FC2ブログ

『再びの夏』 第二章

『再びの夏』(二)


FC2 R18官能小説

(二)

知恩院の拝観を終えてしばらく歩くと、道脇の小さなガラス工芸店が目についた。
立ち止まってショーウインドーを見ると、淡いピンクのグラデーションをまとったタンブラーが由紀子の気を惹いた。

(まあ、可愛らしいこと)

由紀子を思わず口許を綻ばせた。
若い娘が喜びそうな色使いで、普段なら敬遠する派手なデザインだった。
旅先で新緑の息吹を吸い込み、気が若やいでいるのかしらと由紀子は一人微笑んだ。

ショーウインドーに映る自分の顔を見た。
生来の童顔で、若い頃は子供っぽいと悩みもしたが、逆に今は、まだ40代半ばといっても十分通用する若々しさに溢れている。

しばらくタンブラーと自分の顔を交互に見比べていると、またも先を歩いていた郁夫が引き返してきた。

「どうした?」

「見て、あの淡いピンク色のタンブラー。素敵じゃない?」

太鼓腹が突き出た郁夫は、窮屈そうに腰を屈めてショーウインドーを覗き込んだ。
どうやらタンブラーではなく、その横に小さく書かれた値札を見ているようだった。

「お前はいくつになっても、物の価値がわからないな。東京のデパートへ行けば、同じ値段で、ベネチアングラスでも薩摩切子でも、価値のある品物が買えるんだぞ」

「そ、そんな…」

「だから女は買い物が下手だと言うんだ。名の通ったブランドでないと、将来の資産価値はゼロなんだよ」

早口でまくし立てる郁夫を、由紀子は唖然として見つめた。

「わかった。京都支社に目を掛けてやった部下がいるから、明日の朝、一番有名な専門店へアテンドさせよう。そこでコップでも皿でも好きなものを買えばいいだろう」

黙り込んだ由紀子の様子を見て、郁夫は慌てて機嫌を取るように言った。

由紀子は幻滅した。
別に店先のタンブラーをねだっているわけではない。

ましてや高価なベネチアングラスが欲しいわけでもない。
ただ旅先で偶然見つけた小物の可愛らしさを、夫に知らせたかっただけだ。

ところがそんな由紀子の思いが邦夫には伝わらない。
妻の心情を理解することができないのだ。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『再びの夏』 第一章

    再びの夏 

由紀子は指先についた白濁液に舌で触れた。
苦かった。だがそれが邦彦の分身だと思えば、苦味も甘味へと変わっていく…


『再びの夏』
FC2 R18官能小説

(一)

晩春の京都。
梅、椿、桜_早春を彩る花々との共演を終えた京都は、一見の物見客も去り、落ち着きのあるたたずまいを取り戻していた。

花の季節もいいが、新緑の京都もまた趣がある。
芽吹く若葉の明るい緑が、年月を重ねた街並みと鮮やかな対比を描き出している。

菊川由紀子は、目映い新緑の光を浴びながら、知恩院へと続く小道を歩いていた。
路傍には、和菓子屋や漬物屋、陶芸品を売る店が並び、道行く者の目を楽しませてくれる。

そんな京都らしい風情に由紀子が目移りしていると、前を歩いていた夫の郁夫が振り向きざまに大声を出した。

「おい、のんびりしていると日が暮れるぞ」

「はいはい」

急かされた由紀子は、少しだけ足を速めて郁夫の後を追った。
傍目には、仲睦まじい夫婦の旅姿に映るだろう。

郁夫、由紀子、共に五十五歳。
すでに子供たちは巣立ち、経済的にもゆとりができ、誰に気兼ねもなく旅行を楽しめる年齢になっていた。
だが由紀子が郁夫と二人で旅行するのは、三十年前の新婚旅行以来初めてだった。

証券会社で営業部長を務める郁夫は、昔気質の典型的な会社人間だ。
決まって夜は接待か残業、休みはゴルフかゴロ寝で、三十年間家庭サービスとは無縁の夫だった。

その郁夫が、突然二人で旅行へ行こうと言い出したのだ。
夫不在の生活に慣れていた由紀子は、自分の耳を疑った。
体の具合が悪いのかと真剣に尋ねたほどだった。

由紀子は旅行先に京都を希望した。
海外旅行を考えていたのか、邦夫は少し気が抜けたような顔をしたが、すぐにガイドブックを買って熱心に旅行の計画を立て始めた。

由紀子は、仕事一途だった邦夫の心境の変化を疑いつつも、大好きな京都へ行けるならと、それ以上理由を詮索しなかった。
つづく…

皆様から頂くが小説を書く原動力です
FC2官能小説集結 にほんブログ村 恋愛・愛欲小説 人気ブログ「官能小説」ランキング 


「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 人妻・熟女
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』 最終章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』

最終章

葉子は苦しそうに咳き込んだ。

「あまり無理して話さない方がいい」

「で、でも、やっとあなたに会えたのに・・あなたと逢えるなんて、もう・・」

不意に葉子の表情が曇り、見開いた瞳が潤んだ。
今まで堰き止めて来た感情が、奔流となって込み上げてきたのかもしれない。

平田は己の愚かさを責めた。
空白の二十年、葉子は平田を待ち焦がれていたのだ。

何故近くにいてやらなかったのだろう。
結局、平田はエゴの塊でしかなかった。

この病室を訪れたのも、葉子に対する後ろめたさを晴らしたいからだった。
葉子への思い遣りなど欠片もなかったのだ。

「・・済まない・・」

「嫌、謝ったりしないで・・あなたに、謝られたら、私の人生は、全部、不幸に、なってしまうじゃない・・そんなの嫌よ・・」

「・・葉子」

「私は幸せだった・・ううん、今も幸せ・・あなたを愛せて幸せだった・・」

「・・・・」

平田は項垂れた。

「あなたを愛していなかったら、きっと後悔ばかりの人生になっていたと思う。あなたを愛したからこそ、私、幸せな人生を、送れた・・」

葉子は骨と皮だけの手を差し伸べた。

「握手して・・」

平田はその掌を押し頂くように握った。
冷たい掌だった。二十年ぶりに握った手が、涙でゆらゆらと揺れて見えた。

ぽつりと葉子は呟いた。

「このまま時間が止まればいい」

「ああ・・」

だが葉子の顔を染める茜色が、刻々と暗い翳りを深めていく。

「でも、時間は、止められないね・・」

葉子は悲しげに呟いて瞳を伏せた。
そして枕元に置かれた薔薇のプリザーブドフラワーを一輪手にした。

「それなら、この花のように、色褪せることなく、あなたと一緒に明日を生きたい」

平田は葉子の瞳を見つめた。

「・・生き続けるさ」

平田は骨ばかりの葉子の手を強く握った。
葉子は幸せそうにふっと笑みを浮かべてくれた。
――閉幕――

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る

関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』第七章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』


明るい茜色に染まった病室には、ところ狭しと、ブーケのような薔薇の花束で埋め尽くされていた。
平田は首を傾げた。

剣弁高芯咲きの花形は生花そのものだが、鮮やかな青や濃い紫の花色は、かつて葉子から学んだ薔薇の種類ではあり得ないものだった。

「変な薔薇だなあ・・生花みたいだけど、色が本物じゃないしなあ・・」

「うん、この花は、プリザーブドフラワーって言うの。私がつくった造花よ」

「造花? しかし本物の花にしか見えないよ」

「そうかもね。プリザードって言うのはね・・」

覚束ない口調ではあるが、葉子は一言一言噛んで含めるように説明した。

プリザーブドフラワーとは、脱水脱色した生花を染色して乾燥させた造花である。
生花のような瑞々しさが数年に亘って持続するため、魔法の花として近年非常に人気があるフラワーアレンジメントらしい。

葉子は枕本から紙切れを取り出した。

「これ私がつくった名刺、あなたに、渡そうと思っていたの」

もう造花すら造れそうもない痛々しい手で、葉子は名刺を平田に手渡した。

『フラワーコーディネーター 駒木葉子  花束・ブーケ等(生花、プリザーブド)ご用命受けたまわります』

「一緒にお花をやっている友達と、お店を始めようと思って・・実はもう結婚式とか、注文がきているのよ・・」

平田の胸は痛んだ。
葉子は、明日の命すら保障もない今でも、夢を抱き続けて懸命に生きようとしていた。
残された時間の限りを知りながら、大切に向き合って生きようとしているのだ。

つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』第六章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』


「体調はどうだ? 話せるか? 具合が悪いのならすぐに帰るよ」

「ええ、大丈夫。今日は調子がいいの・・」

相当体が弱っているのか、耳を近づけなければ聞き取れないほど、葉子の声は途切れ途切れで力なかった。

「出張で仙台支社へ来たんだ。入院していると聞いたからちょっと寄ってみたんだよ。ほら、君が好きな薔薇の花をお見舞いに持ってきたよ」

平田は慎重に言葉を選んだ。

すでに葉子は死を覚悟しているようだと山田から教えられていた。
だが最後に一目会いたくて来たとは、とても本人を目の前にして口に出来る台詞ではなかった。

「ありがとう・・山田課長から、お見舞いに来てくれるって、聞いていたから、楽しみにしていたの・・」

体を起こそうとする葉子を平田は押し留めた。

「無理するなよ」

「でも横になっていると、あなたの顔が、よく見えなくて」

ベッドの横にあったクッションを枕元に置き、平田は紙切れのように軽い葉子の体を抱き起こした。

「辛くないか?」

平田は葉子の顔を見つめた。

「ええ・・やだ、そんなに見つめないで・・お化粧したんだけど、久しぶりだから、どうも上手くいかなくて・・」

葉子は痩せこけた頬に薄くファンデーションを塗り、乾いた口唇にルージュを引いていた。

死を間近にしても、葉子は平田の前で女として振る舞おうとしている。
その健気な姿に、平田は湧き上がる涙を堪えるためにあちこち病室を見回した。
つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』 第五章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』



平田はドアをノックした。
返答はない。
恐る恐るそっとドアを細く開くと、病室は窓から射し込む西日で、壁も床も燃えるような茜色に染まっていた。

部屋の中央にベッドが一つ置かれている。
そのベッドを取り囲むように医療機械が並び、無機質な信号音を間歇的に響かせていた。

ベッドに寝ていた葉子が小さく動いた。

平田は無言で頭を下げた。
全身を医療器械のコードで縛られた葉子は、痩せこけた顔を平田の方へ向けた。

「ひ、平田部長・・来てくれたの・・」

「・・よ、葉子」

平田はやっとそれだけ口にすると、凍りついたようにその場に立ち尽くした。

変わり果てた姿だった。
豊満な肢体を誇っていた葉子が、一回り縮んで干からびたように小さくなっている。

「ここへ座って・・」

葉子は枕元に置かれた椅子を手で示した。
そのパジャマから覗く上腕が、ミイラのように骨と皮ばかりになっている。
そして腹水が溜まっているのか、餓鬼のように腹だけが膨らんで見えた。

平田は病に侵された葉子をある程度想像していた。
だがここまで残酷だとは信じられなかった。

平田は仙台へ来たことを後悔した。
かつての愛人に、痩せこけてしまった自分の姿を見られることが、葉子にとってどれほど苦痛なのか考えもしなかったからだ。

平田は涙腺が弛むのを感じて、強張る筋肉で無理矢理笑顔をつくった。

つづく…

「黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月」に戻る
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』第四章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』



長い廊下が続き、その突き当たりに、葉子が闘病生活を送る病室の扉がある。
十メートルほどの直線だが、そこへは永遠に辿り着けないような距離感があった。

平田の心には、葉子から逃げた罪悪感が深く根を張っていた。

「葉子・・」

平田は自分を勇気づけるように小さく呟いた。

冷たい靴音が響く。
やがて目の前に聳え立った鋼の扉は、明らかに平田が中へ入ることを拒んでいるように見えた。

葉子は夫と離婚した後、五十一歳になる今日まで独りで生きてきた。
社内で浮ついた男の噂もなかった。

葉子の両親は疾うに他界していた。
この病室の奥で、誰にも見守られることもなく、葉子は独り病魔と闘っている。

平田は、己の不誠実さがもたらした後ろめたさに、ただただ扉の前で煩悶するしかなかった。

葉子は末期癌と宣告されていた。
十年前、葉子が乳癌で一年間会社を休んだのは知っていた。

左乳房は切除したものの、今すぐ生死に係わることはないと耳にしていた。
癌の部位が部位だけに、平田は見舞いに訪れなかった。

治癒して日常生活に戻った葉子だが、密かに癌細胞は体の中で増殖を繰り返していた。
骨に転移していたのだ。

再び放射線治療が始まったが、すでに体中に広がった癌細胞は、医学の力ではもう取り除くことはできなくなっていた。
葉子には麻薬で痛みを和らげる治療しか残されていなかった。

もう数週間の命だと医師から宣告されているらしい。
山田の話では、麻薬のためにうつらうつらしている時間が多く、調子が良い時でなければ面会も難しいと言う。

つづく…
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』第三章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』


二人の逢瀬は週一回、会社が退けた後のホテルで重ねられた。

「このまま時間が止まればいい」

それが閨での葉子の口癖だった。いくら気丈でも女は女。

夫へ背を向ける孤独を、趣味のフラワーアレンジメントだけでは埋める術もなく、心の支えを平田に求めずにはいられなかったのだ。

そんな葉子の苦悩を、平田は陰ながらでも支えたいと願った。

だが二人だけの濃密な時間を重ねるに連れ、平田の心は袋小路へと追い詰められていった。
むろん葉子への想いは遊びでも憐憫でもなかった。

だが妻子と決別するほどの熱情を持ち合わせていない平田は、次第に葉子の存在が鬱陶しく覆い被さってくるのを感じた。

恋に全てを捨てられるほど若くはなかった。
葉子の想いに応えられない不実さに、平田は独り苦悩させられる日々が続いた。

葉子との蜜月は二年で終わった。
正式に別れを告げたわけではなかったが、平田が東京本社へ栄転したのを機に、二人の関係は自然消滅した。

平田は葉子を振り返らなかった。
課長に昇進した平田には、この先本社で実力を認められれば、薔薇色の出世街道が開けていた。
葉子との関係を東京まで引きずって行くわけにはいかなかった。

それにも増して平田が別離を望んだ理由は、葉子が夫と離婚したことにあった。
葉子は平田を愛したからとは言わなかった。

だが平田の存在が、葉子の決断を促したことは否めなかった。
平田は葉子を恐れた。
独りになった葉子から結婚を強いられれば、順風な平田の人生は足元から崩れかねない。

ところが葉子は平田に何も求めなかった。
仙台を去る平田を葉子は静かに見送ってくれた。

それが却って平田の心に苦味を残した。
別れたくないと泣いて縋られた方が、どれほど楽だったろうか。
二人はその後、平田の仙台出張で顔を見合すことはあっても、プライベートで会うことは二度となかった。

つづく…
関連記事

theme : 本格官能小説 
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』第二章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』

2 
平田と駒木葉子は、かつて不倫と世に疎まれる関係にあった。
社内でも不倫はご法度になっている。二十年前の不徳義ではあるが醜聞に時効はない。

もし今、二人の関係が露見すれば、役員昇格レースの先頭を走る平田の致命傷になりかねない。
だがそんなリスクも重々覚悟の上で、平田は葉子の見舞いに駆けつけたのだった。

三十代半ばの営業係長時代、平田は仙台支社で三年間勤務していた。
当時、すでに妻も子もいた平田だったが、経理課に勤務する葉子と恋に落ちた。
四歳年下の葉子もまた、結婚したばかりの新妻だった。

凛として端正な顔立ちをした葉子は、ショートヘアが似合うボーイッシュな感じの美人だった。
容貌に違わず、性格も男勝りで気が強く、妻と言う添え物の座に、大人しく縛られている女ではなかった。

二人は仙台支社の忘年会で意気投合し、その夜にはホテルで肌を重ね合わせていた。
北国育ちらしく、葉子の肌は青い月のように冷たく澄んでいた。

しかし子供を産んでいない三十路の豊穣な肢体は、一度平田に抱きすくめられると、その欲情を灼熱のマグマのように熱く噴き上げた。
猛り狂う葉子の熟肢は、まるで夫へ復讐でもするかのように、平田の体へ何度も何度も絡みついてきた。

葉子は結婚を後悔していた。
三十路を前に婚期を焦った葉子は、親戚の勧めで見合いした男を、熟慮することなく伴侶に選んだ。

確かに夫は人も羨む高学歴の銀行員だった。
ところが仮面を脱いだ夫は、我が儘な亭主関白で、葉子を住み込みの家政婦兼乳母としてしか扱わなかった。
自由は全て奪われ、ロポットのように家庭へ傅くことを強いられた。

子供ができるまで会社勤めは許されたものの、この先何十年もこの夫に尽くすのかと思うと、葉子はぞっと鳥肌立つ思いがした。
もし子供ができて家庭に閉じ込められたら、間違いなく気が狂ってしまうだろう。

絶望に打ちひしがれた葉子にとって、平田は人生に風穴を開けてくれる救世主だった。
そして柔肌の深奥に息づく熱情の捌け口でもあった。
つづく…
関連記事

theme : 18禁・官能小説
genre : アダルト

『プリザーブドフラワー』 第一章

プリザーブドフラワー-crop 

『プリザーブドフラワー』

1.
古めかしい大学病院は、窓から差し込む西日で茜色に染められていた。
消毒薬の匂いが立ち込める病棟には、晩夏だと言うのに、どこかひんやりと冷たい空気が澱んでいる。

平田武夫は、真っ直ぐに続く廊下を、コツコツと靴音を響かせながら歩いていた。

「平田部長。駒木葉子さんの病室は、突き当たりの205号室です」

隣を歩く仙台支社の山田経理課長が、平田の顔色を窺うように小声で告げた。

「わかった。悪いが君はさっきの待合室で待っていてくれないか」

「心得ております。本日部長が訪れられたことは一切他言致しません。ではお気兼ねなくお見舞い下さい」

山田は訳知り顔で頷くと、下僕のように身を屈めたまま背後へ消えて行った。
平田は振り向きもせず、山田の卑屈な立ち振る舞いに舌打ちした。

平田武夫は現在五十五歳、大手食品会社の東京本社で営業部長を務めている。
次期役員候補と目されている平田は、分刻みの過密スケジュールをこなす激務を負っていた。

その多忙な営業部長が、支社の経理課に勤務する一人の女性を、わざわざ遠く仙台まで見舞いに来たのだ。
いかに重病であるにせよ、ただならぬ事情を邪推するのは無理からぬことかもしれない。

山田の顔には、今を時めく平田の秘密を知った優越感と、それを守ろうとするサラリーマンらしい忠誠心が見て取れた。

つづく…

関連記事

theme : 妄想の座敷牢
genre : アダルト

プロフィール

紅殻格子 

Author:紅殻格子 
紅殻格子は、別名で雑誌等に官能小説を発表する作家です。

表のメディアで満たせない性の妄想を描くためブログ開設

繊細な人間描写で綴る芳醇な官能世界をご堪能ください。

ご 挨 拶
「妄想の座敷牢に」お越しくださいまして ありがとうございます。 ブログ内は性的描写が多く 含まれております。 不快と思われる方、 18歳未満の方の閲覧は お断りさせていただきます。                
児童文学 『プリン』
  
『プリン』を読む
臆病で甘えん坊だった仔馬は、サラブレッドの頂点を目指す名馬へと成長する。
『プリン』
だが彼が探し求めていたものは、 競走馬の名誉でも栄光でもなかった。ちまちました素人ファンタジーが横行する日本の童話界へ、椋鳩十を愛する官能作家が、骨太のストーリーを引っ提げて殴り込みをかける。
日本動物児童文学賞・環境大臣賞を受賞。
『プリン』を読む

作 品 紹 介
※ 小説を読まれる方へ・・・   更新記事は新着順に表示されますので、小説を最初からお読みになりたい方は、各カテゴリーから選択していただければ、第一章からお読みいただけます。
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
データ取得中...
ブログ内検索
アクセスランキング
ご訪問ありがとうございます。
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 『妄想の座敷牢』~官能小説家、紅殻格子の世界~
ランダムでブログを紹介
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からご覧いただけます
QR
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
 あと一歩のを目指して…
 日々頑張って書いています

応援よろしくお願いします
FC2官能小説ランキング入り口 
FC2官能小説ランキング入り口
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。お陰さまで「恋愛(愛欲)小説ランキング」上位に入りました。

↓妄想の座敷牢は何位??↓
   にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)ランキングに行ってみる
     にほんブログ村
  にほんブログ村(愛欲小説)
     にほんブログ村 小説ブログはこちらから…

 [官能小説] ブログ村キーワード
人気ブログランキング


        
人気ブログランキングへ
カテゴリ別小説選びにお勧め
様々なジャンルの小説検索が可能です。 

  カテゴリ別オンライン小説
  カテゴリ別小説ランキング 
 
     HONなび 
 オンライン小説ナビゲーター「HONなび」

    ネット小説ランキング投票
ネット小説ランキング/成人向け小説専用
ジャンル別リンクサイト様
相互リンクサイト様
※「妄想の座敷牢」はリンクフリーです。 また相互リンクを希望される方は、メールフォームorコメント欄で連絡をいただければ検討させて頂きます。 ※ただし商用目的だけのサイト及び有料アダルトサイトに誘導する目的のサイトは、こちらにお越しくださる皆様のご迷惑となりますのでお断りさせて頂きます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク用バーナー
妄想の座敷牢8

妄想の座敷牢7

妄想の座敷牢9

妄想の座敷牢4

妄想の座敷牢6

妄想の座敷牢5