FC2ブログ

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十二)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (十二)

すると飴細工の老人は、横浜から来た都会者を鼻で笑った。

「ふん、若造よ。世の中にはな、新聞に書いていないことがまだたくさんある。山窩と香具師は似て非なるものじゃよ」

見下したような老人の態度に剛志が噛みついた。

「そりゃ家がないのは驚きですが、旅回りで暮らすのは一緒じゃないですか」

老人は首を振った。

「山窩は生まれ持っての放浪者よ。だからあれがない」

「・・あれ?」

「戸籍じゃよ」

思いもよらぬ答えに、寛三と剛志は顔を見合わせた。

日本国に住む人間ならば、誰もが戸籍を持っているものと寛三は漠然と思っていた。

「こ、戸籍のない日本人がいるんですか」

「家に定住せず、山を彷徨う人間が、出生届を役所に届けるはずがないじゃろう」

老人はそれだけ答えると、何事もなかったかのように再び飴細工をこね始めた。

寛三は愕然とした。

世は鎌倉時代でも室町時代でもない。

日々近代国家へと邁進する日本に、まだ行政が把握できない人々が暮らしているのだ。

(あの天衣無縫な少女は、国家の支配も及ばない異界を放浪しているのか・・)

すっかり闇に覆われた深山へ寛三は目を遣った。

異界の漂泊者―山窩。

深山を放浪する社会から隔絶された民の存在に、寛三はぞくぞくするような魅惑を感じるのだった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十一)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (十一)

剛志がヒューと口笛を吹いた。

「物乞いの娘にしては、いい乳をしているじゃないですか、ねえ兄貴」

「馬鹿野郎、下衆なことを言うんじゃねえ」

気分を害した寛三は、剛志の尻を思いっきり蹴飛ばした。

すると飴細工の老人が寛三に言った。

「あれは勧進の子じゃ」

「カンジン?」

「この辺りではそう呼んでおる。世間では山窩と言うらしいがな」

「はあ、サンカですか?」

初めて耳にする言葉に寛三は首を傾げた。 

老人は飴でできた象の鼻を延ばしながら、都会者には馴染みがないかもしれんと呟いた。

寛三は少年の言葉を思い返した。

「でも彼等は自分をミソ・・何とかと言っていましたが?」

「生業から箕そそくりと呼ぶ地域もある」

箕とは、穀類の実と殻を区分けする竹の皮などで編んだ農具である。

またそそくるは修理するという意味の方言だと老人は教えてくれた。

剛志が横から口を挟んだ。

「ああ、農具の修理屋ですか」

「そうじゃ、山窩は箕つくりや箕直しをしながら、定住する家を持たず、山々を自由に放浪して暮らしているんじゃ」

懐手した剛志が感心したように言った。

「それなら旅回りの俺達と大して変わらないじゃないですかね、兄貴」

「ああ、まだ家族揃って放浪するだけ、一人旅の香具師よりましかもしれないな」

横浜に残した妻と子供を思い返して、寛三は我が身の不憫を自嘲した。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (十)

気がつくと、香具師仲間や村人の視線が少女の裸身へ注がれていた。

にやけた表情で舌なめずりする男達。

穢らわしいものでも見るように顔をしかめる女達。

だが好奇と軽蔑の目などどこ吹く風、一心不乱に少女はヨーヨーに集中している。

「あっ、釣れた!」

ヨーヨーを釣り上げた少女は、太古の巫女さながらに境内をくるくると舞い踊った。

可憐な膨らみが千切れんばかりに揺れる。

その頂を飾る乳暈は、もう大人びて薄小豆色に色づいているが、乳首はまだ童女と変わらず米粒ほどに小さかった。

少女は寛三へ頭を丁寧に下げた。

「お兄ちゃん、ありがとう」

釣れなかった弟にそのヨーヨーを渡すと、姉弟は再び漆黒の影となって、山奥へ続く森の中に消えて行った。

まるで風のように。

呆気にとられた寛三は、くすっと小さく独り笑った。

(天衣無縫なのか・・)

南洋の裸族がそうであるように、少女は裸に対して羞恥がないのかもしれない。

日本人が守る生活規範から、少女は大きく食み出してしまっているのだろう。

少女は一体何者なのだろうか?

貧しい着物、未就学、定住する家もない。

だが屈託のない自由で無邪気な笑顔。

おそらく少女は、集落の人々とも相容れない異界の住人に違いない。

決して幼(よう)女趣味など持たぬ寛三だが、風と共に現れて消えた不思議の国の少女に、いつしか魅入られている自分を感じていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(九)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (九)

どきっとして寛三は目を反らした。

「い、いや・・いいんだよ。どうせ客もいないから・・そうだ、お嬢ちゃんもやってみるかい?」

まだ乳房とも呼べぬ膨らみに惑わされた寛三は、その羞恥を誤魔化すように、慌てて少女にヨーヨー釣り紐を渡した。

少女は原色の玩具に目を輝かせた。

「でも・・」

「さあ、姉弟でどっちが先に釣れるかな?」

寛三が煽ると、弟を叱ったはずの少女は水槽の前にかぶりついた。

一瞬、寛三は目を疑った。

「えっ?」

真剣にヨーヨーを睨んだ少女が、丁半の壺振りさながらに、ばっと上半身もろ肌脱いだのだった。

褐色に日焼けした裸身が、アセチレンランプの下で露になった。

おそらく袖が邪魔になるからだろうか、少女は周囲の目など気にせず、半裸のまま釣り紐を持ってヨーヨーを狙った。

「あっ、くやしいっ!」

W型の金具がヨーヨーのゴム輪をかすめるたびに、少女は大きな声を上げて地団駄を踏んだ。

まだ膨らみかけの青い乳房が、寛三の目の前でぷるぷると上下に踊る。

寛三はぽかんと口を開けたまま、少女の裸身を目で追うしかなかった。

(幼いのか?)

見たところ少女は十五歳前後だろう。

初潮を迎えて乳房が膨らめば、いくら男勝りの娘でも女として恥じらいを自覚する。

ところが少女は、女であることをまるで意識していないようだった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(八)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (八)

戦争が終わって十年が経つ。

もはや戦後の荒廃は跡かたもなく、日本は経済成長の道を突き進んでいる。

家・車・テレビジョン・洗濯機。

豊かな生活に乗り遅れまいと、大人は目の色を変えて働き、子供は有名大学を目指して受験勉強に余念がない。

そんな世知辛い世相が蔓延した日本で、住所不定、義務教育を受けていない子供がいるなど、寛三は俄かに信じられなかった。

(ミソソクリ?)

頭の中を整理できないまま、寛三は少年にW型の金具がついたヨーヨーの釣り針を渡してやった。

不意に少年の背後に人影が迫った。

「あんた、何しよるの!」

「姉ちゃん」

少年は頭を叩かれ、ヨーヨーの釣り紐を水槽に落ちした。

先ほど杉林の蔭にいた少女だった。

アセチレンランプに照らされた少女は、中●生ぐらいの年頃だろうか、黒髪をお下げに愛らしく結っている。

だが少年と同じで着ているものは汚くみすぼらしかった。

地味なかすりの着物に、かつては黄色だったと思われる茶色の帯を巻いている。

おそらく子供の頃につくったのか、丈は寸足らずですっかり膝が見えていた。

少女は弟の頭を押さえて寛三に謝った。

「ごめんなさい。私達お金は持っていないんです」

少女が腰を屈めると、ゆるい襟の合わせから、膨らみ始めたばかりの乳房がちらっと覗いた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(七)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (七)

寛三は少年に声をかけてみた。

「坊主、ヨーヨー釣りがしたいのか?」

「うん」

きらきらと目を輝かせる少年は無邪気に頷いた。

「坊主はこの一木集落の子供か?」

「ううん、オレ、山に住んどる」

少年はたどたどしく答えると、すっかり陽が暮れた山々を指差した。

「そうか、まだ山奥に猟師か炭焼きの家があるんだな」

寛三は合点がいった。

深山に住む者ならば、現代の生活から取り残されていても不思議ではない。

だが少年は首を振った。

「オレ、ミソソクリじゃけん、家は持たん」

「ミ、ミソ・・?」

九州地方の方言だろうか、寛三には少年の言葉がよくわからなかった。

「しかし家を持たんって・・それならどこで飯を食う? どこで寝ているんだ?」

「山の河原じゃ。洞穴があればそこで暮らすこともある」

「・・それじゃ物乞いじゃないか」

「オレらは物乞いじゃない。大きな山をいくつも越えて、あちこちの村を回って商売しとる。だから家などあったら邪魔になろう?」

ふんと笑った少年は、鼻から垂れた青っ洟を袖で拭った。

確かに世の中には、昔から各地を渡り歩く稼業がある。

旅役者、サーカス、薬売り、養蜂家、むろん寛三が稼業とする香具師もそうだ。だがそれは出稼ぎに近く、定住する家がないわけではない。

寛三は困惑した。

「でも小学校へは行っているんだろう?」

「行かん。ミソソクリは学校など行かんでもいい」

少年は急に語気を強めたが、少し目を伏せて悲しそうな表情を見せた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(六)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民(六)

やるせない光景だった。

戦争で両親を失った戦災孤児が、焼け野原となった横浜に溢れていた。

駅や公園で野宿をしながら、靴磨きや物乞い、集団で窃盗に手を染める子供達もいた。

結局彼等は社会から見捨てられ、愚連隊やヤクザに身を落とした者が多かった。

寛三も両親を横浜大空襲で失った。

浮浪児と呼ばれる年齢ではなかったが、二つ年上の兄とともに、住む家を焼かれて食べるものにも事欠く日々を送った。

兄弟二人でバラックの家を建て、米や芋を求めて農村へ買い出しに回った。

生きるのに必死だった。

だが生きるためだと言いながら、勇ましく一億玉砕を叫んでいた人々は、一夜にして米兵の軍靴を舐めんばかりに跪いた。

子供はチューインガムを、男は米軍キャンプの金網越しに残飯シチューを物乞いした。

そして貞操のため自決を覚悟した女も、ネオンの巷で米兵に両脚を開き、競い合ってその妾になろうとする始末だった。

鬼畜米英は何処へ行ったのか。

両親は何のために死んだのか。

犠牲者である浮浪児を蔑ろにして、敵国に頬ずりする厚顔無恥な社会に、寛三は今も激しい憤りを捨てきれずにいた。

ふと寛三は我に返って、あどけない少年の顔を見た。

(だがここは都会ではない)

浮浪児が貧しくとも生き残れたのは、たくさんの人が行き交う都会だったからである。

靴磨きにしてもスリにしても、山奥の集落では、稼ぐ余力など皆無に等しいだろう。

山の恵みで生きるにしても、年端もいかぬ少年では、ウサギ一羽狩ることもできないはずではないか。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(五)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民(五)

不意に強い風が山から吹いてきた。

境内の裏に迫る森がざわっと騒いだ。

露店の幟や暖簾がはためき、アセチレンランプの光がゆらゆらと揺れた。

暗がりとなった御神木の辺りに、寛三は小さな人影か動くのを見た。

(おや、子供か?)

小●生低学年ぐらいの少年と中●生ぐらいの少女が、こちらの様子を窺っているようだった。

祭に来た姉弟だろうか、それにしてはいつまでも森の木陰から出て来ようとしない。

寛三はその姿に違和感を覚えた。

目を凝らすと、洋服が当たり前の昨今、二人ともぼろぼろの着物を身につけていた。

しかも髪はぼさぼさで、今年封切られた『七人の侍』に出てくる百姓のようだった。

二人は言い争っていた。

露店へ行きたがる少年を、年上の少女が懸命に宥めているように見えた。

だがアセチレンランプの誘惑に堪えられなかったのか、少年は少女の手を振り切って露店へ駆け寄ってきた。

「夜なのに昼間みたいだ」

少年は一頻り露店の間をはしゃぎ回ると、ヨーヨーが浮く水槽の前にしゃがみ込んだ。

「わあ、きれいじゃ」

目を丸くした少年の円らな瞳に、色取り取りのヨーヨーが写っている。

明るいところで見ると、やはり集落の子供達とは違って、少年の身なりはひどくみすぼらしかった。

垢と埃でごわごわになった着物は、黒光りするほどに汚れ、むっと鼻を突く獣のような臭いがした。

(浮浪児か?)

寛三は少年の姿を見て、忘れかけていた終戦直後の横浜を思い返した。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』 一.異界の漂泊民(四)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民(四)

娘は七歳。

今が一番可愛い年頃かもしれない。

仕事とは言え、近くにいてやれない不憫さが胸を締めつける。

何日も家に帰らない父を、娘はどう思っているのだろうか。
今夜も妻と二人きりの晩ご飯を食べながら、家族団欒で卓袱台を囲む友達を羨んではいるまいか。
休日も大好きな遊園地へ連れて行ってもらえず、やくざな父の稼業を恨んではいるまいか。

そして妻も。

妻は寛三より五つ年上で、愚連隊時代に飯を食わせてくれた水商売あがりの女だった。

男で苦労を続けて来た妻は、平凡な堅気の結婚生活を望んでいた。
まさか亭主が香具師になり、全国各地へ稼業の旅へ出るとは思っていなかったろう。

(今頃あいつは・・)

娘を産んだとは言え、今も男の目を惹く三十路の熟肢が、孤閨をしっかり守らせているか不安が残った。
決して美人ではないが、流し目が妙に男心をそそる色年増である。

毎夜寛三は商人宿の煎餅蒲団で懊悩した。

娘の愛らしい笑顔と妻の淫らな白い肌が、代わる代わる瞼に浮かんでは消えていく。
今すぐ露店など放り出して、横浜にいる家族の許へ帰りたい。そんな衝動に駆られる夜が九州へ来てから幾夜も続いた。

旅稼業と残してきた家族。

香具師を天職と心に決めた寛三にとって、家族は後ろ髪を引かれる足手まといなのかもしれない。
だが家族への情は、人間が生まれながらに持つ自然な感情に他ならない。

寛三は相容れない葛藤の荒波に、今宵も密かに心を揺さぶられていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』 一.異界の漂泊民(三)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民(三)

逢魔が時を迎えた神社の境内にも、いつしか深い森から闇が忍び寄ろうとしていた。

寛三はアセチレンランプに火を入れた。

ポッと炎が灯ると、独特の臭気が辺りに拡がっていく。

相変わらず客は疎らだった。

水槽からヨーヨーを一つ取ると、寛三はパンパン突きながら歌を口ずさんだ。

「夜が冷たい心が寒い~渡り鳥かよ俺等の旅は~風のまにまに吹きさらし」

東海林太郎の『旅笠道中』が、寛三は幼い頃から好きだった。
無宿人の博徒が浮き草暮らしを嘆く歌だが、逆に寛三はそんな気ままな放浪生活に憧れた。

生来の天邪鬼。

整然と世を泳ぐイワシの群れに、寛三は悪心すら催した。

愚連隊に入ったのは、がんじがらめに縛られた社会への反抗心からだった。
そして香具師社会の門を叩いたのも、社会に背を向けたまま旅の空で死にたいと願ったからだった。

暇を持て余した剛志が隣で呟いた。

「兄貴、俺さあ、早く横浜に帰りたいよ」

「俺達は香具師稼業に草鞋を脱いだんだ。帰る家などない風来坊だと思え」

「でもよ・・本当は兄貴だって横浜のネオンが恋しいんだろう?」

「馬鹿野郎、そんな甘ったれた根性で香具師が務まるかっ!」

寛三は里心がついた剛志の頭へヨーヨーをぶつけた。

だがそれは寛三自身への戒めだった。

旅へ出て一カ月、剛志はまだ独身だが、寛三には横浜に残してきた妻と娘がいた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5