FC2ブログ

『喝 采』・・・(第一章)

                   『喝 采』
      
                     
『喝 采』

                    ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・。


第一章

煌くような照明が、燦々と天井から降りそそいでいる。
目映い白を基調にした豪華なセット。

出番を待つ有名なコメンテーター陣。
本番直前のテレビスタジオには、番組スタッフの走り回る靴音が慌しく交錯していた。

そんな華やかな舞台で、セットの下手に座った三浦美咲は、手鏡を覗いてメイクのチェックに余念がなかった。

「三浦さん、マイクの位置を調整させて下さい」

駆け寄ってきた女性ADが、派手な美咲のスーツについたピンマイクを、胸元から襟先へと移し替えた。

「こんなに上へつけたら、アップになった時に目障りじゃないかしら?」

「大丈夫ですよ。視聴者は三浦さんの美しさに釘づけで、ピンマイクのことまで気づきませんから」

「あら、そうかしら・・」

お世辞ともつかぬADの言葉だが、美咲はまんざら厭な気もしなかった。

夕方の報道番組。
美咲は自分が番組の主役だと自負していた。

スタジオで一際輝いているのは、女性キャスターよりも美咲の美貌だったからだ。
カメラマンがビューファインダーを覗き込むと、スタジオに緊張の空気が張りつめた。

「本番五秒前、四、三・・」

フロアディレクターがキューを出すと、番組のオープニングテーマ曲が流れた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

   ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝 采』・・・(第二章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第二章

女性キャスターが、流暢な口調で番組内容を紹介する。

「今夜の特集は、『ママさん起業家奮戦記』です。ゲストには、エターナル・コスメティックス代表取締役社長、三浦
美咲さんをお迎えしています。三浦社長、宜しくお願いします」

「こちらこそ宜しくお願いします」

カメラに向かって美咲はにっこりと笑顔を振りまいた。
番組の前半はニュース報道で、出番のない美咲は、一旦控え室に戻って身だしなみを整えた。

つるんとした卵形の輪郭に、高い鼻梁と凛とした口許が端正なモデル顔を形づくっている。
クリクリと動く大きな瞳が、その美顔に知的で華やかな彩りを添える。

そして肩まで伸びたダークブラウンの髪が、成熟した女の豊穣さを見事に引き立てていた。
三十五歳――美咲はまさに女として美の絶頂にいた。

否、美貌だけではない。その人気も今や頂点にあった。
美人の主婦起業家として、他局のビジネスニュースでコメンテーターを務めるほか、雑誌の取材や講演依頼が殺到している。

特集が始まった。
女性キャスターが改めて美咲を紹介する。

エターナル・コスメティックスは、社員五十名の小さな化粧品会社である。
製薬業界で中堅に位置する関東製薬の子会社として、三年前に美咲が中心となって立ち上げた会社だった。

高品質低価格を謳い文句に、エターナル社は肌の染みをとる薬用化粧品を販売している。
育児と家事に忙しい専業主婦をターゲットに、ドラッグストアの流通に特化して今や年商十億円を稼ぐ会社に成長していた。
 
つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・(第三章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第三章

社長の肩書きを持つ傍ら、美咲には三十九歳の夫と幼稚園に通う一人息子がいる。
近くに住む美咲の両親の助けを借りながら、主婦としても家事と育児を両立していた。

それが今夜の特集、『ママさん起業家奮戦記』として取り上げられたのだ。
美咲の多忙な一日がビデオで紹介された。

社長として、主婦として、八面六臂の活躍ぶりが映し出される。
昼は社員を叱咤激励しながら、夜はテキパキと効率的に家庭の雑事を片づけていく。
スタジオの女性キャスターが尋ねてきた。

「目の回るような忙しさですね?」

「ええ、肩書きは社長ですが、まだ小さな会社ですから、何でも先頭に立って指揮しなければなりません。だからと言って、大切な家事と育児も疎かにしたくはありません」

「でも現実は難しいですよね」

「もちろん主人や子供の協力がなければできません。女性が才能を発揮するためには、家族や社会の理解がないと実現しないのです」

美咲は眉間に皺を寄せて厳しい表情をつくった。

「社長と主婦を兼ねることで、新しい商品の発想が生まれてくるのでしょうか?」

「はい、専業主婦って楽なように見えて重労働です。子供がいれば、経済的にも厳しくてお洒落どころではありません」

「髪はボサボサでノーメイクのまま、ご主人の帰宅をお出迎えみたいな・・」

「うふふ、余裕がないんですよね。でも三十代四十代って、女としてもっとも華やかな年頃だと思います。だから忙しい奥様達にも、手軽に美しくなって戴きたいんです」

「三浦さんみたいに美しくなれますか?」

「是非、エターナル・コスメティックスの化粧品をお試し下さい。きっと奥様方のお役に立てると思っています」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『喝采』・・・(第四章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第四章

アップで映された美咲は瞳に力を込めた。
そして夕食の支度をしている主婦層に向け、キラキラと輝く白い歯を見せて愛らしく笑って見せた。
特集が終わると、女性ADが駆け寄ってきた。

「お疲れ様でした」

「いい絵が撮れたかしら?」

「ええ、私もエターナルさんの化粧品が使いたくなりました」

「ふふ、有難う」

ADの肩を叩くと、美咲は笑顔でスタジオを後にした。
美咲は輝かしい喝采を感じた。

社長と主婦、そしてマスコミの寵児――美咲は三足目の草鞋を穿こうとしていた。
それはエターナル社にとっても重要な広告戦略だった。

テレビ宣伝も難しい小さな会社だが、美咲がその美貌を全国に轟かせることで、知名度を飛躍的に倍増することができるからだ。

順風満帆。
美咲は自信たっぷりの表情で、華やかな照明が目映いスタジオを後にした。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『喝采』・・・(第五章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第五章

午後七時。
テレビ局から品川にあるエターナル社に戻った美咲は、急ぎ三人の役員を招集して会議を開いた。

議案は高級化粧品ブランドの開発だった。
エターナル社は、高品質低価格の薬用化粧品をドラッグストア経由で販売している。

その路線を維持しつつ、高級化粧品分野へも打って出る腹案が美咲にはあった。
営業を担当する専務取締役の馬場守が頑強に反対した。

「我が社は、一貫して主婦に低価格化粧品を訴えてきました。今、高級ブランドへ参入すれば、せっかく定着しつつあるリピーターに見限られます」

「でも低価格化粧品は利益が薄いのよ。だから高級品で裕福なオバサマ層を狙わないと・・」

「反対です。今はじっくりと既存品を育てていくべきです!」

言葉を荒げた馬場は、顔をしかめて椅子に深くもたれた。
馬場は五十七歳、エターナル社の功労者である。

前歴は中堅化粧品メーカーの営業部長で、エターナル創設に際してヘッドハンティングした人物だった。
小さな化粧品会社でありながら、ドラッグストアに製品を並べられたのは、馬場の人脈に頼るところが大きかった。

人柄は親分肌で、営業部隊は元より社内でも絶大な求心力を持っていた。
美咲は真っ向からの対決を覚悟した。

「今が飛躍するチャンスなのよ。確かに一部の顧客は離れるかもしれない。でも私がマスコミでどんどん宣伝すれば、主婦層の心は今以上につかめるはずだわ」

「五十人程度の小さな会社が、大手化粧品会社の真似をして、高級化粧品にまで手を出せると思っているのですか?」

「我が社は赤字なのよ。そんな悠長なことを言ってはいらないの。高級化粧品を投入して黒字経営に転換したいのよ!」

立ち上がった美咲は、鋭い眼差しで馬場を睨みつけた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

『喝采』・・・(第六章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第六章

創業間もないエターナル社は、売上十億円を稼ぐ成長企業だが、まだ利益を計上するには至っていなかった。

親会社である関東製薬の庇護を受けてはいるが、社長の美咲にしてみれば、一刻も早く赤字から脱却することが責務でもあった。

それでも馬場は屈しなかった。

「高級化粧品に参入するためには、今のドラッグストアを主とした流通は使えません。一人一人の顧客に、製品の価値を説得しなければならないからです。百貨店に店舗を出したり、美容部員を雇ったりする資金が我が社にありますか?」

捲くし立てる馬場に、関東製薬から出向している経理担当常務が口を挟んだ。

「現在我が社に余裕資金はありません。これ以上借入金を増やすことも難しい状況です」

会議室がしんと静まり返った。話し合いは平行線で、このままでは結論は出そうもなかった。
不意に美咲の携帯が鳴った。
ちらっと携帯の画面を確認すると、美咲は再び柳眉を吊り上げて馬場に挑んだ。

「資金がないなら、関東製薬から増資を取りつけましょう。馬場専務、十億ぐらいあれば事足りるのかしら?」

「いや、金の問題では・・」

「エターナルの経営は、社長である私に委ねられています。資金の問題さえ解決すれば、私の経営方針に従ってもらいます」

「・・・・」

「これで会議を終わります」

不服そうな顔の馬場を残して、美咲は颯爽と会議室を後にした。そして地下駐車場で社用車に乗り込むと、運転手に東京駅方面へ向かうように命じた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・(第七章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第七章

格式高い名門ホテル。
バスローブをまとっただけの美咲は、湯上りで上気した肌のまま、浴室を出てリビングルームの扉を開いた。

一泊十万円は下らないスイート。
大きな窓からは、星屑を散りばめたような都会の夜が一望できる。

その王侯貴族の部屋に、やはりバスローブ姿の男が、ソファにもたれてワイングラスを傾けていた。
逸見岳、四十五歳――創業家の若き御曹司は、三年前から関東製薬の社長に就任し、年商七千億円を越える関東製薬グ

ループ総帥の地位あった。
美咲は逸見の隣に座った。

「関東製薬の取締役会は明日でしょう?」

「ああ、今夜から明後日の夜まで東京にいる」

逸見はこのホテルを東京の定宿にしていた。
関東製薬の本社は東京にあるが、逸見は生まれ育った大阪の豪邸に妻子を置いている。

関東製薬は、東京に本社部門と営業本部、大阪に研究所と工場を分散しており、逸見は月の三分の二を大阪で、残りを東京で過ごす生活を送っていた。

不意に部屋のチャイムが鳴った。

「秘書が明日の資料を持ってきたんだろう」

逸見はバスローブのまま、部屋の入り口へ早足で向かった。
美咲がちらっと覗くと、まだ若い女性秘書が逸見に資料を説明していた。

秘書は美咲に気づくと、逸見の肩越しにキッと睨みつけてきた。
秘書を帰した逸見は、美咲のグラスにワインを注いだ。

「あの子、新しい秘書?」

「ああ、前の秘書が辞めてしまってね。今時の若い娘はコミュニケーションが難しいよ」

「まあ、そうね。私も苦労しているもの。でも珍しいわね。今まで役員会の前日に、私を呼んだことはなかったでしょう。てっきり明日の夜かと思っていたわ」

「羽田からここへ来る車の中で、お前が出演しているテレビを観て急に抱きたくなったんだよ」

「いやねえ・・」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 熟女・人妻
genre : アダルト

『喝采』・・・(第八章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第八章

口許に小さな含み笑いを浮かべ、美咲は額を逸見の肩に押し当てた。
美咲は逸見の東京妻だった。

二人の不倫関係はもう三年続いている。
大学を出て大手食品メーカーに勤めていた美咲は、二十七歳で同僚だった夫と結婚して寿退社した。

一人息子を産んだ後、じっと家庭にこもる性格でもなく、再び社会に出るべく関東製薬の事務職として再就職した。
すぐに美咲は逸見の目に留まった。三十二歳だった。

いきなり社長秘書を任されると、オーナー会社ならではだが、一年も経たぬうちに秘書室長へ昇格した。
そして三年前、エターナル社の設立に伴い、代表取締役社長に大抜擢されたのだった。

男と女の関係になったのは、社長秘書時代からだった。
さっき訪れた秘書のように、ホテルへ資料を届けるよう命じられ、ワインで酔わされて体を征服された。
美咲はワインをテイスティングしてから口に含んだ。

「いい赤ね」

「まだ若いカリフォルニアのヴィンテージだが、タンニンが豊かでしっかりしたボディをしている」

美咲はワイングラスを掲げて照明に透かしてみた。
ルビーに似た深みのある赤色が、美咲の下腹部に眠る女の欲情を呼び覚ました。
ソファを離れた美咲は、カーテンを開けた大きな窓の前に立った。

「テレビの私とどっちが綺麗?」

甘えた声で逸見を誘うと、バスローブを足元に落とした。
都心の夜景をバックに、一糸まとわぬ美咲の白い裸身が浮かび上がった。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『喝采』・・・(第九章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第九章

その肢体は豊穣に熟成していた。
モデルのようにすらっとした長身でありながら、そのむっちりとした肌は、絡みつくような熟女の潤いを湛えている。

Dカップが自慢の乳房は、産後やや弾力を失ったが、とろけてしまいそうな柔らかさで男を魅了する。
そしてうっすらと脂が乗った下腹部とヒップは、熟した果肉のように甘酸っぱい芳香を放っていた。

逸見が抱きついてきた。
四十代半ばだが、かつて柔道で鍛えただけあって、がっしりと逞しい体つきをしている。

「ああ・・」

「テレビではお見せできない三浦美咲を、この窓から都民の皆様に生中継してやろう」

不敵に笑った逸見は、夜景が広がる窓へ美咲を向けて立たせたまま、背後に回って乳房を揉みしだき始めた。

「ああん、見られちゃう・・」

「嬉しいだろう・・人一倍見られたがりな女だからな」

窓ガラスに映った二人の痴態が、さらに美咲の淫らな発情を加熱させていく。
柔らかな乳房に逸見の指が食い込む。

乳房は痛々しいほど歪みながらも、乳暈を粟立てて乳首を尖らせている。
そして逸見の奔放な右手は、夜景と同化した下腹部の翳りを越え、美咲の秘部を思うがままに蹂躙した。

「あっ、ああ・・」

「美人社長とちやほやされても、俺にはただの色情女にしか見えないがな」

逸見は両手で美咲の肩をつかむと、乱暴に乳房を窓ガラスへ押しつけた。

「い、いやん、冷たい・・」

「お前は俺の性奴隷だ」

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 淫乱人妻
genre : アダルト

『喝采』・・・(第十章)

      『喝 采』 ・・・作品紹介・・・
「ママさん社長」として世間の喝采を浴びる美咲。
だが実態は、大手企業を率いる御曹司に惹かれて愛人となり、夫と子供を裏切って手にした社長の地位だった。
順風満帆な美咲だが、頼りにしていた御曹司から会社への融資を断られ・・・
       
第十章

性奴隷の刻印を焼き入れられた美咲は、止め処ないほどの悦びに全身を震わせた。

「嬉しい・・私はあなたの性奴隷・・」

歓喜の疼きに朦朧としながら、美咲は鳥肌立ったヒップを突き出して、逸見の股間へ自分から揺すって擦りつけた。
その美貌と気性ゆえ、美咲は過去、女として男に服従することを知らずに生きてきた。

うなるほど金のある男でも、高い地位にある男でも、一度美咲の裸身に触れるや、従順な子羊に姿を変えて跪いた。
だが逸見は違った。

生まれながらに社長を約束されたセレブでありながら、危険な獣の匂いがする野心家だった。
ある『豪腕』政治家の若い頃を彷彿させる強さと、美咲など足元に及ばない人間のスケールを持ち合わせていた。

逸見は、美咲の才能を見抜き、情実人事と陰口を叩く者を退けて社長に据えてくれた。
同じ経営者の立場になった美咲は、改めて逸見の偉大さを身を以って理解できるようになった。

美咲は東京妻になることを自ら望んだ。
体のみならず、美咲は逸見に心も征服されたのだった。

男勝りで向上心が強い美咲にとって、世界を相手にビジネスをする逸見に比べれば、平凡なサラリーマンの夫など退屈極まりなかった。

愛人と後ろ指を差されても、美咲は逸見と共に時間を過ごせる立場を選んだ。そして逸見に経営者としても認められることが、多忙な毎日を送る美咲の原動力になっていた。

つづく・・・

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~ 

  ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5