FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『妻は官能小説家』・・・第一章

       「妻は官能小説家」
        
『妻は官能小説家』
         ~作品紹介~
     男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、
愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
      その小説を読んだ夫は・・

第一章

ピチャ、ピチャ・・
唾液が触れる音が窓のない密室に木霊する。
甘い香水の匂いが時折ふっと鼻腔をくすぐる。 

東京のラブホテル。
荒木雄士は、全裸のままベッドで仰向けに寝そべっていた。

「んぐぅ・・荒木さん、気持ちいい?」

「ああ・・最高だよ」

やはり一糸まとわぬ安部由希が、四つん這いになって、雄士の下腹部辺りに顔を埋めていた。
瞳を伏せて頬を窄め、屹立した肉茎を無心にくわえている。
ルージュに彩られた形の良い口唇から、赤黒く醜悪な肉茎が食み出しているのが見える。

「うふ、奥さんはこんなことしてくれないんでしょ?」

「するはずがないだろう」

雄士の答えに微笑んだ由希は、髪を掻き上げて肉茎の根元近くまで呑み込んだ。
雄士は三十三歳、東京の中堅出版社で文芸雑誌の編集者をしている。

由希は二十四歳、同じ会社で経理を担当する派遣社員である。
由希は独身だが雄士には妻子がいる。

二人は俗に言う社内不倫カップルだった。
半月前の夏、神保町の居酒屋で会社の暑気払いがあった。

隣同士に座った二人は意気投合した。
雄士が二次会へ誘うと、由希はあっけらかんとホテルへ行きたいとねだった。
以来二人は週二三回のペースで、会社が退けた後に情事を重ねている。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  
~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
 
~FC2官能小説ランキング~  
  
~人気ブログランキング愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第二章

 『妻は官能小説家』

   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第二章

雄士は由希の体を仰向けに横たえた。
白いシーツに明るい栗色の髪が広がる。
決して美人ではないが、ややマスカラ過剰なキャバクラ系の顔立ちをしている。

「ジャーン、見て」

由希はおどけて手足を大の字に広げた。
スリムな肢体だ。

形の良い乳房が、産みたての卵黄のように、仰向けに寝てもしっかりと膨らみを保っている。
鋭角にくびれたウエストと贅肉のない下腹部。

開いた両脚の頂角には、良く手入れの行き届いた翳りがそよいでいる。
すでに桃紅色の乳暈はつぶつぶと粟立ち、小さな乳首がその頂点で尖っている。

「ねえ、奥さんとどっちが綺麗?」

挑発するように、由希は両手で乳房を淫らに揉んで見せた。

「さあ・・どっちかな?」

「ちゃんと答えてくれなきゃ嫌っ!」

脹れた由希は、身長の半分はありそうな両脚を閉じた。

「馬鹿だなあ・・由希に決まっているだろう」

「・・本当? うふふ、嬉しい」

由希は、ことあるごとに雄士の妻への対抗意識を露にする。

(俺自身より妻の存在が必要なのだ)

雄士は奔放な性に翻弄されながらも、頭の中では冷静に由希の心理を分析していた。
由希にとって不倫はエステと同じだった。

妻がいる男の心を奪うことで、女としての魅力を磨こうとしているのだ。
そのために競争相手となる妻の存在が不可欠なのだ。

もし真に受けて妻と別れようものなら、由希はあっさりと雄士を捨て、別の既婚者を物色し始めるに違いない。

つづく・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  
~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
 
~FC2官能小説ランキング~  
  
~人気ブログランキング愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第三章

 『妻は官能小説家』

   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第三章

だがそれは雄士にも好都合だった。
子供がいる家庭を壊すほど、由希に愛情を抱いているわけではなかった。

雄士は由希の若い肉体が必要なだけで、決してそれ以上の存在になることはないと思っていた。
改めて雄士は由希の肢体を鳥瞰した。

由希の瑞々しい体と比べれば、子供を産んだ妻の体など別の生き物だった。
肌の張りと光沢が比べものにならない。

(これが女だ)

崩れのない美のフォルムが男の官能を刺激する。
鎖に繋がれてぶくぶく太った飼い犬より、ねぐらを持たないしなやかな野良猫の方が、男にとっては遥かに蠱惑的だ。
雄士は細い両脚をM字に立てると、その中央に息づく肉裂を覗き込んだ。

「もう濡れているじゃないか」

「いやん、荒木さんに体を開発されて感じやすくなったのよ」

由希は雄士の愛撫をねだって少し腰を浮かせた。
発情した雌の匂いが広がる。

やりたい盛りの肉裂は、光沢を帯びた濃桃色の淫肉を捲れ上がられていた。
雄士は由希の尻を抱えて肉裂を舐め上げた。

「あっ、いやっ・・だ、だめぇ・・」

由希は腰をよじった。
複雑な肉襞から桃色の肉芽を探り当てると、雄士は舌先でチロチロと弄んだ。

「あん・・いい・・いいの・・」

上半身をぐっと由希は仰け反らせた。
肉裂の縁から透明な淫蜜が零れている。
由希は雄士を抱き寄せると、肉茎をまさぐってその先端を自ら花唇へと導いた。

つづく・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  
~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
 
~FC2官能小説ランキング~  
  
~人気ブログランキング愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第四章

 『妻は官能小説家』

   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第四章
 
雄士はゆっくりと肉茎を押し入れた。

「ああっ、くる・・入ってくるうぅぅ・・」

頭を左右に振り乱し、由希は両脚を雄士の腰へ挟みつけてきた。
まだ若い花奥は、硬さの残る膣壁をぎゅっと強張らせ、侵入する外敵を押し返そうとする。
雄士は抗う花奥を征服するべく、昂ぶった肉茎を激しく突き立てた。

「いいっ、気持ちいいの!」

リズミカルな振動を受け、由希は下腹部の奥で弾ける悦楽に喘いだ。
雄士の肉茎の先端が、締めつける膣襞を掻い潜って子宮を叩く。

「あっ、あっ・・そこ、感じる・・もっと強くぅ・・」

条件反射のように由希もはしたなく腰を振り、肉茎を奥まで迎え入れようとする。
ギシギシとベッドが軋む。

二人は会話を交わすのも忘れ、全身汗まみれになって、体が紡ぎ出す悦楽を貪り合った。
やがて由希は、壊れた発条仕掛けの玩具のように、全身をガクガクと震わせ始めた。

「うううっ、いくぅ・・いっちゃう・・」

獣のようなうめき声を残して、由希はベッドへぐったりと倒れ込んだ。
呼吸を荒げた雄士も、悦楽の粒子が肉茎の先に上り詰めるのを覚えた。

そしてそれが弾けた瞬間、ぬるぬるした肉茎を花奥から抜くと、脂肪がない由希の下腹部へ精液を撒き散らした。

つづく・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  
~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
 
~FC2官能小説ランキング~  
  
~人気ブログランキング愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第五章

 『妻は官能小説家』

   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第五章

午前零時過ぎ。
由希と別れた雄士は、東京郊外のマンションへ帰宅した。
自分の鍵で玄関を開けると、まだリビングには明かりが灯っていた。

「おかえりなさい」

妻の美佳が、リビングに置かれたパソコンを消して着替えを持ってきた。

「お風呂が沸いているけど、お茶漬けをつくりましょうか?」

「いや、自分でやるからいいよ。もう遅いから先に寝てくれ」

ネクタイを外しながら、雄士はテレビの電源を入れた。

「ええ・・でも・・」

いつもなら先に休んでいる美佳だが、今夜に限ってはソファから動こうとしなかった。
テーブルの上に鉢植えが置かれていた。

冬だと言うのに、俯き加減に咲く白い花を一輪だけつけている。
美佳はその花を見ながらじっと押し黙った。

雄士より三つ年上の美佳は、今年三十六歳になる。
細面な輪郭に切れ長な瞳と薄めの口唇が、着物が似合いそうな和風の顔立ちを醸している。

能面とまでは言わないが、あまり感情を表面に出さないせいか、実際の年齢よりもやや年上に見られがちだった。
雄士と美佳は結婚して七年目を迎える。

美佳もまた、同じ出版社の経理として勤務していた。
まだ新米で一人暮らしだった雄士に、年上の美佳は姉のように世話を焼いてくれた。
その心地良さにほだされて、雄士は美佳と交際を始めたのだった。

つづく・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  
~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
 
~FC2官能小説ランキング~  
  
~人気ブログランキング愛と性~ 

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第六章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第六章

結婚後、美佳は専業主婦となり、姉さん女房の喩え通りに良妻賢母ぶりを発揮した。
年上と言う負い目もあるのか、美佳は常に雄士を立てて従順に仕えた。

そして五年前に娘の美玖を授かってからは、家事と育児を一人で切り盛りしてきた。
深夜のお笑い番組が白々しく流れている。

雄士は罪悪感に苛まれた。
浮気して帰ってきた夜、妻と顔を合わせるほど気まずいことはない。

「美玖は明日も幼稚園だろう。朝、弁当をつくるんだから早く寝た方がいいよ」

雄士は本心を隠して、妻を労わるように優しく声をかけた。
だが美佳は、逆に雄士の罪悪感を逆立てすることを訴えた。

「あ、あなた・・なるべく早く家へ帰ってきて・・体を壊したら大変だし、美玖もあなたがいない夜は寂しそうだし・・」
「何を言うんだ。好きで遅くなっているわけじゃない。会社のつきあいで仕方なく飲んでいるんだ」

苛々した雄士は表情を曇らせた。

「ご、ごめんなさい・・そんなつもりじゃ・・」
「そう聞えるんだよ。不愉快だな。もういいから早く寝ろ」

雄士は声を荒げた。
美佳は泣きそうな顔をして、とぼとぼと寝室への階段を上がって行った。

つづく・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : ***官能*告白*体験談***
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第七章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第七章

雄士は心の中で毒づいた。

(お前が女に戻ったら、毎晩でも早く帰って来てやるよ)

一人残された雄士は、冷蔵庫から缶ビールを出して苦々しくあおった。
元々美佳は性に淡白で、不感症までは行かないが、結婚する前から性に乱れることがなかった。

あまり男性経験がなかったのか、年上の女にしてはそれが雄士には初々しかった。
生来女好きな雄士は、結婚してから美佳を開発するつもりでいた。

ところが美玖が生まれると、そんな情熱もすっかり醒めてしまった。
そして夫婦は、半年に一度、義理で淡々と体を合わせるセックスレスに転落した。

美佳が育児に忙しい事情もあったが、雄士は母親となった美佳に女を感じなくなったのだ。

(美佳は女であることを諦めたのだ)

妊娠の安定期に入った時、雄士は嫌がる美佳の体を求めた。
異様に迫り出した腹部と真っ黒で巨大な乳首に、雄士は一瞬にして昂ぶりを失った。

雄士は出産後も試みたが、すっかり弾力を失った乳房と妊娠線が残る下腹部を前にすると、どうしても性欲が萎えてしまうのだった。

元々姉さん女房とは、年下の夫にとって母親の役割をも担っている。
さらに身も心も聖母へと変化した美佳に、雄士は性欲を催すこと自体、生理的にできなくなっていたのだった。

つづく・・

 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第八章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第八章

深夜だと言うのに、雄士は目が冴えるばかりだった。
テレビ番組に飽きた雄士は、暇つぶしにパソコンの電源を入れた。

(そう言えばさっき美佳が使っていたようだが)

雄士は首をひねった。
美佳がパソコンに向かう姿をあまり見たことがない。
パソコンが立ち上がると、雄士はまずインターネットの履歴をチェックした。

『女性のための官能小説教室』

見たこともないサイトが、今日訪れた履歴の中に含まれていた。
仕事の延長で気が進まなかったが、雄士は首をひねりながらサイトを開いてみた。

女性官能小説家を発掘するホームページだった。
自分で書いた小説を応募して、批評してもらうコーナーがあった。

(何故美佳がこんなサイトを・・まさか)

慌てて雄士は『最近使ったファイル』を調べた。
するとそこには、見たこともないワードのファイル履歴が表示された。

『クリスマスローズ』
俄かに雄士は信じられなかった。
美佳に小説を書く趣味があるなど、七年連れ添ったが初耳だった。

しかも官能小説など、性に淡白な美佳に書けるはずがないと思った。
ふと雄士はテーブルの花へ目を遣った。

(この花は確か・・クリスマスローズ)

白い花弁をじっと見つめていた美佳の顔が瞼を過ぎった。
不安が雄士の心にもやもやと湧き立った。

雄士は恐る恐るその文書ファイルをクリックした。
ワードが開いて原稿が現れた。
小説は美佳の旧姓で書かれていた。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第九章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第九章 
※小説の中に挿入された小説↓を「作中作」と称します。 

『クリスマスローズ』        三橋美佳

目尻の小皺、弛み加減な頬、首から顎についた贅肉――いくら気をつけても、女は三十路を越えると衰えが目立ってくる。
小室留美は、洗面台の鏡を見てフウッとため息をついた。

(もう誰も女として見てくれないかしら・・)

三十六歳。
まだまだ老け込む年ではない。
だが若い頃と比べれば、ファンデーションを塗る時間は倍に増えていた。

「ママ、早く行こうよ」

五歳になる娘の未来が急かせた。
今日は幼稚園の友達、加納愛莉母娘と、子供向けアニメ映画を観に行く約束をしていた。

電車に乗って繁華街の映画館に着くと、冬休みに入ったせいか、そこは子供連れの親子で黒山の人だかりだった。
愛莉が未来を見つけて走ってきた。

「未来ちゃん、遅い。一時からの予約はもういっぱいだって」

「ええっ、じゃあ一緒に観られないの?」

未来は目に涙を溜めて留美を睨んだ。

「ママがお化粧ばかりしているからいけないのよ」

「ご、ごめん・・未来・・」

泣きだしそうな未来をどう慰めるか、留美はおろおろして周囲を見た。
すると年の頃は三十代半ばぐらいだろうか、明るいブラウンのジャケットを着た男が近づいてきた。

「こら愛莉、未来ちゃんを泣かせちゃダメだろう」

愛莉はペロッと舌を出すと、その男の背中に隠れた。
愛莉の父、加納昌尚だった。

「ほら、未来ちゃんのチケットも一緒に買っておいたよ」

「ありがとう」

チケットを渡された未来は、嬉しそうに愛莉と飛び跳ねた。
留美はチケット代を渡して何度も頭を下げた。

「申し訳ありません。こんなに混んでいるとは思わなくて」

「私も吃驚しました。まあ女性はお化粧に時間がかかりますからね」

「嫌だ、聞いていらっしゃったんですか」

かっと頬が上気するのがわかった。
昌尚はそんな留美を見てニコニコ笑った。

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : ***官能*告白*体験談***
genre : アダルト

『妻は官能小説家』・・・第十章

 『妻は官能小説家』
   
~作品紹介~
男と女を卒業してしまった夫婦。
セックスレスの妻から目をそらして、愛人との淫欲に溺れる夫。
だが妻は、密かに慕う男との愛欲を密かに小説に綴っていた。
その小説を読んだ夫は・・

第十章  

愛莉と未来が、昌尚のジャケットの裾を引っ張った。

「ねえ、お腹空いたよ」

まだ一時までには時間がある。
愛莉の母親、彩花とは映画を観る前に昼食を取る約束をしていた。

「よし、じゃあハンバーガーを食べようか?」

「わ~い」

子供達は喜んだが、彩花がいないのに留美は気づいた。

「ところで奥様はどちらに?」

「ああ、申し遅れました。妻は仕事が休めなかったので、今日は僕がピンチヒッターです」

留美はドキッとした。
てっきり妻の彩花も一緒だと思っていたからだ。
娘の友人の父親だが昌尚は男である。

時間をかけて化粧をしてきて良かったと、留美は安堵した。
ハンバーガーの店で大騒ぎする子供達を叱りながら、昌尚は緊張する留美との会話をリードした。

「私は化粧品会社で営業をしていまして、この近辺を担当しているんです」

「化粧品の・・」

「ええ、デパートや薬局を回るのですが、時間が結構自由になるもので、時々妻の代わりに愛莉の面倒を見ています」

「え・・それじゃ今日は会社をさぼって?」

「しっ、そんな大きな声を出さないで」

昌尚は慌ててキョロキョロ周囲を見た。
その仕草に留美はお腹を抱えて笑った。
さらに昌尚はふざけた口ぶりで言った。

「今日は彩花の代わりに来て良かった。こんな美人の奥さんとデートできるなんて」

つづく・・
 ※ お知らせ ※
2月22日発売の月刊文芸誌
『祥伝社・小説NON3月号』に紅殻格子作「あやかしの肌」が掲載されました。
★『降矢木士朗・紅殻格子 メディア掲載作品&携帯小説配信サイト』紹介はこちらです★

『妄想の囲炉裏端』]掲示板入り口

官能小説ランキングに参加しています。
皆様から頂くクリック↓数が書く励みとなります。
応援、宜しくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
FC2 官能小説
人気ブログランキング~愛と性~

theme : 創作官能小説連載
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。