FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「それってセクハラ?」第一章・・・(紅殻格子)

      ※ 小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております   


                     「それってセクハラ?」

一.

私ね、若い頃、新橋にある貿易会社に勤めていたのよ。
二十五歳ぐらいだったかな。

社員が十人ぐらいの小さな会社で、事務職の私を除けば、
周りは五十歳過ぎのオジサンばかりだったわ。

だから会社の看板娘・・これは死語かしら・・
マスコットガールとして、みんなから可愛がられていたのよ。

何で笑っているのよ?

本当だってば。
こう見えても昔は、純情アイドル路線でブイブイ言わしていたんだから。

もっとも就職した時にはすでに人妻だったんだけどね。
私、結婚したのが早かったのよ。

大学卒業した後、つきあっていた男と二十三歳で結婚しちゃったの。
相手は三十歳の商社マン。
彼、九州出身で、古風な亭主関白タイプだったから、
結婚後しばらくは大人しく専業主婦をしていたの。

でも性格なのかな・・仕事一筋の主人が構ってくれなかったからかな・・
独りで家庭にこもっているのが辛くて、
その貿易会社の面接試験をこっそり受けちゃったわけ。

もちろん主人は反対したわ。
でも子供ができるまでと言う条件つきで、
主人も不承不承だったけど許してくれたのよ。

初めて出た社会は新鮮だったわ。
事務は私だけだから、月末は忙しかったけど、
毎日すごく充実感に溢れていたなあ。
それに小さな会社でしょう。

家族みたいな一体感があったのね。
会社が引けると、よく新橋の立ち飲み屋とかへ連れて行ってもらったわ。

え、その頃から酒豪だったんですかって?

さっき言ったでしょう。
若い頃は純情アイドル路線で売っていたって。
日本酒で一升ぐらいしか飲めなかったわよ。

それだけ飲めれば十分だって?

うるさいわねえ。黙って私の話を聞きなさいよ。

入社して三ヶ月経った秋に社員旅行があったの。
一泊二日の仙台旅行。
家族みたいな会社だったから、私もすごく楽しみにしていたのよ。

行きの新幹線でのことだったわ。
女は私一人だったから、
ホステス代わりに社長だった鮫島龍三の隣に座らされたの。

「赤星さん、今日明日は無礼講だから、日頃のストレスを目一杯発散してくれよ」

五十代半ばの鮫島は、テカテカに頭が禿げ上がって、
お腹の出た相撲取りみたいな体形をしていたわ。

性格は豪放磊落でざっくばらんだったから、
わりと社員からは慕われていたの。

もちろん私も、よく飲みに連れて行ってもらっていたから、
優しいお父さんみたいに思っていたわ。

赤星? ああ、それは私の旧姓よ。

つづく・・・
               

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」第二章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております   


                
「それってセクハラ?」



二.

ところがね、宇都宮を通過したあたりだったかな、
私がちょっとうたた寝していたら、膝のあたりに何かが触れてきたの。

鮫島が私の脚を触っていたのよ。
私、どうしていいかわからなくて、そのまま眠ったふりしていたわ。

そうしたら、膝上のスカートを穿いていたんだけど、
鮫島の掌が図々しくその中まで潜り込んできたの。
それがまるでナメクジみたいに、内腿の柔らかい肉の上をヌルヌルと這い回るのよ。

え、どうして抵抗しないのかって?

痴漢に遭っても声が出せなくなるって言うけど、その気持ちが初めてわかったわ。

怖さと恥ずかしさで、心臓はドキドキするし、喉はカラカラに渇くし・・
全身がすくんじゃって、どうしていいかわからなくなってしまうの。

それにね、変な話だけど、ここで大声を出したら、社長に恥をかかせてしまうと思ったの。

確かに鮫島のことを慕っていたし、社長としても尊敬していたわ。
でも女として侮辱されているのに、鮫島の立場を心配するなんておかしいでしょう。

私、じっと目を瞑って鮫島の悪戯を我慢していたわ。
そうしたらちょうど車内販売が来たの。
鮫島が手を引っ込めた時、何ごともなかったかのように目を覚ましたふりをしたの。

私は動揺を隠しながら、仙台まで鮫島と会話を続けたわ。
太腿を触ったのは、子供相手の悪ふざけだと信じたかった。

でも実際は違っていたの。
お触りなんて、これから起こることの序章にもならなかった。
鮫島は男の牙を剥いて、私に襲いかかってきたのよ・・・

話が佳境に入ってきたところだけど、
ごめん、ビールを飲み過ぎてトイレへ行きたくなっちゃった。

悪いけど冷蔵庫からワインを出しておいて。
まだ飲んじゃだめよ。 私がテイスティングしてからですからね。
 
つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」第三章・・・(紅殻格子)

 ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております   


                  「それってセクハラ?」

三 

おまたせ。
あら、この赤ワイン結構美味しいじゃない。
何ぼんやりしているのよ。もっと注ぎなさいよ。

え、飲み過ぎじゃないかって? 

何よ、自分で買ったお酒をどう飲もうと勝手でしょう。
で、どこまで話したっけ。そうそう新幹線までよね。

仙台に着いてからは、マイクロバスを借りて市内観光。
青葉城とか七夕で有名なアーケード街とかね。

夜は仙台の奥座敷と言われる作並温泉で一泊したわ。
温泉に入って浴衣に着替えたら大宴会よ。
みんなに飲まされて、宴会が終わった後はもうフラフラだったわ。

部屋に戻って布団に入ったら、誰かがドアを叩くのよ。
酔っていたせいもあって、私、不用意にドアを開けちゃったの。

そうしたらそこに鮫島がいて、強引に部屋に入ってきたのよ。
女は私だけだから一人部屋でしょう。
そのまま相撲みたいに、布団の上に寄り倒されちゃったの。

そりゃ、今度は抵抗したわよ。
でも浴衣って簡単に脱がされちゃうでしょう。
肝心な下着だって、ブラなんかすぐに捲り上げられちゃうし・・

「赤星さんがずっと好きだったんだよ。な、悪いようにはしないから、
今晩だけ俺のわがままを聞いてくれ」って。

いくら抵抗しても男の力には敵わなかった。
下着を剥ぎ取られた私は、なすすべもなく鮫島に組み敷かれちゃったの。

あら、何で怒っているの? 
どうして大声を出して助けを呼ばないのかって?

そうねえ。さっきも話したけど、やっぱり会社に縛られていたからかなあ・・
会社って身分制度が公認されている世界じゃない。

社長の命令に逆らえば打ち首よね。
そこまで極端じゃないにしても、心の奥底にそういう意識が眠っているのよ。

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」第四章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております 

             「それってセクハラ?」

四・

それは男だって同じでしょう。
ホモ上司じゃなければ体は弄ばれないけど、
精神的には屈辱的なほど奴隷に成り下がっているじゃない。

もちろん会社のことばかりじゃないわ。
仕事ばかりの夫に不満があったのも事実よ。

たまに家へ帰ってきても、風呂に入ってぐうぐう寝るだけ。
抱いてくれるのは月二三回だけ。七歳も年下の妻に失礼よね。

鮫島は、乳房を吸いながらすぐに挿入してきたわ。
いけないとわかっているのに、
私、体が痺れて無意識のうちに喘ぎ声を出していた。

鮫島の体に縋りついて、何度も何度も絶頂に昇り詰めて行ったわ。

え、信じられないって? 

そうね、軽蔑をするならしなさい。君はまだ純真だものね。
でもそれが女よ。

膣に男性を受け入れてしまった瞬間、
女はどんな獣道でも男に従ってしまうの。
それが女の弱さなのよ。

ほら、怒ってばかりいないでワインを飲みなさい。

あ、お馬鹿・・一気飲みしてどうするのよ。
あ~あ、ワイシャツにこぼして・・早く拭かないと染みになっちゃうわよ。

こっちへいらっしゃい。 もう子供なんだから。

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」第五章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております


          「それってセクハラ?」



はい、これで大丈夫。では話の続きね。

東京へ戻ってからも、私は鮫島を拒めなかった。
鮫島の欲情が赴くまま、会社の帰りにホテルへ呼び出されたわ。

そして私の体は鮫島の性技に溺れていったの。
それは悪いことだとわかっていたわ。

でも夫に抱かれる回数より多かったし、鮫島のテクニックは老練だった。
セックスの良さがわかり始めた二十代半ばの女が、
性の魔力を拒めないとしても仕方ないでしょう。

でもね、半年ぐらい続いた頃かしら、さすがに仕事馬鹿の主人も、
妻の不実に気がついていたみたい。

はっきりとは言わないけど、些細なことで怒ったり、
いらいらして暴力を振るったりしたわ。

私は家庭を壊そうとは思わなかったから、鮫島に事情を話して、
関係を清算したいと申し出たわ。

鮫島は渋々ながらOKしてくれたけど、
それから私に対する猛烈なセクハラが始まったのよ。

愛人にできない女性社員は用なしってことだったのね。

早速新しい女性事務員を採用したの。
まだ高校を卒業したばかりの若い女の子だったわ。

鮫島は私の仕事を取り上げて全て彼女に任せた。
そして私が大企業へリクルートするみたいだって、
裏でこっそり社員達に噂を流していたのよ。

仕事がないって辛いわよ。
会社へ行っても一日机に座っているだけ。

今まで仲良くしてくれた社員達も、若い彼女をチヤホヤして私を無視するの。

もちろん鮫島には抗議したわ。
でも関係をばらされたくなければ、大人しく会社を退職しろの一点張りだった。

結局、私は会社を辞めるしかなかったわ。
ところが家庭に戻っても私の居場所はなかった。

主人が新しい女をつくっていたのよ。
すぐに私へ離婚を迫ってきたわ。本当にエリートって陰湿よね。

主人は密かに興信所で私の浮気調査をしていたの。
それで私は、無一文で家庭からもほっぽり出されちゃったわけ。

あら、泣いてくれるの。 優しいとこあるじゃない。

え、違うって。
眠くなって欠伸を噛み殺したって?このお馬鹿、いい加減にしなさいよ!

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」 第六章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております

           「それってセクハラ?」

六・

会社の朝は慌しい。
会議スケジュールを確認する者、仕事の進行状況を上司に報告する者、
はたまた溜まった稟議書類を決裁する者と、
職場には活気溢れる緊張感がみなぎっている。

それはここ、東京大手町にあるヴィーナス化粧品の本社とて例外ではなかった。
ヴィーナス化粧品は、売上一千億円弱、パートを含めた従業員は三千人、
業界でも五指に入る大手化粧品会社である。

女性の美へ奉仕することをモットーに、研究、生産は元より、
販売網を全国津々浦々へと展開していた。

朝の気忙しい本社人事部のオフィスで、矢島健太は、
呆けた表情をして一人蚊帳の外にいた。

目はパソコンの画面を見ているものの、腐った魚のようにどんよりと濁っている。

(ダメだ・・体がだるい・・)

昨夜、健太は明け方までホテルで女に拘束されていた。
女と言っても、二十八歳の健太より一回り年上の人妻である。

出会い系サイトで知り合ってから三ヶ月、週一回のペースで呼び出され、
持て余した熟肉のお相手をさせられていた。

最初は同情からだった。
子供がなく、亭主は海外出張が多いため、
茶飲み友達が欲しいとサイトで募集していたのだ。

ところが一度会うや、喫茶店どころかホテルへ連れ込まれ、
とめどなく溢れる淫蜜を啜らされたのだった。

不思議と健太は熟女にもてる。
決してイケ面ではないが、あどけない顔立ちが母性本能をくすぐるらしい。

「健ちゃんって本当に可愛いわね。もう食べちゃいたい」

それは物の喩えではなく、昨夜も彼女は貪欲に肉茎をくわえて離さなかった。

夫の出張をいいことに、彼女は何時間にも亘って健太を責め続けた。
いくら健太が独身でも、何十CCもの精液をお持ち帰りされれば、
翌日は疲労困憊で足腰が立たなくなる。

だが健太も熟女が嫌いではなかった。
子供の頃から乳母日傘で育てられたせいか、
甘えたがりの性分が今もって抜け切らないのだ。

だから逆に年下の女にはからきしもてなかった。
男として頼りないらしい。

その性格が災いしてか、人妻のセックスフレンドはいても、
結婚を前提につきあう本命の女は今もって皆無だった。

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」 第七章・・・(紅殻格子)

  ※小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております
   

           「それってセクハラ?」 

七 

三ヶ月前の十月、静岡支店で営業をしていた健太が、
人事部へ異動したのも熟女好きと無縁ではなかった。

どこの企業の同じだが、今は結婚しても寿退社しない女性が多い。
そして『お局様』と化した社員は、
家庭や趣味に追われて仕事への熱意を失いやすい。

そんな彼女達を活性化することが、
業務の生産性を上げる全社的な課題となっている。

特に美容スタッフを抱える化粧品業界にとって、
この『お局様』問題は致命傷になりかねなかった。

美容スタッフとは、店頭で顧客へ美容アドバイスする女性である。
化粧品会社にとって、古参美容スタッフのモチベーションの喪失は、
そのまま業績の悪化へと跳ね返ってくる恐れがあった。

静岡支店時代、熟女キラーだった健太は、
『お局様』達の寵愛を一身に集めて営業成績を上げた。
その実績を買われて本社人事部へ引き抜かれたのだ。

現在健太は会社と社員のつなぎ役を担当している。
インタビュー制度や相談窓口を通じて、
社員の要望や不満、トラブルをくみ上げる仕事である。

気分転換に健太が喫煙室へ行こうとした時、
突然、人事部のフロア奥にある会議室の扉が勢いよく開いた。
 
つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」 第八章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております   


             「それってセクハラ?」



人事部課長、如月葉月が現れた。
派手なピンクのタートルネックのセーターと、黒のタイトスカートを穿いている。

まるで閃光弾が炸裂したように、一瞬フロアが明るく輝いた。
よく目を凝らすと、その光芒の影に小柄な霧山人事部長を従えている。

「では部長、犯人が明らかになったら、厳しい処断をお願いしますね」

「わ、わ、わかりました。努力します」

迫力に圧倒される霧山を尻目に、
葉月は健太と対面する席にどっかりと腰を下ろした。

葉月は健太の直属の上司だった。
職場環境の改善を担当する葉月は、
健太が携わる相談窓口やインタビュー制度の責任者でもあった。

社員の駆け込み寺となる職務の中でも、
葉月はセクハラ問題に異常な執着を持っていた。

先月も、美容スタッフのお尻を触った社員を、
懲罰委員会送りにしたばかりだった。
そのため男性社員からは、性の秩序を正す鬼憲兵と恐れられていた。

だが峻烈で勇猛果敢な性格とは裏腹に、その容貌は艶美にして華麗だった。
三十五歳独身。
熟し切った果実のように、甘く香り立つフェロモンを肢体から放散していた。

緩くウエーブのかかったダークブラウンの髪が、しなやかに背中へと流れている。
細い柳眉と長い睫毛に彩られた瞳は、
潤みがちな鳶色の虹彩を湛えて円らに見開かれている。

そして気品に満ちた鼻梁の下には、濡れた薄桃色の愛らしい口唇が、
これでもかと男の劣情を掻き毟って止まない。

(大人しく座ってさえいれば、どんな男だって放っておかないのに・・)

熟女好きな健太は、葉月の男勝りな性格を惜しんだ。

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」 第九章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております   


         「それってセクハラ?」



子供はいないが葉月はバツイチである。だがそれも頷けた。
一時は類稀な美貌に迷った男でも、
墓の中までその性格に虐げられたくはないだろう。
それはバツイチと聞いた誰もが、別れた夫に同情するほど暴力的だった。

始業のチャイムが鳴った。

「矢島君、ちょっとつきあって」

「ど、どこへ行くんですか?」

「いいから黙ってついていらっしゃい」

ぼんやり座っていた健太は慌てて葉月の後を追った。
コツコツとヒールの音を立てて廊下を歩く葉月の後姿に、
健太はゴクリと生唾を呑んだ。

スリムな長身の葉月だが、出ているところは遠慮なく出ている。
ぴったりとしたタイトスカートが包むヒップは、
キュッと締まって形のいい逆ハート型を保っている。

そしてスカートから食み出した太腿は、ムッチリと濃密で、
触ればトロトロと溶け出さんばかりに柔らかそうだった。

やがて葉月は階段を下り始めた。
健太が隣に並ぶと、視野の端で葉月の乳房が大きく上下に揺れている。

Dカップは優にある巨乳である。
特に体に密着したセーターを着られると、その豊かなフォルムが、
くっきりとせり上がって浮き出す。
しかもその男を狂わす柔肉が、惜しげもなくブルンブルンと弾んでいるのだ。

(こ、これは反則だよ)

セクハラを予防する立場の課長が、男の劣情を挑発することに疑問を抱きながらも、
健太は揺れる葉月の乳房から目を離せずにいた。

ふと健太は殺気を感じた。

「矢島君、一体どこを見ているのよ」

「い、いえ・・その・・別に・・」

健太は情けないほど動揺した。

「横目で私の胸を覗いていたでしょう。セクハラするなんて十年早いわよ!」

健太の後頭部に平手が飛んだ。

「す、済みません・・つい・・」

「ついじゃないわよ。セクハラに苦しむ社員を救うのが私達の仕事よ。
それなのに率先して君がセクハラしてどうするの?」

「・・・・」

「今朝は疲れ切った顔をしていたわね。
どうせ昨夜は遅くまで女と遊んでいたんでしょう」

「そ、そんな滅相もない」

健太はオロオロと慌てて首を横に振った。

「図星みたいね。ちょっと可愛い顔しているからって、のぼせ上がるんじゃないわよ。
女好きが一番セクハラ事件を起こし易いのよ」

「・・はい」

「いいこと、今度そんな目で私を見たら去勢するわよ!」

健太はしょんぼりと項垂れた。
熟女キラーの健太も葉月だけには形無しだった。

「ほら、いじけていないで早く来なさい!」

葉月はそうヒステリックに命じると、
階段を下りて地下一階にある部屋の扉を開けた。

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

「それってセクハラ?」第十章・・・(紅殻格子)

  ※ 小説を読まれる方へ・・・
    更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
    お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
    第一章からお読みいただけるようになっております   


           「それってセクハラ?」

十 

健太は後退りした。

「そこは女子更衣室じゃないですか」

「そうよ。君みたいなセクハラ男が憧れる聖地よ。早くいらっしゃい」

葉月は厭味っぽくそう言うと、途惑う健太を更衣室へ引っ張り込んだ。
ロッカーが壁一面に並べられた女子更衣室は、
五十人ほどが入れる広さで、中央にテーブルと十脚ばかり椅子が置かれていた。

始業ベルが鳴った後の更衣室は、
女性社員の姿もなくただがらんとするばかりだった。

葉月は椅子に腰を下ろした。

「着替えが見られるって期待していたんじゃないの?」
「い、いえ・・別に・・」

期待していたわけではないが、
そんな光景を漠然と想像していた健太は、虚を突かれて素知らぬ振りをした。

「ったく、どうして男はみんなスケベなの。脳味噌が精液でできているのかしらね」

ぶつぶつ文句をいいながら、葉月は健太を隣に座らせると、
封筒からコピー用紙を取り出して見せた。

そこには写真がカラープリンターで印刷されていた。
画質は悪いが、どれにも着替えをしている女性達が写っていた。

肌蹴たブラウスから覗くブラジャー、スカートを下ろした無防備なヒップ――
だがその下着姿を晒す女性達からは、
そのことに気づいていないような表情が見て取れた。

「こ、これは・・と、盗撮ですか?」

「そうよ。気づいたのはそれだけ?」

「う~む、他には・・ん、この女性は黒のTバックじゃないですか?」

今度は葉月の平手が健太の前頭葉を捉えた。

「お馬鹿! よく見なさい、この制服を」

写真を凝視して健太ははっと気づいた。
女性達が着ているのは、見まがうことのないヴィーナス化粧品の制服だった。
更に驚かされたのは、写真の中に顔見知りの本社女性社員がいたことだった。

「あっ、この更衣室だ!」

健太が思わず声を荒げたのも無理はなかった。
葉月が出した盗撮写真は、今いるこの更衣室が舞台になっていたのだ。

「やっとわかった? わが社の女子更衣室が盗撮魔に狙われているのよ!」

激昂した葉月がテーブルを叩いた。

「昨夜、暇つぶしでネットを見ていたら、偶然この写真を発見したの。
いかがわしい盗撮系サイトで、
『ヴィーナスの鍵穴』と言う名前で投稿されていたわ」

「如月課長、しかし、しかしですよ、どうやってこの写真を撮影したんでしょう。
男が女子更衣室に入れるわけないし、
覗き穴が空いているわけでもないですよ」

健太は部屋の壁や天井を注意深く見回した。

「君は単純ねえ。こんな至近距離で盗撮できるのは、
犯人が女だからに決まっているでしょう」

つづく・・・

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。