FC2ブログ

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(七)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(七)

終電の時刻も過ぎた深夜、すっかり歓楽街の喧騒は収まり、都会は早朝まで束の間の眠りにつこうとしていた。

上野公園の奥に建つ東照宮。

巨大な銅燈籠が並ぶ仄暗い参道は静寂に包まれ、隣接する動物園から不気味な動物の鳴き声が時折聞こえてくる。

子猿は銅燈籠に腰掛けて、ワンカップの日本酒をチビチビ舐めていた。

遠くから人の気配がする。

「わ、私をどうするつもりなの?」

「いいからついて来い」

上野駅へ向かった影の男が女を連れて戻って来た。

影の男はカメラを子猿に返すと、再び闇に紛れて何処かへ消えてしまった。

都会の明るい夜空に、寛永寺五重塔の漆黒の影が高くそびえている。

仄暗い闇の中、子猿と女は無言のまま対峙した。

女の両脚が微かに震えている。

三十路前半ぐらいだろうか、会社でお局様と呼ばれていそうな年恰好である。

結婚指輪はしていない。

だが上司の部長を夢中にさせるむっちりとした肉づきが、熟し切った果実のように、甘ったるいフェロモンを放散していた。

女は子猿を問い質した。

「あなたは誰ですか? ど、どうしてあんなビデオを撮っていたんですか?」

「・・・・」

「どういうつもりなのよ。隠れてあんなところを撮るなんて卑怯でじゃない!」

警察に訴えるとわめく女を無視して、子猿はビデオの画像を再生し始めた。

「クックッ・・この動画をね、さっきの部長さんの家に郵送しようと思ってね」

「ど、どうして・・」

「それからあなたの家にもね。もちろん会社の皆さんにもメール配信するつもりだよ」

「やめて!」

「ほら、望遠でくっきりと顔が撮れているだろう」

子猿はニヤリと笑みを浮かべると、ファインダーに映った女の顔をペロリと舐めた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(六)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(六)

上野駅の改札で男と女は別れた。

女をつけた影の男は、山手線のホームで女に声をかけた。

「お嬢さん、悪いが上野公園に戻ってくれないかな?」

「あなたは誰? 何故私が見ず知らずの人に命令されなければならないのよ」

「大人しく言うことを聞いた方がいい」

男はカメラを鞄から取り出すと、そこに録画された淫らな映像を女に見せた。

「・・・・」

「会社や家族に知られたくなければ、黙って上野公園へ戻るんだ」

だが女は青ざめながらも気丈に抗った。

「ふざけないでよ。私の家も勤めている会社も知らないくせに。恐喝行為で今すぐ警察に突き出してやるわ」

影の男はふふっと小さく笑った。

「会社などすぐにわかる。仲間が部長とやらを家まで尾行しているからな」

「何ですって?」

「家がわかれば勤め先など簡単に割り出せるさ。お嬢さんは部長さんと同じ会社で働いているんだろう?」

「ひ、卑怯よ!」

女の動揺をよそに、影の男はカメラを鞄にしまった。

「来るのか、来ないのか?」

影の男は冷たく言い放つと、ホームの階段を上がって行った。

「・・そんな」

愕然とした女は、鈍い足取りで影の男を追った。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(五)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(五)

女は天を仰いだ。

「あっ、ああぁぁ・・」

秘芯を男に舐られた女は、両脚を開いたまま上半身をよじった。

熱い吐息を口許から漏らしながら、女は柔らかそうな内腿をヒクヒクと痙攣させている。

道ならぬ秘花を手折った男は、掌中に女を納めて自信の表情を見せた。

ちらっと腕時計に目を遣った。

不倫愛の真骨頂は、決して家庭生活を壊さないことにある。

だからできるだけ外泊というリスクは避けなければならない。

名残惜しそうな顔をつくった男は、女の衣服を整えてそっと肩を抱いた。

「素敵だよ、美奈子君」

「部長」

「だがこんなところで私は君への想いを果たしたくない。金曜日の夜、ホテルを予約するので逢ってくれるかな?」

「・・ええ」

おそらく何人もの男と不倫を重ねた女も、そのあたりの機微は心得ているらしい。

男の耳元で嬉しいと囁くと、恥じらいを演出すべくはにかむように俯いた。

不倫には暗黙のルールがある。

闇夜の秘めごとを終えた二人は、終電が待つ上野駅へ、いそいそと腕を組んで足早に向かった。

不倫カップルが立ち去ると、小猿はライターを点した片手を高々と上げた。

すると小猿に二つの影が忍び寄ってきた。

「あの部長と言う男をつけろ。それとあの女を連れて来い」

「はっ」

一人の男に子猿がカメラを渡すと、二人は夜陰に紛れながら、尋常ならぬスピードで上野の森を駆けて行った。

ふふっと鼻で笑った小猿は、まるで忍者のような身のこなしで、高さ二メートルはある清水堂の舞台にひらりと飛び上がった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(四)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(四)

夏の公園に覗きはつきものである。

目を凝らして夜の公園を歩けば、木々や茂みの合間を、黒ずくめの男達が夜陰に紛れて跳梁している。

特に深い木立が鬱蒼とする上野の森には、大噴水の周辺、小高い擂鉢山古墳、彰義隊が祀られる墓の裏、不忍池外周など、覗き好きが集まるスポットが点在する。

不倫カップルを見下ろす崖の上、清水堂の張り出した舞台の下で、小さな人影がわずかに動いた。

「ええぞ、おっさん」

エスカレートする痴態をファインダー越しに覗きながら、黒ずくめの男がにやりと笑って舌舐めずりした。

国吉一郎。

身長は一五〇センチ、体重は五〇キロそこそこしかない。体躯こそ小柄だが、全身に筋肉が盛り上がり、まるで体操選手のような体つきをしている。

そして顔が尋常ではない。

年はまだ二十五歳だが、老人のように皺くちゃな顔をしていた。その容貌と身軽さで、一郎は仲間から小猿と呼ばれていた。

小猿はファインダーにかぶりつき、縺れ合う不倫カップルを煽った。

「そうだ、もっと女をその気にさせろ」

最新の盗撮盗聴機を身につけた小猿は、情痴に熱中する男と女の姿を、顔の判別がつくほど細密にズームで録画していた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。




関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(三)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(三)

夜陰に紛れて肌を確かめ合う男と女。

人通りも疎らな公園の木陰だが、その痴態を怜悧な精密機器がしっかりと捉えていた。

ウィーン。

赤外線カメラの小さなモーター音。

「クックッ・・欲に塗れた凡人どもめ」

ファインダーので暗緑色がかった映像が、くっきりと男と女の色欲を浮かび上がらせている。

盗撮されているのを知らない男は、女の肩を抱きながら、砲弾にも似た巨乳の先端を夢中で吸った。

「女房のしなびたオッパイとは比べものにならないよ」

「ああん、部長ったら・・奥さんに言いつけちゃうからぁ・・」

二人の小さな囁きが、増幅されてはっきりとイヤホーンに伝わる。

赤と緑が明滅するダイオード。

「ほら、もっと激しく乳繰り合え」

ふしだらな映像とともに、ベンチ裏に仕掛けられた高性能ワイヤレスマイクが、世間に憚られる痴情の戯言まで拾ってくる。

カメラがズームする。

眼鏡をかけた恰幅のいい男が、女の乳房を揉みしだきながら、タイトスカートの中へ手を忍ばせている。

「これ以上は・・ダ、ダメ」

「でもここはもう生温かく湿っているぞ」

「い、言わないで・・ああ、誰かに見られたらどうするのよ」

「ふふ、そのスリルが余計に美奈子君を興奮させているのかな?」

男はスカートを腰までたくし上げると、ベンチの上で女の両脚をM字に開かせた。

「ああっ、部長!」

「ほら、ショーツの真ん中が縦染みに濡れているぞ。美奈子君のココは正直だな」

目に見えない赤外線に照らされる中、男はショーツの濡れた部分をずらすと、剥かれた女の秘芯へざらつく舌先を這わせた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(二)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(二)

暗闇から囁きが聞こえる。

終電の時間が迫る深夜近く、真夏の上野公園には艶めいた妖気が流れている。

「ダメよ、部長・・」

「いいじゃないか・・毎日会社で君のセクシーな横顔ばかり見ているんだよ、美奈子君」

「嘘、他の女性社員もそう言って口説いているんでしょう?」

「そんなことはない。ずっと君のことが頭から離れないんだ」

「ああ、部長ったら・・ダメよ、そんなことをしたらセクハラで訴えちゃうから・・」

しばらくして会話が途絶えると、寄り添う二つの影が一つになった。

都会の闇は、ワケありカップルの隠れ家でもある。

伝統ある上野恩賜公園であっても、社会的に認められない男と女の劣情を抑えることはできない。

街灯の届かぬ仄暗い木陰のベンチ。

春には見事な桜が咲き誇る中央歩道から、朱が映える寛永寺清水観音堂が小高い崖の上に見える。

その崖下のベンチで、会社の上司と部下らしき男と女が、激しく衣擦れの音を立てていた。

会社の宴会が退けた後だろうか、スーツ姿の部長が、美奈子と呼ばれる三十路女の肩を抱いている。

「美奈子君・・」

「ああん、ダメよ、こんなところで・・」

鼻声で身を捩る女はわざとブラウスを肌蹴させ、男の鼻先でちらちらと白いブラジャーを見せつけた。

男が堪らずブラジャーを捲り上げると、ブルンと大ぶりな熟れた乳房が弾け出た。

「いやっ、恥ずかしい・・」

「想像していた通りだ・・素晴らしい・・」

男は弾力のある乳房を揉みしだくと、すでに尖っている乳首へ口を近づけた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』二.真夜中の凌辱者(一)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

二.真夜中の凌辱者(一)

平成二十二年、夏。

大都市東京の夜は、星屑を撒き散らしたような光の洪水に浸潤されていた。

銀座中央通りに並ぶ洒落たブランドショップのイルミネーション。

国家未来を託された官僚達が残業する霞が関官庁ビルの蛍光灯。

男と女の欲望を煽り立てる歓楽街六本木の派手な原色のネオン。

上司を愚痴るサラリーマンが千鳥足で徘徊する新橋の赤提灯。

東京に灯された無数の明かり。

おそらくその一つ一つの明かりの下で、老若男女、様々な人間模様が繰り広げられているのだろう。

だが光があれば闇もある。

光の都市東京も、空からつぶさに俯瞰すると、ぽっかりと穴が開いたように、闇が支配する場所がある。

首都の中央にある皇居。

そして北方に位置する上野の森。

上野公園。

その正式な呼称は上野恩賜公園と言い、大正十三年に宮内庁から下賜された由緒正しい公園である。

元々は天海上人が開山した寛永寺の境内跡で、彰義隊の史跡や西郷隆盛の銅像など、東京を代表する公園として名高い。

かつては不忍池が競馬場だった時代もあるが、現在では美術館や博物館、動物園など、文化施設が充実する都民の憩いの場になっている。

ところが闇の訪れとともに、その様相は一変する。

文化の香り高い上野公園は、誰もが立ち入れない不可思議な結界に鎖されるのだった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。



関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十二)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (十二)

すると飴細工の老人は、横浜から来た都会者を鼻で笑った。

「ふん、若造よ。世の中にはな、新聞に書いていないことがまだたくさんある。山窩と香具師は似て非なるものじゃよ」

見下したような老人の態度に剛志が噛みついた。

「そりゃ家がないのは驚きですが、旅回りで暮らすのは一緒じゃないですか」

老人は首を振った。

「山窩は生まれ持っての放浪者よ。だからあれがない」

「・・あれ?」

「戸籍じゃよ」

思いもよらぬ答えに、寛三と剛志は顔を見合わせた。

日本国に住む人間ならば、誰もが戸籍を持っているものと寛三は漠然と思っていた。

「こ、戸籍のない日本人がいるんですか」

「家に定住せず、山を彷徨う人間が、出生届を役所に届けるはずがないじゃろう」

老人はそれだけ答えると、何事もなかったかのように再び飴細工をこね始めた。

寛三は愕然とした。

世は鎌倉時代でも室町時代でもない。

日々近代国家へと邁進する日本に、まだ行政が把握できない人々が暮らしているのだ。

(あの天衣無縫な少女は、国家の支配も及ばない異界を放浪しているのか・・)

すっかり闇に覆われた深山へ寛三は目を遣った。

異界の漂泊者―山窩。

深山を放浪する社会から隔絶された民の存在に、寛三はぞくぞくするような魅惑を感じるのだった。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十一)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (十一)

剛志がヒューと口笛を吹いた。

「物乞いの娘にしては、いい乳をしているじゃないですか、ねえ兄貴」

「馬鹿野郎、下衆なことを言うんじゃねえ」

気分を害した寛三は、剛志の尻を思いっきり蹴飛ばした。

すると飴細工の老人が寛三に言った。

「あれは勧進の子じゃ」

「カンジン?」

「この辺りではそう呼んでおる。世間では山窩と言うらしいがな」

「はあ、サンカですか?」

初めて耳にする言葉に寛三は首を傾げた。 

老人は飴でできた象の鼻を延ばしながら、都会者には馴染みがないかもしれんと呟いた。

寛三は少年の言葉を思い返した。

「でも彼等は自分をミソ・・何とかと言っていましたが?」

「生業から箕そそくりと呼ぶ地域もある」

箕とは、穀類の実と殻を区分けする竹の皮などで編んだ農具である。

またそそくるは修理するという意味の方言だと老人は教えてくれた。

剛志が横から口を挟んだ。

「ああ、農具の修理屋ですか」

「そうじゃ、山窩は箕つくりや箕直しをしながら、定住する家を持たず、山々を自由に放浪して暮らしているんじゃ」

懐手した剛志が感心したように言った。

「それなら旅回りの俺達と大して変わらないじゃないですかね、兄貴」

「ああ、まだ家族揃って放浪するだけ、一人旅の香具師よりましかもしれないな」

横浜に残した妻と子供を思い返して、寛三は我が身の不憫を自嘲した。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『人外境の花嫁』一.異界の漂泊民(十)

『人外境の花嫁』 

FC2 Blog Ranking

一.異界の漂泊民 (十)

気がつくと、香具師仲間や村人の視線が少女の裸身へ注がれていた。

にやけた表情で舌なめずりする男達。

穢らわしいものでも見るように顔をしかめる女達。

だが好奇と軽蔑の目などどこ吹く風、一心不乱に少女はヨーヨーに集中している。

「あっ、釣れた!」

ヨーヨーを釣り上げた少女は、太古の巫女さながらに境内をくるくると舞い踊った。

可憐な膨らみが千切れんばかりに揺れる。

その頂を飾る乳暈は、もう大人びて薄小豆色に色づいているが、乳首はまだ童女と変わらず米粒ほどに小さかった。

少女は寛三へ頭を丁寧に下げた。

「お兄ちゃん、ありがとう」

釣れなかった弟にそのヨーヨーを渡すと、姉弟は再び漆黒の影となって、山奥へ続く森の中に消えて行った。

まるで風のように。

呆気にとられた寛三は、くすっと小さく独り笑った。

(天衣無縫なのか・・)

南洋の裸族がそうであるように、少女は裸に対して羞恥がないのかもしれない。

日本人が守る生活規範から、少女は大きく食み出してしまっているのだろう。

少女は一体何者なのだろうか?

貧しい着物、未就学、定住する家もない。

だが屈託のない自由で無邪気な笑顔。

おそらく少女は、集落の人々とも相容れない異界の住人に違いない。

決して幼(よう)女趣味など持たぬ寛三だが、風と共に現れて消えた不思議の国の少女に、いつしか魅入られている自分を感じていた。

つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です

FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説人気ブログ「官能小説」ランキング 

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)  FC2官能小説  
人気ブログランキング~愛と性~ 

紅殻格子の日記は「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に記載しています。


関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5