FC2ブログ

『野良猫』 第二章

FC2 Blog Ranking

男の動きが止まった。

ベッドに胡坐をかいて背を丸め、射精した避妊具を男根から外す姿が如何にもみすぼらしい。
何もそこまで毛嫌いせずともいいのだが、麻美には昔から底意地悪く男を値踏みする癖があった。
絶頂の余韻を楽しむかの表情をつくりながら、冷徹に男と別れる算段を考え始めた。

ベッドで煙草を燻らせながら、麻美はバスルームから出て来た男に話しかけた。

「ねえ、奥さんとは上手くいっているの?」

「えっ、ああ、まあね・・でも子供がいるから一緒にいるようなものだよ」

男は一瞬顔を曇らせたが、何かを取り繕うように素っ気なく答えた。

「遊び人なのね」

「そうでもないさ・・でもお互いに家庭があるんだから、できればこれからもスマートに大人の世界を楽しみたいね」

男が気障にそう答えた時、突然鞄の中でスマホのバイブ音が鳴り始めた。
慌てて鞄を開けた男は、顔を強張らせながらスマホを懸命にチェックした。

「奥さんからの連絡?」

「い、いや、家内とはほとんどメールなどしないからね」

麻美の想像が図星だったのか、我に返った男は再びスマホを鞄に投げ込んだ。
麻美はベッドから跳ね起きると、上半身を反らしてバストとヒップのラインを強調したポーズをとって見せた。

「あたしの身体と奥さんの身体、どっちが好みかしら?」

「そ、そりゃ君さ・・家内の身体なんか、ぶよぶよに弛んで無残なものだよ」

再び萎えた男根を半ば勃起させて、男は麻美の身体を執拗に撫で始めた。

(どこまで下衆な男なの?)

自分の妻を醜いと蔑んでまで麻美の身体を欲する神経が、最低の部類に属する性欲豚であることを証明していた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『野良猫』 第一章

野良猫1

『野良猫』 第一章

FC2 Blog Ranking


ベッドが軋んでいる。

覆い被さった男が乳房を揉みしだき、息を荒げて激しく腰を撃ちつけてくる。

「気持ちいいか・・気持ちいいだろう?」

担ぎ上げた両脚の間から男は顔を覗かせ、何度も同じ台詞を問いかけ続ける。

「ええ、凄く気持ちいいわ」

藤野麻美は男の興奮を陰部で受け入れながら、次第に醒めていく自分の心と身体を感じ始めていた。

(哀れな男・・)

馬ほどに鼻の穴を広げて呼吸を荒げ、顔面が引き攣るほどの必死な形相で、男は麻美の快楽を征服しようと腰を振り続ける。

「ど、どうだ、亭主なんかよりずっと気持ちいいだろう?」

「ああ、いいわ・・あなたの方がいい・・」

麻美は男の動きに合わせて腰を揺すり、口をわざと半開きにして喘いでみせた。

心が次第に凍りついていく。

(世の中には、この程度の男しかいないのかしら?)

男の阿呆面を心の中で笑いながら、麻美は冷静に自分が置かれた不遇を自嘲した。

この男とは出会い系サイトを通じて知り合った。そして初めて会った今夜、食事もそこそこにラブホテルへ直行したのだった。

元からさほど期待はしていなかった。

そもそも出会い系サイトを利用して、極上の男に巡り合える可能性など皆無である。
だがサイト使って麻美は三十人近い男を漁ったが、セックスに長けた男ぐらいなら、十人に一人ぐらいの確率で出逢うことができた。

ところが男はセックスでも外れだった。

女泣かせを自称した男の男根は、麻美の子宮口を突くこともできない粗品だった。
この先つきまとわれては面倒なので、今夜は一夜限りの夢だとはっきり教え込まなければならない。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結
 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

紅殻格子の日記(160)  『野良猫』 予告

紅殻格子の日記(160)  『野良猫』 予告

『黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月』と言う私的ブログをお読みの方はご存知だと思いますが、昨年千葉の山中で野生の子猫を拾いました。

可哀想に両脚の骨が折れていて瀕死の状態でした。

一生介護する覚悟で拾って帰ると、猫の骨折は回復が速いと獣医が言っていた通り、今では家の中を所狭しと飛び回れるようになって困っています。

家が次々に破壊されていくからです。

もう半年以上飼っていますが、元々が人との接触がない山猫なので、未だに私に噛みついたり引っ掻いたり生傷が絶えません。

飼い主という存在を知らぬ野生の野良猫です。

しかし時にその奔放さが魅力的であり、逆に飼い主が服従させられている妖しいエロチシズムに恍惚とすることもあります。

そんな野良猫に手を焼きながらも、これをテーマに作品を書く意欲を掻き立てられたのも事実です。

さてさて、どんな作品になるか皆様も見守って下さい。

『妄想の座敷牢』も同時更新していくつもりです。

お楽しみに。

ルナちゃん

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る



関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

二十三夜待ち 第二十二章 (最終章)

二十三夜待ち 第二十二章 

FC2 Blog Ranking

昭和三十二年の春だった。

蕎麦屋の主人夫婦が仲人となって、寛三と小鶴はささやかな結婚式をあげた。

「寛三、いい嫁をもらったな。お前もこれで一人前だ」

蕎麦屋の主人は結婚の餞に暖簾分けを許してくれた。
寛三はこつこつ貯めた金と主人の支援で、横浜の港湾労働者が暮らす街で小さな店を開いた。

僅かに四人がけのテーブル席が五卓あるだけの店だったが、寛三が打つ蕎麦と行商で鍛えた小鶴の接客で繁盛した。

小鶴は幸せだった。
やがて二人の子供を授かり、小鶴はおんぶに抱っこで店へ出て働いた。
寛三は心配してくれたが、小鶴は働いていないとこの幸せが夢になりそうで怖かった。

やがて東京オリンピックを契機に、モータリゼーションと言われる車社会が到来した。
自動車の普及が進み、船や鉄道が主流だった貨物輸送もトラックやダンプへと変わって行った。

小鶴はそこに目をつけた。

自家用車と違って、大型のトラックやダンプの運転手は、昼飯を食べるのにも駐車場探しに苦労する。
そこで街から離れた国道沿いに、大型車用の駐車場を持つ支店を出してみた。

するとこれが大当たりした。
蕎麦以外のメニューも豊富に揃えて店の数を増やし、今では関東圏で百店舗を超える外食チェーンにまで成長していた。

寛三は五年前に鬼籍に入った。

「あの時・・お前と一緒になって本当に幸せだった・・」

「それは私も同じですよ」

寛三は亡くなる間際、小鶴の手を握って涙を流した。
小鶴も子供のようにわんわん泣いた。

時代もあるし、持って生まれた境遇もある。
だが人生は自分でつくるものだと千代は教えてくれた。

運命など後出しジャンケンのようなものだ。
一瞬一瞬で下す判断の累積が人生だろう。
ボロアパートで寛三の胸に飛び込んだ勇気は、それまで小鶴が積み重ねてきた人生の結論なのである。

空が仄かな赤みを帯びて、房総の山々へ影を落とし始めていた。

「母さん、そろそろ横浜へ戻らないと、夜の会食に間に合わなくなりますよ」

「もうこんな年寄りが銀行との会食に出なくてもいいだろうが?」

「それは困りますよ。メインバンクの頭取は母さんと話をするのを楽しみにしているんですから」

「外房の勝浦辺りへ出れば、のんびりと今晩泊まれるホテルが空いているじゃろう」

「我が儘言わないで下さいよ、母さん。あなたは従業員五百人を抱える企業の会長なんですよ。
まだ現役で頑張って貰わないと、従業員達が路頭に迷ってしまうんですよ」

いい年をした息子に懇願されて、小鶴は渋々車に乗り込んだ。

「やれやれ」

月出山の山頂に大きな満月が姿を現した。
それは幼い頃に観た月と何一つ変わってはいなかった。

閉幕

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

二十三夜待ち 第二十一章

二十三夜待ち 第二十一章 

FC2 Blog Ranking

その半年後、四年間続いた太平洋戦争は敗戦を迎え、マッカーサー司令官が厚木に降り立った時、この国は羞恥心の欠片もないほど変節してしまった。

それは山奥に位置する月海集落とて例外ではなかった。

名主だった睦沢家は農地解放によって没落し、和馬と千代との間にできた娘は、月海集落を離れて東京へ転居したと聞く。

睦沢家も華族も、巨大な財閥にしても、別に悪いことをしたわけではない。

ただ、あの八月十五日を境に時代が変わっただけなのだ。

だが人の心根は変わらない。

「南無、二十三夜様」

「南無、二十三夜俗諦勢至菩薩」

暗い灰色の時代、二十三夜に集う女達が深夜密かに祈ったのは、決して日本が戦争に勝つことではなく、亭主や子供、そして家族が幸せに暮らせることだった。

ほんのり薄紅をさした女心。

女達が解放される夜。

未通娘だった小鶴にはわからなかったが、夜も更けると、若い女達は村の男衆の噂話に花を咲かせ、女房衆は夫との閨を自慢し合って騒いだのではないか。

夫を戦地へ送った女房は、その無事をただただ月に祈っていたのではないか。

戦時下にあっても、人を愛する心は変わらない。

だが小鶴が寛三に抱かれたのは、千代の後押しがあったからだけではなく、昭和三十一年という自由が許される時代だったことも無縁ではなかろう。

小鶴は谷上正一に離縁を告げた。

あれほど小鶴を邪魔者扱いしていた谷上家だったが、労働力を失うことを恐れて掌を返したように遺留した。

「私は家畜じゃありません」

そう吐き捨てて、小鶴は家を飛び出して寛三のアパートへ転がり込んだ。

続く…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

二十三夜待ち 第二十章

二十三夜待ち 第二十章 

FC2 Blog Ranking

蝉の声がけたたましい。


小鶴の息子は、月讀神社の眼前に広がるゴルフ場に目を遣り、退屈そうに軽くクラブを素振りする動作をして見せた。


「なかなかいいゴルフ場だね」


「ここは一面、薄の野原だったんじゃ」


小鶴は吐き捨てるように言うと、暫し真昼に遠き昔の夢を見た。


二十三夜の青白い月明かりの下、執拗に睦み合う千代と清一の姿は、まるで雌雄の龍が絡み合う神聖な営みに見えた。
月光を遮る木々の葉影が、月に照らされた二人の肌に模様を描き、縄文人が施した刺青のように妖しく隈取っていた。

遠く月讀神社から、呪文にも似た女達の念仏が聞こえてくる。


「南無、二十三夜様」


「南無、二十三夜様」


「南無、二十三夜俗諦勢至菩薩」


「南無、二十三夜俗諦勢至菩薩」


陰暦二十三日の夜、月待ちをすれば願い事が叶うとされていた。

だが千代と清一の願いは叶わなかった。


否、あの戦争の時代、二人は駆け落ちしてまで一緒になろうとは思わなかったに違いない。
生きるだけで精一杯だったからだ。
せめて二十三夜だけでも、二人で過ごせる時間が与えられることを感謝していたのかもしれない。


(酷い時代だった)


あれほど才色兼備だった千代が、画家として大成したかもしれない清一が、人生を最期まで全うすることなく命を絶った。
時代と境遇を怨みながら、花火のように持てる命を刹那の逢瀬に輝かせたのだ。

それが千代と清一にできる生の成就であり、暗い世相への抵抗だったのかもしれない。
清一が描いた天女の下で千代が縊死したのも、人間が生来持つ愛を貫けない時代や境遇に対する無言の抗議だったのかもしれない。

続く…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

二十三夜待ち 第十九章

二十三夜待ち 第十九章 

FC2 Blog Ranking

「ああ、ダメよ・・いやっ・・」


寛三の舌先が膣孔を抉りながら、弄ぶように肉芽を下からチロチロと刺激する。
不器用な反復ではあるが、却って女の体はそんな単純さに焦らされ翻弄されてしまう。


「小鶴さん、貴女が全てを捨てて僕の許へ来てくれるのを待っている」


「私なんか・・私なんか・・」


「・・どうしてかは僕もわからない。でも毎日小鶴さんと一緒にいられたら、きっとどんなに辛いことでも堪えていけると思う」


寛三は服を脱ぎ捨てると、硬く怒張したものを小鶴の膣孔へ押し当てた。


「ああっ」


体の芯を赤々と熱した剛棒で貫かれた小鶴は、子宮を突き上げられるような圧迫感を下腹部に感じた。
それは夫との交わりでは受けたことのない波動だった。
寛三の想いに突き上げられながら、小鶴は薄紅色の雲がなびく天上界へと昇華させられていく。


「いいっ、いいの・・もっと、もっと激しく私を突いて」


「小鶴・・ああ、小鶴」


二人は汗まみれの体を擦り合わせながら、忘我の世界へと深く迷い込んで行く。
人智では理解できない快楽が、二人の結合点から全身へと広がっていった。


「あ、小鶴・・もう・・」


「あ、もう・・いきそう・・ああっ、いく、いっちゃう・・」


今まで経験したことのない悦びに全身を撃たれた小鶴は、我を忘れて寛三にしがみついた。
子宮が押し潰されるような激しい寛三の熱情に、小鶴はその肢体を揺さぶられながら嬌声を振り絞った。


「あっ、だめ、いくっ、いくぅぅぅ・・」


間攣させながら、小鶴は意識が薄れていくのを覚えた。

つづく…









関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

二十三夜待ち 第十八章

二十三夜待ち 第十八章 

FC2 Blog Ranking

戸籍上の夫はいるが、子供を身籠ったことのない二十五歳の成熟した女である。

行商と農作業で鍛えた薄い褐色の体は、女豹のようなしなやかさを保っていた。

透けた肋骨を守るようにくっきりと迫り出した乳房は、硬く蕾んだ少女の張りと、触れなば融け出す年増の柔餡を兼ね備えている。

そして凛と起った乳首は、まだ十九歳の青年に男の覚悟を強いるように、その尖った銃口を容赦なく向けて脅していた。


「抱いて」


重い足枷を解いた瞬間、暴発した若い男の性は、跳びかからんばかりに小鶴をけば立った畳へ押し倒した。


「好きだ・・好きなんだ・・」


まるで大型犬に圧し掛かられているかのように、寛三は荒い呼吸を繰り返しながら小鶴の体を痛いほど抱き締めた。


「いつかこうなることを・・私も求めていたのかもしれない」


初めて受ける男の熱情に、小鶴も恥ずかしいほど陰部が熱くたぎるのを感じていた。


「小鶴さん」


寛三は乳房に顔を埋めて遮二無二乳首を吸った。

千切れんばかりに乳首を吸う男の直向きさが、またいっそう小鶴の女を燃え上がらせていく。


「あっ、寛三さん・・気持ちいい・・」


寛三の舌先が執拗に乳首を捉えるたび、小鶴は小さく喘いで上半身を震わせる。


寛三は性急に小鶴の両脚を開くと、既に濡れそぼっている陰部に顔を埋めた。


「あっ、そこは・・ダメよ・・頭がおかしくなっちゃう・・」


初めて男に陰部を晒して肉裂を舐め上げられた小鶴は、その経験したことがない強い快楽に身を捩った。

羞恥に両脚を閉じて逃げ出したいが、寛三の逞しい腕で剝き身のように拡げられている。

続く…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る


関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

二十三夜待ち 第十七章

二十三夜待ち 第十七章 

FC2 Blog Ranking

素封家の睦沢家に嫁ぎながら、夫の和馬ではなく、かつての生徒だった画家の下布施清一を愛した千代。

千代は社会が用意してくれた幸福を捨て、清一の心の中に生き続ける道を選んだのだろう。


だが小鶴は、道具としての暮らしに不満を抱えながらも、夫や家族を捨てる勇気が持てずに躊躇っている。

寛三に愛されたい。


一度だけでも抱かれたい。

その想いは真実だが、社会から逸脱してしまう恐怖が小鶴を踏み止まらせていた。


その時、小鶴は千代の声を聞いた。


(小鶴、幸せは自分でつかむものよ)

おそらく子供がいなければ、千代は清一と駆け落ちしていたのかもしれない。

あの激しい情事を目撃した小鶴は、それも至極当たり前のことと今になれば思えた。

たとえ赤貧洗うが如き暮らしに身を落とそうが、男に愛されて生きる幸せは、女にとって無上の西方浄土なのではないだろうか。


愛される幸せ。


愛する幸せ。


男と女の歓びを知らずして、与えられた命を虚しく終えるなら、何のために生まれてきたのかわからないではないか。


小鶴は寛三の手を振り解くと、自分から絣の着物を脱ぎ捨てて全裸になった。


「こ、小鶴さん」


思わぬ小鶴の大胆さに、寛三は後退りしながら血走った目を大きく見開いた。

 

続く…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る




関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

二十三夜待ち 第十六章

二十三夜待ち 第十六章 

FC2 Blog Ranking

二人はみすぼらしい六畳一間の部屋で、卓袱台を挟んでしばらく俯き合っていた。
小綺麗に掃除は行き届いていたが、家財道具は布団一組しかない殺風景な部屋だった。

「な、何か食べる物をつくるわ」

立ち上がって部屋の外にある共同炊事場へ行こうとすると、小鶴は乱暴に背後から抱きすくめられた。

「ず、ずっと好きでした」

「・・・・」

力任せに抱かれながら、小鶴はありきたりな言い訳を何度も頭の中で繰り返した。

私には夫がいるから。

ずっと年上のオバサンだから。

私、男の人に想われるような美しい女じゃないから。

(違う・・そんなの嘘だわ!)

ぶるっと小鶴は身震いした。

体の何処からか突き上げてくる抑え切れない情動に、あざとい詭弁と紙一重の冷徹な理性の鎧が剥げ落ちていく。

容姿と貧しさに対する劣等感。

子供の頃から弱い自分を守るために、ありとあらぬる言い訳を考えてきた。
それが大人達には利発と映ったのだろうが、そうでもしなければ、小鶴自身が己の無価値さに押し潰されてしまいそうだった。

確かに道具として小鶴は優秀なのだろう。
子守りにしても、農家の嫁としても、社会が求める労働力としては重宝されてきた。

だが小鶴は愛されたことがない。
酒浸りの父と愛しみを失った母は、小鶴を避妊しそこねた結果の厄介者として売り払った。

その小鶴を買い取った夫と舅姑は、牛馬よりも安価な道具として手荒く扱き使った。
涙が頬を伝った。

小鶴の負い目や劣等感を知りながら、もっと華やかな結婚ができるかもしれないのに、寛三はみすぼらしい行商に身をやつした女を愛すると告げたのだ。

「・・若奥様」

小鶴は口の中で小さく呟いた。

続く…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5