FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『独りぼっちの部屋』…第一章

        独りぼっちの部屋
※母の浮気現場に遭遇した少年は、性への罪悪感を深く心に刻んで成長した。
貧しさを克服して逆玉の輿に乗ったが、心の暗部が決して癒されることはなかった。
「俺の居場所は・・・」
身の置きどころがない男は、全てを捨てて安住の地を捜しに街をさまよった。

『独りぼっちの部屋』
  第一章
FC2 Blog Ranking

昭和四十年代後半。
田中角栄が首相に就任し、日本中は列島改造論ブームで沸き立っていた。

その秋には、日中国交回復で贈られたパンダに、大人も子供も競って長蛇の列をつくった。
そんな浮かれた世相とは無縁に、ここ横浜港に程近い下町では、終戦直後と変わらぬ倹しい生活が営まれていた。

港湾労働者の街。
経済成長の恩恵に与れなかった人々が、パンダの檻より狭い部屋で、日々の生業に慌しく追い立てられていた。

夕焼け空の下、少年はランドセルを背負って家路を急いだ。
学校の帰りに空き地で野球に誘われ、母と約束した門限の五時を過ぎていたからだ。

風呂屋の角を曲がると、人がやっと行き違える狭い路地が続く。
野良猫の小便臭い路地裏には、板壁やトタンで覆われたあばら家がひしめき建つ。
庭のある家はほとんどなく、連なった低い軒先には、貧弱な秋花をつけた植木鉢が並んでいる。

その袋小路に、朽ち果てそうな木造アパートがあった。
少年は安普請の格子戸をガラガラと開けた。
玄関には住人共用の下駄箱が置かれ、一階が大家の住居、二階には貸間が二部屋設えてあった。

階段を上がると、店子用の炊事場とトイレがあり、安っぽいベニヤ板でできた戸が二枚並んでいる。
手前が少年の家族が暮らす部屋で、奥には遊び人風の若いバンドマンが住んでいた。
少年は戸を開けた。

「ただいま」

返事はなかった。
少年はランドセルを押入れへ放り込むと、誰もいない部屋をぼんやりと見渡した。

六畳一間の部屋。
その半分は、雑然と溢れ返った家財道具に占拠されている。
残った僅か三畳あまりの空間に、古びた丸い卓袱台がぽつんと置かれていた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第二章

『独りぼっちの部屋』
  第二章
FC2 Blog Ranking

ここが少年達家族四人の住まいだった。
小学五年生の少年には、父母と中学生になる兄がいる。
勉強机など置く場所はなく、夜になれば、卓袱台を片づけて雑魚寝しなければならなかった。

父は、港の小さな倉庫で働く労働者で、競馬とパチンコが唯一の楽しみだった。
まだ四十代半ばだがアル中気味で、気に入らないことがあると母に暴力をふるった。
生活にだらしなく、酒の力を借りなければ何もできない男だった。

そんな父に、母は口答え一つせず仕えていた。
父に平手打ちされて、トイレで嗚咽を忍ばせる母を少年は何度も見た。

何故母が父と結婚したのか、子供心に不思議でならなかった。
今年四十歳になる母は、友達から羨ましがられるほど若く美しい。

藤の花のようにたおやかな容姿だが、近所でも評判の働き者だった。
昼は少年雑誌の付録をつくる内職の仕事、夜は足踏みミシンの音を子守唄にしてくれた。
貧しいアパート暮らしだったが、少年にとって母は大切な自慢の宝物だった。

だが母はどこにもいなかった。
いつもなら共同の炊事場に立って、忙しく夕飯の支度をしている時間だった。
まだ商店街で買い物をしているのだろうか、それとも仕立物を届けに行っているのだろうか。

少年がテレビを点けようとした時、隣室との壁から微かな話し声が洩れてきた。
男と女の声だった。

「・・ん、もう許して・・ダメよ・・」

鼻にかかった甘え声で女が拒んでいる。

「・・いいじゃないか・・もう一回・・まだ旦那は帰って来ないんだろう・・」

せがむ男の声は隣室のバンドマンだった。
まだ二十代半ばぐらいだろうか、男はいつも派手でチンピラのような服を着ていた。

兄の話では、売れないバンドのドラマーで、クラブやキャバレーで演奏しているらしい。
昼間はパチンコ屋に入り浸り、夜になると横浜の繁華街へ仕事に出かけて行く。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第三章

『独りぼっちの部屋』
  第三章
FC2 Blog Ranking

女が切なそうに喘いだ。

「ああん、悪い子ね・・いやん、もう子供が学校から帰って来ちゃうから・・」

途切れ途切れに洩れてくる女の声に、少年は紛うことなく聞き覚えがあった。
母の声だった。

心臓が止まりそうになった。
下町育ちの早熟な少年は、コウノトリなど端から信じていない。

夫を持つ女が別の男と淫らな行為に耽るのは、不貞という罪悪であることも知っていた。
美しく、優しく、聡明で、働き者の母。

その憧れの聖母が、薄い壁一枚隔てた隣室で、男と女の艶かしい睦言を交わしている。
しかもあろうことか、甘えている相手は、一回り以上も年が離れたチンピラ男なのだ。

少年は俄かに信じられなかった。
母が正気とは思えなかった。
いくら父が悪くても、人の道を踏み外すような母であるはずがない。

(あ、悪魔にとり憑かれている・・)

狂った母を垣間見た少年は、ぞっと全身を粟立たせた。
恐怖のあまり、アパートから逃げ出したい衝動に駆られた。

だが少年の足は動かなかった。
西に向いた窓から射し込む夕日が、毒々しいまでに部屋を茜色に染めている。

住み慣れた部屋が、紅蓮の炎に包まれているようだった。
その幻想的な異界が、少年の抑え切れない好奇心を煽り立てた。
母に憑依した悪魔に、少年自身も魅入られていたのだ。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 有名人官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第四章

『独りぼっちの部屋』
  第四章
FC2 Blog Ranking

ガクガクと膝を震わせながら、少年は隣室との壁に片耳を押し当てた。

「・・でも奥さんだって・・ほら、また俺を欲しがっているじゃないか・・」

「いやん・・もう触っちゃだめよぉ・・帰って夕飯の支度をしないと・・」

盛りがついた野良猫のような艶声が、少年の妄想を激しく掻き立てた。

白い肌に絡みつく浅黒い男の腕。
揉みしだかれる乳房。
両脚を開かされて蹂躙される陰部。

決して想い描いてはいけない母の痴態が、少年の脳裏にとめどなく浮かんでくる。
バンドマンはなおも母を責め続けた。

「ふふ、誰も知らないだろうなあ・・良妻賢母で通っている奥さんが、毎日のように俺の部屋へ通って来ているなんて・・」

「ああ、言わないで・・」

「四十女はしたい盛り・・でもアル中の旦那は相手にしてくれないんだろう?」

「や、止めて、主人の話なんて・・ううっ」

母のうめき声で渇き切った喉を潤すように、少年はごくりと生唾を呑み込んだ。
男は勝ち誇ったように母を挑発した。

「おや、もう我慢できないの・・自分から腰をぐいぐい押しつけてきて・・」

「はうぅ・・も、もう焦らさないでぇ・・」

「夕食の支度をしなくてもいいの?」

「い、意地悪・・は、早くこれを入れて・・」

「何を?」

「・・オ、オチンチンよぉ・・ああっ、お願いだからこの大きなチンポをはめてぇ!」
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第五章

『独りぼっちの部屋』
  第五章
FC2 Blog Ranking

年下のバンドマンに焦らされた母は、堰を切ったように淫らな隠語を大声で連呼した。

(か、母さん・・)

少年は目に涙を滲ませた。だが哀しいことに、少年の青い蕾も天へ向けて硬く尖っていた。
母は獣のように喘ぎ続けた。

「き、気持ちいいの・・もっと激しく突いて・・私を滅茶苦茶に壊してっ!」

「くう、良妻賢母が聞いて呆れるぜ」

「だって・・私だって・・私だって・・ああっ、もういく、いっちゃう、うぅ、ぅぅぅ・・」

糸を引くような嗚咽を残して、母は激しい欲情を昇華させていった。
隣室は一転して静まり返った。

少年は押し当てた耳を壁から離した。
部屋を染めていた茜色は消え失せ、黒々とした闇が窓から忍びこんで来た。

不意に涙が少年の頬を伝った。
不信、失望、侮蔑――様々な感情が少年の心を襲った。

(悪魔のせいだ・・悪魔のせいだ・・)

だが少年は母を庇って悪魔を憎もうとした。
母を淫らに振る舞わせる悪魔を呪おうとした。

少年はテレビをつけて音量を大きくした。
それが隣室から戻ってくる母に、せめてでもできる少年なりの心遣いだった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 有名人官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第六章

『独りぼっちの部屋』
  第六章
FC2 Blog Ranking

青々と目映い芝生の上を爽やかな薫風がそよいでいく。
アンティークな赤レンガをふんだんに使った庭園では、色とりどりの薔薇が艶やかな大輪を競い合う。

そして花々に傅かれるように、ギリシャ神話の女神を象った彫像が、三百坪近くある庭園の中央で白い裸身を晒している。
古河隆正は、テラスでぼんやりと春の陽射しを浴びていた。

(まるで天界の城だ)

背後の住居は、明治時代に造られた西洋館を模している。
円柱の尖塔を配したアメリカン・ビクトリア様式の建物は、重厚且つ瀟洒に、西洋庭園とのハーモニーを奏でていた。

ここ東京の高台にあるお屋敷町に、四十五歳の隆正は邸宅を構えていた。
と言うと、若き実業家かと勘違いしそうだが、正確には隆正がこの豪邸に住みついたに過ぎない。

隆正は古河家の婿養子だった。
古河家は傍流だが、遡れば明治の男爵家に辿り着く家柄である。

戦後没落する貴族を尻目に、今も都内に広大な土地を所有し、十数棟の賃貸ビルやマンションを経営していた。
妻が背後で呼んだ。

「あなた、昼食ができましたよ」

この家の一人娘で、隆正が婿入りしてからもう七年が経つ。
古河小枝子。

肩まで伸びた栗色の髪がゆるくウエーブを描き、縁なしのメガネフレームから覗く涼やかな瞳が知性的に見える。高い鼻梁と薄い口唇が、上品な卵形の小顔に調和している。
三十路半ばを過ぎた今も、小枝子は男爵家のプリンセスに相応しい気品を保っていた。

隆正はテラスから邸内に入ると、小枝子の後についてダイニングへ向かった。
すでにダイニングでは、義父母が姿勢を正してテーブルについていた。

「さあ、頂きましょう」

今日のランチには、出張料理人が作ったフランス料理が並んでいる。
厳かなナイフとフォークの音が、広々としたダイニングに響き始めた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : エッチな同人誌、同人ソフト
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第七章

『独りぼっちの部屋』
  第七章
FC2 Blog Ranking

古河家は二世帯住宅になっている。
一階が義父母の、二階が隆正と小夜子の住まいだった。
普段は別々に暮らしているが、休日はこうして昼食を共にするのが常になっていた。

小夜子の父は大学教授で、隆正と同様、古河家の婿養子だった。
家にいても寡黙で、部屋に篭って研究に没頭していることが多い。

一方直系の母は、生け花の師範をする傍ら、古河家の不動産を一手に切り盛りしていた。
義母が小枝子に話しかけた。

「来週は本家の法事でしょう。これから隆正さんの礼服を銀座へ仕立てに行きますよ」

「え、どうして? フォーマルなら持っているけど」

「厭ね、あんな安物じゃ駄目よ。ちゃんとした紳士服の店でオーダーしないと」

「でも・・」

「私達がプレゼントするから、お金の心配なんかしないの。ねえ、隆正さん。親族の手前、みすぼらしい格好では、あなたも肩身が狭いわよね」

「・・は、はあ・・有難うございます」

隆正はナイフとフォークを置き、作り笑いを顔に浮かべて頭を下げた。
自前の礼服は数万円、義母はおそらく一桁違う高級品を仕立てるつもりに違いない。
こみ上げてくる屈辱を抑えるように、隆正はテーブルの下で拳を握り締めた。

名家に婿養子で入ったとは言え、義父と違って隆正はしがないサラリーマンだった。
ほとんど着る機会のない礼服に、数十万円も出費する余裕などあるはずがなかった。

だが義母に悪意はない。
本心から隆正を案じてくれていた。

ただ何事にも金銭感覚が一桁違うのだ。
隆正は幼年から染みついた貧乏人の卑屈さ故に、侮蔑されている意識が拭い切れなかった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』…第八章

『独りぼっちの部屋』
  第八章
FC2 Blog Ranking

小枝子との出会いは、ごくありきたりな社内恋愛だった。
隆正は高卒後、大手不動産会社の横浜支社に営業職で入社した。

真面目な勤務ぶりが認められ、十年前、東京本社総務部へ係長として栄転した。
小枝子は、その本社総務部に属する秘書課で、役員秘書として働いていた。

年は七歳離れていたが、同じミュージシャンのファンとわかって意気投合した。
小枝子は理想の女だった。

芸能人並みの美女が蔓延る秘書課で、小枝子は白百合のような気品に溢れていた。
むろん隆正は、小枝子が男爵家の血を引く一人娘であることを知っていた。

(あの六畳一間の貧しかった生活・・)

少年時代の反動からか、隆正が常に恋焦がれる女は深窓の令嬢だった。
しかし大金や家柄と無縁な隆正は、それが敵わぬ夢だと諦めていた。

ところが小枝子はセレブでありながら、質素でお高く止まることなどなかった。
親に頼らず一般企業に就職し、職場では気さくにお茶汲みもしてくれた。

小枝子の目には、家柄や財産などまったく映らないようだった。
俄か成金セレブは身を飾ろうとするが、本物はかえって無頓着なのかもしれない。

やがて二人は恋愛を経て結婚へと辿り着いた。
隆正は婿養子となることに抵抗はなかった。
両親はすでに亡くなり、兄が結婚して姓を継いでいたからだ。

逆に古河家の親族には、出自の怪しい隆正との結婚を訝しがる者もいた。
だが小枝子の熱意と、それにほだされた両親によって、隆正の場違いな婿養子入りは許された。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』…第九章

『独りぼっちの部屋』
  第九章
FC2 Blog Ranking

だが障害は家柄だけではなかった。
つきあい始めた頃、好みのタイプを聞かれた隆正は、迷わず淫らな女は嫌いだと小枝子に答えた。
貧しさへの劣等感とともに、隆正は性に潜む魔物に怯えていたからだった。

(淫らな母・・)

あの日の母がトラウマになっていた。
以来、隆正は女性の貞操に疑念を抱き続けてきた。
聖母のような母でさえ、淫らな悪魔の肉欲に狂わされてしまうのだ。

幸いにも小枝子は性に淡白だった。
不感症ではないが、積極的に性を貪る淫らさはなかった。
男性経験は年相応にあるようだが、求められれば応じる程度の性に未熟な女だった。

順風満帆な結婚生活のはずだった。
だが現実には埋められぬ溝が横たわっていた。
改めて隆正はダイニングを見渡した。

西洋館の中には、有名な画家の絵画がさり気なく廊下に掛けられ、途方もない値打ちのアンティーク家具が雑然と置かれている。
生まれ育った横浜のアパートとは別世界だった。
暮らし始めた早々は、身のほど知らずの眩しい世界に心舞い上がることも多かった。

ところがしばらくすると、この立派な豪邸が針の筵のように居心地が悪くなった。
むろん義父母との同居、婿養子と言うしがらみもあるが、この家は隆正にとって馴染むことはできない異界だった。

人も羨むセレブな暮らしも、肩身ばかりが狭くて安らぎを見つけ出せなかった。
ナイフとフォークの使い方から始まり、パーティーでの行儀作法と社交術、隆正には途惑うことばかりだった。
四十代半ばに至った今も恥をかくことが多く、片時も緊張から解放されることなどなかった。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『独りぼっちの部屋』 …第十章

『独りぼっちの部屋』
  第十章
FC2 Blog Ranking

デザートにさしかかった時、不意に義母が小枝子に尋ねた。

「ところであなた、今年何歳になるの?」

「来月の誕生日で三十八歳よ」

「あら、もうそんな歳だったの? そろそろ子供のことを考えないと手遅れになるわね」

「お母様・・」

小枝子は義母の言葉を遮ろうとした。だが義母は、構わず眼鏡の奥から鋭い目線を隆正に投げかけた。

「隆正さん、困りますよ。あなた達の代でこの古河の血を絶やしたら」

「・・は、はあ。ご心配をおかけします」

隆正はまたナイフとフォークを置いて頭を下げた。
そんな夫を庇うように、小枝子は母親へ声を荒げて抗弁した。

「お母様、せっかくのランチなのに、隆正さんを責めるのは止めて下さい。子供をつくるかどうかは、私達夫婦のプライベートな問題です」

義母は不満な顔を隆正に向けたまま、それ以上は何も言おうとしなかった。
義父は口を閉ざして無関心を装っていたが、そのポーカーフェイスは、同じ境遇の隆正を哀れんでいるようにも見えた。

跡継ぎの話は、毎週繰り返される隆正への拷問だった。
江戸時代、『嫁して三年子なきは去る』と、石女の嫁は虐げられてきた。

跡継ぎを見届けたい親の感情は、時代が移っても変わらない。
男に生まれた隆正だが、名家へ婿養子で入っただけに、小枝子以上に子孫へのプレッシャーを感じていた。
気まずい昼食が終わると、隆正と小枝子は二階自室のリビングへ戻った。

「あなた、ごめんなさい」

「い、いや・・君が謝る必要はない。お義母さんの気持ちはもっともなことだよ」

それだけ呟くと、ソファで俯く小枝子を置いて、隆正は太陽が燦々と降り注ぐバルコニーへ出た。
隆正も小枝子も不妊症ではない。

子供ができない原因は二人の性生活にあった。
世間で言うところのセックスレスだった。
結婚して七年、二人が閨を共にするのは年に一度か二度しかなかった。

(小枝子に罪はない)

それは小枝子の裸身を前にして、隆正が淫欲の萎えるのを何度か経験したからだった。
その再発を恐れるあまり、隆正は小枝子の体に手を伸ばすのを躊躇うようになっていた。
つづく… 
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 男と女のお話。
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。