FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「懺悔」 第一章・・・

懺悔
         
『懺 悔』    紅殻格子
一.

日曜日の夜。
煌々とシャンデリアが燈るリビング・ダイニングで、一家団欒の夕食が始まりました。
今夜は私の得意なパスタ料理です。
特にホワイトソースとトマトソースを交互に重ねて焼くラザニアは、知り合いのイタリア人シェフに教えてもらった本格派です。

夫の貴彦がおどけたように言いました。

「美味い。ママが作るパスタは三ツ星レストランも顔負けだ。なあ、智彦」

「うん、いつ食べてもこのラザニアは最高だよ」

主人や子供に料理を褒められるのは、幾つになっても主婦として嬉しいものです。

「んもう、いくらお世辞を言ってもお小遣いは増えないわよ」

私が冗談めかして答えると、主人と息子はお腹を抱えて大笑いしました。

温かな笑い声が吹き抜けになった三十畳ほどのリビングに反響します。
五年前に新築したこの家は、ここ横浜の高級住宅街でも、一際目立つお洒落なデザイナーズハウスです。
土地も六十坪と広く、芝生を敷きつめた庭園の入り口には、つる薔薇を絡ませたアーチが立っています。

夫の貴彦は四十二歳、一流大学を卒業して都市銀行に勤務しています。
息子の智彦は高校一年生、進学校として県内でも有名な私立学校に通っています。

そして私は三十八歳、結婚して十七年になる主婦です。
明るい家族と経済的にも恵まれた生活――傍目にはこの上なく 幸せな家庭に見えるのでしょう。
友人や近所の奥さん達も、私を羨望の眼差しで見ているようです。

でもこの幸せは幻影なのです。
束の間の団欒は、貴彦、智彦、そして私が、それぞれ家族と言う仮面をつけて演じているお芝居なのです。
夕食が終わると、主人がスーツに着替え始めました。

「十一月になると仙台はもう真冬だよ。コートを送っておいてくれないか」

今年の四月、貴彦は仙台支店へ副支店長として異動しました。
智彦の学校があるので単身赴任です。
貴彦は金曜日の深夜に横浜へ帰宅し、日曜日の夜、最終の東北新幹線で仙台へ戻って行きます。

横浜・仙台の往復交通費は、月二回分だけ単身赴任手当てとして支給されます。
最初の頃はきちんと月二回家へ帰ってきた貴彦ですが、
今では仕事が忙しいと言って月一回しか戻って来ません。
でも仕事が忙しいのは嘘です。

仙台に女がいるのです。
転勤した三ヶ月後、私は主人を訪ねて仙台へ行きました。
男の一人暮らしでは、食生活が心配ですし、掃除も行き届かないと思ったからです。

ところが借りているワンルームは、意外なほど綺麗に片付いていました。
不思議に思った私は、貴彦が銀行へ出社している間に部屋を家捜ししました。
そして生ゴミの中からルージュがついたタバコを見つけた時、私は全てを悟ったのです。

気が動転しました。
でも私は貴彦を責めませんでした。

何故なら、私自身も密かに主人以外の男性に想いを寄せていたからです。
実は貴彦が勤めているのは、経営破綻して公的資金を注入したX銀行なのです。

ご存知の通り、国民の税金を穴埋めして倒産を免れた代償は、行員の給料三割カット、賞与ゼロと言う厳しい処遇でした。
エリート銀行員だった主人の精神的ダメージは元より、家計も大きな打撃を受けざるを得ませんでした。

一番の足枷はこの家の住宅ローンです。
銀行破綻前に建てた家は、土地の価格も含めて約七千万円、 その大半をローンで賄っていました。
それに加えて智彦が有名私立高校に進学できたことで、入学金や寄付金、そして高い授業料と、家計は文字通り火の車となっていきました。

年収七百万円に対してローンの年返済額が三百万。
とても生活が維持できる状況ではありません。

しかし一度建てた家を売ることもできず、有名私立に受かった智彦を公立高校へ通わせるのも忍び難く、悩み抜いた挙句は専業主婦の私が働くこととなったのです。

つづく・・・

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

小説「懺悔」 第二章・・・

          『懺 悔』    紅殻格子

   
 二・

でもそれが躓きの第一歩でした。
私がアルバイト先に選んだのは、隣駅にある小さな土建会社でした。
簿記一級の資格を持っていた私は、経理アルバイトを募集していた川和建設で働き始めました。
就職すると、鏡に向かって念入りにお化粧をするようになりました。

二十歳の頃は嫌いだった童顔も、三十路を過ぎると若々しい
愛らしさに変わって満更でもありません。
ウエーブのかかった肩まで伸びる髪、くりっとした円らな瞳、ちょっと鼻梁は低めですが、
キュートに微笑む口許――生活苦のために働き始めた私ですが、
専業主婦になって忘れかけていた女であることを、
再び取り戻した歓びを感じるようになっていたのです。
 
でもアルバイトとは言え、結婚前一年間しかOLの経験がない私は、
なかなか会社に馴染むことができませんでした。
しかも社員二十名ほどの土建会社です。
半裸で汗臭い男達が、キャバレーのホステスを相手にするように卑猥な言葉をかけてきます。

「奥さん、ご主人単身赴任だって? 今夜寂しければ夜這してやろうか」

「おうよ、たまにはオマンコの煤払いをしないと、蜘蛛の巣が張っちまうぜ」

私が赤面して俯いてしまうと、決まって助けてくれるのは川和社長でした。

「馬鹿野郎! お前等のカカアと違ってこの人は上品な奥さんなんだよ。
言葉遣いに気をつけねえか!」

褐色に日焼けした厳つい体の川和社長は、まだ四十代半ばで、
パンチパーマにロレックスの腕時計を巻く典型的な土建屋の頭です。
インテリタイプの貴彦とはまったく違う強面な社長に、
最初のうちは私も生理的に抵抗がありました。
ところが外面とは違う社長の優しい気遣いに、
夫がいない寂しさもあったのでしょうか、私は徐々に惹かれて行ったのです。

ある夏の日、普段はほとんどないのですが、
月末の帳簿づけが滞って残業しなければならなくなりました。
やっと仕事が終えた時には九時を回っていました。

「夜遅いから家まで車で送ってやるよ」

たまたまその夜事務所にいた社長の親切に、私は何の警戒心も持たず甘えてしまったのです。

「ちょっとドライブして行こうか?」

ベンツの助手席でそう誘われた私は、家で待っている智彦が心配でしたが、
浮気している主人への当てつけもあってOKしてしまいした。

横浜でも郊外にはまだ雑木林が茂る丘陵が多く残っています。
社長はそんな人通りのない山道に車を停めました。
そして突然、社長が助手席の私に覆い被さってきたのです。

「い、いやっ!」

抗おうとしましたが、力の強い社長には敵いません。
いきなり私の顔を両手で押さえると、社長は強引に口唇を合わせてきました。
ぬるぬるした舌を絡められ、私は口を吸われました。
すると体がかっと熱くなって下腹部が疼き、主人のこと、智彦のこと、
全てのしがらみがふっと頭から消えてしまったのです。
 
妻であり母であることを捨て、一人の女に、いえ一匹の雌に戻った瞬間でした。
後は社長にされるがままでした。
ブラウスを剥がれて乳房を弄ばれ、スカートを捲られて陰部を嬲られました。
でも私はレイプされているのにはしたない喘ぎ声をあげていたのです。

「奥さん、よほど飢えていたんだな。もうぐっしょり濡れているぜ」

「あ、ああっ・・社長、だめ・・やめて・・」

確かに主人とはセックスレスの状態が十年近く続いていました。
でも私自身、男と女は年とともにそうなるものだと思っていました。
ところが社長の愛撫で、私の体は今までにないほど淫らに感じてしまったのです。
主人を裏切る背徳、熟れ盛りの体、
巧みな社長の愛撫――いろいろな刺激が一つの火の玉となって私を翻弄しました。
十年間の鬱憤を晴らすかのように、身も心も私は社長の愛撫を貪り求めていたのです。

社長はシートを倒して助手席に乗り移って来て、荒々しくショーツを剥ぎ取りました。
そしてズボンを下ろすと一気に男性を挿入してきたのです。

「あ、いやっ、許して・・うっ、うぐうぅぅ」 

ヌルッとした感触とともに、膣いっぱいに社長の男性が入ってきました。
主人のものを受け入れた時より、遥かに膣が圧迫されているのがわかります。

「おう、凄えな。俺の自慢の一物をずっぽりと呑み込んじまった」

「い、言わないで・・」

「これでお前は俺の女だ」

社長はそう宣言すると、ゆっくりと腰を動かし始めました。
巨大な男性が出入りするたびに、陰部全体が押し込まれたり
捲り返ったりするような錯覚を覚えました。

「いいっ! き、気持ちいい!」

狂わんばかりの悦楽に、私は逞しい社長の体にしがみついていました。
ぎしぎしと車が揺れる中、時を忘れて社長に征服される歓びに身悶えたのです。
それ以来、私は社長の雌奴隷となりました。
社長は融資の交渉に銀行へ行くと嘘をつき、週に二三度、
仕事の途中に私を車に乗せて連れ出すようになりました。
そして会社から近いラブホテルで私の体を貪るのです。

私には主人がいますし、社長にも奥様がいらっしゃいます。
でも一度火がついてしまった肉体は、社長の逞しい男性でしか鎮めることができませんでした。
罪悪感を覚えながらも私は社長に溺れていきました。
社長の雌奴隷になる黒い愉悦から、麻薬のように体が離れられなくなってしまったのです。

つづく・・・

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説「懺悔」 第三章・・・

         『懺 悔』    紅殻格子

 

今、主人が家を出て仙台へ向かいました。
「行ってらっしゃい」
私は玄関まで見送ると、しばらくそこに立ち尽くしていました。
リビングに戻るのが怖かったからです。
表面だけ取り繕う冷たい夫婦関係は、お互い様と言ってしまえばそれまでです。
でも私が犯した罪は、主人を裏切るだけでは済まなかったのです。
もっと恐ろしい代償が待っていたのです。

リビングでは息子の智彦がソファに座ってテレビを見ていました。
「親父は出かけたのか?」

「・・え、ええ」

先ほどの団欒からは想像できない息子の乱暴な言葉に、私は半ば怯えるように答えました。

「ったく、親父が家にいると、いい子ぶらないといけないから疲れるよ。
ほら、そんな所に突っ立ってないでここへ座れよ」

ソファにふんぞり返った智彦は、足元のフローリングを指差しました。
とても高校一年生が母親に向かって話す言葉遣いではありません。

「ねえ、お願い。もうこんなこと止めて」

恐る恐る私は智彦の前に跪くと、母親のプライドを捨てて許しを乞いました。
でも智彦は冷たく私を見下し、ニヤッと口許を歪めただけでした。

「いつから僕に説教できる偉い母親になったのかな?」

智彦はそう凄んで私を睨みつけると、穿いていたジャージを膝までずらしました。
智彦は、母親である私の前で男性を露にしたのです。

「ああ・・」

私は絶望のあまり声を上げてしまいました。
それは智彦が小さかった頃の可愛いオチンチンではありません。
赤黒く凶悪な男の性器です。
大人になっても、顔立ちには子供の頃の面影が残っていますが、
男性は全く別物の如くグロテスクに変貌していました。
しかもそれは実の母親を前にして、大きくそそり立ってピクッピクッと脈打っているのです。

「ほら、早く咥えろよ」

男性の丸い先端を私に突き出し、智彦は能面のように無表情な顔で命じました。
もう蛇に睨まれた蛙と同様で、私は息子の命令に従うしかありませんでした。
硬直した灼熱の男性をつかむと、私は目を瞑ってゆっくりとその先端を口に含みました。

つづく・・・

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説「懺悔」 第四章・・・

         『懺 悔』    紅殻格子

 四.

狂っています。
実の母親が息子の性器をくわえさせられているのです。
もう人間ではありません。獣です。いえ、獣以下かもしれません。
主人への意趣返しに私が犯した不倫の代償は、息子智彦の性奴隷に貶められることでした。
でも智彦に罪はありません。

私が悪いのです。私が愚かな母親だったのです。
社長との不倫は、すぐに奥様の知るところとなりました。
奥様は社長を奪った私への復讐に、最も恐ろしく卑劣な制裁を下したのです。
いつものように社長とラブホテルで愛し合った後のことでした。
ベンツでホテルを出ると、正面から自転車が走って来たのです。

智彦でした。私は驚き慌てて顔を伏せましたが、しっかりと智彦と目が合ってしまいました。
その時の顔が今も忘れられません。
まるで死神に魂を抜かれたように、智彦はただ呆然として私を見ていたのです。

息子に母の浮気現場を見せる――それが奥様の復讐でした。
奥様は親しい社員に社長と私の行動を見張らせていました。
いつもの通りラブホテルで密会するのを見計らい、
私の名前を出して智彦を呼び出しました。
そして携帯で連絡を取りながら、私達が車で駐車場から出るところを鉢合わせさせたのです。

情事、それも家族を裏切る背徳の情事を、
息子に知られた惨めさを想像できるでしょうか。
確かに悪いのは私です。でもあまりにも残酷過ぎる仕打ちです。
 
その夜、智彦は私に暴力をふるいました。
私は顔が腫れ上がるぐらい叩かれました。でも智彦も泣いていました。
叩かれる私よりも、智彦が受けた傷の方が痛かったに違いありません。
信じていた実の母が、自分を育くむ家庭を壊しかねない裏切りをしていたのです。
淫欲の誘惑に負け、私が母であることをやめたと思ったのでしょう。

翌日から智彦は自分の部屋に引きこもりがちになりました。
朝、学校へは行くものの、帰って来てからはずっと部屋から出てきません。
食事は私が部屋の前まで運びます。衣類や洗濯物も部屋の前に置くようになりました。
細々とした日用品が必要な時は、紙に書いてドアに貼り出すのです。

ところが単身赴任の貴彦が帰ってくる休日になると、
智彦は何事もなかったように明るく振舞いました。
私を庇ってくれているのか、智彦は不倫していたことを一切口にしません。
それは今も変わりません。
でもそれが却って針の筵に座らされているようで、私は心苦しくて仕方ありませんでした。

私は何度も謝り、部屋から出て来てくれるように説得しました。
もちろんすぐに会社も辞め、社長との関係も断ち切りました。
でも智彦は応じてくれませんでした。
母親に裏切られた息子の苦しみを思うと、
私もただ胸を痛めて見守ることしかできませんでした。

明るい笑顔を見せる智彦は戻ってきませんでした。
智彦の性格を暗く捻じ曲げてしまったのは私の責任です。
主人に相談もできず、私は鬱々と後悔と懺悔の日々を送るようになったのです。

つづく・・・

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説「懺悔」 第五章・・・

  『懺 悔』    紅殻格子

 五.

智彦が部屋に引きこもるようになって一ヶ月経った頃、私はふと恐ろしいことに気がつきました。
洗濯機の横に置いてある汚れ物を入れるカゴが荒らされていたのです。
前日の夜、履き替えた下着をカゴの右奥に丸めておいたのですが、
洗濯しようと見ると、ブラジャーとショーツの位置が左奥に変わっていました。
その時は私の記憶違いだと思い直したのですが、次の日も微妙に下着の位置がずれているのです。
 
私はぞっとしました。
主人がいない我が家には智彦と私しかいません。
であれば、智彦が私の汚れた下着を悪戯しているとしか考えられません。
夜な夜な母親の下着をいじる息子の姿に、私は鳥肌が立つほどのおぞましさを感じました。
 
怖くなった私は、汚れた下着だけ自分の寝室に隠すようにしました。
ところがそれが智彦の神経を逆撫でしてしまったのです。
軽率だったかもしれません。
何故なら下着を隠してしまうことで、
智彦が下着を悪戯していた秘密をあからさまにしてしまったからです。

ある夕方、スーパーへ買い物に行って帰宅すると、私の寝室が荒らされていたのです。
箪笥の中を引っ掻き回したように、洋服や小物類が部屋中に散乱していました。
最初は泥棒かと警察に通報しようとしましたが、落ち着いて考えると家には智彦がいたはずです。

私ははっとして部屋をよく見回してみました。
するとドレッサーの上に、ちょっと派手な黒のショーツが置いてありました。
私は恐々そのショーツを手に取りました。
その途端、黒のショーツから白濁液がどろりと垂れたのです。

男性の精液です。
見ると、ショーツの陰部が触れる部分に、
乾きかけた精液がべっとりと付着しているではありませんか。
私は恐ろしさのあまり叫び声を上げ、ショーツを放り投げてベッドへ泣き崩れました。

きっと淫乱な母に対する息子の報復です。
いっそのこと殴られた方がどれほど楽でしょう。
優しかった智彦がそこまでするのは、私への恨みが相当深いからに違いありません。

母親失格――智彦はそう私を責めているのです。
社長との不倫で、私が智彦の母であることを放棄したのは事実です。
でもそれは私が愚かだったからです。
許されるのなら罪を購いたい。
智彦の母に戻れるのなら、どんな責め苦も厭いません。
智彦が死ねと言うのなら、喜んで死ぬ覚悟はできています。

しかし智彦は、私を母として決して許そうとしてくれませんでした。
穢れた母の忌まわしい存在を消し去りたいのかもしれません。
そのために智彦は、私をただの淫乱女にしてしまいたいのです。
今の私を女に貶めてしまえば、幼い頃の優しい母の温もりは、
決して傷つけられることなく永遠の輝きを失わないのです。

だから智彦は私をただの女として扱うため、
下着を弄ったりショーツに精液をつけたりしたのです。
母親でありたい。私は智彦と正面から向き合う決心をしました。
でも引きこもった我が子に、なかなか一歩が踏み出せずにいました。

主人が仙台から戻って来ない週末の午前中、
智彦宛に宅急便が届いたのを機に、私は思い切って智彦の部屋をノックしました。

「お願い。智彦、話を聞いて」

ドアを開けて宅急便を受け取る瞬間を狙い、私は強引に部屋へ体を滑らせました。
二ヶ月ぶりに入る智彦の部屋は、床一面に空き缶やスナック菓子の袋、
雑誌が散乱していました。
智彦は私に背を向けて机で宅急便の包装を解き始めました。

「智彦、ママが悪かったわ。もう会社も辞めたし、昔のママに戻るから許して」

「・・・・」

「だからもうママを辱めるようなことはしないで」

ごそごそと荷物を調べる智彦の後ろに立ち、
私は目に涙を浮かべて声を詰まらせながら説得しました。
智彦が振り向きました。その時、ぐっと鳩尾あたりに圧迫感を覚えました。
智彦に殴られたのです。スーッと意識が遠のいていきます。
 
智彦との思い出が脳裏を過ぎりました。
生まれたばかりの智彦を初めて抱いた瞬間。
悪戯盛りで一時も目が離せなかった頃。
幼稚園のお遊戯会で王子様役をした智彦。
小学校の運動会で一生懸命走る智彦。

智彦・・・・・・智彦・・・・・・智彦
私は幼い頃の智彦を夢見るようにそのまま意識を失いました。

つづく・・・

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説「懺悔」 第六章・・・

         『懺 悔』    紅殻格子

 六.

・・・・・智彦の部屋です。
気がつくと、私はベッドに寝かされていました。
いえ、寝かされていたのではありません。
両手両脚を大の字に開かされ、ベッドに縛りつけられていたのです。

「と、智彦・・」

私は手足を動かそうとしました。
でもカチャカチャと金属的な音がするだけで、固定された体は身じろぎ一つできません。
見ると、両手足には手錠がかけられており、
その鎖はそれぞれ金属製ベッドの四隅についたパイプに繋がれています。

「やっと気がついた?」

智彦が私の顔を上から覗き込むように尋ねました。

「ねえ、智彦。何でこんなことをするの? お願い、すぐに手錠を外して」
「そうはいかないんだな」

哀願する私に、智彦は冷ややかな笑みを浮かべて答えました。

「母親にこんなことをするなんて・・いつから智彦は・・」

「母親?」

智彦の顔色が変わりました。

「何が母親だ。子供に隠れて浮気をするのが母親のすることか?」

「そ、それは、パパが仙台で・・」

「そんなこと関係ないだろう! もしそれが事実だとしても、
浮気をしていい理由にはならないじゃないか。子供の心を傷つけて、その言い草は何だ!」

智彦は平手で私の頬を叩きました。

「もう嫌だ。こんな淫乱女が母親だなんて信じたくない。
 だから、だから僕は、あなたに母親を辞めてもらわなければならないんだ」

「は、母親を辞めるって・・」

「そう、優しかったママは死んだんだ。
今僕の目の前にいるのは、どんな男でもくわえ込む淫乱な雌豚だ!」

智彦は目に涙をいっぱい溜めながら叫ぶと、
机の引出しから何か鈍く光るものを取り出したのです。鋏です。

「ば、馬鹿なことは止めて・・智彦・・」

鋏を手に迫ってくる智彦を私は何とか思い止まらせようとしました。
でもその顔は狂気に歪んでいます。私は必死に身をよじって逃げようとしましたが、
両手足をベッドに括りつける手錠の音だけが虚しく響くだけでした。
冷たい刃が肌に当たります。

「やめて! やめて、智彦!」

刺されると観念して目を瞑りました。でも痛みはありませんでした。
そっと目を開けると、身動きできない私の服を智彦が切り刻んでいたのです。

「な、何をするつもりなの?」

ほっとした反面、私は智彦の行動がすぐには理解できませんでした。
やがてブラウスが切り刻まれ、鋏がスカートの裾を餌食にし始めた時、
遅まきながら私は智彦の意図を知ったのです。
裸にしようとしている。

「い、いやっ! だめ、絶対だめ!」

わかった瞬間、私は狂ったように叫びました。
でも智彦は、抗う私を冷たく無視してスカートを切り取ってしまいました。
そして剥き出しになった下半身を守るストッキングを荒々しく破ると、
ふうっと大きく深呼吸したのです。

「この体が家族を目茶目茶にしたんだ」

辛うじてブラジャーとショーツだけで覆われた裸身を前に、
ぶつぶつと智彦は何度も呟きました。
そして鋭い煌きを放つ鋏をブラジャーの真中に差し入れたのです。

「いけないわ、智彦。よく考え直して」

私は智彦を正気に返そうと懸命に呼びかけました。
しかし鋏は無残にも鈍い音を立て、ブラジャーを真っ二つに切り裂いたのです。
乳房が智彦の目に晒されました。
ギラギラした智彦の目が、ふるふると震える膨らみに立つ乳首を執拗に追います。

「この乳首を他人に吸わせたんだな」

ポツリとそれだけ言うと、智彦は鋏の片刃をそっと乳首に当てました。

「嫌、やめて!」

智彦に殺されてもいいと割り切った私ですが、あまりの恐ろしさにぞっと鳥肌が立ちました。

「やめてと言いながら、乳首が立ってきたじゃないか」

「そ、それは怖いから・・」

「うるさい。これが淫乱女の隠さぬ証拠だ。くそっ!」

仰向けに拘束された腰の上に、智彦が馬乗りになりました。
そして荒々しく乳房を揉みしだくや、乳首を口に含んだのです。

「あ、ダメ、ダメよ」

私は狂った息子の愛撫から逃れようと、必死にブリッジをして上半身をよじりました。
でも体は覚えているのかもしれません。十五年前、智彦に母乳を与えていた頃のことを。
乳房を吸う智彦。 それは母としての甘い甘い思い出です。
私は理性を失いかけ、うっとりとした陶酔に襲われそうになりました。

「!」

赤子の智彦が乳を飲む時とは明らかに違いました。
乳首を口に含んで吸いながら、智彦は舌の先を妖しくチロチロと動かしています。

「・・あ・・」

私は迂闊にも小さな吐息を漏らしてしまいました。
乳を吸う我が子ではなく、それが男の愛撫だとわかった瞬間、
悦びの微電流が体を駆け抜けたからです。

「淫乱女め、息子に乳首を吸われて感じるのか?」

「ち、違う・・私は・・」

「畜生、言い訳するな!」

乳房を弄んでいた智彦は、私の体から離れると再び鋏を手にしました。

「やめて! もう許して」

鬼となった智彦に私の言葉など無力でした。最後に残されたショーツに鋏が入れられました。
とうとう私は智彦の前で全裸にされたのです。

つづく・・・
 

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説「懺悔」 第七章・・・

         『懺 悔』    紅殻格子

 七.

智彦はしばらく立ったまま、ぼんやりと私の下腹部に目を落としていました。

「いやっ、見ないで・・」
私は智彦の視線を避けようと、必死に腰をひねって陰部を隠そうとしました。

「・・これのせいで・・」

何を考えているのかわかりませんが、智彦はそれだけをぼそっ口にすると、
私の開かれた両脚の間に寝そべって覗き込みました。

「全てを壊してしまったんだ」

智彦の言う通りかもしれません。
母は聖なる存在、そして女は俗なる存在。
智彦を産んで私を母にしてくれた陰部が、
またその魔性で、聖なる座から私を突き落としたのです。

母になることは女を捨てることなのでしょう。
でも私はそれができませんでした。
母であることを忘れ、社長が蘇らせてくれた女の悦びに溺れることを選んでしまったのです。
 
智彦の指が敏感な部分に触れました。

「こんなにびらびらして・・醜い・・グロ過ぎる・・」
「い、いやよ、触らないで」
 
女を知らないのでしょう。
智彦はそこがどれほど敏感なのかわからず、荒々しく弄り回し始めました。
懸命にいけないと自分に言い聞かせるのですが、
陰唇を捲り返されて無防備な膣に指を押し入れられてしまうと、
どうにも体は勝手に反応してしまいます。

「・・ああ、ダメよ・・やめて、智彦」

智彦は私の気持ちも知らず、新しい玩具でも見つけたように、
自分が生まれてきた陰部を嬲ります。

「濡れてきた」

「いやっ、ああ・・ダメ・・お願い、許して・・」

指で陰部をかき回されるたびに、はしたなくもクチュクチュと卑猥な音がします。

「狂っているよ。息子に触られて感じるなんて」

「感じているんじゃないわ。女は触られるとそうなっちゃうのよ」

「・・ふ~ん、じゃあ、ここは?」

智彦の指が大きくなったクリトリスを摘みました。

「あっ、いやっ!」

反射的にぴくっと体が痙攣してしまいます。
私は女に生まれたことを恨むばかりでした。
男だって女に男性を弄られたら、生理的に大きくなるはずです。

それは女だって同じです。でもそれが女は道徳的に許されないのです。
自己弁護しているわけではありません。
でも父親が浮気しても大目に見られるのに、
母親だとこれほど恐ろしい責め苦を受けねばならないのです。

智彦のいたぶりは続きます。

「これでも感じていないと言い張るのか?」

「ああ・・だめ、そんなことしたら・・あうぅぅ・・変になる・・」

我慢しているつもりです。でも体が言うことを聞かないのです。
腰が勝手に浮き上がり、陰部は智彦の指を欲して動いてしまいます。

「い、淫乱女め!」

淫らな母親の痴態に、智彦の怒りは頂点に達したのでしょう。
顔を真っ赤に上気させると、着ていた服を脱ぎ始めました。

涙が滲んできました。
智彦の華奢な白い体かぼんやりと虚ろな瞳に映っています。
腰のあたりには、母の体に興奮した赤黒い屹立が見えます。
智彦は仰向けで大の字に磔された私の上に覆い被さってきました。

「お前なんか母親じゃない。ただの女だ」

智彦の男性が陰部に触れました。

「ダ、ダメ! それ以上したら、もうママに戻れなくなっちゃう!」

朦朧とする意識の中、私は最後の理性を振り絞って抗いました。
智彦は迷っているようでした。男性を陰部に押し当てたまま動きが止まりました。

ところが。
ヌルッ――それは一瞬のことでした。
智彦が男性を押し出したのか、それとも私の淫らな陰部が息子をくわえ込みに行ったのか、
母子の性器はついに禁断の交わりを果たしてしまったのです。

「いやあああ!」

私は叫び声をあげました。
智彦も呆然と全身を凍りつかせています。
人間であることから逸脱してしまった母子は、どのぐらいの時間でしょうか、
繋がり合ったままお互いにしばらく動けずにいました。

人であることを辞めれば、後に残るのは獣であることだけです。
智彦がわずかに腰を引きました。

「あっ」

ビリッと悦楽の電流が全身に流れ、つま先が感電して反り返ります。
智彦も私も獣となり果てた今、することは一つしかないことを知ったのです。
激しく智彦が男性を突き始めました。

「と、智彦・・ああ・・」

激しい劣情を受け入れながら、私も次第に体が高まっていきます。
智彦の汗がポタリポタリと波打つ乳房に滴り落ちます。

「はあぁぁ・・き、気持ちいい・・智彦、ママ、気持ち言いの・・」

腕立て伏せの格好をしていた智彦は、私の首をぐっと腕で巻くと、体を密着させてきました。
智彦の荒い息遣いが耳元でします。
何年振りでしょうか、息子をこれほど身近に感じるのは。
私は無意識のうちに、その躍動する腰に両手を回していました。

息子に犯されて身悶える愚かな母親。
過ちであることはわかっていますが、
失った息子が戻ってきてくれた喜びを感じていたのも事実です。
きっと智彦も私を犯すことで、どこかで私を繋ぎ止めておきたい心理があるに違いありません。
智彦の動きがぎこちなくなってきました。

「も、もう・・」

「あっ、あっ・・いい・・智彦・・いく、いっちゃう・・いくうぅぅ」

陰部から男性を引き抜く感触。
そして下腹部に生温かい飛沫を感じました。
息子が母親の下腹部に射精したのです。

智彦の女。
その言葉が脳裏を過ぎりました。
沸き上がる悦楽の波が、私の意識を朦朧とさせていくのでした。

つづく・・・ 

ランキングに参加しています。今度ともどうぞ宜しくお願いします・・・

 にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説へ にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ Hな読み物の館 FC2

 エログランキング   minimax  超さんのSEX講座  「恋愛・セックス/大人の話」 

  テクノラティプロフィール      エッチな告白体験談拾得ブログ

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説「懺悔」最終章・・・

        『懺 悔』    紅殻格子

 
 八.

新しい主人となった智彦。
夫の貴彦が仙台へ行ってしまうと、私は智彦の妻となるのです。
ソファにふんぞり返る息子の前に跪き、私はその男性をくわえさせられています。
不倫の代償――愚かな母親です。でももう聖母に戻るのは諦めました。
私は息子の性奴隷として生きていく道を選んだのです。
熱く硬直した男性が口いっぱいに逞しく脈動しています。

「親父がいる間はお預けだったから嬉しいだろう?」

「・・うれひいです」
 
夫貴彦のものより太い息子の男性に口を塞がれたまま、私はやっとのことでそう答えました。
初めて抱かれた日から、智彦は暴君として私に君臨しました。
まだ思春期の智彦です。欲求は止まることを知りません。
平日は、まず寝起きの挨拶代わりに、私の口の中へ一度射精してから学校へ行きます。

そして帰って来ると、キッチンで夕食の支度をする私に悪戯を始めます。
裸で料理させられるのは序の口で、背後から犯されながら包丁を握ることもありました。
もちろんお風呂は智彦と一緒に入ります。
智彦の全身を洗うのは私の係りです。そして寝るのも一緒です。
毎晩のように、深夜まで智彦は私の体を飽きることなく責め続けます。
 
夫が帰らない休日ともなれば、朝から晩まで智彦は私の体を求めてきます。
朝から晩まで雨戸も開けずに犯され続けたこともあります。
最近では、派手なミニや胸元が大きく開いている服を私に着せ、
繁華街を連れ回したりすることもあります。
そうすることで、智彦は異常に興奮するのだと言います。

禁じられた関係を、世間に見せつけたい思いがあるのかもしれません。
世間から見れば、私達は間違いなく狂人です。
でも仕方ないのです。こうすることでしか、私は犯してしまった罪を償うことができないのです。
智彦はフローリングで四つん這いになるよう命じました。

「尻を出せ」

「・・はい」

私はスカートを捲り上げてショーツを脱ぎ捨てました。
獣の陰部が智彦の前で剥き出しになりました。

「その格好でオナニーしろ」

「は、恥ずかしい」

「逆らうのか?」

智彦は私のヒップを掌でピシッと叩きました。

「あっ、するから許して・・」
息子にヒップを向けて高々と掲げると、下腹部から陰部へと指を伸ばしました。
恥ずかしいことに、もうぐっしょりと濡れています。
ぬるぬるした陰唇を掻き分け、敏感に尖ったクリトリスを捏ねるように自慰を始めました。

「う、ううん・・はあぁ・・」

もう理性は失せてしまっています。指の動きに合わせて、自然とヒップを振ってしまう私です。

「世の中広しと雖も、母親のオナニーを見られるのは僕ぐらいだろうな」

「あん・・言わないで・・ううん・・」

智彦の言葉嬲りに、私の体は敏感に反応していきます。

「ああ、気持ちいい・・気持ちいいの・・」

「ふん、淫乱女め。そろそろ犯して欲しくなってきたんだろう?」

「欲しい・・智彦が欲しい・・」

智彦は淫らに発情した私の陰部を見据えると、
そのまま猛った男性を握って背後から抱きついてきました。
ヒップを両手で鷲づかみにされ、子宮が見えそうなほど陰部を広げられます。
そこへ息子の男性がみっしりと埋められました。

「はあぁぁぁ・・」

智彦の性器を受け入れた私は、獣が唸るようなうめき声を上げました。
息子に犯されて身悶える母親。
私が智彦にできることは、性の捌け口に体を与えてやることだけなのです。
いかなる時でも赤ちゃんがお腹を空かせれば授乳する母親のように、
私は無条件で智彦の性欲に体を開くことしかできないのです。

「いいっ、気持ちいいの・・もっと、奥まで突いて、智彦・・」

人の道に外れていることもわかっています。地獄に落とされる罪であることもわかっています。

「あっ、ああっ! もっと強く・・もっと激しく犯して!」

覚悟はできています。これが私の智彦への懺悔なのです。
冷たい秋風が吹く深夜、
私達母子がのめり込む禁断の交合は、いつ果てるともなく続いていくのでした。
         

  ――閉幕―― 

 

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。