FC2ブログ

『あやかしの肌』・・・第一章

         あやかしの肌
女の肌。
乳房や性器に執着するように、肌の触感もまた男を狂わせる女の性なのです。
魔性の肌に魅入られた男の物語をご紹介します。
月刊『小説NON』に掲載された作品です。
江戸川乱歩的な偏執的ストーリーをお楽しみください。

『あやかしの肌』
   第一章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

そりゃ綺麗な女でしたよ。
あたしは博労ですから、馬の売り買いであちこちの村を渡り歩きますが、あれほどの別嬪にはお目にかかったことがありません。

どこで見たかって?
ええ、村外れのお堂ですよ。

隣村で商いを終えたあたしは、仔馬を曳いて峠を越したんですが、途中で日が暮れてしまいましてね。
野晒しよりはましかと、お堂を借りて夜明かしすることにしたんです。

月は出ていましたが、お堂のある雑木林は暗くて不気味でね。
昼間でも寂しいところですから、夜更けともなれば人通りなどまったくありません。
ところが荒れ果てたお堂に近づくと、中から人の気配がするじゃありませんか。

夜盗かと身震いしましたよ。
馬を木に繋いだあたしは、蜘蛛の巣だらけの破れ戸からそっと中を覗いてみたんです。

いや、驚いたの何のって。
八畳ほどの薄汚れた板敷に、一人の女が立っていたんですよ。

それも真っ裸でね。
すらりとした女の真っ白い体が、窓から射し込む月の光に、ぼうっと青みを帯びて照らされているんです。
狐や狸の仕業かとも疑いましたが、あたしはその美しさにすっかり魅入られてしまいました。

弁天様・・ええ、本物の裸弁天が現れたようでしたよ。
気が動転したあたしは、もう足がガクガク震えちゃって、情けないことに立っているのがやっとでした。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 官能小説
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第二章

     『あやかしの肌』
第二章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

でも驚いたのはそれだけじゃありません。
目を凝らすと、板敷に座って女を見上げる男の影に気づきました。

夜這いじゃないかって?
そりゃあたしだって若い頃は、近所の四十路の後家に通ったから知っていますよ。

ところがそんなありきたりな話じゃないんです。
男五人が裸の女を真ん中にして車座になっていたんです。

女一人に男が五人ですよ。
それもがっちりした体つきの若い男ばかりでした。
女だって見たところ三十歳そこそこの若さですからね。

あたしは固唾を呑んで、事の成り行きを見守りました。
するとね、座っていた男達が一斉に女を取り囲みましてね。

ええ、素っ裸の女にです。
ある者はうなじから肩へ、ある者は背中から尻へ、ある者はつま先から太腿へ・・仄暗いお堂の中で、男達は思い思いに女の体を撫で始めたんです。

いや、もうあたしは吃驚するばかりで。
だって真っ白い女の肌に、十本の手が絡みついているんですよ。

執拗に女の肌を撫でる男達の息が、次第に荒々しくなっていくのがわかりました。
五人の男達に身を委ねた女もまた、恍惚とした顔を月の光に映して、ヒクッヒクッと体を小さく震わせ始めたんです。
ところがその時、お堂の近くに繋いでいた仔馬が嘶いたんです。
はっと男達の動きが止まりました。

そりゃ逃げ出そうとも思いましたよ。
でも金縛りにあったように体が動きません。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 官能小説
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第三章

     『あやかしの肌』
第三章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

女と目が合いました。
ふっと口許に淫らな笑みを浮かべた女は、男を蕩けさせる目であたしを誘ったんです。
すっかり腑抜けになったあたしは、命じられるまま、ふらふらとお堂の中へ入って行きました。

あたしは五人の男達に混じって女の肌を弄りました。
いや、ぞっとしましたよ。
男を狂わせる肌と言うんでしょうか。
とにかく触り心地がいい。この世のものではありませんでした。

柔らかいとか、滑らかだとか、教養のないあたしにはとても言葉で伝えられません。
まるで女の肌に吸い込まれ、腹の中の赤子に戻るような安らぎを感じて、あたしはただただうっとりするばかりでした。

それからどうなったかって?
いえ、もうこの先は許して下さいな。

今もこの手に弁天様の肌触りが残っていますよ。
お堂にいた男達も同じでしょうが、あたしは死ぬまであの肌が忘れられないでしょうね。

古女房の肌なんか触ったら、せっかくの感触が穢れてしまいますよ。
もう一度あの肌に触れられるなら、あたしは今の暮らしを捨てても構いません。

無心にあの肌を撫でていたいんです。
あの肌に包まれながら死んだら、そりゃ極楽浄土へ行けるに違いありません。

正気かですって?
ええ、裸弁天の肌は、触った男の人生さえ変えてしまう魔力を持っているんですよ。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第四章

     『あやかしの肌』
第四章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

神田川を見下ろす中央線お茶の水駅は、炎天下にもかかわらず、背広に身を包んだサラリーマンで混み合っていた。
田舎の信州へ帰っていた吉井辰二は、三日ぶりとなる都会の喧騒に眩暈を感じた。

改札を抜けて、ニコライ堂を右手に幽霊坂を下ると、ごちゃごちゃとした神田の街が眼下に一望できる。
行き交う自動車の排気ガスで、街全体がくすんだ灰色に霞んでいる。

都電が走る大通りは競うようにビルが建て込んできたが、まだ奥まった路地裏には、民家の錆びたトタン屋根が重なり合っていた。

辰二が狭い小道を折れると、軽食堂のラジオから、『アカシアの雨が止む時』が流れて来た。
昭和三十五年。
気だるい夏の午後。

騒然とした安保闘争が終わったこの年、どこかアンニュイな雰囲気を醸すこの曲は、虚脱感に満ちた世相に受け入れられて流行していた。

八百屋で店番をしている老婆が辰二に声をかけてきた。

「お帰りタッちゃん、田舎に帰っていたんだって?」

「済みません、ご隠居。親父の法事で留守をしていました」

「タッちゃん、あんたがいないと竹の湯はつぶれるよ。

あのみみっちい主人ときたら、釜焚きもケチだから、お湯がぬるくて入った気がしやしないよ」

「あはは、わかりました。今日は噛みつくぐらいに湯を熱くしておきます」

辰二は老婆に頭を下げると、畳屋の角を曲がって、高い煙突がそびえる宮型造りの建物へ向かった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 官能小説
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第五章

     『あやかしの肌』
第五章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

辰二は三十七歳、神田の銭湯『竹の湯』で三助をしている。
そもそも三助の由来は、釜焚きと番台、そして流しという三つの仕事をこなすからだと言われている。

三助は主人に次ぐ番頭格の地位で、勤め上げた者には、新たな銭湯をのれん分けできる資格が与えられる。
午後三時の営業時間前で、破風と呼ばれる曲線の庇を正面に据えた入り口に、まだのれんはかかっていなかった。

辰二は硝子戸を開けた。
左右に木札鍵の下駄箱が並び、その先に男湯と女湯ののれんがかかっている。
男湯から中へ入ると、女湯との境に番台があり、磨き上げられた板床の広い脱衣所が見渡せた。 

高い天井からぶら下がる大きな扇風機。
女湯との仕切りに嵌められた大鏡。
片隅に積み上げられた脱衣籠。
フルーツ牛乳やコーヒー牛乳が並ぶ冷蔵ショーケース。

正面ガラス戸の向こうが、富士山のペンキ絵が描かれた大きな浴室になっている。
白いタイル貼りの空間には、赤青の温水と冷水が出る蛇口が六列並び、深浅二つの浴槽が奥に設えてあった。
主人の飯島盛吉がペンキ絵の裏にある釜場から出て来た。

「ただいま戻りました」

「おうタツか、お帰り。久しぶりの田舎はどうだった?」

「ええ、兄貴は元気そうでした。三日も休みを頂いてご迷惑をおかけしました」

辰二は丁寧に挨拶しながら、そっと浴槽に手を入れて湯加減をみた。
八百屋の老婆が愚痴をこぼした通り、薪をけちっているのかややぬるかった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 官能小説
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第六章

     『あやかしの肌』
第六章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

盛吉は五十一歳、辰二にとっては遠い親戚にあたる。
戦後、大陸から引き揚げてきた辰二は、仕事のない田舎へは戻らず、銭湯を経営する盛吉を頼って東京へ出て来た。

以来十五年、辰二は住み込みで懸命に働き、盛吉からも信頼されて三助を任せられていた。
営業が始まった。
さらしと半股引姿になった辰二は、覘き穴から浴室の様子を窺いつつ、釜場で湯加減の調整を始めた。

ブザーが鳴った。
番台の盛吉が流しの客が入ったことを伝えてきたのだ。

流しとは、背中の垢すりとマッサージするサービスで、三助にとって重要な技術の一つだった。
流しを頼む客は番台で料金を払って木札を受け取る。
その木札を目印に、頃合いを見計らって三助がやって来るのだ。

客は昼間会った八百屋の老婆だった。
三助に男も女もない。
ヘチマの垢すりと木桶を持って、辰二は釜場から女湯へ入って行った。

女湯。
男なら誰しも憧れる楽園である。
その期待に違わず、白いタイルに閉ざされた禁裏では、女達が惜しげもなく一糸まとわぬ裸身を曝していた。

江戸時代に混浴が禁じられて以来、男達は女湯に肉林の妄想を募らせてきた。
その桃源郷を司る三助は、いつの世も男達から密かな嫉妬の眼で見られた。

ただ女の裸を見たいだけなら、淫猥雑誌の写真やストリップ劇場へ行けばいい。
三助への羨望は、日頃顔見知りの女の裸体を拝めるところにあるのだ。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第七章

     『あやかしの肌』
第七章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

毎朝挨拶する近所の女学生が、まだ青いつぼみの乳房を揺らして髪を洗っている。
愛らしい煙草屋の看板娘は、今夜彼氏とデートなのか、大股を開いて陰部を洗うのに忙しい。
友人の女房も銭湯へやって来る。

「あら、タッちゃん。うちの宿六、将棋の相手がいなくて寂しがっていたわよ。明日でも家へ遊びに来てよ」

親しい大工の若女房に至っては、乳房や恥毛を隠そうともせず、辰二を見つけて駆け寄って来る始末だった。
大工の棟梁とは、将棋が昂ずると、時に夕食まで呼ばれるつきあいをしている。

その友人が夜な夜な愛でる若女房の秘肉が、開けっ広げに辰二の眼前で晒されているのだ。
まるで二人の情事を屋根裏から覗くような感覚に近かった。

だが誰も辰二を男として意識しない。
むろん職業柄とは言え、銭湯へ来る女達にとって、三助は性を失った宦官にしか映らないのだろう。
辰二は八百屋の老婆に声をかけた。

「お待たせしました」

辰二は垢すりに石鹸をつけると、力を入れて染みだけの背中を擦り始めた。

「今日はいい湯加減だわ。竹の湯はやっぱりタッちゃんがいないと駄目だねえ」

擦って赤く腫れた背中へザッと熱い湯をかけると、老婆の肩に手拭いを掛けてグイグイとツボを押していく。

「ああ、極楽極楽・・」

パンパンパンと窪めた掌で肌を叩く音が、天井の高い浴室の大空間に響き渡った。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第八章

     『あやかしの肌』
第八章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

辰二は未だに独り身だった。
女客が辰二を男と見ていないのと同様、辰二も乳房や尻そのものに、今はあまり魅力を感じることはなかった。

銭湯の見習いを始めた時は、さすがに天を衝く肉茎を慰めるのに苦労した。
だが十五年も女の裸身を見続ければ、性欲が鈍っていくのは当然のことだった。

(女の裸は仕事だけで十分だ)

男なら誰しも憧れる禁裏にいながら、それ故に辰二は女への欲望を失っていた。
艶めかしい女肉の群れも、所詮は生活の糧としか見られなくなっていた。
辰二は最後にパンと老婆の背中を叩いた。

「タッちゃん、ありがとうよ」

弛んで染みだらけの肌は女の歴史を雄弁に物語っていた。
女の裸を見飽きた辰二だが、まだ満たされない女肉への想いが一つあった。

それは肌だった。
辰二は、隣で子供の体を洗う若い人妻の肌へ目を遣った。

ザラザラした藁半紙のような肌だった。
これまで何百という女に触れてきた辰二だが、あの夜のように、心を揺さぶられる肌とは相見えていなかった。

(・・母さん)

幼い頃生き別れになった母、辰二はその肌の感触を今も忘れられずにいた。
辰二の心を安らかしめるものは、淡い記憶の中に現れる母の肌だけだった。
そんな蒼い感傷を心の支えにして、辰二は独り厳しい東京での暮らしに堪えてきた。

思い出を美化しているだけかもしれない。
苦笑した辰二は、老婆から流しの木札を受け取ると、空いた風呂桶を片づけながら釜場へ戻って行った。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : エログ
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第九章

     『あやかしの肌』
第九章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

母の記憶――それは心細いほど微かにしか残っていない。
戦前、尋常小学校へ上がって間もない頃だったろう。

辰二は山奥の農家で生まれ育った。
黒く煤ぼけた大きな生家には、楕円形の古い木桶風呂があった。

冬の夜、割れた磨り硝子の外は、子供の身の丈ほどの雪が降り積もっていた。
ざあっと湯を流す音が反響する。
立ち籠めた湯気に揺らぐランプの灯が滲んでいる。

「体を洗ってやるから出なさい」

すのこの上で立て膝をついた母が、桶にお湯を汲みながら辰二を呼んだ。
よじ登るようにして湯船から出た辰二を、母は前に立たせて手拭いで洗い始めた。

「くすぐったいよ、母ちゃん」

「ほら、男の子なら我慢しなさい」

首筋や脇の下を洗うたび、逃げようとする辰二の手を母は何度も強くつかんだ。
何故かその夜、母はいつもより辰二を隅々まで念入りに洗ってくれた。

むろんその時は何も知らなかった。
だが丁寧に体を洗う母に、良からぬ不安を直感的に抱いていたのかもしれない。
膝小僧を洗うために屈んだ母の背中を、辰二は肩越しにじっと見つめた。

朦々と湧き立つ湯気の中、仄かな桃色を湛えた白い肌が煌めく。
そのむっちりと張りのある肌には、まるで真珠のような湯の飛沫が無数に震えていた。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 人外境の館
genre : アダルト

『あやかしの肌』・・・第十章

     『あやかしの肌』
第十章
ネット小説ランキング>【R18官能部門】>あやかしの肌

子供でありながら、辰二は陶然と母の肌に魅惑された。

「・・母さん、背中に触っていい?」

「いいよ、でも変なことを言う子だこと」

笑いながら母は、体を洗うのを止めて背中を見せた。
そっと掌で撫でてみた。
物心ついて初めて触れた母の肌は、特殊な粘液でも塗っているのか、ねっとりと吸いついてくるような感じがした。

「母さんの背中、すごくも気持ちええ」

まるで皮膚と皮膚が溶け合い、掌が温かい母の体へと滲み入っていくようだった。
不意に母の背中が小刻みに震えた。

「ごめんよ・・幼いお前に不憫をかけてしまうね」

母は泣いているようだった。
母がいなくなってしまう気がして、辰二は白い背中にしがみついた。

「母ちゃん、どうして泣くの?」

涙の意味もわからないまま、辰二は頬を母の背中に押し当てて一緒に泣いた。
翌朝、母は家を出て行った。

以来三十年、二度と母に会うことはなかった。
だがその肌の感触は、その夜から永遠に辰二の掌へ刻まれたのだった。
つづく・・・

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング ブログセンター!小説ランキング
  応援よろしくお願いいたします
『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介 
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  人気ブログランキング~愛と性~ 

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5