FC2ブログ

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その1)…降矢木士朗

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その1)…降矢木士朗
FC2 R18官能小説
 
十月の初旬ぐらいだったでしょうか、USファーマシーに官能小説誌編集者の畠山君がぶらりとやってきました。

「降矢木先生、ちょっとお願いがありまして・・・実はドキュメンタリーの原稿を書いて戴けないでしょうか?」

「記録物かい・・・創造性がないものは興味がないね」

「そう仰ると思っていましたよ。残念だな、別の人を捜そうかな・・・実は写真誌の企画で『カップル喫茶潜入記』をやることになりましてね」

「何っ、カップル喫茶? やる、絶対やる」

私は両手で畠山君の肩をつかみ、力任せにガクガクと前後に揺すりました。
畠山君の話によると、彼が勤める立浪出版が発刊している写真誌『他人妻マニア』で、スワッピングの年間特集を組むと言います。

その第一弾として、カップル喫茶の実態を写真と文章で紹介するとのことです。
たまたま嬥歌会という古代乱交祭を題材にした作品に取り組んでいた私は、畠山君の提案を渡りに船で受けました。
畠山君は段取りを説明しました。

「もちろん店側とメインを張る一組の夫婦は仕込みますが、臨場感を盛り上げるために相手夫婦は現場調達するつもりです」

つまり店主の撮影承諾を得たカップル喫茶に、前もって契約したベテラン・スワッピング夫婦を送り込み、そこへたまたま現れた素人夫婦かカップルを釣り上げる企画のようです。

「撮影は赤外線かな?」

「いえ、店内はそれほど暗くないので高感度ビデオカメラで盗撮できると思います」

「で、僕はどうしたらいいのかな?」

「我が社で女性を用意しますので、取材と怪しまれないようにイチャイチャしながらスワッピングを観察して戴こうと・・」

突然パカーンと大きな音がした。
頭を抱えた畠山君の背後に、いつ店に来たのか、スリッパを手にした月絵が立っていました。

「畠山さん、その女性は用意しなくて結構です。アシスタントの私が代わりに先生とご一緒させて戴きます」

私は慌てました。

「しかし月絵君、君は男性との経験もないし・・・」

「いえ、天神会の事件があったおかげで私もずいぶん成長しました。それとも先生はアシスタントの私を差し置いて、その女性とカップル喫茶で何か企んでいらっしゃるのですか?」

凄んだ美女の迫力は周囲を寡黙にします。

「・・・別に」

そんな事情で、月絵と私はカップル喫茶へ潜入取材することとなったのです。
つづく… 

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 自作長編官能恋愛小説
genre : アダルト

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その2)…降矢木士朗

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その2)…降矢木士朗
FC2 R18官能小説

「かがい」という文字が化けてしまい申し訳ありません。
「か」は「女」偏に「翟」、「が」は「歌」、「い」は「会」です。
これは歌垣とも言われるアジアに広がる求愛儀式で、日本では古く万葉集にも詠まれています。

「・・娘子壮士の 行き集ひ かがふ嬥歌に 人妻に 我も交はらむ 我が妻に 人も言問へ・・」
豊作を祈願する祭祀だったと言われ、この日ばかりは自由な性の交わりが許されたとされます。

それはさておき、月絵と私がカップル喫茶のある駅へ行くと、畠山君と彼が仕込んだご夫婦が待っていました。

「よろしくお願いします」

「こ、こちらこそ」

二人とも三十代後半ぐらいでしょうか、男性はごく普通のサラリーマン風、女性も上品な奥様といった感じです。
ごく平凡で、とてもスワッピングを楽しんでいる夫婦には見えません。

畠山君が再度段取りを説明して、ご夫婦と私達は飲食店の二階にあるカップル喫茶に入りました。
扉を開けると受付があり、入会金(初回のみ)と入店料を支払います。

この店は単独男性禁止ですが、ハプバーなど単独男性が入れる店では、カップルや単独女性から料金を取らないところもあるようです。
店内は薄暗く、仕切りのついたカップル用の個室と、オープンルームと言われる共有スペースに分かれています。

店主に案内されて、ご夫婦と私達は隣同士の個室を宛がわれました。
畳二畳ほどしかない個室のソファに座った月絵が私の袖を引っ張ります。

「先生、何かドキドキしてきちゃった」

「大丈夫だよ。我々はご夫婦の様子を観察するだけだから・・」

しかし個室の仕切りはあってないようなものです。
通路からは細い紐状のようなカーテン、隣の個室との間には窓が開いていて、しっかりとお互いの行為が覗き合える造りになっています。

つまりカップル喫茶の原型はあくまで同伴喫茶であり、カップル同志が覗き覗かせするための構造になっているわけです。
ところが近年は、より近くでの相互鑑賞、そしてスワッピングや乱交を求めるカップルのために、オープンルームを提供する店が大半となっているようです。
つづく… 

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その3)…降矢木士朗

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その3)…降矢木士朗
FC2 R18官能小説

仄暗い闇の中で徐々に目が慣れてきました。
隣の個室に畠山君が仕込んだご夫婦、そして通路を挟んだ前の個室にはまだ二十代後半ぐらいのカップルが座っています。
ひそひそ聞こえる囁きから、二人ともこの世界は初心者らしく、尻ごみする女性を男性が懸命に説得しているようです。

どうしてこのような世界にのめり込むのでしょうか?
男性はなかなかのイケ面とやらで、女性も知的な感じのする美人です。

それまでカップルがいなかったのか、男性はキョロキョロと興奮気味に私達の様子を通路越しに観察しています。
すると隣の奥様がカップルを挑発するように艶めかしく服を脱ぎ始めました。

三十路過ぎの肉感的な肢体です。
他人妻の熟れた体は男の性欲を厭が上でもそそります。
こぼれんばかりの乳房がゆさゆさと揺れ、たっぷりと脂肪がのった豊かなヒップがプルプルと震えています。

ご主人を前にして衣服を脱いでいますが、実は肉厚なヒップは通路越しのカップルを狙っているようです。
案の定、向かいの男性は奥様のヒップの動きをじっと見つめています。
月絵が不安そうな顔で耳打ちしてきました。

「せ、先生・・どうしたらいいんですか?」

「う、うん、とりあえず取材で来ていることがばれないようにしないと・・早く上着を脱ぐんだ」

「えっ、でも・・」

「しっ、いいから早く」

怪しまれないよう恋人同士のふりをしなければなりません。
ソファの隣に座っている月絵の肩を抱きながら、私はブラウスを脱ぐように命じました。
月絵はどぎまぎした表情でブラウスのボタンを外していきます。

「恥ずかしい・・先生」

薄いピンク色のブラに包まれた豊かなバストが現れました。
愛らしい柄のブラから盛り上がる胸の谷間は、興奮した月絵の荒い呼吸のせいで上下に揺れています。

「つ、月絵君・・」

ごくんと私が生唾を飲み込んだ時、全裸になった隣のご夫婦は、タオルを巻いてオープンルームへ向かったのです。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その4)…降矢木士朗

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その4)…降矢木士朗
FC2 R18官能小説

ピンク色の照明が艶めくオープンルームが個室から見渡せます。
部屋は八畳間ほどで、柔らかそうなマットが敷き詰めてあるだけです。

全裸の奥様がマットに仰向けで寝転びました。
するとご主人がゆっくりと奥様の全身を愛撫していきます。
豊かにせりあがった乳房を掌でそっと触れると、その頂で尖った鳶色の乳首がぷるんと震えます。

「あん、あなた・・」

「何だ、もう感じているのかい?」

月絵と私、そしてもう一組のカップルが観ている中で、奥様はご主人の愛撫に身をよじり始めたのです。
隣にいる月絵は瞬き一つせず、ご夫婦の愛し合う姿に見入っています。

「・・ああ、先生」

頬を紅く上気させた月絵は、切なそうな表情で、ぎゅっと自分の胸を両腕で抱き締めています。
いくら天神会で男女の乱交シーンを見たとしても、本物の夫婦が織り成す愛の行為は別物なのかもしれません。

しかもAVの冷たい画像ではなく、息遣いすら聞き取れる3メートル先で、愛し合う男と女が淫らな痴態を演じているのです。
月絵のみならず、向かいの個室にいるカップルもご夫婦から目が離せません。

男性は個室の窓から身を乗り出しながら、自分のすでにいきり立った肉茎をしごき始めています。
どうやら女性は初めて他人の行為を観るのでしょうか、恥じらいながらもご夫婦の様子が気になって仕方ないようです。

「おい、行こう」

堪らなくなった男性が、強引に途惑う女性の手を引いてオープンルームへ向かいました。
男性は緊張した面持ちで軽く会釈すると、女性のバスタオルを剥いでご夫婦の横に寝かせました。

その距離は1メートルもありません。
カップルの男性は、悶える奥様の肢体をちらちら見ながら、小ぶりですが形のいい女性の乳房を愛撫し始めました。
スレンダーな体の女性は、隣にいるご主人の視線を意識しているのか、ずっと恥ずかしそうに瞳を閉じています。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その5)…降矢木士朗

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その5)…降矢木士朗
FC2 R18官能小説

ピンクのオープンルームで二組の男女の性宴が始まりました。
まずご夫婦のご主人が、カップルの男性に小声で囁きました。

「どうぞ、よろしければ妻を触って下さい」

「はあ・・・」

男性は困惑した表情をつくりながらも、待っていましたとばかりに、女性を愛撫する合間を見て奥様の乳房に恐る恐る手を伸ばします。

「ああん」

奥様は甘く熟した喘ぎ声で、愛撫する男性の気持ちを後押しします。
男性は女性の陰部に右手を這わせながら、奥様の乳房を左手で揉みしだき始めました。

男性に身を委ねていた女性が気づきました。
おそらく隣の奥様への愛撫に夢中になる男性を嫉妬しているのでしょうか、自分の股間に這う男性の手をぐっと引っ張りました。
すると奥様が女性の嫉妬を煽るように、男性の肉茎へと手を伸ばしたのです。

「ああ・・あなた、凄く大きくなってくれている・・」

奥様は男性の肉茎をしごきながら、艶っぽい表情でもの欲しそうに喘ぎます。

「うん、●●江の体に興奮してくれているんだね」

ご主人は嬉しそうに頷くと、男性に向かって「くわえさせてもらえますか」と尋ねました。

「え、ええ・・」

もう男性は止まりません。
胡坐をかいた男性の股間へ、四つん這いになった奥様は顔を埋めたのです。

赤黒く勃起した男性の肉茎を奥様が愛おしそうに口に含みます。
他人棒を淫らにくわえる奥様の横顔を見て自分の男根をしごくご主人。

もう男性は女性への愛撫などうわの空で、奥様のフェラ顔を満足気に見つめています。
ちょうどご夫婦と男性が仲良くなり、女性一人が取り残されたような雰囲気になってしまいました。
月絵は興奮しながらも首を傾げました。

「あの女性、怒って帰っちゃうんじゃないかしら?」

「どうかな? 見ていてご覧よ」

すると私達の目の前で、一人にされた女性は意外な行動に出たのです。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その6)…降矢木士朗

心の闇④ 現代嬥歌会(かがい)考(その6)…降矢木士朗
FC2 R18官能小説

見ず知らずの奥様に、恋人である男性の肉茎を横取りされた女性は、股間に伸びた彼氏の手を振り払うと、ご主人の手を引いて抱き寄せたのです。
そしてご主人の大きくなった逸物を躊躇いもなくくわえました。

「んぐぅ、凄く大きい」

その豹変ぶりに男性が吃驚しています。
男性への嫉妬からでしょうか、それとも女の淫らさが臨界点を越えたからでしょうか、女性は狂ったようにご主人の肉茎をしゃぶり始めました。

ご主人は個室で見ている私達に向かってそっとOKサインをくれました。
月絵はあっと小さく叫びました。

「そうか、まず奥さんが男性を引き離して、嫉妬した女性を取り込んでしまう段取りなんですね」

「もしご夫婦が先に女性を口説いたとしたら、男性への配慮から女性は避けていたかもしれないね」

「ええ」

「性的に多情である男性には、数多くの女性と交接しようとする本能がある。ところが女性の性行動は子供の父親を決定しなければならないため、基本的に多淫を好まない」

「それでも女性が乱交を受け入れてしまうのは・・・あっ、一人だけ性行為から取り残されるのを回避したいから?」

「生物学的には発情期を空胎で終ることへの恐れがある。だから人間の結婚適齢期などという概念は、空胎の回避を促す知恵なのかもしれないね」

「それで麻美さんは・・・」

「しっ・・いいよ、もうそんなことは・・」

私は指で月絵の口唇を押さえると、平手打ち覚悟でヒップにそっと手を回してみました。

「あっ、先生・・」

一瞬月絵は瞳を大きく見開きましたが、顔を真っ赤にして俯いてしまいました。
下着の上からですが、小ぶりできゅっと引き締まった肉感が掌に伝わってきます。

「本気で先生が望まれるなら・・私・・」

「いいのか?」

「は、はい・・でも、私、初めてだから・・」

「よし、月絵君、我々もオープンルームへ行って、彼等の行為に参加してみようじゃないか」

「・・はあ?」

刹那、月絵の瞳が暗く私の顔を見据えました。
パンッ。

やはり平手打ちが私の頬に炸裂しました。
月絵は乱雑に衣服を身につけると、私の耳許へ低く重い声で囁きました。

「どうぞ、お一人でごゆっくり」

オープンルームで二組の男女が交わうのを尻目に、月絵は私を置き去りにしてカップル喫茶を出て行ってしまいました。
私は交わり合う二組のカップルを名残り惜しげに見ながら、カップル喫茶を後にしたのでした。

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5