FC2ブログ

『妻の娼婦像』 第四章

『妻の娼婦像』
FC2 Blog Ranking

(四)

しかし新規大卒者の就職も儘ならないこのご時世に、四十歳過ぎのリストラされた男を雇ってくれる会社など滅多にない。
何か特殊な技術や技能を持っていれば別だが、何の資格もない敬一にとって、今までの収入を維持できる就職先など皆無に等しかった。

「あなたはいつも難しい難しいって言い訳するけど、翔太に学校を辞めさせるつもり?それともこの家を売り払うつもりなの?」

「……」

晶子はヒステリックな口調に、敬一は堪えるしかなかった。
家庭での給料運搬人の地位を失った敬一に、反論する権利はない。

「仕事、仕事って遅くまで残業して、土日も会社に出てばかりいたのに、どうしてあなたが馘にされなきゃいけないの?」

晶子の呆れた表情が、暗に敬一の無能さを皮肉っていた。

「運が悪かったんだよ」

敬一は苦々しい顔をした。

「運? ふーん、私も結婚運が悪かったのかしら。結婚する相手を間違えたみたい」

ついに晶子の決め台詞が出た。
リストラ以降、晶子は敬一を慰め励ますどころか、自分の結婚運の悪さばかり嘆いていた。

「大企業のエリートだった人が、まさかリストラされるとはね。私も若かったから、男を見る目がなかったのね」

晶子は半ば自嘲気味に笑った。
妻は三十二歳、敬一よりも十も若い。
1児の母となった今も、まだ独身で通用する若さを保っている。

しかもその肢体からは人妻の成熟した艶を発散させていた。
結婚して十年、妻は美貌を保つと同時に、若い頃のわがままさも残していた。

(若い妻を娶った報いか…)

敬一は晶子とは別の意味で、人生の運の悪さを噛みしめていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『妻の娼婦像』 第三章

『妻の娼婦像』
FC2 Blog Ranking

(三)

敬一は食事と風呂を済ませ、リビングダイニングのソファに座ってテレビの電源を入れた。

「もう翔太は寝たのか?」

カウンターキッチンの椅子に座って子供の宿題に目を通している妻の晶子に声をかけた。

「ええ」

晶子は夫の問いかけに頭も上げず、そっけない返事をした。
敬一はぐっと缶ビールを呷り、煙草に火をつけた。

専業主婦の晶子は、一人息子の翔太の教育に余念がない。
今年七歳になる翔太は、大学まで一貫教育の有名小学校に通っている。
幼稚園から塾へ通い、難関を突破して入学した翔太を晶子は溺愛していた。

「今日の会社訪問はどうだったの?」

翔太の算数の計算問題をチェックしながら晶子が尋ねた。

「…感触は良くなかったよ」

敬一は口籠った。
リストラ以降、毎日のように繰り返される忌まわしい尋問の始まりだった。

「また駄目だったの」

晶子はふうっとため息をつき、やっとまともに、帰宅した夫の顔を見た。
その目は明らかに夫を軽蔑していた。

「あなた、いつまでも失業保険と僅かな退職金では暮らせないのよ。翔太の学費とこの家のローンだけでも、いくらかかると思っているの?」

「わかってる。しかし条件のいい再就職先となると、なかなか難しいんだ」

敬一は煙草を灰皿で揉み消した。

リストラの標的は圧倒的に中高年が多い。
理由は簡単だ。
若者より行動力が劣るわりに給料が高いからである。
確かに仕事への意欲を失ってしまった人間もいるし、新しい会社制度に適応しにくい人間もいるだろう。

しかし昭和四十年後期から五十年代の低成長時代に会社を支えてきたのは、今の中高年層に他ならない。
会社はその功績を無視し、過去の経験を切り捨てようとしているのだ。

リストラの影響はそれだけではない。
リストラされる中高年を目の当たりにした若者たちは、会社への信用と忠誠心を失うだろう。
大袈裟に言えば、日本を支えてきた勤勉な国民性は、ここに終焉を迎えようとしているのだ。

更に中高年のリストラが悲惨なのは、住宅費と教育費の捻出といった、家庭が最も金を必要とする時に収入を断たれることにある。

リストラされたから子供に学校を辞めろとは言えないし、住むところがないでは済まされない。
事実、私立学校を退学しなければならない生徒が増えているし、折角購入した家を手離さなければならない人もいると聞く。
まさにリストラは人生半ばの大厄である。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『妻の娼婦像』 第二章

『妻の娼婦像』
FC2 Blog Ranking

(二)

敬一は大手食品メーカーに勤務していた。
御多分に漏れずバブル経済の崩壊後、会社の業績は低迷していた。
しかし世界的にも名が通った大企業であり、景気さえ回復すればと高を括っていた。

ところが打開策として始めた新規事業への参入が命取りとなった。
新規事業のコスト増により、本業までが赤字に陥ったのだ。
経営陣は秘密裏に画策して、新規事業を外資系メーカーに売却するという荒治療に出た。

誰もが寝耳に水だった。
新規事業部の経理課の課長職にあった敬一も、プレス発表当日まで身売り話を全く知らずにいた。
動揺する社内は外資系の影に覆われ、雰囲気が一変した。
経営効率の改善が最優先課題となり、コスト削減が社命として下された。

企業における最大のコストは人件費である。
大幅な人員削減が発表された。
特に敬一が所属する経理のような間接部門は、真っ先に合理化の対象として目をつけられた。

会社の非情さを二十年めにして思い知らされたのである。

敬一はバスを降りると、街灯も疎らな暗い坂道を登り始めた。
雨は上がっていたが、夜道には湿った土の匂いが立ち籠めている。
まだ雑木林と畑が多く残る新興住宅地は、白い靄に包まれ深閑としていた。

敬一は息を切らせながら坂を登った。
四十歳を過ぎて体力の衰えを痛切に感じた。
悲鳴をあげる肉体が、会社への恨みつらみを一層掻き立てた。

(過去を恨んでも仕方がないか…それより一刻も早く再就職先を探さないと)

それが敬一の最大の課題だった。
しかし何の成果も得られないまま、今夜もこうして我が家の玄関まで戻って来た。

敬一は自宅の前で立ち止まった。
僅か三十坪ほどの小さな一戸建てである。
窓から漏れる明かりを見て、家族を守らなければという思いにかられた。

しかし今の敬一はその力を失っていた。 
何処かへ逃げ出したい衝動に駆られながら、敬一は大きく深呼吸をしてチャイムを押した。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『妻の娼婦像』  第一章 


 妻の娼婦像


隠されていた絵を見て敬一は愕然とした。
こんもりと形の良い乳房とくびれたウエスト
澄ましたその顔は確かに妻の晶子で―

『妻の娼婦像』
FC2 Blog Ranking

(一)

都心から郊外に向かう急行列車は、立錐の余地もないほど混雑していた。
互いに体を接着剤でつけられたように、身じろぎひとつできない。
夜八時、乗客のほとんどは帰路を急ぐサラリーマンだった。

大島敬一は吊革にぶら下がりながら、なんとかハンカチを取りだして額の汗を拭った。
梅雨時の満員電車は地獄だ。高温多湿で車窓は曇り、押し合う隣人の体温が気持ち悪い。
入り混じった安酒と下品な香水の匂いが鼻に突く。

不快な列車の中、乗客たちは羊のような従順さで黙って耐え忍んでいる。
幸運にも席に座れた者は、皆、頭を垂れて眠っている。

先ほどまで熱心に経済新聞を読んでいたOLも、今はだらしなく両脚を開いて船を漕いでいる。 座れなかった乗客は、駅売りの夕刊を開くことも寝ることも許されず、気の抜けたような顏で押し黙っている。

(皆、疲れているようだな)

心身ともに疲労のピークに達した乗客たち。
中でも四、五十歳の中年サラリーマンの疲れた姿に敬一はつい目を走らせてしまう。

この私鉄の沿線は新興住宅地で、乗客の多くはマンションや一戸建てを購入した住人である。
いくら地価が下がっても、サラリーマンの薄給で買える家は、都心から一時間半以上の通勤を伴う。
だがそんな僻地でも若くして家を持つなど並大抵のことではなく、定年間近にしてやっと手に入れた、ということも珍しくはない。

たとえ自分の城を構えても、住宅ローンが死ぬまで重い足枷となる。
ローン返済のためには、会社にしがみくしかない。

手当のつかないサービス残業を快く引き受け、休日も上司の下手くそなゴルフに拍手を送る。
こうして一生を会社に捧げた報酬が、狸の縄張りを荒らすような場所に建てたマッチ箱の家一つなのだ。

しかし敬一はそんな彼らを羨望の眼差しで見ていた。 
激務に疲れ果てた表情の中には会社を担う自負が、しょぼくれた背中に家族を養うプライドが滲んでいた。

(それに比べて…)

漆黒の車窓に写る自分の姿に、敬一は我が目を疑った。
周囲の乗客たちと同じ背広姿なのに、自分だけがどこか煤けて見すぼらしく見えた。

錯覚かもしれないが、乗客たちは敬一が既に自分たちの仲間ではないということを見破っているように感じられた。 
ふいに敬一は深い孤独感に襲われた。

半月前、敬一は二十年務めた会社を解雇された。
リストラである。 
四十二歳、小学校に通う子供を抱え、敬一は毎日のように職安通いと採用の面接を繰り返していた。

(惨めな社会の脱落者か)

乗客たちの冷たい視線が背中に刺さり、嘲笑う声が聞こえるようにも感じる。
敬一は軽蔑と侮辱の幻影に堪えながら、一刻も早く駅に着かないかと思った。

駅に列車が着くと、敬一は逃げるようにバス停まで走った。
そして停車しているバスの後部座席の隅に身を隠した。

(まさか自分がリストラされるとは…)

敬一は車窓を流れる街並みを横目に呟いた。
新聞、テレビが騒ぎ立てているリストラが、敬一自身に降りかかろうとは夢にも思っていなかった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『姦  計』 最終章

『姦  計』
FC2 Blog Ranking

(十五)

片倉はパソコンの電源を入れ、メールを開いてみた。
しかし綾子は家を出る前に過去のメールを全て消していっていた。

(ならば…)

次に片倉は登録されているアドレスをチェックした。
ここまでは綾子も手が回らなかったようだ。

悪夢は的中した。

(takeyuki umeno…梅野武彦)

そこにはライバルのメールアドレスが登録されていた。

片倉の頭の中で、不可思議なパズルが組み上がった。

梅原と松村はつながっていたのだ。

そう言えば関内のクラブで友紀の名を告げた時、松村の顔が一瞬歪んではないか。

片倉と同じように、梅野は過去に松村の病院を担当していたのかもしれない。

或いは狭い業界のこと、何かの講演会で一緒になったのかもしれない。

いずれにしても友紀を誘惑するように片倉から頼まれたことを、松村は梅野に注進したのだろう。
そして梅野は片倉の提示した額を上回る報酬を提示したに違いない。

片倉が松村のマンションを訪れた夜、松村がカメラを操作していないなら、あの写真の角度からすれば、梅野自身がクロゼットに潜んで撮影していたのだろう。

(妻を犠牲にして俺の写真を?)

無論その写真を人事部に送ったのも梅野だろう。
片倉の息の根を止めるためだ。
友紀はアイマスクをしていたから、誰も梅野の妻だとはわからない。

(いや、それだけではない―この写真を綾子に送ったのも間違いなく梅野だろう)

もしプライドの高い綾子がこの写真を見れば、間違いなく片倉の元を去ると梅野はわかっていた。

つまり梅野は綾子を片倉から取り戻す腹だったのだ。
アイマスクの女が自分の妻であると告げ、片倉を非難すると共に同情を買う作戦に出たのかもしれない。

或いはメールを交わしていた事実から考えれば、梅野と綾子は以前から不倫関係にあったとも考えられる。

であれば、今度の姦計は二人の共謀の可能性もある。

パソコンに映る梅野の名を前にして、片倉はがっくりと膝を折った。

(肉を斬らせて骨を断つ……か)

片倉が梅野に浴びせた一撃は、梅野にかすり傷を与えただけだった。

ところが梅野はそれを利用して、一石二鳥を狙った姦計を仕掛けてきた。

片倉の失脚、そして綾子の再略奪。
その姦計に片倉は見事に骨を断たれたのだ。

(今頃、綾子は梅野と…)

片倉は窓の外に目を遣った。
そこには相変わらず星屑を撒き散らしたような港の夜景が広がっていた。

―閉幕― 

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『姦  計』  第十四章

『姦  計』
FC2 Blog Ranking

(十四)

深夜、一時。
今にも倒れそうな足取りで、片倉はマンションのエレベーターに乗り込んだ。

泥酔していた。

片倉は会社にほど近い小汚い居酒屋で、閉店まで一人飲んでいた。

今日、片倉は人事部長から、いきなり札幌支店釧路出張所への移動を命じられた。
しかも課長から係長への降格人事だった。

寝耳に水の片倉は理由を聞いた。
しかし人事部長は、自分の胸に聞けと激怒するばかりだった。

片倉は混乱した。
支店長昇格どころの話ではない。
しかし降格されるような落ち度も思いつかない。
業績も順調に推移している。

片倉は左遷される理由すらわからないまま、失意のうちに悶々と酒を呷ったのだった。

何とか自力で家まで辿りついたが、妻の綾子は不在だった。
綾子が遊びに出かけていていないのは珍しくないが、午前一時では遅過ぎる。

片倉は覚束ない足取りで、壁伝いに綾子の姿を探して回った。
綾子の部屋を開けて照明をつけた時、片倉は一気に酔いが醒めていくのを感じた。

パソコンが置かれた机の上に、カラープリンターで印刷された写真が載っていた。

(な、何だこれは!)

片倉の写真を持つ手が震えた。
それはアイマスクをした全裸の女が、四つん這いで犯されているのを正面から撮った写真だった。
言うまでもなく女は友紀で、男は片倉だ。
写真のピントは、鬼のような形相で女を背後から責める片倉の顔に合っている。

そして写真の裏には、
『これが私を抱けない理由?後で離婚届けを送ります』と、綾子の走り書きがあった。

片倉は思わず写真を丸めて投げた。

(ちくしょう、松村に嵌められた…)

脳裏で松村の男前の顔が、厭味たっぷりに笑った。

(しかし…松村…)

あの夜、片倉が友紀を犯している間、松村におかしな行動は見られなかった。
ずっと片倉と友紀の行為を眺めていただけで、カメラで撮影している気配など全くなかった。

(それに…)

松村が片倉の陥れたところで、何ひとつ得をすることはない。
むしろ報酬の百万円の交際費をみすみす損するだけだ。

(辻褄が合わない)

片倉は冷静に考えた。

誰が撮ったかは別にして、もしこんな写真が人手に渡り、会社中に広まりでもしたら大変なことになる。

(ま、まさか…)

ふと片倉の脳裏に悪夢が過ぎった。

(今回の左遷は、この写真が理由なのか―?)

妻がカラープリンターで打ち出したのは、この画像がメールで送られてきたからに違いない。
ならば送り主からのメールが残っているはずだ。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『姦  計』 第十三章

『姦  計』
FC2 Blog Ranking

(十三)

片倉は友紀の髪をつかみ、肉茎が喉に突き刺さるぐらい激しく揺さぶった。

「もっと舌を使え!」

片倉はそう命令すると、縄で絞り出された乳房を一層強く握った。

「ああっ!許して」

悲鳴に近い声を友紀はあげた。

「松ちゃん、縄を解いてくれ」

狂ったような片倉の激情に、妖花を弄んでいた松村は怯えたように縛めを解き始めた。

藤の椅子から崩れ落ちる友紀。

片倉はその友紀を四つん這いにするや、一気に背後から猛り狂った肉茎を押し込んだ。

「あうぅ…入ってきたぁ…」

友紀は片倉の挿入とともに、上半身弓なりに反らせた。
友紀の熱い淫蜜が馴染んでくると、肉がきつく擦れ合う感触は、滑らかで心地よい抱擁感へと変わっていく。

妻の綾子よりも肉づきのいい友紀は、その花芯もむっちりとした締まりの良さがあり、片倉を、奥へ奥へと呑み込んでいく。

片倉は友紀の大きな尻を掻き抱いたまま、ただひたすら突いた。

「激しすぎる…壊れちゃうぅ…」

友紀は髪を振り乱して絶叫した。

クロゼットの前に置かれた姿見が、片倉と友紀のまぐわいを正面から映している。
その姿は最早人ではなく、獣の雄と雌だった。

友紀に課せられた黒いアイマスクが、片倉のサディズムを奮い立たていく。

「いい、気持ちいいっ!」

片倉は友紀の喘ぎに合わせて、そのゴムマリのような尻を激しく掌で叩きながら、肉茎の出し入れのスピードを上げた。

「も、もう…だめ…ああ、いくぅぅ」

友紀は全身を震わせると、四つん這いのまま動かなくなった。

片倉はその突き出した尻に、征服の証である精液をぶち撒けた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『姦  計』 第十二章

『姦  計』
FC2 Blog Ranking

(十二)

Eカップはある乳房は、三十五歳という年齢もあり、やや垂れ気味であることは否めない。
しかし子供を育てていない乳首は、まだ子供のように小さいままだった。

その豊かな膨らみの上と下、そして谷間をきつく縄でたすきがけされ、破裂寸前の風船のように乳房は歪に腫れ上がっていた。

片倉はパンパンに張った乳房の頂点を指で摘まんでみた。

「ああん…」

圧迫されて敏感になった乳房は、友紀の体中に甘い電流を流したようだった。

「何だ、片山に触れられて感じているのか」

松村は意地悪い口調で友紀を詰った。

「ああ、文彦さん、許して…でも…」

「うるさい。そんな淫乱女はこうしてやる」

松村は友紀の無防備な陰部に顔を近づけ、淫蜜に濡れた妖花を舐め始めた。

「ああっ、いいの…」

片倉に乳房を、松村に妖花を弄ばれ、友紀は頬を赤く上気させて喘いだ。

「おい、片山。口寂しそうだから、くわえさせてやれよ」

松村の言葉に一瞬躊躇したが、もう異常な性の興奮には逆らえない。

妻の綾子を前にして無様に委縮していた肉茎が、嘘のように激しく脈動している。

片倉は下半身裸になると、火傷しそうなほど熱をもった肉茎を友紀の口元に押しつけた。

すっかり理性を失った友紀は、パブロフの犬さながら片倉をくわえこんだ。

「うう、うう…」

松村に敏感な肉芽を舐められ、体の底から湧きあがる声にもならぬ友紀の唸りが、肉茎を通して伝わってくる。

片倉は強烈な征服欲に酔った。

(俺は梅野に勝った!)

友紀の体を蹂躙することで、夫の梅野を虐げる幻想に駆られた。
いや、幻想ではない。
ここまで友紀を手懐けることができれば、松村がアイマスクなしで彼女の写真を撮れるのも時間の問題だろう。
それさえ入手すれば、梅野の失脚も間違いない。
小躍りしたいほどの歓喜が片倉の全身に漲った。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『姦  計』  第十一章

『姦  計』
FC2 Blog Ranking

(十一)

目は隠されて見えないが、女は間違いなく友紀のようだ。
松村はわざと音を立てて扉を閉めた。

「文彦さん、誰か来たの?」

アイマスクで目隠しされた友紀は、頭を振りながらもどかしそうに聞いた。

「いいじゃないか。誰が来たって」

「良くないわ。こんな姿を人に見られたら、もう生きていけないわ!」

松村は項垂れる友紀に近づくと、その耳元で冷たく囁いた。

「実は僕の友達を呼んでおいたんだ」

「いやっ!酷いわ、文彦さん」

友紀は必死にもがいたが、縄が柔肌に食い込むだけで身動きひとつできない。

「片山、紹介するよ。この淫乱な女の名は梅野友紀、れっきとした人妻だ」

松村は片倉を偽名で呼び捨てにしたことを目で詫び、友紀の方へと手招きした。

「ど、どうも、片山です」

片倉は緊張しながらも松村の芝居に乗らざるを得なかった。
友紀は顔を背けて答えようとしない。

「そんなに怒るなよ。片山は安心できる男だよ。今夜はたっぷり二人で可愛がってやるからさ」

「嫌よ。私は文彦さんが好きだから、こんな恥ずかしい格好だってしているのよ。淫乱女なんかじゃないわ!」

「ふうん、淫乱じゃない…ね」

松村は含み笑いのまま、友紀の前にしゃがむと、露出した妖花を指先で撫でた。

「あうっ」

友紀はピクリと全身を震わせた。

「淫乱じゃないと言い張る割には、ここはおもらし状態だな。片山、ほら、もっと近くで見てみろよ」

「いや、酷い」

友紀は片倉の視線を感じるのか、剥き出しの妖花を隠そうと、必死に両脚を閉じようとしている。
しかし動こうとすればするほど、深い草叢に開いた黒赤色の花弁は、熱帯の密林に咲くラフレシアのように、グロテスクな突拍子さを想わせてしまう。
しかも、その花芯からは、おびただしい淫蜜がだらだらと流れ出している。

「これはすごいな」

片倉は思わず自分から声を出した。

「ああ、お願い…見ないで…」

先ほどまで気丈だった友紀は、最早マゾヒストのような言葉遣いにかわっていた。
松村は唖然とする片倉の耳元で囁いた。

「この女、かなりの淫乱ですよ」

どうやら松村が片倉をマンションへ呼んだのは、友紀の貞淑とはほど遠い女だということを教えたかったかららしい。
あの密約を交わした夜、友紀が貞淑で口説けないと片倉が話したからだろう。

片倉は改めて近くで友紀の肢体を近くで食い入るように眺めてみた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『姦  計』 第十章

『姦  計』
FC2 Blog Ranking

(十)

港湾都市横浜も一歩内陸に入ると、多摩丘陵の面影を残す風景が広がっている。

こんもりとした雑木林の丘は、鶴見川岸に拓けた田畑に入り組み、近郊の近代的は家々をも融和して、見事な田園都市をつくりあげている。

夕暮れ、夏の終わりに嘆くヒグラシの声を浴びながら、片倉は松村の待つマンションへと車で向かっていた。

密約から半月、片倉は松村に突然呼び出しを受けた。

松村は一晩で友紀を落としたと豪語した。
病院で友紀に声をかけると、何の躊躇いもなく食事につきあってくれたという。
そして、その晩、友紀の方からホテルへ行きたいと誘われたらしい。

片倉としては、友紀の淫らな写真を送ってもらえればそれで事は済む。
しかし松村はよほど上手く友紀を手懐けたのか、それとも報酬の増額を要求したいのか、写真を撮る前に成果を見せたいと言い張った。

写真を手にするまでは臍を曲げられては困るので、片倉はやむなく松村に従った。

片倉は松村の部屋のチャイムを押した。

「ああ、片倉さん、お待ちしていました」

招き入れようとする松村を、片倉は玄関の外へ引っ張りだした。

「松ちゃん、僕は面が割れているんだ。彼女に会ったらばれてしまうよ」

「大丈夫ですよ。彼女は目隠しをしていますから、誰が来たかわからないはずです」

松村は片倉の心配をよそに、一人暮らしのマンションに案内した。
部屋は独身男には勿体無い立派な3LDKだった。
交代で女たちに掃除させているのか、廊下に塵ひとつ落ちていない。

松村は人差し指を口に当て、片倉に声を出さないよう注意し、リビングの扉を開けた。

(あっ!)

片倉は松村が声を出さないよう身振りで伝えた意味がわかった。

十畳を越えるリビングの中央には、藤でできた一人がけのリクライニングチェアが置かれていた。

その椅子にはアイマスクをした全裸の女が座っている。

否、座っているのではない。
よく見るとバストとウエストには縄がかけられ、椅子の背凭れに縛りつけられている。
そして両脚は椅子の肘掛にM字型で固定され、性器が剥き出しになっている。

その光景は床の間に置かれた一輪挿しにも似ていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 淫らな肉体
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5