FC2ブログ

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十七)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十七)

なおも子猿の巨刀は静江を蹂躙する。

「ああっ、許して・・奥に当たるの・・ひいぃ、子宮が押し潰されるうう・・」

静江は大きく息を荒げて、子猿の逞しい巨刀を必死に受け入れている。

「ああっ、ダメっ! ダメよ。はぐぅ、オシっこ、出ちゃうぅ!」

子猿が巨刀を抜いた刹那、静江の陰部から激しく尿が迸った。

「あ、あぐぅ・・んんん・・」

尿を撒き散らした静江は、全身を間欠的に痙攣させて意識を失った。

「こりゃ凄い潮吹きだ。ご主人、奥さんはいつもこんな逝きっぷりなのかな?」

子猿は顔まで飛び散った尿を舐めながら、真っ青な顔で静江を見守る一樹に尋ねた。

「こ、こんな妻は・・ああっ」

茫然とした態で答えた一樹は、急に腰をカクカクと前後に動かし始めた。

副支部長の強烈な口姦が続いていた。

肉茎の根元を指でしごきながら、パンパンに赤く膨張した先端を、副支部長は窄めた口唇でちゅうちゅう吸っている。

「あっ、副支部長・・も、もう・・」

「いいのよ、根岸君・・私の口にいっぱい出して・・濃いチンポ汁をお口に頂戴っ!」

一樹は眉間に皺を寄せ、天井を見上げて懸命に堪えていたが、ぶるっと上半身を震わせると獣のような咆哮を放った。

「ああ、いっぱい出してくれたのね・・美味しいチンポ汁だわ・・」

副支部長は一樹の尻を撫でながら、口に注がれた精液を何度も咀嚼して、満足気な表情で呑み込んだ。そしてまだもの欲しそうに、肉茎に留まっている残液を執拗に吸い続けるのだった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結

人気ブログ「官能小説」ランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十六)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十六)

子猿がゆっくりと腰を動かす。

「くくくっ、始めは拒んでいても、一度くわえこんでしまえば、女の体は自分から迎え入れようとするんだ」

徐々に腰の振幅を大きくしながら、子猿は静江との交接点を見つめた。

窮屈そうだった陰部から愛液が溢れ、子猿の巨刀がてらてらと光沢を帯びていく。

ぐったりしていた静江が、突然全身を小刻みに痙攣させ始めた。

「あ、あっ、ああっ・・」

子猿の動きにシンクロして、間欠的に漏れる静江の喘ぎ声が大きくなる。

静江は何度も左右に頭を振ると、瞳に涙を湛えて一樹を見つめた。

「・・あなた、私、私・・許して・・」

「し、静江」

それが、十年も連れ添った静江が、最期に見せた妻としての顔だった。

子猿の動きが速まる。

「奥さん、ご主人が見ているからって我慢しなくてもいいんだよ」

ついに子猿の巨刀が奥深くまで杭打ち込まれた。

「あぐぅ・・ダメ、ダメよ・・こんなの初めて・・おかしくなっちゃうぅぅ・・」

子宮を突かれるような感覚に、堪らず静江は子猿の腰に腕を回して縋りついた。

支部長が二人の交接点を覗き込んだ。

「見ろ、なかなか締まりのいいマンコだ。子猿の巨根を離すまいと、マンコの襞肉が絡みついているぞ」

すると集まって来た幹部達は、静江が子猿に犯される様を車座になって取り囲んだ。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結

人気ブログ「官能小説」ランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十五)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十五)

跪く静江の前で子猿は仁王立になった。

「私を受け入れなさい」

「・・ああ」

蛇に睨まれた蛙の比喩さながら、静江は憑かれたように巨刀の先端を口に含んだ。

「うっ、んぐぅ」

顎が外れんばかりに開いた口唇に、青い血管が絡みつく赤黒い醜根がねじ込まれるが、それでも子猿の巨刀は半分も納まらない。

「し、静江・・」

涎を垂れ流して時折白目をむく静江を、顔面蒼白な一樹は脚をがくがく震わせながら見守るしかなかった。

子猿は静江を仰向けに寝かせて覆い被さった。

「さあ、亭主の前で天神会の女になるんだ」

そう言い聞かせると、子猿は静江の両脚を大きくV字に開いて体を合わせた。

その名の通り、静江の巨尻の前では小柄に見える子猿が、不釣り合いな巨刀をゆっくりと沈めていく。

「あっ、入って来る」

反り返った先端の肉球が宛がわれると、静江の陰部は徐々に圧力で歪んでいく。

「ぎゃっ!」

まるでカラスが縊り殺されるような断末魔が迸った。

子猿の先端が静江の下腹部に消えている。

半開きの口唇を痙攣させた静江は、大きく見開いた瞳で天井を見つめている。

副支部長が一樹の肉茎から口を離した。

「あら、妻のオマンコが犯されたぐらいで、そんなにショックを受けるんじゃないの。これからこの女は、根岸君が見ている前で男全員に輪姦されて精液塗れになるんだから」

口許に笑みを浮かべた副支部長は、すっかり萎えてしまった一樹の肉茎を手でしごき始めた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結

人気ブログ「官能小説」ランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十四)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十四)

まず子猿は横浜支部長に一礼した。

「支部長、今宵は素晴らしい妙適の儀にお招き戴き有難うございます」

冥適とは『般若理趣経』にある男女の性交ですと背後からミーアが囁いた。

「うむ、お主は麻美様をアヤタチ様の許へお送りする役目、ここ横浜へ来られたのも何かの縁だ。我々もアヤタチ様直属のお前と妙適の儀ができるのは、この上もない幸運であると思っている」

どうやら子猿と呼ばれる男は、天神会の支部組織に属さず、アヤタチの勅命で全国を自由に動く遊撃隊のようなものらしい。

階位こそまだ低いが、将来を嘱望されているのかもしれない。

支部長は子猿を横に立たせると、その巨刀をまじまじと見た。

「皆の者、見よ。噂通りの逸物だ」

横浜支部に在籍する上級幹部の目が子猿の股間に注がれた。

「ほう、あのような逸物は初めて見るな」

「先日も上野公園で犯された女が、親の財産まで寄付して天神会に入信したと聞くが、あれで突かれてはもうどうにもならんだろう」

平伏して支部長達の性戯を見ていた幹部達は、口々に二十センチを超える子猿の巨刀を称賛した。

一心に支部長の凶刀を拝呑していた静江も、副支部長にくわえられている一樹も、目の前にそそり立った逸物に目を白黒させている。

支部長は股間から静江を離すと子猿に委ねた。

「南無奉献吉祥歓喜天。すべてを捨てよ。すべてを分かちあえ」

子猿は双身の歓喜天に向かって唱えるや、その巨刀を静江の眼前に差し出した。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結

人気ブログ「官能小説」ランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『紅殻格子のつぶやき』26

『紅殻格子のつぶやき』 26
FC2 Blog Ranking

書いたり書かなかったり、気まぐれなブログにおつきあい頂き有難うございます。

家内が亡くなったり自分が癌になったりと、生活の不安定な日々が8年近く続き、なかなか真摯に小説と取り組むことが出来ずにいました。

最近、ふとしたことから一遍上人の生き様を知り、欲と言い訳に塗れた己を改めて自覚した次第です。

「脾肉の嘆」ではありませんが、余計な贅肉を捨ててこそ、第4コーナーを回った人生において己の真実が見えて来るのかもしれません。

頭に浮かぶ妄想の世界を書き残したい・・今は邪念もなく、それだけが自分の務めなのだと考えています。

現在、『人外境の花嫁』を再筆していますが、まだいくつか過去の作品もあるので掲載していく予定です。

あれほど長く休んでいたのに、毎日100に近い閲覧者の皆様がいてくれることに深謝しています。

これからも宜しくお願い致します。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十三)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十三)

一樹はうっと呻いた。

「ああ、勿体ない・・副支部長様が私如きの穢れたものを・・」

「根岸君、私はあんたが天神会に入った時から、共にアヤタチ様の下僕になれると思っていたんだよ。一心同体になれる日を待っていたんだよ」

四つん這いなった副支部長は、膝立ちした一樹の股間に顔を埋め、妻の静江に見せつけるように、肉茎を摩りながらゆっくりと口に含んだ。

すると静江に凶刀をくわえさせていた支部長が、副支部長の儀礼服の裾を捲り上げた。

痩せぎすのオールドミスに似た副支部長の尻が露になった。

妻の静江とは比べようもない貧弱な尻だが、その谷間に潜む陰部は既に食虫植物のように、てらてらと滑って獲物を狙っていた。

「ん、はあ・・」

ちゅばちゅば音を立てて一樹の肉茎を吸いながら、副理事長は高く掲げた尻を振った。

「おう、もうマンコ汁が溢れているぞ。五十近くなっても若い男好きは変わらないな」

「はぐぅ・・あんたに言われたくないね。あたしの体で散々いい想いしてきたくせにさ」

古くからの仲間なのか、ぞんざいな口調の支部長は、ピシャと副支部長の尻を叩いた。

「根岸、この淫乱ババアをたっぷり可愛がってやるんだ」

「は、はい」

副支部長に肉茎をくわえられた一樹は、支部長の命令に答えつつも、隣で支部長の肉欲に奉仕する静江が気になるようだった。

支部長が子猿を呼んだ。

「お主のもので狂わせてやれ。静江が永遠に我々から逃れられないように」

子猿は立ち上がると、儀礼服を脱いで反り返った巨刀をビュッとひとしごきした。

一樹はその大きさに目を見張った。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結

人気ブログ「官能小説」ランキング

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十二)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十二)

ぼってりと迫り出した腹の下で、支部長の凶刀はすでに天を衝いていた。

「支部長様・・」

根岸夫婦は躊躇いながらも、並んで支部長の足許に跪いた。

顔が強張る夫の前で、妻は恐る恐る支部長の凶刀を握った。

「恐れなくてもいい。今宵からお前は天神会幹部全員の妻となるのだ」

「で、でも・・」

「ふふ、わしはずっとお前の体に目をつけていたんだぞ」

支部長は静江の髪を鷲づかみにすると、いきり立った凶刀を口に押し込んだ。

「ん、んぐぅ・・支部長様・・」

どす黒い剛棒が、薄くルージュをひいた口唇から見え隠れする。

静江は瞳を閉じて、支部長の肉棒に舌を絡めて吸っている。

「し、静江・・」

支部長の性器をくわえさせられる妻を、夫の一樹は生唾を何度も飲み込みながら見つめた。

そこへ緋色の儀礼服を着た女が近づいてきた。

もう五十近い女だった。

「根岸君、やっとこちらの世界に来られたんだね」

「ふ、副支部長様・・」

学校の校長然とした副支部長は、品のある白髪に細めの眼鏡をかけている。

「悪い子ね。妻が支部長のものをしゃぶる姿を見て、こんなにチンポを大きくしちゃっているじゃない」

副支部長は硬くなった一樹の肉茎を優しく摩ると、舌舐めずりしながらその先端に口づけした。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十一)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十一)

儀礼服を着た男女十名ほどが、支部長に倣って歓喜天像に平伏した。

「南無奉献吉祥歓喜天」

「オーム・シュリー・ガネーシャーヤ・ナマハ」

「南無奉献吉祥歓喜天」

「オーム・シュリー・ガネーシャーヤ・ナマハ」

子猿もミーアも、他の幹部とともに平伏して一心に読経する。

色覚を惑わす赤い空間。

嗅覚を狂わす甘い香。

聴覚を麻痺させる読経。

おそらく太古より宗教は、このような異次元の舞台装置を用いて、人々の心を揺さぶってきたのだろう。

(何かしら・・体の芯が疼くような・・)

立ちくらみを感じた麻美は、その場にへたり込んでしまった。

すると読経が止み、支部長が立ち上がって大音声で名を呼んだ。

「根岸一樹、根岸静江」

すると再び広間の大扉が開き、薄い茶色の儀礼服を着た男女が進み出て支部長の足元に跪いた。

「今宵、歓喜天様のお導きで、両名が天神会の幹部へ昇格することとなった。根岸夫妻は天神会で功徳を積み、我等の同志なることをアヤタチ様から許された」

支部長は二人を立たせると、驚いたことに儀礼服を脱がせた。

全裸の夫妻に全員の視線が注がれる。

夫婦は三十代半ばぐらいだろうか、妻の静江は肉づきのいい体をしている。

「南無奉献吉祥歓喜天。すべてを捨てよ。すべてを分かちあえ」

高らかに宣言した支部長は、自分の儀礼服を脱ぎ捨てた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(十)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (十)

麻美の疑問は消えない。

「確かに日本にも馬頭観音とかあるから、インドの神様なら象でもおかしくないけど、何で抱き合っていなければいけないの?」

「それは歓喜天が、その名の通り性を司る仏だからです。特に双身歓喜天は、男神と女神が抱き合った像で表現されます。これは男女和合を意味し、日本では秘仏とされて人目に触れてきませんでした」

「せ、性の仏様・・」

昔、降矢木から立川流と言う宗教について聞いたことがある。男女交合の絶頂感を即身成仏の境地とする邪教だったらしい。

立川流は江戸時代に弾圧されたが、天神会もその類の教義を受け継ぐ宗教団体なのだろうか。

麻美は眉を顰めて自分の儀礼服を見た。

先ほど挨拶された上級階位者は、様々な色の儀礼服を着ていたが、やはり男も女も下は素っ裸だとすぐにわかった。

支部長はにんまりと笑った。

「麻美様が今ご想像されている通りですよ。我々幹部は、性の儀式によって結ばれています。その理由は後ほどご説明するとして、まずは上級階位への入会式をご覧下さい」

意味ありげに語った支部長は、ミーアに向かって合図すると、自らは歓喜天像の前に進み出て平伏した。

ふと麻美は甘い匂いを感じた。

見るとミーアが、広間の隅々に置かれた香炉に火を入れている。

やがて広間全体に、微かな煙と甘い香りが広がっていく。

そのどこかトロリとした匂いに、麻美は頭の芯がぼんやりとするのを感じた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』六.伏魔殿の監禁者(九)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

六.伏魔殿の監禁者 (九)

上級階位者個々の居室や共有スペース、バス・トイレまで完備された四階と比べて、五階は厳重な扉で守られた広間がフロアを占有していた。

修養の間。

窓一つないそのスペースは、血の色と見紛う赤の絨毯と壁紙が、暗いシーリングライトに照らされている。

「ここは・・」

目も眩むような赤の洪水に、麻美は血の臭い感じて思わず一歩後退りした。

異空間の奥に、高さ二メートルほどのおかしな像が飾られている。

「ぞ・・象の像?」

洒落ではなかっいが、てっきり仏像かと思いきや、安置されているのは長い鼻をした象の立像だった。

「頭が象で、体が人間・・」

麻美は吃驚して目を凝らした。しかも象頭人身の二体が、立ったまま向かい合って抱擁し合っているではないか。

支部長が神妙な顔で麻美に告げた。

「あれは天神会の幹部が崇拝する双身の歓喜天様です」

「でも顔が象じゃないの。しかも仏像なのに何で抱き合っているの?」

「ははは、麻美様はご存じないのですね。しかし歓喜天は聖天とも呼ばれる一般的な仏様ですよ」

歓喜天は、ヒンドゥー教のガネーシャ神に起源を持つ仏で、銭洗い弁天などと並び、富をもたらす仏として信仰されてきたと言う。

浅草待乳山聖天や奈良生駒聖天が有名で、非常に呪力が高い反面、疎かにすると手酷い仏罰が下ると恐れられてきたらしい。

41BSHEUwcvL__AC_SX466_ (1)

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
ジャンル別リンクサイト様
【夫婦性活ブログ】
 
熟女PUREの冒険
【男性主催ブログ】

寝取られ話ファイル~奥さん寝取られ話集~
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5