FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 「夜香木」 第一章・・・

    ※ 小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子      

一・ 

暖やかな陽射しの中、海辺に初老の男がひとり佇んでいた。
夏には海水浴で賑わうこの海岸も、梨の白い花が盛りの今は、
人影も疎らにしか見られない。
波静かな海面で乱反射する光の帯の眩しさに、金山和夫は目を細めた。


そして二,三度小さく頷くと、満足そうに微笑んだ。

(多少無理はしたが、ここに別荘を買ってよかった・・・)

和夫は胸のポケットのタバコを探ると、徐に火をつけた。

高度経済成長、そしてオイルショックを経て低成長時代へ――和夫は日本経済をひとりで背負うかのごとく、三十年間がむしゃらに働き続けた。

五十路を過ぎ、会社への減私奉仕の代償として、和夫は一流企業の部長という肩書きを手にすることができた。

しかし順調な会社人生も、和夫には先が見え始めていた。バブルの崩壊の不況を乗り切るために、会社はリストラと幹部の刷新を断行するだろう。

とすれば良くて子会社へ役員待遇で出向、悪ければ窓際の閑職に甘んじなければならない。

脇目も振らず会社人生を走り続けてきた和夫は、ふと路傍に立ち止まり、初めて歩んできた道を振り返って愕然とした。

(この三十年、私は会社のためだけに生きてきたようなものだ。
残業と接待の毎日、たまの休日も決まってゴルフ・コンペだ。
靴と神経を擦り減らし、己の体を犠牲にしてまで会社の為に働いてきた。

我々の年代では当たり前の人生観であり、これぞ日本人の美徳と称賛されるべき三十年のはずだった。

しかし時代は変わり、我々の世代のライフ・スタイルは過去の遺物となってしまった。

いやむしろ現代社会から敵視されていると言うべきか。
家庭生活からはお荷物扱い、頼みの綱の会社からも手の裏を返されたような冷遇・・・)

吐き出したタバコの煙が潮風にたなびき、青い空へ溶けていくのを和夫はぼんやりと目で追った。

(この日本人の価値観の変化は、戦後の軍国主義から民主主義への変節、それに匹敵するものかもしれない。それにしても日本人は何事においても切り換えの速い民族だ)

つづく・・・

 

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第二章・・・

    ※ 小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子      

二・
 
和夫は苦笑した。
そう言うと彼自身、会社人生が行き詰まると、すぐに新しい道を模索し始めた。
しかし、ゴルフ以外無趣味な和夫にとって、三十年間心血を注いだ会社に勝るものは、容易に見つからなかった。
 
そこで会社を離れたゆとりのある環境に身を置けば、何かやりたいことが生まれてくるだろうと考えた。そして僅かな貯えを頭金にして、風光明媚なこの海辺の地に、中古の別荘を購入したのであった。
 
(もう何もあくせく働く必要もない。これからの人生を、海を見ながらゆっくりと考えればいいんだ。妻と残された老後を、静かに送ることができれば・・・)
 
和夫は背後に人の気配を感じた。
 
「あなた」
 
振り向くと、春らしい白いブラウスに身を包んだ妻の美佐江が立っていた。
 
「来たのか」
 
「ええ、いいお天気だから」
 
美佐江は大きく手を広げ、海に向かって深呼吸をした。
ウエーブのかかった黒い髪が、潮風にふわりと靡いた。
若い頃から童顔だったせいか、今年四十二の齢を数えるが、
どう見ても三十半ばにしか見えない。
 
「あら? あれは何かしら?」
 
美佐江は眩しそうに左手で庇をつくると、右手の岬の突端を指差した。
そこにはこんもりとした木々の中に、春の陽射しを受けてキラキラ輝く建物があった。
 
「眩しくてよくわからないが、建物全体がガラス張りみたいだな。きっと温室か何かじゃないかな」
 
「ねぇ、天気もいいし、あそこまで散歩してみない?」
 
和夫は頷いた。
一週間の休暇届けを会社に出していたが、特別予定も入れず、美佐江と別荘でのんびりと過ごすつもりであった。 
 
緩やかな弧を描く白い砂浜は、岬に近づくにつれて、複雑な造形をした岩が現れ始め、磯部の光景に変っていく。
 
(こうして美佐江と散歩をするなんて、結婚以来始めてじゃないだろうか・・・)
つづく・・・

  

           

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第三章・・・

     ※小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子 

三・

和夫は半歩遅れてついてくる美佐江を、ちらりと振り返って見た。

和夫は三十歳の時、二十二歳の美佐江とお見合い結婚した。
年若いにもかかわらず、しっかりとした性格と落ち着いた物腰の美佐江に和夫は魅かれた。

魅かれたと言うよりも、会社人間の和夫には、家庭を託するにぴったりの女性に思えた。
美佐江はその期待通り、仕事中心で家庭を顧みない夫に文句も言わず、約二十年立派に切り盛りしてくれた。
息子もほとんど妻ひとりで育てあげ、今は親元を離れて関西の大学に通っている。

世の中の価値観が変わり、女性が社会的にも経済的にも強くなり、熟年離婚が増えてきている。
会社人生に見切りをつけた和夫にとっても、それは切実な問題だった。
この別荘を買ったのも、家庭をほったらかしにしてきた和夫自身の贖罪と、妻への償いの気持ちが込められていた。

(これからの残された人生は、美佐江と二人三脚で歩いていくんだ)

岩場をおぼつかない足取りで歩く美佐江に目を遣りながら、密かに和夫は心の中で呟いた。

つづく・・・

           

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第四章・・・

     ※小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子 

四・
 
松林の中、一本の小道が岬の先端へと続いている。
岬の中ほどの小高い丘を登ると、群青色の海が開けた。
 
「わあ、海がきれい!」
 
妻の美佐江は子供のようにはしゃいだ。
 
「岬の先は私有地みたいだな」
 
金山和夫は小道の先を指差した。
岬の小道は丘を下ると、鉄製の白塗りの門に通じていた。
生け垣で区切られたその先は、岬の突端まで一面の芝生が広がっている。
 
「あなたの言った通り温室だわ」
 
広大な芝生の上には、レンガ造りの瀟洒な洋館と、植物園にも引けを取らない巨大な温室が建っていた。
和夫と美佐江は丘を下ると、門の前まで歩いてきた。
背丈ほどの門扉の向こうに、陽射しに輝く温室の屋根が見える。
 
「きっと大富豪の別荘か何かよ。上には上があるものね」
 
美佐江はため息をついた。
 
「温室つきの別荘ってのも珍しいな。植物の手入れは毎日欠かせないだろうに・・・」
 
「たぶん住み込みの管理人がいるのよ。でもどんな花が咲いているのか、ちょっと中を見せてもらいたいわね」
 
その時、思いがけなく門扉が開くと、ひとりの少年が現れた。
年の頃は十五・六ぐらいだろうか、まだあどけなさの残る顔立ちをしている。
長い睫毛に覆われた愛らしい瞳、すっと通った鼻筋、ほんのり紅い薄目の口唇、そして透き通るような白い肌。
少年はまるで隠花植物のような密やかな微笑みを、その美しい白面に湛えていた。
 
「済みません。私有地とは知らなかったもので」
 
和夫は自分の子供ほどの年の少年に、ペコペコと頭を下げた。
どこか高貴な威厳を漂わせる美少年を前にして、和夫は無意識に卑屈な態度をとっていた。
 
「別に構いませんよ。宜しかったら温室をご覧になりますか?」
 
少年は期待を裏切らない澄んだ声で、貴族のような上品な話し方をした。
 
「ぜ、是非お願いします!」
 
美佐江は甲高い声で答えた。

つづく・・・

           

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第五章・・・

     ※小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子 

五・

和夫と美佐江は少年に案内され、ゴルフ場と見紛うばかりの芝生の上を、温室へ向かった。

「ここは別荘ですか?」

「ええ、元々は祖父が別荘として造ったのですが、今は私がひとりで住んでいます」

「ひとり暮らし?」

「はい、通学している高校がここから近いものですから、東京の家族とは離れて暮らしています。通いの家政婦さんに食事から温室の手入れまで、一切面倒を見てもらっているんです」

「それじゃ淋しいわね」

「ええ、でも慣れましたから・・・」

「この温室は?」

「祖父の趣味です。祖父は貿易商で、南方を中心に商いをしていました。
それで少しずつ熱帯の植物を集め始めたようです」

少年のやわらかい栗色の髪が、ふわっと潮風にそよいだ。
美佐江と少年の会話を聞いているうちに、和夫達は巨大な温室の前に辿り着いた。

「どうぞお入りください」

少年に誘われて、和夫は温室の中に足を踏み入れた。
むっとする高温多湿な空気が、じんわりと肌を包んだ。
そして濃い緑の匂いが鼻腔に押し寄せてくる。
和夫は南国へ旅行したことがなかったが、密林はこんな感じだろうと思った。

「まあ素敵!」

美佐江はあたりを見回して感嘆した。

「このあたりは果樹です。パパイア・サポジラ・パンノキ・マンゴ・バンレイシ・・・」

少年は歩きながら、肉厚の様々な葉の形をした樹木を次々と指差していく。
美佐江は和夫のことなどすっかり忘れたように、ぴったりと少年に寄り添い、しきりに相槌を打っている。

つづく・・・・
             

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第六章・・・

     ※小説を読まれる方へ・・・
       更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
       お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
       第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子 

六.

和夫はその後をひとりで歩きながら、見慣れない熱帯植物と二人の様子を代わる代わる眺めた。

(美佐江に熱帯植物の趣味があっただろうか?)

和夫は首を傾げながら、濃緑の森の中へ消えていく二人を追った。

「まあ、色とりどりの花・・・これはハイビスカスかしら?」

「ええその通りです。こちらの赤い花はブーゲンビリア。
この日本の藤にも似た黄色の花はナンパンサイカチ。
あそこの濃い紫色の花はコダチヤハズカズラ。そこのオレンジと青紫色の花は極楽鳥花です・・・ほら鳥の形に似ているでしょ」

温室の中央には小さな池があり、密林の中でそこだけが広場になっていた。

「これは・・・」

赤・黄・紫・橙・桃―ありとあらゆる色の花が咲き乱れている。
その熱帯独特の妥協を許さない原色の花弁、そして甘酸っぱいような芳香に和夫は目眩を覚えた。

「その池に浮かんでいるのが、有名なオオオニバスです」

静かな池の水面には、大きな緑のお盆のような葉が浮いている。

「本当に見事な温室ですな」

和夫は異国の幻想的な雰囲気に圧倒され、傍らに置かれているベンチに座り込んだ。

「いえ、インドネシアのボゴール植物園に比べたら、玩具みたいなものです」

少年は少しはにかんで俯いた。
この濃厚な植物群の中、淡い少年の表情を見て、和夫はいくらか安堵した。

「あの花は何ですか?」

和夫と少年の会話を断ち切るように、美佐江は温室の隅に植えられた小さな白い花を指差した。

「あれは夜香木です。熱帯アメリカ原産で、フィリピンでは『夜の貴婦人』と呼ばれています。花の匂いを嗅いでみて下さい」

美佐江はその小さな筒状の花房に、背伸びして顔を近づけた。

「あれ?全然香りがしないわ」

と言った途端、美佐江は足元のバランスを崩して、少年に凭れかかった。
咄嗟に少年が美佐江の体を庇って強く抱き寄せる。
白いブラウスに豊かな起状をつくり出している乳房が、少年の胸に押し当てられてひしゃげた。

「あっ・・・ご、ごめんなさい・・・」

美佐江は顔を真赤に上気させた。
少年も頬を赤らめたが、すぐに平静を装った。

「ええ、この花はその名の通り、昼間全く香りませんが、夜になると甘い香りを放つのです」

美佐江は少年の胸から慌てて離れると、よそよそしく夜香木を改めて見入った。

「よ、夜だけ花の香りがするなんて、不思議な花ね・・・「夜の貴婦人」・・・どんな香りがするのかしら・・・」

少年はもじもじしながら、小さな声で呟くように言った。

「宜しかったら・・・あの、また、ご主人と・・・夜に来ていただければ・・・」

美佐江はうっとりとした表情で、白い花房を飽きることなく見つめていた。

つづく・・・

          

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第七章・・・

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子 

七.

その夜、金山美佐江はベッドの中で、なかなか寝つかれずにいた。
体は疲れているはずなのに、不思議と神経は昂ぶり、まんじりともできない。

(昼間見た熱帯植物のせいかしら・・・?)

温室に咲き乱れていた原色の花々と、充満する濃緑の空気は、足を踏み入れた者の神経を昂ぶらせるのではないだろうか。

熱帯植物の中には、強壮剤や覚醒剤のような成分を持つものがあると、少年が言っていたのを美佐江は思い出した。

(きっとそうだわ。今夜珍しく夫が体を求めてきたのも、あの妖しい植物の強壮作用のせいだわ。・・・・でも・・・)

隣で高鼾で寝ている和夫を見て、美佐江はなまめかしいため息をついた。

夫の体を受け入れた後も、美佐江の体の奥に埋み火が残っていた。
それは初めて体験する体の火照であった。

(いつもはこんな感じにならないのに・・・)

美佐江はパジャマの上着の裾を手繰ると、ノーブラの乳房に手を当てた。
一児を育てあげた四十女の乳房は、若い頃の弾力こそ衰えたものの、その形はまだそれほど崩れてはいなかった。
美佐江はマシュマロのような感触を楽しみながら、敏感になっている小さな先端を摘んだ。

(ああ、おかしいわ・・・)

全身に電流が走り、下腹部が熱くなる。
美佐江は和夫と結婚するまで、男を知らなかった。
和夫は仕事に忙しく、新婚当初から今で言うセックスレス夫婦であった。
美佐江が体を求められるのは月一回ほどで、絶頂感を経験したこともなかった。子育てに追われるようになると、ますます和夫との夜の生活は疎遠になっていった。

しかし他に男も知らず、絶頂感も知らない美佐江にとって、それは当たり前のことであり、不満を感じてはいなかった。

(また濡れてきてる・・・)

しかし今夜は違った。
ほとんど愛撫もない和夫とのセックスでは、一度熾ってしまった女の火照りを鎮めることはできなかった。

つづく・・・・

    

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第八章・・・

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子

八.

 
美佐江は和夫に気づかれぬよう、そっとショーツの中に指を忍ばせた。
指先は淡い下草を通り、熱い肉裂に滑り込んだ。
 
(あん!)
 
肉裂の中に硬く尖った小さな蕾に指先が触れると、美佐江は声を殺して身を捩った。
その電撃が体の奥底に眠っていた女の本性を目覚めさせた。
 
硬く尖った蕾は女の嬉びを貪欲にむさぼろうと、指先と腰の動きを無意識に激しくさせる。
 
(き、気持ちいいっ。こんなの初めて!)
 
蜜壷から湧き出す愛液が肉裂に溢れ、クチュクチュと淫靡な音を奏でている。
心臓の鼓動は高鳴り、肌は赤く上昇し、呼吸も荒々しくなっていく。
 
やがて美佐江は体の奥で、何かが疼くのを感じた。
その疼きは徐々に激しくなり、体と心を支配していく。
 
(あう、子宮が痺れる・・・ほ、欲しい・・・入れて欲しいの・・・激しく突いて欲しい!)
 
美佐江は厳格な家庭に育ったこともあり、常に自らを良妻賢母たらんと律してきた。
それが美佐江の人生の信条であった。
 
しかし眠りから目覚めた女の本性は、そんな美佐江を嘲笑うかのように一匹の発情した雌に貶めるのであった。
 
しかも------
美佐江の子宮が求めている雄は、ひとりよがりな和夫ではなく、あの昼間出会った少年であった。
 
(あの子が欲しい・・・あの子に抱かれたいの・・・あっいい・・・突いて、強くう・・・)
 
息子と同じぐらいの少年に、犯される自分の姿を想像しながら、美佐江は指先を滾る蜜壷に滑らせた。
 
「あっ」
 
思わず美佐江の口から喘ぎが漏れた。
その声に反応したのか、隣で寝ていた和夫が寝返りをうった。
 
美佐江は手慰みを止め、夫の様子を窺った。
和夫は「う~ん」と唸っただけで、また鼾をかき始めた。
つづく・・・
    

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第九章・・・

      ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子

九.

美佐江はほっと安堵したが、少し気が削がれてベッドを下りた。
そして、海に面した窓のカーテンを開いた。

窓の外には、黄泉の国への入り口を思わせる暗黒の海が、ぽっかりと巨大な口を開けていた。

(あら?)

真暗な海の上に、ぽつんと小さな明かりがひとつ浮かんでいた。

(あれは昼間行った岬のあたりだわ。そうよ、温室の明かりに違いないわ・・・あの子が・・・あの子が待っているのよ。夜香木の香りを私に嗅がせたくて、あの子はこんな夜更けまで待っているんだわ)

そう思うと美佐江は居ても立ってもいられなくなった。
美佐江は和夫が相変わらず高鼾で寝ているのを確かめると、手速く着替えを済ませ別荘を出た。

砂浜に足をとられながらも、美佐江は懸命に走った。
少女の頃に戻ったかのように、胸のときめきを抑えながら、脇目もふらず岬の温室を目指した。

(会いたい・・・あの子に会いたい)

暗闇を恐れることもなく、スカートの乱れを気にもとめず、美佐江は少年に会いたい一心で走った。
松林を抜けて、少年の別荘の門前に辿り着く頃には、美佐江は肩で息をしていた。

門は開いていた。
まかり間違えば不法侵入だが、今の美佐江は理性さえ失っていた。
闇に浮かぶ光の多面体の前まで来ると、その美しさにしばし唖然として佇んだ。

「お待ちしていました、奥さん」

温室の扉がゆっくりと開くと、少年が現れた。
温室から漏れる明かりが、後光のように少年を包んでいる。
美佐江は走り続けた疲れと、少年が待っていてくれた嬉しさに、腰が抜けたように座り込んでしまった。

「どうぞお入りください」

少年は大胆にも美佐江の手を取ると、温室の中へ導いた。
熱帯の原色の花の彩りとむせ返るような濃緑の匂い、そして少年の手の温もりが、再び美佐江の体を燃え上がらせる。

「これが夜香木の香りです」

少年は盛んに甘く切ない香りを周囲に漂わせる白い花房を指差した。

「ああ・・・」

美佐江は喘いだ。

「奥さん・・・まさかひとりで来ていただけるなんて・・・」

額に垂れた前髪の間から覘く柳眉と切れ長の瞳に、美佐江は軽い目眩を覚え、ふらっと少年の腕の中に凭れた。

つづく・・・

 

theme : 官能小説
genre : アダルト

小説 「夜香木」 第十章・・・

              ※小説を読まれる方へ・・・
        更新記事は新着順に表示されますので小説を最初から順追って
        お読みになりたい方は、左のカテゴリー(各小説)を選択していただければ
        第一章からお読みいただけるようになっております ※

           「夜香木」 紅殻格子

十.

(・・・おや? ・・・・)

部屋の空気が動く気配を感じて、金山和夫は目を覚ました。
隣と見ると妻の美佐江の姿がなかった。
半開きのカーテンから窓の外を見ると、そこには昼間見た明るい青緑色の海はなく、恐ろしいほどの闇があるだけだった。

浜伝いの小道には、昔ながらの街路灯の裸電球のうら寂しい明かりが、まばらな間隔でぽつんぽつんと続いている。
和夫がカーテンを閉めようとした時、街路灯の円錐形の光の中を、人影が横切るのを見た。

(・・・? あれは美佐江じゃないか?)

和夫は急いで家の中を探したが、やはり美佐江の姿はどこにもなかった。

(まだ知人もいないこの土地で、しかもこんな夜更けに、行くところなど・・・まさか)

和夫は再びカーテンを開けて目を凝らすと、岬の先端に小さな明かりを見つけた。

(温室の明かりが灯っている・・・美佐江はあの明かりを見て・・・そ、そうか夜香木と言っていたな・・・しかしいくら珍しい植物だとしても、あの内気でおとなしい美佐江が、今日会ったばかりの少年のところへ・・・少年?)

和夫は慌てて身支度すると、別荘を飛び出して美佐江の後を追った。

思えば昼間温室で見た少女のようにはしゃぐ美佐江は、二十数年共に暮らしてきた和夫も知らない妻の一面であった。

(私は美佐江のことをどのぐらい理解しているのだろうか?)

和夫は美佐江との夫婦生活を振り返って、改めて愕然とした。

家事と育児・・・それが和夫にとっての美佐江の全てであった。
結婚以来、美佐江を優秀な主婦としてしか見ていなかったのである。
主婦という役割以外の美佐江に和夫は興味もなかったし、何も求めてはいなかったのである。

(美佐江は・・・・)

つづく・・・

            

theme : 官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。