FC2ブログ

『人外境の花嫁』四.黄昏時の掠奪者(三)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

四.黄昏時の掠奪者 (三)

麻美は昏倒している降矢木を覗き込んだ。

「実は先生に相談があって来たんだけど」

「降矢木君に相談? まさかうちの店を辞めて、降矢木君のところで働きたいと言うのではないだろうな」

降矢木ファーマシーがリタイヤした水商売の女を店長に据えて来た経緯を知っている秋月は、麻美が言った先ほどからの弱音に不安を抱いた。

同時に月絵も、強力なライバル出現かと内心色めき立った。

麻美は笑った。

「いつかは今の仕事ができなくなると思うけど、まだ社長のお店を辞めるなんて考えていませんよお」

秋月はほっと胸を撫で下ろした。

「そうか、それならいいが・・ならば降矢木君に何の相談があるんだ?」

「調べて欲しいことがあったの。死んだ母が残した手紙なんだけど・・」

「手紙?」

「私、先月、川崎の住まいを売り払ってこの近くへ引っ越してきたでしょう」

「ああ、野毛山辺りにいい物件があったと言っていたな」

「私達の商売なんて浮世の旅暮らしだから、普段は引っ越しの荷物なんかダンボールに入れたままだけど、秋月社長と巡り合えたおかげで、今度は長居ができると思って埃を被った荷まで解いたんですよ」

秋月はうんうんと嬉しそうに頷いた。

「ところが荷を開けていたら、亡くなった母宛の古い封書が出て来たの。母が大阪にいた頃にもらった封書らしいんだけど、開けてみたら子供の落書きみたいな絵文字ばかりで読めなくて・・」

すると、推理小説好きな畠山が脇から口を挟んだ。

「へえ、暗号みたいなものですか?」

「そうかもねえ・・大事に保管してあったから、母には意味がわかっていたと思うのよ」

「今、その手紙をお持ちですか?」

「ううん、家にあるの。明日は非番だから、先生を私のマンションへお誘いして解読してもらおうと・・」

その時、麻美は鋭利な刃物に似た痛みを背中に感じた。

鬼のような月絵の視線だった。

「で、でも、お取り込み中みたいだからまた出直して来るわね」

慌てて踵を返した麻美は、そそくさと降矢木ファーマシーを後にした。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』四.黄昏時の掠奪者(二)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

四.黄昏時の掠奪者 (二)

軽い脳震盪を起こした降矢木が、再びぐったりしてソファに横たわっている。

「自業自得です」

月絵は冷たく言い放ったが、甲斐甲斐しく降矢木の額に冷却シートを貼っている。

麻美は笑った。

「月絵ちゃん、先生が好きなのねえ」

「じょ、冗談じゃありませんよ。誰が乱交乱交と叫ぶエロ中年を・・それに先生は・・先生は麻美さんに気があるんですよ」

「私に?」

「だって先生ったら、麻美さんがお店に来るといつもウキウキしちゃって・・」

額だけでなく、顔中に冷却シートが貼られた降矢木の顔を、月絵は悔しそうな表情で睨みつけた。

麻美はふっと微笑んだ。

月絵の初心な恋心が羨ましかった。

遠い昔、胸を焦がすような恋をした頃が懐かしく思える。

「私はもうお婆ちゃんよ。ね、秋月社長?」

「ん、麻美は今年で三十五歳だろう・・まだ女としてはこれからじゃないか」

自分の店で働く看板熟女を秋月はさり気なく励ました。

麻美はソープ嬢である。

秋月が経営するソープランド『楽園』で働いている。

最近の若い男性客は、若いソープ嬢よりも熟女を好んで指名する。

麻美は『楽園』の熟女陣の中でも、とりわけ癒し系として人気があった。

「でも社長、裸で商売にするには、誤魔化しがきかない歳になっちゃったのよお」

自嘲気味に微笑んだ麻美は、ちょっとだぶつき始めた二の腕を摘まんで見せた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

四.黄昏時の掠奪者 (一)

降矢木ファーマシーを訪れた藤野麻美は、店内の異様な空気に一瞬身構えた。

「えっ、何かあったの?」

腑抜けた表情で座り込んだ降矢木を、三名の男女が強張った表情で見つめている。

すると突然、降矢木がむくっと立ち上がった。

「そして、もうひとつ」

アルバイト店員の吉水月絵が、慌てて降矢木が倒れないよう体を支える。

「乱交には、母系の共同体を維持する役目があるのだ!」

そう叫んで振り返った降矢木は、店の入り口に立つ麻美を認めた。

「せ、先生?」

「・・ふ、藤野さん」

降矢木は覚束ない足取りで、ふらふらと麻美に近づいた。

「・・いらっしゃいませ」

青白い顔をした降矢木は、そのまま麻美に向かってよろけた。

咄嗟に麻美は降矢木を抱きとめる。

ちょうど降矢木の顔が、胸の谷間をクッションにして埋まる恰好になった。

「先生、大丈夫?」

「ふぐぅ・・幸せです」

豊かな乳房に挟まれて、降矢木はトロンとした目で麻美を見上げた。

月絵が絶叫した。

「ああっ、何やっているんですかっ!」

憤怒の表情をした月絵は、背後から降矢木を羽交い絞めにすると、力任せに麻美から引き剥がした。

「つ、月絵君!」

勢い余った月絵は、そのまま降矢木を後ろへ放り投げた。

期せずしてバックドロップが炸裂した。

大技に仕留められた降矢木は、ごろごろと後転しながらショーケースの角に頭をぶつけた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』三.青楼街の偏執狂 (十九)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十九)

貧血だった。

慌てて月絵が駆け寄った。

「もう、先生ったら、エッチなことを考えると頭がおかしくなっちゃうんだから」

降矢木の背中を支えながら、月絵は静かにソファへ横たえた。

性は人間行動の原点である。

望めば大学教授にもなれる降矢木だが、男と女が紡ぐ性の深淵は、これほどまでに博覧強記の天才を魅惑して止まないのだろう。

月絵は青白い降矢木の顔を見つめた。

(・・先生)

そして秋月と畠山にわからないように、背中の肉をぎゅっとつねった。

USファーマシーには、毎日大勢の風俗嬢が顔を出す。むろん降矢木が通って知り合った女達もいる。

経営者の秋月のみならず、彼女達もちょくちょく降矢木へ相談事を持ちかける。

中には露骨に、降矢木の愛人になりたいとせがむ女もいる。

美男でもないのに悔しいほどもてるのだ。

痩せっぽちで頼りない遊び人だが、月絵もどこか降矢木を憎めなかった。

(憎めないだけ・・?)

そこまで自問して、月絵は慌てて首を左右に振った。

乱交などとんでもない変態行為である。

まだ性を知らぬ月絵だが、女は一人の男しか愛せない生き物だと信じている。

頭でっかちの降矢木は切ない女心を知らないのだ。

ぼんやりしている降矢木を諌めようとした時、不意に薬局の自動ドアが開いた。

「こんにちは、先生いるぅ?」

見ると、大きく肩と胸元を露出したワンピース姿の女が立っていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』三.青楼街の偏執狂 (十八)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十八)

だが畠山は首を傾げる。

「しかし先生・・現実的な話ですが、秘密クラブじゃ派手な宣伝もできないし、最初は人を集めるのが難しいでしょう?」

「そうだね、畠山君。最初は高級ハプバーとして営業してもいいんだよ。或いは軽めのヌーディスト・パブとか露出喫茶とかね。客待ちのソープ嬢を使って、単独男性が楽しめる世界をつくってもいい」

真面目な表情とは別人のように、降矢木は饒舌にイメージした世界観を語った。

そこは性の楽園である。

扉を開けると、バルネアと呼ばれた古代ローマ風の公衆浴場が見渡せる。

そこには一糸まとわぬ男と女が、思い思いに性の欲望に耽っている。

馴染のソープ嬢を連れた男達が、フロアで相手を替えながら乱交を繰り返す。

それを覗きながらソファで抱き合う素人夫婦。そしてその足許には、数人の単独男性が群がって自慰をしている。

やがて欲情した男達は馴染のソープ嬢に、単独男性への口姦や素人女性とのレズプレイを命じる。

3P、4P、スワッピングへと、絶えることがない喘ぎ声とともに、VIPルームは性のソドムへと化していく。

興奮した降矢木は急に立ち上がると、憑かれたように己の妄想を描写した。

「そう、これこそ性の楽園だよ。ソドムとゴモラ、まさに人外境の世界じゃないか!」

狂ったように降矢木は絶叫するや、脳内酸素を使い果たしたのか、青ざめた顔色でその場に座り込んだ。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』三.青楼街の偏執狂 (十七)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十七)

降矢木はにっこり秋月に微笑んだ。

「簡単ですよ。秋月さんが経営しているソープで、五回以上同じソープ嬢を指名したお客さんに、VIPルームへの入室権を与えればいいんです」

「VIPルーム?」

「ええ、そこは衝立や壁もない、如何なる性欲でさえも衆目に曝される場なのです」

しばらくぼんやりと降矢木を見ていた秋月は、そうかと叫んで膝を叩いた。

降矢木はメモ帳を出して、さらさらとVIPルームの間取りを書き始めた。

ソープの最上階フロアの壁をぶち抜き、巨大なオープン・スペースをつくる。

中央には健康ランドにも負けない浴槽を設え、カウンターバーやホームシアター、ヒリヤード台などの娯楽設備を周囲に設える。

「でも照明はやや暗くして、ちょっとした秘密クラブのような内装がいいでしょうね」

むろんソファとベッドは、仕切りもなくお互いから見えるアングルで無造作に置く。

秋月が唸った。

「うちのソープ嬢を抱くのに、個室ではなくオープンルームを使うわけか・・」

「そうです。これなら離婚覚悟で女房を口説かなくても、手軽に乱交の雰囲気を楽しむことができます」

「しかし五回以上指名する意味は?」

「乱交の面白さは、そのもの以外に、他人に女を寝取られるマゾヒズムが必要です。だからソープ嬢と親密さがないと、なかなか長続きしないと思います」

「そうか、疑似恋人を寝取られることで、逆に嫉妬という本物に近い恋愛感情を彼女達に抱くんだね」

秋月は感心したように頷くと、設備投資にかかる費用を計算し始めた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。





関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十六)


秋月は腕組みして唸った。

「人間にとって乱交が根源的な性欲であることはわかったが、商売としてはなかなか難しいんじゃないかな」

「そうですよ先生。カップル喫茶もハプバーも乱立気味ですし、実際に乱交するカップルなんて一握りですよ」

月絵と秋月の飼い犬と化した畠山は、嵩にかかって降矢木を攻めた。

ふんと降矢木は鼻で笑った。

「畠山君、そんなお安い発想だから官能小説誌は衰退していくのだよ。いいかね、読みたい人に読ませるだけでは先細りするばかりじゃないか。『奇譚クラブ』のように潜在的な性欲を掘り起こしてこそ、読者層が広がっていくんじゃないかね?」

「・・はあ、申し訳ありません」

「つまり秋月さん、今のカップル喫茶もハプバーも、顕在化した性欲しか取りこんでいないのです」

「顕在化した?」

「そこで乱交を楽しむのは、カップルも単独男性も大半が性に長けた経験者でしょう。アダルトビデオの普及から考えると、乱交したい性欲があっても実現できない潜在的な人々が、悶々としてこの世に埋もれているはずではありませんか?」

確かにと秋月は呟いた。

SMにしても露出にしても、自分の妻や恋人と実践できれば、誰もビデオや風俗に頼る必要はないだろう。

ましてや他の男に抱かれてくれと妻に切り出せる夫など、性欲を叶える以前に離婚を覚悟しなければならない。

「では降矢木君、具体的にはどのような仕掛けをつくればいいんだね?」

身を乗り出した秋月は、好奇心に目を輝かせて降矢木を見つめた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』三.青楼街の偏執狂(十五)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十五)

ぎゃっと言う悲鳴とともに、畠山は片足を抱えて飛び上がった。

「な、何故僕が・・」

月絵は空手初段である。

小さい頃から空手教室に通わされ、今もダイエットを兼ねて週一回は汗を流している。

「何てデリカシーがない男なのかしら。もういらいらしちゃう」

「あ、あの、月絵様、八つ当たりは・・」

「それと言っておきますけど、私は乱交なんて絶対厭ですからね。愛する男性は死ぬまで一人しかいません」

とばっちりを受けた畠山は、月絵の苛立ちを鎮めようと、ただひたすらにペコペコと頭を下げた。

降矢木は冷たい視線を二人に向けた。

「君達、五月蝿いよ。いちゃいちゃするなら外でやってくれんかね」

「きぃーっ!」

ぷつんと切れた月絵が襲いかかろうとするのを、畠山は必死で後ろから羽交い絞めに押さえつけた。

外野を無視して降矢木は秋月に語った。

「男性器の亀頭は、膣内に残された精液を掻き出すためのものと考えられています」

米国のゴードン・ギャラップ博士の実験によると、括れのない人工ペニスが、精液に見立てたコーンスターチを膣から35%排出したのに対して、括れのある人工ペニスでは90%の精液を膣外へ掻き出したと言う。

「おわかりですか。亀頭が持つ意味は、自分の子孫を残すために、直前に射精した男の精液を妊娠しないよう膣外へ出す働きがあるのです。つまり男性器の亀頭が、生物学的にも乱交があったことを証明しているわけです」

降矢木がそう語ると、秋月と畠山があっと小さな嘆声を漏らした。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』三.青楼街の偏執狂(十四)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十四)

月絵は思う。

(先生の頭はどうなっているのかしら?)

手品師が万国旗をするすると口から出すように、降矢木の博学は止まるところを知らずに溢れ出す。

降矢木は続ける。

「つい近年まであった嬥歌会の名残が盆踊りだよ」

かつて盆踊りは、農村社会において乱交の場であったと言われている。

それは閉鎖的な社会のガス抜きであり、共同体の結束を強める性の饗宴だった。

野外乱交である。

未婚の男女達はもちろん、この時ばかりは夫も妻も、隣家の夫婦と夜を徹して性に溺れたのだろう。

明治大正時代になると、風紀を乱すと言うことで、盆踊り禁止令が出たのだから間違いない。

ここで降矢木は真顔で畠山に問いかけた。

「更に傍証を生物学的に加えるなら、人間のオスについている生殖器は、何故先端が膨らんだ形になっていると思う?」

「はあっ?」

畠山は細い目を倍ほどに見開いた。

「月絵君はわかるかね?」

「し、知りません。そんなもの見たことがあるわけないじゃないですか!」

不躾な降矢木の質問に、月絵は耳まで真っ赤にして怒った。だが降矢木は月絵が逆上する理由がわからないようだった。

「ん、そうか・・だが物の形にはそれなりの意味があるのだ。今度彼氏に逢ったら、じっくりと観察してみた方がいい」

「んもうっ、彼氏なんかいません。先生なんか大っ嫌いっ!」

月絵はぷんと頬を膨らませると、腹いせに隣にいた畠山のふくらはぎを蹴飛ばした。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』三.青楼街の偏執狂(十三)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

三.青楼街の偏執狂 (十三)

畠山は腕組みした。

「う~ん、理屈はわかりますが・・」

「現代人の畠山君がそう思うぐらいだから、当時のキリスト教社会で起きた反発は想像に難くない。そこで文化人類学者は、未開地の風習を原始社会に見立てて調査した」

分厚い黒の眼鏡を押し上げて、降矢木は書物のページを捲った。

現実に一夫多妻や一妻多夫の婚姻形態は今も認められる。

前者は現在もイスラム社会やアフリカの民族に残っており、日本の側室や妾も制度的には同一である。

また後者はインドやチベットなど、アジア地域にその名残が見受けられる。

エスキモーには妻の貸し出しや交換する風習がある。

オーストラリアの原住民にはピラウル婚と呼ばれる風習があり、女性は夫以外にも男性と性交渉することが許される。

また南インドには、兄弟で一人の妻を共有する習俗もある。

戦後の日本でも、戦死した兄の妻を弟が娶る事実も数多くあった。

「これらは原始乱交時代の痕跡だが、直接的な事例となれば、未開地でなくとも枚挙に暇がないのだ」

そもそも世界各国で祭に乱交はつきものだった。謝肉祭の起源やバッカス祭はもちろんのこと、日本でも万葉の頃に嬥歌会(かがい)や歌垣と言った性の無礼講があった。

他妻に 吾も交らむ

わか妻に 他も言問へ

万葉集に出てくる筑波山の嬥歌会は、当時から祭での乱交が茶飯事であったことを物語っている。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5