FC2ブログ

『再びの夏』 第十九章

『再びの夏』(十九)
FC2 R18官能小説

(十九)

ゴム風船のように張りつめた乳房を愛撫しながら、邦彦はショーツに手をかけた。
由紀子は坑った。

今更隠すものなど何もない関係だが、邦彦に縄の縛めを受け、また別の羞恥を感じたからだった。
邦彦もそんな由紀子の仕草に息を荒くした。

「いやっ!」

ショーツを剥ぎ取られた由紀子は、むっちりと肉付きのいい太腿を強く閉じた。
由紀子の体を知り尽くしている邦彦は、草叢を守る太腿のつけ根にすっと中指を滑り込ませた。

「あん!」

ピンポイントで、花弁に隠れていた快感を催す呼び鈴を押された。
電撃が由紀子の全身を貫き、太腿から力が抜けた。
すかさず邦彦は由紀子の両脚をМ字に開き、両方の膝を椅子の肘掛に結わえつけた。

「いやん、丸見えになっちゃう」

嫌というほど曝してきた淫花だが、別人のような邦彦を前に、羞恥に体が震えた。
邦彦は楽しそうに淫花を弄んだ。

「ほら、滴り落ちるぐらいの大洪水だ」

「恥ずかしい…言わないで…」

邦彦はわざとピチャピチャと音をたて、花芯を指で掻き回す。

「シャワーを浴びたいと言い出したのも、ホテルのロビーで会った時に、もう濡れていたからなんだろう?」

「ああ…そんな…」

「答えるんだ」

指の腹で尖った淫芽をこねくり回され、由紀子は腰が動くのを抑えられなかった。

「は、はい…濡れていました…ああ、許して…」

「いやらしい女だ。しかしよく見ると、ちょっと昔より黒ずんでいるな。僕がいない寂しさで、ご主人とやり過ぎたんじゃないか?」

邦彦は舌先で花弁の縁を辿った。

「はうぅぅ…お、夫とは、ほとんどしていません」

「どうだか。男欲しさに僕以外の男と浮気したかもしれないし」

由紀子は大きく横に首を振った。

「寂しかったわ…でも愛しているのはあなただけよ」

泣きべそをかく由紀子の頭に、邦彦はそっと包むように掌を置いた。

「僕の女は由紀子だけだ」

邦彦はそう耳元で囁くと、乾いた由紀子の口唇を塞いだ。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十八章

『再びの夏』(十八)
FC2 R18官能小説

(十八)

巧みな指先がブラジャーを外す。
重みのある乳房が零れ出た。

若い頃の張りはないが、ふるふるとゼリーのように震える豊満な乳房だ。
大学生だった邦彦は、この乳房に顔を埋めるのが好きで、赤ん坊のように吸いついて離さなかった。

由紀子は邦彦の愛撫を待った。
ところが邦彦は何を思ったか、ベッドの脇に置いてある鞄をまさぐり始めた。

「何しているの?」

「さっきも言っただろう。四年間お預けをくわされて変態になったって」

邦彦は黒いロープを手に、にっこりと笑みを浮かべた。
由紀子は戸惑った。

「え、どうするつもりなの?」

「由紀子を縛りたい」

「で、でも…」

「大丈夫だ。痛くしないから」

今まで見たこともないギラギラとした目をしていた。
邦彦は由紀子を椅子に座らせると、背もたれの後ろで両手首を縛った。
そして両の乳房にもロープを交差させて背中に渡し、縛りあげる。

ロープで圧迫された乳房が、縄間から絞り出されるように隆起していた。
ひりひりするほど表面の皮膚が張り、乳首が小指の先ぐらい立っている。

「痛くない?」

「ええ、でも変な感じ…」

邦彦は張りつめた乳房を、下から上へと軽く撫ぜた。

「ああっ!」

由紀子は思わず身をよじった。
縛められて敏感になった乳房が、今までにない強い悦楽の波を全身に送る。
邦彦はにんまりと笑い、尖った乳首を交互に舌先で舐めた。

「ああん…ああ…」

「どう?気持ちいいだろう」

「うん、いいの…でもどこでこんなこと教わったの?」

「自己流だよ。今までずっと由紀子に仕込まれてきたから、これからは僕がいろいろなことを教えてやろうと思ってね」

「仕込まれたなんて酷いわ…奥さんにもこんなことしているの?」

「まさか。あいつとはセックスだってろくにしてないよ」

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十七章

『再びの夏』(十七)
FC2 R18官能小説

(十七)

昨年、邦彦が両親の勤めで結婚した。
相手は資産家の令嬢で、プロの声楽家だという。

レッスンや公演で多忙な妻に、邦彦はすれ違い夫婦だと電話でこぼした。
そして邦彦は、東京に支店を開設したので、出張ベースで行くから会いたいと切望した。

会いたいのは由紀子も同じだった。
邦彦が結婚したという安堵から、頑なに再会を拒んでいた由紀子も、心の奥の埋み火が再び赤々と熾るのを感じた。

邦彦が常宿する部屋は、少し広めなデラックス・シングルだった。
由紀子はベッドの縁に腰かけた。

「由紀子は全然変わらないね」

「もう三十七歳よ。ほんとのオバサンになっちゃったわ。邦彦は二十六歳になるのね。結婚して、ちょっとは大人になったかしら?」

「結婚しても変わらないよ。気持ちはあの夏の日のままだ」

邦彦は由紀子の隣に座ると、肩を抱いて口唇を重ねてきた。

不意に涙が由紀子の頬を伝った。
四年間の空白を取り戻すように、二人は激しく体を擦り合わせた。

「もう奥さんがいるのに…こんなことしたら…」

「由紀子だってご主人がいるのに、散々僕の体を弄んだじゃないか」

「嫌、弄んだなんて…」

邦彦は由紀子の服を脱がし始めた。

「ねえ、シャワーを浴びたい」

「だめ、久しぶりだから、由紀子の匂いを嗅ぎたいんだ」

「んもう、いつから変態になったの?」

「四年間もお預けさせられていたら、男は皆変態になるよ」

下着を残して裸にされた由紀子は、ベッドの上に横たえられた。
邦彦は由紀子の裸身を見つめた。

「いや、そんなに見つめないで」

「ウエストから太腿にかけて、以前よりむっちりしたんじゃない?」

「…言わないで。確かにちょっと太ったかも…嫌いになった?」

「今のほうがずっといい」

邦彦は口唇を重ねると、軽く由紀子のお尻を撫でた。

由紀子は、社会人になって家庭を持った邦彦が、昔と変わったことに気がついた。
容姿だけでなく、立ち振る舞いや仕草まで、甘えん坊だった邦彦が、大人びて男らしくなっていた。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十六章

『再びの夏』(十六)
FC2 R18官能小説

(十六)

昭和六十年、冬。
灰色の空から牡丹雪がちらちらと舞う寒い朝だった。

郁夫を会社に、英夫を小学校に送り出した由紀子は、精一杯のおしゃれをして、都心にあるホテルのロビーにいた。

スーツ姿の若い男が現れた。

「お久しぶりです」

邦彦だった。

「まあ、立派になったわね」

すっかり社会人らしくなった邦彦を見つめて、由紀子はじんと胸が熱くなった。
初めて由紀子が体を許した夏の日から、邦彦が大学を卒業するまで、二人の密かな情愛は続いた。

郁夫や英夫の目を盗み、由紀子は毎日のように邦彦の部屋を訪れた。
そして時間の許す限り、獣の雌さながらに、若い邦彦の体をむさぼった。

妻であることを忘れ、由紀子は邦彦の逞しい肉茎に狂喜した。
だが邦彦は大学を卒業すると、家業の食料品卸会社を継ぐため、実家へ戻らなければならなかった。

邦彦は帰りたくないと由紀子にすがった。
由紀子も手塩にかけて男にした邦彦を手離したくなかったが、心を鬼にして実家へ帰るよう説得した。

それから四年。
東京へ行くから会いたいと、邦彦から何度も連絡があった。

だが由紀子はその誘いを断り続けた。
夫がいる身である以上、このままずるずるとつき合っても、邦彦を不幸にするだけだと思ったからだ。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第二十章

『再びの夏』(二十)
FC2 R18官能小説

(二十)

縄めを解かれた由紀子は、四年間の鬱積した欲情を邦彦にぶつけた。
男として成長した邦彦は、逞しい肉体で由紀子を受け止めた。

目の前に屹立した邦彦の肉茎を、由紀子は跪いてくわえた。
飢えた女豹は、口許から唾液が流れるのも気づかず、夢中で肉茎を頬張った。

悠然と由紀子の奉仕を見下ろしていた邦彦は、ベッドで四つん這いになるよう命じた。
由紀子は尻を高く揚げて邦彦を待った。

剥き出しになった陰部が、発情で充血しているのか熱い。
由紀子は待ちきれずに牝犬のように尻を振った。

ぎゅっと尻を鷲づかみにして、猛り狂った邦彦が入ってきた。
空ろな淫膣が、みっしりと埋められた。

由紀子は低くうめいた。
もう何も考えられなかった。
ただ体だけが、快楽を貪るために勝手に動いた。

垂れ下がった乳房が、振り子のように大きく揺れている。
ぱんぱんと音を響かせ、邦彦の睾丸が淫芽を叩いた。

由紀子は邦彦に導かれ、絶頂へと駆け上がっていく。
夢中でシーツを握り締める。
獣の唸り声にも似た喘ぎ声が出る。

四年前、邦彦は邦夫のいない寂しさを紛らわす由紀子の玩具だった。
セックスも、邦彦の肉茎を使い、思い通りに自慰をしているようなものだった。

だが今は、邦彦に犯されて絶頂を迎えさせられている。
それは体だけではない。
夫の郁夫に頼らず、肩肘を張って一人で生きてきた由紀子は、初めて男に従う深い安堵感に包まれていた。

登りつめていく。
テレビの電源を切ったように、ぷつんと頭の中で何かが切れた。
体の奥で熱いものが弾けるのを感じた。

すっと意識が薄らいでいく。
由紀子は突っ伏すように、ベッドに倒れ込んだ。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『再びの夏』 第十五章

『再びの夏』(十五)
FC2 R18官能小説

(十五)

由紀子は戸惑った。

「で、でもまだ五十五よ。会社を辞めてもすぐ再就職するんでしょ?」

「いや。とりあえずは失業保険をもらって、のんびりと家で過ごそうと思うんだ。退職金と年金、それに今までの蓄えがあれば、当面生活の心配はない。再就職するかどうかは、その後ゆっくり考えることにするよ」

「……」

「八十歳まで生きるとすればあと二十五年、まだまだ先の長い人生だ。今までは会社一筋でかまってやれなかったが、これからゆっくり夫婦二人でできる趣味を探して、共白髪で暮らしていこうと思うんだ」

郁夫は薄い頭を掻いた。
由紀子は軽い眩暈を覚えた。

(共白髪ですって?)

老いは確実にやってくる。
いつかは郁夫も退職し、夫婦二人の暮らしが始まることはわかっていた。

だが由紀子の頭の中では、郁夫は死ぬまで馬車馬のように働き続ける予定になっていた。
それが突然百八十度の方向転換だ。

(今更、迷惑だわ)

今回の京都旅行だけでも、郁夫と二人でいる息苦しさに、由紀子は四苦八苦していた。
それが四六時中、しかも二十五年となると、考えただけで胃に穴が開きそうだった。

生き地獄だ。

(ああ、これが神の裁きなのかしら)

酒を飲んで上機嫌な郁夫を前にして、由紀子は絶望的なため息をついた。

大島邦彦を思った。
確かに由紀子は、郁夫を裏切って邦彦との愛欲に身を沈めた。

だがそれは、家庭を顧みない夫が悪いのだ。
結婚して三十年、家事も育児も立派にこなしてきた。
貞淑ではなかったかもしれないが、それも郁夫は預かり知らぬ秘密であって、妻としての役割は十分務めてきたはずだ。

(なのに何故?)

由紀子は、不遇の運命を突きつける神に、心の中で沸き立つ苛立ちをぶつけずにはいられなかった。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『再びの夏』 第十四章

『再びの夏』(十四)
FC2 R18官能小説

(十四)

夜の京都祇園。
賑わう表通りを折りて一つ小路に入ると、美しく着飾った舞妓とすれ違いそうな、町屋の風情がまだ残っている。

だが昔と比べると、スーツに身を固めた接待のサラリーマンは減り、女性客や若者向けの店が増えているとドライバーは言う。

由紀子は、郁夫が設えた黒塗りの社用車に乗り、変わりつつある京都の町並みを窓から眺めていた。

(こんな車じゃなくて、歩いたほうがよっぽど旅らしいのに)

心の中でそう呟く由紀子だが、大物ぶってシートにふんぞり返る郁夫の手前、黙って従うしかなかった。

やがて車は、敷居の高そうな料亭の前で停まった。

「有難う。支社長に宜しく伝えてくれ」

郁夫はドライバーへ鷹揚に手を上げると、さも偉そうに颯爽と門の中へと消えて行った。

由紀子はうんざりした。
夫婦二人で旅行しているのに、何も会社の車を使う必要もないだろう。

(哀れな人…)

妻にまで虚勢を張る郁夫の背中を見て、由紀子は軽蔑に近い感情を抱いた。
それはまるで、中身が虚ろな透明人間が。会社という鎧で身を守っているようだった。

庭が見える和室で、由紀子は郁夫と向かい合って座った。

華やかな京懐石。
先附、八寸、向附、椀物と料理は続く。

だが料理を味わうどころか、由紀子は郁夫の自慢話とうんちくで満腹になった。

「出張して全国のうまいものを食べ歩いたけど、京懐石ほど繊細な料理はないね」

「接待旅行で祇園は良く来たよ。目を瞑っても歩けるぐらいだ」

「昔は祇園で遊んだなあ。舞妓を呼んで大騒ぎをしたこともある」

「営業っていうのは、金が使えて一人前なんだ。今の若い連中は頭でっかちばかりで、接待の心得一つ知りもしない」

由紀子は耳を覆いたかった。
何故会社の話しかできないのだろう。

苛立ちが募り、気分転換にトイレへ行こうとした時、
「お前に話しておきたいことがある」と、郁夫がぐっと身を前に乗り出した。

「何ですか?改まって」

「実は、会社の早期退社に応じようと思っているんだ」

「そ、早期退社…?」

「会社はまだ俺を必要としているが、後進に道を譲ることも大切だと思う。それに老後の生活を考えると、人より早めに第一歩を踏み出しておきたい」

「老後の生活…」

郁夫はどうだと言わんばかりに、由紀子を見つめた。
もっともらしい郁夫の言葉だか、由紀子は直感的にその嘘を見破った。

三度の食事より仕事好きな郁夫が、老後の生活のために、自分から早期退社を志願するとは思えない。
先ほど若い社員への不満を口にしたのを考えても、リストラとまでいかないが、会社から肩を叩かれるようなことがあったのだろう。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『再びの夏』 第十三章

『再びの夏』(十三)
FC2 R18官能小説

(十三)

邦彦の上に跨った由紀子は、愛液にまみれた邦彦の口唇を丁寧に舌で舐めながら、肉茎を垂直に手で支えて淫花にあてがった。

そしてそのままゆっくりと腰を落とす。
邦彦の若い肉茎が花芯を貫いた。

「はうぅ…」

由紀子は上半身を仰け反らせてうめいた。
みっちりと巨茎をくわえこんだ淫膣は、歓喜の悲鳴をあげて軋んだ。

「いいっ、いいのよぉ!」

狂ったように髪を振り乱し、由紀子はリズミカルに腰を上下した。
乳房が、邦彦の目の前で千切れんばかりに揺れている。

「ああ…」

邦彦は小さく頷くと、眉間に皺を寄せて鳶色の瞳を瞑った。

「ねえ、イキそうなの?」

「は、はい…も、もうだめです」

絶頂に達していない由紀子は、後ろ髪を引かれる思いで肉茎を抜いて手でしごいた。

「ああ、ごめんなさい」

そう声を裏返らせて言うと、邦彦は太腿をヒクヒク引きつらせて射精した。

ドクドクと間歇的に吹き出す濃い白濁液が、どろりと由紀子の指に絡みついた。
だが射精してなお、邦彦の肉茎はその強度を保っている。

(若いから何度でもできそうだわ)

由紀子は息を弾ませている邦彦の愛らしい乳首を吸った。
ピクッと体が震えた。

(可愛い)

邦彦がいとおしいペットに思えた。

夫の郁夫が満たしてくれない心と体の隙間を埋めてくれる邦彦―
由紀子は指先についた白濁液に舌先で触れてみた。

苦かった。
だがそれが邦彦の分身だと思えば、苦みも甘味へと変わっていく。
由紀子はごくりと喉を鳴らした。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『再びの夏』 第十二章

『再びの夏』(十二)
FC2 R18官能小説

(十二)

由紀子は再び邦彦を椅子に座らせると、その前に立って服を脱ぎ始めた。

女体を知らぬ邦彦の熱い目線が、露になった柔肌に突き刺さる。
そんな淫らな刺激が、由紀子をストリッパーさながらに挑発的に舞わせた。

匂い立つような熟し切った裸体を前に、邦彦の愛らしい瞳が、征服欲に憑かれた雌の本能を宿していくのがわかる。

「来て」

由紀子は椅子に座って邦彦を呼んだ。
そして邦彦を足元に跪かせると、犬にお預けを仕込むように、目の前でゆっくりと両脚を開いた。

黒々と茂る草叢の下を、息を荒らげた邦彦が食い入るように覗き込んでいる。

「どう、初めて見た感想は?」

「は、はい…すごいです。もうびしょびしょに濡れて…」

「あなたが悪いのよ。私の体をじろじろ見たりするから。ねえ、舐めていいのよ」

「…はい」

邦彦は、淫らに濡れそぼつ陰部に顔を近づけた。
子宮が覗くほどに開いた淫花に、ざらついた舌先が触れた。

「あっ」

全身に電流が走り、由紀子はビクッと両脚を痙攣させた。

「す、すみません」

由紀子が痛がったと勘違いしたのか、邦彦は慌てて謝った。

「違うの、気持ちよかったのよ。いいからもっと続けて」

邦彦はほっと安堵の表情を見せ、再び草叢の中に顔を埋めた。
由紀子ははしたないほど声をあげた。

「ああ…気持ちいいわ。もっと上のほうも、あっ、そこ…そこがいいのぉ…強く、もっと強く舐めてぇ…」

郁夫のことはおろか、隣で寝ている英夫のことすら由紀子は忘れて喘いだ。

「もう、我慢できない」

由紀子は邦彦を立たせて抱きつくと、そのままひんやりと冷たい床に押し倒した。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『再びの夏』 第十一章

『再びの夏』(十一)
FC2 R18官能小説

(十一)

「勘弁してください」

邦彦は両手で股間を隠して許しを乞うた。

「だめよ。手をどけなさい」

由紀子は邦彦の前に跪き、頑なな両手を振り払った。
巨大は肉魂が、窮屈そうにブリーフの中でとぐろを巻いていた。

由紀子はごくりと生唾を呑んだ。
ゆっくりとブリーフを腰から下ろすと、バネ仕掛けの玩具のように、ピンク色の丸い先端が目の前に弾け出た。

下腹にくっつきそうなほど鋭角を保っている肉茎は、長さ太さともに郁夫のものを上回っていた。
結婚前、由紀子は三人の男を知っていたが、そのどれよりも雄大だった。

邦彦の猛り狂う肉茎を見て、由紀子は青年が自分の掌中にあることを知った。

「あなたは私の体を見て、こんなになるぐらい淫らな想像をしていたのね」

「…許してください」

「許して下さいと言うわりに、全然これは反省していないじゃない」

由紀子はドクドクと脈動する太い凶器を握ってみた。

(指が回らないほど太い。それに火傷しそうなほど熱いわ)

若い精気がみなぎる肉茎を手に、由紀子は下腹部がジンと痺れるほど興奮をした。

透明な液が滲んだ先端に口唇を当てた。

「あっ…」

小さく邦彦はうめき、両脚をかくかくと小刻みに震わせた。

「あなた、女を知らないのね?」

大きく口を開いて肉茎をしゃぶりながら、由紀子は意地悪く聞いてみた。

「…は、はい」

初めて肉茎を女に弄ばれる邦彦は、怯えたような顔で答えた。

「いいわ。私が教えてあげる」

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5