FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童話『プリン』・・・第一章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第一章
五月のさわやかな風が、なだらかな丘を吹き渡って行く。
遠い山々はまだ残雪を抱いているが、若草色に輝き始めた牧場には、もうすっかり春の匂いがあふれていた。

北海道の日高地方。
広々とした草原で、馬たちが思い思いに青草を食んでいる。
いたずらな春風が馬のたてがみをくすぐる。

ぶるっと体をふるわせた馬は、雲ひとつない青い空を見上げ、また何もなかったように青草を噛み始める。
大きな体の母馬たちに、まだ生まれたばかりの子馬が寄り添っている。

やんちゃで甘えたがりの子馬たち。
ひょろひょろした小さな体で、母馬の気をひこうと飛んだり跳ねたりしている。

日高地方はサラブレッドの産地である。
サラブレッドは競馬で活躍する競走馬で、車なみの時速七十キロぐらいで走ることができる。
日本のサラブレッドの約八割が、日高地方の牧場で生まれ育てられている。

ここ、古谷牧場もそのひとつだった。
母馬が十頭しかいない小さな牧場だが、今日は町の小学校から、生徒たちが二十人ほど社会科見学に来ていた。

「うわぁ、本当の馬ってテレビで見るより大きいなあ」

「あそこにいる子馬、すごくかわいい!」

広い草原を区切る白い柵の前で、牧場の仕事を勉強しに来たのも忘れて、子供たちは大はしゃぎで馬を見ている。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第二章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第二章
古谷洋士は、そんな子供たちの笑顔に目を細めた。
洋士は五十歳、古谷牧場の牧場長をつとめている。

「そろそろお話をしていただけますか?」

引率の先生が、春の陽射しに気のゆるんだ洋士を促した。

「わかりました」

洋士は子供たちを牧場の隅にある小さな広場に集めた。
そこには一本の木が植えられていた。

キタコブシ。
北海道に遅い春を告げる花で、葉が出る前に大きな白い花を咲かせる。

そのキタコブシは、青空に張り出した枝に、たくさん白い花をつけていた。
洋士はキタコブシの前に立って、子供たちを芝生の上に座らせた。

「みんな、馬を見るのは初めてかな?」

子供たちは興奮して手を挙げた。

「うん、ぼくは馬に乗ってみたい」

「私、子馬を家で飼いたい」

「え~、でも牧場の仕事は大変だって、さっきオバサンが言っていたよ」

今日体験した感想を話す子供たちに、洋士はにっこりと笑いかけた。

「あはは、オジサンはみんなと同じ年ぐらいの時から、この牧場で子馬の世話を始めたんだよ」

「ええっ、すごい!」

「まあ、お父さんのお手伝いみたいなものだったけどね」

洋士はキタコブシの花を見上げた。

「これからみんなに聞いてもらうのは、オジサンが初めて世話をしたプリンという馬の話です」

「プリン?」

子供たちがクスクスと笑った。

「そう、名前の通り、プリンはとてもかわいい子馬だったんだよ」

洋士は目をつむって、子供のころの記憶をたどった。
ふわっと早春の風が吹いた。
キタコブシの白い花が、生きているかのように青い空に揺れ動いた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第三章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第三章

四十年前。
北海道の冬は長い。
もう三月になるのに、気温は氷点下まで下がり、夜になっても雪は降り続いた。
夕飯を食べた洋士は、暖かい部屋でテレビを見ていた。

「学校の宿題は終わらせなさい」

母の明子が、台所で食事の片づけをしながらどなった。

「は~い」

ランドセルから算数の教科書を出すと、洋士はつまらなそうな顔で机に座った。
その時、びゅっと冷たい風が入ってきた。

「明子、ちょっと来てくれ。ローラの子が産まれそうだ」

髪に雪を積もらせた父の哲夫が、真っ白い息を吐きながら母を呼んだ。
勉強したくなかった洋士は、母を追ってローラがいる厩舎へ向かった。

震えるような寒さだった。
古い木造の厩舎は、真ん中が通路になっていて、左右に区切られた部屋が並んでいる。

その一番奥にあるが、ローラが与えられた馬房だった。
洋士は小学校三年生。父が経営する古谷牧場の一人っ子だが、産まれたばかりの子馬を見るのは初めてだった。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第四章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第四章

恐る恐る洋士は馬房を覗いてみた。
父と母、そしてローラが見守る中、敷きつめた藁の上に子馬が横たわっていた。

ローラが子馬の鼻先をペロリとなめた。
子馬は大きな黒い目でローラを見て、ぶるぶる震える脚で立ち上がろうとした。

だが細い脚でふんばっても、すぐによろけて転んでしまう。
それでも子馬は、何度も何度も立ち上がろうとする。

「父さん、助けてあげてよ」

見かねた洋士は、馬房に入って哲夫に頼んでみだ。

「洋士、それはできないんだよ」

「どうして?」

哲夫は優しい顔で子馬を見守りながら、洋士の頭を大きな手でつかんだ。

「大自然の中で、ひとりで立ち上がれない子馬は、死んでいくしかない弱い馬なんだ」

「で、でもここは牧場じゃないか」

「お前も大人になればわかるだろうが、サラブレッドの世界は、草原のシマウマより厳しいんだよ。私たちは応援してあげることしかできないんだ」

洋士は父の言葉がよくわからなかった。
だが目の前にいる子馬は、立ち上がれなければ母馬からも見放されてしまうのだ。

「がんばれ!」

洋士は泣きながら子馬に声援を送った。
その声に励まされたのか、子馬は必死に立ち上がると、二歩、三歩、転ぶことなくローラのところまで歩いた。

「よし!」

哲夫がうれしそうに洋士の肩を何度も叩いた。
洋士はローラに甘える子馬を見て、全身の力が抜けたように、その場で座り込んでしまった。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第五章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第五章

翌朝、降り続いていた雪は止んでいた。
早起きした洋士は、学校へ行く前に子馬の馬房へ向かった。

「古谷君、おはよう」

同級生の尾形清美が、ランドセルを背負って厩舎へ歩いてきた。
清美は村にある酒屋の子で、毎朝学校へ行くのに、近道をして古谷牧場を無断で横切って通るのだ。

「お、おはよう」

「いつも遅刻ギリギリなのに、今朝は珍しく早起きじゃない」

洋士は清美が苦手だった。
とにかくおしゃべりで口うるさいからだ。

「昨日子馬が産まれたから、見に行こうと思っていたんだ」

「子馬? 私も見に行っていい?」

洋士が返事もしないのに、清美は勝手にローラがいる厩舎までついて来た。
昨夜産まれた子馬は、元気にローラの横で立っていた。

「かわいい!」

清美の大きな声にびっくりして、子馬はローラの陰に隠れてこわごわとこちらを見た。
栗毛と呼ばれる明るい茶色の馬体で、額には白い毛で雲のような模様が入っている。

子馬は耳を立ててクルクル動かし、不思議そうに首をかしげて洋士を見つめた。
そこへ哲夫がやってきた。

「清美ちゃん、子馬を驚かしたらダメだよ」

「ごめんなさい。でもオジサン、この子馬は何て名前なの?」

「まだ決めていないよ」

「男の子? 女の子?」

「男の子だよ。洋士と二人で考えてごらん」

洋士と清美は顔を見合わせた。

「え、父さん、僕たちが決めていいの?」

「わあ、うれしい」
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第六章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第六章

二人はよろこんだが、犬や猫と違って、馬の名前をどうつけていいかわからなかった。

「そんなに悩まなくていいんだよ」

競走馬としての正式な名前は、この子馬を買った馬主がつける。
二人が決めるのは、この牧場にいる間の呼び名だった。
洋士はふと馬房に貼ってある紙を見た。

『父ファバード、母ローラ、父の父プリンスリールーラ』

哲夫にたずねると、それは子馬の血統だと教えてくれた。
子馬の父も祖父も、海外で活躍した強い馬だったらしい。

清美がぷっとふきだした。

「おじいさんがプリン何とかだって・・そうだ、プリンがいいわ、すごくかわいいもの」

「でも男の子だよ・・」

洋士は不満だった。
もっと強くて速そうな名前がいいと思った。
だが清美は一度言い出したら聞かない。

「いいの、プリンに決定。オジサン、今日からこの子馬はプリンって呼んで」

「ああ、わかったよ。さあ、そろそろ学校へ行かないと遅刻するぞ」

哲夫はにっこり笑って、洋士と清美を厩舎から送り出した。
それからと言うもの、洋士は毎日早起きしてプリンを見に行くようになった。

もちろん清美も学校へ通う途中、プリンの馬房に立ち寄って行く。
ローラの母乳を吸いながら、すくすく成長するプリンを二人は見守った。

世話をするのは哲夫だが、プリンは毎日顔を合わせる洋士と清美がわかるようだった。
二人が厩舎へ行くと、馬栓棒という馬房の入り口をふさぐ木の棒から、プリンは顔を出して鼻を寄せてくる。

「くすぐったいよ」

哲夫に馬を触ってはいけないと注意されていた。
いたずらして人をかむことがあるからだ。

洋士はおそるおそる頭をなでてみた。
毎日ブラシをかけているので、すべすべした毛の手触りがした。
プリンはかむどころか、目を細めてうれしそうに洋士を見つめた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第七章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第七章

北海道に春がやってきた。
病気にかかることもなく、まだ細い体つきだが、プリンの背はどんどん伸びていった。

そしてローラと一緒に牧場へ出て、少しずつ草原を走り回るようになった。
小学校四年生になった洋士は、クラブ活動を終えると、ランドセルを背負ったまま牧場へ向かった。

「おいで、プリン」

ローラと牧場にいたプリンは、洋士の声を聞くと、尻尾を振りながら走り寄ってきた。
そして柵の上から首を伸ばし、いつものようにランドセルの匂いを嗅いだ。

西に傾きかけた夕日が、プリンの栗毛を金色に輝かせている。
そろそろ馬を厩舎へ戻す時間だった。哲夫は、ローラとプリンに引き綱をつけた。

「洋士は本当にプリンが好きなんだな」

「うん、他の子馬もかわいいけど、プリンは僕を兄さんだと思っているんだよ」

プリンの頭をなでる洋士を見て、哲夫はにっこりと笑った。
一人っ子の洋士は、昔から弟が欲しいと明子にねだっていた。

「そうか・・まだ早いかと思っていたが、プリンの世話を手伝ってみるか?」

「えっ、いいの?」

「プリンは大人しいし、洋士になついているから大丈夫だろう」

「やった」

洋士は小躍りして、哲夫が引くプリンの後をついて行った。
哲夫に言いつけられた仕事は、ローラとプリンが住む馬房の掃除だった。
学校から帰ると、プリンたちが放牧されているうちに、馬房の下に敷く寝藁を取り替えるのだ。

外から見ているだけではあまり感じないが、馬房の中に入るとふんや尿の匂いがする。
だが洋士は、プリンの世話ができる楽しさで、毎日きつい仕事を休まずに続けた。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第八章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第八章

街路樹のライラックが紫の花をつけると、梅雨がない北海道は、一年で最もさわやかな季節を迎える。
休日で学校がない洋士は、牧場の白い柵に腰かけてプリンを見ていた。

「大変よ、古谷君」

清美が息を切らして走ってきた。

「そんなにあわててどうしたの?」

「馬を買いに来た人がいるのよ」

見ると、厩舎の方から、哲夫が杖をついた老人を連れて歩いてくる。
子馬が産まれると、馬主とか調教師と呼ばれる人たちが牧場を訪れる。

いい子馬を買うためだった。
競馬に出られるのは二歳からだが、走りそうな子馬を探して今から予約しておくのだ。

「今年は何頭産まれた?」

「全部で七頭です」

「走りそうな馬はおるかな?」

「はい、お確かめ下さい」

いつもは厳しい哲夫が、老人の前で小さくなっている。
老人は金子恵太郎と言う馬主だった。

牧場で産まれたサラブレッドは、馬主に買い取られて競馬に出走する。
競馬で走るためには、資格を持った馬主の馬でなければならないからだ。

一方、牧場は馬を売って暮らしている。
馬が売れなければ生活できない。
一秒でも速く走る馬をつくり、馬主に買ってもらわなければ、古谷牧場はつぶれてしまうのだ。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 日記
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第九章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第九章

馬を売らなければならないことは、洋士もよくわかっていた。
だがプリンは別だった。

弟を売ることなどできない。
初めて世話をしたプリンを手放したくなかった。
プリンが洋士を見つけて駆け寄ってきた。

(こっちへ来たらダメだ!)

そう心の中で大声を出すと、洋士はプリンを追い払おうとした。
しかしプリンは、いつものように柵から首をのぞかせ、洋士の腕に顔をすり寄せてきた。
金子があごのひげをなでながら、ちらっとプリンに目をやった。

「ほう、なかなかバランスがいい馬じゃな」

「ファバードの子供です」

哲夫が引き綱をつけようとすると、プリンは嫌がって洋士の背中に隠れた。

「坊や、この馬は何という名前なのかな?」

「・・プリンです」

「なるほど、快速馬だった祖父プリンスリールーラに似ているな」

金子は満足そうに頷くと、プリンの体をまじまじと見回した。
洋士と清美は、プリンの前に立って、なるべく老人の目から隠そうとした。

「プ、プリンは他の子馬にくらべて足が遅いんです。そ、それに・・」

言葉が詰まった洋士を継いで、清美も必死にプリンの悪口を言った。

「それに甘えん坊で、走ろうとする気持ちがないんです」

馬主の金子はかっかっと笑った。

「坊やたちはプリンが大好きなんじゃな。離れたくないから、そんなに悪く言っているんじゃろう?」

洋士と清美は黙ってうつむいた。

「じゃがな、馬はペットじゃないぞ。走るために産まれてきた生き物じゃ。競馬で走ってこそ、サラブレッドは幸せなんじゃ」

子馬をずっと牧場に置いておくわけにはいかない。
馬主が買いに来なくても、子馬たちはセリに出される。
そこでも買い手がつかない馬は、結局役立たずと言われて牧場から追い出されるのだ。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

童話『プリン』・・・第十章

            『プリン』
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、競走馬の名誉でも栄光でもなかった・・・。
ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、
椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。

日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。

第十章

金子は洋士の頭をなでた。

「大丈夫じゃ。ワシがプリンを立派な競走馬にしてやる。その代わり、大人になるまでしっかりとプリンを育てるんじゃぞ」

洋士はプリンの無邪気な目を見つめた。
大きな競馬場。
大人になったプリンが、鮮やかな緑の芝生を疾走する。

速い。速い。
あっと言う間に、プリンは他の馬を抜き去ってゴールに飛び込む。
何万人もいる大観衆が、声をからせてプリンを応援する。
プリンの幸せを思えば、洋士たちのわがままを通すことはできない。

「・・はい」

洋士と清美は、涙がわき上がるのをけんめいにこらえた。
二人にできるのは、別れの日が来るまで、プリンを一所懸命かわいがってやることだけだった。

そして短い夏がやってきた。
空にはぽっかりと白い雲が浮かび、丘には青々と伸びた牧草が風にそよぐ。
夏の熱い陽射しの中、放牧された馬を避けて、赤いトラクターが牧草を刈っている。

夏は牧草刈りでいそがしい。
牧草が伸びる夏に、馬が一年間食べる干し草をためるのだ。
古谷牧場では家族総出で仕事をするが、大きな牧場になると、アルバイトをやとって牧草を刈り集める。

洋士も今年から牧草刈りを手伝っていた。
ローラの母乳ですくすく育ったプリンも、人間の赤ちゃんと同じで、離乳する時期が近づいてくる。

離乳すると、子馬には飼い葉と呼ばれるエサが与えられる。
飼い葉は青草や干草のほかに、麦や豆、ニンジンやリンゴなどを混ぜてつくられる。
これを朝と夕方の二回、馬に与えるのだ。
つづく・・・
『妄想の囲炉裏端・・・紅殻格子呟き日記』
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

官能小説ランキングに参加しています。応援、宜しくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説   人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。