FC2ブログ

『風媒花』・・・第一章

           風媒花
風媒花(ふうばいか)は、花粉媒介を風に頼る形の花のことである。

『風 媒 花』
  第一章

晩秋の日曜日、夕闇が迫る横浜中華街は、家族連れや恋人達でごった返していた。
善鄰門や関帝廟が異国の雰囲気を漂わせ、蒸かした肉饅の匂いが路地裏まで立ち籠めている。
久喜知彦は、妻の清子と、雑踏を掻き分けて広東料理の店へ逃げ込んだ。

「六時に予約している久喜ですが」

「四名でご予約頂いている久喜様ですね」

真っ赤なチャイナ服を着た店員が、二階の小さな個室へ知彦と清子を案内してくれた。

「ちょっと早過ぎましたかね」

清子はテーブルに着くや、どこか落ち着かない表情で時計を気にした。

「そわそわするなって。十五分前ならちょうどいい時間だ。先にビールでも貰おうか」

そう清子をたしなめた知彦は、わざと鷹揚に椅子へ腰掛けて店員を呼んだ。
だがその実、気も漫ろなのは清子よりも知彦の方だった。
運ばれてきたビールをつかみ損ね、うっかりテーブルの上に転がした。

「あらあら・・あなたも落ち着いて」

清子はクスクス笑いながら、こぼれたビールをおしぼりで拭いた。
今夜は、二十五歳になる娘の香織と、中華街で食事をする約束になっていた。

つきあっている男性を紹介したいと言うのだ。
香織に彼氏がいるのは薄々知っていたが、改まって顔を合わせるとなると、さすがに親として緊張を隠せなかった。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説   
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

『風媒花』・・・第二章

『風 媒 花』
  第二章

知彦は五十二歳、一部上場する製薬会社の法務部で執行役員を務めている。
四十九歳の清子は専業主婦である。

久喜家は、横浜市北部にある閑静な住宅街に居を構え、子供は香織の他に大学生になる長男がいる。
良妻賢母と素直で心優しい子供達に囲まれ、知彦は何の憂いもない幸せな家庭を営んできた。
普段は冷徹な知彦が動揺する様を見て、逆に清子の方がどっしり腹を据えようだった。

「法律専門の堅物も、娘のことになるとただの父親になっちゃうのね」

チクリと耳元で皮肉った清子は、知彦をリラックスさせようと、持ち前のお喋りを遺憾なく発揮し始めた。

「あなた、娘を取られると思ったらダメ。新しい家族が増えると考えればいいのよ」

「・・ああ、わかっている」

清子の話は尤もなのだが、娘の父親としてはそう簡単に納得はできない。
どこの馬の骨ともわからない男に、二十五年間愛しんできた娘を奪われるのだ。

「香織は私と違って男を見る目があるから」

「ん、それはどういうことだ?」

「冗談よ。でも一哉さんって・・あ、彼氏の名前ね・・今は東京の商社で働いているんだけど、実家は仙台で大きな会社を経営しているらしいの」

「ふん、どうせ二世のボンボンだろ」

「でも一人息子だから、香織は将来社長夫人になるかもしれないわ。玉の輿よ」

まるで自分のことのように、少女に戻った清子は夢見る瞳を潤ませた。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『風媒花』・・・第三章

『風 媒 花』
  第三章

昨夜香織は知彦へ自慢げに話した。

「彼ね、パパに似ているんだ」

リップサービスかもしれないが、父親としては内心悪い気がしなかった。
定職につかない若者が多い時代、清子が言う通り、香織には男を見る目があるのかもしれない。
知彦はビールをあおった。

(しかしまだ油断は禁物だ)

長年法務畑を歩いてきた知彦は、おいしい契約話ほど、大きな落とし穴があるのを知っている。
そんな知彦の不安などお構いなしに、清子は無邪気に喋り続けた。

「でも香織のおかけで、今日は久しぶりにあなたとデートできたわ」

中華街へ来る前に、知彦と清子は港の見える丘公園と外人墓地へ足を延ばした。
二人だけで観光スポットを巡るのは、子供が生まれてからは初めてのことだった。
清子は知彦の耳元へ囁いた。

「うふふ、あなたと初めて会津でデートした日のことを思い出しちゃった」

清子は福島県会津若松市の出身で、忘れもしない三十二年前、その地で二人は初めて淡い恋に落ちたのだった。

「私にも男を見る目があったのかしら?」

惚気た表情の清子は、艶っぽい目線を知彦へ送ってきた。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

『風媒花』・・・第四章

『風 媒 花』
  第四章

知彦の脳裏に白い熟女の体が浮かんだ。

(あの日、清子と別れてから・・)

清子には大切な夫婦の記念日も、知彦にとっては全く異なる意味を持っていた。
忌まわしくも甘美な一夜。

あの夜の秘め事は、妻の清子はもちろん、気の知れた友人にも語ることなく、四半世紀以上も心の奥底に封じ込めてきた。
ふと知彦は胸騒ぎを覚えた。

(・・まさか)

あり得ないと高を括りながらも、知彦はあの夜の密事に一抹の杞憂を感じた。
すると夏の雷雲のように、恐るべき不安がむくむくと知彦の心に湧き上ってきた。

三十二年前の会津。
知彦は窓の外に広がる中華街の夜景に目を遣りながら、あの日に出くわした不思議な出来事を思い返していた。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『風媒花』・・・第五章

『風 媒 花』
  第五章

一九七五年、冬。
雪が多い北国には珍しく、会津盆地はその朝、灰色の雲の合間から所々青空が覗いていた。
だが昨日まで降り続いた雪は、下書きの水彩画のように、街並みからあらゆる色を失わせていた。

朝六時、南雲清子との待ち合わせまでまだ二時間あった。
知彦は、まだ人も疎らな市街を、雪に足を取られながら歩いた。

刺すような冷気に吐く息が白い。
除雪が行き届かない小道には、優に三十センチを超える雪が積もっている。
暖をとる喫茶店は開いておらず、知彦は時間つぶしに会津鶴ガ城へと足を延ばした。

大学生の貧乏一人旅である。
一泊の宿代を浮かすため、知彦は深夜上野発の夜行急行に乗った。

だが格安の周遊券で乗れる夜行急行は、朝五時過ぎには会津若松に到着してしまう。
硬いボックスシートでは熟睡など望むべくもなく、体力と時間があり余る大学生だけに許される旅だった。

鶴ガ城の深く積もった雪の中で、知彦は心引き締まる思いがした。
戊辰戦争は日本史で学んだ。
そんな活字だけの知識だが、この地に立つと、血の匂いとともに生々しく悲惨な戦場が蘇ってくる。

張りつめた早朝の冷気にそびえる天守閣を臨んで、勝ち目のない戦に挑んだ会津人の気質を思った。
凛として質実剛健、頑固一徹でとにかく真面目であると言う。
その評が事実であることを、知彦はこの地に立って初めて知った。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『風媒花』・・・第六章

『風 媒 花』
  第六章

朝八時、蔵を改装した喫茶店に清子がやって来た。
清子との出会いは、知彦が友人と猪苗代湖を旅した半年前の夏に遡る。
その湖畔に、清子も友達と湖水浴に来ていたのだ。

大学生と高校生は、自然と親しくなって連絡先を教え合った。
すると東京へ戻った知彦へ、清子から文通したいと手紙が届いたのだった。
初めて会った時より大人びていたが、清子はまだ十七歳のあどけない女子高生である。

「お兄ちゃん、疲れたでしょう?」

「うん・・なかなか夜行急行じゃ眠れないからね」

清子は手紙の中でも知彦をお兄ちゃんと呼ぶ。
その呼称に違わず、手紙のやり取りをしていても、幼い清子に特別な恋愛感情など感じられなかった。

単に知彦は、東京の大学生として憧れられているだけだった。
清子は知彦を上目遣いに見ながら、クスクスと愛らしく微笑んだ。

「でも、兄ちゃんって変わっている」

ポニーテールの黒髪に、くりくりと無邪気な瞳がよく動く。
雪国生まれの透き通った肌に、ルージュに汚されていない口唇が清楚に見えた。
白いセーターの眩しさに劣らないほど、清子は無垢な輝きを放っていた。

「どうして?」

「だって、汽車を乗りにわざわざ会津まで来るなんて・・可笑しいわ」

知彦は今回会津へ訪れる目的を、現役で走る蒸気機関車に乗るためと伝えていた。
取り立てて鉄道マニアではないが、消えゆく蒸気機関車に乗ってみたいとは思っていた。
だがそれはあくまで表向きの理由で、清子と半年ぶりに会いたかったのが知彦の本心だった。

(やれやれ・・まだ子供だな)

知彦は落胆しながらも、清子がずっと今のままでいて欲しいとも願った。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『風媒花』・・・第七章

『風 媒 花』
  第七章

喫茶店を出ると、清子は親切に会津を案内してくれた。
白虎隊が自刀した飯盛山、名産の酒や漆器、そして田楽を食べさせる店を巡った。
雪に足を取られながら、二人は手を繋ぐこともなく市街を散策した。

楽しい時は過ぎるのが速い。
知彦は今夜、喜多方の北にある熱塩温泉に宿をとっていた。
磐越西線で会津若松から喜多方へ出て、そこから日中線に乗り継いだ終着駅が熱塩である。
日が傾き始める頃、二人は会津若松駅のホームにいた。

「お兄ちゃん・・」

清子は列車に乗ろうとする知彦を呼び止めた。
そしてもじもじしながら、首に架けた十字架のネックレスを知彦に渡した。

「私も来年東京の大学へ行きたい」

「えっ・・あ、ああ」

頭の中が真っ白になった。
清子は額を知彦の肩に押し当てて腕にしがみついてきた。

「いつまでも妹なんかじゃ嫌・・」

白いセーターを小高く膨らませる乳房が、知彦の腕をぎゅっと挟み込む。

「う、うん・・早く東京へ来いよ・・」

「そ、その時は・・蒸気機関車より大切に想ってくれる?」

「も、もちろんだよ」

情けないほど震える手で、知彦は清子の肩を抱いた。
喜多方へ向かう列車は、ディーゼル音を響かせながら、真っ白な雪原が広がる会津盆地を疾走した。

すでに西日は、黒い影となった山の稜線に沈みかけている。
知彦は列車の車窓にもたれながら、ぎゅっと十字架のネックレスを握り締めた。

(子供だとばかり思っていた清子が・・)

車窓のガラスに写る知彦の口許がふっと弛んだ。
そして腕に残る固い乳房の感触が、清子への想いを沸き立たせた。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『風媒花』・・・第八章

『風 媒 花』
  第八章

喜多方に着くと、和彦は熱塩へ行く日中線のホームへ向かった。
日中線は、喜多方から熱塩まで五駅しかないローカル線である。
日の中走らないのに日中線と言われるように、朝一便と夕二便しかダイヤがない。

ホームに着くと知彦は目を見張った。
そこには蒸気機関車のC11が、客車二輌を従えて白い蒸気を上げていた。

(C11が結びの神か・・)

知彦はカメラを取り出してシャッターを切った。
東京へ戻ったら、この蒸気機関車の写真を清子に送ってやろうとほくそ笑んだ。

ゆっくりと列車が動き出した。
旧式の木製客車に乗客は疎らだった。

青白い蛍光灯が、居眠りを始めた老婆をうら寂しく照らしている。
すでに日が落ちた雪の大地を、汽車はゆっくりと北へ向かう。
ポォーっと長く細い汽笛が、哀しみを湛えて山々に木霊した。

終着駅の熱塩は、時代こそ経っているがモダンな造りの駅舎だった。
C11に別れを告げて駅の外へ出ると、そこは人家も街路灯もない山奥の闇が支配していた。

(さて今夜の宿は・・)

遠く山裾に明かりが見えた。
知彦は人気のない真っ暗な山道を、積雪に注意しながらとぼとぼ歩き始めた。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : エロ同人誌
genre : アダルト

『風媒花』・・・第九章

『風 媒 花』
  第九章

熱塩温泉は、会津盆地の北外れに位置する小さな温泉地である。
旅館は七軒で、湯治場然とした鄙びた建物が軒を連ねている。
予約した旅館に入ると、知彦が案内されたのは、八畳の小さな和室だった。

建てつけの悪い木の扉とささくれ立った畳、煙草のヤニで黄色くなった押入れの襖――食事つきで五千円の部屋である。
部屋の真ん中には炬燵が置かれ、ストーブが赤々と点っている。半纏を着た番頭らしい男が言った。

「夜は冷え込むから、そこにある褞袍を着て下さいよ」

「はい」

「ゆっくり温泉に入って温まってなあ・・今夜はお客さんとご夫婦が一組だけだから」

昨日までの雪と明日が月曜日とあって、旅館は閑古鳥が鳴いていると番頭は嘆いた。
早速知彦は、食事の準備ができるまで、浴衣の上に褞袍を羽織って浴場へ向かった。

熱塩温泉はその名の通り強食塩泉で、大浴場と女湯に分かれていた。
知彦が大浴場の暖簾をくぐると、すでに脱衣所の籠に衣類が入っていた。

(番頭さんが話していた夫婦のご主人が入っているのかな)

知彦は浴衣を脱いで浴場の扉を開いた。
かなり広い岩風呂である。
湯気が朦々と立ち籠め、正面のガラス窓には山奥の暗闇が広がっている。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 人間の性(Human sexuality)
genre : アダルト

『風媒花』・・・第十章

『風 媒 花』
  第十章

知彦はぎょっとした。
白い湯気の中、湯船に二つの人影が見えたからだ。

大浴場は混浴が許されている。
ならば夫婦で仲良く温泉を楽しんでいるに違いない。
知彦は浴場を出ようかと思ったが、それも不自然過ぎるので、目を逸らすようにして洗い場に腰かけた。

(これは困ったな)

夫婦の閨に迷い込んだような気まずさに、知彦は湯船に浸からず、夫婦へ背を向けたまま体を洗い始めた。
そんな知彦を気遣ってくれたのか、小さな湯音を立てた一人の影が、知彦の背後を通って脱衣場へ向かった。

洗い場には正面に鏡が設えてある。
人影が鏡の中を横切るのを知彦は見逃さなかった。
まだ若い女だった。

立ちこめる湯気でぼやけてはいたが、豊かな乳房とむっちりと肉づきのいいヒップが、知彦の網膜へしっかりと焼きつけられた。
女が浴場を出た後、体を洗った知彦は湯船に浸かった。

「申し訳なかったね」

一人残った男が話しかけてきた。
三十代後半ぐらいだろうか、髪を五分刈りにした体格のいい男だった。

「あ、いえ、こちらこそ済みませんでした」

「君が謝ることはないよ。若い人には目の毒だったかな」

「・・は、はあ」

知彦は顔が上気させた。
こっそり女の体を盗み見たのを、男に見透かされていたようだったからだ。
つづく・・・
 『妄想の囲炉裏端・・・掲示板へ』
★『紅殻格子メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2 官能小説  人気ブログランキング~愛と性~

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5