今夜も一人、美咲はイヴの姿を消し去るために、シャワーの飛沫で花芯を慰めるしかなかった。

(ああ・・)

美咲は小さく内腿を痙攣させながら、心の陰部を鎮めるように、小さく顔を覗かせた肉芽へ中指の先を伸ばした。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(五)

『マネキン妻の懊悩』(五)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



大手アパレルメーカーの東京本社ビル。
エントランスを抜けると、正面に受付席を据えたロビーが広がっている。
そこには十組の応接セットが置かれ、フロアの奥にも、応接室と打ち合わせ用の会議室が設けられていた。

受付席の美咲は、朝から商談に訪れる来客を手際良く接客していた。
受付勤務は二人一組で行われる。

来客の取り次ぎに始まり、お茶出しから応接室の予約まで、その業務範囲は幅広い。
ちなみに制服は、ピンクのジャケットと黒のスカートのコーディネートで、ブラウスの黒いリボンタイが襟元から覗く可愛らしいものだった。

運転手つきの黒塗り高級車を横づけして、禿頭で恰幅のいい初老の男が入ってきた。

「いらっしゃいませ」

「アスカ銀行の森島だが、財務部の芦川常務を呼んでくれ」

「承っております。ただ今お部屋へご案内させて頂きます」

美咲はもう一人の受付嬢に後を任せると、自らが先導して来客をVIP専用の応接室へ案内した。

受付は忍耐強くないと務まらない。
来客が必ずしも行儀のいい人物ばかりとは限らないからだ。

森島のように偉ぶった傲慢な客もいれば、数分待たされただけで烈火の如く怒り出す客もいる。
そんな一癖二癖ある来客に、受付嬢は我慢強く対応しなければならない。

ところが最近は、感情をすぐ顔に出す若い女性が多い。
受付で最年長の美咲は、彼女達に手本を示すリーダー的な存在をも担っていた。

芦川常務が応接室に入るのを見届けた美咲は、二人分のコーヒーをトレイに載せてドアをノックした。

「失礼致します」

会話が中断され、対面した二人の視線が美咲に注がれる。
美咲は静かに来客側のテーブルにカップを差し出した。

「おう、済まんね」

ふと美咲は森島の目を意識した。
粘りつくような視線が制服の上から体を舐め回している。
ぞっと鳥肌が立った。

(穢らわしい・・)

図々しい森島の視線は、乳房の輪郭をなぞり、ヒップから内腿へと喰い込んでくる。
しかも森島の目は、X線のように制服を見透かし、美咲の裸身を網膜へ受像しているに違いない。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(六)

『マネキン妻の懊悩』(六)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



受付は人の目に晒されるのが仕事である。
そうと割り切っていても、女を値踏みする露骨な男の視線に、嫌悪感を抱かない受付嬢はいない。

中にはそれが元で、視線恐怖症や対人恐怖症を患う受付嬢もいるらしい。
ところが美咲の場合、鼻の下を伸ばす男達の視線が、逆に心地良い刺激になっていた。

(そんなに私の裸が見たいの・・)

前屈みにコーヒーを置きながら、美咲は挑発するようにヒップを突き出した。
表情こそ変わらないが、邪欲を増した森島の目が美咲に襲いかかってくる。

それはあのデパートで、イヴの裸身に見入っていた男達と同じ目だった。
芦川にコーヒーを出し終えた美咲は、何ごともなかったように、扉の前で深く一礼して応接室を出た。

昼食後。
美咲は総務部の山田課長に会議室へ呼び出された。
受付は総務部に所属しており、美咲達受付嬢の上司にあたるのが山田だった。

山田達朗は四十四歳、本社ビルの営繕と受付を担当する万年課長である。
往年の大歌手、東海林太郎に似た風貌で、白髪頭に度の強い黒縁のメガネをかけ、ひょろっと痩せた体つきをしている。

その東海林太郎の歌い方と同様、山田は実直だけが取り柄の男だった。
噂では恐妻家らしく、会社が終わると寄り道一つしないで帰宅するらしい。

それ故か、社内における男女の風紀には厳しかった。
社内の飲み会でも、受付嬢に男が近づこうものなら、吠え立てるように追い払った。
そんな山田だからこそ、会社は女の職場である受付を任せているのかもしれない。

その山田が、申し訳なさそうな顔で美咲に尋ねた。

「神倉さん、この間話したことは考えてくれましたか?」

「・・ええ」

美咲は曖昧に返事をした。
山田の話とは、受付から内勤事務へ職種変更を促す打診だった。

確かに受付には年齢制限がある。
企業の華がドライフラワーでは洒落にならない。

その時がいつか来ることは、三十路を過ぎた頃から美咲も意識していた。
だがそれが現実となると、美咲はすんなりと自分の老いを認めたくはなかった。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(七)

『マネキン妻の懊悩』(七)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



美咲は山田に噛みついた。

「山田課長、そんなに私はお婆さんに見えますか?」

「そ、そんなことないよ。神倉さんは若くて綺麗だよ。でも会社は、事務職として神倉さんに活躍して欲しいんだ」

「私は受付が好きなんです。もう少しだけでもこのまま・・」

山田は両手をテーブルについて白髪頭を突っ伏した。

「申し訳ない。これは上層部の意向なんだ」

「・・済みません。来週まで考えさせて下さい」

そう言い残すと、美咲は逃げるように会議室を後にした。

美咲は迷っていた。
受付を外されるぐらいなら、会社を辞めてもいいと思っていた。

だがそれでは、口煩いが心配してくれる山田を裏切ることになる。
それに三十五歳の美咲を、受付として雇用してくれる会社があるとは思えなかった。

(でも男達の視線に晒されていたい・・)

かろうじてイヴを慰めてくれるのが、今の受付嬢としての仕事だった。
もし受付を辞めれば、怒り狂ったイヴは何をしでかすかわからない。

風俗に身を落とすならまだしも、公然猥褻罪で逮捕さないとも限らなかった。
追い詰められた美咲は、イヴの淫欲を呪いながらも、午後の仕事へと戻って行った。

その夜、美咲は後輩の受付嬢と、銀座のイタリア料理店で浴びるほどワインを飲んだ。

「神倉先輩、大丈夫ですか?」

「平気よ。あなたは早く彼氏のところへ帰りなさい」

店を出たのは九時過ぎだった。
後輩と別れた美咲は、どこへ行くでもなく、人ごみに身を任せて銀座を千鳥足で彷徨った。

美咲はまだ気持ちの整理がつかずにいた。
受付を辞めるか転職するか、その迷いを誤魔化すため、今夜は大酒を飲まずにいられなかったのだ。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(八)

『マネキン妻の懊悩』(八)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



美咲が交差点で信号待ちをしていると、道を挟んだ向こう側に男の姿を見つけた。

「山田課長!」

周囲の人が一斉に振り返るような大声で、酔っ払った美咲は山田に大きく手を振った。
一瞬ぎょっとした山田は、美咲の姿を認めると、一目散に交差点から逃げ出した。

「待って! 何で逃げるのよ」

信号が青に変わると、美咲は山田の後を追いかけた。

逃げる山田、追う美咲。
だが交差点を渡った歩道の段差で、美咲は足を引っ掛けて転んでしまった。

「痛っ!」

転んだ美咲を好奇な目が取り囲む。
転倒に気づいた山田が慌てて駆け戻ってきた。
山田は脱げたヒールを拾って躊躇いがちに美咲へ渡した。

「課長、どうして逃げたんですか?」

「い、いや・・別に逃げたわけじゃないよ」

「嘘。可愛い部下を置き去りにして、逃げようとしたじゃないですか!」

プウッとふくれっ面をした美咲は、酔いに任せて山田を大声で糾弾した。

「かなり酔っているみたいだな。ご主人も心配しているだろうから、早く帰った方がいいよ」

「まだ九時じゃないですか。私、子供じゃありません。それに主人は海外出張中で~す」

美咲はやんちゃ娘のように舌を出した。
山田は初めて接する泥酔した美咲に、分厚い眼鏡の奥にある目を白黒させた。

「昼間の淑やかな神倉君とは別人だね」

「これが本当の私です。そういう山田課長だって、堅物のくせにどうして銀座にいるんですか? 恐い奥様に叱られるんじゃありませんか?」

美咲は人目も憚らずゲラゲラと笑った。

「し、失礼な。僕だってたまには銀座へ飲みに来るさ」

「へえ、見かけによらず山田課長って遊び人なんですね。それなら私を見捨てようとした罰として、これから飲みに連れて行って下さい」

「ええっ・・いや、しかし・・」
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(九)

『マネキン妻の懊悩』(九)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



困った山田が白髪頭を掻いていると、不意に背後から派手な女の声がした。

「あ~ら、柚木先生」

セクシーなパーティードレスを着て、見るからに夜の蝶とわかる美女が、山田の腕にべったりと抱きついた。

「あ、いや・・君、人違いじゃないかな」

「厭だ、先生。最近お見えにならないから、玲奈、すごく寂しかったのよ」

美咲は怪訝な顔で山田のわき腹をつついた。

「山田課長、一体どうしたんですか?」

「ん、うん・・その・・いや・・」

ますます困惑した山田はしどろもどろになった。

「あら、先生。そちらお連れ様かしら。綺麗な女性を連れて先生も隅に置けないわね。さあ、早くお店へ行きましょう」

玲奈と名乗る女は、硬直する山田と途惑う美咲を、無理矢理エレベーターの中へ押し込んだ。
連れて行かれた店は、銀座でも格式がありそうな高級クラブだった。

ボックス席に座った山田と美咲の許へ、外で会った玲奈と年配のママが挨拶に来た。

「柚木先生、お久しぶりです。今夜は若いお嬢さんを連れて羨ましいわ」

「いや、ママ、この人は・・」

山田が言いかけたところに、美咲が強引に割って入った。

「教えて下さい。どうして山田課長のことを柚木先生と呼ぶんですか?」

ママはきょとんとして山田の顔を見た。

「あら、お嬢さんは会社の方なの?」

「シッ、ママ、黙っていて」

山田は口に人差し指を立てた。
だが美咲はその細い指を素早くつかむと、ぎゅっと逆方向にねじ曲げた。
美咲は子供の頃、祖母から護身術を習っていたことがある。

「ギャッ! か、神倉君、乱暴はいけない」

「ちゃんと話してくれますね」

「は、話す・・話すから・・」

美咲は苦痛に顔を歪める山田の指を離した。

「神倉さんは酔うと乱暴になるんだなあ・・」

山田はぶつぶつ呟きながら、恨めしそうに痺れた指を揉み解した。
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『マネキン妻の懊悩』(十)

『マネキン妻の懊悩』(十)
「妄想の囲炉裏端」紅殻格子の呟き入口
FC2 R18官能小説



水割りで喉を湿した山田は意外なことを口にした。

「会社には内緒にして欲しいんだが、僕は柚木達朗の名で官能小説を書いているんだ」

「ええっ? 官能小説って、エッチな小説のことですか?」

耳を疑う美咲に、つかさずママがフォローする。

「柚木先生は雑誌に連載したり、単行本を何冊か出したり、その世界では結構有名な先生なのよ」

「ママ、それは褒め過ぎだ。僕は官能小説家としてはまだ二流だよ」

「あら、私は先生の大ファンですよ。もっとバリバリ書いて原稿料を稼いで、頻繁にお店へ来てもらわないと」

「おいおい、そんなに搾り取るなよ。搾り取るのはこっちの方だけにしてくれよ」

そう言って自分の股間を指差す山田に、ママと玲奈は腹を抱えて笑った。

美咲はじっと山田の顔を見つめた。
美咲の印象では、真面目で、恐妻家で、遊びと性の匂いが最も希薄な男が山田のはずだった。
その山田が、官能小説家と言う正反対の顔を持っていたのだ。

(人間ってわからないものね)

だがそれは美咲も同じかもしれない。
今夜は酔って醜態を晒してしまったが、山田は淑やかな受付嬢の美咲しか知らない。
ところがその淑やかさの裏には、誰にも口にできない淫らな欲望を潜ませているのだ。

ふと美咲は微かな期待を抱いた。
官能小説家ならば、性への造詣はかなり深いに違いない。
山田ならば、イヴの淫欲に懊悩する美咲を救ってくれるかもしれない。

「山田課長、いいえ、柚木先生でしたっけ。どうして官能小説を書こうと思われたんですか?」

山田はソファに深くもたれて腕組みした。

「う~ん、自分も含めた、人助けかな」

「人助け? 官能小説が、ですか?」

「そう。人間は誰しも心の中に淫らな欲望を隠している。例えば恋人を黒縄で縛ってみたいとか、妻が他の男に抱かれるのを見たいとか・・」

「・・・・」

「こ、ごめん。ちょっと神倉さんには刺激が強過ぎたかな。まあ人間は、特に男はね、妻や恋人にも言えない変態性欲を、一つや二つ抱えて悶々としているんだよ。そのやり場のない淫欲を、物語の中で叶えてあげるのが官能小説家の仕事だよ」
つづく…
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。