FC2ブログ

『愛憎の流砂』 第一章

  愛憎の流砂
    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第一章

昭和三十九年、冬。
東京オリンピックが開催されたこの年は、新幹線やモノレールの開通、高層ホテルの建設ラッシュと、日本中が高度経
済成長に沸き立っていた。

近代都市へと変貌する首都東京。
だが時代の流れとは無縁に、ここ隣県の千葉には、太古から変わらぬ茫漠たる光景が広がっていた。

九十九里浜。
砂と海で造られた壮大なオブジェ。
果てしない荒野にも似た砂浜と、空との境に緩やかな弧を描く太平洋が、せめぎあって汀に巨大な刃紋をつくっている。

沖合まで遠浅が続く海は、人の背丈ほどある波頭を幾重にも繰り出す。
その切れ間のない荒波の轟音は、吹き荒ぶ強風とあいまって、無辺の大地を揺るがすように響き渡っている。

イワシ漁を終えた漁船が帰ってきた。
浜で待っていた二十人ばかりの女が、寒中にも拘らず、波の高い海へ入って船を浜へ押し始めた。

漂砂が堆積する砂浜に漁港を造るのは難しい。
河川や潟湖がある地域を除いて、今も九十九里浜には漁港がなかった。

江戸の昔から、漁師達は重い船を砂浜に揚げ降ろししてきた。
しかも近年は、船が大型化したため、出漁のたびに多くの押し手の力に頼らねばならなかった。
つづく・・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : エロ同人誌
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第二章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第二章

押し手の女達はおっぺしと呼ばれた。
おっぺしとは、押すを意味する関東地方の方言で、多くは漁師の女房達が駆り出された。

イワシの浜値は冬が高い。
だが凍える海中では、とても皮下脂肪の薄い男衆は堪えられない。

素潜りでも海士より海女が多いように、冬の海でのおっぺしは、女にしかできない仕事だった。
千葉の女が働き者と言う俗諺は、このおっぺしに負うところが大きいのかもしれない。

掛け声とともに女達が船を押す。
身につけているのは短パンだけで上半身は素肌だった。

高い波が押し寄せるたび、女達は飛沫を浴びて悲鳴をあげた。
若い女房の乳房が青空の下で弾力豊かに弾ける。

寒さのあまり、乳暈が粟粒立って小さく凝縮している。
男衆達の視線も気にかけず、女房は乳房を肌蹴て一心不乱に船を押す。

喧騒溢れる砂浜に、ぽつんと一人で少女が佇んでいた。
赤いスカートをはためかせた少女は、強風に逆らうように、か細い両脚を踏ん張って女達を見つめた。

おかっぱ頭が風に乱れて顔を叩く。
手に握りしめた十円玉。
その寒風に凍えた頬に、つっと温かい涙が一筋伝った。

少女は小学四年生――母と二人で暮らしていた。
昨年まで東京の下町に住んでいた少女は、両親の離婚で、母に連れられてこの漁村へやってきた。

母は九十九里浜の出身だった。
漁師の祖父母はすでに他界していたが、空き家になっていた板葺き平屋の実家で、母と娘はひっそりと暮らし始めた。
つづく・・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : エロ同人誌
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第三章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第三章

母が離婚した原因はわからないが、呑んだくれで暴力をふるう父が少女は嫌いだった。
六畳一間のアパートで毎日のように繰り返される夫婦喧嘩。

少女はむしろ、離婚して母と二人で暮らせるのが嬉しかった。
だが喜びは叶えられることなく潰えた。
今日もランドセルを背負った少女は、寄り道しないで学校から家へ帰った。

「ただいま」

玄関のガラス戸を開けると、そこには男物の黒い長靴が揃えられていた。
少女は顔を曇らせて立ち尽くした。

「お帰り」

しばらくして奥の襖が開いて母が出てきた。
真冬だと言うのにシミーズ姿の母は、白い肌をピンク色に上気させ、ほつれた髪を頬に絡ませていた。

「お小遣いをやるから、外で友達と遊んでおいで」

とろんと目を半開きにした母は、おぼつかない足取りで少女に十円玉を握らせた。
二三歩後ずさった少女は、逃げるように家を飛び出した。

東京から戻った母は水産加工会社で働いていた。
豊漁だった昔は、イワシを干鰯と呼ばれる肥料にした。
ところが漁獲量が減った昨今では、丸干しやミリン干しなど、食用として加工する工場が地元で増えている。

母の仕事は伝票の整理や帳簿づけをする事務だが、実際のところは社長の愛人だった。
その水産加工会社は、かつて地元の網元だった蓮沼家が経営していた。

その五代目にあたる当主が、今年四十五歳になる母の中学での同級生だった。
その縁で、蓮沼は東京から戻ってきた母の身を囲った。
ラブホテルもない田舎で、二人が逢瀬を重ねるのはもっぱら少女の家だった。
つづく・・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第四章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第四章

網元のお妾さん。
口さがない村の年寄りは陰で母をそう呼んだ。
狭い漁村でスキャンダルはすぐに広まった。

眉を顰めて話す大人の話に、子供もしっかりと聞き耳立てている。
そうでなくても馴染めない転校生の少女は、同級生から妾の子と囃し立てられていじめられた。

少女には友達などいなかった。
十円玉を握らされた少女は、行く当てもなく、しばらく庭の垣根にもたれて佇んでいた。
隙間だらけの家から母の声が聞こえてきた。

「娘は遊びに行ったわ・・ねえ、お願いよ、もう一回・・」

男に甘える母の嬌声に、少女は耳を塞いで庭を飛び出した。
孤独な少女の居場所は海だけだった。

裸の女達に押されて、ギシギシと船体を軋ませながら、ペンキの剥げた木造船が浜へ上がってくる。
波飛沫をかぶった女の日焼けした肌が、冬の寒さにも負けず健康的に踊っていた。

少女は羨ましかった。
母の白く艶かしい肌は、働くためにではなく、男を引き寄せて楽しませる道具だった。

貧しくてもいい。
少女は男に媚を売る母ではなく、逞しく働いてくれる母であって欲しかった。

だが少女には母しかいない。
同級生に虐められようが、村中から白い目で見られようが、母の庇護がなければ生きることができない。
夕方になって家へ戻ったら、何も知らない振りをして、母に愛想笑いを浮かべて食卓を囲まなければならないのだ。

この頃から少女は、感情を封じ込めるすべを覚えていったのかもれない。
少女は袖で頬の涙を拭った。

「お母ちゃんの馬鹿っ!」

そしてぎゅっと口唇を噛むと、十円玉を力任せに海へ放り投げた。
つづく・・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第五章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第五章

真っ暗な寝室。
佐久田美幸は全裸で仰向けに横たわり、夫、正彦の愛撫に身を委ねていた。

産毛を逆立てるように、正彦の掌が全身をそっと撫で回していく。
首筋から乳房の膨らみへ掌が駆け上がると、乳暈のあたりがむずむずと鈍く疼き始めた。

「あ、ああ・・」

すでに硬く尖った乳首を指で摘まれ、美幸は小さく声を漏らした。
指先が乳首を捉えるたびに、淫らな微電流が下腹部の奥へと蓄電されていく。

無意識に開いた両脚の中心に、正彦の生温かい舌先が滑り込んできた。
ざらざらした舌が肉ひだを掻き分け、鋭敏な秘肉を執拗に蹂躙していく。

「あなた・・も、もう・・」

「・・うん」

両脚を押し開いて正彦が覆い被さってきた。
熱く濡れそぼった美幸の秘肉に、正彦はゆっくりと肉茎をあてがった。

「・・?」

ところが、あてがった肉茎がなかなか秘肉を突き立てて来ない。
正彦は焦ってしごいているが、肝心の肉茎はピクリとも鼓動しなかった。
つづく・・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 官能小説
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第六章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第六章

正彦が美幸の体から離れた。

「う~ん・・どうしたんだろう?」

哀れなほど動揺する正彦を見て、苛立ちを感じながら美幸は優しく慰めた。

「このところ残業が続いていたから疲れているのよ。今日は早く寝てまた調子のいい時にしましょう」

「・・うん、確かに仕事が立て込んでいてね・・東京支店の業績は、俺が一人で背負っているようなものだからな」

いかに仕事が忙しいか、どれだけ自分が期待されているかを正彦は一頻り熱く語ると、埋み火を熾こされた美幸を残して浴室へ向かった。

ふうっと美幸はため息をついた。
真面目を絵に描いた正彦は、美幸と体を重ねるまで女を知らなかった。

裸身を前にしてガクガク震える正彦に、美幸はプライドを気遣いながら手ほどきして育ててきた。
今夜の巧みな性技も、すべてマニュアル通りに仕込んだものだった。

ところがここ一年ほど、正彦はセックスの途中で萎えることがたびたびあった。
元々正彦は性に淡白なタイプだが、今夜は久しぶりに正彦が強引に求めてきたのだった。

おそらく自尊心が高い正彦は、精力剤など準備万端で臨んだに違いない。
明かりを灯した美幸は、寝室の鏡に全身を写してみた。

今年三十三歳になる美幸は、愛娘の愛美を産んでから、薄い脂肪がついて全身に丸みが出てきた。
まさに成熟した女盛りを迎えて、男なら誰もが垂涎する芳醇な肢体を誇っていた。
つづく・・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第七章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第七章

やや弾力を失ったが、胸板からくっきりと豊かな乳房が浮き出している。
ウエストの括れは浅くなったものの、熟女らしくむっちりとした下腹部が艶かしい。
そして長身のボティラインから続くヒップは、瑞々しい白桃のように、今も小さくキュッと引き締まっている。

だが正彦にとっては猫に小判だった。
助け舟を出したものの、おそらく正彦は今夜の失敗に傷ついているだろう。

仕事の忙しさを理由に、この先美幸を求めてこなくなるかもしれない。
鏡に写る美幸の口元がわずかに微笑んだ。

(ふふ、これで去勢する手間が省けたわ)

夫とセックスレスでも、美幸には何の差し障りもなかった。
すでに今年小学二年生になる一人娘の愛美もいるし、いまさら夫との性生活に固執する未練もなかった。

正彦の性欲が衰えれば、より美幸の生活は安定するのだ。
性欲が強ければ、他の女にうつつを抜かす危険度が増す。
夫の浮気は、美幸の人生設計図において、真っ先に回避しなければならないリスクだった。

十五年前。
商業高校を卒業した美幸は、東京にある小さな貿易会社の経理課に勤めた。
世間知らずな田舎娘だったが、愛らしい大きな瞳が印象的な顔立ちと、日本人離れしたスリムなスタイルに、都会の男達が雲霞の如く集まってきた。

欲望剥き出しの男達を嘲りつつも、彼等が持参する献上金を利用して、美幸は洗練された女へと変貌を遂げていった。
結婚を迫る男もいたが、美貌と言う誘蛾灯に集まる俗物など、端から人生を託す結婚の対象にはなり得なかった。
つづく・・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 夫婦のエッチ
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第八章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第八章

美幸は会社に出入りする大手銀行の正彦に目をつけていた。
二歳年上だった正彦は、とにかく仕事一途で、デートに誘っても会社の話しかできなかった。

逆にそんな面白味のなさが、美幸の目論む将来図にぴったりと当てはまっていた。
下着をつけた美幸は、寝室を出て子供部屋へ向かった。
すやすやと眠る愛美。

(この娘を不幸にしてはいけない)

それが美幸の描く人生設計図の原点だった。
陽射し溢れる芝生の庭でじゃれあう仔犬と愛美を、リビングの窓から紅茶を飲みながら優しく眺めている。
そんなドラマの一場面に出てくるような家庭像が、不幸せな少女時代を強いられた美幸の夢だった。

結婚も夢を実現するための手段に過ぎなかった。
不況にも揺らがない磐石な経済力と、家族を裏切らない誠実さを美幸は夫となる男に求めた。

恋だの愛だのでは暮らしを守れない。
一時の感情に流され、一生の苦労を背負うのは愚の骨頂だと蔑んだ。

夫とは、頼って生きるものではなく、女が描く人生設計図の協力者と考えるべきなのだ。
脳裏に九十九里浜の荒波が浮かぶ。

「お母ちゃんの馬鹿っ!」

真冬の砂浜で、母と愛人の情事が終わるのを待ち続けた記憶が、冷酷なまでに計算づくの設計図を美幸に描かせたのだ。
そっと愛美の頬を掌で撫でてみた。
柔らかな頬から伝わるぬくもりだけが、凍てついた美幸の心をつかの間だけ溶かしてくれた。
つづく・・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第九章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第九章

翌朝、美幸は颯爽と自転車を漕いでいた。
横浜市北部の郊外。
芽吹きを迎えた明るい雑木林の丘陵を下りると、蛇行して流れる鶴見川が眼下に開けてくる。

川沿いに果樹園が点在している。
枝がたわむほど白い花をつけた梨が、新緑彩る大地に春霞が棚引くように咲いていた。
その田園の傍らに鉄筋二階建ての社屋が建っている。

青砥建設。
社員が三十人あまりの小さな土建会社は、道路や下水などの公共工事や、大手建設会社の下請け工事を生業にしていた。

美幸は一階の資材置き場に自転車を停めて、階段を上がって二階の事務所へ向かった。
結婚前の職歴を買われた美幸は、三ヶ月前から経理のパート社員として勤めていた。

(緑の芝生と仔犬のために頑張らなきゃ)

もちろん夫の給料だけで親子三人なら十分暮らせるが、美幸は一日も早く理想の家庭像を完成させたかった。
佐久田家は、今、賃貸マンションで暮らしている。

愛美が小学生になったのを機会に、一戸建てマイホームが欲しいと正彦にねだった。
銀行員の正彦も、ローン金利や住宅減税を考えると、今が買い時だと考えているようだった。

だが頭金が足りない。
美幸が働きたいと言うと、母親業を疎かにしないことを条件に許してくれた。

愛美を犠牲にするのは美幸にとっても本末転倒である。
そこでマンションから自転車で五分の青砥建設を選んだ。

決算や税務申告がない時は、愛美を学校へ送り出した九時から、下校する前の二時までが勤務時間になっていた。
つづく・・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『愛憎の流砂』・・・第十章

    『愛憎の流砂』
※ 男の愛撫にうねる白い肌・・・
  愛人に溺れる母を恨み呪う少女・・・
やがて大人になった少女は、思いもよらぬ運命に手繰られていく。

第十章

美幸は事務所のドアを開けた。

「おはようございます」

すでに社員はほとんど現場へ出かけた後で、四十坪ほどある事務所はがらんとしていた。
美幸がパソコンを立ち上げると、青砥建設で最古参の川上総務部長が近づいてきた。

「おっ、佐久田さん。今朝はちょっと目が腫れぼったいね。昨夜は旦那と激しかったのかな?」

もう六十歳近い根っからの好色爺は、ブラウスの襟元から覗く谷間にちらっと視線を落とした。

「そ、そんなことありません」

美幸は襟元を掻き合わせると、てかてか太った赤ら顔を睨みつけた。

「あはは、女盛りだからなあ。旦那だけで足りないようなら、いつでもワシを携帯で呼び出してくれよ」

撫でるように美幸の肩を叩くと、川上は呵々大笑しながら席へ戻って行った。
セクハラと世間では言うのだろうが、気の荒い男が集まる職場では、このぐらいの戯れは日常茶飯事だった。

もちろん川上に悪気はない。
むしろ女が一人しかいない職場で、美幸を気遣って話しかけてくれているのだ。

別に良家の奥様でもない美幸は、かえってそんな職場が気安かった。
スーパーのレジやコンビニのバイトより高給で、経理を一人で切り盛りするのもやりがいがあった。

昼過ぎ、社長の青砥武志が帰ってきた。
青砥は四十五歳、一昨年父親からこの会社を継いだばかりだった。

私立の中学校に通う娘が二人いて、横浜港近くの臨海マンションに自宅があった。
先代の忠臣で、現社長の補佐役でもある川上は、よく青砥を風林火山の武田信玄に喩えた。
つづく・・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★
『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口
官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5