FC2ブログ

『闇に抱かれて』 第三章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(三)

家から十分ほど走ると、幹線道路を外れて横浜港の埠頭へ続く道に入った。
車はオレンジ色の照明が夜空を焦がす埠頭を掠め、暗く殺風景な倉庫街へと進んで行く。
通行人はもとより行きかう車もない。

「ドライブにしては寂しいところね」

「たまには二人きりになれるところもいいだろう」

「二人きり?嫌だ、美彦が寝ればいつも二人きりじゃない。何か変よ…」

美也子は訝しげな顔をして呟いた。

倉庫街の裏手にこんもりとした木々が見えた。
無人の倉庫に囲まれた五百坪ほどの小さな公園だった。

周囲は人の背丈ぐらいの垣根に覆われ、街灯が四本ばかり心寂しく滑り台とブランコを照らしている。

「あら、住宅もないこんなところに公園があるわ」

「ほう、珍しいな。でも倉庫で働く人が、昼の弁当を食べるのには良さそうだな」

すでに何度か下見をしていたのだが、あたかも偶然を装うように驚き、智彦は、公園の入り口に近い暗がりの道に、助手席側を夾竹桃の垣根に接して車を停めた。

「…あなた?」

美也子の問いかけには答えず、智彦は気づかれないように周囲を確認した。

公園に人影はなかった。近くに停まっている車もない。
倉庫街なので道幅は広いが、裏通りに当たるため、まず他の車が通行する可能性も薄い。

また三百メートルほど走れば、幹線道路に通じており、もし暴走族が現れたとしても、すぐに逃げ出すことができる。
エンジンをかけたままの状態で、智彦はヘッドライトを消した。

社内は仄暗い闇に包まれた。

公園の明かりは垣根に遮られ、エアコンの操作パネルとオーディオだけが、冷たい緑の蛍光色を車内に燈していた。
智彦は再び煙草に火をつけた。

「こんなところで車を停めてどうするの?」

美也子は辺りを見回しながら、責めるような口調で聞いた。
闇の中、小さな緑の燈火が、不安そうな美也子の表情を浮かび上がらせている。

同時に、豊かな乳房が深い陰翳の中で緑の光りを浴び、柔らかなセーターを誇らしげに隆起させていた。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

『闇に抱かれて』 第二章

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(二)

澄み切った月の光が、深夜の住宅街に冷たく降りそそいでいる。
寝静まった家々と人通りのない舗道が、幽かに青白く浮かび上がって見える。

都築智彦は、フロントガラスに冴えた月を映しながら、ワンボックスカーを走らせていた。
普段と変わらない安全運転だが、口にくわえた煙草は忙しく火球が踊っている。

住宅街から幹線道路へ抜ける交差点で、智彦は車を停めて信号が変わるのを待った。

「ねえ、ちょっと寒いわ」

助手席の妻、美也子が言った。

「ああ、さすがに夜は冷えるな」

操作パネルに手を伸ばしてエアコンを付けた智彦は、横目でちらっと美也子を見た。

結婚して十二年。
飽きるほど長く夫婦を続けているが、意識して妻の顔を見るのは久しぶりだった。

出会った頃には幼く見えた童顔も、三十路の半ばに至って、遅咲きの色香を放ち始めている。
くりくりした円らな瞳とちょっと低めの鼻梁、そしてピンクのミニバラにも似た愛らしい口唇が、肩まで伸びた栗色の髪に映えている。

車はネオンが残る幹線道路へ滑り出した。
午前零時。外食チェーン店とコンビニばかりが、路上に店内の明かりを映している。

「あなた、コンビニ通り過ぎたわよ」

美也子が後ろを振り向きながら言った。

「…いいんだ、別に」

「いいんだって、コンビニへ煙草を買いに来たんでしょ?」

小学五年生になる息子の美彦が寝た後、智彦は煙草を買いに行くのにつきあえと、美也子を誘ったのだった。

「コンビニは逃げたりしないさ。明日は会社も休みだし、たまには夫婦で深夜のドライブとしゃれこむのもいいだろう?」

「若いカップルじゃあるまいし…変な人」

少しはにかんだ表情をして、美也子は首を傾けてクスクスと笑った。
満更でもない妻の態度に智彦は安堵した。

煙草を買うのは深夜のドライブに連れ出す口実に過ぎない。
智彦の胸中に秘めた真の目的は、この車の中で美也子に裸身を晒させることだった。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『闇に抱かれて』 第一章 

 闇に抱かれて

欲望を我慢していたのか、口唇を重ねると狂ったように舌先を押し込んできた。
(これが美也子か)智彦は心中でうめいた。

『闇に抱かれて』
FC2 R18官能小説

(一)

『夫婦交際♂♀出会いのホームページ』
― カップルからの掲示板 ―

NO.3510  2003年11月××日
★妻の痴態を覗いてください
投稿者 中年夫婦

『初めまして。横浜に住む♂三十八歳(会社員)♀三十五歳(専業主婦)の平凡な夫婦です。
子供が小学校高学年に上がり、慌しかった子育てもやっと一段落しました。

しかしふと気がつくと、肝心な夜の夫婦生活はセックスレス寸前。
そこで新しい刺激を求めて投稿を決意しました。

いつか3Pを、と熱望する私ですが、今はまだ真面目な妻を説得できずにいます。
少しずつ時間をかけて、妻を淫らな女にしていこうと思っています。

そこで第一弾。
初めての試みなのですが、妻を車で外に連れ出し、カーセックス(最後までは無理でしょうが…)こっそり覗いてくれる単独男性を募集します。

妻は子供を産んで体の線は多少崩れていますが、乳房が大きいぽっちゃりタイプの熟女です。
なにぶんにも初心者ですので、焦らず末永くお付き合いくださる近隣の方、ご返信を宜しくお願いします。』

NO.3510-1  2003年11月××日
返信―優しくリードします
投稿者 浜っ子

『横浜在住の四十二歳独身です。何度か3Pの経験があります。
お任せ戴ければ、必ず奥様を淫らな女に変身させてみせます。

ペニスは大きく、体力には自信があります。ご主人の目の前で、奥様を悶え狂わせることをお約束します。
ちなみに身長一八○センチ・体重八十キロです。宜しく。』

NO.3510-2  2003年11月××日
返信―覗き大好き男です
投稿者 壁の穴

『川崎に住む三十三歳既婚者です。
結婚後も妻の体に見向きもせず、趣味の覗きに精進しています。

暗闇・遠距離にも対応できる超望遠赤外線カメラで、ご夫婦の営みをあますところなく盗み撮りします。
宜しくお願いします。』

NO.3510-3  2003年11月××日
返信―熟女に憧れる大学生です。
投稿者 晶

『横浜市に住む十八歳の大学生です。
田舎から上京して寂しいアパート暮らしをしています。

母親に甘やかされて育ったせいか、一人暮らしを始めてからは、年上の女性への憧れが募るばかりです(マザコン?)

身長一七五センチ・体重六十キロ。趣味はテニスですが、体力的にはあまり自信がありません。
女性経験は風俗だけです。

勿論、覗きも3Pも経験したことがありません。
書けば書くほど頼りない感じですが、一生懸命がんばりますのでお誘い下さい。』

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 今夜のおかず
genre : アダルト

『再びの夏』 最終章

『再びの夏』(二十三)
FC2 R18官能小説

(二十三)

邦彦は、ワインを飲みながら由紀子の話を聞いてくれた。

「ふ〜ん、ご主人が早期退職するの」

「ええ、聞いた途端に目の前が真っ暗になっちゃった」

「まあ、早期退職しなくても、いつかは会社をリタイアする日はくるけどね」

「でもこれから死ぬまで、あの人とずっと一緒にいるのかと思うと地獄よりつらいわ」

由紀子はほうっと大きくため息をついた。
邦彦はしばらく考え込んでいたが、にっこり笑って思いがけないことを言った。

「それなら由紀子も早期退職すれば?」

「え?」

「つまりさ。ご主人の妻としての仕事を、二十年ばかり早めに辞めさせてもらえばいいじゃないか」

「それって熟年離婚しろってこと?それも考えたけど、老後の生活が…」

邦彦はチッチッと舌打ちして指を振った。

「馬鹿だなぁ。早期退職っていうのは、会社の本音はリストラだけど、建前はご主人が言った通り、第二の人生のスタートを早めに切ることだろう」

「でも第二の人生なんて…ないわ」

「鈍いな。つまりご主人と別れて、僕と一緒に暮らそうってプロポーズしているんだよ」

由紀子はポカンとして邦彦を見つめた。

「…だ、だって、あなたにも奥さんがいるじゃない」

「心配しなくていい。いつかこんな日が来るだろうと思って、妻が浮気している証拠を握っているんだ」

「浮気?」

「ああ、結婚した当初から怪しいと思っていたんだが、妻は声楽の師匠にあたる爺さんの妾みたいなものだったんだ。興信所を雇って調べたら、爺さんとホテルの部屋に入る妻の写真を送って来たよ」

「まあ、酷い」

「でもそれはお互い様だろう。もう両親も死んだし、子供もいないから、誰に気兼ねなく離婚できるってわけだ」

邦彦はワインをグラスから飲み干すと、由紀子の手を握った。

「結婚してくれるだろう?」

「で、でも、私、あなたより十一も年上のお婆さんだし…」

「そんなことは二十六年も前からわかっている。今までは日陰で愛し合ってきたけど、残りの人生は日向で一緒に過ごしたい。明日、ご主人に退職届けを出してくれるね?」

「…はい」

涙で邦彦の顔が歪んで見えた。
向いの部屋で熟睡中の郁夫にはすまないが、これから一緒に邦彦と暮らせるという喜びがこみ上げてきた。

邦彦は由紀子をベッドに誘った。
由紀子は、恥じらう新妻のように、邦彦の胸に顔を埋めた。

「ところで、今夜は元亭主に抱かれたの?」

「え?ええ…まあ…」

「僕を裏切って浮気したんだ」
「浮気だなんて…のしかかってきて、勝手に一人でいっちゃっただけよ」

「でも浮気は浮気だ。妻には最初の躾が肝心だ。今夜は厳しいお仕置きをしてやるから覚悟しろよ」
そう笑いながら言うと、邦彦は由紀子の上に覆い被さってきた。
終わり

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第二十二章

『再びの夏』(二十二)
FC2 R18官能小説

(二十二)

二人はテーブルを挟んで椅子にかけた。
テーブルには赤ワインとグラスが二つ用意されていた。
年代物なのか、渋みのある赤色のワインが注がれる。

「京都の夜に乾杯」

邦彦はグラスを揚げた。
由紀子はフレンチ・キスでもするように、そっとグラスを合わせた。

由紀子と邦彦の関係は今も続いている。
もう二十六年目を迎える。

だが邦彦が住む京都で、こうして会うのは初めてだった。
父親を亡くして会社を継いだ邦彦は、二カ月に一度のペースで東京の支店へ出張する。
東京に滞在している間、時間が許す限り、由紀子は邦彦と密会を重ねてきた。

邦夫に旅行へ行こうと誘われた由紀子は、どうしたらいいか邦彦に相談した。

「それなら京都に来たらいい。同じホテルに僕も泊るようにするから、ご主人が寝たら訪ねておいでよ」

「でも大丈夫かしら…ばれたら…」

「ばれたらばれた時さ。ご主人がぐっすり寝ている間に、間男するのもスリルがあっていいじゃないか」

邦彦は電話で子供っぽく笑うと、宿泊するホテルを確認した。

カーテンを開けた窓からは、闇に沈んだ京都が一望できる。
古、妖怪や鬼が跳梁跋扈した夜の都。
今夜は、由紀子自身が、その怪しい魑魅魍魎に化しているのだと思った。

ワイングラスの向こうに邦彦を見た。
邦彦は四十四歳になっていた。
若かりし日のあどけなさは消え、世間の荒波を泳ぐ経営者として貫禄が滲んでいる。

一人の男の変貌を見続けてきた由紀子には、それが喜びであり、同時に老いさらばえた自分を映す鏡でもあった。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『再びの夏』 第二十一章

『再びの夏』(二十一)
FC2 R18官能小説

(二十一)

ホテルのツインルーム。
照明を落とした灰色の闇に、郁夫の高鼾が響き渡る。

(まるで豚の鳴き声だわ)

由紀子は喧しさに思わず耳を覆った。

午後十一時。
祇園からホテルに戻った郁夫は、いい気分で酒に酔い、久しぶりに由紀子を抱くと、そのままベッドで眠りこんでしまった。

(本当におめでたい人)

由紀子は郁夫が羨ましかった。
言いたいことを言い、やりたいことをやる―他人の心情を思い遣らない独り善がりな人間は、きっとストレスなどとは無縁なのだろう。

だが今夜はその方が良かった。
由紀子は浴衣の合わせを整えると、郁夫が熟睡しているのを何度も確認し、鍵を持ってそっと部屋の外へ出た。

胸が高鳴った。
忍び足で廊下を横切り、向かいの部屋のドアをノックした。

細くドアが開いた。

「どうぞ」

その声に促されて部屋に入った。
由紀子の部屋と同じツインルームだ。
背後でガチャとドアの鍵が閉まった。

「いらっしゃい」

部屋の主は邦彦だった。
由紀子は邦彦の胸に飛び込んだ。

「会いたかったわ、あなた」

「ああ、待ち遠しかったよ」

邦彦は優しく由紀子を抱き返した。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『再びの夏』 第十九章

『再びの夏』(十九)
FC2 R18官能小説

(十九)

ゴム風船のように張りつめた乳房を愛撫しながら、邦彦はショーツに手をかけた。
由紀子は坑った。

今更隠すものなど何もない関係だが、邦彦に縄の縛めを受け、また別の羞恥を感じたからだった。
邦彦もそんな由紀子の仕草に息を荒くした。

「いやっ!」

ショーツを剥ぎ取られた由紀子は、むっちりと肉付きのいい太腿を強く閉じた。
由紀子の体を知り尽くしている邦彦は、草叢を守る太腿のつけ根にすっと中指を滑り込ませた。

「あん!」

ピンポイントで、花弁に隠れていた快感を催す呼び鈴を押された。
電撃が由紀子の全身を貫き、太腿から力が抜けた。
すかさず邦彦は由紀子の両脚をМ字に開き、両方の膝を椅子の肘掛に結わえつけた。

「いやん、丸見えになっちゃう」

嫌というほど曝してきた淫花だが、別人のような邦彦を前に、羞恥に体が震えた。
邦彦は楽しそうに淫花を弄んだ。

「ほら、滴り落ちるぐらいの大洪水だ」

「恥ずかしい…言わないで…」

邦彦はわざとピチャピチャと音をたて、花芯を指で掻き回す。

「シャワーを浴びたいと言い出したのも、ホテルのロビーで会った時に、もう濡れていたからなんだろう?」

「ああ…そんな…」

「答えるんだ」

指の腹で尖った淫芽をこねくり回され、由紀子は腰が動くのを抑えられなかった。

「は、はい…濡れていました…ああ、許して…」

「いやらしい女だ。しかしよく見ると、ちょっと昔より黒ずんでいるな。僕がいない寂しさで、ご主人とやり過ぎたんじゃないか?」

邦彦は舌先で花弁の縁を辿った。

「はうぅぅ…お、夫とは、ほとんどしていません」

「どうだか。男欲しさに僕以外の男と浮気したかもしれないし」

由紀子は大きく横に首を振った。

「寂しかったわ…でも愛しているのはあなただけよ」

泣きべそをかく由紀子の頭に、邦彦はそっと包むように掌を置いた。

「僕の女は由紀子だけだ」

邦彦はそう耳元で囁くと、乾いた由紀子の口唇を塞いだ。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十八章

『再びの夏』(十八)
FC2 R18官能小説

(十八)

巧みな指先がブラジャーを外す。
重みのある乳房が零れ出た。

若い頃の張りはないが、ふるふるとゼリーのように震える豊満な乳房だ。
大学生だった邦彦は、この乳房に顔を埋めるのが好きで、赤ん坊のように吸いついて離さなかった。

由紀子は邦彦の愛撫を待った。
ところが邦彦は何を思ったか、ベッドの脇に置いてある鞄をまさぐり始めた。

「何しているの?」

「さっきも言っただろう。四年間お預けをくわされて変態になったって」

邦彦は黒いロープを手に、にっこりと笑みを浮かべた。
由紀子は戸惑った。

「え、どうするつもりなの?」

「由紀子を縛りたい」

「で、でも…」

「大丈夫だ。痛くしないから」

今まで見たこともないギラギラとした目をしていた。
邦彦は由紀子を椅子に座らせると、背もたれの後ろで両手首を縛った。
そして両の乳房にもロープを交差させて背中に渡し、縛りあげる。

ロープで圧迫された乳房が、縄間から絞り出されるように隆起していた。
ひりひりするほど表面の皮膚が張り、乳首が小指の先ぐらい立っている。

「痛くない?」

「ええ、でも変な感じ…」

邦彦は張りつめた乳房を、下から上へと軽く撫ぜた。

「ああっ!」

由紀子は思わず身をよじった。
縛められて敏感になった乳房が、今までにない強い悦楽の波を全身に送る。
邦彦はにんまりと笑い、尖った乳首を交互に舌先で舐めた。

「ああん…ああ…」

「どう?気持ちいいだろう」

「うん、いいの…でもどこでこんなこと教わったの?」

「自己流だよ。今までずっと由紀子に仕込まれてきたから、これからは僕がいろいろなことを教えてやろうと思ってね」

「仕込まれたなんて酷いわ…奥さんにもこんなことしているの?」

「まさか。あいつとはセックスだってろくにしてないよ」

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十七章

『再びの夏』(十七)
FC2 R18官能小説

(十七)

昨年、邦彦が両親の勤めで結婚した。
相手は資産家の令嬢で、プロの声楽家だという。

レッスンや公演で多忙な妻に、邦彦はすれ違い夫婦だと電話でこぼした。
そして邦彦は、東京に支店を開設したので、出張ベースで行くから会いたいと切望した。

会いたいのは由紀子も同じだった。
邦彦が結婚したという安堵から、頑なに再会を拒んでいた由紀子も、心の奥の埋み火が再び赤々と熾るのを感じた。

邦彦が常宿する部屋は、少し広めなデラックス・シングルだった。
由紀子はベッドの縁に腰かけた。

「由紀子は全然変わらないね」

「もう三十七歳よ。ほんとのオバサンになっちゃったわ。邦彦は二十六歳になるのね。結婚して、ちょっとは大人になったかしら?」

「結婚しても変わらないよ。気持ちはあの夏の日のままだ」

邦彦は由紀子の隣に座ると、肩を抱いて口唇を重ねてきた。

不意に涙が由紀子の頬を伝った。
四年間の空白を取り戻すように、二人は激しく体を擦り合わせた。

「もう奥さんがいるのに…こんなことしたら…」

「由紀子だってご主人がいるのに、散々僕の体を弄んだじゃないか」

「嫌、弄んだなんて…」

邦彦は由紀子の服を脱がし始めた。

「ねえ、シャワーを浴びたい」

「だめ、久しぶりだから、由紀子の匂いを嗅ぎたいんだ」

「んもう、いつから変態になったの?」

「四年間もお預けさせられていたら、男は皆変態になるよ」

下着を残して裸にされた由紀子は、ベッドの上に横たえられた。
邦彦は由紀子の裸身を見つめた。

「いや、そんなに見つめないで」

「ウエストから太腿にかけて、以前よりむっちりしたんじゃない?」

「…言わないで。確かにちょっと太ったかも…嫌いになった?」

「今のほうがずっといい」

邦彦は口唇を重ねると、軽く由紀子のお尻を撫でた。

由紀子は、社会人になって家庭を持った邦彦が、昔と変わったことに気がついた。
容姿だけでなく、立ち振る舞いや仕草まで、甘えん坊だった邦彦が、大人びて男らしくなっていた。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第十六章

『再びの夏』(十六)
FC2 R18官能小説

(十六)

昭和六十年、冬。
灰色の空から牡丹雪がちらちらと舞う寒い朝だった。

郁夫を会社に、英夫を小学校に送り出した由紀子は、精一杯のおしゃれをして、都心にあるホテルのロビーにいた。

スーツ姿の若い男が現れた。

「お久しぶりです」

邦彦だった。

「まあ、立派になったわね」

すっかり社会人らしくなった邦彦を見つめて、由紀子はじんと胸が熱くなった。
初めて由紀子が体を許した夏の日から、邦彦が大学を卒業するまで、二人の密かな情愛は続いた。

郁夫や英夫の目を盗み、由紀子は毎日のように邦彦の部屋を訪れた。
そして時間の許す限り、獣の雌さながらに、若い邦彦の体をむさぼった。

妻であることを忘れ、由紀子は邦彦の逞しい肉茎に狂喜した。
だが邦彦は大学を卒業すると、家業の食料品卸会社を継ぐため、実家へ戻らなければならなかった。

邦彦は帰りたくないと由紀子にすがった。
由紀子も手塩にかけて男にした邦彦を手離したくなかったが、心を鬼にして実家へ帰るよう説得した。

それから四年。
東京へ行くから会いたいと、邦彦から何度も連絡があった。

だが由紀子はその誘いを断り続けた。
夫がいる身である以上、このままずるずるとつき合っても、邦彦を不幸にするだけだと思ったからだ。

つづく…
皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5