FC2ブログ

「紅殻島」・・・(第一章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

           ★新着相互リンク情報★ 
         
妄想夜景様     Hな読み物の館様
     
正しいH小説の薦め様   wombatの官能小説様   


  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。
 
              『 紅 殻 島 』

            紅殻島1 

一.

深く入り組んだリアス式海岸の奥に、その島はぽつんと浮かんでいた。
M県W島。
わずか周囲七キロの小さな島は、真珠貝の筏を敷き詰めた穏やかな海と、春の息吹を映す新緑の山々に囲まれている。

国立公園にも指定される島は、海国の故郷を想わせる風光明媚な憧憬を残していた。
ところが、一たび夜の帳に包まれると、島はその素朴な情景を一変させる。

紅殻島。

地元に住む人々は、眉を顰めて島をそう呼んだ。
江戸時代、荒天に強い入り江の地形をから、この島は関東と関西を結ぶ廻船の風待港として栄えた。

時化が収まるまで、気の荒い船乗り達は島で足止めをくわされた。狭い島で精力を持て余した彼等のために、自然と国中から遊女が集まってきた。

山林と田畑としかない僻地に、見たこともない海上遊郭が姿を現した。
対岸から島まで一キロ弱。

篝火に照らされた紅殻格子の遊郭が、真っ暗な沖合に赤々と浮かび上がった。
風向きによっては、艶な着物を羽織った女達の嬌声が、倹しい暮らしを強いられる百姓の耳を惑わせた。

それから少なくとも三百年の時が経った。
時代が移り、海路がなくなった今も、紅殻島は女の体で命脈を保っていた。
遊郭はホテルや旅館に替わり、遊女はピンクコンパニオンと名を替えたが、辺鄙な島へ渡る男達の目的は変わらなかった。
 
つづく・・・
           
『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

「紅殻島」・・・(第二章) 

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
二.

むろん紅殻島にも、漁業や農業に携わる島民が二百人ほどいる。だがほぼ同数の売春婦が、小さな島の古びたアパートに巣食っていた。

そしてホテルや旅館などと結託し、お見合い宴会と称して、島ぐるみで売春を生業としているのであった。

高野雛子は、渡船の船着場でぼんやり海を見ていた。
西に傾いた夕陽が、凪いだ海面に穏やかな茜色の波紋をつくっている。

「姐さぁ~ん」

背後で雛子を呼ぶ若い女の声がした。コンパニオン仲間の堤玲奈だった。
玲奈は派手な化粧をほどこし、スラリと脚が長く見えるピンクのベビードールを着ている。

「そろそろ支度せんと間に合わんよ」

海岸に沿って建つ五軒のホテルや旅館は、すでに明かりを灯して、これから渡船で訪れる今宵の客を待っている。
息を切らした玲奈は、雛子の隣で膝を抱いて座った。

まだ二十代半ばの弾力ある乳房が、ベビードールの胸元からこぼれんばかりに覗いている。
雛子はふうっとため息をついた。

「アパートへ戻って化粧するから、玲ちゃん先に行っといて」

「うん、わかった」

大きく頷いた玲奈は、またサンダルをパカポコ鳴らせてホテルへ向かった。
少し頭は足りないが、雛子には玲奈の若さが眩しかった。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

「紅殻島」・・・(第三章) 

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
三.

島へ流れてきて三年、雛子は今年三十八歳になっていた。
最近では外国籍の女が増え、その若さを求めて島へ渡る男も増えている。

「あと何年この島にいられるのかしら・・」

人より優れた容色も、目尻の小皺から始まる年波には勝てない。
容姿の衰えにもまして、雛子の心は、すでに白い灰のように熱い鼓動を失っていた。

雛子は哀しげな笑みを口許に浮かべると、夜の闇が広がり始めた対岸へ目を遣った。

小さな渡船が紅殻島へ向かってくる。
旧式のエンジン音を止めて渡船が岸壁に着くと、どやどやと十数人のサラリーマンが降りてきた。

「この島は男の楽園らしいぞ」

「明日のゴルフを前に腰を痛めるなよ」

下卑た男達の会話を聞きながら、雛子は自分のアパートへ戻ろうした。

「雛ちゃん!」

不意に背後で男が雛子の名を呼んだ。
その男の声には聞き覚えがあった。

「・・い、伊勢さん?」

サラリーマンの後から降りてきた男に、驚いた雛子は目を丸くした。
伊勢と呼ばれた男は、雛子の許へ走り寄ると、興奮した表情で細い腕をつかんだ。

「・・探したんだよ」

雛子は伊勢から顔をそむけた。
防波堤の突端にある灯台が、暮れなずむ空にぽつんと赤い光を点していた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

「紅殻島」(べんがらじま)・・・(第四章) 

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 


煤煙が低く垂れ込めた街中を、どろりと黒く澱んだ運河が流れている。
大都市の外れにある零細工場の街。

悪臭を放つ運河沿いには、錆びて赤茶けた町工場が軒を連ねている。
旋盤や溶接の音が四六時中騒がしい。青っ洟を垂らした子供達が、瓦礫の上でチャンバラごっこをしている。

駅前には、仕事あがりの工員目当てに、居酒屋や立ち飲み屋が密集していた。
その暗い路地裏に、安っぽい看板を掲げる場末のスナックがあった。

十年前、雛子はこの店のホステスだった。
常連客は雛子を小悪魔と呼んだ。

くりくりと動く瞳が印象的なあどけない顔立ちだが、豊かなバストとヒップを誇る肢体は、男達の欲望を叶えて余りあるほど成熟していた。
そして客を客とも思わぬ高飛車な態度は、逆に経営者に虐げられた工員達から愛されていた。

雛子は元々銀座のホステスだった。
夜の蝶として最も華やかな場所にいた雛子だが、会社の金で偉ぶる男達と喧嘩が絶えず、いつしか転々とこの街まで流れてきたのだった。

艶やかなドレスをまとった雛子は、今日を生きるのに懸命な労働者の女王になった。

「雛ちゃん、店がひけたら美味いものでも食いに行こうよ」

「あら、何を食べさせてくれるの?」

「ガード下のモツ鍋屋がいい。こってり煮込んだホルモンはたまらないぜ」

「うふふ、そんなに精力つけて、私をどうするつもりなの?」

汗と油にまみれた工員達は、一夜の夢に酔い痴れたくて雛子を口説いた。
雛子は、野卑な男達の欲望を煽りながらも、巧みに身を翻して毒牙からすり抜けていた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

「紅殻島」(べんがらじま)・・・(第五章) 

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
五・

伊勢俊夫もそんな客の一人だった。
小さな町工場に勤める伊勢は、雛子より五つ年上の三十三歳で、毎晩のようにスナックへ通ってきた。

「伊勢さん、九州の出身なんだって?」

「・・うん、筑豊」

「ねえ、カラオケで炭坑節でもパッと歌って頂戴よ」

「・・ぼ、僕は歌など性に合わん」

雛子目当ての饒舌な男達と違って、口下手な伊勢は、いつもカウンターの隅で独り焼酎を飲んでいた。
高倉健並みの寡黙さだが、その充血した目線はつねに雛子の体に粘りついていた。

だがそんな伊勢が雛子の運命を変えた。
ある夜、伊勢が珍しいスーツ姿の客を連れて来た。

それが渡瀬英生だった。
英生は、日本が世界に誇る自動車会社で、若くして経営企画部の課長を務めていた。

雛子は久しぶりに見る人種に遭遇して、むくむくと持ち前の反抗心が頭をもたげた。

「へえ、凄いエリートさんなんですね」

英生の前にしたボックス席で、雛子はわざとソファへ深く座った。
短いスカートを穿いていた雛子は、ショーツが見えるように少し両脚を開いてみた。

(ほら、スケベ根性を剥き出しにして覗いてごらん、エリート課長さん)

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・(第六章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 


男など皆スケベなのだ。
女とすることは、大企業のエリートも町工場の工員も変わらない。

それなのにお高くとまって偉そうな振りをする男に、水商売歴八年の雛子は無性に腹が立った。
白いショーツに気づいた英生はにっこり笑った。

「そうかな・・でも実態はただのスケベ中年なんだがね」

身を乗り出した英生は、素早く雛子の両脚の間に手を滑り込ませた。

「キャッ!」

慌てて両脚を閉じた雛子だったが、英生の指はしっかりとショーツ中心を捉えていた。

「あはは、せっかく楽しく飲もうとしているのに、客を試そうとする悪いホステスだな」

英生は雛子に触れた指先の匂いをクンクンと嗅いだ。
雛子は吃驚した。
たかが一見の客に、雛子は心の中まで見透かされたのだ。

はらわたが煮えくり返ると同時に、雛子は渡瀬英生と言う男に興味を持った。
驚きを取り繕った雛子は、水割りをつくりながら尋ねた。

「伊勢さんとはどういう関係なの?」

「洟垂れ坊主の頃からの幼馴染さ」

英生は三十六歳の独身、伊勢と同郷の筑豊出身だった。
ボタ山を望む寂れた街で、小学校の頃から一緒に泥だらけになって遊んだ。

だが神童と期待された英生は、福岡の有名高校から東大へ進学した。
そしてこの街から近い自動車メーカーの本社で、出世街道の先頭を邁進していた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 官能小説
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・(第七章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 


ぽつりと伊勢が呟いた。

「兄貴には助けてもらってばかりで・・」

高校を卒業した伊勢は、地元で自動車整備工になった。
ところが会社が倒産して、ぶらぶらしているのを見かねた英生が、下請けの自動車部品会社を世話したのだった。

「一寸先は闇だ。俺だって三年後はお前に面倒を看てもらうかもしれん。お互い様だ」

頭を下げる伊勢の背中を英生はポンポンと叩いた。
雛子は意外そうに皮肉った。

「へえ、スケベ男にもいいところがあるじゃない」

「・・伊勢、ただお前が良くないところは、こんな生意気な女がいる店に俺を案内したことだ」

「何よっ、厭なら出て行きな。ふん、エリートだかエリマキトカゲだが知らないが、この店じゃ東大出も中卒も一緒だよ!」

ここぞとばかり、雛子は威勢よく啖呵を切った。
呆気に取られた英生は、ソファの上でひっくり返って大笑いした。

「アハハ、エリートとエリマキトカゲか・・全然似ていないところがいい」

すっかり拍子抜けした雛子は、子供っぽい笑顔の英生につられて笑い出した。
それから、英生は伊勢とちょくちょく店へ顔を見せるようになった。

「わざわざT市から来るなんて、相当お暇なエリートさんね」

「ふん、パンツを穿いた牝ザルがいると聞いて、珍しいもの見たさに来ているだけだ。みんなも見たいんじゃないかな?」

そう言って英生は、周囲の工員達に見えるように、雛子を立たせてスカートを捲り上げた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・(第八章) 

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 


工員達が嬉しそうにどっと笑った。

「ひど~い!」

雛子は英生の太腿をつねりながら心を高鳴らせた。
胸がキュンと締めつけられる。

(馬鹿ね、私とは違う世界の人なのに・・)

ちょっと悔しいが、雛子は女子中学生のような淡い想いを抱き始めていた。
雛子など遠く及ばない博学多識。

機転の早さからくる会話の面白さ。
男達すら惹きつける器の大きさ。

それでいて偉ぶらない子供のような純朴さ。
たくさんの男達と体を重ねてきた雛子だが、こんなに切ない想いをさせられるのは、英生が初めてだった。

叶わぬ想い。

そんな躊躇いを抱いたまま、二人は男と女の関係へ自然と落ちて行った。
店が跳ねた後、ホテルで雛子は英生と熱い肌を合わせるようになった。

英生の腕の中で、雛子は何度も悦びの高みへと昇華させられた。
星の数ほど男と寝たが、雛子は初めて女として開花させられたのだった。

(この人とずっと一緒にいたい)

雛子は英生の胸に顔を埋めた。
愛おしく、狂おしく、切なく、泣いてしまいたいほどの感情が雛子の胸を締めつけた。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・(第九章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 


無論、エリートの妻になれる立場ではなかった。
愛人でもいい。彼の性欲を満たすだけの女でもいいと雛子は願った。
ところが英生はあっさりと言って退けた。

「雛、俺と結婚するか?」

「ど、どうして・・からかわないでよ。私みたいな女は、誰が見たってあなたには不釣合いじゃない」

「馬鹿だな、見栄えで結婚なんかするかよ。二人が良ければそれでいいじゃないか」

「でも、でも・・」

雛子は初めて過去を後悔した。
勲章だった男の数が、本当に愛した男の前で重々しい足枷になっていた。

英生は笑った。

「エリートを馬鹿にするな。嘘や冗談で人生を選ぶかよ。たぶん雛でなければ・・俺は幸せになれないんだ」

英生は雛子を抱き寄せてまた乳房を弄び始めた。

「ああ・・」

雛子は英生にしがみついた。
どんな苦難が待ち受けていようが、英生と二人なら、雛子は一生随っていきたいと心に誓うのだった。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 淫乱人妻
genre : アダルト

紅殻島(べんがらじま)・・・(第十章)

             ★★お知らせ★★ 
新作『不如帰~永遠の嘘』が携帯小説サイトにて配信になりました。
         
♪携帯小説サイト配信情報はこちら♪

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を
    最初からお読みになりたい方は、カテゴリー(各小説)から
    選択していただければ第一章からお読みいただけます。

               
『 紅 殻 島 』
 
十・

墨を流したような漆黒の海が、夜空との境もなく、天地から紅殻島を圧し包んでくる。
暗夜の星にも似た島は、欲望の輝きを無限の闇に発光させている。
独り旅館で食事を終えた伊勢俊夫は、時間つぶしに島の散策へ出た。

(何もない島だ)

船着場を囲んでホテルと旅館が五軒建つ他は、島民の生活を支えるよろず屋が一軒あるだけだった。
後は売春斡旋所と思われるスナックが五軒、原色の妖しい看板を誘蛾灯のように掲げている。

その海岸沿いの狭い平地から、島の大半を占める丘陵の斜面へは、人が一人通れる狭い路地に、安普請のアパートが蟻塚のように軒を連ねていた。

売春婦達の棲家である。
旅館の中居から聞いた話では、紅殻島での商売は彼女達の部屋で行われるらしい。

明かりが灯る窓には、ピンク色のカーテンが生々しく映っていた。
伊勢は深いため息をついた。

雛子は今、ホテルの宴会にピンクコンパニオンとして呼ばれている。
仕事が終わってから、伊勢は彼女のアパートで逢う約束を取りつけていた。

(何故、彼女はこの島にいるのか?)

夜風に漂う泥酔した客と売春婦の嬌声が、伊勢の憂鬱をいっそう重々しくした。

つづく・・・ 

『不如帰~永遠の嘘』『色褪せぬ薔薇』 携帯小説サイト配信情報
[妄想の囲炉裏端]~掲示板入り口~

 ~にほんブログ村 恋愛小説~(愛欲)
~FC2官能小説ランキング~  ~人気ブログランキング愛と性~  

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5